« 久々に山に行って来ました。リハビリモードの時坂峠 | トップページ | 今、自分が何処にいるのかさっぱり解らないと言う快感ポタ!! »

2014年5月 1日 (木)

東京都市計画道路幹線街路環状第8号線 通称環八の起点と終点の諸説紛々を決定するときが来た!!

Dscn6215

永きに渡って諸説紛々?であった環八の起点と終点位置
その真実を探る日が遣ってきた。


実は、予てから、環八の特に終点に関して、その場所が諸説紛々。誰に聞いてもしっかりした回答を得られずにいたが、密かに、この休みで解明したいと意気込んでいたのである。その紛々に寄ると、大方赤羽辺りで、環八の行方が分からなくなるらしいのだ。環八と言えば、大基幹路であるのだから、それが突然視界から消える等、有り得る話じゃない。にも関わらず、ドライバー氏の多くが、どうも赤羽界隈辺りで環八位置が曖昧になるとの事。トンネル工事で、環八が使えないので分からない。環八を走っていた積りが、いつしか何処を走っているのか分からなくなる現象・・・・等など、なかなかオカルトチックである。故に益々その正体を掴みたくなると思うのは、むべなるかな!

さて話は羽田空港敷地内の環八起点に戻してして、環八起点から話をして行こう。写真に掲載したポイントがどの様な意味を持つのか、素人の小生には、分からないが何となく、道路管理境界とか書いてあると、起点ポイ感じもする多分起点なのだろう?。問題は赤羽界隈で消える終点の正体なのである。

Dscn6258

気持ち良く赤羽界隈の環八標識を追っていると何時の間にか、環八の標識が無くなっており、その代わりに北本通りの標識が、其処かしこで目に付き始める。道路は全く環八のままなのだが、その内環八標識が戻って来るだろう?等と思っていたら、丁度駐在所の前に出て、お巡りさんに、この事情を聞いてみた。

Dscn6260

すると答えは単純明快!赤羽交差点が起点になって、環八と北本通りを分けていたのである。世紀の大命題は、実に極めてシンプルで、瞬間的に理解出来る形で、答えて呉れていた。これがこの標識!・・・・・ここから環八通り。これは環八通りの赤羽交差点に立てられているもので、実は道路自身は、何の違和感も無く、そのまま北本通りと言う名で環八から赤羽方向へ繋がっている道路なのである。

Dscn6258

この交差点の斜め向かいに、ここから環八の標識がある。
道路は、何の違和感も無く、繋がっているので、道が変わった違和感などは全く無いので、ドライバーは、北本通りを環八と間違えて、環八を走っていると錯覚するのである。こうして環八が消える現象が、引き起こされるのであった。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 久々に山に行って来ました。リハビリモードの時坂峠 | トップページ | 今、自分が何処にいるのかさっぱり解らないと言う快感ポタ!! »

コメント

ヨネちゃん

ここから標識、こう言う標識が、実は結構あるのが解
ったんですよ!
今の所、環八、山手通り、目黒通りに、ここから標識
があります。多分、環七にもあるでしょうね!その内
調べてみたいと思います。

投稿: ノール | 2014年5月 9日 (金) 10時01分

「ここから」「環八通り」の標識、クルマを運転していたら、
絶対に見ることができない標識でしょう。
解明していただきありがとうございます。

投稿: 高田米治郎 | 2014年5月 5日 (月) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都市計画道路幹線街路環状第8号線 通称環八の起点と終点の諸説紛々を決定するときが来た!!:

« 久々に山に行って来ました。リハビリモードの時坂峠 | トップページ | 今、自分が何処にいるのかさっぱり解らないと言う快感ポタ!! »