« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の超新星30%超

Cut2011_1225_1429_13

この顔は滅多に見る事が出来ません!
自転車に乗ったまま坂を降りる事が出来ません


嘗て元郷に来た時には無かった激坂です。真っ白な真新しい坂、それも最近見た事も無い様な顔つきですよ!私道でしょうから、登るには許可が要る訳で、次回は隣に住んでるオバちゃんから、持ち主を聞き出して、許可を貰って登る積りです。何故?また同じ坂を?と思われるでしょう!?実は最難関の登攀ルートを登って見たいからであります。その最大斜度たるや50%!!極めて短い距離ながら50%は、何処へ飛ぶか解りません。仮に越えたとしても、その先は30%20mが待ってますから、ふら付いたらアウトでしょう!路面はギザギザのスリットで、転ぶと刺さります。登攀確率40%かな?負けが勝りますなあsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の超新星30%超 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月30日 (金)

Revival


この子最高だね!!

本物を超えちゃうカバー発見!!サイモン&ガーファンクルのLP全部持ってる隠れSGファンとしては、彼女のカバー本物よりいいかも?
兎に角、上手く歌おうとして居ない所が最高に素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の激坂ダウンヒル全貌

Cut2011_1225_1412_54

もう最初から解ってた事ですがね
この分岐!!白鬼の住処家ですよ!


元郷の激坂を登っている間に、既にその存在に驚きました。ただターゲットが先ずは元郷激坂でしたから、途中で分岐へ向う事は出来ませんので、ダウンヒルの途中でアタックしようと思っていました。遠目から見ても斜度30は確実でしたから、イケさんにお待ち戴いて禁を破って白鬼の住処へ吸い寄せられる様に登って行ったのです。登攀模様は次記事にてご紹介致しますが、最近出来た坂で複数の登攀ルートを有し、最大斜度は50%に達する事でしょう!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の激坂ダウンヒル全貌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月29日 (木)

新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の激坂

Cut2011_1225_1357_11

此処が問題なく登れれば風張林道きのこはOK!!

ミニ日の出って感じの潔い直線激坂です。裾野からだと2km近くあるかも知れません。神社前からが本格的なスリット激坂で、斜度20%前後だろうと思います。其処かしこにお休みポイント満載ですから練習には良いかも知れません。何度か登って直登を掴むって事でしょうか?休まずに真っ直ぐに登ると、なかなか歯応えがあると思います。ママチャリだとミヤタ君でギリギリでしょうかねえ?我らのイケさんは、此処で風張林道 きのこ の練習です。上手く休みを重ねて、勿論!1発ツモでした。頂上手前で疲れた辺りが最大斜度ってえ喜ばしい構造まで日の出ですねsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷の激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月28日 (水)

新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷手前のスリット坂

Cut2011_1225_1343_11

風張林道きのこ は和田とは比べ物に成らんし!?

このヤニ出し行為は、結構走りに影響力あると思いますねえ。まあ普通のウォーミングアップではありますが、遣り過ぎたら坂の難易度上がるので良し!適度なら坂を気持ち良く登れるから良し!何もしないと体が動かず勿体無い!と言う訳でターゲットを前にしておく塚の激坂を登る事が、我らの仕来りと成りました。最近は、ヤニ出しすると体がスッキリして軽くなる感じがします。皆さんも如何でしょうか?勿論!タバコ吸う人は必須です!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "新人イケちゃんの風張林道 ヤニ出し 元郷手前のスリット坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月27日 (火)

新人イケちゃんの風張林道 北秋川の元郷エリアの在り様 坂ばっかり!?

Cut2011_1225_1443_00

檜原村役場前の本宿交差点を右折する人は少ない
しかしこの北秋川斜面が実は奥多摩
最多の激坂エリア!?


このエリアの探索は概ね完了していますが、ダートを含めるとまだ結構な激坂が潜んでいる可能性が高いと思われます。実は北秋川の生活可能斜面奥行きがほぼ2km。ですから坂の最大距離も2kmだと思いこんで居ますが、山に向ってまだまだ奥の細道が繋がっている可能性は充分あるのです。この中には30前後の坂が存在する可能性を秘めていると推察しています。幻の30,40もきっと居るかも知れませんね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "新人イケちゃんの風張林道 北秋川の元郷エリアの在り様 坂ばっかり!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月26日 (月)

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田GOAL

Cut2011_1222_1710_53

全く苦悶の影も無く淡々とした和田制覇の図
拍子抜けする閑散とした和田もまた驚きです


スロークライミングと意識逸らしを実践して、見事に和田を制覇したスーパー読者のイケさん、此処まですんなりと初和田GOALして良いのかねえ?小生の時には、何度も返り討ちにあって、やっとの思いで頂上に辿り着いた時には、雄叫びを上げたのを覚えています。しかしイケさんはどうか?と言うとずーーーと淡々と、何の苦悶も無く全工程を完了しちゃいました。まだまだ余裕有りそうでしたので、勿論!和田をそのまま降りずに、醍醐林道を暫し登って、長谷恒コースのニニク沢林道へ向いましょう!そこで待ち受けていたものは?好事魔多し!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田GOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月25日 (日)

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その後の整理運動001醍醐林道

Cut2011_1222_1746_26

和田 後 醍醐 そして!?
醍醐林道の方が和田より高いのよ!

まだまだ余裕のイケさんをお連れして、醍醐林道を登って行きました。実は一度行って見たかった醍醐林道の途中で分岐するニニク沢林道へ向っています。ニニク沢林道は、長谷恒カップのコースにも成っている事もあり、いつか登ってみたいと思っていましたが、到着してみるとダートでした(次回記事)、ついでにその手前で三ツ沢林道を発見しました。この林道は、陣馬街道と醍醐林道を繋いでいると考えられますが、未だ走ってはいません。陣馬街道にも、醍醐林道にも三ツ沢林道の看板があるので、多分繋がっていると想定されるのです。次回は登ってみたいと思っていますがダートです。と言う訳で何を考えていたかと言うと、ラス1坂を物色していたのです。結果、ニニク沢を登ってみる事にしました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その後の整理運動001醍醐林道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田004

Cut2011_1222_1649_50

待ちかねた大Rがすぐそこです
空が低くなりましたこれがGOALの気配です


初めての和田、片手で撮影しつつ喋りっぱなしが続きますが、実は全く気にならなく成りました。意識を逸らすとは、こう言う事なのか?と実感しつつ、楽しくモガかずにジワジワとGOALに近付いているのがわかります。此処まで来ると、最早勝利はほぼ確定!足吊りやスリップ、行き交う車やバイクが心配の種ですが、慎重に走って行けば、それも問題ないでしょう。二人で前後注意を払って走って行きますよ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田004 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月24日 (土)

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事その後のににく沢林道で何があった??

Cut2011_1219_2250_25

アタックの後には必ずラスト1の坂を入れるべし!

といつも思っている。最近のヤニ出しも、ラスト1もダートが多くなったと思う。パンクの危険はあるものの、ダートのドロドロってかなり足に効くのが解ったから、ラス1とヤニ出し坂はダートが良さそうだ!アタックの前に矢に出しウォームアップは、冬のアタックには、欠かせない。体が温まらなければ、良い走りは不可能だし、ラス1やると、限界っぽい領域に行った感じがして精神的にリッチになれるから続けるのだ。勿論、帰宅後はアミノ酸摂取は欠かせない。心地よく坂を登るには、僅かな追加努力が必要なのである。

そう言う思いで、長谷恒カップのコースであるニニク沢に入ったが、これがドンピシャ!こんな事に成るなんて・・・・そしてその後もまた???


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事その後のににく沢林道で何があった?? "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田003

Cut2011_1219_2321_42

R№41 1.6km地点を余裕で通過しています
このぶんだと90%完走出来るでしょう!


やっぱり少しずつ休みを蓄積する=破壊と再生のバランスを取りながら登って行くのが、斜度のあまり高くない坂には有効だと理解しました。ただし30%前後のエリアでは、この理論は全く通じないのは、日の出が証明してくれました。和田や風張林道クラスならスロークライミングで、頂上を狙う事は充分可能だろうと思うのである。しかし遠い先には、速さって概念も受け入れなければ成らないのだろうなあ?高速坂でのエネルギー循環は、また違った要素が有る様な気がしますよね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田003"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新人イケちゃんの風張林道初アタック&ヤニ出しでゲットした激坂

Photo

1発目
北秋川元郷散策で見つけた苔々激坂だけど?


大した坂じゃあありませんが、路面の苔と地割れの具合が芸術的なので、最初のヤニ出しで登ってみましたが??です。実は元郷の激坂に行く途中で間違えて此処に来たのですが元郷まで斜面沿いに繋がって無かったので、再び205号元来た道に戻ってますがなにか?

Photo_2

2初目
元郷手前のスリット坂


普通の坂です。最大で23%程度ですが、ウォームアップとヤニ出しには、適度な坂ですね。この辺りの斜面は、何処もそこそこの斜度がありますので、探せば凄いのが居そうですが?・・・実は30超える真新しい新坂を元郷で発見しちまったのです。NEXTへ

Photo_3

3発目
下元郷の直線激坂24%300m


この坂は、掛け値無しで素晴らしいです。ずっと直線てえのが日の出レベルでそられますねえ!ママチャリで登ると日の出以上の激坂度ですね。神社前から激坂がスタートして激震部は300ありますので、食べ応えありますぞ!!

Cut2011_1223_2344_37

4発目
下元郷の激坂から分岐した新坂30%超


美味です。掛け値無しで美味しい!元郷の激坂を食してから、速攻でこの激坂を食しましたので、最後の30エリアで、足がよれちまったのは秘密です(汗) 勿論!SAKABAKAですから足よれしても立て直しますともsweat01(時と場合に寄るがね?)この坂はどう見ても私道ですから、合言葉を必ずね!・・・・素晴らしい坂ですねえ!短坂ですから、元郷激坂とセットメニューで召し上がれ!

Photo_4

5発目、6発目
ご存知!奥多摩4位 風張林道きのこ


きのこセンターまでの最後の直線が、まあまあ良い坂です。数年前は奥多摩最強でしたが、最近多くの新坂を発見してしまった為にランキングも危うい状態ですが、2本連チャンで登れば話は別ですよ。お腹イッパイです。
12月23日
和田を余裕で征してしまったスーパー読者のイケさんの、今度は風張林道アタック成るか?がテーマでしたが、残雪ありーの、霜ありーので、午後3時の時点で、奥多摩周遊路まで登攀するのを諦めました。イケさんなら、多分最後まで登れただろうと思いましたが、帰りの路面凍結を考慮して、きのこセンターまでの登攀に強制転換しちゃいました。次回は、春以降になるでしょうが、楽しみにしてて下さい!
ところでまたまたHERO魚眼カメラがやって呉れましたよ。撮影中の突然ダンマリ!はい折角のイケさんのアタック模様が、チョチョ切れてます(残念)、で仕方なく2度目の登攀って事に成り申した。これは結構良いかも知れませんよ!?時間があればね!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月23日 (金)

カメラ不調で風張林道きのこ二本

カメラ不調で風張林道きのこ二本


またもややって呉れました。ヒーロー魚眼カメラ様!風張林道1本目途中でカメラ停止した模様!?

仕方なく風張林道きのこ2本目涙登りましたともああ疲れますたよ!

これから帰宅して掃除、洗濯が待っている。明日はベルギー様がご帰還だあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

スーパー読者イケちゃんが風張へ

スーパー読者イケちゃんが風張へ

和田、下元郷に続き風張林道にまでテリトリを拡大したイケちゃん!
さて風張林道は如何に?
でも凍結時間の制約でキノコまでだから大丈夫か?イザ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

下元郷の超激坂をイケさんクリア

下元郷の超激坂をイケさんクリア

イヤハヤ超読者のイケさんには驚きましたよ!
この坂は日の出以上ですよ!良く登れましたねえ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田002

Cut2011_1219_1707_57

全く力まずに淡々と?ガヤガヤと登ってます

R№33地点を余裕を持って通過しました。まだ半分以上残っていますし、激震部もこれからですから、Σrest(休憩開腹を蓄積)して行きますよ!走りながらの僅かな休憩の蓄積と会話の継続で、坂意識をそらしつつ、確実に登って行ってますね。兎に角、先ずはちゃんと登る所から始めて、速さの概念を導入するのは、ずーーと先の話ですよ。我ら素人ヒルクライマーの目標は、あらゆる坂を気持ち良く登れる様に成るってえ事ですから!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田002"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その前にヤニ出し002骨鞍林道

Cut2011_1218_0809_57

和田峠の直ぐ傍で発見した骨鞍林道
ダートの激坂ってそそるわ!


ボーイスカウトの森が不発だったので、今回は期待しちゃいますよ!骨鞍林道。和田行く途中に看板出てるので、直ぐに解りますが、此処に入って行くアフォは、いねえだろうなあ!?でもまあ恒例のヤニ出しだから、ちったあ汗掻いとかんとな!坂気持ち良く登れんだろ。掻き過ぎるとまたイカンのですが、坂登る時には、其れなりに足殺して置かんとなあと思うのは俺だけか?何の科学的根拠も無いのだが、そうする事で、ちったあマシな走りが出来るんじゃねえかって勝手に思って、そうしてるだけなんだが、一向に満足な走りに成らんのは、何故か?なまっちょろいって事だわなあ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その前にヤニ出し002骨鞍林道 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月22日 (木)

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道 ダウンヒル全貌

Cut2011_1219_1307_56

日の出山ダウンヒルの全貌

この季節これが最後の日の出山かも知れんなあ!以降は雪や霜で、この登山道を自転車で登ったり降りたりするのは、難しくなるだろう。雪の日の出山登攀てえのも、いつか遣ってみたいものではあるが、この斜度だとかなり危険が伴うだろうなあ?富士あざみラインなんかは、斜度も穏やかだし、雪もそこそこ積もってるので逆に走って走れない事も無いのだが、日の出は、ヤバイだろうなあ!と言う訳で、今年最後の日の出登攀と致します。来年こそ、あの12%30mの意味を確かめたいものである。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道 ダウンヒル全貌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月21日 (水)

懲りない面々の2度と登りたくない極寒の激坂ってこれ!?よ!

Cut2011_1221_1808_53

流石に躊躇する山王
Super dangerous slope 50%


坂の全容を記載するのが憚られる坂なんですが、至ってシンプル真っ直ぐ50%を乗り越えると、直角に曲がってまたまた50%。距離と言うより長さ30m平均斜度50%解り易い坂ですねえ。1段目ですら登れませんでしたが、その理由は唯ひとつ
怖えーーーーーからに決まっとるでしょしかし攻略法は無いではない、1段目のウィリーを制御出来れば、踊り場に出るので、2段目アタックまでに休める場所がある。1段目と2段目は、ほぼ同一スペックなので、1段目が登れたなら同じバランスとパワーで行ける可能性が、ちょっとあるわなsweat01まあ、プロテクター着けないとヤバイかもよ?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "懲りない面々の2度と登りたくない極寒の激坂ってこれ!?よ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その前にヤニ出し001ボーイスカウトの森

Cut2011_1218_0749_57

毎度のヤニ出し
明王林道探索の積りで分け入ったのだが!?


最近、ダートが意外に気に入ってます。パンクの確率は鰻上りで高くなるのですがね、あのドロドロのタイヤが沈み、更に後輪がスリップするダート道。これがなかなか良いのですよ。和田界隈には、まだまだ木材運搬用の林道が多数存在し、中にはドロドロにも関わらず15%を超える斜度の道もあったりで、通常のヒルクライムの2倍近いエネルギー消費量に感じられるのが良い!現に帰宅後の疲弊度は、通常の道に較べて断トツに高い!これで少しは痩せるっしょ!しかしこのボーイスカウトの森はアカンわ!無理よ無理無理!でも面白いわ。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 その前にヤニ出し001ボーイスカウトの森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田001

Cut2011_1218_0830_43

自転車始めて半年のスパー読者イケさんの初和田
テーマ:始めての和田を楽しく、モガかず、ゆっくりと
     足付き無しで登る事

今回、初めて和田を登る方々に参考に成るか解りませんが、出来るだけモガかず、走りながらの休憩を多用して、余裕を持って和田に登る為に、2つの試行を行った。

■試行1:スロークライミングで走りながら休む
   これは、多少の危険が伴う試行である。時速4,5km歩く早さを最後まで維持し多くの
  Rや休憩ポイントで走りながらの休みを重ねて、エネルギー消耗を押さえ込む。多少の
  危険とは、走行ラインをR休憩可能なラインに適宜変更する為、歩行者、バイク、車の
  往来を常に監視して、サポーターが適宜安全を指示する必要がある。

■試行2:坂の苦しさから意識を逸らす
  坂に意識が集中すると、次第に襲ってくる激坂を前に、恐怖、絶望、不安を感じ、それに
  よって筋肉の緊張を生じしめ、柔らかい走りが出来なくなってしまう事を回避するために
  常に楽しく会話する事で坂から意識を逸らす試みである。常に安全を確認しつつ、ずっと
  話しかける作業を繰り返した。

被験者である読者のイケさんは、先週からスロークライミングを開始しており西の入り林道で、劇的な進歩があった。日の出は勿論、比較対象である梅乃木峠では、前回は中盤戦で玉砕したが、スロークライミングにより、先週余裕を持って登攀成功の実績がある。今回は、初和田であり、梅乃木、日の出の中盤よりも強度が高いと想定する故に。登攀成功期待値は60%程度であったが、結果は相当な余裕を維持しての完走となり、上記試行に効果が認められた。だが、そのまま日の出激震部にそれが適応可能か?と言われれば、それは難しいだろう。あの12%30mを如何に使うかが大命題であろう!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mission 初めての和田をモガかず楽しくゆっくりと足付き無しで登る事 イケちゃんの初和田001 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月20日 (火)

坂に登れないのは自分のせいなんだが?この性能差に憧れる!


この動画を見ていると
その走りに憧れるんだよなあ!でも!?

坂に登れないのを、自転車のせいにするのは、間違いだと思う。でも最近、毎週奥多摩通いをしていてつくづく思う事は、自転車の性能差。この動画の時だって、ピナレロに追い付くには、思いっきりペダルを漕がないと成りません。帰りの多摩サイでも、ビュンビュンロードバイクの方々に抜かれるのですが、彼らの後姿は、軽やかです。何であんなに軽やかに漕いでるのに、あんなに速いんだろう。直江津行く時の上越バイパスでご一緒した高円寺にお住まいの方もそうだった。あの軽やかな走りに全く付いて行けないもどかしさ。R/2だったのに、全く速度が違う!追い付けない。やっぱりロードバイクって偉大な乗り物なんだと最近富みに思う様になった。実は喉から手が出る位欲しい!休憩ダンシングつうのをやって見て、あの激坂を余裕で登ってみたいのです。ビンディングしてハムを存分に活用してみたい!でも?それじゃあ今まで、何でママチャリに拘って来たのか?それを否定すると、今までの全てが否定される様で、踏み切れない。だからこう思う

ああ!ヤッパリ自転車じゃなくて
自分自身の問題なんだな!

くそうやっぱり忌々しい!
後僅か100mの永遠!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 ヤニ出し002

Cut2011_1213_1614_43

読者のイケさんにヤニ出し強要してどーするよ?

ついついいつもの癖で、禁煙読者のイケさんに2度目のヤニ出し強要してどーーする!?って事でありますが、まあ別の名をウォームアップとも言うし、適当な坂で、汗掻いておかないと、本番で充分なパフォーマンスの発揮は出来ませんから、お付き合い戴きました。と言ってもその前にもチョイ坂で、更に西の入り林道で、充分ヤニ出し出来てるんですわ。坂の探索兼ねてね。次が奥多摩最強の日の出山登山道ですから、しっかりとウォームアップしとかないと、あそこじゃあ戦えないでしょ。坂での足の具合とか確かめたりして、何処かで安心材料を探すのですが、見当たりませんでしたわ。イケさんは、坂の登り方お教えしたので、格段にパフォーマンスが上がっちゃいました。でも坂登りのセオリーも日の出に対して無力でしょうなあsweat01 最初から頂上決戦つうのは、良いですよね!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 ヤニ出し002 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月19日 (月)

日の出山登山道全貌 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道の不覚

Cut2011_1215_1346_38

日の出山 登山道の全貌
此処をスッキリと登れなくては!!


イマイチなんですよねえ!最後の200mまでのエネルギー配分と、最後の粘りが課題ですねえ。もうママチャリだとか、ギア比が!とかとか自転車条件のエクスキューズに意味は無い。掛かる全ては己にあり。故に最大の問題である最後の粘りを体得しないと、スッキリと普通に登れないとSAKABAKAじゃあありませんよね。来年は、日の出、小岩、ラピュタ、御岳、鳥居の5強を1日で制覇したいと思っているのだが?今の粘りじゃあ全くダメだもんなあ!登りながら意識を坂から逸らして見るのも面白いかも知れません。限界領域だと体の在り様だけじゃなく、心の在り様が問われるのだろうと思います。月1000km走るのは当然ですが、最後のモガキをどうするか?此処がこれからの課題だろうなあ!ママチャリである事のハンディーとかエクスキューズを捨てにゃあ成るまい!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "日の出山登山道全貌 全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道の不覚 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 ヤニ出し001

Cut2011_1213_2242_52

こう言う事態は良くある事で!!

激坂探索と言うのは、番犬と、不法侵入の疑いと、お墓との戦いなのである。特にこうした斜面の一番高い所は、概ねお墓か神社かお寺と決まっているのである。だからどうしたって事でしょうが、そう言うエリアを隈なく探せば、激坂への誘導路が見つかって、上手く行けば、その誘導路に沿って激坂が並んでいる事が多々あるのだが、此処では全く収穫なしでした。まあ、そう言う失敗も、良き坂に巡り会うには、必要不可欠だと割り切って、未知との遭遇に期待を寄せるのだ。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 ヤニ出し001 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月18日 (日)

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 奥多摩最強日の出山登山道 やっぱロードバイクに変えようか逡巡の時間で??

Cut2011_1214_1110_22

日の出山登山道 後編
三途の川を越えてからがこの道の本性だ!


最早、直登も出来ず、残されたエネルギーだけで登って行くのは辛い作業だ。更に三途の川を越えて最後の200mが、この坂の全てである。消耗し尽した体に襲ってくる最後の激坂は、瞬間30%。気力だけでは戦えない。最後まで全く休ませて貰えない中で、バランスを取りながら、ジグザグで回復を試みる。少しでも回復させないと最後の30%は難しい!そう思いながら狭いスリット道で、厳しいバランス走行を続けたが、路肩に嵌って回避出来ずご覧の様に、痛恨のストップ。20%を超える斜度からの再発進に備えるには、暫し立ち尽くして回復を待つ。呼吸が整って、屈辱の再発進!バランスして、此処からは一気呵成に登らなければ、登頂は無理だ。メリーの限界を超え最後の気力で登頂した。まあ今の力量では、この程度が精々なんだろうなあ!?少しして読者のイケさんが、汗みどろで自転車を押して登って来た。良くまあ初めての奥多摩最強激坂に耐えたものだと驚嘆した。登っている最中に、思った!これがロードバイクなら?休憩ダンシングで凌げる?車体の軽さが効いてくる、ビンディングでハムが使える・・・・・・等々つまらぬ事を考えるも、それに流されず、ママチャリ初志を貫徹するのみである!!

次回 日の出山登山道アップヒル全貌


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 奥多摩最強日の出山登山道 やっぱロードバイクに変えようか逡巡の時間で??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和田峠で出会った最強の癌患者 この生き様に感動!!死なねえよ爺さん!!

Cut2011_1218_0726_22

和田で出会った最強の癌患者 齢70
この人は凄いわ!


都内竹ノ塚から電車とバスを乗り継いで、死を待つばかりの癌患者が和田を登って陣馬の頂上を目指している訳ですよ。彼の話をよーーーーく聞きましょう!笑って言ってますけどね、壮絶な戦いがあったに違いない!医者にも行かずに癌を自分で治そうなんて決断はそうそう出来るもんじゃねえぜ!炒り玄米を炊いて食す!四足は喰わない。野菜ジュース。これに徹して体の数値は、全くの健康体にまで復活したが、もうひとつの転移癌がある。だがしかし彼は全く負けてない!俺には出来ねえだろうなあ!人の強さって死を直前に解るもんなんだなあ!しかし爺さんあんたに逢えて、感動したよ!世の中には凄い人がいるんだねえ!  爺さん大丈夫だよ 死ぬまでは生きられる。当分死なねえさ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "和田峠で出会った最強の癌患者 この生き様に感動!!死なねえよ爺さん!! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常  梅乃木峠のラス1 ダウンヒル

Cut2011_1213_2001_51

梅乃木峠を気持ち良くダウンヒルしたのが
いけなかったんだろうなあ


気持ち良いダウンヒルって、何となく気持ちが高揚するじゃないですか!ラス1完了で、本日のミッション完了!なんて事ですから、気持ちが緩む訳ですよ。でそのまま、つるつる温泉を掠めて、太い路面でずっとダウンヒルでしょ。遣っちゃいましたともsweat02来た時にも、此処は危ないよなあ!と話していたのに、スコーーンと前輪が薄霜に持って行かれてしまいましたわsweat01もうこうなると如何しようも無いですね。スローモーション見てるみたいに転がって気が付けば、其処かしこが傷だらけ。ああ!この程度で良かったが、冬の山は気を付けないとなあ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常  梅乃木峠のラス1 ダウンヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月17日 (土)

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道 休憩ダンシングしたいけど出来ないな時間

Cut2011_1214_1033_17

奥多摩最強 日出山登山道 中編
行く手を阻む山岳悪路


幸せな時間は、あっと言う間に過ぎ去って、待ち構える三途の川への前哨戦が続きます。山岳悪路は、登山客へのプレゼント。余りの斜度に登山靴を滑らせて怪我をしない様にと配慮されたモノなのか?自転車族にとって見れは、これでもか!!の仕打ちでしょう!道全体に敷き詰められた石の凹凸が、そのつどエネルギーを消費します。ゆっくりとエネルギーを使って行かなければ、枯渇は免れない。故にゆっくりとゆっくりと進んで行くのですが徐々に斜度が効いてきました!消耗戦が続きます。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 日の出山登山道 休憩ダンシングしたいけど出来ないな時間 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

極めて淡々と和田

極めて淡々と和田
極めて淡々と和田
スーパー読者のイケさんの初和田アタックは、先週の日の出との比較走りで極めて淡々とゴールでした。勿論、今回のテーマである意識を坂から逸らす意識転換を実践してみました。お互い馬鹿話をし続けながら坂意識を飛ばし、走りながら休むを実践し効果が高い事を互いに実感した次第であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あの日の出を半分まで登った新人

あの日の出を半分まで登った新人

日の出登攀のスーパー読者イケさんの初和田の介添え役でまつたりしてきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道ダウンヒル

Cut2011_1213_1628_07

西の入り林道ダウンヒル

この林道結構分岐も含めて長く続いてるみたいなのですよ!時間があればもっと探索して見たかったのですが、何せ日の出遣ろうとしてる訳でして、余りの足使いは、ちとヤバイんじゃない普通??と思ってその時は諦めたんですが、家に戻ってきて、地図で調べれば、どうも梅ヶ谷峠や吉野街道に出れそうですよ。街道に出るまでが、きっと面白い路が潜んでいそうじゃあないですか!!勿論ダートもあるでしょうが、きっと来る~!!きっとある~そうそう梅ヶ谷峠の左右の斜面ってあるよねえ!次回、入って見よう!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道ダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月16日 (金)

ママチャクライマーズクラブの精鋭達でさえ登れなかった都内最難関の激坂挑戦者求む!

F1010631

東京都大田区中央6丁目5番地の超難関坂
挑戦者求む!


ママチャクライマーズクラブの精鋭達でさえ、この坂を攻略する事が出来なかった難関中の難関坂の1つである(因みに、他に2つ同等レベルの坂が馬込に存在する)写真に見られる坂の8割が、アプローチ坂で、斜度は29%レベル、長さが40m前後だろうと思われる

F1010629

本道は、この電信柱から先である。本道斜度は40%超、距離は僅か10m一見勢いで登れそうなSPECであるが、この坂を難関中の難関たらしめているのが、電信柱の存在だ!

Cut2011_1216_1631_45_2

この電線マンをクリアして直ぐに40%領域へ突入ってえのが、本激坂の最大の難関ポイントである。今まで最高レベルは、本道半ばで撃沈。電柱を上手く交わしたまでは良かったのだが、一気に40%エリア突入でウィリー、バランス崩して玉砕(涙) 以来この激坂に挑んだ者は、きっと居ないだろう。

F1010632_2

本道を頂上から撮影したものです。斜度の恐ろしさが、嬉しいじゃないですか!まあ、その内、制覇出来るとは思いますが、怪我しない様に登らんとなあ!もしココに挑みたい方がいましたら、自己責任でお願いいたします。では、以下に入り口の写真を掲載します。

F1010630

多分、この坂は私道だと思われるのであるが、殆ど人の往来は無い。時々頂上に住む爺さんが、ジャージ着て降りて来る程度、ご近所さんを見かけたら、必ず坂を誉める事をお忘れなく!挨拶ひとつで不法侵入から免れるのである。素晴らしい坂ですねえ!大変な坂ですねえ、凄い坂を登るのが趣味なんですよ・・・・で行こうsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 梅乃木峠アップヒルの全貌

Cut2011_1213_1940_53

大久々の梅乃木峠

此処でヒルクライムレースがあるってえんだから、驚きです!と数年前に此処を登った時に出会ったレース関係者の方々が、路面の整備をしている様を見て、ブログ記事にしたのを微かに覚えています。当時は、デッカイ穴ぼこが幾つか出来てたし、こんな恐ろしい所でレースなんて主催者は、何を考えているのだ!と呆れたものでした。ところが久々に此処を登ってみると、其れなりに整備されていたのには驚きました。本気なんですねえ!そもそもレースに関心が無いので、どちらでも良いのですが、こんな狭い道に多くのヒルクライマーを招き入れるのは、如何なものか!?と思いますねえ。兎角、自治体は横並びで、村興しとか言って、他の地域の真似をしたがりますが、自転車レースで村興しねえ。もっと独自のアイデアが欲しいものですねえ。他所でもやってる様な事を真似るてえのが、残念で成りませんね。でも日の出は、お金持ちみたいですから、それも有りでしょうか!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 梅乃木峠アップヒルの全貌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月15日 (木)

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 奥多摩最強!日の出山登山道 幸せな時間

Cut2011_1214_1012_55

奥多摩最強の日の出山 登山道 前編

最近、発見した小岩側道が、本来奥多摩激坂の最高峰でありますが、余りにも掛け離れた存在だし、ロードバイクで登れる所では無いので、別格扱いとしている為、通常激坂では、この日の出山登山道を、現在奥多摩最強と定義しています。ご覧の通り、ずーーーーと何処までも真っ直ぐなのが最大の特徴で、ママチャリ系自転車には、全く休ませて貰えない消耗戦の激坂であります。しかしこの前半戦は、長閑で平和な幸せを感じる登りが続きます。それが次第に大腿四等筋のグリーコーゲン枯渇に陥り、最後は??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 奥多摩最強!日の出山登山道 幸せな時間 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道アップヒル

Cut2011_1213_1048_45_2

西の入り林道 何の変哲も無い林道ですが!?

平均で6,7%ってところでしょうか?距離が3km程度なので、軽く汗を掻くには良い林道だと思います。思ったより路面が良いので、走り易かったのは、地元の猟友会の皆様の清掃のお陰でしょうか?頂上エリアで、道が二股に分かれていて、最後は吉野街道辺りに出れそうだ。しかし、地図上では途中の道が無い様に見えるので、探索が面白そうである。次回はこの林道の先まで攻めてみたいと思っている。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常 西の入林道アップヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月14日 (水)

Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 小津峠通過して大沢林道へ

Cut2011_1208_1117_26

可愛い小津峠を越えて

和田方面に出かけて、初めて和田峠を登らずに帰りました(汗)ダートの林道探索も結構面白いのですが、予想を遙かに上回る消耗に驚きました。ぬかるんだ道、スリップと前進、ダートの滑る激坂登攀等々で、いつもよりも足が動きません。とは言えきっとこの小津峠の裏側にも、更に面白いダートの激坂が居るだろうと思って、小津のミニ峠を登って和田の裏側に攻め込みました。やっぱり居ましたとも、ダートの面白そうなのが?でもどれも行き止まりなんですねえ(涙)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 小津峠通過して大沢林道へ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月13日 (火)

Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 駒木野林道 ダウンヒル

Cut2011_1208_1009_47

ダートで、しかもこの砂防ゴムがきついのよ!

駒木野林道、舐めちゃいけませんよ。斜度だって10%近くある所もあって、なかなかですよ!この砂防ゴムを超える度にボコボコとしながら、滑るし沈むし足が喜んでます!ドロドロ走行は、体に良いと思います。普通のヒルクライムの2倍のエネルギーが掛かりますよ。故に、時々ドロドロやって見ようかなあと思うしだいです。ただパンクが少々心配ですんがねえ!このドロドロでパンク修理出来るんかいなあ?つうか未だにパンク修理した実績無いから、論外か??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 駒木野林道 ダウンヒル "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年12月12日 (月)

最後に待っていたのは?これだったのか?

Photo

12月11日

全くもってパッとしない奥多摩の諸行無常

の撮影は、初めての読者さんとの撮影シリーズと成りました。ターゲットは、日の出村界隈の斜面探索だったのですが、北秋川よりもずっと山の奥行きが狭く、程よい激坂の発見は出来ませんでした。従って探索行から、読者さんとのタンデム撮影に主眼を変更して、最初は、小さな坂でいつものヤニ出しから始まって、以下の通りの工程と相成りました。

■多摩サイ是政橋7時半集合
  品川からまったりと是政へ、読者さんのイケさんも鶴川方面から
■つるつる温泉方面184号線
 
大久野界隈にて、ヤニ出し白山神社、イマイチ良い坂が無かった。
■西の入り、ホオバ沢線

  大久野から平均斜度7%程度で4km程度の手頃な汗かき林道を、まったりと食す。
■つるつる温泉
  にて補給、体が冷えない内に日の出山登山道へ
■日の出山 登山道アタック
  久々だったので、あまり自信は無かったものの、西の入りで気持ち良く走れたので
  その良いイメージのまま奥多摩1位の日の出山 登山道へ突入。驚くかな読者のイ
  ケさん、自転車始めて半年なのにあの日の出山の激震部半ば近くまで登って来た
  これには驚いた。小生は、例の三途の川(橋の辺り)から最後の200mに差し掛かり
  力量不足で、ウィリー制御に失敗して足付き。直ぐに最登攀しスリップして2度目sweat01
  仕方なく、休憩して最後の150m完走してGOAL全く駄目でしたねえ!
■つるつる温泉にて食事
  初めてつるつる温泉で食事をとりました。カツ善まあまあ旨かった。
■ラス1峠の梅乃木
  日の出の後なので、殆ど平地に見えちゃう感じが面白い。前回、単独で梅乃木に挑戦
  して玉砕した、読者のイケさん。坂の登り方伝授して、西の入りも、梅乃木もするすると
  登って本日のメニュー完食です。 

で最後に待っていたのが写真の薄霜。つるつる温泉からまったり走って降りていったので
すが、見えない霜に遣られて、クラッシュ前転宙返り着地まあまあ!擦り傷イテテ程度で
済んだが、冬はヘル被らないとイカンかもなあ!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 駒木野林道 アップヒル

Cut2011_1205_1320_10

駒木野林道は手強い!!
高斜度でドロドロと滑るので
良いトレーニングになりました

最初は、ダートではあるは、砂利も細かくて、そこそこの路面だと感じましたが、終盤戦に成るにつけ、砂防ゴムで滑り、深いドロの路面で滑り、かなり疲弊しますねえ。それが良かったです。パンクの危険がついてまわりますが、歩くのも困難な路面は、トレーニングとしては、とても良いと感じました。今までの激坂探索行で最も疲弊させて戴きました。高斜度のドロダート登攀も良いかも!!

Photo_4

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 駒木野林道 アップヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月11日 (日)

最後は梅乃木

最後は梅乃木

整理運動で梅乃木登って帰り道、まさかのクラッシュ(^^;)
前転上手く逃げて無傷だが、霜にご注意欠かせません

ベルギーに叱られ必至やなあ(^^;)
山の下り自重しまふ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

日の出登山道

日の出登山道

玉砕しました(^^;)
スリップ足着き1回、限界足着き1回のお粗末君でした。まあでも複数峠登った最後に日の出を持って来ましたから、今の力量では、まあまあ頑張った部類でしょ(^^;)

読者のイケさんは激震部中盤まで初めての激坂峠にも関わらず善戦しましたねえ!素晴らしい!

帰りは整理運動兼ねて梅乃木登って帰りましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

西の入ホオバ林道

西の入ホオバ林道

読者のイケさん、頑張ってます。この林道はなかなか手強いですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 興慶寺の激坂30%あるかもよ!?

Cut2011_1205_1300_13

和田峠に行く陣馬街道の狐塚辺りで
進行方向右側の斜面のガードレール見た方は!?


緑色のガードレールがえらい高いところに凄い急角度で設置されているのをご存知ある方は、居ませんか?和田峠ターゲットの方々ばかりなので、余所見する方は少ないと思いますが、SAKABAKAの習性って事で、常々坂探しの目線だと、必ず引っ掛かる景色ですからねえ!実は、前回も引っ掛かってしまったもののラピュタがメインでしたから、シカトしてたのですわ。今回は、勿論登ってみました!此処は興慶寺の山門で、行頂手前が30%確の良い激坂でした。問題は山門ですから、辺り一帯がお墓って事で、先祖の眠りの妨げになっては成りませんね。ところが???実は動画の通り・・・・最高斜度のインナー外しましたんよ。直前の聖パウロ北東斜面登攀で、ちょっとね??足が!?

Photo_3


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Dirty muscle誰も行かない和田の深山探索 興慶寺の激坂30%あるかもよ!? "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の多摩川

今朝の多摩川

寒い朝です。西に富士山北に名月、華やかな空は一点の曇りなし。

さかし周りは霜だらけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月10日 (土)

Dirty muscle 誰も行かない和田の深山探索 聖パウロ学園脇の複雑な林道

Cut2011_1205_1254_12

聖パウロ学園の北東斜面の探索
しかし確かに深山や!

此処を自転車で踏み込むつうのは、けっこう勇気がいるかも知れませんので、登ってみましたが、前日の雨!解っちゃいたけど、もう泥だらけの登攀?劇になりましたわ。このぬかるみ走るのってかなり疲れますなあ!森も深まると勿論、誰も居ませんし、来た道を帰りに間違うと、ヤバそうですよ。何故かって?このエリアは林業向けの搬送林道が物凄く多いのですよ。四方八方林道ですので、途中の分岐や曲がりポイントを写真で撮って置くのが良いかもしれませんよ。って行く人MTB連中しかおらんでしょ??

Photo_2

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Dirty muscle 誰も行かない和田の深山探索 聖パウロ学園脇の複雑な林道 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 9日 (金)

週末の激坂探索ターゲットは此処だア!!

Cut2011_1209_0822_30

この美しく入り組んだ幅の狭い等高線!!
これは何かいるに違いない!


国土地理院の1/25000地図はかなり使えますねえ!入り組んだ林道と思われる道や点在する民家の状況、これらを良く見ていると、林道は勿論、点在する民家、集落が在れば必ず激坂が存在するのである。今週末は、日の出山、麻生山界隈の探索を試みてみよう。梅乃木峠なんてえ可愛い峠もあるので、ブログ読者のイケさんを招待しちゃおうかな?初めての激坂が日の出山登山道・・・・・・・・なんてえのも恐ろし過ぎて良いかもしれませんよね。頂上を見てから裾野を攻めるつうのは、兵法の原点である!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一度降りてきた道をまた登って帰ろ!甲州街道は走りたくないから!?

Cut2011_1129_1556_04

一度降りてきた道をまた登って帰ろ!

ラピュタまで、和田峠のダウンヒルを楽しんで、裏甲州街道から、美人うどん姉妹の店で特上お焼きをほお張って、そして、元来た峠を登って帰る方が、甲州街道、大垂水コンビより精神的に、気が休まるんですよねえ!狭くて怖い甲州街道ってどうも好きに成れない道の一つだわ!八王子先生から、えええ?と言われちゃいましたが、和田峠登り返した方が全然健全ですたい!!頂上の茶店に着いたら若い子達がイッパイいましたわ。若いてえのはええですねえ!と言う訳でして、帰りには、和田表のダウンヒルが、ご褒美に付いて来ましたよお!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "一度降りてきた道をまた登って帰ろ!甲州街道は走りたくないから!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 8日 (木)

ラピュタの裏側と裏甲州街道から美人食堂のお焼きが最高だぜ!!メドレー

Cut2011_1129_1521_35

ラピュタ界隈の探索のGOALには
超美人のお姉さま方が!?


ラピュタ界隈を隈なく探索出来た訳ではありませんが、MTBなどで、探索すると意外に面白そうな、道が発見できそうな匂いがします。パチンコ屋の探索と全く同じ匂いですな。まあ、今回は匂いを頼りに、後は成り行きでウロウロと、2度のラピュタ登攀で、無かったはずの足も、現金なもんでして、他の坂探すのは、別腹なんですよ(汗)それで発見したのが、裏甲州街道の標識と、更に進むと!例の美人さんが、心を込めて作ってくれる味噌煮込みうどんと、更に傑作の小豆のお焼き!!これは、間違い無く絶品ですぞ!

それでは、ラピュタ美人のお二人さーーーん!!どうぞお!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ラピュタの裏側と裏甲州街道から美人食堂のお焼きが最高だぜ!!メドレー "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 7日 (水)

あの陣馬山の後ろの方にこんな綺麗な紅葉が!!そして富士が?

F1010602

陣馬山の後ろの方?にこんな素晴らしい紅葉の郷!


陣馬街道まっしぐらで、和田峠つうのも、何だか結果が解ってるから面白くないよなあ!?未だ見ぬ坂とか未だ見ぬ景色とか、SAKABAKAは、ロマンティストで在らねばならぬのである。故に、自分でも驚くかな、陣馬街道をそれて、小津峠を登って、陣馬の裏側?へと踵を返してみたのです。和田登らずに、別の所へ行くのは、これが初めてなんですがね。そうすると兎に角、八方に、材木搬送のドン詰まり林道が、縦横無尽とまでは行かないが、結構な数の林道を発見したのでした。どれもダートで、中でも駒木野林道等は、ダートの高斜度で、しかもぬかるんだ道!これは素晴らしいトレーニングですなあ!幾つかこうしたダートのドロドロ林道を登って見て、脚が熟れましたねえ!色々登ってその帰りに、写真の綺麗な紅葉を見つけて、なんとも和みますねえ!ハイ 旅情派ですから!

P1010013

その一方で不可思議な現象を発見しました

行きの浅川サイクリングロードから、大きな富士が見えていたのですが、帰りの15時位でしょうか、同じ場所から、このデッカイ富士が全く見えないのですよ。霞の彼方へ富士が消え去ったのか?光の屈折か?兎に角、微塵も無いのだから驚きです。浅川CRの朝は富士三昧の朝だったんですがねえ!何方か、この現象のメカニズム知ってる方、いませんかあ?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ダウンヒル撮影の為の情けないラピュタ自転車押し上げ隊

Cut2011_1129_1037_27

ラピュタ撮影秘話

それ程、大袈裟なもんじゃありませんが、これがもし海外遠征で起こったら、物凄く悲しいですよねえ。散々頑張って撮影した映像が全く撮れてなかったてえのは、洒落になりませんぞ!ラピュタは、まだ距離が短いから、再度自転車押してでも登れば、再撮影が可能ですが、御岳や和田等、其れなりの距離や斜度だと2度目の登攀不可能なんて事は、結構ありますよね。私が愛用するHEROの魚眼防水カメラは、機能的にも、撮影画像的にも気に入ってるのですが、音声が撮れないのは良しとして、突然何も言わずに動かなくなるのですから堪ったもんじゃない。必ず、電池とSDカードのセットを撮影する前に変えておかないと成りませんし、冬場は気温の低下で電池性能が出ず、電圧ダウンでも動かないって事もあるので、困ったもんですよ。もっと、信頼度の高い防水魚眼カメラないでしょうかねえ?お陰で、2度目のラピュタ登攀で、足が熟れましたわ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ダウンヒル撮影の為の情けないラピュタ自転車押し上げ隊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 6日 (火)

奇跡の大逆転激

F1010604

昨夜、男ヤモメで近くのオリジン弁当へ
今日の朝食惣菜を買いに西小山の駅近くへ
行ってみたら呼ばれちゃいました!


確かに、呼ばれたんですよ。チンジャラ大王の手招きがしてましたsign03こう言う事って極めて稀な事なのですが、チンジャラ様が来い来いと言ってる様な、行きたい様な?で勿論GO!!西小山のパチンコ屋 将軍様へ入って見れば、どの台が呼んでらしたのか?全く解りませんが、ウロウロしてたら、爺さん婆さんの間にピンク色の可愛い台が我待ち空席で、ひっそりと佇んでるじゃあ御座いませんか!早速座って、お金を入れて戦闘開始と相成った。この時点で、何かあるだろうと思って居たら、何にも御座いません!ただの普通の台ですが何か?ジワジワと野口博士が飛んでゆく!ああ!やっぱりね!3人目、5人目と軽やかに彼らは昇天して行きました。お惣菜のお金はとっくに消え去って、ああ!これで最後とラストランナー野口を投入して、直ぐに!事態が急変!赤いランプ点滅ピカピカ、点滅そのランプが、リーチ(大当たりへのリーチ)と成って、ガシャガシャとけたたましい効果音が鳴っている、その最後に!!キュイーーーンと辺りに響く大当たりの音!!ああ!

これでやっと一矢報いたか!と負けて居るのに、何となく達成感!何遣ってんだよ。御惣菜は??しかしがしかしである、その後大当たりが止まりません。22時を廻りましたが止まりません。ずーーーと出っ放しの3時間が過ぎて行く!とうとう22時25分弊店間際に、GOALが遣って来た、店員達も自分の事の様に喜んで、入れ替わり立ち代り最後のお客の小生の所に遣って来て、凄いですねえの連発だ。画して、結果は写真の通り!


1激29、796発の大量出玉を獲得したのである!

やっぱり正夢、正呼ばれであったのだ!誰も居ない深山幽谷のビトンチットのお陰であろう慶事じゃ慶事じゃ花の慶二。これにて両替17000円也(エヘヘ実は1円パチンコだったんですよsweat01

F1010605_2

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Dirty muscle 誰も行かない和田の深山探索 いつもこうして通ってますが!?

Cut2011_1205_1233_16

週末通山の都内某所を朝からウキウキと!

まあ、毎週の事ですから、飽きませんか?嫌に成りませんか?と良く聞かれますが?ハイハイ!その通りです。嫌に成りますとも、飽きますとも!でも此処を行かないとね山の宝箱に有りつけない訳ですから、致し方ないのですよ。しかしね最近は、慣れちゃいましたね。次第に近付いて来る山々を見て、ちょっとワクワクしますよね。今日はどんな坂に出会えるのだろう・・・とか思いながら、多摩サイ50kmを毎週走るって事になってます。適当な雨の日をちと走って見たいが、最近の願望です。

今回の和田界隈の探索は?

Cut2011_1205_1336_37

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Dirty muscle 誰も行かない和田の深山探索 いつもこうして通ってますが!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラピュタ2度目の登攀?2度目のダウンヒル

Cut2011_1129_1020_40

またまた仕出かして呉れました!
HERO魚眼カメラの突然死・・・困ったもんですよ


やっとラピュタに登って、さあ!お楽しみ(怖)のダウンヒルを楽しもうと魚眼カメラを頭に固定して、RECランプの点灯も確認して、望んだダウンヒル撮影でしたが、下まで降りてカメラを見たら、RECランプが消えてました。小岩の時は、歩いたとしても再登攀は出来ませんでしたが、ラピュタは、距離が短いので、メリーを押して頂上まで再度登り直しましたよ。もう足ありませーーーん!!・・・?
ところで、小岩のエルグ坂とこのラピュタ坂どっちが凄いか比較検討してみたくなり申した。動画を並べて、両方を同時に見れねえかなあ?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ラピュタ2度目の登攀?2度目のダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 5日 (月)

ラピュタ本道 フラペ&フルシティングの忸怩たる登り・・・・ハイ逃げました(汗)2倍速 

Cut2011_1129_0952_19

ラピュタです
この美しいRを超えれば勝負ありですが?


和田の直後のラピュタですから。寒さの割りに、体は動いてる感じはしましたが、力量不足は、否めませんねえ。竹の子センター前が最高斜度なのですが、斜度が厳しくて縦の休みが出来ず、咄嗟にセンターへ逃げ込みましたもんねえsweat01走りながら呼吸を整えて最後まで登りましたが、ちゃんと登れる力量は有りませんね。全盛期の7割って感じでしょう。フラペ&フルシッティング時の休憩法は超高斜度だと難しいですねえ。四等筋のグリコーゲン枯渇で、再生不能って感じですもんねえ。ビンディング&休憩ダンシングが出来れば、走りは、どう変わるんだろうと、ちょっと憧れますが、ぶれませんよ(爆)ママチャリです!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ラピュタ本道 フラペ&フルシティングの忸怩たる登り・・・・ハイ逃げました(汗)2倍速 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年12月 4日 (日)

初めてダートの激坂駒木野線

初めてダートの激坂駒木野線

参りました。ダートの激坂駒木野線は凄いわ!
斜度あるし滑るしドロドロだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

府中四谷も風強し!

府中四谷も風強し!

ずっと斜めから爆風が続いてます。流石にローディさんは、極めて少ないです。ランナーもいつもより断然少ないし、そう言う意味では良いのですが、何せ前に進まないんだから堪らんわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタの入り口までの坂もそこそこですわ!!でも普通かのお?

Cut2011_1129_0936_19

ラピュタアプローチ坂だって程ほどの坂だったりします
ミヤタ君などで登れば激坂ですよ!


もう目と鼻の先にラピュタが居ますよ。今回は、和田の登りがイマイチだった事から、全く期待出来ない体の状態。それでもあの風張林道のスルスル登れた感触が、残っていて、それが錯覚じゃないと信じたい。兎に角、最高斜度の竹の子センター前までは、辿り着かねば、今まで何遣ってたの?てえ事になりますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ラピュタの入り口までの坂もそこそこですわ!!でも普通かのお?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 3日 (土)

ラピュタ坂(佐野川) VS エルグ(小岩) どっちが偉い??

Cut2011_1129_1802_21

現時点で奥多摩系統の激坂ランキングは以下の通り
(数字は、ちょっとアバウトですがsweat01

別格:小岩側道     平均斜度24% 最大斜度35%全長1.8km(3次元R)
1位:日の出登山道  平均斜度19% 最大斜度29%全長1.5km(直線)
2位:ラピュタ     平均斜度19% 最大斜度28%全長1.0km(大方直線) 
3位:御岳         平均斜度17% 最大斜度30%全長3.5km(R多数)
4位:小岩エルグ   平均斜度19% 最大斜度30%全長1.5km(R若干)
5位:白樺荘激坂    平均斜度18% 最大斜度30%全長2.0km(大方直線)
6位:鳥居観音      平均斜度20% 最大斜度27%全長1.5km(大方直線)
7位:風張林道      平均斜度15% 最大斜度24%全長4.5km(R&直線)

私的な、ランキングなので、違和感有る方も多々いらっしゃるとは思いますが、自分的にはこう言った感じで激坂を捉えてます。中でも坂のSPECに寄らず、難易度の高い激坂として日の出、ラピュタ、小岩エルグが最強トリオだと感じています。3坂の特徴は、どれも休ませて貰えない事であり、休憩ダンシングの効かないママチャリ族からすると、大腿四等筋勝負の激坂と言った感じでしょうか?今回は、2位ラピュタ、4位エルグの視覚的比較を試みましたが、うーーむ?イマイチ甲乙付け難い!エルグが若干優位か?と思われるのだが、どうだろうか?それから、2つの動画を並べて再生する方法を知っている方、教えて貰えませんか?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "ラピュタ坂(佐野川) VS エルグ(小岩) どっちが偉い??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和田峠からラピュタ門 佐野川八幡神社へ

Cut2011_1129_0646_06

いよいよ問題のラピュタへ向います
帰りはまたダウンヒルした坂を登って帰る事に!?

和田峠を通過して、随分下まで降りてから、やっと辿り着く佐野川の八幡神社。陣馬街道から少し引き込んだ所にあるので、解り辛いのですが、神社からがラピュタのアプローチ坂に成ってまして、ミヤt君で行くとアプローチ坂自体が厳しかったりしますね(汗)さてラピュタ本道の登りは如何に??ちょっとワクワクです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "和田峠からラピュタ門 佐野川八幡神社へ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 2日 (金)

ラピュタに挑むには和田峠を通過せねば成りません。勿論!フラペ&フルシッティングはママチャリの常じゃあ!


Cut2011_1129_0631_07

和田峠を登って最終ターゲットのラピュタに向う
(2倍速)

ママチャリ族ですから、10%3.6kmの全てをフラペ&フルシッティングで登ってゆきます。時々ローディーさんに先を越されちゃいますが、種族が違うので、逡巡する事もありませんね。この日ははじめての和田ローディーさんが、多くて壁や垣根にぶら下がってましたが、押し並べて、残り1km前後で座礁してましたね。良くコースを研究して登って来れば休みのポイントや最後のモガキのポイント等解って登り易いのですがね!だがしかし、初めての峠は、何も知らないで登るのが良いのです。さて本題のラピュタですが最大斜度は30%近いし、平均斜度も20%前後なので、此処、和田で疲弊する訳には行かないのですが、イマイチの走りで疲れましたわ(^-^ゞタイムは23分掛かってますしね。いつもは登攀時間など気にしないのですが、フル動画を初めて撮影して登攀時間が解りました(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m



続きを読む "ラピュタに挑むには和田峠を通過せねば成りません。勿論!フラペ&フルシッティングはママチャリの常じゃあ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年12月 1日 (木)

風張林道アプローチ坂で???何が?

Cut2011_1125_1808_47

この動画フレームの次に驚きのディザスターが!!

まさか、こんな事に成るなんて思いもしませんでした。メイメイさんに降り掛かった災いは、全て小生の正夢のせいでしょうか!兎に角、テコンドーをマスターした息子メイメイさんの受身の素晴らしさで、帰宅出来たと思ってますが、なんでまあこうなっちまったのかねえ!?ユメを見た小生、申し訳ない限りですよ。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "風張林道アプローチ坂で???何が? "

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »