« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月22日 (土)

今日のチャリ通 20140322 病み上がり、久々イケさんとポタ

Photo

久々のポタリング、午前9時等々力渓谷ゴルフ橋集合
で、勿論、早々と現地到着。イケさんは、時間通りの9時ジャスト。


早めに到着して、早々と激階段発見、虫垂炎治療後まだ4日目。遺憾ですねえ。焦っても仕方ないですが、何もしないと、只々飯を食う生活に浸かっちまう故、最低強度で、階段アタック。こう言う瞬発系のアタックは、まだまだ僅かに余力があるのか、意外にすんなり、低強度で、登攀完了。ハイアフォです自覚ですが何か?

暫くしてイケさん到着、毎度の事ですが時間通りです。暫く歓談して、そそくさと谷沢川を遡上して、姫の滝探索へ。前回滝未発見だった事から、注意深く探索して、解った!

Photo_2

F0091067_22343032
玉川地区とプラス付近の名所紹介
在りし日の姫の滝
世田谷区玉川地区とプラス付近の名所紹介さんから
借用させて戴きました。

実は、此処がその姫の滝だって事!!灯台元暗しでした。目の前の、もう滝の様相さえ無いここが、探し物だったって顛末で御座います。第一の目標が完了して、清らかな名水流るる、谷戸川探索へ。砧公園を突っ切って、

Photo_4
その途中、砧公園で見かけた不可思議な木を眺め、

アチコチ暗渠に出たり入ったりして、源流探しは難攻不落。ご近所さんのお力をお借りして、やっと見つけたその源流は、なんと?

Photo_3

この手押しポンプって落ちでした。まだ分岐や、未発見のエリアもあるようだが、此れにて谷戸川の探索完了である。その後は、烏山緑道で、イケさんと別れ、帰り際にここで遊んで

Photo_5

帰途に着きましたが、流石に疲れました。が盲腸の暴れる様子は全く無し。取り合えずセーフ!!こうして、人生4度目の入院騒動は、終焉を迎えたので御座います・・・・多分?

追伸

ところで良く考えてみると、50歳過ぎて、良くもまあ色んな病気に成ったもんで、男の更年期ってヤツか?解らんが、逆流性食道炎発病、乾燥肌の勃発、ステロイド過でムーンフェース、更にヒゼンダニにやられてもうこの世のものとは思えぬ痒みとの戦い、それが終わって今度は、腎臓衰弱疑惑。最早人工透析か?と思われたものの、なんと復活!腎臓リスクは、ほぼ無くなった。その安心もつかの間、帯状疱疹に見舞われ、イテテイテテで、もう治りませんとか医者に脅されたが、必殺アクチビア軟膏を入手して、戦いは、局所戦に留まった。・・・・・でその後に、なんと予想だにしなかった虫垂炎。

まさか此れだけの病魔に襲われるとは、我ながら驚きである。だが、もっと驚きは、なんと
罹患した病の殆どが、治るか、快癒している事である。医者にもう治らないとか言われると寂しい気持ちに成るもんだが、諦めずに真面目に治療に取り組めば、病はちゃんと治るって事が解ったよ。まあそんなもんよ!ここまで苦りゃあ、齢100まで生きてやる!!

ご心配をお掛けしていますが、何とか生きています。メッセージを沢山賜り有難う御座いました。近々、ちゃんとお返事したいと思っていますので、また遊んでやってくださいませ!

世田谷区玉川地区とプラス付近の名所紹介

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年3月 9日 (日)

今日のチャリ通 20140309 何と恥ずかしながら初の救急要請の昨夜

Atai

とても恥ずかしい事ではあるが
昨夜救急車の出動を初めてお願
いする事となった。


昨日は、、新浦安に住む大伯母のお見舞いに、行って来た。
とても良い天気で、爽やかに始まった昨日。駅に向う道すがら、僅かに腹部に違和感?まあ大した事もあるまいと、電車を乗り継いで、新浦安に到着し、伯母の見舞いも出来て、何と無く、ふくよかな思いで、良き日の帰途に着いたのである。
しかし新浦安の駅に着く辺りから体の違和感が、膨らんで、次第に胃痛を感じるようになり、駅の薬局で胃痛の特効薬ガスター10を買い込んで服用し、直ぐに直るだろうと電車に乗り込んだのだが?直ぐに、胃痛が酷くなってきた。ガスター10が効かない??これは可也のダメージである。

自宅まで1時間以上。電車の中で痛みの波に翻弄されつつも、何とか自宅に到着。と同時に、最早我慢出来ない程の痛みにのた打ち回って、鍼灸院に行く事にした。そこで痛みの緩和を試みるも、全く効かず。脂汗を流しながら自宅で痛みが治まるのを待ったが、最早これまで、人生初の救急車の出動要請をだした。嗚呼、ご近所に響き渡る救急車のサイレンが恥ずかしい。

