« 久々の自転車 病人コンビが挑む 奇跡の小川源流を求めて!その1 | トップページ | 久々の自転車 病人コンビが挑む 佐伯栄養学校脇の坂 »

2012年7月 7日 (土)

久々に自転車に乗ってみて解った乾燥肌の事とその画期的な対策について!

20120707100108

現在、酷い乾燥肌の為、奥多摩通勤
を自粛中なのだが?テスト的に30km程
走ってみて解った事と乾燥肌痒みの画期的
な対策について!?

昨日、久々に激坂登攀を含む、30km程のテスト走行で、解ったのは、気温28度で約1時間の走行で、遺憾ともし難い痒みに襲われる事でした。一旦痒みに襲われると居ても立っても居られない状態に成り、自転車を安定的に漕ぐのは難しいと判断した。故に当面、奥多摩通勤を自粛せざるを得ないと考えている。とは言え半径20km程度であれば、痒みに襲われても、比較的容易に帰宅してシャワーを浴びる事が出来るので、全く乗らないと言う事は無い様に心掛けたいと思う。等と考えていたら、画期的な乾燥肌の痒み対策に巡り合った。現状は特に交感神経と副交感神経が入れ替わる時間帯に遣ってくる眠れない痒み(痒みのご本尊)。これに対抗できるナチュラルな素材、それは、100%アロエ抽出液である。飲んでも肌に直接噴霧しても良いらしいが、シャワーを浴びた後に、ケミカルな数々の保湿クリームを塗布するよりも痒みを抑える効果は高いと感じられるものであった。確かにアロエは、万能薬として重宝される植物で、火傷や擦過傷なの治療、殺菌に用いられて来た様に思う。よって皮膚科の医師と相談して、継続的に乾燥肌対策としてアロエ100%抽出液が使えるか、確認しようと思っています。
と言う訳で、当面ロングライドは避けて、都内のStairsに勤しもうと思っている昨今で御座います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 久々の自転車 病人コンビが挑む 奇跡の小川源流を求めて!その1 | トップページ | 久々の自転車 病人コンビが挑む 佐伯栄養学校脇の坂 »

コメント

ガチャ殿

全くもってその通りどす!ケミカルはアカンですなあ

投稿: ノール | 2012年7月14日 (土) 03時33分

自然が一番!

投稿: gacchaman | 2012年7月 8日 (日) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に自転車に乗ってみて解った乾燥肌の事とその画期的な対策について!:

« 久々の自転車 病人コンビが挑む 奇跡の小川源流を求めて!その1 | トップページ | 久々の自転車 病人コンビが挑む 佐伯栄養学校脇の坂 »