« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂 へばって足付き1回目(汗)

F1010515
湯久保回転場

湯久保の激坂
奥多摩5位の風張林道にそっくりです


本家本元の風張林道さんですが、そのそっくりさんである湯久保の激坂が出現しました。両者ともこう言う車の方向転換の為のエリアをこの地域では、回転場と呼称していまして、ここも湯久保の回転場と言います。

Cut2011_1026_1941_15
風張林道回転場

これが本家本元の風張林道の回転場の風景です。懐かしいメリーⅤ-1が写って増すねえ。どう見ても良く似た風景だとは思いませんか?湯久保の回転場を発見した時には、デジャブかと思いましたもの!

数年前は、この風張林道が奥多摩最強の激坂だと思われていました。風張林道を登ったと報じるブログは、KEN氏のブログ以外に無かったので、彼のブログは、とっても貴重なものでした。彼のブログを見て徐々に、この当時最強の激坂、風張林道を登る人もブロガーも増え次第に風張林道もメジャーになり、一方で自転車ブームに載って、クライマーの方も増え、地元の人しか知らない更なる激坂が発見され最強の風張林道も今では、奥多摩5位。ここでまたしても風張林道を超えるそっくりさんが発見され、益々ランキング(私だけのね)は下がって仕舞いましたね。激坂の栄枯盛衰ってヤツでしょうか?風張林道はママチャリで登れますが湯久保の激坂は、メリーを除き絶対にママチャリでは、登れません!!

いやいや、実はメリーでも登れませんでしたsweat01へばっちゃってsweat01
休憩ダンシングしてみてえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂 へばって足付き1回目(汗) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

この空!!!

Dscn4519

奥多摩 檜原村小岩の激坂を登って帰る途中で見た
この世のものとは思えない様な天空の大羽衣


多摩サイを、走っている途中で、ある方から声を掛けられた。これが2度目の読者さんとの接近遭遇でした。小生のブログは、コメントして下さる方が滅法少ないブログでして、内容も無いようですし、そう言うブログの変態作者、その本人に声を掛けるのは、もっとハードルが高いだろうに、嬉しい一声を戴き、モチベーションはグット上がりました。イケさんありがとう。同じ不惑?否!50にして天命を知るってえお年頃、そう知命組み!楽し話をさせて戴いた、後はトロトロと歳相応に帰路を楽しんでいましたら、天空が桃色から紅に染まってゆく。すると気流に乗って雲が幾筋も重なり合って、天の羽衣のように、優美な舞を披露してくれました。それはそれは未だ嘗て見た事も無い様な、神々しい光景が富士の頭上に広がって行くのでした。いいオッサンの二人は声も無く、只々その場に立ち竦んでいたので御座います。

Dscn4518

Dscn4520

時間の経過を忘れて佇んでいました。最初は西南の風に、夕焼けが乗ってきました。それが北東の風と出会い、押し問答をする内に、彼らはお互いが重なり合い、見事なスパイラルの羽衣を形成して行ったのでした。ああ!地球って美しい!!

この光景をベルギーで独り頑張る我が妻に捧げる。
NORD記


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月30日 (日)

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂アプローチも意外と厳しい!

Cut2011_1025_2101_24

東京都檜原村 湯久保の激坂
のアプローチ坂?


御前山の登山道を久々に訪れて、まあ自転車で登る所じゃありませんが、チョットもがいて這う這うの体で逃げ帰って、次は、宮ヶ谷戸界隈の地図に微かに載っている奥の細道を探索する。途中で畑仕事をしていた地元の方に、道を尋ねると奥の細道を行くと、白樺山荘を経由して、御前山登山道へと続いていると言う。これは貰ったあ!と心で小躍りして、言われた通りの細道(実際は結構立派な道)をまったりと走って行くと、其れなりの斜度に成って行く。おお!そろそろ来ますなあ!と思いながらアップダウンを繰り返し、やがてとある広場に出た。
広場には、掲示板と、美しい山の花々の防水パネル写真が並べられていた。更に目を移すと湯久保と彫られたレリーフが石垣に掛けられて、良い雰囲気の広場であったが、掲示板には熊出没注意!とあって・・・・・まあ奥多摩だからねえ
sweat01本心は、ヤバイワであった!

で、肝心の激坂ですが、目の前にデーーーーンと居りましたわ!奥多摩難関坂の風張林道そっくりさんが、真っ直ぐ続いていました。小休止して良く考えると、実に補給物資が何も無い!こう言う事は良くある事で、準備もSAKABAKAの大事な要素だわなsweat01ここまで来て補給するために山を降りる訳にはイカンから、、ママヨと出発したのである。

次回に続く

Cut2011_1025_2144_43

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村 湯久保の激坂アプローチも意外と厳しい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

過去最強の激坂、過去最大の大失敗 動画が写ってない(爆)

F1010531_2
写真は全てクリックすると拡大します

最初から20%です。左に曲がって斜度を揚げて真っ直ぐが20%以上で続きます。でもまだこの辺りでは元気有るでしょうから行けますね。此処でモガイたりしては、いけませんよ!

過去最強の激坂にアタックして登ったが?
此処は半端じゃねえわ!! 

時々、不安定になるHEROの魚眼カメラを自転車のフレームに取り付けて、録画サインを確認して登攀開始したにも関わらず、激震部を無事、クリアして斜度の緩んだ頂上手前で、録画サイン(赤色のLED点滅)を確認したら、消えていた。かなり危険な状態だが、登攀時には点滅していたので、大丈夫だろうと、高を括っていたら、自宅に戻って確認して愕然(涙)全滅していました。あああああああ!!

F1010533

撮影失敗の可能性が高いので、GOAL後のダウンヒル(アップダウン)時に坂の様子が解る写真撮影と一部、再撮影を試みた。写真撮影は、問題無いが、動画の再撮影は、既に足が飽和しており、多くは撮影出来なかったので、坂の紹介は、主に写真とダウンヒル動画で提供致します。上の写真は、激震部25%入り口から直線400mを過ぎて斜度が緩和して来たところのものです。これでもマシな方なんですよ。

F1010534_2

一見、大した斜度に見えませんが、此処までで、足は完全に売り切れているかも知れませんので、この斜度でも充分遣られちゃうかも知れませんね。実際はインナー15近く、アウターでも15%てえところでしょう。極めて僅かな休憩時間を大切に!!って事でしょうか?

F1010535

この写真が実態を良く捉えているかも知れません。斜度上げRの曲がってからの斜度がまた最高です。御岳の斜度を完全に超えているだろうと思います。更に斜度が上がった錯覚に陥りますね。

F1010536

緩やかに曲がっている様に見えますが、体感では完璧に直線に思えて来るのが恐ろしい、視覚的にも痛めつけられるのが良いですねえ。

F1010537

此処では再撮影を試みましたので、短い動画が存在します。このRのインナーは30超でしょう。最初の登攀時では、全長3km前後の為、体力温存優先で、アウターを登攀しました

F1010538

上からダウンヒルしながら、一部は再登攀、再撮影したりして遊んでます。此処は、上の写真のRを下から見上げたものです。そそられるSの字だと思いますね。

F1010539

やっと入り口に降りてきた所です。こんな超激坂が、何の変哲もない土建屋さんの倉庫の間を縫って、3km前後に渡って連なっている等と誰が思うでしょうか?この激坂の途中から先週登った湯久保の激坂のガードレールが見えたりします。しかし湯久保より、此処が断然高い強度だと思われます。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村宮ヶ谷戸 御前山登山道玉砕の図

Cut2011_1026_1127_59

通い慣れた御前山登山道ですが?
いはやは数年来てないと間違えますな!

標高1405m、奥多摩3山の中核の山です。宮ヶ谷戸から登攀すると5時間程度で、最後は、急斜面を降りて奥多摩湖にでられる、ちょっとスリルある登山が魅力です。時々自転車担ぎも見受けられますが、サス沢だったか?奥多摩湖へ降りる急斜面は、自転車担ぎは危険でしょうって感じの山です。登山道は此処の他にも結構ある様ですが、此処からしか登った事がありません。山頂の景色や特に途中で見られる富士の絶景が素晴らしい!

そんな山の登山道ですが、昔はダートでしたし、ガレ場だった様な気がします、それが麓側の整備が進み、コンクリートで固められて、確かにMTBモードになってましたね。頂上までは、担ぎが必須なので厳しいかも知れませんが登って登れない山ではないでしょう。でも今回は、激坂探索で、此処は複数の奥の細道の起点でもある故、半分物見遊山嘗ての山道にアタックして、即敗退しました斜度のレベルが違いますわな・・・・・・・sweat01
POPの永島店長!此処如何ですか?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村宮ヶ谷戸 御前山登山道玉砕の図 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月29日 (土)

耐え難きを耐えやっと掴んだ!

耐え難きを耐えやっと掴んだ!
ゴールがこれっすかあ?何と25%が延々1キロ続きさらに楽だの瘤みたいな何度かアップダウンしてゴールが

寂しいぞ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

幻の車バック走行の激坂の入り口

幻の車バック走行の激坂の入り口

まだ確かではないが幻の超激坂の入り口らしき場所にいる
誰も居ない!長閑である

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

関戸でフリマやってます

関戸でフリマやってます

まだ人は少ないですが、今日は天気も良いので沢山集まるだろうなあ!

しかしいったい誰が主催してるんだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂ダウンヒル

Cut2011_1026_1107_26

東京都桧原村元郷の激坂ダウンヒル

この坂で、充分疲弊させて戴きました。僅か1kmの坂で、ずっと真っ直ぐを食すると、お腹イッパイ。この先何が待ち構えているのか解りませんが、いける所まで行くしかありませんなあ!ところで、おいおい飯食ってねえじゃねえのか?と誰かが言った様な?でも下界に降りるのも面倒臭いし、ここはまあ行っちまおう!と何も考えずに、次の探索エリア宮ヶ谷戸方面へしずしずと向かったのであります。都道205号線で、元郷から桧原村役場前の本宿の交差点を、右折してマイナーな北秋川の奥地へとメリーを走らせて行きました。もう少しで、嘗て慣れ親しんだ御前山の斜面が見えてきますが、次回に続く。

 

にほんブログ村 自転車ブログへ
Logo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂ダウンヒル "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今日の多摩川

今日の多摩川

今日の多摩川は少し肌寒いですが、穏やかです。今のところ無風

さてまたしても性懲りもなく、奥多摩詣でに遣って参りました。しかし今日はいつもと少し違う緊張感と期待に彩られているんだなあ!

先週、奥多摩の地元の方からお聞きした車がバックで登る坂に挑戦しますよ〜!性懲りもないですねえ(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年10月28日 (金)

昭和の痕跡 大井町の!?

F1010506

近代的大都会 TOKYO に在って
昭和の痕跡を色濃く残す大井町が好きだね!


大田区の不可思議で記事にした山王界隈の「昭和」も雑然として、有機的な佇まいを肌で感じる事が出来る稀有の横丁が息づいていた。此処はまだまだ現役でいられそうで、得体の知れない安堵をかんじたものでした。一方、東急大井町線沿線の街並みも、初めてTOKYOに来た時と変わらず雑然として、大いに人間味溢れる細長い一角がなんとも言えない不思議な魅力に溢れていた、そうそれが数年前の事だ。大井町駅から旗の台辺りまで、長屋の軒先を伝う極細の置くの細道が続き、大井町線の高架と家々の庇の隙間からは、長方形の空が見えた。

それが今では、奥の細道も寸断されて、街の整備事業で消え去ろうとしているのだ。それが時代の流れだと、理解はするが、鋭角的近代化の鎧を被ると、人間臭さが消え去って何処にでもある清潔で平凡な街に成ってしまうのだろうな。街は、何処か肌の温もりが似合う生活の香りがする癒しが必要なのである。美しく整備された街だけが美しいのではなく、何処か心に引っ掛かるカオスの尻尾を必要としているのである。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "昭和の痕跡 大井町の!?"

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂激震部を行く!!

Cut2011_1025_2030_31

東京都!檜原村 下元郷の激坂
その激震部を行く!

