« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

世界の激坂シリーズ№008 SF Up 22nd St, Wave B

Cut2012_0325_2206_26

サンフランシスコ Up 22nd St, Wave B 30%OVER!!!
詳しい場所も載ってました


写真、動画を見る角度によって斜度が違って見えますが、これを見る限り30%は確実に有るでしょう!!MTBで最初からジグザグしてる位ですから、相当な激坂でしょう。こんなのがそこ彼処に居るんですから、SAKABAKAパラダイスってもんでしょう!隈なく登って激坂採取してみたいですねえ!1991年に米国企業に招待されて初めてサンフランシスコに行きましたが、そんなに恐ろしい坂だったっけ?イマイチ記憶に無いのですが、ケーブルカー通りじゃなくてメインから外れた所の坂が凄いんだろうなあ!美味しいクラムチャウダー喰って坂に挑むつうのもええですねえ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№008 SF Up 22nd St, Wave B "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月30日 (金)

膝周りの筋肉に意識を集めて坂を登る

F1010048_2

理想の走りに近づく為に!?

走りの実態

納得出来る走りを目指して、ちょっと前まで体調不良とか言っていたにも関わらず色々と試行錯誤を始めたところなのだが、上手く行かないものである。前記事の通り体調回復後のチェック坂の結果は、惨憺たるものであった。先にも記したが最も大きな問題は「膝」の筋力だろうと思っている。有名なサイクリストの膝をネット等で拝見すると、軒並み隆々とした筋肉が膝を覆っているではないか!坂を登っていて力尽きる時の信号もやっぱり膝が笑い始めた時だ。膝から大腿四等筋へと崩壊が連鎖して、最後は気持ちが崩れてジ・エンド。これが最も典型的な失敗パターンだと自覚している。一方で最大筋肉のハムストリング系筋肉群は、ママチャリポジションでは活用が難しいが故に、発達の程度すら把握していないのが現状である。時々蹴っ飛ばし走行と称して箱根等の重量級ママチャリでは厳しいルートでハムを意識しながら登っているがそれは稀な事である。これが私の今の実態である。

筋肉を意識したトレーニング

今のまま試行錯誤もせずに、今まで通りに走っていても、納得出来る走りは一向に近づいては来ないであろう。故に納得出来る走りを実現する為に重要な役割を果たす筋肉系の鍛錬を如何にすべし?がこの記事のテーマとなった。

ベース筋肉の維持!強化

体幹、腹筋、背筋のトレーニングは、テレビを見ている時の多くで実施してみた。体幹はアンバランス姿勢を一定時間維持する形で、腹筋背筋は、ヘルニア持ちには難関の部位である、故に仰向けになったままで、上部腹筋、下部腹筋に分けて各々の筋肉を意識しながら僅か10cmの屈伸を全力且つ呼吸を意識し、腰に負担が掛からない程度のスローペースで20回、これ2セットで充分腹筋がパンプアップするのである。気休めではあるが、2週間もすると腹筋が硬くなって来るのが解る。

膝の強化

今最も、重要視している問題の膝である。膝は複雑な骨の構成故に衝撃にデリケートであろうと判断して、膝への衝撃を排除してトレーニングをしなければ成らない。風呂でシャワーを浴びている時にするスロースクワットも膝の筋肉に意識を集中すると、何となく膝にジワジワ効いている感じで僅か10回。自転車に乗っている時にも膝を意識してゆっくりと漕ぐと膝に適度な負荷が掛かるのが解る。この程度で500mインターバルを3回繰り返すと、膝は程よくパンプアップして来るので、残りの距離は、大腿系の筋肉で走行し膝を休める形で、ゆるーいトレーニングを細く長くやって行こうと、それを実施し始めた。今の所は、膝意識で100mも走ると膝がウルウルしてしまうレベルである(汗)まあ続けてみて改善して行けば自分なりのトレーニングの有り様が見えて来ると呑気に考える、ゆるーーーいトレでありましたsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

世界の激坂シリーズ№007 イタリア Colle delle Finestre

Cut2012_0325_2032_25

イタリア Colle delle Finestre
こう言うダートの峠も良い顔してますね!

またもやイタリアです。火山国ですねえ!良い坂がかなり在りますが、このFinestre 峠は、イタリア西北の国境線に在り、全長18.6km,最大斜度14%、平均斜度9%ですから富士アザミと同等クラスだと思われます。しかし殆どがダートですから、登攀エネルギーは、アザミ以上かも知れません。こう言うどちらかと言うとマイナー系のピリ辛峠てえのが、自分的には好きですねえ!きっと誰も居ない峠てえ感じでしょう。そう言う坂をまったりと堪能しながら登るつうのが最高のひと時なのであります。ただちょっとパンクが心配ですがねえ??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№007 イタリア Colle delle Finestre "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月29日 (木)

世界の激坂シリーズ№006 サンフランシスコの激坂 8/10

Cut2012_0325_2117_57

この看板は嘘ではない!!
この後動画を見ればその真実を知るだろう!


流石に坂の街サンフランシスコである。長崎や横須賀と同じ様に海岸線から切り立つ斜面の素晴らしさ!こう言うケースでは、斜面の構造に沿ってほぼ同じ様なスペックの坂が並ぶのが普通であるのだが、サンフランシスコは、複雑な地形なのだろう、かなり趣の異なる激坂がその斜度を競っているのである。この動画はyoutubeで発見したのだが、掲題に8/10とあるので、他に9個のスペシャルな坂が在るに違いない!さて、兎にも角にも、この黄色い看板の先をご覧あれ!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№006 サンフランシスコの激坂 8/10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月28日 (水)

世界の激坂005 空前絶後の鉄人!!

Cut2012_0323_0922_23

この動画を見てどう思いますか?
この淡々とした走りに


最初は、何の事も無い、普通のオヤジがママチャリもどきの自転車乗ってるわ!って感覚から始まるこの動画、見ている内に次第に引き込まれて行く不思議な力を持っている。全編ずーーと淡々と、同じペースで街から山へと連なって、次第に空が近くなって行く様は、静かな驚きである。しかもオヤジは、どう見ても50代後半ってえ風貌である。ひょっとしたら還暦を過ぎているかも知れない!確かにモンヴァントウを登って行く老人は、何人か見たが彼らの多くは途中の茶屋でゆっくりと食事やコーヒーを楽しんで、悠々と下界へ降りていったものであるが、このオッサンはどうだろう、最後の最後まで、淡々と同じペースで完走してしまったではないか!小生には到底真似の出来ない事である。世界には、全く持って想像を超えるオッサンが居るものである。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂005 空前絶後の鉄人!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SOMEDAY SOMEONE AT THE RAPID SLOPE

Photo_10

Photo_9

Photo_7

Photo_6















3週間の自転車休みの明けに!?
どの程度力が落ちたかを見る


これらの坂は、体力チェックで使用してる坂なのですが、流石に3週間のインターバルは、大きく圧し掛かる。最も落ちたのは、腕の筋力であった。これらの坂を登るには足の力は勿論だが、腕で引っ張り上げる力無しでは、到底登れない坂達なのである。次に力量が落ちたのが、膝の力だろう。元々私の足の弱点は膝の筋肉の未発達なのであるが、未発達の筋肉すら落ちてしまうと、激坂の最大斜度エリアでの踏ん張りが効かないのである。この時には勿論、腕を使ってウィリー制御をしているので、腕と膝がダメだとかなり厳しい登攀劇と成る訳で、僅か4坂でお腹がイッパイに成ってしまうお粗末さであった。嘗てプロジェクト2000で都内を徘徊して104坂を登り、獲得標高2000mに僅か届かなかったものの、連続して沢山の短坂が登れた自分は何処へ行ったのやら?老化と戦いつつ筋肉の再生は、難儀な事である。

ところで、こういった坂をママチャリで登る時に、チェーンが切れないもんだろうかと心配になる?歯飛びしただけで、登るのが怖くなっちまって、もう力が入れられないって!!?そんな経験した事ある人は沢山居るだろう!このチェック坂で最も怖いのは写真左上の最大斜度33%の坂なんです。熱中スタジアムで登った鼠坂なんてこの坂に較べたら、楽勝モードです。頂上手前は坂がそっくり返ってますから厳しいばかりか危険が伴います。まあ坂馬鹿としては、これが良いのですがね(汗)

Photo


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m



| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月27日 (火)

世界の激坂シリーズ004 これぞ最強!!

Cut2012_0323_0848_45

この坂を皆が登って行く風景!!!
イタリア人の足はどうなってるんだろう??


この坂を足付き無しで登る自信は微塵も無い。こんな坂は未だ嘗て見た事も無い。MTBで如何にギア比を画策しても、間違いなく途中で燃料切れ必至だろうと思うのである。やっぱりイタリアってえ国は、日本と同じく強烈な火山国。故にこんな素晴らしい激坂が多々あるのだろう。嘗て彼の地のゾンコランを登ったが、イタリア全土から見ればゾンコランなど、それ程難しい山では無いのだろうと思う次第である。面白いのは、何処の国へ行っても人間の♂の多くはSAKABAKAなのが良く解る。坂を登るのは、人間の♂の本能なのであろう。勿論!小生も、その野生の本能に従って坂を登るのである。だが今日の様に、体が如何ともし難い時が時たまあって、坂登りをジット堪えるのであった。ああ!走りてえぞ!

 


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ004 これぞ最強!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月26日 (月)

世界の激坂シリーズ№003 補足 CA Fargo Street Hillclimb SAKABAKAの群れ!!

Cut2012_0323_1000_11

米国カリフォルニア州
ファーゴ市の激坂33%150m
SAKABAKA異常繁殖!!


このSAKABAKAの群れって凄いですねえ!しかも殆どが蛇行のオンパレードで登ってますが、そんなに凄い激坂なのかなあ?と思いつつ、これだけのSAKABAKA群生地を見た事が無いので、面白いから記事にしてみました。中に一人だけ直登出来たローディーさんが居ましたが、他は全員が蛇行つうのは、この坂の掟なんでしょうか?この坂は聞くところによると自転車専用とか?これ見てると間違いなく自転車乗りの平均強度は。イタリアが最高かもなあ!何故ならあの45%で2km程もある恐ろしい激坂をイタリア人はスイスイ登って行きますよ!うーーむ・・・・イタリア恐るべし・・・・・って何のこっちゃ(汗)でもまあ激安チケットのトンボ帰りで此処に行って見たいと思っちゃいますねえ!往復5000円つうの?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№003 補足 CA Fargo Street Hillclimb SAKABAKAの群れ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月25日 (日)

こんなに素晴らしい天気なのに走りません!?

F1010716

トホホの休日になり申した
体調不良で走るのを断念しました


まあ、春先てえのは、大方体調が芳しくないものなんでしょうが、どうも体の調子が悪い。痒みに、だるさに加えて、頭痛まで伴うと、こりゃあ休んだ方が良いに決まっておる。明日は、どうしても休めない講演が待っている。故に万全を期して走るのを断念した次第である。山へ2週間も行っていないてえのは、腹に応えるものである。体が緩むものである。今日は絶好のサイクリング日和であるにも関わらず、走れないのはキツイ!が時にこうして喉まで出掛かった言葉を抑えるのも、オッサンの諸行であろう!と言う訳で、今、パソコンの前で今日の日記を書いている。エクスキューズのしょうも無い日記に成るのである。故に来週こそ!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2012年3月24日 (土)

世界の激坂シリーズ№003 32%直線坂

Cut2012_0320_0051_24

長崎飽の浦変電所の激坂35%と同等

Ultra-Climber on 2008 Fargo Hill Climb  


この坂も、直線150m程度の坂だと推察しますが、長崎の飽の浦変電所の激坂と同等レベルです。この坂を登れないローディーさんが沢山撮影されていますが、それがちょっと驚きです。それ程難易度の高い坂じゃあありません。ちょっと太目のオッサンが特殊な自転車で登って行く風景が、微笑ましいですね。最初に出て来るガチのローディーさんは、結構やり手ですね。ガシガシと一気に登ってますね。でも此処まで行って登って見たいとは思えない普通の超激坂って感じでしょうか?現地でMTBかクロスバイク借りて、ついでに登ってみましょうかね・・・・・嘘・・・

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№003 32%直線坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月23日 (金)

世界の激坂シリーズ№002 ギネス認定激坂世界一

Cut2012_0320_0031_01

ギネス認定の世界最高の激坂
World's Steepest Hill - Baldwin Street.wmv  

動画を見る限りでは、平均斜度24%、距離250mって感じか?頂上まで登るとベンチがあるが、そのベンチの後ろの部分の激坂の瞬間斜度が35%って所でしょうか!?そこまで一気に登って制覇って事だろうと思います。でこの動画で凄いのは、荷物満載のランドナー様の自転車で、何度か足付きしながら最後まで登攀しちゃうところす。超驚きなのは、この斜度で推定40kgの自転車の足付き再発進に成功している点だろう。このクライマーには、絶対に勝てないと思いました。坂自体は、まあ冷静に考えると普通に登れる坂だと思います。ギネス認定世界1であっても、此処まで行って登ってみたいとは思えない坂?って感じです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№002 ギネス認定激坂世界一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

チャリ通勤 大田区の不可思議!?その8

Photo

3月22日は暖かな正に春の日和であった
こう言う日にも大田区は驚くべき不可思議
を用意するのである!


流石!我らの大田区だ。他の地域とは元々出来が違うのである。他の地域の桜はまだまだ硬い蕾を微かに膨らませて、謳歌の時を待っている。だがしかし大田区は違う!流石に他では真似の出来ない桜が一足先に街を彩るアジルブロッサムの殿堂なのである。くどい様だが他では真似が出来ない諸行なのである。見よ!勝ち誇った様な凛とした桜の神々しさよ!正に、天啓である。天啓大田区である。無粋な自転車駐輪キップ!これがちょっと、その美をくすめるが、それが大田区なのである。品川区は150円も徴収するのに、大田区は僅か100円。品川区の2/3のコストで済むのである。チャンチャン


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月22日 (木)

世界の激坂シリーズ№001 45%世界最強の激坂は流石に凄いわ!!

Cut2012_0320_0002_01

45%の激坂 一体これは何だろう?

横須賀の47%をちょっと登った事がある。47%の斜度に自転車に跨ってバランス出来れば、距離が短ければ何とか登攀出来る限界領域である。それと同等レベルの激坂が推定2km弱は続いている風景!これは日本には存在しないだろう。彼の酷道308号も真っ青なこの激坂。ダウンヒルは、この斜度だと体を後ろ重心にして、動画の様にウィリーで降りる以外に無さそうだが、バランス崩すと、相当痛い目に遭いそうである。坂の登攀自体は、極めて難易度は高いが、ギア比を考慮すれば、登れない事も無さそうだが、くどい様だが降りるのが相当危険である。しかし、これを見ると燃えるのは雄の本能であろう。ところで超激坂登攀てえのは、競技に成らないのは何故だろうか?ゾンコランやガリビエ等は王道で、何か威厳や伝統が彼の地を気高く見せている。しかしながら、超激坂と言うのは、何故か皆が好きな割には、レースとか権威ある何とかから見ると、ゲテモノ扱いなのが残念である!超激坂の攻略てえのは、ある種登山と共通するものがあって、如何に知恵と力を駆使して坂を制覇出来るかが問題で、時間の概念よりも、足を着かずに登れたかが問われる神聖なゲームなのであるだがなあ!?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "世界の激坂シリーズ№001 45%世界最強の激坂は流石に凄いわ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月21日 (水)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 激坂探索しても釣れない時もあるんよねえ!

Cut2012_0317_0022_42

五日市高校の奥の領域を探索すれど?
まあ往々にして釣れない事の方が多い今日この頃


SAKABAKAですから、人のメッケた坂じゃなくて、自分で発見した激坂を登って楽しむのが、最も贅沢なひと時なんですが、そう簡単に納得できる坂を発見出来る訳じゃあないんですよ。小岩や湯久保、元郷の激坂はラッキーでした。ですがそうそう、あんなラッキーは無いのですよ。アッチコッチと徘徊して収穫なしつうのは、普通に在りますからねえ!この記事も全くダメだった時のものですが、アチコチ知らない所を徘徊して、全く収穫無しの挙句に、迷子になって更に徘徊して・・・・トボトボと元来た道へと引き返すつうのも自転車ならではって思いませんか?歩きだったら洒落に成りませんでしょ!?

でもやっぱ!
決まった所を登るより新たな発見を登りたい!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 激坂探索しても釣れない時もあるんよねえ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月20日 (火)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉光厳寺の激坂ダウンヒル

Cut2012_0316_2346_52

金毘羅登って戸倉登ってからのこの坂
350m斜度12%って所でしょうか?結構厳しい

体調悪いの忘れてます。坂やってると何にも感じなく成るんでしょうか?登って降りてを繰り返して、最後に戸倉のセブンでヨーグルトとバナナを食って、さあ帰ろうなんて思う時、その走り出しが、究極のドンヨリって解りますよね!イテテイテテのどーーーより!で帰りの58km、多摩サイは、決まって強風!向かい風ってメゲますねえ!それもまたずっと漕いでると感じなくなって、自宅に到着して、ヒトッ風呂浴びると、再びドンヨリつうのが、この日の特異点だったです。まあこう言う日も在って良い!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉光厳寺の激坂ダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月19日 (月)

自転車の休日

Photo

週末土日が雨で久々に奥多摩通勤を断念して
自転車の休息日、こういう日の暮らし方が解ら
んのだが?


特殊球技
家でまったりと本を読んだり、DVDを見たりして時を過ごすてえのが出来ない!?何かじっとして居られないてえのは、小学生のレベルである。こう言う日には先ずは特殊球技でもしようじゃないか!といそいそと家を出て、とある駅の特殊球戯場へ。久々の事なので、球技機械も随分様変わりしたような?席に座ってまったりとタバコを燻らせながら、暫し球技に没頭する事僅か20分!なにやら機械が騒がしい!と気がつけば電飾バンバン大賞を掴み取って、その一段落を終えて。(その後空前絶後の大波乱が待っていたは次記事にて)

ネパールカレーの店
時々お世話に成ってるネパールカレーのこのお店に入ってみた。いつものネパール小母さんに注文を済ませて、暫し携帯を見ながら、ネットの検索などをしていると、隣のテーブルの方々の会話が嫌でも耳に入ってくる。狭い店なのである。最初は、それ程気にもして居なかったのだが、自転車がどうのこうの!?ってフレーズに引っ掛かり、失礼とは思いながら聞き耳を立ててしまって、すると何処かで聞いた様な話が飛び込んで来て、アレレ?なんだっけ、誰だっけてえ親近感が?・・・・・・・・あの方??そう言えば!

熱中スタジアム

Cut2012_0318_1657_42

恥ずかしながら小生も出演させて戴いた、熱中スタジアムで自転車の解説者をしていた、某自転車雑誌の編集長のHさんではありませんか!驚きましたねえ!!
Cut2012_0318_1646_31_2
まさか、こんな所で、熱中スタジアムの面々と再会するてえのは、確かに世の中は狭い!話によると、我が家のあるこの街に某自転車雑誌のスタジオがあるんだとか!再び驚きでした。

SEKIYA

Photo_2

ウーム?色々勘案すると、我が家のあるこの街には、こう言う有名な自転車屋さんもあったりして、此処に引っ越して来たのは、都内某工業系大学に近いからで、それも物凄く昔の話でして、その色々な事が、色々と織り成して、何故か小生も自転車バカに成り申したって事かもしれんなあ?・・・・・・ん?まあそう言う事も無いではない?



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年3月18日 (日)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山ダウンヒルの全貌

Cut2012_0317_0003_52

いやあ!この女性シンガーの声が素晴らしい!
しかし激坂は、そうでは無い!?


道がドライであれば、それ程恐ろしく無い坂なんだと思いますが?いや坂も結構厳しい坂だとも思う。それで尚且つ粘土質の坂がウェットって環境なら、難易度急上昇って所です。やっぱMTB領域って言えばその通りなんですが、MTBなら普通の事。普通じゃ無いのが良いと思う天邪鬼には、其れなりに噛み応えがありますよ。勿論!ダウンヒルの方が圧倒的に恐ろしかったなあ!しかしまあ、崖っぷちを這ってる訳じゃないのでMTBさんから見れば、安全な坂って事かも知れません。暇な人がいれば、五日市高校の裏側にありますから、その斜度と悪路を楽しんでみては如何でしょうか?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山ダウンヒルの全貌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月17日 (土)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉光厳寺の激坂

Cut2012_0314_2334_50

戸倉のセブンから見て丁度真正面の斜面
これが前から気になってまして!!


頂上に寺か神社が見えるのですが、結構な斜面なので以前から気になってたんですよ!ココ。ついつい北秋川方面へ行ってしまうので、灯台下暗しでした。まあ素晴らしい斜面と絶賛する程ではありませんがね。其れなりの坂が有ってしかるべしと思ってましたから、その憶測が当たりました!光巌寺の激坂。350mの参道です。そこそこの長さが良いですね!しかし斜度は16%って感じでしょうか?大した事は有りませんが、此処でも疲弊しました(汗)途中の踊り場がGOALかと思いきや、更に右折してその先がありました。右折してからの方が急な感じがしますが、まあ並み坂でしょうかねえ?金毘羅の後でしたから、ちょっとインパクトに欠ける気がしますね。でも真っ直ぐなところは良い坂です。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉光厳寺の激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月16日 (金)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山モガキ002

Cut2012_0312_2329_13

この堂々たるスリットミカさん

皆さん 覚えてますかあ?あの不朽の名作 トリック!!で出て来ましたよねえ!スリット身を隠して人を襲う?だったけ?その名もスリットスリットスリットミカ!!彼女も真っ青な金毘羅の堂々たるスリット!どうですかあ?更に廻りは粘土の牙城でっせ!スリットツルット滑りますっせ!しかも何故かそう寒さ対策で試しに履いて行ったスニーカーが、ペダルと一緒に粘土塗れでペダルよお前もかあって程漕いでて滑るんですから、さあ大変!疲弊するでしょうよ!後輪も前輪もズルズルって遣られたら効きます!そんでも頑張ってるよ。まあこんなもんでしょうけど!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山モガキ002 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月15日 (木)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉小学校の先の良い形の激坂

Cut2012_0312_2232_32

五日市戸倉界隈で発見した美しい激坂

金毘羅山で、悲惨な結果と成ったのは、想定内であったのだが、思った以上に疲弊してるのに、何となく走り足りない?体調不良でも何か食べたいって事であろうか?そんな訳で戸倉界隈を散策してましたら、発見しましたよ!良い顔してる激坂!何処か日の出にそっくりだが、斜度がイマイチですね。って言ってる場合じゃないんですがね。金毘羅で足は売り切れ、今でも不思議な筋肉痛って訳なんですが、そんな状態でも、激坂探索したいのは、読者さんにお会いしたからか?それとも折角片道70kmも走って山まで来たのだから、もっと走って行かないと?てえ貧乏性の性ってもんかね?兎に角、奥多摩の裾野の戸倉で多くのローディーさん達が都民の森へかっ飛ばして行くのを尻目に、日がな坂探し!何となくお腹イッパイに成るまでは、熟れた足に鞭打つ訳であります。ああ!言い遅れましたが、戸倉のセブンでも、前に出会ったローディーさん達の紅一点のうら若きローディ女史にお声を掛けて戴きました。よってそう言う諸々が重なってまだまだ激坂探索が続いたって事でした(爆)


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 戸倉小学校の先の良い形の激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月14日 (水)

成木stage雪のダウンヒル イケさん車載カメラからの映像

Cut2012_0306_2311_51

毎度の事ですがHEROカメラの電池切れでして
イケさんの車載カメラの映像をお借りしました

前記事の秘密は、この記事、イケさんのカメラがしっかりと、御安全走法を見ていたのでした。そう家政婦?自転車海苔は、見ていたん?車載カメラはその一部始終を見ていたのでした。それは此処まで引っ張るんかいてえ程度の走法なのでありますが、遣って見れば目から鱗!そうそうサドルを最下段に下げて、両足をストック代わりにして雪の上をスキー宜しくスイスイっと遣るんですよ!勿論制限速度は10km未満で行きましょう!スピードの出し過ぎは怪我の元!黒糖饅頭の喰い過ぎはデブの元てえ訳ですよ!って何のこっちゃ?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "成木stage雪のダウンヒル イケさん車載カメラからの映像 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月13日 (火)

体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山モガキ001

Cut2012_0312_2247_11

今回の奥多摩通勤程ダメダメは無い!?

元々風張峠の数馬付近で、浅間嶺の登山道を探索する予定だったのだが?先に記した様に府中四谷のセ ブンで偶然、読者さんに遭遇して、気持ち的には非常にエンカレッジされたのだったが、体調イマイチは、そのままで、とは言うものの睦橋まで来てしまったの だから何にもしないで帰るてえのは、据え膳喰わぬは男の恥てえもんでして!?まあ風張峠で数馬まで行くのも億劫だし、近場の坂でも登って帰ろうと思いっていたら何故か?事もあろうに思い描いた激坂は、奥多摩屈指の悪路!粘土質のダートと所々に幅広の排水溝の関門が待ち受ける天王山!挙句のほかに斜度は日の出張りってえ難易度の金毘羅山登山道だ。何でまあ調子悪いのにそんな連想するのかと言うと「近場」だからである。五日市高校の裏をちょっと登れば直ぐに金毘羅山の登山道に着く手軽さが良い?嘗てミヤタ君で覚悟の玉砕を決した因縁の激坂。今回は、例の粘土質のダートが前日の雨で、充分滑りナハレ!!と言っている。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "体調イマイチで気合の入らない時も有る奥多摩 何故か金毘羅山モガキ001"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

成木stage 雪のダウンヒル全貌・・・途中で電池切れ

Cut2012_0306_2256_41

大発見をしたのだぞ!
雪の激坂ダウンヒルの安全な方法だ!


そうか!そうだったんだ!これさえ出来れば、どんなに雪に塗れようと、御安全に下界へ戻れるのである!決して転んだりせずに御安全にね!何度も雪塗れになったから、やっとその方法を体得出来たのである!これは常人には考えられないコロンブスの卵!だがその方法を容易く人に教える訳にはイカンのである。一子相伝北斗の拳なのである。ニャハハ、まあ大方、イケさんの動画(後にリリース)を見れば解っちゃう事ですがsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "成木stage 雪のダウンヒル全貌・・・途中で電池切れ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月12日 (月)

成木stage 雪のアップヒル全貌

Cut2012_0306_2243_02

このGOALポストの寂しさよ!
全く苦労して登った甲斐は微塵も無い成木!

モンヴァントウもゾンコランも,そのGOAL地点は、素晴らしい!景色も人も皆素晴らしい!此処を頑張って登って来た事が誇らしく思えるのに、この成木ってえのは、GOALがこんなだから、もう情けないの一語である。此処でヒルクライムレースをするならば、もっとGOALに威厳を持たせるべきである!自転車乗りは須らく必死で坂を登って来るのだから、その思いに応えるべきなのである。フランス人やイタリア人欧州の自転車乗りが此処を登ってGOALした瞬間・・・・・・・・えええ?何処がGOALなの?って戸惑うに違いない!何処でも彼処でも村興しの自転車レースは悪くは無いが、もし開催したいのならもっとコースを考えるべきなのである!妥協を許さず素晴らしいコースだと言わしめる努力を怠っては成らないのだ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "成木stage 雪のアップヒル全貌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月11日 (日)

気合の入らない時も有る奥多摩 写真集

P1010034

P1010045

P1010036

P1010035

P1010033

P1010030

P1010027

P1010026

P1010029

















府中四谷で読者さんにお会いして
そして金毘羅山リベンジ!イヤ実は元々浅間嶺の筈だった
の筈が返り討ちになっちまった!

今日は、府中四谷のセブンで偶然小生の拙いブログの読者の方から声をお掛け戴き、体調良くなかったのですが、元気を貰った思いで、ドロンドロンと五日市まで走って行く事が出来ました。いや途中で何度か帰ろうと思った位ですから、前日の不摂生が効いてましたわ。しかし、拙いブログですが、こうしてイケさんはじめ、今日の読者の方、そうした方々に支えられ、カミさんに支えられ、それで成り立っているのが解りましたわ!有り難い事ですし、読者の方々の言葉から元気を貰って自転車を続けているんですねえ!にも関わらず!何故か金毘羅山へ向うって何ででしょうねえ?此処は実は奥多摩最難関の激坂でっせ!しかも雨でしとってるこの坂は粘土質ですから更に強度が増してますが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金比羅山登山道で早くも燃料切れ

金比羅山登山道で早くも燃料切れ

一昨日来続いた爆喰いモードにより朝から体調ガタガタ。にも関わらず最初に金比羅山を持って来たのは、少しは戦えるかな?と勘違いしたからだろう(^^;)

体調もしかりだが金比羅山登山道の凄まじさには異次元を感じたわ!粘土で滑るわ、スリットで空転するわ?てんやわんやで御座います。
最後のトドメがペダルが滑る!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? イケさんのGOAL

Cut2012_0306_2224_00

イケさん 何だかとってもカッコいいぞ!!

やっぱ絶対に途中放棄しない人なんですよねえ!彼は必ず最後まで辿り着く、辿り着くまで走る!押して上ってでも辿り着く!これには毎回頭が下がりますよ。もうボロボロで気持ちが折れそうに成ってでも遣って来る。しかもヤニ出しとか言って目的地に着く前にウロウロ消耗やっても、良いですねえ・・・・・それ行きましょう!って言う。相当疲れて居るんだろうけど、愚痴を言わない人なのである。懲りない面々の運命や如何に?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? イケさんのGOAL "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の多摩川

今朝の多摩川

どんよりした雲のお陰で暖かな朝です。次第に雲が切れて来そうですから雲の保温効果は薄れ、寒くなって来るのだろうと思います。山は凍結はどうだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2012年3月10日 (土)

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?途中経過報告って誰に?その弐

Cut2012_0306_2211_11

段々雪が普通じゃないわな!
この車の轍の幅25cmをバランスして走るって?


まさかねえ!これで5連戦全部雪って訳ですよ。今週末の子の権現も雪だったら全滅って事ですねえ!まあ雪・・・・・慣れました!この轍を走るのは、芸が無いと出来ませんよ!何の芸かってシスコのゲイじゃありませんよ!そう綱渡りの芸ですよ。綱渡りって小生のプロジェクトの事じゃありませんよ。ちょっと近いものが有りますが、でも綱渡ってますしねsweat01で何が言いたいかって?単純に登るの大変よ!って事。後輪が雪と傾斜でツルツル滑るもんだから、バランスだけじゃ無くて、ツルツル滑りのエネルギーロスがそそりますとも!でもこう言う感じだと、頂上まで何が何でも行きたく成りますなあ!アザミは言語道断でしたけど、成木なら言語独断!??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?途中経過報告って誰に?その弐 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?高土戸入林道ダウンヒル

P1010040

良い色してますねえ青い路面が美しい!
石コロが何か良い感じで砕けてるのも
山岳っぽくて良い!


良い事ずくめのこの林道ななおだが、ダウンヒルは玉に効く!独身者は、お勧め出来ない林道であろう!洋ナシの我らは、どうでも良いのだが、ワセリンの量を多めにせんと帰りの多摩サイですら辛いってえ事に成るのである。あの痛みは味わった者でなければ解るまい!!アチチアチチと残り50kmは、最早修行って事だろう。かくして、もうダートはよそうと思うのだがついつい癖に成ってしまう、得体の知れない魅力があのドロンコ道には備わって魅力的なのである。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?高土戸入林道ダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 9日 (金)

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 小作の渡し で遊んでイイトモ!

Cut2012_0304_2011_32

小作の私!
が小作の渡しを自転車で渡っていますの図!!

もういい加減にしますとも、先は長いですしねえ!って言っても奥多摩街道ただ走ってるつうのも面白く無いじゃないですか!ですから色々と道草の勧めって本が生まれるんですよ!やっぱり其処の坂目掛けて一直線つうのは、どーーーもね?つう訳で概ねヤニ出しとかウォームアップとかに託けて、実に言い訳創ってるってこってすよ。何の言い訳ってか?そんな事聞いてどないすんのよ??しかし此処がねえ!時代の証をこんな橋の下で見ると言うのはリアリティーあるが風情は無いですねえ!坂・・・ですかあ普通の坂っす!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 小作の渡し で遊んでイイトモ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?途中経過報告って誰に?その壱

Cut2012_0305_2148_15

雪の成木を登っているところなんですが
滑りまくって時々ハンディーカメラで!


イケさんも小生もマイペースなので、途切れて誰も居ない成木って案配ですので、時々何かで遊びたく成るもんですよね。勿論メットの鉄片にはHERO魚眼カメラが鎮座してるんですが、これだと音声がイマイチなので、こうして雪原を押し歩いて体を鍛えてるって(嘘)事じゃあなくて、時には音声も入れとこうかなあって気に成って途中経過の報告って事なんですが、雪原を走る車の轍の幅25cmがヒルクライム路幅なのであるからして、後輪のスリップと雪の抵抗に加えて、25cmの無言の圧力!バランス問題ですが、斜度とバランスと二律背反って思うのは小生だけかしら?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?途中経過報告って誰に?その壱 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 8日 (木)

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 高土戸入林道

P1010041

成木街道から高土戸入林道へ
初めての林道は胸踊る


最近は、発見する林道の多くがダートであるのだが、このダートが結構良い!何が良いかと言うと、特に自転車の後輪がドロや土に潜る!これが思いの外足に効く!まあ大リーグ養成ギブス(古)って程じゃないのですが、兎に角ハムも熟れちゃう!パンクの危険は常の事ではあるのだが、同じヒルクライムでも、汗みどろ感が全然違うって思うのだが、それならMTBでしょ!とは成らない厄介な性格なのである(汗)天邪鬼つうのでも無いのだがね?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 高土戸入林道 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 多摩川の激坂遊びオッサン!?

Cut2012_0304_1946_28

勿論!大真面目ですとも!!
遊びに真面目どっかで聞いたフレーズ
を微かに思い出す

まあ、ええじゃないですか!若気の至りつうのは、何処の国でもこんなもんでしょ?ん?お前らだけだって?いいや特にイギリス行ってみなはれ、右も左も変人ばっかでっせ!あそこは良い国ですなあ!オッサン天国えげれす!??ああここは日本だもんなあ!遠目にちらっとオバサン、オッサンがしかめっ面してご覧に成ってた様な?記憶の彼方にですがね。坂は見境無く!歳甲斐無く、本能の赴くままに登るものなのである!!イケさんも良いキャラしてますなあ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!? 多摩川の激坂遊びオッサン!? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 7日 (水)

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?青梅坂のトンネルに迷い込む二人?

Cut2012_0306_2200_08

この林道が何処へ行くのかも解らずに
道路下では消防車がサイレンを鳴らして通り過ぎる


全く暢気なオッサン達である。実は成木街道の激坂探索で、脇道に反れてみたのですが、どうも様子が可笑しい?嫌な予感がする・・・・ほーーーら!消防車が下の道をサイレン鳴らして走ってるじゃないですか!消防車を見届けながら、そして更に進んで行くと、其処に現れたものは?そして更に有らぬ方向へ進んで崖を降りると待っていたモノは?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?青梅坂のトンネルに迷い込む二人? "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

成木Stage 行ってみよ!? 写真集 その弐

P1010037

P1010036

P1010038

P1010041

P1010039

P1010045

P1010046

P1010049

P1010040
































雪景色が成木の状態でジャリ道が高土戸林道の顔である。両者共に
なかなか心地よい!両者共に後輪が地面や雪に潜ってしまう為に余
計に消耗出来るのが素晴らしい。だが連続攻撃は、結構効きますな!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 6日 (火)

何故か鎌倉 銭洗い弁天界隈の散策

Cut2012_0228_1301_54

鎌倉の山間部を走ってますが何処?

何度も言いますが、鎌倉ってえのは、迷路だわ。此処に政権が置かれて国家の中枢だったてえのが俄かに信じられんが、当時の首都つうのはこの程度だろうよなあ!しかし入り組んだ界隈を散策するのは楽しいが、現在位置が解らんつうのも、其れなりに楽しい!押し迫る時間に追い掛けられながら、ダンジョンを楽しんで、ランドマークの銭洗い坂を再度発見し、それを降って全然方向が違う、報国寺へ向いますが、ちょいと薄暗く成りつつあって、急いでいるのに? 何で鎌倉の信号って長いんやあ!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "何故か鎌倉 銭洗い弁天界隈の散策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 5日 (月)

何故か鎌倉 ああ間違って!民家の激坂だったですわ

Cut2012_0228_1232_00

実は此処が何処だか解りませんがsweat01
こんな美しい坂、登らにゃイカン!なのだが?


いやはや驚きましたわ!民家でした。こんな豪華なアプローチ坂のある民家てえのは初めてです。まさか民家だとは思いもしませんでしたが、画像を見れば門構えもあって確かに民家ですよおって言ってますねえ!あらら不法侵入って事じゃあないでしょうか?鎌倉恐るべしって実感しましたよ!坂は確かに美しい創りですが、銭洗い弁天とあまり変わらない斜度でした。残念!時にこう言う事もありますので、民家の方とバッタリ鉢合わせしてしまったら坂の美しさについて熱く語りましょう!不法侵入の咎は免れるかもですsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "何故か鎌倉 ああ間違って!民家の激坂だったですわ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 4日 (日)

2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?多摩川で出会った驚くべき自転車!!

Cut2012_0304_1815_47

雪の成木、新発見の高土戸入林道を味わっての
多摩川の帰りに出会った白金の凄いヤツ!!

1981年製造の片倉自転車工業(片倉自転車工業(かたくらじてんしゃこうぎょう)はかつて存在した自転車およびオートバイの製造メーカーである。片倉工業は、絹糸紡績では一大企業であったが、戦後の不況から1954年片倉自転車工業を設立し、東京都福生市の工場で自転車およびオートバイの製造を開始した。こう言う絹屋さんが発起して製造した自転車「シルク キャンピング」正に燻し銀の装いも新たに多摩川を堂々たる走りっぷりである。その姿に甚く感銘して、お声を掛けさせて戴き、拘りの一品を見た!!古きものを大切にする事は、粋である!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "2012/03/03 成木Stage 行ってみよ!?多摩川で出会った驚くべき自転車!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

何故か鎌倉 銭洗い弁天の激坂マッタリ

Cut2012_0228_1207_29

散々迷って銭洗い弁天
ここ迷う方が可笑しいのが後で解ったよsweat01


時々、この坂の事を耳にする事がありましたが、登るのは初めてです。登って見た感想は普通の坂って感じですが、実は難易度は結構高い!特に撮影ダウンヒル時は怖いかも。登っている時の難関は、勿論、観光客の皆さんでしょう。事故の無い様に超スロークライミング必須ですね。前を塞いでしまわれたので、超超スローで耐えるのが面白いですわ。勿論、いつでもストップ出来る心積もりですよ。この坂も15%って程度じゃなくて30%前後なら楽しみなんですが、そうなると爺さん、婆さんが参拝出来ませんもんねえ!!まあ、普通の坂を重武装して楽しんだって事でしょうか!?ママチャリで充分登れる坂でした。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "何故か鎌倉 銭洗い弁天の激坂マッタリ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 3日 (土)

成木Stage 行ってみよ!? 写真集 その壱

P1010024

P1010027_2

P1010022

P1010030

P1010042

P1010029

 












今回のターゲットは成木STAGEなんですがね。


冬ですから、それも雪降ったばかりですからね!推して知るべしって事かも知れんしね。でも行くからにはGOAL地点まで行きたいもんですがね!?と言う前にいつもの様にしなくていい事沢山しちゃう訳ですね!体力温存ですかあ?・・・・・考えてマセーーーンsweat01
写真は、概ね吉野街道手前の多摩川周辺で出会ったものですが、どうしても登れない坂がまた!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高土戸入林道たかっといり

高土戸入林道たかっといり

高土戸入林道ってたかっといりって読むらしいのだがなかなか良さそうだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

何故か鎌倉 リベンジ報国時 遊んでますが何か?

Cut2012_0227_2120_02

いささか忸怩もあるのだが?
流石にお散歩ママチャリじゃあ荷が重い!

鎌倉の中心街からちと外れた所に報国寺あり。その先に稀に見る激の坂ありと人の言う。実にこれが二度目の訪問なのである。昨年、オットリ刀で、ここを訪れて全くもって歯が立たず。無様にここから敗走したので御座います。いつかリベンジしたいとは思って居たのですが、なかなかその機会が訪れず。小用ついでに再びこの坂に挑む事となりました。しかし、再びまた駅前の整備の良くないレンタルママチャリだと返り討ちは必定!故にちょっとまともな自転車屋さんを見つけて、入って見ればレンタルMTBを扱ってるとの事で、早々お借りして、先ずは銭洗い弁天辺りで遊んでから、報国寺リベンジてえ事で、日の暮れる前にさっさと片付けよう!と相成りました。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "何故か鎌倉 リベンジ報国時 遊んでますが何か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の多摩川

今朝の多摩川

待ち合わせに遅刻しそうで自宅から25(^^;)で爆走(^^;)して今、多摩川だが、汗がポタポタだ。今日は暖かいわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 2日 (金)

南秋川の激坂探索 本宿のフカフカ激坂グリップしませんわ!

Cut2012_0223_2152_54

本宿のここは遊べそうです!!

橋を渡って対岸の細道は、思った以上に続いているのが解るのですが、落ち葉の層が異常に深いので、自転車走行が大変な所でして、それが意外と面白そうだったのですが、時間の関係でちょっとカジッテ止めてしまった所です。しかし良く見てみれば遊ぶには面白そうです。ダートもそうですが、走るのが大変って所は、重い走りを強いられますので、それが結構楽しかったりしますよね!パンクレスタイヤがあれば、ガンガン行きたいものですわ。最悪担ぎもありですがね。それも良い運動になりますよ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "南秋川の激坂探索 本宿のフカフカ激坂グリップしませんわ! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年3月 1日 (木)

とうとう自転車海苔に成り申した!??

F1010705

ああとうとうこうせざるを得なく成っちまったsweat02

この異常な乾燥状態のお陰で、既に2年目に入る乾燥肌状態が、大幅に悪化の一途を辿っているのですよ。一時は乾燥肌テリトリーが足の指周りだけに成るまで追い込んでいたのですが、乾燥が進むに連れて一進一退を繰り返し、とうとう乾燥肌テリトリーが体の60%を占めるに至り、全面戦争を仕掛ける事と相成った!このままでは痒みの睡眠不足で、更に禿る!!その危機感から、ママチャリダーとして、踏み出しては成らない最後の一線を越える覚悟と同時に、即時抗戦を開始して、およよこんなはしたない佇まいと成り申した。最近、この橋を何度も何度も何度も踏み躙った皺寄せが来たのであろう!

Cut2012_0301_1241_36
北秋川藤原の除毛橋(よけばし)

Cut2012_0301_1301_12

 

此処は奥多摩北秋川ローディーさんなら誰でも知っている聖なるローディー様御用達の橋!此処まで光速!で走って来て帰る人も、此処を通過して苦行を楽しむ人も押し並べてこの橋にお世話に成っている事でしょう!そうです除毛せにゃイカンのですよ。もう何年もこの掟を無視して来ましたからねえsweat01という訳で(何のコッチャ?)、とうとう除毛しちゃったので御座います。体毛があると軟膏薬が良く塗れませんからねえsweat01

※しかし除毛つうのは難しいモンジャ!正に血だらけだわなあ!ローディーさん達はどうしてるんやろうなあ??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

南秋川の激坂探索 市道山登山道

Cut2012_0223_2032_36

笹平の天光寺脇から市道山へと続く登山道を行くが?

笹平で見た不動明王の寺と言うのが気になって!つまり寺=激坂の方程式が目に浮かぶ訳でして、行ってみたら驚いた!!もうおったたまげたんですよ。この天光寺!これが凄い出来て7年しか経っていない若い寺なんですが、修験道の寺?ちと違うかも知れませんが、修行の場なのでありまして、ご本尊を拝見したいとお願いしましたら、快く招き入れてくれまして、実はそこからが凄かった!扉を開けると、修行者の方が集まってこられて正座で、ようこそいらっしゃいました!と皆さんでご挨拶!更に当主が本尊を案内して呉れまして、お線香をともしてお参りまでさせて戴きました。この寺の脇から市道山へと続く登山道を探索しましたが、斜度がイマイチで、SAKABAKA向きではありませんでした。まあこう言う事はしょっちゅうです。ですが最後まで雪もあって走ってませんので、まだ可能性は残ってますので、再度探索したいと思っています。概ね林道の最後が斜度ありますからねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "南秋川の激坂探索 市道山登山道 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »