メリー

2016年10月21日 (金)

秋の陣馬高原へ向かう道すがら

Dscn6649_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月 5日 (月)

メリーV-2 ポジション変更試走にて その2

Dscn4381

成城 第2の坂ですが奥行きが深い!

驚くべき坂では無いが、奥行きが深そうなので追い掛けてみた。公園のような所を
グルット巡っている坂道。最初だけちょっと斜度がありましたが、それ以外は、取り
立てる程の斜度ではない。よって高速走行を試みるが、全くイカンです。撮影しなが
ら片手の高速走行つうのは、ヨロシクありませんねえ!マMチャリ系の高速化のポ
イントは、脚よりも腕ですから、片手が塞がってると加速出来ませんなあsweat01

肝心のポジション評価は、ここでは全く不可能でした。五反田の幻とか行かないと
普通の坂では、無理だと実感した次第です。

続きを読む "メリーV-2 ポジション変更試走にて その2 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月 4日 (日)

メリーV-2 ポジション変更試走にて その1

Dscn4380

川崎POPにてメリーのポジションを変更
帰りの試走は何故か狛江から成城へ


多摩川の河岸段丘が、結構な高さになっている成城の地を嵐の中散策すると端から
恐ろしそうなのが待ってました!斜度は24%?程度だろうか?良い所は、長い!!
と言う事。最後は道幅が狭くなって斜度も上がっている感じだ。

腰、脚への負荷軽減後のメリーよ如何に??こう言う場合はMAX-LOWの性能を
見る様にしている。これと言った理由は無いが超激坂アタックに於いてMAX-LOW
以外のギアアタッチはしないからである。20数%では、その性能は良く解らないのが
現状で、30%領域を超えると性能差が出るのである。で、ここは?と言うと片手で全く
問題なく気持ち良く登れるのは、新ポジションのお陰と思いたい!!

続きを読む "メリーV-2 ポジション変更試走にて その1 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月 3日 (土)

メリーV-2 ポジション変更試走にて

Cut2011_0903_1427_21

何をしたいのか?
腰をもっと立てたいのですよ!

後、数cmハンドルを高く且つ手前に持って来れれば!!!

速く走ろうと言う気がありませんので、前傾ポジションで空気抵抗を減らしたいと
言うニーズは全く無いのです。兎に角、腰に掛かる負荷を軽減して、体幹の疲弊
を回避したいのが1番、更に脚への負荷は、回転負荷に集中したいのが2番です。

マルチポジションをひっくり返して、ちょっと前傾度合を低くすると、腰への負荷は
軽減しました。更に脚への負荷を出来るだけ回転負荷に集中させるには、腰を立
てる事によって、体重の重力負荷をシートポストへ逃がすことが出来るのではない
か?と考えました。これで、腰(体幹)、脚の両方の負荷が軽減される一方で空気
抵抗負荷は、増大しました。小生の走りの嗜好からするとこれがBESTの選択で
した。

Cut2011_0903_1430_07

まあ、こうしてマジマジと眺めて見れは、確かに美しい姿はしていませんねえ。しかし
ヒルクライムを前提に考えれば、腰の負荷は勿論!もっとも重要な要素は、脚に掛
かる体重の重力負荷を完全にシートポストに委ねる事で、脚をフリーにする事が最
大斜度を走り抜けるキーポイントだと考えます。問題点は、全体の重心バランスで、
どうしても前輪が浮く傾向になってしまうのはINTETER-8の欠点かも知れません。

まあ、これでMONーVENTOUXとコツコツ戦って来る積りであります。
何故か、成城にて試走をしましたので、次記事にて報告します。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年8月26日 (金)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 何故か連光寺脇の激坂2

Cut2011_0821_0953_10

ドーナツ系&先が見えない

これが、良い坂の匂いである。概ね良い坂のありそうな地域では、その匂いが
くちなしの花の様に匂って来るのである。同様にパ○○コ屋の臭いもまた同じ
様に、小生の嗅覚に刺激を与えて、財布を軽くして呉れるのである。自転車海
苔は、何事も軽いのがお好き!

登って見れは、折れ曲がってそこそこの斜度!こう言う坂が好き!結構なお手前
でガンした。

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 何故か連光寺脇の激坂2 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月25日 (木)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 何故か連光寺脇の激坂1

Cut2011_0821_0929_32

連光寺の坂登って帰りたく無い!

