« 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 梅乃木峠アップヒルの全貌 | トップページ | 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道ダウンヒル »

2011年12月16日 (金)

ママチャクライマーズクラブの精鋭達でさえ登れなかった都内最難関の激坂挑戦者求む!

F1010631

東京都大田区中央6丁目5番地の超難関坂
挑戦者求む!


ママチャクライマーズクラブの精鋭達でさえ、この坂を攻略する事が出来なかった難関中の難関坂の1つである(因みに、他に2つ同等レベルの坂が馬込に存在する)写真に見られる坂の8割が、アプローチ坂で、斜度は29%レベル、長さが40m前後だろうと思われる

F1010629

本道は、この電信柱から先である。本道斜度は40%超、距離は僅か10m一見勢いで登れそうなSPECであるが、この坂を難関中の難関たらしめているのが、電信柱の存在だ!

Cut2011_1216_1631_45_2

この電線マンをクリアして直ぐに40%領域へ突入ってえのが、本激坂の最大の難関ポイントである。今まで最高レベルは、本道半ばで撃沈。電柱を上手く交わしたまでは良かったのだが、一気に40%エリア突入でウィリー、バランス崩して玉砕(涙) 以来この激坂に挑んだ者は、きっと居ないだろう。

F1010632_2

本道を頂上から撮影したものです。斜度の恐ろしさが、嬉しいじゃないですか!まあ、その内、制覇出来るとは思いますが、怪我しない様に登らんとなあ!もしココに挑みたい方がいましたら、自己責任でお願いいたします。では、以下に入り口の写真を掲載します。

F1010630

多分、この坂は私道だと思われるのであるが、殆ど人の往来は無い。時々頂上に住む爺さんが、ジャージ着て降りて来る程度、ご近所さんを見かけたら、必ず坂を誉める事をお忘れなく!挨拶ひとつで不法侵入から免れるのである。素晴らしい坂ですねえ!大変な坂ですねえ、凄い坂を登るのが趣味なんですよ・・・・で行こう


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


|

« 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 梅乃木峠アップヒルの全貌 | トップページ | 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道ダウンヒル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ママチャクライマーズクラブの精鋭達でさえ登れなかった都内最難関の激坂挑戦者求む!:

« 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 梅乃木峠アップヒルの全貌 | トップページ | 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道ダウンヒル »