« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月23日 (日)

多い埠頭の海

Dscn6669

久し振りに、息子のカリムと大井埠頭に自転車を走らせてみた。

長閑な秋の風情に、清しき風。なんともたゆやかである。

続きを読む "多い埠頭の海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月21日 (金)

陣馬高原を登る 和田峠

Dscn6648

続きを読む "陣馬高原を登る 和田峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋の陣馬高原へ向かう道すがら

Dscn6649_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夕日が、少し恐ろしい様な気がするのだが・・・・・・?

Dscn6652

日々凄い夕日が見えるのだが、これは、本物の夕日なのだろうか?
どうも、昔懐かしい夕焼けの色には、みられない気がするのは、みまちがえなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月13日 (木)

みんなで思う存分話し合ってみた。

Dscn6650_21

齢50年近く、人間やってると、思った以上に埃が溜まっているものである。
先日、葉山でオジサン連中が集って、皆で、今後のビジネスを考えるミ-ティングを実施しました。全員40、50代のオジサンなのだが、思った以上に皆、元気でやかましい。

旅の乗りではなく、普段合わない色々な方々の話が、聞きたくて、皆、馳せ参じた会だと、
思いましたが。思った以上に面白い。いい大人が大汗かいてガチのじゃんけんに興じている姿も、なんだか楽しいし、可愛らしくもある。嘗てのみんなが、ころも衣を脱いで上下関係なく議論をし、ワイワイと生のおっさんたちの姿がそこの出来上がっていた。何にてらうこともなく、屈託なく笑って、、随分と方の荷にが、降りた様な気がするひと時であった。
中でも、本音一本で語り合った、その思いは、すべからく、そのまま、皆に届いたようにもかんじました。やっぱりみんな大変な思いをしながら、会社や家族のために頑張っているもので、色々ああるさ。でも、やっぱりくすぐったい胸の内をさらけ出し、本音を語った勇気が嬉しかった。そんな集会であった。一同皆、再び、こうした機会を作る事に賛同して、席をたったのでした。

最後の一言


一方で、ひしひしと、迫りくるグローバルの波を眼前にして、途轍もない焦燥感に駆られる
KARARERUか科RKARAREもし仮に、部下とけんかになって、さあ、どちらが先に謝るか問のであった、あの時私はIBMの館にいて、彼らと人材の育成に関して敵同士であるものの
比較的忌憚のない会話をしていたのを思い出す。

答で、上司が真っ先にあやまったその勇気と、彼の思いに、座布団3枚!!!

これが意外と面白く、とても有意義な会議?であった。やっぱり、忌憚なく話ができるってよいですなあ!
まあ十分であったか、面白かったか、個々人の感性にゆだねるとして、子供のころのような、楽しさあふれるミーティング?であった事が大いに印象に残った。
オッサン連中が、屈託なく」じゃんけんをして大汗書いてる、姿も意外といちゃ目で、出可愛いものである。常々、上司は、明るく皆の太陽で有らねばならぬ。とまじめそうに言う輩もまた、十分楽しんでいる由。こういう無礼講もなかなか、気持ちが打ち解けてよい。更に互いがわかって2度良い良いであろう。若手を引っ張るのは、親方の笑顔であり、そうした器量が無いと若手は搗いてこないのだから、こういう会を時々作る親方の度量が見え隠れした良き日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 9日 (日)

秋の風情

Dscn6650_2

晩秋の風景ススキが美しい。同じ様に阿蘇もこうあって欲しいものだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2016年10月 5日 (水)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 4日 (火)

201610040702551

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Dscn6637

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 2日 (日)

201610020555391

朝の光

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|


朝の光

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年10月 1日 (土)

自宅から往復300kmも離れても富士山が見えるのね!

Dscn6630_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »