« チャリ通 今日の激坂 20131025 国民皆チャリの思想?? | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131028 やっぱりアフォだと思うよそれは!?でも! »

2013年10月27日 (日)

チャリ通 今日の激坂 20131027 池上本門寺のお墓の中に激坂発見!!

K0010177_2

あの力道山先生のお墓がある
お江戸の名刹 池上本門寺にて御座候!

K0010176

池上本門寺此経難持坂

池上本門寺の表山道の坂でこれが、本門寺界隈で最大級の坂であろう。実は雪谷5丁目辺りには、池上本門寺比経難持坂より急で長い坂があるのだが、坂の偉大さでは、本門寺の坂には、到底及ばないのである。まあこの比経難持坂は、大方誰でも知っている、と言うか知らなくても、登った事が有るのでは無いかと思う。ただこの坂の由来やその名前を正確に知る人は、それ程多くないのでは?とも思う。実は小生も坂の名前がある事すらも知らなかったのです。

K0010175_2

池上本門寺 老師坂

実は、このお墓の中の坂 老師坂と言うらしいが、この坂を知っている方は、極めて少ないだろうと思う。何故なら本門寺の脇道から登って行くと墓の中にひっそり佇む坂なので多くの方が目にする事は極めて少ないと思われるからである。周りの墓と共に鬱蒼と茂った森の中の坂!写真では文字が読めないが、通称老師坂と言って、その由来は、「日蓮聖人の愛弟子日朗聖人は、祖師入滅後ささやかな草庵をつくり山上の日蓮聖人御廟所へ、毎日この坂を上って参詣したといわれる。」と坂マップにはそう書かれている。池上本門寺の脇道から登って行くと、突然この坂の表札を目にするものだから、驚きである。まさか、坂の表札が、墓の中にあるなんて思いも寄らないであろう。小生も、此れを発見して驚いた。

今日は、台風一過、一点の曇りなき空

そらを、見上げて、カミさんと歩く。

西小山から10km程度、チャリ通激坂を歩いて、登って降りてを繰り返し、結果二人共に1kg以上の豚肉減量が出来たのは、目出度い事だった。朝から良く歩いた。カミさんに歩いて激坂通勤のルートを教えつつ、つらつらと、明確に目的地を決めずに歩くのは、面白いのだが、やはり行き付けのルートを辿ってしまうものですなあ!気が付けば、自宅から8kmの池上本門寺。何やら境内下が騒がしいと思いきや、健康何とかつう、
催し物が開催されており、地方の色々な名産品が売られていた。

人だかりを避けて、本門寺脇に階段を発見。此処を登ればきっと本門寺境内に辿り着くに違いないと思い、カミさんとかなり急な階段を登って行くと、階段頂上は、墓のエリアに通じていた。
薄暗くて、夜など近寄れない、妖怪変化のテリトリーである。昼でも薄暗く、辺りを見回すと、墓墓墓!まあ当然と言えば当然なのだが、その一角に何やら表札が?難しい漢字で、名前が書いてある。略称?老師坂、実際は、もっと難しい名前だったが、正確に覚えていないので割愛。まあそんな事はどうでも良くて、問題は何でこんな墓の真ん中に坂の表札が有るのか?って事。普通は坂道道路の端っこに、坂の名前と由来を記した表札が立っているものだが!此処は道じゃなくて墓だよ・・・・・・墓!
墓に坂の表札!
これは、違和感満載ですぞ!

              これは、大いに貴重で珍しい坂!
         何か不思議な優越感を感じた墓の坂発見の顛末である。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« チャリ通 今日の激坂 20131025 国民皆チャリの思想?? | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131028 やっぱりアフォだと思うよそれは!?でも! »

コメント

先生

大菩薩ラインは、流石に自転車押して上がる気がしなかった
のですわ。その下の上日川峠を、笹子峠から走った訳ですよ
結構長い峠ですよね。でも笹子峠までは、輪行ですから(汗)

投稿: ノール | 2013年11月 1日 (金) 09時49分

今日は大菩薩ラインから一ノ瀬林道に入って
笠取山へ行きました。
超遠いですね。
あ、車ですよ!

大菩薩って奥多摩から相当距離ありますね。
ノールさんよくあんな遠くまで自転車で行きましたね。
恐れいりました。

投稿: タマチャリン | 2013年10月28日 (月) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリ通 今日の激坂 20131027 池上本門寺のお墓の中に激坂発見!!:

« チャリ通 今日の激坂 20131025 国民皆チャリの思想?? | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131028 やっぱりアフォだと思うよそれは!?でも! »