« チャリ通 今日の激坂 20130810 大岡山の超巨大激坂を片手で登る | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130909 真っ赤な絨毯 高輪洞坂 »

2013年8月31日 (土)

チャリ通 今日の激坂 20130830 昼なお恐ろしい高輪の秘境

F1011234
東京都心の高級住宅街 高輪の行ってはいけない場所!?

F1011235
熱波の東京 高輪の昼下がり撮影した画像である
外は灼熱地獄だと言うのに此処は薄暗く昼なのに街頭まで
点灯している状態である

F1011236_1
昼の暗がりをBRAVE-STARと共に行く。激坂と言って良いのか
憚られるが、スリット舗装の坂を登ってゆく。辺りは人影も無い

F1011237_2
鬱蒼とした森を越えると、この秘境にも生活観が現れホットした
空気が流れる様になるのだが、その先で待ち受けるものは?

F1011239
とんでもない階段である。BRAVE-STARを押して上がるのも
重労働である、最早、身体全体が汗まみれなのだ。

F1011240
BRAVE-STARを押しながら階段を撮影してみたが、上手く撮影
出来ないのは、何故だろう?必ず写真がぼけてしまう

F1011241
やっと階段を乗り越えて階段の頂上からの情景やっと日の当たる
場所に出る事が出来た。ささやかな秘境探検であるが?

F1011242
その恐ろしい秘境に住むのであろう少女が、軽やかにGIANTのR3
を転がして階段を降りて、あの恐ろしい高輪の秘境に消えていったのである

高輪2丁目の昼なお暗い秘境探検の一部始終


昨日は、あの熱波渦巻く都内を、場末の蒲田から汐留まで走って会議に臨まねばならぬ用事で、蒲田から池上通りで、大森を抜け、大井町を走り、汗びっしょりで品川。正にストーブの前に居る様な熱波の最中、高輪2丁目の秘境脇を通り過ぎ、そう言えば、久しくこの高輪の秘境に行ってないな!?と思い立ち、熱波を避けて暫し高輪秘境探検へと何かに導かれるかの様に向かって行ったのである。嗚呼止めておけば良かったものを、昼なお暗い高輪の秘境へと足を伸ばしてしまったのだ。

第一京浜から折れて高輪の秘境へ向かうに従って、昼尚暗い秘境の暗がりが迫って来る。その入り口には、恐ろしくて撮影困難な、数体の地蔵が並び、昼でも何かが出そうな異次元の気配が漂っている。夜ともなれば、最早魑魅魍魎の世界に、没入しそうな、そう言う場所が、都会のど真ん中の高輪に存在するのである。地蔵尊の前を通過して、更に暗がりを進んで行く、この熱波の昼下がりでも、街灯は点灯したままでいる。僅かに寒気がするのは、気のせいか?鬱蒼とした森を何とか無事に通過すると、こんな所に、数軒の民家が在ったのか!良くもまあこんな恐ろしい所に住めるものだと、思いながら、やっと地上に出た!そこで待っていたのが、写真の階段である。えええ?此処をBRAVE-STAR担いで登らねば、会議に間に合わん!やっとの事で、秘境を抜け出し、最後の写真撮影のその脇で、少女がGIANT R3を転がして、このウルトラ急階段を、なんとその高輪の秘境の方向へ降りて行ったのである。これは、ひょっとして白日夢だったのだろうか?しかして、避暑のつもりが、爆汗かいて、汐留めに向かう羽目に成っちまったのであった。チャンチャン

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« チャリ通 今日の激坂 20130810 大岡山の超巨大激坂を片手で登る | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130909 真っ赤な絨毯 高輪洞坂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャリ通 今日の激坂 20130830 昼なお恐ろしい高輪の秘境:

« チャリ通 今日の激坂 20130810 大岡山の超巨大激坂を片手で登る | トップページ | チャリ通 今日の激坂 20130909 真っ赤な絨毯 高輪洞坂 »