№011/30 横須賀うらが道階段坂から尾根へ

Cut2010_0106_0422_13

意外や意外
うらが道には尾根が!

丘の全体の構造は、把握できませんでしたが、長崎の岩屋地区の様に
三角錐状の丘に縦系の激坂が放射状に延びているのではなく、丘の尾根
が存在して僅かだが平地を形成しているのです。この尾根に向って階段坂
から繋がった激坂が連結している構造です。この僅かな平地には犇め
き合う様に・・・・とまでは行かないが・・・多くの住宅が林立しているのです。

切り立った崖、僅かな土地に多くの住宅を建てると、どうしても高い所まで
住宅が犇めき、生活道路も、それに伴って迷路のように作られていったと
思われます。



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076173/38148502

この記事へのトラックバック一覧です: №011/30 横須賀うらが道階段坂から尾根へ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)