« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月24日 (火)

チャリ通 今日の激坂 20131223 蛇崩れ川探索 世田谷潜入で見つけた驚き!?

F1011421_3

F1011423_3

F1011422_3

F1011424_3

F1011425_3

F1011426_4

F1011428_2

F1011429_2

F1011430_2

F1011431_2

F1011432_2

F1011434_2

F1011435_2

F1011436

F1011437

F1011440

F1011442

何故か連休3日間に及び、蛇崩川探索に明け暮れた。
江戸の町の川の名残、街道の名残が面白い!


豚肉消費の一環で、自転車散歩のエリアを拡大して、未だ行言った事の無い所への散策を楽しんでいる。嘗てからその傾向は有ったのだが、最近富に、江戸の名残の探索が面白く、それは大方、嘗ての川の名残の発見と、重なって、その楽しみを倍加させている。そう言う事から、自由が丘、田園調布エリアから、中目黒エリアへ、テリトリーを拡大して、ウロウロしているのであるが、そこで川の名残を発見した。その名も蛇崩れ川!

1日目は、中目黒で蛇崩れ川を発見して、遡上し、用賀界隈で日没。2日目は、自宅から環七を走り、別ルートで、蛇崩れ川に合流、所用で中断して、翌日再び、探索を再開。一気に、蛇崩れ川全貌を、確認。目黒川よりも長い距離を流れている感じがしたが、路票からは、僅か5km程と記されており、初めての土地が齎す距離感なのかも知れません。

品川住人から見れば、世田谷と言う土地は、どうもハイソで、リッチな特殊住人が住まう所と言った固定観念が有るゆえか?はたまた豪徳寺等と、これもまたそのハイソを更に強化した様な、界隈の存在が成せるものか?兎に角、近寄り難い見知らぬ都内なのである。結局、蛇崩れ川は、弦巻と言う世田谷の土地で、何処かの地下に潜って、表からは消滅した様である。一方で、新たな川を、その弦巻の近くで発見して、トレースを開始いあたが、直ぐに、街に消えてしまいました。この名も知れぬ川の名残地には、幾つかの橋が残っており、今後の探索が、待ちどおしい!

余談ではあるが、都知事戦等で、必ず出馬して、必ず落選する、Dr 中松と言う方をご存知の方は、多いと思います。そのDr 中松さんの自宅と、更にその前の通りDr 中松アベニューなる所を発見して、驚きました!Dr 中松アベニューですよ!公式な通りの名前なんですよ!こう言う事も凄いのですが、更に世田谷には、驚きのズトリートオブジェ?(道路に生えたキノコの様な?何だか良く解らないモノ)何だか良く解らないモノが結構ある。流石に、ハイソ×2のエリアですから、縁遠くも、驚きの都内なのであった。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年12月23日 (月)

チャリ通 今日の激坂 20131222 少し体調が良いので中目黒!?

K0010181

K0010182

K0010184

自転車での長らくの無理が祟ったのか?兎に角イマイチ体調が悪いのだが、今日は左に有らず!

やっぱり無理して身体を追い込むと、歳を取ってから、その皺寄せが来るもんである。肩で風切って、ビュンビュンやるのは、楽しいが、やがて必ずそのツケが来る事を、理解していなければ成るまい。まあ兎に角、色々遣ってくるもんだわ。乾燥肌から始まって、逆流性食道炎、腎機能衰弱、免疫機能低下とか、まあ色んな事が同時に起こって困ったもんだ!

そんな訳で、自転車での活動強度を、下げざるを得ず、まあチンタラ遣ってる訳ですが、そんな程度でも、見知らぬ土地を徘徊して新たな発見をするのは、結構楽しい。何時もの様に、行き先も決めずに、気ままな迷子モードを楽しんでいると、大方出くわす。でくわすのは、大方激坂!と激階段!そう言うのを、目論んで迷子してるからか、当然恐ろしいのに良く出会うのだが、まさか此処、中目黒で、驚きの階段に出くわすとは、思いも寄らぬ事であった。まあ、此処も目黒川河岸段丘のエリアであるのだから、凄いのが居ないとも言えないエリアなのであるが、厳しい斜面がイマイチ見当たらないので、灯台下暗しであった。写真の様な、美しくもまた恐ろし気な、白の階段が、潜んでいようとは!?40%を軽々と超えるこの階段を、登る勇気は無いが、歩いてその斜度を堪能するのも、其れなりに楽しい!登れはしないが、どう攻略するのか、考えるのも余興である。

ひと時、この河岸段丘を堪能しての帰りに、路地裏の林を発見したが、その界隈が神社の一角で、何だか不思議な感じの空間であった。時にこう言うパワースポット的な所が意外に都内には、多いのかも知れませんね!? 嗚呼、それから、最近のマイブームですが、江戸の発見!!!です。これが意外に面白い!特に江戸の道路標識が、これがなかなかリアリティー有るんよねえ!数百年前の、ヤジさんキタさんが、此処に佇んで居たのだとだと思うと、時空を超えますな!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月12日 (木)

ブッ魂消げの超驚き!!目から鱗のオーディオシステム!

Cut2013_1212_1835_10


僅か3000円のデジタル、アナログ変換器が引き起こす
ミラクルを堪能出来ない方は、人生の半分を失っている??

この所、全くブログ記事を書いていませんが、皆様、お元気でしょうか?お師匠様、イケちゃん、先生、ヨネ次郎さん、八王子さん、無宿さん、KOZOさん、タケちゃん元気にしてますかあ?そうそう、ヨヨは、子育てどうなんかねえ?等と、人のことばかり言ってないで自分はどうよ?と問われれば、ハイハイ毎日、毎日兎に角、洗足池の鯉の餌やりと、ちょっと通近距離を長くして、BRAVE君と走ってますとも、1日20kmを超えて、ちゃんと計って無いけど月400kmは、クリアしてますとも!!

どうも腎臓の値がイマイチって事で、激しい運動は控えめにして、正しい食生活は、カミさん頼みで、すこぶる元気にやっております。今日は、まあ激しい運動を控えた代わりに音楽鑑賞等と、柄にも無い事を楽しんで居りまして、A型ですからこれまた凝る訳ですよ。何に凝るかって言いますと、美しい音の再生って事に成るんですがね。原音に近い音!!それもお金を掛けずに、楽しむてえのが、良いのですわ。と言う訳で、色々とオーディオ機器を全て中古機で揃えまして20000円の出費。更に最近話題のハイレゾ音源なるものも現れて、正に原音再生時代の到来を予感する、美しい音の洪水って訳でして。それがたったの3000円のDAC(デジタル、アナログ変換器)を買って来て、中古のアンプとパソコンの間に接続すると、直ぐに聞けちゃうのですから、驚きです!!未だ経験した事も無い様な、透き通った美しい音、音!!

音源そのものは、sonyやオンキョウのサイトから有料でダウンロードして来て、3000円のDACを通して変換して聞くって単純作業で、あの超美しい音が手に入っちゃうんだから、時代は変わる。実は先ほど、DAC(写真)を接続して余りの美しい音色に感動してしばし呆然って訳でしてね、いやあ素晴らしいですよ!音の粒が手に取れる様な感じなんですから!
是非、お試しあれ!!

嗚呼!!忘れてましたが、禁煙ですがねえ!まだ全く問題なく続いてますとも!太るかと思いましたが、意外と太らずに体重維持してますねえ!やっぱり毎日走ってるからだと思い増すねえ!サリンジャーさんのお蔭ですね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月 3日 (火)

チャリ通 今日の激坂 20131203 田園調布の26%ってそうでも無いよなあ?他にね!

F1011415

これ、田園調布の26%なんだけどね?一応最強って事に成ってるみたいなんだけどね?朝から、女子高生のお嬢ちゃんの群れには、目も呉れず激坂一途の拡大通勤。1日20から40kmにグレードアップ通勤を開始したもんで、この田園調布様も通勤のテリトリに加える事が出来ました。よって本日は、彼の田園調布最強の26%でも齧って、多摩サイから蒲田へ急ごう等と考えて、ちょっと早めに(午前6時20)家を出た。大岡山、自由が丘、田園調布と、通勤未知の領域へウキウキしながら突入し、アット言う間に田園調布。浄水場周りの激坂群を、余り無理せず登って降りて、で最後は、最強と目される26%に、どうしても気が行っちまってsweat01 ハイ!登ってしまいましたともsweat01

F1011416

運動のし過ぎで、腎臓に負担を掛けては成りませぬ!の身体なんだが、遺憾ですねえ!坂見てると、登らずに帰るっうのは、SAKABAKAの罪。まあMAXしなけりゃ良いのだからね!BRAVE君と、マツタリ登って見たけれど、下の写真の他の坂の方が凄かった様な?

F1011408

田園調布のマイナー激坂なんだけど、こっちの方が、凶暴そうに見えないかなあ?此処を登った時は結構、モガイタ感じしたもんなあ?

F1011417

26%の頂上付近なんだが、イマイチ迫力無いもんねえ??この斜度標識てえのは、かなり好い加減なもんじゃないかねえ?まだまだ凄いのが居そうなので、先が楽しみになって来た。やっぱり通勤圏は、広いに越した事はねえな!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »