« 読者さんミッション 栃寄林道を制覇せよ! 栃寄林道 雨を見計らってダウンヒル | トップページ | 栃寄林道第一激坂登攀のアフォなオッサンの実態・・・悩んで!!インナー攻めてるのがオッサンぽいっしょ »

2012年9月 9日 (日)

天空のガードレールを目指して17時間180kmの小旅行 奥多摩の森林行政を質す

Photo

先日は風張林道で驚き
昨日は、吉野街道で更に驚いた!


奥多摩の山々が、えらい勢いで変わっているとは思いませんか?日の出山登山道の鬱蒼とした森も、丸裸になって久しいが、久々に走った吉野街道沿いの森は、綺麗さっぱり刈り取られて、道を間違えたか?と思ったくらいである。至る所で、森林伐採が進んでいる。林道の落石も益々増えた気がするのは、目の錯覚か?こうした様変わりの実態に、少々不安を感じて、自治体の森林行政を紐解いて全部では無いが少し調べてみると、以下の通りの文章が出てきた。

森林整備の基本的な考え方及び森林施業の推進方策

森林整備の現状と課題を踏まえ、地域森林計画で定める森林森林整備の推進方向を基本としつつ、森林の持つ他面的な機能のうち重視すべき機能により、森林整備を推進する事とする。全域が秩父多摩甲斐国立公園に指定され、都民の飲料水を含む奥多摩の森林は、水源かん養、保険文化機能ををはじめ、高度な公益的機能を求められている。私有林における木材生産林においても、現在行われている保育間伐から、伐期を迎えた山林からの利用間伐への移行、及びスギ花粉症発生源対策による主伐採事業の実現により、再生産可能な木材資源の循環利用を可能にすると同時に、広葉樹林に劣らぬ、充分な公益的機能を発揮する事が期待できることから、人工林の適切な管理施業と収穫を図るものとする。天然林においては、過密化による更新力低下が懸念されるため、施業を実施す
べきであるが、経済性の低さ、施業体系の未整備等から着手困難であるため、当面は自然力に依存した、遷移、更新の状況を観察、調査し、今後需要が高まるであろう広葉樹造林・樹種転換・森林の総合利用に備え地域に適した施業体系を整備する。


行政の文章は、どうしてこう解り辛いのか?ふむふむと読み下してみると、森林再生の積極的伐採(間伐)は、良しとして、どうも伐採の主要因が、花粉症対策にある様だ。確かに都民の健康を守る事は、行政の根本的な事業であろう。だが、営々と続く人の営み100年の計を深慮した政策なのだろうか?消え行く森を見て、少し否!大いに不安を感じた、天空のガードレールであった。

一方で、動画の様に、森を守る為に懸命に働く青年の、何と清々しい事よ!彼は我らが山を徘徊している間ずっとこうして木に登って機械を巧みに操って枝打ちを繰り返していたのでした。現場と施策には時として溝が出来る。行政は、現場・現物・現実を良く見て事にあたって欲しいものである。

にほんブログ村 自転車ブログへ Logo

ポチットお願いします
m(_ _) m

|

« 読者さんミッション 栃寄林道を制覇せよ! 栃寄林道 雨を見計らってダウンヒル | トップページ | 栃寄林道第一激坂登攀のアフォなオッサンの実態・・・悩んで!!インナー攻めてるのがオッサンぽいっしょ »

コメント

ヨネちゃん

あの御岳の有る吉野街道ツンツルテンだから驚くよ!
斜面だって驚く程で、鉄砲水や土砂崩れが心配だし
森が駄目になると海も駄目になるっしょ!!

投稿: ノール | 2012年9月10日 (月) 06時01分

杉は、毎日書く字なので身近に感じる(笑)。
まさに、森林行政の申し子で、
成長が早いから、どんどん植えられて、
杉花粉問題で、今度は伐採されて・・・。

投稿: 高田米治郎 | 2012年9月 9日 (日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天空のガードレールを目指して17時間180kmの小旅行 奥多摩の森林行政を質す:

« 読者さんミッション 栃寄林道を制覇せよ! 栃寄林道 雨を見計らってダウンヒル | トップページ | 栃寄林道第一激坂登攀のアフォなオッサンの実態・・・悩んで!!インナー攻めてるのがオッサンぽいっしょ »