024大垂水峠

学生時代に佐山聡氏の愛弟子としてプロの格闘家で、
外資系のコンサルタントを経て小生の部下であった
S君が、友人から3連勝と言う伝説的メーカーのロード
バイクを譲り受けた事。多くの偶然の結果、今こうして
S君と共に大垂水を登っています。

コンサルティングと言うインテリジェントでハードな仕事

故に少々体が緩くなってはいるが、小生は彼に腕相撲
で勝った事が無い。

さて、今回はS君の初のヒルクライミング。まだ殆ど走っ
た事の無い彼にとって初の大垂水は結構辛い!!

故に、大垂水を風張林道に変える!!
そう、それは簡単な事、ママチャ必殺3縛り走行で彼に
敬意をはらおうではないか!!お互いガチンコで行こう!


◆大垂水中盤に差し掛かる

馬鹿話をしながら登るのは、時にキツさを忘れさせてくれるもの
です。ただ、並列にならず、注意しながらお互いに声を掛け合う
のはとても良い事です。

◆さあ!ゴールへ



S君も流石です!初峠初制覇おめでとう!!
少し体重おとさんとイカンねえ!!
次は峠を含んで100km完走を目指しましょう!!

しかし、大垂水の3縛りは何度やってもキツいです。

大垂水の素晴らしさは何と言っても相模湖側へのダウン
ヒル!!夏は最高!!冬は極寒(笑)

大垂水を頑張って登ったご褒美に必ず付いて来る!!
で、ご褒美を戴いちゃうと今度は帰りが待っている。

あの下りをまた登ろうなんて考えたくないでしょ!?
それで、町田街道、津久井湖側に逃げちゃうと、これが
また辛いんですよ。実は相模湖に着いて一服したら、辛
そうに見える大垂水再登攀が最も楽チンなんですよ!!

と言う訳で勿論!S君と町田街道、津久井湖へ向うので
ありました(笑)

相模湖の手前、7・11近辺の景色が開けた所は紅葉が最高だね!
相模湖に着いたら河内屋さんに必ず立ち寄ってお汁粉をすすり
ます。


こうして、大垂水を下り相模湖から津久井湖を経て高尾駅に
戻って、車で玉川学園の鬼の激坂(笑)に向う二人が居たのでした。

S君がこれに懲りずに更にチャリに邁進してくれる事を望みます!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1076173/25239441

この記事へのトラックバック一覧です: 024大垂水峠:

コメント

なんと! 3縛り とか 7縛り ってのは、其々の
車種の トップギアに 固定 で 登る事だったんですね!
どっひゃ~!

大垂水は 中学の時 の サイクリングや 高校で 後輩と
たった二人で作った 「自転車部」で 週に3回は行っていましたが
(3ヶ月で潰され廃部になりましたが)
相模湖側から 戻った事は 恥ずかしながら 一度も在りませんでした。

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2010年11月14日 (日) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)