« 20120518パリ通信 第2号 セーヌをママチャリするオッサン | トップページ | 202km峠三昧 ラピュタリベンジ負けられない戦い!! »

2012年5月19日 (土)

20120518パリ通信 第3号 シテ島とポンヌフにて思う事

S024_2

1984年に初めてパリを訪れて以来のシテ島です。
この手前に9番橋ポンヌフってのがありまして
素晴らしく美しい橋なのですがそこで事件が!?


初めてのパリでしたから、開放感と緊張感が複雑に交差する。そんな感覚で毎度のカミさん頼りのお気楽渡航。モーパッサンが何とか何とか希望が通るなんって良く解らないが、有名なエッセイを残したそうな、そんな橋の袂で、カミさんと人休みしながらポンヌフの人通りを見ていると、橋の向こう側から、どうみてもお登りさん(小生もそのひとり)、らしきうら若い女性が、でっかいスーツケースをゴロゴロ音をたてながらこちら側セーヌ左岸へ遣って着ます。するとすかさずジプシーのガキ共が彼女に群がってポケットに手を入れるや、引きずりまわすやらの狼藉ぶり!極真空手を少しでも嗜む小生としては、イザ出陣!の様相なのですが、相手は子供で、如何ともし難い状況。蹴りやパンチを入れたりしたら犯罪者になってしまいそうな状況で、手も足も出さない代わりに、子供たちを彼女から振り払う攻撃にでたのでした。すると橋の袂に居たフランス人のオバハンがお国の恥とばかりに飛んできて、援軍来たりの大混戦の末、子供たちを追い払い、その元締めであるオッサンをフランスオバサンが叱りつけ、被害者の彼女は真っ青な顔をして一難を逃れて我ら正義の使者に礼を言うでもなく、脱兎のごとくお逃げになって一段落ってえ事件が起こったので御座います。これが彼の地おフランスでの初めての出来事であったのです・・・・・それがその後何度かおフランスに向かう中、例の地下鉄大騒ぎ事件(我が家族しか知りませんが)でパチスロで大勝した軍資金10万円+アルファを地下鉄内のジプシーの子供たちに呆気なく奪われてしまうてえ体たらく事件が勃発して、父親の尊厳は地に落ちて、一方速やかに事件の対処をした母親の人気は鰻登り!かくして我が家のおフランス語熱は深まって今ではフランス語が全く話せないのがお父さんつう事に成っちまってる訳で御座いますなどとこのポンヌフを30年振りにカミさんと渡って、それはそれは感慨深いもので御座います。更に何と驚くべき事にフランスへ来て初めて写真を撮った場所も特定出来て、オッサン、オバサンの青春のミニュメントを懐かしんだので御座います。若いね!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 20120518パリ通信 第2号 セーヌをママチャリするオッサン | トップページ | 202km峠三昧 ラピュタリベンジ負けられない戦い!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20120518パリ通信 第3号 シテ島とポンヌフにて思う事:

« 20120518パリ通信 第2号 セーヌをママチャリするオッサン | トップページ | 202km峠三昧 ラピュタリベンジ負けられない戦い!! »