« お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 004 | トップページ | 未完お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 005 »

2012年10月 7日 (日)

奥多摩で最も危険な峠の写真集

F1011000_2
                     旧藤倉小学校前いこいの森藤倉

Cut2012_1007_1058_53_2
         神社前からスタート側道が既に激坂です

Cut2012_1007_1106_42
         最初から激烈な斜度と細い道路で次第に足がパンパンに成って行く

F1011009_2
         中間地点の小林家第1家屋 此処からの再スタートがまた激烈

Cut2012_1007_1107_44
         中間地点の小林家の家時々当主が掃除に来ているらしい
         ここからまたとんでもない激坂が!

Cut2012_1007_1109_05         
         見た目解りませんが、斜度を上げながらの曲がり角3次元
         スパイラルR曲がれません
    Cut2012_1007_1110_15
         斜度24%前後の奥の細道が続くが、全く太刀打ち出来ず

Cut2012_1007_1111_44
         どうなっとるんや?ずっと超激坂、枯葉と苔が襲いますなあ!

Cut2012_1007_1115_20
         更にずっと25%とかが遠慮なく続いている。路面滑る

F1011001
         走っても歩っても玉砕です。どうしろってえのよ!?

F1011002
         35m自転車漕いだら乳酸ダラダラ心臓バクバク意外に冷静!

F1011003
         何度目かのもうダメ・・・・・・でも勿論最後まで行き末世??

F1011004
         またまたブッ倒れますタ 此処良いですねえ!最高!

 

Dscn0107_2
         何分格闘していたか解らん程、永遠の激坂 和光大学の全部の
         坂の強度の合計より、此処の登り1本でその3倍のエネルギーが
         ブッ飛んで行きます。

Dscn0102
奥多摩で最も危険な激坂を登って天空の館に挑む

数年前に、事もあろうにBRAVE-STARで秋川に来て、この超激坂を発見していたのですが、未だに最後の重要文化財である小林家の古民家まで、自転車で到達していない。そこで相棒のイケさんと、リベンジに向う事と成った。途中で秋川でチラ見していた気になる激坂を登ったりして、充分、足が準備出来た頃?と言うか既に自走70km。若干熟れてますが、未知の激坂に胸躍ります。藤倉の交差点前のご存知自販機で寛いで、イザ出陣!相変わらず最初から25%とかで始まるこの超激坂は、何が危険かと言うと、ガードレールが無いにも拘らず60cmの道を踏み誤ると、数10mフリーフォールが待っている。しかも路面は濡れ、苔々で、枯葉、枯れ枝がわんさか!それでも行って見たい標高700mの重要文化財・・・天空の館!行って来ましたとも。頂上は最早超絶景ポイントでありました。道は、まだまだ延々と続き、小河内峠へと更に斜度を上げながら、繋がっている様である。帰りの苔々が怖くて、最後の最後までは、行けませんでした

その後は、なんと北秋川南壁で林道を発見して登攀するもガレ場のオンパレードで、とうとうイケさんがパンク。ポンプも上手く空気が入れられないオーマオゴッド状態でしたが、近くの農家のオバちゃんに助けられますた万事ハッピーにて候!

にほんブログ村 自転車ブログへ Logo

ポチットお願いします
m(_ _) m

|

« お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 004 | トップページ | 未完お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 005 »

コメント

先生

そうであって欲しいですよこの道は凄いですよ!なんと小河内峠へと続き、きっとさらに延びている可能性があります。斜度が尋常じゃないので、ほぼ走れませんが、探索の価値は充分です。崖から落ちなければですが(--;)


投稿: ノール | 2012年10月10日 (水) 11時41分

怖すぎます!!
熊より怖いですね。。。

でも、霊気は感じないおっさんですね。
多分地元のおっさんが茂みの中から現れたような気もしますが、、、。
まぁこの人は多分襲ってはこないでしょうし、
霊障はないでしょう(笑)

投稿: 横尾 | 2012年10月10日 (水) 10時45分

先生

実は、この写真集の上から3番目の写真に人が写ってますが、こんな方
見掛けませんでした(怖) なんでだろう?

投稿: ノール | 2012年10月10日 (水) 10時34分

こんばんは
藤倉の激坂面白そうですね。

私は本日真名井線を走って来ました。
地獄の道と、絶景の林道で飽きることなく終点まで行けますが
体は疲労困憊です。

終点間際の激坂も凄いですよ!!!
でもそこに行く迄のダートが凄すぎました!!!

ではでは!

投稿: 横尾 | 2012年10月 9日 (火) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩で最も危険な峠の写真集:

« お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 004 | トップページ | 未完お気軽輪行 笹子峠、上日川峠(大菩薩峠アプローチ峠) 大菩薩峠への道 005 »