人物探訪シリーズ

2013年2月24日 (日)

浅間峠への道で最高の笑顔に出会った!

Photo


多摩川左岸の浅間峠への道すがら
驚くべき嘗ての青年、淑女に出会った!


彼らは、一応に皆取って置きの笑顔で笑っている。その笑顔に一点の曇りも無い。出会いそのものが、こんなに華やいで、何処か懐かしい思いがする。こう言う事は長らく自転車を走らせて来て初めての出来事だ。微かに陽炎の様に遠くに見えるスカイツリーを背景に、皆さんの写真を撮った。それをこうしてブログに収めている、今、再び彼らの写真を見て、太平洋戦争に翻弄されて尚、輝いて今を生きる、大いなる大先輩達の大らかさに、何処か暖かく、また心の強さの様なモノを感じた次第である。ところで写真の中で笑っている、嘗ての青年淑女の皆さん・・・・・・・いったいお幾つだと思いますか?

嗚呼、人生の楽しみ方を良く知って居られる若き彼らに、現役世代の我らは、もっともっと学ぶ事がありそうだと思うのである。しかしどう見ても皆さん古希を迎えた方々とは、到底思えないのであるが、これは狐に摘まれているのだろか??そう言や紅一点の別嬪さんの彼女は、淡々と山を登って行ってしまいました。

皆さん ほんの僅かな時間でしたが、何時にも無く楽しい会話のひと時で御座いました。また縁があればお会いしたいですねえ!有難う御座いましたm(_ _)m

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月 2日 (水)

鎌倉美人と初めて会って初デートで御座る!

Cut2012_1228_0933_36_2

鎌倉美人のお姉様と初デートは、激坂登りで御座います。このお姉様の御歳は?驚きの83歳!!

報国寺裏の激坂群を撮影している最中で、彼女にお会いしたのですが、ここの激坂を良く登って更に先まで行かれるそうで、彼女の身のこなしは、83歳とは、到底思えません。20%弱の激坂をスタスタと軽やかに歩いて登って行く後姿は、カキツバタ!あちこち紹介してもらって、最後になんと新たな情報が!?それはね、何と彼女は、自転車乗りだって事。未だに買い物などで自転車に乗る事があるそうで、ご達者限りないですねえ!人間齢83!成せば成る!!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "鎌倉美人と初めて会って初デートで御座る!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月21日 (水)

中年オヤジの激坂対策PROJECT- H 堂々の封切!元郷のお嫁さん

Cut2012_1120_1528_35

元郷の激坂の頂上にお住まいの
大正4年生まれのお嫁さん


ご実家は、この坂をちょっと下りた所にあって、歳下の旦那様とは、従兄弟同士っていうのですから、ご夫婦共に、この坂で暮らして来られたって事ですね。一時期、駒込でご奉公をされたとの事で、80歳の後半に差し掛かっても、駒込の記憶は鮮明でした。イイ顔してお笑いになる、お嫁さんに和みますねえ!田舎の良さは土地の良さ、土地の良さは人の良さって事でしょう。周りには、熊や猪は、居ないそうで、元郷の激坂は、いつでも安全ですよ!是非とも軽いモガキをご希望の皆様、元郷のドン着きのこの坂で、気持ちよい汗をたっぷり掻かれては如何でしょうか?

にほんブログ村 自転車ブログへ Logo

ポチットお願いします
m(_ _) m

続きを読む "中年オヤジの激坂対策PROJECT- H 堂々の封切!元郷のお嫁さん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年7月16日 (月)

国分寺から来たスーパー爺さん軍団恐るべし!!

Photo

五日市戸倉のセブンで還暦、古希の恐るべき
スーパー爺さん軍団を見た!


彼らは国分寺から北秋川の払沢の滝を目指して、この炎天下!熱風地獄をモノともせずに、武蔵五日市まで走って来たそうである。セブン前で暫し地図を皆さんで見ながら、ルートを探索していらっしゃる様子。お節介ながら、地図を拝見して、払沢の滝を見た後で、時坂峠を登って茶屋まで行けば、奥多摩でも有数な景色が見られますから、是非とも頑張って登って景色を堪能して下さいと言って別れたのですが、なんと言っても還暦、古希軍団ですから、結果は如何成りや?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月20日 (日)

誰も行かない奥多摩の秘境 養沢112歳が行く  三合鍾乳洞のお婆ちゃん83歳

Cut2011_1114_2053_26

美人のキップ売りのお婆ちゃん御年83歳!
矍鑠たるものです。きっとまた貴女に逢いに
来るでしょう!


