« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

久保山5号坂インターバルアタック イケさん

Cut2013_0331_0920_44

これ、速度出てますねえ!
流石にイケさん伊達に
ケツがデカくなった訳じゃ無い


イケさんの瞬間最高速度は、28kmです。こう言う緩いカーブでは、遠心力で、速度が出しやすいのかも知れませんが、それを差し引いても彼の力量は、確実にレベルアップしていると思いますね。豚腹も徐々に改善の兆しとの事、これはピロリ後遺症で、グズグズやってられませんねえ!このトレーニングを継続して、安定した力を貯めて、次は、五月の直江津が待ってますよ!!ですから近々、200kmでのインターバルアタックをせねば成りませんね!さて何処で其れを実施するか?これが問題だあ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "久保山5号坂インターバルアタック イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 日吉6,7号恐怖のダウンヒル

Cut2013_0328_1725_58

これが最高の激坂だと思う
坂は斜度が有ってその様相が
複雑でなければ成らないのだ!


そう言う美意識(って何?)から鑑みて、最近類を見ない程、美しくまた複雑な坂なのです。解らないでしょうねえ!この坂の素晴らしさが!?何度も修復されて、坂がパッチワークの様に成っていたり、斜度の変化も複雑で、走行コースが幾つかあって、どれも面倒な坂!これが理想なんだよなあ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉6,7号恐怖のダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

欧州通信 アドリア海&ボスニア NOW

Photo

これが宮崎駿の紅の豚の舞台 アドリア海かあ!Photo_2
何か一幅の絵画の様である

Photo_4

戦乱のあったボスニア、ヘルツェゴビナの今の風景
戦乱があったとは思えない美しい街に見えるが?

Photo_5

クロアチアの街並み

過去の歴史は、凄惨を極めたが
今は、長閑で平和な街になった様で
是非、行って見たいものである。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月30日 (土)

綱島街道激坂探索 日吉7号坂

Cut2013_0325_2031_45

日吉7号坂
この坂は、3段坂の最上部の坂


本来なら、5,6,7号と連続して登る坂だとは思うのですが、撮影の関係で、1本、1本別々に登攀、撮影をする事にしたものです。5,6,7スルーで登るには、両手ハンドルじゃないと無理かも知れません。この不規則な斜度変化の坂。魅力的ですねえ!こう言う一筋縄じゃあいかない捻くれた坂が、美味しいのですよ。或いは、全く休ませて呉れない、1直線のロング激坂なんてえのも、魅力ありますよねえ!逃げられないとか、休めないとか、踏み込めないとか、無い無い尽くしが良いのですよ。しかしブラっと出ちまったが、雪駄じゃなくてちゃんとした靴履いて来りゃ良かったわsweat01雪駄じゃああまりカッチョ良くねえわ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉7号坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の多摩川

今朝の多摩川

ピロリ菌撲滅作戦の副作用で山に行けない週末が二度続もいたが、やっと本日久々の奥多摩、青梅激坂に出陣する事が出来て目出だい!また期せずして、自宅から多摩川原橋までの爆走記録を更新して、とうとう1時間を切る事が出来たのは、更に目出だい!だがさかし、既に足は売り切れ鴨?
クロアチアの君たちは楽しんでいるかね!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月29日 (金)

綱島街道激坂探索 日吉5号坂

Cut2013_0324_1649_07

日吉5号坂
直線でずっと先まで見えてるのが清いですねえ!
頂上到達から、その先には激坂迷路が待ってます


長崎の赤迫地区と言うところが、この激坂迷路を、もっと強化した様な場所で、坂の強度は違いますが、日吉と似た地形、坂の構造が見られます。同様に京都の銀閣寺界隈、横須賀界隈、馬込全域など等、激坂交差点が、見られる特異な地域を列挙させて戴きましたが、だから何?って言われても、是非、長崎へ、横須賀へ行ってみたら如何でしょうか?SAKABAKAパラダイスは、君のモノですよお!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉5号坂 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 日吉4号坂 敗退しますた(汗)

Cut2013_0324_1631_39
坂の先にこうして突然階段が現れて一気にヤラレました

Cut2013_0324_1634_58
最初は、こんな感じの普通の坂だったんですが?

日吉4号坂は、一見普通の坂に見えますが
途中から突然、階段に変身する複合坂でして?

頂上手前で階段の斜度も上がって、斜度変化に着いて行けずに敗退しました。片手で撮影しながら、舐めて掛かるとこう言うしっぺ返しを食らっちゃうと言う事ですな!両手ハンドルならきっと問題無いだろうと思いますが、何せ相棒が居ませんので、これも仕方無い事ですわ。ところで写真の美人のお姉さん、坂に映えてますねえ!女性は、こんな激坂ハイヒールとかで降ったりして転倒しないのかねえ??人事ながら心配になりますねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉4号坂 敗退しますた(汗)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月28日 (木)

綱島街道激坂探索 日吉3号坂

Cut2013_0324_0922_54

慶応大学のグラウンド前の道に繋がる激坂
これは、中の上クラスの坂でしょう!


なかなか歯応えもあるし、距離も長いので、坂の最後の斜度で、足に効きますね。150m程度の長さがありますので、斜度もまあまあ、それだけ有れば、良い坂だと言えるでしょう!慶応大学グラウンド前の道に出る前に、民家の軒先を潜って行くのが、面白い。実は、まだまだ凄いのが潜んでいるのが、日吉の奥の深さと言う事でしょうね。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉3号坂 "

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 日吉2号坂アタック

Cut2013_0324_0910_16

流石に30%超なかなか厳しい!
最初は斜度の低いアウターに
流れてしまいましたが!?


インナー狙って2度目のアタック。更にインナー突けそうな気もするが、無意識に身体が怖がっているのでしょうか?良く解りませんが、撮影登攀では、なかなか状況が掴めませんよね。この撮影は、全ての探索が終わってから、再び此処に舞い戻って実施したものです。短坂だと、マウンテンママチャリでも30%超が問題なく登れるのに、大して違わないのに、登れない30%が有るんですよね。これは多分、疲弊の度合いが違うのだろうと推察していますが、基本的には力量不足って事なんでしょうねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉2号坂アタック "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月27日 (水)

綱島街道激坂探索 日吉2号坂 ちょっと不甲斐ないVer

Cut2013_0324_0848_02

今回の激坂探索での優良収穫の1つです
慶応大学脇の30%超の激坂


この坂の前に同じ場所で発見した坂が、日吉1号坂なのですが、凡坂なので、割愛しました。次いで発見したのがこの日吉2号坂です。綱島街道を走っていて瞬間に、この坂の顔がチラっと見えただけで、大物だと解ります。凄い坂は、顔が違いますよ!何処か横須賀の47%に坂の構造や趣きが似ています。本当に厳しい坂は、◎スタンプが無いものが多いのです。その理由は、高すぎる斜度にあると踏んでいます。斜度が高過ぎて◎スタンプが押せないのだろうと、そう思うのであります。発見して一気に登攀してのですが、撮影に失敗して、動画は2度目のアタック模様ですが、これが無様そのものでして、公開するのも憚られるのですが、登攀しながら撮影した動画は、これが唯一なもので、仕方なく掲載した次第ですsweat01

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉2号坂 ちょっと不甲斐ないVer "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 大倉山公園アプローチ坂

Cut2013_0324_0827_17
最初はこんな感じの程ほろの坂で

Cut2013_0324_0825_26
突き当りを左に曲るとまた先が延々と同じ斜度で!