やがて屈強そうな救急隊員の方が、我が家に到着して、カミサンに色々質問し、状況を確認した後、直ちに担架に乗せられて、物凄く手際よく、体をホールドされた。

Kiso_a3_siyanai_2

流石に写真を撮影する訳にも行かず、写真は、品川区の救急隊のものを、掲載していますが、実際も物々しい機材満載の乗り物である。

そして驚く事にこうした素早い対応に合うと意識が浮つくのか、あれだけの痛みが感じられない状態に成り、一瞬治ってしまったかと思える程で、散々ご迷惑をお掛けいしているにも拘らず、痛く有りません等と言えた物じゃ無いな?等と思った。一通りの作業が完了すると、出陣か?と思えば差にあらず、引き受け先の病院探しで、これが大変。難度も繰り返して色々な病院に連絡を取り、受け入れ先病院を、探すのであるが、なかなか見付からない中、思の外、早く受け入れ先病院が見付かり、体をホールドされたまま、何処をどう走ったかも解らぬまま、光の中の診察台?に乗せられて、これまた、驚くほど速やかに点滴やら、触診やら、矢継ぎ早の質問やらと、いやあ病院って凄いわ!この目黒の厚生中央病院!
素晴らしいです。

たまたまノロウイルスに犯された可能性のある若者達数十人の検査も重なって、病院はてんてこ舞い。看護士さんは、ピッチを顎に挟んで、会話しながら処置を続けており、正に戦場の如くであった。小生はと言えば、ストレッチャーに乗かったまま、点滴の最中で、この点滴で、安静を保っていたのである。

ノロウイルスの若人達の処置が済み、小生への対応が本格化し、血液検査やレントゲン撮影と、看護士さん達は、休む暇も無いのに、皆さんとても優しく丁寧な対応を崩さないのが、感動的でした。それから随分時間が経って、やっとレントゲン撮影の順番が廻ってきた時には、もう翌日が近くなっていた。それからまた時間が経って、検査結果が出揃い、下された診察結果は??なんと?なんと?

                     虫垂炎!!!

家に帰ったら翌日(今日の午前2時)であった。月曜日に再度通院して、今後の治療方法を検討する予定である。

で、余談であるが、こうした最中、血液検査がなされているのは、前述の通りであるが、その結果が何と何と、持病と目された、腎臓の機能の値が、何と何と”全て正常

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

域に達していたのである。されは、正しく禁煙がもたらしたものであり、多くのスモカーに禁煙を勧めるものである。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2014年3月 4日 (火)

今日のチャリ通 20140304 神楽坂迷子で結構走った!

Photo

六本木の先辺りのクレーターを警備員さんが撮影して呉れた。
またまた都心に巨大な摩天楼が出来るのですねえ。

Photo_2

神楽坂に到着して、某社へ向う道すがら、どーーーしても目が行っちまう!こうなると勝手に足が動いちまってsweat01まあ普通の坂ですが何か?

Photo_3

楽しく仕事が終わって、昼飯前の指ならしで多少の利益があったのだが、換金所が解らぬ?ウロウロして発見したのが、この写真。この狭っ苦しい奥の細道が良いでは無いか!
こんな所にパチンコの換金所?こりゃあ解らんわsweat01

Photo_4

最後に、このネーミングが気に入りました。鰻坂!鰻の寝床の様にくねくねしてるので付いた名前らしいが、通りを横切って更に鰻の寝床は続いていたのです。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年3月 3日 (月)

今日のチャリ通 20140303 喧騒のサタディーナイトスカイプ?とその翌朝の坂

F1011525

最近、ちょくちょくお邪魔している田園調布の「急坂」

F1011524

その名もまんまの急坂
と言っても普通の坂でしょ!?

F1011525_2

このところ風邪でイマイチ調子が悪いのである。
なかなか治らない上に、海の向うから可愛いいお客さん

どこぞの国の美人の産地から遙々我が家に遣って来た。
確かにそれはそれは別嬪さんであるのだが、風邪でイマイチ調子が悪いのである。
鼻水が止まらないのである。自転車を漕ぎながら手鼻を咬むと、黄色い液体が飛沫化して、これまた何処ぞの橋の下生活風の??その別嬪さんには、些か不似合いな親父をせざるを得ない状況だったのである。

F1011523

成田で旗立てて、別嬪さんをご案内してから48時間、風と英語なのである。寿司屋は何とか凌いだ!そして、それは、彼の国の夜明けと共に開催され、我が家を行き交う諸国漫遊のお言葉、言語!日本語 中国語 フランス語アラビア語・・・・・・皆様の
歓声、
鼻汁をほとばしりながら、橋の下生活風の親父は、只独り部屋に篭って嵐の去るのを只管待っている構図に、明日のわが身を見たのである。

やっぱこりゃヤバイわ。言葉の洪水で鼻汁だらだら~って生活は無理っしょ!!
まさか日本に結集する事も無いだろうから、皆さんご勝手に!!橋の下生活風の親父は、坂のある土地なら出張してもござんす!


もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »