« 報道に翻弄された昨夜の出来事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131023 東京大田区に見る昭和と大森山王のハイカラ坂 »

2013年10月21日 (月)

チャリ通 今日の激坂 20131021 会社帰りの激坂バトルロイヤル

F1011178
池上線脇のチェック坂最大30%

私は典型的A型人間ですから、毎日、几帳面に荏原病院の激坂群を7~10坂登って充分疲弊してから会社に通勤しているのですが、今日は会社の帰りに漠とした不安に駆られて池上線脇のチェック坂(写真上)をどうしても登って、毎日の激坂通勤が、役に立っている事の証明をしてみたくなった。

まあこう言う場合の、その不安と言うのは、大方休日の怠惰か、食い過ぎが齎すプヨプヨが原因なのだが、それでも意外と真剣に、もしこのチェック坂が登れなかったらどうしよう?などと、近づくチェック坂を前に、潔ぎ悪く右往左往するのが、恒である。今日はその典型的なパターン。チェック坂間際から、ハンドルグリップを確認したり、助走を付けるべきか、助走せずに潔く行くのか逡巡して、もう目の前に坂が迫って、身体が勝手に速度を上げてるんだから情け無い それでもなんとか勢いで、頂上ゲットしたものの、ふら付きましたとも、その記憶は、頭の片隅にしておいて、さて?お次は?

F1011221
大岡山のビッグスロープ 最大24%120m

池上線脇のチェック坂で忸怩たるものが残った故に、それを挽回しようと、大岡山のビッグスロープに向かいました。この坂は片手登攀が出来る程度の坂なんですが、こういう噛ませ坂?で溜飲を下げると言った、臆病者の思考回路で御座いますねえ

自由が丘から次第に大岡山のビックスロープに近づいて行きましたら、ビッグスロープへの交差点で、○○警察署のお巡りさんが目に留まった。そのまま真っ直ぐビッグスロープに彼は突入するのか、回避するのか、後ろで固唾をのんで、見守っていたらまさかの直進!此れには、ちょっと驚いた!ビッグスロープへ挑戦するなんて、ほほう?遣るじゃない!

最近の警察自転車は、大方電動自転車に切り替わろうとしている昨今、彼の自転車は、ちょっと古ぼけた、白の単発自転車だ。しかもハンドルは、力の入れられるTバーではなくて所謂、ママチャリ本来の手前にハンドルがあるタイプ?この坂は、最大斜度が頂上間際で20%平均12%、120mの其れなりの坂だよ!

さて、彼の後ろにピタリと着いてイザ出陣!お巡りさん頑張って!最初は平坦だから、彼の足はまだ充分だ。真ん中を過ぎる辺りから、身体の振れが大きくなって、ヤバそうな雰囲気が?思わず、彼のお巡りさんの前に進み出て頑張れ頑張れのシュプレヒコール。頂上には観客の工事のオジサン達がこちらを見守ってるぞー!頑張れ頑張れ!もう少し!私も、お巡りさんも、道交法ぎりぎりの攻防で、残り30m!

お巡りさん右に振れる
私が避ける


お巡りさんの速度が更に落ちる、ガンバレー!!!
顔を赤くして、耐えるお巡りさんガンバレー(工事のオジサン達)
最大斜度手前、・・・・・・皆が頑張れー!!
お巡りさん左に振れる・・・・・・・・おおおおおヤバイ

ぶつかりそうに成ったので咄嗟に、前に出て一気にGOALして
後ろから登って来るお巡りさんを励ますも、勝負あり!
後ろから来た青の下手糞な運転の自動車に、阻まれてお巡りさん
は、職務上足を止めたのである。

頂上で、お互いを称えつつ、再戦を誓うお巡りさん!ナイスだーー!
暫し世間話で解った事は、意外なほど、お巡りさんが頑張れたのは
彼が、元自衛隊のレンジャーだったから成程ね。
昔取った杵柄は、健在だったって訳だ。まあいろいろ些細な問題はあ
るにせよ、こう言うお巡りさんが居る事は、お巡りさんのイメージが余り
芳しく無い昨今、なんだかほのぼのとしたものを感じたのである。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 報道に翻弄された昨夜の出来事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131023 東京大田区に見る昭和と大森山王のハイカラ坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリ通 今日の激坂 20131021 会社帰りの激坂バトルロイヤル:

« 報道に翻弄された昨夜の出来事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20131023 東京大田区に見る昭和と大森山王のハイカラ坂 »