この絵・・・・いいでしょう!真っ直ぐ、ずっと真っ直ぐで、先が良く見えてます。坂の美しさは、滑らかに折れ曲がった美しいRの存在なのですが、坂の清さは、この絵の通り!もう何も言う事は有りませんね。やはりSAKABAKAとしては、直登が基本ですから、こう言う激坂をずっと直登するのは、休めないので厳しいですよ。いつも愚痴りますが、休憩ダンシングが出来たらなあ!!と時々?否毎回思いますねえ。真っ直ぐだと乳酸飽和で、残りは意識飛ぶまで?
危険ですねえ!確かに残り10mGOALなんて時には、飛びそうになりますねえ!

まだ沢山坂を登った訳じゃないのに元気無いのは、此処まで自走75km、何故かローディーサン達のトレインに便乗させて戴き、事もあろうか、メリー限界の35で引いて戴いたからですね。SAKABAKAは唯我独尊!楽?しちゃ成りませぬ!

Cut2011_1025_2054_04_2


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂激震部を行く!! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月27日 (木)

楽天ってどんな会社なんだろう!?呆れてものが言えないぞ!

Cut2011_1025_1036_03

某国エージェント様から依頼があって、ネット販売で、あるモノを購入する事になった。色々調べて、楽天ショップへ、カード決済で発注した。すると直ぐに、長ったらしい発注番号やら色々な注意書きやらが書き込まれた「注文に関するお知らせ」メールが届き、確かに注文を受け、準備が出来次第直ぐに商品を発送させて戴きます。と書いてあった。以来無しのつぶてで、待てど暮らせど全く音沙汰がない。納期は徐々に迫っており、ショップに連絡を取ろうとしても、メアドも電話番号も掲載が無く、仕方なく最初に届いたお知らせメールに、どうなっているのか?連絡請うと書いて送ってみた。その後の対応を時系列的に記載すると以下の通りで、あまりのお粗末さ、顧客無視に怒りを通り越して呆れ果てました。

10月13日 楽天ショップ発注
10月14日 お知らせメールが届く
10月21日 注文した商品の在庫切れで発送が遅れるとの連絡
10月21日 発注して8日後に在庫切れ連絡!!の在り得ない対応にクレームした
10月21日 楽天に対して経緯報告と問題解決を依頼
10月22日 楽天から訳の解らない内容のメールが届く
        1.件名・添付ファイル、非公開メモなど不要な情報がないかもチェック
        2.あて先のメールアドレスは正しく・・・・・・・・・以降意味不明な文章・・
          意味が解らないメールをお客に送ってくる無神経な対応に呆れ果てる
10月22日 同上のメールに何の意味が有るのか質問、以降楽天からは何の回答も無し
10月25日 楽天、及び同ショップから全く連絡も無く、こちらからキャンセル通知送信
10月26日 キャンセル通知した筈なのに、ご迷惑をお掛けしました。商品を発送させて
        戴きました。・・・・・・・・???・・・・・・・・・何なんですかねえ?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂

Cut2011_1025_1959_48

東京都檜原村 下元郷
此処にも素晴らしいのが生息してました


北秋川の斜面は、宝の山かも知れません。其処はかとなく坂の匂いが漂って来るのが解る訳ですよ!いつもの通りそれはパチンコ屋の発見と同じ様な感覚ですがね。坂の居そうな所に共通するのは、単純ですが斜面の存在でしょうね。大まかに山側の斜面を見ながら、坂の匂いをかいで行くのですよ。此処で坂発見の特異点を明らかにするとですねえ!神社の鳥居、お墓の存在・・・・これらは皆、一般の民家よりも格が高いので、必ず斜面の高い所に建てるのですよ。ですからそう言う目線で、徘徊すれば1つのエリアに必ず1つ以上の激坂エリアが存在するって訳ですよ。この坂も神社坂ですが、最初は、それ程厳しい坂だとは思っても居ませんでした。登って見れば、立派なスリット坂!駄目元で発見した坂の匂いに従って先ずは登ってみましょうね!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村下元郷の激坂 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月26日 (水)

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村元郷002坂

Cut2011_1024_1412_15

下元郷への道すがら発見した激坂だったが?


これだけの表の顔が良いと意外とその裏側が驚くほど、貧相だったりするものですが、その通りでした(爆) 往々にして素晴らしい激坂のスタートポイントは、貧相な坂が起点だったりするものです。貧相だからと言って坂を見ないで次へと駒を進めてしまうと、思い掛けない大物を釣り逃がす事に成りかねないので、先が見えてしまう場合を除いて、坂とあれば必ず登って見るを心がけましょう!そうしている内に、足もまったり熟してくるものです。

段々と運命の激坂に誘われていたのでした。やっぱり呼ばれていたのです。次回、まさかこのエリアにこんな坂が!!!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村元郷002坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

峠の茶屋ダウンヒル001 全貌

Cut2011_1012_2010_54

峠の茶屋ダウンヒル全貌

と言っても可愛いもんですがねsweat01お手軽峠の割には、素晴らしい景色が堪能出来て、更に美味しい豆腐ソフトまで食する事が出来るのですから、願ったり叶ったりの環境ですねえ!
次回は、峠の茶屋から先のダートを走って見ようと思っていますので、そこもMTBの方々是非、行きましょうかね!!?勿論、こちらはMTB持ってませんからミヤタ君で出陣じゃあ!!ですよ。ママチャリでも殆ど問題ない峠ですから!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "峠の茶屋ダウンヒル001 全貌 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月25日 (火)

誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村元郷の目覚まし坂

Cut2011_1024_1348_51

桧原村 元郷の最初の坂

桧原村役場の手前の橋を渡ると、北秋川の元郷と言う集落に出ます。実はこの領域は、全く手付かずで、灯台下暗しでした。北秋川の斜面の急激なエリア、つまり激坂の巣窟は風張林道周辺だろうと、高を括っていたのです。概ね川から山の斜面までの1kmがこのエリアにお住まいの方々の生活圏で、桧原村役場までは、それ程素晴らしい斜面があるとは思えなかったのですが、走ってみて大いなる収穫がありました。この坂は地図の通り橋を渡って直ぐみつかる坂で、何処かでヤニ出しをしないと、体が動きませんから、大した坂では在りませんが、汗を掻く目的で登って見ると、中盤から意外なほど急になり最後は行き止まりでした。この位の坂を3,4つ登れば戦闘準備は万端です!この後、元郷から下元郷へ探索を続けると、坂が呼んでいました!!

Cut2011_1024_1352_33


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 檜原村元郷の目覚まし坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

何度見ても良い顔してますねえ 雪ヶ谷の金太郎坂



本門寺界隈の激坂エリアも勿論通勤圏内
中でも雪ヶ谷の金銀銅坂は顔が良い!

中でも、この金太郎坂の佇まい、威風堂々、頑固一徹の一直線坂!清いですねえ。この坂を朝からヨッコラヨッコラと登っているオッサンと言うのも如何なもんでしょうか?と自らそう思うのですから、いささか逡巡の匂いもするが、SAKABAKAに年齢は関係ない。だがしかし、ドンキホーテは意気軒昂なれど、セルバンテスのミヤタ君の具合が悪い。ペダルを踏む度に、ギ~シギ~シと音を立て、嫌よ嫌よと言ってる様な?かれこれ7年以上も彼に跨って、幾度と無く恐ろしい距離を、風車を目指して走り抜け、老いぼれたとは言え戦友を見捨てる訳にもイカンわい。歯飛びも激しくなった折、そろそろメンテせにゃイカンですな。時に老兵を労うのも、SAKABAKAもののふの習いであろう!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月24日 (月)

Angel Angle 奥多摩周遊路

Cut2011_1010_2144_22

実は奥多摩周遊路真面目に走ってみたのよ
だから音楽も煩い系を!?


本宿でばったりと煩い音楽が消えると、耳がまだガンガン鳴ってるのが解るね。こう言うタイプの音楽は、実は殆ど聴きませんsweat01 ゆっくりキースジャレット聴くのもいいし、でもやっぱりボサノバが最も心地よいと思いますねえ。力の入らない曲が癒されますもんねえ!
自転車の話に戻すと、奥多摩周遊路真面目に踏んでみましたら、メリーは最高速度が35しか出ない設計に成ってましてね。それでもハタ坊みたいにクルクル廻して頑張ってみた訳ですよ。それを更に2倍速で放映するとこうなります。途中で警察車両や消防車がイッパイいて物々しいエリアをするっと過ぎちゃいました。やっぱりカメラは右側に付けないといけませんね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 奥多摩周遊路 "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境  2011/10/23 写真集

F1010509_2

神社を越えた辺りですが此処から
激坂がスタートします。


檜原村下元郷エリアで偶然発見した激坂は、平均斜度20%の直線300mで、途中で出会ったお婆ちゃんから貴布称伊龍神社から先は自転車では登れないよ!と言われちゃいましたが。片手撮影モードから完全本気の固定カメラに切り替えて直線20%を何とか登る事が出来ました。しかし疲弊激しく、その後の更に恐ろしい激坂登攀に色濃く疲労の残骸を残しました。

F1010510

完全本気モードで固定カメラに
切り替えたポイント


こんな感じのスリット状の激坂で、直線なのが素晴らしいですねえ!此処から固定カメラに切り替えて、300mをまったりと食す事が出来ましたが縦の休みを多用して亀の子でした。

F1010512

GOAL地点ですが行き止まりでした。
此処までが生活圏でしょうか?


頂上は、行き止まりになっており、北秋川斜面の特徴であります。概ね登攀口から最大1kmの長さで、斜度は最低10%、MAX20%超がほぼ直線で続きます。山の斜面ギリギリまでが生活圏なので、山の斜面まで1kmの生活道路が続いている状況です。

F1010514

御前山標高1400の登山道は玉砕しました。

次のターゲットは、檜原村宮ヶ谷戸エリアです。嘗て良く登った御前山の登山道に挑みましたが、信じられない様な斜度で、歯が立ちませんでした。昔はダートでしたが、かなりコンクリート化(舗装じゃない)が進んで、MTBなら途中まで登攀可能かも知れません。

F1010515_2

宮ヶ谷戸から湯久保 白樺山荘へ向って探索

居ました、いましたとも素晴らしい激坂です。このエリアで最強の風張林道を彷彿とさせますが、斜度は、こちらが絶対上だと思います。Rが複数あるのですが以下の通りで!?

F1010520

全く休めない斜度上げR

全く優しさの欠片も有りませんから素晴らしいですね!20%前後が1km続きますが下元郷の激坂、御前山登山道と連続攻撃に加えて、この坂に辿り着くまでのアプローチ坂でも乳酸音頭!で苦しみました。この坂の顔を見て最初から玉砕を覚悟した次第ですが、毎日のスクワットの賜物か?乳酸塗れで意外と粘れましたわsweat01でも勿論玉砕で3度の足付きをしました。

F1010516

湯久保の激坂のスタート地点の風景

此処まで、ずっと登りで10%前後の坂が続きます、風張林道アプローチ坂に似ています。2km程度のアプローチです。此処の掲示板の内容にビビリました!!

F1010517

平成20年の事でもね熊が・・・・居るのね!

誰にも会いませんでしたから、熊も居そうですよね。遭遇したくは有りませんが、突然ばったりてえシチュエーションが最もヤバイそうですよ!

F1010521_2

GOAL地点ですが?
左側に本丸が見えますね!


散々疲弊に疲弊を重ねて、3度も足付きしてやっとGOALしたと思ったら、何とその先にも奥の細道が居るじゃあ有りませんか!?本丸は、此方の方でしょう!最初から30%近い細道を最後の乳酸撒き散らして登って見ましたが、先を見たら戦意喪失!この苔苔の上に細道で30%・・・・・最高過ぎるシチュエーションに目眩がしましたとも!ここで挑戦は終了しまして、最後に天空写真をパチリ!!

F1010519

奥多摩の山々が霧に煙っています。

辺りには、人っ子一人居りません・・・・と感慨に咽んで居りましたら、この辺りにお住まいのオジサンが、とことこ歩って来て、世間話を!まあ良くも此処まで来れたものだ!とは仰いませんでしたが、何とこの近くに更に凄い激坂があるそうで、車でも登るのが大変だとか?で、ムフフフ・・・これはもう来週 1本絞りでアタックしますとも!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月23日 (日)

空が凄いわ!遠くに富士が!

空が凄いわ!遠くに富士が!

多摩川を下っているとふと空一面が桃色に染まってました。
遠くに富士が見える!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桧原村湯久保のこれは?

桧原村湯久保のこれは?

やはり北秋川の斜面は凄いわ!風張林道が凄いと思うなかれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

馬頭刈尾根の超激坂発見

馬頭刈尾根の超激坂発見

桧原村元郷の北秋川山側斜面に凄まじい超激坂を発見し片手撮影を端から断念して登ってみました。平均斜度20%で400メールはなまった体には厳しいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

発見したぞ!物凄く物凄く大真面目な動画です是非是非ご覧下さい。

Cut2011_1022_0939_14

うーーむ!?
これとSAKABAKA何が違う?


よくもまあ、これだけの恐ろしい動画を集めたものだと感心しますな。洋の東西に関わらず何処にも居るものですねえ!変な人は?と言いつつも、果たして我等SAKABAKAは如何にと尋ねれば、そりゃあ50歩100歩、ドングリの背比べてえ事でしょう。自転車で坂を登るのは、ホモサピエンスの遺伝子の正常なる働きだと思いませんか?ヒトの♂は自転車に乗って坂を登りたい生き物なのですよ。それが証拠に、ヒトの♀には、SAKABAKAはおらんでしょ??

・・・・・・・・・・・・・・否!ほんの僅かに突然変異の♀が居る様な、居ない様なsweat01
口上はさて置き、人の不幸を心から笑って頂戴ませませsweat02

 

続きを読む "発見したぞ!物凄く物凄く大真面目な動画です是非是非ご覧下さい。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

Angel Angle 払沢 峠の茶屋002

Cut2011_1012_1952_08

ウェスタン&カントリーもなかなかいけるもんだね!
坂は大したことないけど、最近動画はリスニング!


動画編集で、最近のマイブームは、なんと言っても音楽シンクロだね!今も峠の茶屋002の編集と、ブログ記事書いてるのですが、バックグラウンドは、記事、五日市サヴァビアンに挿入したボサノバを聞きながら作業してるんですよ。ああ!やっぱりボサノバ良いですねえ!真昼の地中海に白い帆のヨット、風が海辺に面した部屋を通り過ぎて行く、アレキサンドリアのホテルだなあ!そうだあの港で鯛が釣れたっけ!?あの時は、カミさんになる人を日本に置いて来ちゃったもんなあ!もう30年も経つからアレキサンドリアも変わっちゃっただろうなあ!?ベルギーから帰る時にカミさんを連れて行こうか?と思う。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 払沢 峠の茶屋002 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今朝の多摩川

今朝の多摩川

西の空が明るいのが救いですね!

雲は南から北東に流れている。まあ今日は大丈夫だろう!またもや奥多摩探索に向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月22日 (土)

関東SAKABAKA決定戦!!激坂四天王 この激坂を1日で全部制覇出来るか?

Photo

№001 ラピュタ
平均斜度20%最大斜度28%激坂ランキンウ3位

Photo_3

和田を通過して、相模湖方面へ降りる途中に陣馬街道から少し引っ込んだ所に八幡神社があるので、その前の道を道成りに登った突き当たりにラピュタの入り口があります登って行くと民家の軒先を掠めて、ひび割れた路面が続き途中の斜度24%程度の所に竹の子センターが見える。この地点で半分の道程をクリア、此処から突き当りT字路までが地獄です。この地獄をクリア出来れば勝利は目前です。

Photo_4

№002 日の出山 登山道
平均斜度20%最大斜度29%激坂ランキング1位

Photo_5

武蔵五日市の駅から秋川街道経由で、つるつる温泉方面に向かいます。途中で白岩の滝や浅生山登山道等、色々な意味で恐ろしい所があるが、目もくれずにつるつる温泉を目指して下さい。温泉では、戦いの前の糖分補給で、ソフトクリームを食する事!体が落着いてきたら、意を決して、つるつる温泉手前の熊野神社脇から、シズシズと登って行きましょう。決してモガいては成りませぬ。渾身の力を振り絞ってモガクのは、GOAL手前の橋からです。それまでは只管、直線20%に耐えるのみ!GOAL間際が30%在ろうかと感じる最難関のポイントですから、意識が飛んでもペダルを踏み続けて下さいませ。ひょっとするとGOAL出来るかも知れませんsweat01

Photo_6

№003 御岳山
平均斜度22%最大斜度30%激坂ランキング2位

Photo_7

御岳山は、パワースポットとしてテレビ等で紹介されたりして有名です。行き方は青梅吉野街道に沿って道成りに登って行けば、途中に御岳ケーブルカーの看板などが幾つか建っていたりして、最も解り易い場所でしょう。入り口の赤鳥居から1.5kmがケーブルカー滝本駅へのアプローチ坂で、この坂でも平均斜度15%、最大20%あります。滝本の駅でアユの塩焼きを食して、塩分補給を心がけて下さい。約40分前後、モガキにもがく時間が続きますので、覚悟して下さい。滝本の駅前の鳥居を潜ってからが本道ですが、鳥居下は30%の激坂です。以降30%レベルの坂が2つ存在しますが、其処まで辿り着いただけでも立派ですから玉砕しても恥ではありません!!勿体無いですがsweat01
極めつけの「御岳最強の女坂」が最後に待っていますが、この坂は、神聖な坂ですので、決定戦の対象外とさせて戴きます。此処まで3つの超激坂を制覇して来ていますので、この時点でSAKABAKAマスター決定です。SAKABAKA-KINGは、最後の駄目押しをクリアして決定と成ります。

Photo_8

№004 名栗 鳥居観音
平均斜度18%最大斜度30%激坂ランキング4位

Photo_9

駄目押し、ラスト1には、鳥居観音を配置しました。此処まで来るには、御岳から青梅坂を下って小澤峠を越えて、名栗へ向わなければ成りませんが、御岳で固まった体を成木街道の緩い登りで解しながら行くのが良さそうです。鳥居観音も日の出山同様、直線系の激坂です。途中の一方通行のエリアが最大斜度で29%以上は在るでしょう。此処をクリア出来れば、ほぼSAKABAKA-KINGを手中に収めたと言って良いでしょう。足は、パンパンだろうし、30%の直線10mが襲ってきます。美しい情景ですねえ!苔に注意して制覇して下さいませ。因みに、今の小生の力量では、1日24時間で4激坂制覇は、不可能だと思います。もしも4激坂に挑む勇者が居られるなら、是非お知らせ下さいませ!成功の暁には、ささやかな慰労会を設けさせて戴きます。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カダフィーの死の影で

Photo

リビアのカダフィー大佐が死に
サウジでは、東部カティーフで弾圧が起きている


もう、30年も前の事であるが、まだ学生だった頃、ボランティアなる言葉が渡来して間もない時期。学生運動も下火になり、血気盛んな学生だった私は、金は出すが人は出さない富国日本と揶揄されるニュースを見て、当時悪政を敷き多くの難民を生んだカンボジアの難民救済に向けて旅立った。若気の至りとはこの事であろう。今考えれば良くぞ無事で帰って来れたものである。アルバイトで稼いだ金の殆どを注ぎ込んで、バンコックで、ヒッピーもどきの青年や青年海外協力隊のオバハン達と立ち上げた国際ボランティア組織の活動に勤しんでいた。その活動は、やがてアフリカのソマリアやパレスチナにもおよび、組織も拡大していったものである。その頃に大学の級友達とアラブ青年団なる如何わしくも、大真面目なチームを編成して学生祭で写真展示などをしてパレスチナの参上を訴えたものである。その級友の一人に、フゼイン・アル・モアレム君が居た。彼はサウジ東部のカティーフで150?年に生まれ、それは和暦で言えば昭和32年生まれで、小生と同い年。そう判明して以来、親交を深め、小生の結婚式にも出席してくれて、流暢な日本語とアラビア語交じりの微妙な祝辞を戴いたのを覚えている。

彼はサウジに帰国して、石油大学の教授に成った。その頃までは、時々国際電話で話したりもしていたが、ここ10年は全く音信不通でいるのである。今朝のニュースで、リビアのカダフィー大佐が射殺されたと報じられ、驚きはしなかったが一方で、サウジのカティーフのデモ隊が武力で鎮圧され、裁判も無しで市民が投獄されたと聞きおよび、思いは30年の時空を捲る。フゼインがよく言っていた。サウジには大多数のスンニ派市民と、少数のシーア派市民がおり、古くから少数派のシーアは差別迫害の歴史だったと。級友はサウジのシーア拠点であるカティーフ生まれで、勿論彼の実家はカティーフに在る。

Photo_3

中東の民主化は、リビアの勝利を機に、その加速度を増して行くだろう。その過程で多くの犠牲者がでる事は、歴史が証明している訳で、級友と彼の家族の無事を祈らずにはおられまい。級友の連絡先も、もう定かで無いが石油大学には、まだ在籍して教鞭をとっているだろう、FACEBOOKが駄目でも大学に直接連絡すれば、消息が掴めるかもしれんな!?
兎に角、家族皆無事で居て欲しいと思うものである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月21日 (金)

Angel Angle 払沢 峠の茶屋001

Cut2011_1010_2205_25

本命の払沢峠の茶屋

地図には、薄っすらと結構な距離、峠が続いてる様に見えますが、きっと更に地図に無い道があるに違いないと思って、有名な豆腐屋のちとせ屋さんの脇を払沢の滝方向に曲がらずに真っ直ぐに登って行くと峠の茶屋まで4km程度でしょうか?平均7%前後の坂道が続き、意外なほど呆気なく最終地点の峠の茶屋に辿り着く。茶屋を左手に見ながら更に進んで行くと、眼前に否応なく飛び込んで来る奥多摩の初めて見る絶景に暫し言葉を忘れる程である。この最高のタイミングで、携帯が鳴って!誰あろうベルギー殿から電話である。夫婦というのは驚くべきものだ!モンヴァントウでもしかり、ナイスタイミングで現れる未知の意思疎通なのだろう!絶景を写真で見ても感動は少ないだろうが、だがそれで良い!
このタイミングが共有出来た事が嬉しいのである。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 払沢 峠の茶屋001 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月20日 (木)

友の弔いの日 長野の空は紺碧の

F1010503

F1010504

長野に行って来た
友の弔いの日


齢51でクモ膜下出血で倒れ僅か2日で、鬼籍に記された我が友。明治大学空手部主将の彼が、いとも簡単に旅立って行くと誰が思った事だろう。殺しても死なない頑強な筋肉の鎧を纏い、若い時には大立ち廻りの武勇伝も数々あれど、心は純な一本気。小気味良い事この上なし、掛け値なしのナイスガイ。そう言う友を気に入って、折に触れて連絡を取る様になった。ヤツも時々本社に来ては、小生を訪ねてくれて、いつしか空手じゃあ勝てないが自転車で、ボコボコにしちゃるから、土曜のゴルフを返上して、我がママチャリについて来い!これが彼と交わした最後の言葉だっただろうと思う。

突然の電話で、ヤツが亡くなったと聞き、死に方もスパッとしたもんだな!と思ったものだった。曇天の朝、長野に行くに連れて、空は紺碧の色合いを増し、あたかも三途の川を写している様だった。俺は、ヤツの死に顔が見たくて朝早く、長野に向ったのである。だがしかし斎場に着いてみれば、金糸銀糸に包まれた、小さな壷に収まっちまって、往生の顔も見る事が出来なかったのは、彼の地の風習とは言え残念で成らなかった。仲間達が沢山集まっていて、久々の同窓会の様相で、これが死者の最後のご奉公だ。ヤツが久々の我等を引き合わせ、ヤツを偲ぶのもまた、感慨深い。聞けば、数日前より頭痛を感じていたらしい、こう言う突然死と言うのは大方、突然では無く、幾つかの予兆を伴なうものである!と知らされた。確かに、しかし確実に齢50は、病の年かも知れんわ。長生きはどうでも良いが、より良く生きたいものであり、より良く死にたいものである。 
合掌 19/10/2011

 


| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年10月19日 (水)

Angel Angle 五日市線界隈 サヴァビアン

Cut2011_1010_2125_15

ボサノバって大人の音楽だと思わない!!

