« Modern Times at KOIWA HINOHARA TOKYO | トップページ | 誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂 へばって足付き3回目から御前山本道アタック敢え無く玉砕! »

2011年11月 1日 (火)

GOOGLEには載っていないがマピオンには載っている幻の坂

Photo

小岩の激坂登攀の最中に何処へ行くのか解らぬ激坂の
後姿を発見したが、追い切れなかった幻の激坂が!


ご覧の様に北秋川の斜面は、恐るべき激坂の巣窟である事が判明しましたが、まだ発見されて居ない(小生にね)が未だ残っている事は確実だろうと推察される。実は、今回の小岩の激坂登攀時にも、チラっと激坂の後姿を見てしまったのである。その時は、小岩の激坂のGOALへと足付き無し(まあどうでも良いが)、で登攀していた為に、未知の激坂に挑む気には成れなかったが、GOOGLEとマピオンの両方の地図で、確認していると面白い事実に行き着いた。

Cut2011_1101_1630_13
マピオン地図

マピオン地図で確認すると、私が見た激坂の部分の細い道(地図の部分)が、薄っすらと地図に記載されているのが解ります。

Photo_4
GOOGLE地図

上下に並んだ、両者の地図を見て直ぐに解る通り、GOOGLE地図には、幻の激坂が記載されていないのである。


翻って、小岩全体の地図(GOOGLE地図&写真)で幻の激坂青いラインの頂点が仮の最高地点だとすれば、同じ高さまでの登攀距離を比較する事で、坂の斜度の強さが推察されます。全体地図を見れば、明らかな様に-赤いラインの小岩の激坂の登攀距離に較べて、幻の激坂青いラインが圧倒的に登攀距離が短いのが容易に見て取れます。従って小岩の激坂の最大斜度は、小岩激坂本体では無く、分岐した幻の激坂側に存在すると考えて良いのではと思います。これは、この辺りでは最強だと考えられる小岩の激坂を凌ぐ恐ろしい激坂が、居るに違いない!!全体写真では、鬱蒼とした森に覆われていましたが、実はこの幻の激坂の分岐地点で見る限り、舗装路が麓へ向かって続いている様に見えたのである!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« Modern Times at KOIWA HINOHARA TOKYO | トップページ | 誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂 へばって足付き3回目から御前山本道アタック敢え無く玉砕! »

コメント

齋藤電鉄ryuさん

怖いもの見たさてえのがあんでしょ!毎週末奥多摩行ってるから、久々に行こうぜ!
登れたらメッケもんじゃんよお!下元郷の激坂辺りなら登れると思うよ!

投稿: ノール | 2011年11月 1日 (火) 21時21分

今日、1/50000 地図 買って来ました。
観てみると、やはり 載ってません。
1/25000 レベルの細密表示なのでしょうか マピオンは・・・
もっとも
僕の場合、そこまでは行かないと思われ・・・(汗笑

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2011年11月 1日 (火) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GOOGLEには載っていないがマピオンには載っている幻の坂:

« Modern Times at KOIWA HINOHARA TOKYO | トップページ | 誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂 へばって足付き3回目から御前山本道アタック敢え無く玉砕! »