Monte Zoncolan

2011年9月10日 (土)

MONTE ZONCOLAN UP HILL GOLD

Cut2011_0901_1623_05

カミさんの協力無くして
この景色には出会えんかった!


そう言えば、ZONCOLANの登攀UP-HILLの動画編集を全くしていなかったのを
今頃、思い出し、ZONCOLAの総集編を編集してみました。各通過ポスト毎に数枚の
動画フレームを抽出して、最後のGOALまでを繋いだ動画ですが、大方、峠全体の
登攀イメージが、理解できると思います。この動画は、ブログの左サイドのZONCO
LANのバナー配下にアタッチしますので、必要な方は、ご覧下さい。
かくして、小生の欧州遠征第一弾は、ベルギーのカミさんの多大なる尽力を持って
成就する事ができました。さて欧州遠征第二弾、Mont Ventouxは如何也や??

またまた、カミさんの登場で、雨後、曇り後晴天!!となるでしょう!
カミさんとは、
Mont Ventouxの頂上で再会したいと思っていますぞ!

続きを読む "MONTE ZONCOLAN UP HILL GOLD "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月20日 (土)

Monte Zoncolan頂上から見る欧州アルプスの眺望 と南仏MonVentoux頂上(ブログヘッド固定画像)

P1010034
Mon Ventoux頂上からの展望ひょっとすると、monteZoncolanよりもMonventouxの方が厳しいかも知れませんよ
Dscn4009_2

Monte Zoncolan
皆さん!見て下さい。多くの方々にお世話になって、自分も苦労してたった10kmの激坂に挑み、標高1700mの3連トンネルを潜って、22,24%の最後の激坂を登り切れば眼前に広がる欧州アルプスの大パノラマに、ちょっとだけ人生観が変わるかも?
きっと自分には、こんな遠くの見果てぬ山に独りで登るのは、無理だと諦めている方がいらしたら、普通のSAKABAKAオヤジのゾンコラン騒動記を読んで見て下さい。誰しも強く願わくば、天に通ず!!かも知れませんよ!もし行きたいと思う方が居られれば、喜んでご相談に乗ります。コメント欄に相談事をご記入下さいませ!

続きを読む "Monte Zoncolan頂上から見る欧州アルプスの眺望 と南仏MonVentoux頂上(ブログヘッド固定画像)"

| | コメント (28) | トラックバック (0)
|

2011年7月 6日 (水)

All of Zoncolan Downhill by bicycle (Double speed)

Cut2011_0703_1644_54

ZONCOLAN FINAL
ゾンコランの全貌が解かる最終保存版

ZONCOLANシリーズのご愛読ありがとう御座いました!!
本記事をもって、このシリーズを完了させて、戴きます。尚、若し実際に行って
見たいと、考えられている方が居られるようでしたら、特に九州地区の貴方!
全面的にサポートさせて戴きますので、勿論!九州以外の方も!なんなりと
申し付け下さいませ!

また、是非とも次に日本からアタックしに行く人が現れる事を強く望むもので
あります。長期に渡る連載のご愛顧に感謝いたします。

esprit-de-nord記 07/03/2011

続きを読む "All of Zoncolan Downhill by bicycle (Double speed) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 2日 (土)

アルピホテルがある町 コメリアンス(オバーロの隣町)の街並み

Cut2011_0624_0802_49

Cut2011_0624_0800_28

何処も皆、美しい街並みですねえ!
住んでる人々もきいと良い方々だろうなあ!


街で出会う人には、気兼ねなく話し掛けるのが良い。会話は全く成立していなさ
そうですが、それで良いのである。言葉なんてえのは、思いを伝える唯一の手段
じゃねえんだからなあ!

そりゃあ、話せる方が良いに決まってるのだが、気にせんでええ!思いはどんな
形でも伝えたい気があれば伝わるもんだてえ程度に考えてるんが良い様で!?

しかし良い街だ!!長閑である


続きを読む "アルピホテルがある町 コメリアンス(オバーロの隣町)の街並み "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月 1日 (金)

世界は狭いよなあ!??

Cut2011_0624_0819_51

Cut2011_0624_0823_24

世界は狭いよなあ!!
って思うよ!イタリアのド田舎の町で
ポタポタしてる時にベルギーから電話


一貫して役に立ったのは、携帯電話ですね!なんとあのゾンコランの頂上から
携帯でブログ記事のエントリーが出来ちゃうのだから、確かにこんな田舎町に
居たって、そりゃあベルギーからの電話は通じるわさ!何処にいても気遣って
くれるカミさんには、素直に頭が下がります。

ヨーロッパの田舎町つうのは、何処も良く似てますねえ。フランスの田舎にカミ
さんと住んでた所も古い町で、ロワール川があって、傍に教会があって、街並
みは綺麗で小鳥が鳴いている!石畳の道には、街路樹がこんもりと茂ってい
て柔らかい日差しが優しい。

こんな感じでしょうよ!東京でパチンコ三昧してる輩には、気分一新ながら、ち
と刺激が余りにも少なくて、暮したらどうなっちまうんだろう?とさえ思えるので
あった。

続きを読む "世界は狭いよなあ!??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月30日 (木)

Monte Zoncolan Downhill Scene 00Ⅹ

Cut2011_0624_0733_29

Cut2011_0624_0737_04

何で急いだんだろうなあ俺?
オバーロから県道(SS355)でアルピホテル
のあるコメリアンスに向ってます?


今、思えばもっとゾンコランで遊んだら良かったなあと反省しています。
多分翌日、2度目のアタックをちょっと考えていたからかも知れません?
ゾンコランをダウンヒルして一気にコメリアンスまで、カッ飛んでますもんねえ!?

ゾンコラン山って色々な登攀ルートも有るし、きっとオバーロウート以外にも景
色の良い所があったかも知れませんよ。現に先に登った二人は、オバーロ側
には降りて来てませんもんねえ。

と言う事は、また来い!って事だろう!?

続きを読む "Monte Zoncolan Downhill Scene 00Ⅹ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月29日 (水)

Monte Zoncolan Downhill Scene 004

Cut2011_0623_0635_53_2

山の上は、寒くて堪らないのに
オバーロの町に降りてくれば
カンカン照りだもんなあ!?


100mで0.6度の気温変化ですから、オバーロが30度程度でしたから
山頂は、24度?いやもっと寒かった様に感じられましたが?

実際の獲得標高は、どの程度なんだろう?平均斜度12%だとすれば精々
1200mって事になるんだが、こつこつ登れば、それ程恐ろしい峠とは思え
ないんですよねえ!プロのガシガシじゃあ無いから気楽なもんですよ。

欧州のレースの模様を記載したブログを拝見すると、ツールドフランスの峠
よりもイタリアの峠の方が、厳しそうな事が書いてあって、その最高峰がゾン
コランのオバーロルートの様であるが、青梅の御岳に較べれば、登り易い峠
だと思いましたねえ!!素人の時間無制限登攀ですから(汗)

続きを読む "Monte Zoncolan Downhill Scene 004 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月28日 (火)

Monte Zoncolan Downhill Scene 003

Cut2011_0623_0625_05

鼻歌交じりにカッ飛んでると
えらいこっちゃぞ!


ご覧のように、小石が予期せぬ所々に散乱してますから、油断大敵!!
斜度緩そうに見えますが全部10%以上ですから、結構なスピード出てしまい
ますでしょ!小石にハンドル持って行かれたら!?

この動画は、時間短縮の為に2倍速再生に成っていますので実際は亀のダ
ウンヒルをまったりしていました。勝利の後は余裕で!!

      景色を愛でながら、小石に注意!!

続きを読む "Monte Zoncolan Downhill Scene 003 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月27日 (月)

Monte Zoncolan Downhill Scene 002

Cut2011_0623_0607_29

ガードレールは御座いません!!
落っこちる人は居ないと思いますが?


ダウンヒルでも小一時間掛かった感じです。幾つか分岐がありますのでそちら
の探検を試み様としたのですが、止めました。何故止めたのか覚えていません
が、多分、かなり疲れていたんじゃないかと思いますねえ!!

この日の前夜は、田中マキコさんのテレビが面白くて、ん?まあそれもありますが
ゾンコランアタックを控えて、興奮していたんでしょうねえ?殆ど眠れなかった、そ
の疲れもあるんでしょう。いつもならゾンコラン徘徊オヤジに成るんですが、今考え
てみれば、残念な事をしましたねえ!

次行く機会は無いでしょうから
もっと欲をかかないと!!

続きを読む "Monte Zoncolan Downhill Scene 002 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月26日 (日)

Monte Zoncolan Downhill Scene 001

Cut2011_0622_1156_53

お楽しみダウンヒル!!
ですが、漕げませんとも!


Zoncolanのダウンヒルは、ガードレールが無いとか斜度が恐ろしいとかじゃ無くて

               小砂利が恐ろしい

特にカーブに貯まった小砂利は、結構ありますから、漕いだりしたら大変な事に成
ってしまいます。でも?
                最高の気分です
この映像は、2倍速で且つ魚眼レンズで撮影していますので、周囲の様相も解って
なかなか面白い(自画自賛)斜度24%、22%と確かに恐ろしい激坂が連なって
ますが、実は登攀時は、この坂が全く気に成りまっせんでしたね。アドレナリン支配
でしょうか?

しかし良くもまあ、時差ぼけ、睡眠不足を金繰り捨てて此処まで登って来れたもんで
すよ!?と言う事は

   あざみ登れる人なら誰でも登れるって事ですよ!

福岡の武士(モノノフ)さん達へ

(今回のゾンコランアタック計画のトリガーのひとつは彼らから初めてゾンコランの
 存在をに教えて貰った事でした。有難う御座いました。九州のゾンコランは、もう
 すぐアタックに行きますよ!!)

ですから、いつでも、ご支援申し上げますよ!時間とお金に変えられぬ大いなる感
動を!!それから、赤いペンキ持って行って下さいね!がんばろう日本ってペイン
トお願いしますね!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