« 認知症との日常 | トップページ | じゃくねんせいにんちしょうのささやかなさいかつ »

2017年9月27日 (水)

若年性認知症とのせいかつ

けさむすめがいんどでのびじねすのためにインドにわたったのだが、単身で得体のしてれないいいんどでびじねすがよくできるものである

おどろきであるが、ほんにんは、大阪大阪にいくような感覚のようであるじだいがそうさせるのか女性もつよくなったものである

おやとしても認知症ごときでおろおろしてはいられませんですなあ

若年性認知症にかかっていろいろなことがわかってきたが脳のきのうが改善されるのは、まだまだ程遠い尾しかし改善のかていをたのしむのはわるくない

じわじわと回復をしてゆこうとおもっっている

前立腺癌ぼっぱつのときは、流石におちこんだがいまではまったく気にならないじょいたいまで漕ぎつっけたゆっくりあゆもう以

前の自分ではかんがえもつかない心境であるやまいが、自分を変えてゆくときにおがったのうをなおすのはじぶんにとってとても良いことだとおもえるようになったきがする

自然に謙虚になることが気持ちがいいとランニングできがついた

けさむすめがインドにむかったのですが、まあよくもまえたいの知れないいんどで単身。かのじょからすると大阪にいってくるようなものだというが得体・

|

« 認知症との日常 | トップページ | じゃくねんせいにんちしょうのささやかなさいかつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若年性認知症とのせいかつ:

« 認知症との日常 | トップページ | じゃくねんせいにんちしょうのささやかなさいかつ »