大倉山公園アプローチ坂
斜度無いですがMなかなか良い坂だと思います

大倉山界隈は、基本が平地だと最初は感じました。ところが大倉山を中心に、狭い範囲で坂が複雑に入り組んでる地形が見えてきます。突出している坂は発見出来ませんでしたが、アチコチ激坂徘徊してると、味わいのある坂も見つかるものですねえ。まあ先ずは、キチンと大倉山アプローチを食むのが宜しい様で!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 大倉山公園アプローチ坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月26日 (火)

綱島街道激坂探索 大倉山2号坂

Cut2013_0324_0745_21

大倉山2号坂
ソロソロ足が程よく熟れて来ました。


こうなって来ると、そろそろ厳しい坂を求めて徘徊するてえのが、激坂探索のセオリーです。元気な内に、厳しい坂を制覇しておこうと言う発想は、NGです。セオリーはその真逆なのですから。では、何故、厳しい坂を後に持って来るか?ですが、その応えは短短です。その方が気分が良いからです。足がプルプル震える位がSAKABAKAにとっては、良いのです。余裕を持ってカッチョ良く坂を登るのも悪くは無いが、足プルプルに魅力を感じるM氏で無くては成らないと思うのであります。そうでしょ!?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 大倉山2号坂 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 大倉山1号坂

Cut2013_0324_0728_42

大倉山舐めちゃいけませんよ!
斜度は其れなりですが坂が長い!


大倉山ですから山なんでしょう。大倉山公園を頂に、山裾には、其れなりの坂が複雑に入り組んでいる印象です。斜度は特筆するモノは有りませんでしたが、特徴は、坂の長さでしょう。100m程度の坂が結構ありますね。こうした長い坂が沢山ある地域は羨ましい。短坂が多い都内では、距離があっても精々50m程度ですから、一気に登って持久力は、必要有りませんって事では、此処でトレーニングしても山で強い自転車海苔に成るのは、難しいでしょうねえ!そう言う意味では、概ね、綱島街道沿いの坂は、良い環境かも知れません!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 大倉山1号坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月25日 (月)

綱島街道激坂探索 曽根2号坂

Cut2013_0324_0713_36

曽根2号坂 堂々たる坂です
曽根って所は、こう言うタイプの坂が多いのか?


この駄々広い坂の入り口は、他に例が無い!広い入り口を登って行くと次第に坂は狭くなって、斜度も其れなりのレベルに成って行くのですが、道幅は徐々に狭くなって、そんな中を車が、それも中型の運搬車が、連続で登って来る展開でした。片手で撮影している関係で、プチやばい鴨状態でしたがまあ、こう言う状況は良くある事、腕力勝負で問題なく耐える事が出来なければ、登りませんよね。自転車散歩の積りで出掛けた訳ですが、以降本気モードに成っちまって、正に坂三昧に突入して仕舞いましたsweat01

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 曽根2号坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 曽根1号坂

Cut2013_0324_0704_39

綱島街道 曽根1号坂
何の取り得の無い坂なんですが?


何だかちょっと面白い形をしているので、何となく登ってみようと思ったのですが、動画で見る限りでは、取るに足り無い坂って感じですね。面白いと感じるのは、坂の道幅が広い割りに住宅街の路地なのに、この堂々たる坂の広さに、不可思議感を感じたのだろうと思います。時々、こう言う現象がありまして、何かが引っ掛かるんでしょうねえ!

続きを読む "綱島街道激坂探索 曽根1号坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月24日 (日)

綱島街道激坂探索 日吉6号坂アタック

Cut2013_0324_1841_10

Cut2013_0324_1842_13

日吉の丘の入り組んだ住宅街の中に突然現れる
超激坂スポット、地元の方しか知らない激坂が?


日吉は、河岸段丘の斜面に沿って、もっと詳細に探索する価値があるかも知れませんよ。地元の方しか知らない隠れた超激坂が、潜んで居るかも知れません。残念なのは、こうした潜む激坂の殆どが、その地形上、短坂に成らざるを得ない事でしょうか?それでも、極めて味わい深い、変わった激坂を楽しむ事が出来る、SAKABAKAダンジョンなのである。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 日吉6号坂アタック "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 出陣前に先ずはチェック坂ね!

Cut2013_0324_0646_08_2

ブラっと桜並木を自転車散歩でも!
最初は、そう思って出掛けたのですが?


ついつい激坂探索に成っちまうのは、職業病かね?否職業じゃあ無いので趣味の病と言うものでしょうなあsweat01ブラっと散歩の出で立ちだったので、相棒のマウンテンママチャリ(旧姓ミヤタ君)は、完全に待ち乗りお買い物モードだったんですがね?中原街道脇のチェック坂辺りに来ると、どうしてもチェック坂を登って見たいと、思っちゃうのですから、病は重篤ですわ。と言う事で、坂登ってしまうと、それがトリガーで、坂へ坂へと足が向いてしまうし、また坂も向こうから遣ってくるのだから、始末に負えない。でも楽しい!!こうしてあれよあれよと、未知の綱島街道へと勝手にマウンテンママチャリさんは、進んで行ったので御座います。さて?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "綱島街道激坂探索 出陣前に先ずはチェック坂ね!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

綱島街道激坂探索 この界隈最強の2坂をゲット!

Dscn5404

Dscn5406        日吉慶応大学脇の坂
         ご覧の通り最高の顔をしています。
         斜度は35%を超えているかも知れません

Dscn5396        大倉山のビッグスロープ
        坂そのものは、まあまあの性能ですが、この大きさが素晴らしい!
        先に行けば行くほど、道幅は狭くなっていて、狭い坂道を車が頻繁に
        走って来るのも面白い!

Dscn5409        日吉の階段もどきの激坂
        2段になっていて、1段目は僅かに左折して、結構な斜度ですな
        1段、2段を連続して走れませんでした。片手撮影での登攀は難しい!

Dscn5413        同上2段目の坂
        1段目よりも難易度は低いですが、坂の顔が素晴らしい。猛獣系の顔
         こう言うワイルドな荒廃感の坂がとても素晴らしく感じるのは何故?

日曜日の今日が雨模様との予報もあって
土曜日、未知の綱島街道激坂探索に出陣

最初は、坂はあるものの、琴線に触れる程の坂は、発見出来ず、綱島街道は期待薄かと思ったのですが、アチコチ、ウロウロしてると、坂が寄って来るもんですねえ!中でも慶応大学のある日吉は、なかなかですよ。河岸段丘の斜面に沿って、奥の細道が結構並んでいまして、中には30%超もいたりして、まだまだ奥が深そうです。写真の坂は慶応大学脇の短坂ですが、ご覧のように素晴らしい顔ですし、これに相当する激坂も日吉にいくつか存在しますよ。また日吉も、大倉山もそうですが、坂が結構長いのが特徴で、それもまた良い感じです。思った以上に綱島街道は使えそうな感触でした。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月23日 (土)

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  五反田誰も居ない相生坂

Photo_8

シャンゼリゼを走る??否相生坂をね
道の真ん中を堂々と走って見たいと思いませんか?


自転車は、道の左端を走らなければ成らないって法律で決まってましたっけ?いやああのおパリのシャンゼリゼもね、実は道路の右端を、独楽鼠みたいに走ったのですが、本来は、朝早く起きて、道の真ん中を堂々と自転車で走って見たかったんですよ。それでたまたま五反田の相生坂(国道1号線)が車が空きすきで、真ん中走ってみたのですが、オドオドしてまんがなあsweat01勿論、気持ち良いが、危ないしね!やっぱり道の端っこを、流れに沿って走るべし!なんでしょうねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  五反田誰も居ない相生坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

quiさん デカシタ!おめでとう!!

Img_2053

Img_2054



パリ15区に独り住まいで頑張ってた娘のquiちゃんが
フランスのモデリストの国家試験にトップ合格しました!!
おめでとう!おめでとう
凄いぞquiちゃん

彼女は、とても面白い女性である。日本国内で、名のあるインターナショナルデザイナーオフィスで、働いていたのですが、思い立ってパリの国家試験に挑む事になって2年の歳月が流れました。ベルギーの語学学校で語学の習得から始めて、フランスに渡り、パリで独り暮らしをしながら、フランスのデザイナーの国家資格取得に向けて、随分頑張ったのだろうなあ!色々、悩んだり壁にぶつかったりしましたが、それを良くぞ乗り越えて、目標のフランス国家試験に見事、1位合格を果たす事が出来たのは、彼女の努力とベルギーにいる母親の協力の賜物だと思います。語学の先生エレナさんにも大変、お世話に成りました。これで娘のquiちゃんが、やっと帰国してくれてオヤジの独り暮らしも解消かと思うのでありますが、先ほど、パリのデザイナーオフィスの面接に行くとの事。パリで就職すると、また帰国が先送りに成っちまうが、気にせず、存分にやって欲しいとオヤジは思うのである。兎に角、これは久々の快挙であり、とても目出度い事である。オヤジは手放しで喜んでいるのだったsweat01親馬鹿って事かしら?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2013年3月22日 (金)

ピロリ菌撲滅大作戦が完了して??その感想は?

