« チャリ通 今日の激坂 20130922 池上、中央、馬込20%超3激坂連続アタックで解った事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130930 突然の雨の判断 »

2013年9月29日 (日)

チャリ通 今日の激坂 20130926 池上の連続トレーニング坂

F1011260
中池上 カルテット001 名無し坂最下段からの様相
100m前後、右に曲がっているが、他の坂も同様に右曲がり!

F1011261
中池上 カルテット001 名無し坂頂上からの様相

F1011262
中池上 カルテット002 大尽坂最下段からの様相
カルテットの内、此処だけが名前を持っている。右曲がり

F1011263
中池上 カルテット002 大尽坂頂上の様相
僅かに曲がって、そこから斜度アップはまあまあ?

F1011264
中池上 カルテット003 名無し坂他と同様に右曲がり
他の坂と同様に平均10%程度、100m

F1011265
中池上 カルテット003 名無し坂頂上からの様相

F1011266
中池上 カルテット004 最下段からの様相
他に較べて若干斜度が高めである同じく右曲がり

F1011267
カルテットから少し離れて、池上大ループ
ここは、お椀型で、呑み川を中心に、呑み川両岸を跨ぐ
大ループ、遠く反対岸の坂が切り立っているのが良い
行って来いするだけで、汗を掻く事が出来る?


池上激坂カルテット+1
平均斜度10%、距離100mの坂のカツテット
これを連続して登って降りてを繰り返すと結構
足が熟れる


トレーニングに成っているかは、甚だ疑問ではあるが、まあ気休めには丁度良い環境である。激坂通勤のメニューのひとつではあるが、普通の坂なので、これから頑張って挑戦して激坂制覇!!なんて感慨は微塵も望めない。しかし坂が隣接しているので4本連続で上り下りする事が出来るので、結構足が熟れる環境である為、時々、此処を訪れる。

頂上に学校があるので、朝からこれを遣ると、流石に恥ずかしい・・・・まあ日課であるので、置く目も触れずに邁進スベシ!なのである。こうした隣接型の激坂群は、呑み川河岸段丘の左右岸に存在し、右岸の荏原病院のある斜面は、距離が短い分、斜度があって、左岸の仲池上の激坂群とは、特性が異なり、違った味を楽しむ事が出来る。

概ね、右岸を朝方、爆走(実は、トロトロ)と走って、会社に着く頃には、本日の英気は枯渇状態と言うのが専らなのである。一方帰りの左岸走行は、朝方の疲れが(仕事で疲れる事は無い)残っているので、意地になってガシガシ遣ります。最後の4番目が終わる頃には、最早、完全ガス欠状態で、最後の最後の呑み川左右岸の大ループを行って来いするかどうか、長らく逡巡して止めをさす事に成っていのだが、最近どうも相棒のbrave-star
がギシギシ言うのは、この激坂通勤が原因なのだろうか?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« チャリ通 今日の激坂 20130922 池上、中央、馬込20%超3激坂連続アタックで解った事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130930 突然の雨の判断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリ通 今日の激坂 20130926 池上の連続トレーニング坂:

« チャリ通 今日の激坂 20130922 池上、中央、馬込20%超3激坂連続アタックで解った事 | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130930 突然の雨の判断 »