« Town of the everyday wear  THE JYUUGAOKA‐002 | トップページ | Town of the everyday wear  THE  DENENCHOFU‐001 »

2012年7月25日 (水)

いじめと弱い者いじめを考える雑談

Photo

いじめの問題に見識がある訳じゃないが?

我々が子供だった頃、いじめと言う言葉の使い方は、無かったと記憶する。今で言ういじめとは、若干異なるが、それに近い表現として「弱い者いじめ」と言ったものだ。今のいじめと言うと陰湿な趣が漂うが、「弱い者いじめ」には、恥さらしの行為だとする不名誉で、卑怯な行為とのニュアンスが漂う。喧嘩も大っぴらに有ったが、概ねタイマンか、グループ毎の派手な戦いだったと記憶している。時に嘗て中学で同級生だった二人が高校の殴り込みで敵同士となって戦うなんて事もあったが、実態はいい加減な戦いだった。だから、通報で警察が駆けつけたりすると、蜘蛛の子を散らす様に敵味方、一緒になって警察の追っ手から逃げたものである。息を切らして逃げるもんだから、最後は喧嘩を止めて、敵味方同士で馬鹿話に花を添えたりしたものある。そう言う意味では、今の若い子達に比べて明るかったと思います。タイマンだって雌雄が決すれば、仲直りするのが習わしで、後に禍根を残す様な事は、在ったとしても少なかったと思います。

何故、こうなのか?それは、視線である。昔の子供達は、多くの大人達の視線を受けて育っていった。弱い者いじめは卑怯なヤツのする事だと大人から知らされドヤされた。隣の頑固爺や意地悪婆さんが、やって良い事と悪い事をしっかりげん骨で教えていたものだ。勿論!他人の子供も同じ町の子供、地域の子供なのでる。

年間30000人が自殺する国日本!人々の無関心が、渦を捲く!ある時電車に乗ると、手すりにすがって苦悶する爺さんが!隣には若い兄ちゃんが知らんぷりして座ってる。そんな状況下で、その兄ちゃんに、爺さん苦しがってるから席変わって挙げてくれないかなあ?と言おうとした瞬間、部下から、それ止めた方がイイですよ!揉め事起こして刺されるかも知れないでしょ!と諭された。だがそれで良いのか?と思って何もしない自分!自分の田舎じゃこんな事は無かったが、無関心に飲み込まれつつある自分の手を見た。

世の中にコンピュターが無くなれば、物言わぬメールも使えない、銀行だってカウンターで店員さんと会話せずには、金は下ろせない。とても面倒だが会話の膨らむ社会が蘇る・・・・・・かも知れん!無関心じゃ居られない、不便な社会こそ、本来のヒトの社会なのかも知れないのである。命に関わる事、モノ以外は、全て不便で在るべきだ!格付け会社などと言う金融ペテン師も居なくなるでしょ。野菜も自分で作った野菜が美味いに違いない!石油で出来た綺麗なパッケージの中の半熟野菜が体に優しい訳が無い。色々不便が当たり前に成れば、原発なんて無用の長物。土地が、海が、そして皆の心も汚れる訳が無い!かく在るべしと思わんかね?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« Town of the everyday wear  THE JYUUGAOKA‐002 | トップページ | Town of the everyday wear  THE  DENENCHOFU‐001 »

コメント

総裁様

いじめが、卑怯な行為だと言う事をもっと浸透させて欲しいものです。
ところで、お怪我の状態は如何ですか?
お大事にして下さいませ。

投稿: ノール | 2012年7月27日 (金) 10時55分

全くその通りだと思います。
むかしは喧嘩にも暗黙のルールがあったように思います。
例えば武器は使わないとか…まぁ木刀位はあったにしても一方的ではないはずです


だからこそ自転車なんですよ!!

投稿: R1@八王子 | 2012年7月27日 (金) 06時34分

解りません。
原点回帰の時代かもなあ

投稿: ノール | 2012年7月26日 (木) 10時31分

好きな詩の一節に「あなたは目の前にいる人の言葉でその人の苦しみが語れるか」という問がある。全ては己をかえりみることからはじまるのではないでしょうか・・・?

投稿: gacchaman | 2012年7月26日 (木) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめと弱い者いじめを考える雑談:

« Town of the everyday wear  THE JYUUGAOKA‐002 | トップページ | Town of the everyday wear  THE  DENENCHOFU‐001 »