« 東京都市計画道路幹線街路環状第8号線 通称環八の起点と終点の諸説紛々を決定するときが来た!! | トップページ | 山走るのと、都内走るのは、意外に同じ消耗度かも知れん!? »

2014年5月 5日 (月)

今、自分が何処にいるのかさっぱり解らないと言う快感ポタ!!

F1011565

全くの無目的で、サラリと家を出て・・・・右!
何処までも右で頑張って、さて此処は何処?


入社30年のリフレッシュ休暇とGWが合体して、嘗て経験したことの無い、超大型連休を過ごしている。海外へ出かけて何とか?とか、国内観光地で、ごった煮とか、そう言うのは全く無くて、只ひたすら都内を徘徊して、意外とそれが楽しい!毎日朝から家を出て、大方100前後、ブラブラと走って、日没前に帰宅する。何処へ行く積りも無く、只ひたすら右へ右へと、都内を旋回して、時々左?

こうして、右旋回、時々左で、迷子になって行くのが楽しい。都内は結構広くて、初めての場所90%。右も左も所以が無い、完全アウェーが紡ぐ「道」との遭遇が良い。と言う訳で、掲載する写真のほぼ全部が、何処か解らないと言う有様である。しかも誰も居ない場所だったりして、おお~迷子ですねえ!が良い。

F1011566

何処にでも在りがちな社も、アウェーならではの新鮮さだわ。

F1011567

突然、都電に出くわして、踏み切りを渡って右!すると川に辿り着き、自信は無いが、きっと神田川?かも知れん?川に沿って街並みを縫うように走って走って、趣のある橋に出て、先に進むとなんと?

F1011574

この橋を渡って先に進んで見たのがこれ?

F1011575

何処かで見た事のある風景が、突然現れて、驚き。その先が呼んでるから、こう成っちまう訳でして、ハイ、自転車初期の頃、よく通った下落合?の見晴らし坂。当時は都内最強なんて言ってたっけ?

F1011573

今、見れば普通の坂ですもんねえ!?期せず、こう言う新たな発見もあったりして、懐かしいですねえ!皆で、この坂に挑戦したもんですよ。

F1011577

神田川の畔に戻って、更に川沿いを行くと、驚きの亀穴群を発見!神田川は、川底が砂岩で出来てるみたいで、小さな亀穴
ポットホール(pot hole)、またはかめ穴(かめあな)ともいう。 河底や ... このくぼみの中に礫が入ると渦流によってその礫が回転し丸みを帯びた円形の穴に拡大する。その後川底が ... 穴の直径、深さとも数cmのものから数mのものまでその姿はさまざまである。

F1011570

落ち合い界隈の神社の御親神木の銀杏がこれがまた、驚きの大木で、こんな凄い神木を見たことが無い。都内は、発見の宝庫である。

F1011578

最後は、何の変哲も無い、殺風景な風景なんだが、この場所に、こんな都会のこの場所に誰も居なかったのが、驚きで、故に最後の発見として、記載した。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 東京都市計画道路幹線街路環状第8号線 通称環八の起点と終点の諸説紛々を決定するときが来た!! | トップページ | 山走るのと、都内走るのは、意外に同じ消耗度かも知れん!? »

コメント

ヨネちゃん

そうなんですよ。徘徊してたら、何と見晴らし坂ですよ。
当時は、最高峰の坂でしたが、今、振り返ってみれば、意外に
行けちゃうもんですねえ。力量が上がったって事じゃなく、慣れた
って事ですがね(汗)

神田川は、ちゃんと全線制覇したいと思うのですが、何処まで
走れる事やら??

投稿: ノール | 2014年5月 9日 (金) 09時57分

近所にいらしていたのですね。
見晴坂とか懐かしいです。

投稿: 高田米治郎 | 2014年5月 5日 (月) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、自分が何処にいるのかさっぱり解らないと言う快感ポタ!!:

« 東京都市計画道路幹線街路環状第8号線 通称環八の起点と終点の諸説紛々を決定するときが来た!! | トップページ | 山走るのと、都内走るのは、意外に同じ消耗度かも知れん!? »