奥山の方々は、押し並べて優しいですねえ。生き馬の目を抜く都会に住んで核家族の砦に長く住まうと、心も体も四角く尖がってしまうもの。奥多摩の爺さん、婆さんの大らかさ、優しさがひしひしと伝わって来るじゃないですか!彼ら彼女らの人隣を垣間見る時、得も言われるノスタルジーを感じる訳で、良くぞ居てくれましたと感謝するのである。幸せにな長生きを切に望んで止みませんね。素晴らしいキャラクターでした!お婆ちゃん!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 養沢112歳が行く  三合鍾乳洞のお婆ちゃん83歳 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年11月12日 (土)

誰も行かない奥多摩の秘境 小岩の爺さん

Cut2011_1108_1446_12

小岩の坂の手前の道に迷い込んで
崖から現れた爺さん御年77歳

小岩の坂を探索している途中で、道を間違えて走っていたら、突然崖から現れた爺さん77歳。小岩の入り口は、今ではとても分り易いのですが、初めての時には、ちょっと迷うと思います。まさかこんなんが入り口だと普通は思わん場所ですから!と言うわけで間違えて小岩の激坂の入り口の手前を曲がって走っていると、崖から突然現れた爺さんに出会いました。彼はこの一帯にある複数の別荘、保養所の管理と、205号を挟んで反対側の斜面に建てられた民宿を営んでおり、もう40年来のお客様がいらっしゃるとの事でした。そう言うご贔屓さんがいるお陰で、元気イッパイ!77歳腰も真っ直ぐ!崖を登って下草を刈ったり、小枝を落としたりと、忙しそうに働いていらっしゃいました。

土地土地で出会った爺さん、婆さんと話をするのは、楽しい限りですわsweat01
特に、爺さんが面白い話を聞かせてくれますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 小岩の爺さん "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年11月11日 (金)

誰も行かない奥多摩の秘境 小岩の激坂を卵100個担いで登ってた爺さん

Cut2011_1108_1419_39

動画直りました!閲覧可能です。

第1回目の小岩激坂遠征時の帰りに
坂で出会った爺さん御年80歳
矍鑠たるものですよ


小岩の坂を初めて登って、帰りのダウンヒルの時に、各コーナー(R)写真撮影の最中、坂下から登って来た唯一の人が、この爺さんでした。なんでも此処に生家があって、池袋界隈に、別宅がお有りだそうで、羨ましい人生を送ってこられた爺さん!正直そうな風貌に笑顔が最高に素敵でっせ!聞けば背中に玉子100個も背負っているとかで、それでこの坂登って来るのは、えらいこっちゃ!しかも80歳でっせ!婆さんもなかなか素晴らしい人の様で、スイミング、ヨガなど70過ぎて頑張ってますがなあ!爺さん、婆さん共に池袋の別宅と、此処の生家を行ったり来たりしてるそうで、老後はかく在りたいと思う典型的なライフスタイルに、羨ましい限りでした。因みに玉子100個は、9匹の飼い猫の餌とご自分の食材を兼ねているとか?100まで頑張って欲しいものである!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 小岩の激坂を卵100個担いで登ってた爺さん "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月26日 (火)

幻峠 手前で遭遇したスーパーオヤジ58歳 自転車連チャン3日目

Cut2011_0720_2106_45

前日、風張から柳沢登ってきたって!!
自転車3連ちゃん目


まあ、あそこを右に曲がって行くってえ言ったら、目的地は風張林道しか無い
ですもんねえsweat01 前日、風張峠から柳沢登って、その翌日に御歳58才で林道
行こうてえ気に成っちゃう所が既に凄過ぎますよね!

よくよくお聞きすると3連休の全部、自転車で走っていたとの事ですから、これだ
からオッサン連中の方が、強く成るんでしょうねえ!と言っても小生も50過ぎて
ますが何か??sweat01

前記事の斎藤電鉄ryuさんといい、この親父さんといい、驚くべき親父の人口密
度は確実に増えている!!

続きを読む "幻峠 手前で遭遇したスーパーオヤジ58歳 自転車連チャン3日目 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月24日 (日)

幻峠の、その奥の院 重要文化財古民家を守るオヤジさんは証言した!

Cut2011_0720_2125_28

熊、猪、猿、狐・・・・・・・普通にいるよ!
自然と暮らすオヤジさんは、うろたえる事は無い


しかも、この3km先に国宝(重要文化財)の古民家があるんですよ!
えええええ?トッ拍子も無い、お言葉に暫し耳を疑いましたよ。

何でこんな山の中に国宝があんのよ!?此処はどこ?私は誰?てえ面持ちでしたが
気を取り直して、先へ登ろうとしたのですが?オヤジさんが綺麗に草刈してありました
ので、自転車じゃあ滑って登る事が出来ませんでした。また次回は登って国宝を拝み
たいと思っていますが、整備の完了はいつになるのやら?

続きを読む "幻峠の、その奥の院 重要文化財古民家を守るオヤジさんは証言した!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月23日 (土)

奥多摩の多くがダートであった頃からの自転車の大先輩 齋藤電鉄ryuさん 炎熱の鶴峠を制す!

Cut2011_0720_2050_51

御歳??歳
所謂、往年のモダンボーイ

ニッカボッカとゲートルが、お似合いですねえ!

お互いに良くブログを行き来させて頂いている斎藤電鉄ryuさんです。
午前4時に喜多見駅にて待ち合わせ、初顔合わせして、関戸までご一緒させて
頂きました。この日は、ベルギー在住のカミさんが、一次帰国する日でしたので
残念ながら、目的地の「鶴峠」まで、ご一緒する事は出来ませんでしたが、ナイス
な・・・・キャラクタリスティックなお友達面々がお揃いで、ryuさんの交際の広さを
感じましたよ。

鶴峠アタックの前には、和田を制していらっしゃるとの事。やってくれますねえ!
次回は、是非ともご一緒させて下さいませ!

続きを読む "奥多摩の多くがダートであった頃からの自転車の大先輩 齋藤電鉄ryuさん 炎熱の鶴峠を制す!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|