« 病み上がりコンビのポタリングなんだけど?何故かね? | トップページ | 爆風 都内徘徊ツアー7時間の内訳  ハイライト 力道山とめぐみちゃん »

2012年12月17日 (月)

爆風 都内徘徊ツアー7時間の内訳 勝鬨橋

Cut2012_1211_0839_25_2

Cut2012_1211_0841_28_4

勝鬨橋の開いていた時を知らない世代だが          この辺りから開いていた様だ
こうして見れば、この橋が開いていた証が!

勝鬨橋をあげる会より
この会の主張が実現すれば素晴らしいですねえ!

隅田川の隅田川の第一橋梁である勝鬨橋(かちどきはし/かちどき ばし)は,昭和15年
(1940 年)6月に竣工しました.ユニークな橋で,かつては橋が開いていました.しかし残
念ながら,昭和45年以来"あかずの橋"になってしまいました. 完成当時は東洋一の規模
をほこり,わが国最初のシカゴ式二葉の跳開橋として知られていました.二葉とは,両側に
「ハ」の字にひらく橋桁を,かろやかな 葉っぱにたとえた優雅な表現です. もし,現在この
橋を動かすことができれば,世界の橋の中でも,指折りに大きな「動く橋」になります.毎年
の定例行事にすれば,東京の活性化,隅田川国際 観光の大きなシンボルにもなります.
 それは橋の動態保存にもなり,世界的にも貴重な事例になります. 戦後,アメリカ軍がこ
の橋を見たとき,日本人が設計・施工したことを信じなかったそうです.近代史としても技術
史としても,大変価値ある橋なのです. 平成19(2007)年に国の重要文化財に指定されま
した現在、みんなでその保存のありかたについて深く検討して、「跳開」した勇姿を再び見る
ことがで きるように・・・・と訴える活動を続けているグループです。 先人の残したこの橋を
もう一度よみがえらせたい・・・・・・それが私たちの願いです.

Photo_4

往時の勝鬨橋の姿

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo
ポチットお願いしますm(_ _)m

もっと面白い連中の場所

にほんブログ村 自転車ブログへLogo
ポチットお願いしますm(_ _)m

|

« 病み上がりコンビのポタリングなんだけど?何故かね? | トップページ | 爆風 都内徘徊ツアー7時間の内訳  ハイライト 力道山とめぐみちゃん »

コメント

お師匠様

了解しました。時には文化を愛でるポタや食のポタもよろしゅう
御座いますね。戊辰戦争の弾丸の跡なんて見てみたいです!

投稿: ノール | 2012年12月19日 (水) 06時03分

春が来たら、江戸の美味い物(築地の!)、名所をボタしたいナ〜!最近クロスバイクを買ったアラ還仲間が豊洲に居ます。
一緒にボタしたいそうです。ただし体力は普通の人です。
Ps:日暮里あたりに、イイ坂があるらしい。そこにも行こう!

投稿: | 2012年12月18日 (火) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆風 都内徘徊ツアー7時間の内訳 勝鬨橋:

« 病み上がりコンビのポタリングなんだけど?何故かね? | トップページ | 爆風 都内徘徊ツアー7時間の内訳  ハイライト 力道山とめぐみちゃん »