よって連光寺坂界隈を散策して、代替道路を発見せよ!が命題だったのだが
直ぐに、激坂界隈と解ったので、ミッション変更!激坂を探せ!

こうして、ウキウキと界隈を徘徊するオッサンてえのは、かなり危ないかも知れない
と本人は充分自覚している。よって住宅街を散策するには、笑顔と挨拶が肝要で
ある。「此処素晴らしいですねえ」を連発して、通報を回避するのである(汗)

この坂も、例によってドン詰まりの坂。民家のアプローチ坂っぽいので、ご対面して
しまったら、挨拶と賛美を欠かせないのである。

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 何故か連光寺脇の激坂1 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月24日 (水)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? これは不思議な道路だわ!!

Cut2011_0824_1324_52


百草の裏側の集落の不思議な基幹路

初めて行く所と言うのは、概ね不可思議が待っている。見た事も無い様な風景
が、必ず何処かにあるもんでして、それが不可思議なのか否か?は、夫々の
感性が決める事で、ああなんだあ?って風景も人によっては不可思議なのである。

百草の界隈を、暫し散策してみた。最後に不可思議な道路に出るのであるが、そ
こへ行くまでに、最初は大きな竹薮を眺め、直ぐにその先には青々した健康そうな
田んぼが現れて、そして最後には、不可思議道路が顔を見せるのである。

何が不可思議かって?それは視覚斜度と全く異なる実態斜度の道路なのである。
同じ様な光景は、あの富士アザミがそうであるのだが?此処は登って見なければ
解らない不思議な感覚でありました。

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? これは不思議な道路だわ!! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月23日 (火)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 高幡不動手前の激坂もイマイチ登りか?

Cut2011_0821_0842_05

高幡不動手前の激坂
なんちゃって御岳


百草に行ったら、必ず此処にもお参り致します。ひょっとすると百草以上の
激坂じゃないか?とも思いますので、此処でもチャック!百草2本脚負荷で
登ってるので、体はそれなりに動いている感じです。この坂の良い所は斜度
も結構あるばかりか、長い!全長300mって所でしょうか?最初は20%超
のレンガ坂で、それを過ぎたあたりからアスハルト坂で15%。それが長い!
ずっと先まで行くと頂上らしき所があって、其処には?

   バベルの塔が聳えているのだ!!

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 高幡不動手前の激坂もイマイチ登りか? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月22日 (月)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 百草2本目はちょっと体が動いたが?

Cut2011_0821_0832_39

百草2本目まだましな駄目!?

1本目で、全くダメダメでしたが、物凄く大汗を掻きましたので、ちょっと体が動き
始めているのが解りました。前記事の通り、脚だけで何処まで激坂のインナーに
耐えられるかが、ポイントです。2回目は、まあまあ粘ったかなあ??って程度で
最大斜度の部分は、手を添えてないと登れませんでした。

全盛期からは、随分と遠くなりましたが、諦めてはいけませんね!
川崎POP自転車のオープンまではまだ、時間がありますので、今回は百草界隈
を散策してみよう。次記事へ

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 百草2本目はちょっと体が動いたが? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月21日 (日)

メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 全く驚きの体たらく百草登攀1本目

Cut2011_0821_0812_58

定点観測の激坂 百草

朝から雨模様で、午後から更に雨脚が強くなるってえ事だから、週末山行きは
断念して、メリーのMont Ventoux対応を川崎POP自転車にお願いするついでに
体のチェックに向かいます。

青梅の御岳、桧原の風張り林道、日の出の日の出山登山道、八王子の和田峠
そうそうたる面々に並んで、此処 京王百草園の激坂も過去の自分と今の自分
の比較の為のチエック激坂です。

時々、こうして現状を認識するために、基準激坂を登って感触を掴むのですが、
今回は、百草です。調子の良い時には、脚だけで登れるのですが、今回は全く
無理でした。皆さんもインナーの厳しい部分を登るんでしょうけど、此処で腕で
引っ張らないと登れないてえのが、気に入らない。日々、力量は落ちるのだから
それなりの精進が必要で!?でも、あまり遣り過ぎると?

       筋肉の再生が追いつかないと返って疲弊するな

続きを読む "メリーMont Ventoux Ver 開発ポタ?ってなんだあ? 全く驚きの体たらく百草登攀1本目 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|