20130322141752

齢50を過ぎると嘗ての悪行が露見して?
宜しくない病の季節が遣って来る!


お蔭様で、毎月1200、何とか自転車に跨っている事で、糖尿やら高血圧やら、所謂生活習慣病系は、スレスレ回避していると自分では思っているのだが?知らず知らずに襲い掛かる、自分の遺伝子暴走に、巻き込まれて、派手な病に冒されるなんて事に成らない様に掛かるリスクを回避した積りの、ピロリ菌撲滅大作戦、本日3月22日を持って完了と相成ったのは、とても喜ばしい事で御座います。

振り返ると、この作戦は、逆流性食道炎を持病とする小生には、結構大きな負担を強いられる事と成りました。主治医の先生は、大方の方々は、副作用も無く、無事に退治が出来るとの事。かく在りたいと願いつつ毎朝毎夕5個ものタブレットを投与したので御座います。

ところが最初の1回目から大いに違和感がありまして、胃の具合が重たい気がしてならなったので御座います。その時は、この程度であったのですが、翌日から本領を発揮し始めたのか?玄米納豆、生野菜サラダ、味噌汁の定番3点セットを食した後に、下腹部のグルグル感が次第に大きくなりまして、前回話した様に、山に行けない情け無い状態に陥りました。兎に角、食した物は、全て下って仕舞うかの様な、暴れようで大いに閉口したものです。まあ、1週間我慢すれば、またビフィズス菌とか、所謂ヨーグルト系の善良な菌類の繁殖に、姓を出せる訳ですから、復活再生は、それ程難しい事ではないと、気楽に考えて、各種ヨーグルトやら納豆菌やら徐々に繁殖させる計画で御座います。しかし良く考えてみれば、乱暴な治療ですよねえ!問答無用で、全ての菌類を絶滅させようって魂胆なんですから!ピロリ菌のみを攻撃する薬剤が望まれるところですねえ!

身体の方は、後少しで劇薬治療薬の成分が身体から排出されて、下痢も回復し腸内細菌の繁殖で、再び平和な生活に戻れると思います。と言う訳で、1週間に及ぶピロリ撲滅大作戦は、多少の犠牲を伴いつつ、終息に向かったので御座います。これで、また一つ病のリスクを回避する事が出来た事でしょう。詳細は病院で撲滅の確認作業を持って完全制覇と相成る運びで御座います。チャンチャン 兎に角、逆流性食道炎をお持ちの方は、少なくとも体調が良い時に、相応の覚悟をして、撲滅作戦を展開して戴きたいと、切に願うので御座います(ピロリ撲滅大作戦完)

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  五反田界隈 幻坂

Photo_7

五反田 幻坂も廃れたもんだわ
もう誰でも登れる坂に成っちまったよ


これを発見した時には、驚愕したもんだが、それが今では、登れない自転車海苔を発見する方が難しいって塩梅ですからねえ!機械の進歩が素晴らしいのか?身体進歩が素晴らしいのか?兎に角、普通の坂に成っちまうのは時間の問題であろう。だが?次のハードルは、ギア比を上げてのコンクラーベって事に成るんですねえ!マウンテンママチャリもMAX-LOWから2段目、最後は3段目のMAX-HIってジャンルがあり申す!今の所は、あの鈍牛BRAVE-STARで登攀したのが、今までの最強ですが?それ以上は腰の塩梅と要相談って事かもなあ?此処で弱気に成る俺sweat01

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  五反田界隈 幻坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 花房山激坂

Photo_6

目黒河岸段丘最強の激坂 花房山激坂です
斜度は20%を軽く超え曲りながら斜度を上
げる構造が良い!


花房山激坂はにアタックする場合、まあそれ以外も同じであるが、坂の入り口に到達して、暫し休憩したり、坂の様相を確認したりする行為は、止めましょう!まあそれがってもんでしょう(爆)。坂にアタックする時には、問答無用で、走って来たそのままで、休まずに坂に突入するのが、宜しいと思うのであります。日頃登っている坂は、当然であります。いわんや、助走を付けたりするのは、論外です。素のまま、鎮座まします激坂に、我も素のままアタックして、果てるも、撃破するも、清く在るべし!!・・・・・理想論ですがねsweat01そう言うのが美意識ってもんですよね!?所でこの恐ろしい花房山激坂を、いとも簡単に下り降っちゃう、可愛い彼女!天晴れであった!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 花房山激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月21日 (木)

退化と進歩の狭間にて候!!?

K0010094

僅か数日自転車に乗っていないと?
落胆の坂が待っていいる!

BRAVE-STARよお前もか?

色々、理由は、有るにせよ、毎週やってる僅か100kmちょいの山参りを、たった1度サボっただけで、身体と言うのは、正直なものですねえ!そうだろうなあ?とおもいつつ久々の馬込の基準坂(自分がちょっと覚束ない時にチェックする坂)で、とっても重たい坂道登攀を目いっぱい強いられてしまいました。気持良く走れないてえのは、頗る残念な事である。前に登った坂がキツイと感じるその瞬間は、結構情け無いものがありますよね。日々愚直に、自転車を走らせているものの、こう言う事が起こると、何を思うかで、その先が変わるのですねえ!あーあやっぱり駄目か?と思う者には、更なる退化が待ち受けて、退化した分、また再生の楽しみがあると思える者には、再生、そしてその先があるのであろう!無粋な出来事は概ね、良き機会を得たと思い至るには、まだまだ道程は遠いが、その内さも有りなんと強かに、そう思える日の出が来るものである・・・・・・のだろうなあsweat01アハハ

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 行人坂

Photo_5

目黒四天王で最も有名な行人坂が?
あれれ?の状態で驚きです!


こうやって何本も連続して坂を登ってると、それぞれ同じ様な坂のSPECの割りに、強度が違って感じるのが、面白いです。茶屋坂から4本連続して、行人坂に挑んだ訳ですが、勿論四天王の中では、最も手強い相手と踏んで、其れなりに覚悟して臨んだのですが、それが驚きの、楽勝モード!これは道路の補修で、坂がマイルドに成ってしまったとしか考えられない状況です。兎に角、其れなりの噛み応えある坂だったと記憶していたのですが、全く普通の坂に成り下がって居たのですから?しかしこれはきっと錯覚だろうと思います。行人の前にアタックして名無し002号が、結構、手強かった事から、その比較で、そう感じたのだろうと思うのですが、時に超強烈な坂の後で、10%程度の坂が平地に感じる時があるのと同じ現象ですね。こう言う時に坂が楽勝に感じても、自分が進化にた訳じゃ無いので誤解無きようにねsweat01

本当に自分が進化しているか?は、厳しい激坂を登り終えた後に、もう1本登って見たいと自然に思えた時である!!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 行人坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 名無し坂002号

Photo_4

灯台下暗しで御座います
目黒河岸段丘は、四天王で全てだと
ばかり思っていましたがまだ居らしたんですね!


しょっちゅうこの辺りの坂でトレーニングを積んでいたにも拘らず、目黒四天王以外に、更に初お目見えの名無し坂が2本も在ったとは?確かに、四天王は全部何度も登っていたのですが、これで目黒川河岸段丘では全部だと思い込んで、他の坂探索をしていなかったですからねえ。これで目黒は、四天王から六天王って事になるんですねえ。どうもピンと来ませんが、連続4登攀が、6登攀に成るのは喜ばしい事、この上ない!ところでこの名無し002号では、朝っぱらからランナーさんが、2人で激坂トレーニングを遣ってました。彼らの登攀13往復目から追い掛けたのですが、全く追い付けませんでしたsweat01自転車よりも走った方が速いって事でしょうか?マウンテンママチャリでは、先ず勝てませんね。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 名無し坂002号 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月20日 (水)

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 名無し坂001号

Photo_3

久々の目黒名無し坂001号です
自転車初期時代の和田峠攻略の為の坂。


茶屋坂が20%なのですが、此処はそれ以上の登攀エネルギーが必要な坂で、3段坂です。特に2段目辺りが其れなりの斜度なので、結構、力入れないと、撮影しながら登るのは、厳しい坂ですね。目黒川河岸段丘沿いに連続して登攀するのが、豚肉消費のポイントです。徐々に、足に来るのが解りますが、休みを取っては成りませぬ!!あくまで連続攻撃にて、足を殺して最後の最強坂へと流れ込んで行くのが、宜しい様で!!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 名無し坂001号 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名も無き獣道アタック001 ノールさん

Cut2013_0312_1716_29

イケさんに続きノールさんもマウンテンママチャリで参戦
タイヤが沈み、また滑る獣道を楽しむ事が出来ました


って瞬間芸の領域ですがね?アっと言う間に獣道を通過して、広場に出たのは、ラッキーでした。獣道の溝に嵌ると漕げなく成っちゃいますから、そこは慎重に!藪を抜ければ超激坂!なんてシチュエーションを描いていたのですがねえ?残念です。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "名も無き獣道アタック001 ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月19日 (火)

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 茶屋坂

Photo_2

健康に大きな支障は無いが
根性が無くて(爆)でもどうしても山に行けない場合


こうして近所の激坂を登って豚に成るのを回避しようと出陣するのが恒例です。山に行ければ、概ね、2kgは豚肉消費が出来るので、毎週そうしているのですが、時々こう言う日があると、何もしなければ、1日中、口をモグモグする羽目になって、そう簡単には太らなくなったのだが、それでも身体が弛む感じが嫌で、こうして近所の激坂に登って汗を掻くので御座います。まあそれ程熱量消費出来る訳では有りませんが、取り合えず気休めには成りますからねえ!今回は、ピロリ菌撲滅で、身体がイマイチなので、コンビニが多い都会の激坂アタックに相成りました。普通に!

 

続きを読む "ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  目黒界隈 茶屋坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

名も無き獣道アタック001 イケさん

Cut2013_0312_1706_49

例の超豪華マンションの界隈を探訪しての帰り
また可愛い獣道を発見して、昼下がりのアタック


こう言う獣道は、大好きコンビですから、進んでアタックを開始します!と言っても、何が待ち受けてるのか解らないから、ソロリソロリと走って藪を出れば、其処には箱庭の様な空間が!其処は緩やかで、複雑な起伏の広場です。勿論走りますとも。フカフカの路面、若干粘土質な路面、そんな感じの緩いアップダウンを右に左にハンドリングして、昼下がりの腹ごなしで御座います。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む " 名も無き獣道アタック001 イケさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月18日 (月)

あの驚くべき超豪華マンションの界隈を探れ!

Cut2013_0312_0919_44

とうとう予てからの懸案事項である問題の
超豪華マンションの袂に到達しました!


近くで見ると、寄り一層、その異様さが迫ってきます。兎に角、巨大です。この崖の斜面を切り開いて、良くぞこれだけのマンション群を建設したものだと、驚嘆するのである。だがしかし、人が居ない、全く人に会わないのである。果たして住民はこのマンションに住んで居るのだろうか?そうか?解ったぞ!此処の住人様は、大金持ちだから、坂の多いこの地域を歩るくなんて無粋な事はしないのである。豪華な外車でお出かけして、お買い物して帰って来る、そう言う生活なのであろう。我ら下々の人間には、計り知れない世界が崖に潜んでいるのであろう。大震災を耐えて崖を滑り落ちる事無く、この牽牛な豪華マンションは、時代に在り続けるのである。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "あの驚くべき超豪華マンションの界隈を探れ! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月17日 (日)

ピロリ菌撲滅副作用で山に行けないから激坂  

Photo_2          先ずは、目黒川河岸段丘の茶屋坂
                       ピロリ菌撲滅大作戦の副作用で、近くにコンビにがある所しか
          走れない、厄介な状態に成っちまったから近場で豚肉燃焼?

Photo_3          同じく目黒川河岸段丘の名無し坂001号
          この坂は、嘗て和田峠攻略の為のトレーニング坂で、懐かしい!

Photo_4          今回、新発見の目黒名無し坂002号
          名無し坂001号の直ぐ先にこの坂が在ったのだが?
          特訓中のランナーは、この坂13往復目だとか?ママチャリで
          追い付けなかったのは言うまでも無い。

Photo_5          今回、新発見の目黒名無し坂003号
         
まさかの隣にもまた坂が!?これには参った!連続登攀でそろそろ
          足が、熟れ頃でありますぞ!

Photo_6          ご存知、目黒の行人坂 まあ定番坂ですな!?
        
 足が熟れ頃だったのだが?行人坂、坂を削った??冗談抜きで
          斜度が低く成ってるぞ!以前はもっと厳しい坂だったのだが?
          道路改修で、マジ削ったんじゃ??
sweat01

Photo_7         目黒最強の花房山激坂
         
流石に目黒最強の坂だけあって、熟れ過ぎた足に結構来ますが
          最後は、五反田の幻坂なんで、此処でヘバル訳には行きませぬ

Photo_8          最後は、五反田の幻坂
          ここは食わねど高楊枝!って事で見得張って一気登攀で!
          思ったよりも厳しかったなあsweat01

Photo_9          番外編 五反田 誰も居ない相生坂
         
車が居ないからど真ん中走って見たくてsweat01アフォですが?

いやはやピロリ菌撲滅大作戦の副作用でして
近くにコンビに無い所へは行けそうに無いので

午前四時に、相棒のイケさんに緊急連絡。午前三時に起きたのは良いのだが、どうもお腹の調子が悪い、頗る悪い!、この状態で山へ出陣すると、きっとトンでもない恥ずかしい事に成りかねないと判断して今回の山遊びを電話で延期させて欲しい旨をお伝えして、暫し個室で相談し風呂に入って、再び睡眠、午前8時に起床すると、副作用は、少し緩和して感じである。よっていつでもコンビにに立ち寄れる、ご近所さんの坂を食べて、豚肉の消化を!と考えて、マウンテンママチャリを駆ってタラタラと遣って来た。結構汗も掻いて、其れなりに動いたが、あんまり馬鹿は遣るモンじゃないわ!!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

幅30cmの尾根道を降りるスリル

Cut2013_0312_0749_27

平山城址を後にして崖を降りて行きますが?
足先30cmが切り立った崖で?


プチリスクですが、まあ大丈夫ですよ。流石に乗って降りるのは無理ですが!?やっと尾根周りの探索は完了して、いよいよ問題の超豪華崖マンションへと接近して行きます。果たして浅川から見える、崖っぷちの、あの豪華マンションの全貌が明らかに成るのです。と言ってもなんて事は無いのですが、果たして人が住んで居るのだろうか?如何見てもバブル時代の遺跡としか見えなかったのですが?実態は如何に?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "幅30cmの尾根道を降りるスリル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月16日 (土)

平山城址インターバルアタック003 イケさん&ノールさん

Cut2013_0312_0659_11

まあ普通の坂ではありますが速度を上げると?
其れなりに楽しめますが?


イケさんの前傾姿勢に較べると、ノールさんは、相も変わらずお買い物モードなのが、凄くコントラストかかりますねえ。マウンテンママチャリのポジションでは、どうしても身体が立ってしまうのですわ。風を前面に浴びて、屈託無く走るてえのも、悪くは無いと、負け惜しみをするノールさんで、御座います。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "平山城址インターバルアタック003 イケさん&ノールさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平山城址インターバルアタック002 イケさん&ノールさん

Cut2013_0312_0629_27

2人を比較して見れば、一目瞭然!
圧倒的にイケさんの加速が凄いです


自転車の違いは、ありますが、こう言う緩い坂での高速走行は良いトレーニングに成ると思うのですが、もう少し距離が無いとイカンですね。そもそもこう言う所で、遣ってはいけないのだろうと反省しきりです。1km前後の距離を全力で走り抜けると言うシチュエーションだと、風張辺りに行かないと無理でしょうねえ。目標は10%の坂で30km/hの瞬間速度!マウンテンママチャリには、かなり敷居が高いですねえ。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "平山城址インターバルアタック002 イケさん&ノールさん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月15日 (金)

ブログランキングを休止致した訳

Photo

ブログランキングを休止しました

ブログランキングに参加して4年以上に成りました。大方のブロガーさんは、私を含めて、ブログランキングに参加して、ランキングが上位に成る事で、沢山の記事を多くの方に読んで貰おうと考える様になるのですが、(勿論、そんな馬鹿げた事に頓着されない孤高の戦士もいらっしゃるのでしょうが!?)その為には、沢山の友人のお世話になって、ランキングのバナーを皆さんにクリックして貰う事になるのが普通の流れです。友人が多い程、バナーをクリックして貰えますから、ランキングは、上がって行くのですが、そうなるともっとランキングを上げる為に、更に色々考え、画策するのですが、その努力には、限界があるのを知りました。

何の面識も関わりも無いブロガーさんのブログのランクキグバナーをクリックして下さる方は、極めて少ない訳ですから、ランキングアップのサークル等に加入して、見知らぬ方々の相互応援と言う形で、皆で助け合って、ランキングを上げると言う事になるのです。その作業をポチポチ作業と私は、呼んでいましたが、毎日、1日も欠かさず、相互にポチポチする事になるのです。多い時には数十名の相互応援の皆様に助け、助け合って、何の徳にもならない、ランキングを維持向上させる事に血道を要する訳であります。ですが、それも永く遣っていると、次第に、応援の皆さんと気心が知れて来て、お互いの心境やら、他愛ない世間話をしたり、時にはOFF会を開催してりして、親交を暖め合ったりもして、ほんのり温かく、楽しかったと記憶しています。ランキング作業を休止した今でも、時々応援の仲間達を訪問したりして!?

応援の実態は、私の場合、70名の方々に、毎日、午前3時から4時半までの1時間半、ずっとランキングバナーと睨めっこしてポチポチ作業を実施して来ました。普段はそれでも何とか遣って行けたのですが、山に行く週末は、午前4時に家を出ますから、ポチポチ作業は、その前の午前2時位から初め、山に向う午前4時までに70人分の応援をしなければ成りません。ですから山に行く時には、大方、寝不足で出陣する事になり、酷い時には奥多摩のバス停で、仮眠を取ったりしたものです。

4年間こうしてポチポチ作業に押されて、それでも何とか、他の方々も居らっしゃるので、頑張って来ましたが、田舎の実家に住む年老いた親が病に倒れて入院する事になり、ポチポチ作業も最早、これまで!と判断したので御座います。毎週、土曜日に田舎に帰り、翌日の日曜日に山に行く・・・・・・これが精一杯だろうと思い、ポチポチ作業、サークルから撤退する事に致しました。まだ未練がましく、自分のランキングバナーをブログサイドや記事に貼り付けて降りますが、何もしていません。成るがままにと思ってそのままにして御座います。

と言う事で、ランキングからは、遠ざかりましたが、山を走る、坂を登る、自転車は、止める事は無いだろうと思っております。故に、ランキングは地を這う如しではありますが、今後も心ある皆様のご来場を、お願い申し上げ、ご支援ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

2013/03/15 esprit-de-nord

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

ピロリ菌撲滅作戦開始

ピロリ菌撲滅作戦開始

逆流性食道炎の為、定期的に内視鏡で胃や食道のチェックをしているのだが、その際に胃にピロリ菌の存在が明らかになり申した(~_~;)
寄って健康リスクは発見と同時に回避策を講じなければ成りませぬ!と言う事で本日、今日からピロリ菌撲滅作戦を発動した訳であります。折角、明治のR1で育てて来た我が乳酸菌部隊も同時に撲滅と相成る事は忍びないのであるが、リスク回避を優先するは必定也!彼らの冥福を祈りつつ1週間後にピロリ菌撲滅作戦完了と共に乳酸菌育成プロジェクトを発動せねば成りませねな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平山城址インターバルアタック001 ノールさん

Cut2013_0312_0556_19

イケさんに続いてノールさんがアタック
毎度のお買い物モードですが、調子はまあまあ?


マウンテンママチャリでは、この坂を階段ぶち抜きで登るのは、無理だろうと言う気持ちが走行性能を落としているのは、明らかです。自重18kg以上の自転車は確かに重いのですが、遣って出来ない事も無さそうだと今にして思うのである。坂に恐れを成すのは、安全上悪い事では無いが、過剰な恐れは、走りを阻害するものだ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "平山城址インターバルアタック001 ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平山城址インターバルアタック001 イケさん

Cut2013_0311_2049_02

平山城址の激坂
インターバルアタック いけさん


ちょっと無理のあるシチュエーションなんですがね?動画は、ちょっと走ってみましたレベルなので物足りない感じがします。このスロープは、階段じゃなければ、平均斜度26%以上あって最大30近いので、結構噛み応えのあるのですが、残念です。危険性は無いので、階段ぶち抜きで登るってのを、遣ってみるべきだったと思います。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "平山城址インターバルアタック001 イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月14日 (木)

平山城址界隈の激坂探索の模様2

Cut2013_0311_2037_17

面白いですねえ!散策の最後にこうして
尾根へのルートが現れる訳ですよ


斜度20%~瞬間30%を思わせる階段でしたが、階段にしないで、そのままコンクリート打ちっ放しだったら、アタックして、登っただろうなあ??嘘。このマウンテンママチャリの登攀可能最大斜度は29%なんですよ。それで自転車押して上がって途中でインターバルアタックしてみたんですが、距離が短か過ぎて、カッチョ良さが撮影出来ませんでした。30%ガシガシとカッチョ良く登ってる絵を描いていたんだけどなあ?

続きを読む "平山城址界隈の激坂探索の模様2 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平山城址界隈の激坂探索の模様

Cut2013_0311_2019_22

初めての探索は、こう言う狭い路地から!
これが激坂探索のセオリーです。


ほらやっぱりね!こう言う路地は、狭くて結構な斜度もあって楽しいもんよね。それが意外と続いてて、イケさん、ハアハア言ってました。結局、一気にこの斜面の頂上まで登る事になって、1週間振りのイケさん、ぶっつけ本番は、ちょっときつかった鴨?此処を起点に、平山城址公園周りの探索が出来まして、でも本当の目的は、斜面に建設された、超豪華なマンション群に、人が住んでるのか?って疑問を晴らす為に行ったのですが、オマケで色々着いてきちゃいました!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む " 平山城址界隈の激坂探索の模様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月13日 (水)

中の沢林道、駒木野林道のダウンヒル全貌

Cut2013_0311_2004_44

駒木野林道
中の沢林道の全貌

思った以上に良い林道だったと思います。結構厳しい路面は、モガクには最適ですし、意外と怖くない林道ですので、気軽に走る事が出来るでしょう。例の砂防ゴムで、足がやられますが、満足出来るモガキが、最高ですよ。コンクリートの快適な道路を走るより断然此処が面白いのは保証します。更にもう一本、分岐があったのですが、走り切って無いもので、何方かアタックしてみて下され!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道、駒木野林道のダウンヒル全貌 "

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

陣馬街道脇の坂で足殺しアタックイケさん

Cut2013_0311_0930_08_2

恒例の最後の足殺しアタックですが?
こう言うのは、良いのか悪いのか解りませんが?


最後のアタック終わってその先、60km多摩風に吹かれて、タラタラ走って帰宅するってのが、体を創る元だと思って遣ってます。でも痩せないんですよねえ!最近は、太らないけど痩せもしない体に成りましたねえ!まあそれで安閑としていれば、メタボ復帰って成るのですから、常々節制せにゃイカンですねえ。

もっと面白い連中の場所

にほんブロ
グ村 自転車ブログへLogo
ポ チットお願いしますm(_ _) m

続きを読む "陣馬街道脇の坂で足殺しアタックイケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月12日 (火)

平山城址インターバルアタック004 イケさん&ノールさん

Cut2013_0312_0715_32

一見、何の変哲も無い坂に見えますが?
それがなかなか美味しい坂で路面がもっと悪いと?


もっとこの坂に魅力が湧くのですが、欲張っては成りませんね。やっぱりダートとか、マウンテン系の坂てえのは、楽しいですねえ。ハザードが大きい程、坂の味わいが増すと思いますねえ。それでも限界も見える様な気がします。もっともっと厳しい領域に踏み込みたいのですが、マウンテンママチャリの性能では、どうも限界がありそうです。しかしMTBに乗りたいとは思わないので、さて今後、如何するのか?メリーforマウンテンなんてママチャリ創るってのもチラチラ見えたりして??我が社の会長様も、重い腰を上げてスペシャの29インチMTBを購入したとの事で!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "平山城址インターバルアタック004 イケさん&ノールさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最後の最後で足殺しアタック ノールさん

Cut2013_0308_0859_30

毎度の最後の最後の足殺しアタックは畑で?
前傾しても相変わらずのお買い物モード


ですが?何か?こう言う長閑な所の緩くて長い坂って汗掻くには最高かもなあ?これが今、最も興味深い事では無いのですが、下腹の豚肉を劇的に消滅させるには、これが一番良いのだろうと思うのですがねえ?・・・・・・・意外に  し ん ど い ! !

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "最後の最後で足殺しアタック ノールさん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平山城址界隈の獣道と普通の坂

Cut2013_0310_1744_29
             獣道良いですねえ!ホカホカした路面?がまた何とも言えない!

Cut2013_0310_1745_13
            ピクニックサイクリングッス!イケさんがね色々ね!

Cut2013_0310_1745_59
             普通の坂ですが何か?高速アタックなんですがねお買い物?
              自転車ですからねえ?

Cut2013_0310_1743_36
             何か良い感じですよ。日差しは春爛漫で、バナナをほうばる!

Cut2013_0310_1747_35
             ハイ好きです こう言うの。でも階段さえ無ければなあ!!

Cut2013_0310_1746_53
               長閑です。狭山湖に似てますね!

Cut2013_0310_1807_01
             最後は、足先三寸が崖っぷちの寒さっす?


所構わず、坂っぽいのは、軒並みアタックして
まあ、普通でしたが、春麗のお遊びとしては、良い!

確固たる道路って、実はあまり面白くないと最近そう思う様に成っちまって、御岳も、日の出も今では、触手が向わなく成りそうです。マウンテンバイクで、道なき道を行くのは、興味無い。SEEKとかマウンテンママチャリとか、畑違いのマシンで行くのが面白いのである。廃道などで遊んで、そこから新たな獣道を発見!なんてシチュエーションが理想ですねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月11日 (月)

中の沢林道インターバルアタック final STAGE ノールさん

Cut2013_0305_1855_17

最終地点までやっと到達しました。
ここでのアタックは、これで終了
その後は?


勿論、最後の足殺し坂の探索です。この後聖パウロ学園の坂界隈を探索して、なかなか手頃な坂を発見して、完全に足が消滅したのに、残り60kmの多摩サイが待ってたのを思い出す。ハア??このアタックで、概ね1kgの豚肉が消滅したと感じていますが、単なる思い違い、想像妊娠かもしれんなあ(爆) イケさんも、結構溜ってるし、そろそろロングライド遣らないとイカンねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック final STAGE ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック STAGE移動の模様

Cut2013_0305_1830_24

STAGE移動は結構辛い
アタックよりも距離が長いからね!
でもまったり走れるからアタックより楽!


なんですが、ジワジワ足に来てますから楽しいです。インターバルアタックは、ジワジワと乳酸飽和した足を適度に休ませながら、連続的に実施するのですが、それでも徐々にまた効いてきますよね。この繰り返しが良いのだと思っています。何に良いかと言うと、論理的には、負荷を一気に上げて、休憩、負荷を一気に上げて休憩のインターバルで、強い筋肉が出来上がるのが良い?のではなく、あの忌々しい豚肉が僅かではあるが、減少するのが良いのですよ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック STAGE移動の模様 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月10日 (日)

あの奇妙なマンション群の崖を探索せよ! 写真集

Dscn5333_2
            あの浅川から見える丘の住宅街の頂点に
            斜面に聳え立つ不可思議な超高級マンションの崖を探索せよ

Dscn5335
            平山城址って可愛い公園だが、スロープが結構面白そう?

Dscn5339
            こう言う柔らかい坂をガンガン走って見たいものだが?タイヤが沈む!

Dscn5353
            謎の超高級マンションの裏手の崖からマンションを撮影
            人が住んでいるのだろうか?

Dscn5355
             最上階のマンションの屋根には、草が生い茂っていた
             こうする事で、マンションへの熱伝導が防げるのだ!

Dscn5356
             同じくマンション群の屋根の並び

Dscn5365
           何故か分倍河原の遺跡巡りへ??

Dscn5367
             威風堂々、何だか凄い!何が凄いって?

Dscn5369
             神社と合体している所が凄い!良く解らんが?

散々遊んだ、その帰りに
数ヶ月前の懸案事項だった遺跡巡りへ


平山城址で散々遊んで、その帰りに、懸案事項であった、分倍河原の遺跡を見に行こうと普段走らない甲州街道を、タラタラ走って、遺跡を探そうと、言った途端に、速攻で遺跡発見!凄いわ!饅頭がデカイ!しかも神社と合体しとる!こんのが、まさか小高い丘の土中に埋まっていたなんて!?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック final STAGE イケさん

Cut2013_0305_1807_53

GOALは、こんなに貧相ですが、それで良いのだ!
此処までのモガキの過程が重要でして!


最後は、もう足がパンパンでしたが、楽しかったですねえ。汗びっしょりに成りましたから、ある種目標達成です。気持ち良く汗掻いて、それでサイナラ・・・・・って成る訳じゃ無いのです。勿論、最後の最後に、足殺しをしなくちゃ成りませんので、帰りの適度な足殺しの坂の探索をするのが、恒例です。時々忘れますが・・・何か?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック final STAGE イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE ノールさん

Cut2013_0305_0955_45

叫びたくも成りますよ!
だって毎回くたびれちゃう訳で
ですねえ?限界係数も鰻上り


こう言うインターバルアタックの間には、普通に坂を登ってステージ移動して行くのですが、その時も動画撮影してまして、ですから、概ね全編撮影してるのですが、段々疲労が溜まって行くと、会話が無くなる訳ですよ。で。時々吼えるんですわ。しかし此処はまた特別ですね。皆さんは、一見普通の坂に見えてるんでしょうけど、実際は、毎回、激疲れで、足が震えるんですからねえ。って実力無いからそんな事に成る!・・・・・・ハイその通りで御座いますsweat01
でもこうして吼えまくって居れば、猪は恐ろしくて来ないかもなあsign03

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 9日 (土)

中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE イケさん

Cut2013_0305_0943_35

白黒映像の次は、本命イケさんのしきい値映像です
最近のイケさんの映像、画像が結構気に入ってまして


彼の自転車SEEKの配色が良いので、バックの森の緑との色のコラボレーションが堪りません。それで極端な演出を編集で試みた次第ですが、画像がと尖っていて、サイケデリックな中に、亡羊とフォーカスされる様が、絵画の様で、これはこれで面白いですが、何とかの事件簿とかで、衝撃シーンを強調する手法と似ていて、ちょっと覚めちゃうかも知れません。しかし走り去るイケさんの後姿は、何か言っている様です!・・・・・何て?・・・もういい加減にしてー!(爆)

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE ノールさん

Cut2013_0305_0813_28

時には白黒映像も面白いですね。
画像の粗が隠れて丁度良い塩梅かも?


ハイ、いつもの様にスピード感がありませんねえ?やはり至近距離から被写体を追い掛けてカメラを振らないと、風が写らないのでうねえ。まあ、マウンテンママチャリですから、風を切るなんて芸当は所詮、無理な話なのですが、故に追い掛けてしまう訳ですよ。ママチャリだってカッチョ良く主張したいと、思う時もある。諦める時も、ん?殆どかも?こう言う古いフィルムのイメージ映像なら、やっぱり、魚河岸で使われてる、業務自転車を登場させないと昭和の雰囲気は出ませんねえsweat01

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 4th STAGE ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 8日 (金)

中の沢林道インターバルアタック Third STAGE ノールさん

Cut2013_0304_1958_15

マウンテンママチャリはタイヤが命、結構この路面に合ってますって勿論!お買い物モードでの話ですがねsweat01

マウンテンママチャリ(旧姓ミヤタ君)は、最近タイヤ交換したもので、割とこの路面を掴んでいる気がしますね。速度は出ませんが、結構楽しくモガク事が出来ている感じがします。実は大した事は無さそうに見えますが、遣ってる本人は結構厳しくて、完全に心肥大の我らからしても、簡単に呼吸が収まるって感じのアタックじゃあ無いみたいです。通常の坂20%前後なら、これ程、呼吸が収まるまで時間が掛かる事は無いのですが、マジでハアハアしてますなあ?

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック Third STAGE ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック Third STAGE イケさん

Cut2013_0304_1935_25

砂防ゴムを如何にクリアするかが、目下の焦点です
イケさん段々この極悪路面に慣れて来たみたいですね!


流石に、坂道順応性が高い方であり申す。路面の状態に則してペダリングを変えて行く努力が重要ですね。また試行錯誤で、坂の攻略をして行く行為もなかなか面白い。勿論、MTBならもっともっと楽に登攀出来るのは解っていますが、それでは面白くない訳ですよ。ハンディキャップは、大きい方が良いに決まっているのですから、故にそれを乗り越える楽しみが湧いてくるてえものですねえ。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック Third STAGE イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 7日 (木)

中の沢林道インターバルアタック 2nd STAGE イケさん

Cut2013_0304_0606_02

2nd stage イケさん軽やかにペダルを廻してます
この極悪路面を走るには、軽いペダリングが良いのね!


どうも全速力と言うイメージで、インターバルアタックをしている関係で、踏込んでしまうんですよね。そうするとタイヤが滑ったり、或いは路面に沈んだりして、空回りして体力を消耗するのですねえ。それが良いのですが、カッチョ良く走るってえコンセプトからは、大いに遠ざかるって訳ですよ。マウンテンママチャリは、端からそのコンセプトから掛け離れてますがね(汗) まあお買い物モードで極悪路面を行くてえシナリオで、現状維持で御座います。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 2nd STAGE イケさん "

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

中の沢林道インターバルアタック 1st STAGE ノールさん

Cut2013_0304_0552_54

さて次はマウンテンママチャリの出番です
それが?まさか?なんで?


だったのですが、1st STAGEだけで、その後走りが何故か安定して行くなんて自分でも想像していませんでした。これはひとえにタイヤのお陰だと思います。イケさんのSEEKは、丸いツルツルタイヤでしたが、マウンテンママチャリのタイヤは、流石にママチャリ溝がしっかり路面を掴みます。恐ろしい事に、ステージを上げる度に斜度と難易度が上がって行く様な?そんな感じがしたのは、気のせい?否!疲れのせいでしょ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 1st STAGE ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 6日 (水)

中の沢林道インターバルアタック 1st STAGE イケさん

Cut2013_0304_0435_22

極悪林道初のインターバルアタック
イケさん最初から全力ですが?


この1st STAGEが最も路面がウェットで、タイヤが潜ります。どうもイケさんのSEEKがイマイチ路面を掴み切れて無い様なので、最初から苦戦を強いられました。解っちゃいる事ですがね(汗) それでも何とかパワーで振り切って1st STAGEクリアでした。やっぱりあの忌まわしき砂防ゴムが、大ハザードですねえ。これから始まる大レース・・・・爆裂疲弊は、直ぐ先ですよ先生!解っちゃいるけど止められませんよ。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道インターバルアタック 1st STAGE イケさん "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

中の沢林道の最初は普通でもその先は!?

Cut2013_0304_0424_20

駒木野林道は僅か200mでエンド
その先は史上最強、最悪の中の沢林道へ


嘗て1度此処をR/2で走った事を思い出したが、その時は今日より更に道がぬかるんで凄まじい様相を呈していて、途中で挫折したのを思い出したが、今回は期せずそのリベンジに成ったのである。だが?前回よりはぬかるみのレベルが低く、勝てそうな気がしたのであるか?結果は?兎に角、あの忌々しい砂防ゴム!それからGARE,そして何より行く手を阻む最大要因である、滑りと、潜り。困難のオンパレードを掻き分けて進んでよくのは、実に楽しいが、それが次第に、楽しい疲弊へと変わり、そしてついには・・・・・・無言になるのである(爆)

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "中の沢林道の最初は普通でもその先は!? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 5日 (火)

馬鹿は死んでも直ら無い???

Cut2013_0304_2036_00

写真撮影のポイントを探してるところですが何か?
やっぱ馬鹿は死んでも治らない??


何かこう、有り得ない所に、有り得ない物がある風景つうのが面白いじゃないですか?それでこの水無し川のロックガーデンの岩々が面白い風景だったので、ついつい自転車抱えて川ロックで御座います。ところが、岩登ったは良いが、帰れないって塩梅に限りなく近い状態でして、ハイ馬鹿は死んでも治らないって事でしょうかね?この川ロック全部登って行くつう修行も面白そうやねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "馬鹿は死んでも直ら無い???"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

陣馬街道の駒木野林道アップヒルの仮の平和

Cut2013_0304_0412_58

陣馬街道和田峠手前の駒木野林道
比較的見付易い何の変哲も無い林道だが?


まさか、それが史上最強、最悪の林道に、途中で分岐して大変身するとは、お釈迦様でも解るまい?最初は、割と明るく走り易い林道だったのですが、途中から、中の沢林道に分岐して、あれよあれよと見る内に、我らは最強極悪林道へと誘われて行くのである。因みに前回吉野街道で、楽しんだ駒木野林道1,2,3とはどうも縁も由加里も無さそうであるが、本当の所は定かで無い。まあ先ずは、平和な陣馬街道の駒木野林道から、ご覧戴こう。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "陣馬街道の駒木野林道アップヒルの仮の平和 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

陣馬街道脇の廃道の凄まじさ!

Cut2013_0303_2018_34_2

陣馬街道脇の廃道の凄まじさ!
廃道フリークの気持ちが解る


誰も行かない人跡未踏の廃道の探索が、結構面白い。安全で、いつもの道が次第につまらなく成って来た昨今。こうした廃道の先がどうなっているのかが興味の矛先に成って来た予感がするのは、小生だけの事じゃあない。道の探索は、激坂があるから面白かったのだが、また誰も行かないからと言う理由もまた、其れなりにそそるものがあるのである。この陣馬街道脇の廃道も、期待に違わず、人の侵入を阻む、それは正しく猪帝国の館であった。特筆すべきは、枯れた川から駆け上がる斜度70%の超斜面。歩いて登れば、何とか尾根に出れそうだ。が?今日のところは止めておこうsweat01


もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "陣馬街道脇の廃道の凄まじさ! "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年3月 4日 (月)

中の沢林道よりも更に恐ろしい放置林道のヌタ場 斜面斜度70%?

Dscn5292
            ハイ放置林道ですからそりゃあ酷いもんです

Dscn5293
            車輪の向こうに聳える70%の崖 歩けば登れるかも?

Cut2013_0303_2010_15
            入り口はこんな感じ 隣は墓

Cut2013_0303_2012_41
            これは、猪様の通り道に御座います

Cut2013_0303_2013_58
             猪のヌタ場が沢山あって縄張りが違いますな!?

Cut2013_0303_2017_54
             以前は、川だったのか?解らん地形だ?

Cut2013_0303_2014_56
             これ如何見ても、ヌタ場以外に無いでしょう?

Cut2013_0303_2015_53
            一応道ですかね?此処の崖は斜度70%歩けば尾根に!

陣馬街道脇の廃道探索
と言えば聞こえは良いが、実態は?


長らく、廃道だったのでしょう。最早猪の楽園に成っておりまして、大騒ぎしながら登って言ったので、事件は起きませんでしたが、白昼堂々の猪遭遇では、無事では居られますまい?こう言う所に、入り込んでは成りません。面白いですがねsweat01

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ モガキ002

Cut2013_0226_1902_45

結構楽しいです
きっと身体がスッキリするに違いない!
と思って重い自転車を引っ張り上げているのです!


きっとMTBなら楽々こう言う激坂を登ってしまうに違いない。だが同じマウンテンでも我がマウンテンママチャリ(旧姓ミヤタ君)だと、様相一変!ドロドロと坂を押し上げ隊になる訳ですが、色々、愚痴ってはいるものの、実は、そう言うシチュエーションが嫌いな訳じゃ有りません。いえ寧ろ好ましいとさえ思っているのですが、もっとカッチョ良い登りが出来ると世界は変わるのですがねえ?ドン臭さが売りですからねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ モガキ002 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 3日 (日)

最強、最悪の林道 中の沢林道

Dscn5323_2
             中の沢林道の終着地点

Dscn5297
            中の沢林道の起点

Dscn5299
            砂防ゴムが行く手を阻む、GAREが、滑りが、沈みが襲ってくる

Dscn5300
             斜度は最大16%程度なのだが?あまりの障害だらけに?

Dscn5301
            この砂防ゴムがこっちを向いて傾いてる、跳ね返せないぜ!

Dscn5321
             これどうしろてえ言うのよ?

Dscn5308
             時々、走り易い所もあるには在るが?

Dscn5325
             最後はドン詰まりで、その先は水無し川

最強、最悪の中の沢林道
こいつは、トンでも無い林道だ!


陣馬街道を行くと、和田峠の手前で、発見出来る駒木野林道の標識が、この最強、最悪の林道への道しるべだ。最初は駒木野林道としてスタートするが、一見穏やかな駒木野林道が、途中で分岐して、中の沢林道へと変身して、先ずは普通の林道だと思って先を急ぐと様相は一変し、GAREの上に、砂防ゴムが立ちはだかり、更に滑る、潜る、斜度16%へと障害だらけの、最強、最悪の林道と相成るのである。今日は、雨上がりの林道で、コンディションは最高!何でもしてくれよって観念せざるを得ないでしょう。兎に角、普通に走れる所は本の僅かで、あとは全部、モガキの怒真ん中!こんなに素晴らしい林道は、此処をして他に類を見ない!あの激悪のGARE帝国、小坂志林道も、この隠された、恐ろしいSPECには、及ばないかも知れません。此処でインターバルアタックを1st-stageから5stageまで敢行すると、足が動かないばかりか、足吊りの連続で、歩く事さえ憚られるのである。もう心底疲れますたsweat01 

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ インターバルアタック ノールさん

Cut2013_0226_1849_56

ノールさんマウンテンママチャリですが?
尻尾の傘に焦点が当たっているのが笑えます!


速度ですか?これが最大ですが何か?マウンテンママチャリは、いつも安全運転なんですよ。と言うか、安全運転速度でしか走れないってのが良いと思いますよsweat01 坂道登攀も然りですね(笑) イケさんの画像は、風を切ってるのが良く解りますが、ノールさんのは、風を尻尾の傘で切り裂いてますがねえ?そうは見えませんなあ??でも構図的に、被写体に焦点があたって周りの風景が流れている感じが、個人的には気に入ってます。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ インターバルアタック ノールさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ インターバルアタック イケさん

Cut2013_0226_1832_51

イケさん なかなかカッチョ良いじゃないか!
こう言う林でのアタックは撮影者が前後左右
の安全を確認して、俊足完了を目指します


と言うコンセプトそのままで、イケさんは風の様に走り去って行きました。素晴らしい。こう言う人気の多い林での撮影は、撮影者が前後左右の安全を確認して実行しますが、目と音で注意深く事を進めなくては成りません。アタックの範囲も撮影者から見渡せる範囲に絞られる訳です。出来ればメンバー2名ではなく、3名で確認しながら撮影するのが望ましいと思います。

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へ インターバルアタック イケさん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 2日 (土)

多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へモガキ001

Cut2013_0226_1819_04

このハンドル何処向いてんだか?
担がないまでも自転車押し上げも良い運動よ!


階段降りてから、浅間峠への道は、アップダウンの連続で、なかなかヘビーな戦いに成りましたが、こう言う所を、ガヤガヤ登ったり降りたりするのは、結構楽しい。今度はどんな馬鹿げた激坂が遣って来るんだろう?とか不安と期待とが入り混じる心境の中を、先へ先へと進んで行きますと、在りましたねえ!何時ものカッチョイイ、インターバルアタックの場所が?しかし結構、人通りが多いので、人気が無くなった瞬間に、サッサと完了セニャならんので、慌てますねえ。何処ぞのMTBみたいに林をスイスイ擦り抜けて風の様に走るてえのが、憧れなんだが、我が期待のマウンテンママチャリでは、難しいのでしょうかねえ??

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面へモガキ001 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面途中の激坂

Cut2013_0226_1649_59

浅間峠へのダート道
景色も最高、足も最低


もうお腹イッパイなんですが、激坂だけは、別腹で御座います。見た目で20%程度の坂で、ダートだったりすると多少斜度が充分で無くても、素晴らしい坂って事に成るんですねえ!この坂を登って、最高の景色に出会い、更に古希を迎えた、嘗ての若者達の最高の笑顔を戴いたので御座います。景色に、坂に、人、これが自転車の三要素だと思いませんか?ところがこの後、我らは、モガキの真っ只中に、突入する事に成るのでした!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 浅間峠方面途中の激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年3月 1日 (金)

羽村の堰の対岸の丘陵から見えるアウカイツリーと異物?

Cut2013_0301_0824_31

撮影した写真をズームアップした画像を良く見ると?
田無の電波塔の先に亡羊と見えるスカイツリーと?


画像の左右の端に黒点は何?画面のシミでは、御座いません。カメラレンズに傷がある訳でも埃が付着している訳でも御座いません。永く動画や静止画を撮影していると、不可思議なモノが撮れてしまう事があるのです。世の中解っていない事の方が、圧倒的に多いのですから、時に不可解なモノが撮影されるのは、寧ろ喜ばしいとさえ感じますねえ!最近、最も不可解な映像は、GARE帝国で検索して、不可解なものが写っていると言う過去記事で偶然撮影された、日中の発光体でしょうか?一説によると、蛾の妖精との事ですが?またUFOは、2度も遭遇してたりして、この先もきっと色々あるでしょうが、それは楽しみでもありますねえ!

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸の激坂探索 探索自体が坂 足吊っちゃいました?

Cut2013_0226_1623_02


30%の激坂4回、ゴルフ場への2チョイ坂
インターバルアタックこれで
足吊りの準備が出来ました。


イヤハヤ、久々の足吊りに遭いました。何年振りだか覚えてませんが、兎に角久々です。原因は、消耗でしょうねえ。ここのゴルフ場で、水分補給して、再度激坂探索を再開すると、目と鼻の先で、浅間峠への細い登り坂を発見。勿論、登攀開始しました、これが最高の面々(全記事)に出会う切っ掛けと成りました。その一方で、彼らに出会ってから、その先が全くの地獄で御座いまして、そんな地獄でも、人気の無い坂で、またまたインターバルアタックなんて、よっぽど坂が好きなんですねえ!・・・・イケさん(爆)

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸の激坂探索 探索自体が坂 足吊っちゃいました? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

多摩川左岸のチョイ坂 ノールさんインターバルアタック

Cut2013_0225_1353_24

荒んでますねえ?と言うか普通のお買い物モードです
全速力が、インターバルアタックの掟なんですが?


30%超の連続玉砕で、足無くなってましたね。この後ゴルフ場まで登って自販機で水分補給した時に、ゴルフ場で、足が吊っちゃいましたから、かなり足に来てたんでしょうねえ!?マウンテンママチャリを生業にしてから、流石に疲れは倍増したかも知れません。お陰で痩せました。僅か1kg弱でしたが、それでも体重に変動があったと言う事実は、これは励みでしょう。しかし本当に痩せない体に成りましたが、一方で太らない体にも成りましたねえ。ですが、下腹部のポンポコがなかなかしぶとく生き残ってますわsweat01

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "多摩川左岸のチョイ坂 ノールさんインターバルアタック "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »