« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

久々に山に行って来ました。リハビリモードの時坂峠

Dscn6143

リハビリモードの午前6時スタートで
自転車が無いsweat01仕方なく彼の鈍牛BRAVE-STAR


リハビリターゲットは、無難な、時坂峠。ですが全く自信も無くて、果たして斜度は殆ど無いに等しい、とは言え3kmの峠を足付き無しで頑張れるのか?しかもBRAVE-STAR。
イケさんと、ベルギー人のカリム君と3人3様のトレイン。五日市までの54kmは、全く苦にならない、気持ちよい走り。五日市に入って、何時も走る道の脇に巨大なモンスターツリーを発見。嘗て毎回この道を走っていたのに、全く気が付かなかった、この大木!見れば見る程、恐ろしい形相をしているものだ。

Dscn6149

桧原村の通りで、この美しい桜に出合っが、桜の花の木漏れ日が桃色に染まるその風情を捉えるのは、結構難しいもので、あれこれ角度を変えたりしたが、イマイチの出来栄えで、隣でシャッター押してるイケさんの写真を拝見すれば、また途轍もなく素晴らしい写真になっていて、その差は何か?と考えてしまいます。

Dscn6165

時坂峠の帰りに撮影したサクラとモミジのコラボですが、これも僅かにイマイチで、やはりセンスが無いのだと諦めた。枝垂れ桜は、こんな時期に咲いて、しかもソメイヨシノよりも柳眉な感じがしませんか?

Dscn6158

何とか、ヒイヒイ言いながらも、彼のBRAVE-STARで完走出来、溜飲を下げるものであったが、実に1年ぶりの峠のオヤジ2人組も、初のロングライド&峠のカリム君も意地で完全制覇の巻でした!!茶屋の1本松からの風景がまた素晴らしく、更に天気明朗、爽やかな風!!満足も極まれりですなあ!

Dscn6160

ちょっと不安もありましたが、この鈍牛で、時坂が登れてホッしました。最大限に弛んでいるもは間違いなかったのですが、それでも、此処が登れ無いとなると、復活はかなり先に成りそうで?まあ徐々に豚肉排除!と禁煙継続で頑張ります!

Dscn6178

最後は、イケさんも初めてと言う払沢の滝見学で、なかなか内容豊富な、リハビリトレインで御座いました。イケさんの膝の回復を、見守りながらオッサン組みとしては、徐々に復帰を果たして行こうと思っていますので、先生、暫くお待ち下され!!
走りの動画は、編集中で、その内掲載致しますが、請わないご期待??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年4月24日 (木)

あの五反田幻坂の隣に突如出現した超激坂40%超 最早誰も登れ無いのか?

Dsc_2907

坂ミシュランの太坂部門に君臨した、この五反田幻坂も
突然出現した真幻坂には到底及びはしない!!

Dsc_2915

真幻坂!!
4段坂で、最初の斜度は体感37%物凄く怖い!
2段目は人跡未踏の45%しかも階段じゃあありませんよ!

Dsc_2918

2段目までは、BRABE-STARでも何とか行けるのだが
それでお仕舞い、その先は横須賀の47%領域で、最後の
4段目は50%を超えているかも知れません。

坂ミシュランさんへ
太坂部門1位を真幻坂へ変更お願いします。
またこの坂に挑む場合、自己責任でお願いします。

Dsc_2904

ベルギーから参戦してくれたカリム君
見事幻坂攻略!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年4月22日 (火)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月12日 (土)

ikeさんと川走り 矢上川から鶴見川

Photo_2

矢上川と鶴見川の合流地点 最高に気持ち良い!開放感だわ!

Photo_4
春のうららのボートもなかなか良いですが、よくまあバランス崩さずに漕げるもんだわ。

Photo_5
鶴見川 何故かすっきり!!この光景!

Photo_6
こう言う複雑形の何か?が好きです。解るかなあ??
ゴチャゴチャとして美しい、すっきりして美しい、どちらも美しいって?

Photo_12
ここがベイブリッジだと思ってたのですが?大黒大橋って事なのね。

Photo_7
こう言う所の何とも言えない情景が!?

Photo_8
青い影 プロコルハルム だったりして?解んねえよなあsweat01

Photo_14
抽象画 オブジェⅩ とかね?

Photo_13
鶴見川の突端でしょうか?釣り場入場には、結構なお金が掛かります。
結構、釣りやってる家族連れとか、多いんですねえ!釣れるの?


久々のイケさんタンデム
川伝いに、大黒埠頭まで走ってみたが?


まあ昨日も、都内徘徊を、少しばかり実施しての翌朝、イケさんと久々のタンデム。海シリーズの積りが、中原街道から、流れに任せて、ウロウロと、気が付けば、慶応矢上辺りの川辺をのんびりと。今日はお日柄も良く、タイヤもクルクル廻ります。川の流れの様に、素直に従って、矢上川から鶴見川と繋ぎ、大黒埠頭を経て、鶴見川最終地点で、気ままなGOAL
IKEさん100km,小生40km程度の、楽チン走行。

にも関わらず、何なのか?この疲労度合いは??イケさんも、まあ同じ様なものですが、100走ってるので、ご立派!ご立派!しかし以前の我らの拙い走りの記憶から見れば、まさかの大転落で御座います。7月あたりで再復帰を狙うも、厳しい事になりそうで?寄る年波には勝てぬが、それでもジワジワなんとかしたいものである。そろそろ山に向かわねば!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年4月 9日 (水)

困ったもんだわ!XP最後の日

K0010188_3

滑り川中流域からあるいて海を目指す。途中で幾つか支流が分岐しながら川はながれ、途中で、かつての水門を発見した。今では使っていない様だが、ポンプ棟の様な建屋が現れた。

K0010189_2

4

流れは、そこそこあって、水は割りと綺麗な流れである。
桜が、川面に揺れて風情があった。

5

6

途中で、幾つかの合流地点があって、水嵩をまして海に向かう。
海に、近づくと、浅瀬の水溜まりに、河豚の子供が泳いでいた。

7

8

9

上流には、少し水嵩のあるワンドが、あって、デカイ鯉が遊んでいた。
10
折れ曲がる川面、を辿るも、所々で行き先が分断され、川を遡上するには、まず川の行方を探索せねばならないのだが、思った以上に、折れ曲がって、良く歩かせてくれたものである。

11

時間切れで、鶴岡八幡宮で折り返して帰途に着いた。滑り川は、まだ数キロ続いている模様である。その内、源流探索にまた、来たいものである。

12_2

とうとうXP最後の日となった。
最早、敵の攻撃には、全くの無防備な状態である。


仕方無く、7、や8に移行せねば成るまいが、高い金を払って、面倒なOSへ移行する位ならいっそのこと、ネットに接続しなければ良い!そう思い立って、2台あるパソコンの内1台は、完全に、ネットから切り離し、音楽再生専用とした。今、ここで使っているパソコンのOSは最低のビスタであるが、ブログ編集と、音楽ダウンロードの為に、外界への扉を開いておこう。

写真群は、先日、カミさんと、鎌倉へ行った時に、滑り川を遡上した時のものである。残念ながら時間の関係で、又もや源流を突き止めるには至らなかったが、満開の桜のもとで、なかなか風情があって、良き日であった。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »