« ナイトラン延期で夜の巷に走り出し200ルーメンの威力を測る 佐伯激坂の夜 | トップページ | 竹島を含む領土問題についての見解 »

2012年8月24日 (金)

ママチャリの限界ってテーマで良くいらっしゃる方の為に!

Dscn2081
熊本に格納中の阿蘇山登攀専用車 あっそー号
年1回の稼動ママチャリ

「ママチャリ限界って?」と言うテーマに
拙い経験を踏まえて私見を述べてみた
いと思います

先ず、ママチャリの一般的スペックを、車重15~20kg、内装3段変速、Т字ハンドル仕様と仮定して仮にそう定義し、ママチャリの限界カテゴリーを「激坂登攀限界」、「24時間走行距離限界」、「速度限界」、「月間走行限界」の5つのカテゴリーについて考察してみたいと思います。但し考察は小生の拙いママチャリ経験に基づくもので普遍的ではありません。


(1)激坂登攀限界

坂の長さ30mで最大斜度30%が今の所限界領域です。対象激坂は、小日向の鼠坂、五反田の幻坂、鎌倉の報国寺坂、青梅御岳の第二鳥居激坂などが、ママチャリ登攀の限界領域の激坂である。それ以上の斜度だと、ウィリー制御不能や踏み込み不能と成り登攀は不可能だと今の所は考そうえられる。

(2)24時間走行距離限界

24時間走行では、平均斜度2%で300km程度だろうと考えられる。重さ20kgのママチャリで24時間280kmが今までの最高距離である。疲労の度合いは、体感ですが、クロスバイクで400km走行した時と同等と体感している。走行距離イメージは、東京日本橋~箱根大観山往復に相当します。

(3)速度限界

20kgのママチャリで平地走行、最高速度55km/h、三原山ダウンヒルで65km/hが最高速度であるが、度胸と体力によって、平地最高60km/h前後が限界領域だと推察出来る。

(4)月間走行距離限界

週末の奥多摩通勤と毎日の自転車通勤の距離をを参考にして、月間のママチャリ走行距離限界を推察すると以下の通りである。
奥多摩通勤 150km/week+自転車通勤30km/DAY×20DAY=1200km
普通のサラリーマンで月1200kmが妥当な平均限界値だろうと推察出来る。

まあ勝手な考察であるので、参考程度だろうと思うが、ご自分に合った距離感、スピード感で良いのではと思う。ママチャリストの速度や走行距離なんてえのは、人と較べるものでは無く、ご自分の成長の過程を鑑みる為のものだと思いますよ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« ナイトラン延期で夜の巷に走り出し200ルーメンの威力を測る 佐伯激坂の夜 | トップページ | 竹島を含む領土問題についての見解 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママチャリの限界ってテーマで良くいらっしゃる方の為に!:

« ナイトラン延期で夜の巷に走り出し200ルーメンの威力を測る 佐伯激坂の夜 | トップページ | 竹島を含む領土問題についての見解 »