« Angel Angle 五日市線界隈 サヴァビアン | トップページ | Angel Angle 払沢 峠の茶屋001 »

2011年10月20日 (木)

友の弔いの日 長野の空は紺碧の

F1010503

F1010504

長野に行って来た
友の弔いの日


齢51でクモ膜下出血で倒れ僅か2日で、鬼籍に記された我が友。明治大学空手部主将の彼が、いとも簡単に旅立って行くと誰が思った事だろう。殺しても死なない頑強な筋肉の鎧を纏い、若い時には大立ち廻りの武勇伝も数々あれど、心は純な一本気。小気味良い事この上なし、掛け値なしのナイスガイ。そう言う友を気に入って、折に触れて連絡を取る様になった。ヤツも時々本社に来ては、小生を訪ねてくれて、いつしか空手じゃあ勝てないが自転車で、ボコボコにしちゃるから、土曜のゴルフを返上して、我がママチャリについて来い!これが彼と交わした最後の言葉だっただろうと思う。

突然の電話で、ヤツが亡くなったと聞き、死に方もスパッとしたもんだな!と思ったものだった。曇天の朝、長野に行くに連れて、空は紺碧の色合いを増し、あたかも三途の川を写している様だった。俺は、ヤツの死に顔が見たくて朝早く、長野に向ったのである。だがしかし斎場に着いてみれば、金糸銀糸に包まれた、小さな壷に収まっちまって、往生の顔も見る事が出来なかったのは、彼の地の風習とは言え残念で成らなかった。仲間達が沢山集まっていて、久々の同窓会の様相で、これが死者の最後のご奉公だ。ヤツが久々の我等を引き合わせ、ヤツを偲ぶのもまた、感慨深い。聞けば、数日前より頭痛を感じていたらしい、こう言う突然死と言うのは大方、突然では無く、幾つかの予兆を伴なうものである!と知らされた。確かに、しかし確実に齢50は、病の年かも知れんわ。長生きはどうでも良いが、より良く生きたいものであり、より良く死にたいものである。 
合掌 19/10/2011

 


|

« Angel Angle 五日市線界隈 サヴァビアン | トップページ | Angel Angle 払沢 峠の茶屋001 »

コメント

米治郎さん

ご無沙汰です。確かに、そうですねえ。ただそう言うヤツだから死に際も潔いですわ!

投稿: ノール | 2011年10月21日 (金) 10時50分

ガチャ殿

疲れましたよ。まあ死者が注意を喚起してくれていると思えば、在り難い事ですよ。
ご冥福を祈らずにはおられません。

投稿: ノール | 2011年10月21日 (金) 10時49分

お師匠様

塩ヤンと全く同じ急な病で倒れた様ですからねえ!
常々、医食同源なんでしょうが!?なかなか実践が出来ませんねえ?

投稿: ノール | 2011年10月21日 (金) 10時47分

友人の死というのは、辛いね。

投稿: 高田米治郎 | 2011年10月20日 (木) 21時13分

おつかれさまでした・・・

投稿: gacchaman | 2011年10月20日 (木) 14時34分

会者定離とは言いますが、50ははやすぎるネ!
十数年前の、塩ヤンの時のショックを思い出しました。同じ病気で突然でした。
モンスター様におかれましても、お気を付け遊ばせ!
甘い物食べ過ぎ!自転車乗り過ぎ!
◯◯のし過ぎ!仕事のし過ぎ「これはないか?」!!
癌家系のオッサンより!

投稿: MTB | 2011年10月20日 (木) 13時39分

Kozoさん

長野はいいねえ
葬儀は松代だったがKozoさんの実家が近いよね!?最高の景色、最高の天気でした!ヤツも良い日に旅だったよ!

投稿: ノール | 2011年10月20日 (木) 13時02分

御意。

合掌。

投稿: kozo | 2011年10月20日 (木) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友の弔いの日 長野の空は紺碧の:

« Angel Angle 五日市線界隈 サヴァビアン | トップページ | Angel Angle 払沢 峠の茶屋001 »