この曲聴いてると、素晴らしい風景や、綺麗な絵画や、大いなる感動とか、どれも良いんだけど重たさが残る残像から解き放たれて、透き通った空気感の中に佇んである感覚がいいでしょ!背景にずっとボサノバが流れていて、気に成らない様で、でも柔らかく肌に触れてくる音の水滴って感じがするよね!だから何処にでも有る普通の風景の動画に、この曲を使って見ました。やっぱりこれが良いですねえ!!動画の途中で曲が終わっちゃうのはご愛嬌ですわ。この曲凄くいいなあって思わない!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 五日市線界隈 サヴァビアン "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月18日 (火)

30km通勤で発見した江戸の英雄達の ISHIBUMI

F1010498

洗足池の畔に佇む
勝海舟と民子夫人の墓


大田区の解説では、勝海舟(1823年から1899年)は、官軍のおかれた池上本門寺に赴く途中、洗足池畔に憩い、風景にうたれ、その縁でここに別荘を構えました。後に海舟 の遺言で、屋敷裏の台地に葬られたと伝えられます。妻である民子の墓は、後に青山墓地から移設されました。区指定文化財。とある。まあ、夫婦仲良く此処のお墓に入ってる訳ですな!で更に驚くべきは、勝海舟夫婦のお墓の隣のISHIBUM I !!

Photo_10

西郷隆盛留魂碑

なんと幕末の敵味方、相通じるもののふ達のISHIBUMIが仲良く並んで建っておるのですよ。驚きの空間が彼の大田区に在るのですよ!流石大田区!!ここでお参りを済ませて中原街道へと洗足池の畔をゆっくり走ると途中に綺麗な湧水に踊る錦鯉の小川を発見し暫し佇むのである。

F1010496_2

小生が下宿生活をしていた頃は、こんなに澄んだ水が流れる事は無かったし洗足池は、夏に成るとアオコが湧いて、臭いがする程だったのですが、大田区の長年の浄化作戦で随分綺麗な池に戻ったと感じます!流石大田区!!
そう言う訳で、僅かなルートの変更で、景色も随分変わるもので、それだけ江戸の色合いが濃いと言えるのは、彼の有名な「力道山」のお墓のある池上本門寺が大田区に在るからである! 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Angel Angle 百草手前の激坂

Cut2011_1010_2010_52

毎度のヤニ出し百草3坂ですが何か?

ほぼいつもの事ですが、概ね毎週、奥多摩北秋川を攻めていまして、毎週走り出しは驚くほど調子が悪い!これは癌騒動の慢性胃炎のせいじゃ無く、1週間のタバコのお陰ですな!(タバコ辞めたら~!と言う意見は、既に耳蛸である!)と言うわけで、毎週の奥多摩詣での走り出しが、酷い事に成っちまって、どうしても多摩サイをそれて関戸を渡ってしまうのである。関戸を渡って、その先は、激坂で知られるご存知百草!この百草界隈の指定3坂でヤニ出しモガキをすると、汗と共にヤニがガバっと放出されて、五日市に着く頃には、生半可な戦闘態勢が出来上がっているのである。先ずは百草手前の置くの細坂から!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "Angel Angle 百草手前の激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月17日 (月)

30km通勤をやってみると見える景色も随分違うな!

Photo

30km通勤にすると随分景色が変わって来るものだ

自宅のある品川区から、中原街道を通って蒲田に通うのが今までの通勤経路でしたが、30kmにするには、一旦大岡山方面へ出て、母校の正門を潜って大学構内の銀杏並木をゆっくり走って、洗足池方面に向かう事になる。

Photo_2

久々の母校には、見慣れぬ建物がたっていて

Photo_3

随分昔に建てられた通称ガンダム城に呼応して、また奇抜と言うか情緒の乏しい建物に仕上がっているのが面白い。この城で「友愛」などと銘うった御講演をされた方が居た様な?
更に先へ進むと、懐かしい千束の下宿が現れる筈ずなのだが?あれれこれはいったい?これまた久しい洗足池を周る内に、嘗ての下宿を完全に失念してしまいまして、仕方なく先へと進んで洗足池から、上池上方面に登って行き、最初の激坂群を楽しみ、西馬込へ迷子モードでウロウロと、戻って東雪谷の激坂地帯を時間を気にして蹴っ飛ばしハムして、久が原から何故か?池上本門寺を経由して国1を渡り池上通りを横切って、呑み川通常ルートへ戻って最後が蒲田。これで概ね片道15km。帰りは大井町、五反田方面へ向かってウオロウロすると合計30km超の小さな旅が終わるのである。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Angel Angle 百草ヤニ出しピーチ  心霊写真ですので気の弱い方見て下さい!!

Cut2011_1010_2034_49

百草ですが調子が上がらないです

イメージ的には「軽々と、するするーーと」何度か登れて気持ちいいてえシチュエーションを描いて、登りに行ってるのですが、最近はほぼ毎回、イメージとは程遠い登攀劇と成る訳ですよ。これはヤニの滞留ばかりじゃなくて、脂肪の蓄積が、大いに貢献していると見なければ成りませんね!最盛期より5kgもベッタリとくっ付いてる訳ですから、軽やかにと言うのは、夢物語てえ事でしょうか?鳥居観音は、自宅から70km弱で、登りだし最高で、楽勝モードだったのですが、鳥居に行く途中で更にヤニ出しが進んでいたのでしょう!兎に角、百草は早退して、指定3坂の最後が高幡不動激坂です。ところで、この心霊写真は凄いでしょう!!白昼堂々の得体の知れない腕が出てきて・・・・・・・??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 百草ヤニ出しピーチ  心霊写真ですので気の弱い方見て下さい!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月16日 (日)

ベルギー殿 今からこのブログ記事の動画から流れる音楽を聴いてちょんまげ!?如何でしょうか?

F1010492_2

久々に自転車OFFしまして
今、暇ですから


ベルギー殿、楽曲データ送るの面倒なので、記事に音楽を挿入しましたので、ちと聴いてみてちょんまげ!?Kちゃんも大いに気に入ってる、今、家で流行の曲であります。
ココをクリックするとYOUTUBEの画面に飛びますから、動画が出たら画面の左下の再生ボタンをクリックして下さい。動画がスタートすると同時に音楽が流れますのでど^^ぞ!!

ランキングもポチポチしといて!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Angel Angle 高幡不動激坂ヤニ出し2 comme ci comme ca

Cut2011_1010_2056_40

高幡不動の激坂で
駄目出しヤニ出し脂肪出し


この坂は、瞬間斜度が心地よい坂でして、百草に較べて登りが気持良いのですよ。真ん中の、右Rから左Rに抜けるS字が何とも言えず気持良いのは、そこそこ斜度が有るからでしょう!時々ウィリーしますから、登ってる感(御岳)が、ちょっと味わえるのです。しかし解っちゃいるんですがね。此処で遊んでると、動画に書き込みされて、アフォだのバカだの言われちゃうんでsweat01 あの感覚が解らない人から見れは、酷いヤツなんでしょうなあsweat01SAKABAKAの性ってのは、時に煩わしいものだったりしませんか?兎に角、此処で爆汗掻かせて戴きまして、体調はかなり向上しましたとも!!

ところで全然関係有りませんが、このcomme ci comme ca てえ言葉は何語だが解らないんだけど、ほぼ色んな言葉(英語でもフランス語でもドイツ語でも)の中に挟んでも通じちゃう万能言葉だと思うんだけど?どう?意味ですかあ大阪語でぼちぼちでんなあ??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 高幡不動激坂ヤニ出し2 comme ci comme ca "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月15日 (土)

チャリ通勤 大田区の不可思議!?その7


F1010484


蒲田松竹撮影所跡を発見した

灯台下暗しとは、この事でした。毎日のチャリ通で、お世話に成っている蒲田の駐輪場の入り口の真ん前のビルが、実は大正9年(1920年)から、大船に移転する昭和11年(1936年)まで、映画の歴史を刻んだ殿堂、松竹キネマ蒲田撮影所の跡だったのです。現在は跡地に区民ホール「アプリコ」の複合ビルが建っていて、敷地内には昭和61年(1986年)に制作された映画『キネマの天地』で使用された松竹橋(蒲田撮影所前に架かっていた橋を再現したもの)が残されています。

Cut2011_1014_1856_25

このビルの1階の階段裏にひっそりと写真の跡地の碑が建っているのでした。大田区の史跡として、以下の解説が成されていました。

大正9年(1920年)から、大船に移転する昭和11年(1936年)まで、蒲田の地で夢を作り続けた松竹キネマ蒲田撮影所の跡です。当時の蒲田周辺には 俳優も多く住み、「流行は蒲田から」と言われるほどの華やかさと活気にあふれていました。現在は跡地に区民ホール「アプリコ」が建っています。敷地内には 昭和61年(1986年)に制作された映画『キネマの天地』で使用された松竹橋(蒲田撮影所前に架かっていた橋を再現したもの)が残されています。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

本邦初公開w 名栗 鳥居観音ダウンヒルの全貌

Cut2011_1003_2024_29

いい顔してますねえ!
此処は2個目の安らぎRですな!

この位の坂は、幾つか峠登って来ても、問題なく登れるてえレベルに成りたいもんですねえ!!しかし現実は体力の衰えに僅かに贖うてえ程度だ。まあそんなもんだろうなあ!
欲張っても仕方ない年齢になり申した。だから在るがままでええのですよ。今出来るレベルでそれが良いのよ!と言いながら大人気無く坂を続けますよ。ムフフ

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "本邦初公開w 名栗 鳥居観音ダウンヒルの全貌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月14日 (金)

チャリ通距離を往復で30kmに変更してみた

テスト

月1000kmをノルマとして毎週の奥多摩攻撃と
チャリ通勤を続けているのだが?

奥多摩をもっと余裕をもって攻める為には、最低150kmの距離の縛りを無くした方がノビノビと迷子に成れると考えて、毎日のチャリ通距離を往復で20kmから30kmに延ばしてみました。今までの馬込激坂通勤は、そのまま継承して、まだあまり走った事の無い久が原エリアを追加してみたのですが、馬込に較べると坂度!!は随分とまろやかになって若干物足りなさを感じます。徐々にこのエリアの探索を進め、こちらのエリアでの激坂通勤を確立しようと思います。写真は、久が原エリアの坂の匂いをかいで行き当たったとある神社の朝の風景です。秋を感じますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

本邦初公開 超激坂名栗鳥居観音 フラペ完全シッティングのハイパーママチャメリー初走破・・でも?

Cut2011_1003_1945_03

ポタの積りが戦闘モードでアタック!
最初は楽勝モードだったのですがsweat01


嘗て奥武蔵白石から奥多摩風張峠まで、峠三昧の途中で発見してちょっと登って、その恐ろしさに驚いた屈指の激坂に、最初は挑む積りも無かったのですが、ツイツイSAKABAKA遣っちまいました。が?正直、最大斜度エリアで流石の大腿四等筋のグリコーゲンも底を尽き、よたって滑ってあれれの足付き1回・・・・未完ですなsweat01
ハイパーママチャのメリーでアタックしたのですが、フラペで完全シティングでは、厳しいですねえ!ダンシングが出来ればもっと楽な坂なんでしょうが、お粗末ですわ。でも忍耐ポイントが解りましたので、成木で少し足殺しても大丈夫だと思いました(負け惜しみ)あの、一方通行のエリアを縦の休みで凌げば、後は概ね問題なく登り切る事が出来ると確信しましたが・・・・・・・・ああ!体力落ちましたねえsweat02

坂のスペックは平均斜度が、20%前後てえ所でしょうか、御岳と変わらないのですが直線ですので、この部分では御岳より厳しいです。ママチャリ系自転車ですと全部シッティングで休憩ダンシング不能ですから更に厳しいです。1km程度の全工程で休憩Rは僅か2箇所。最初のR手前が最大斜度。此処を凌げば勝利です。
ラピュタとの比較では、ラピュタが上位かも知れません、ただ20%超のエリアで苔の回避を強いられますので難易度は結構高いでしょう。

やっぱビンディング&休憩ダンシング
出来ないと苦しいねえ!


エロビスさん
大宰府の大根地と較べてどうですかねえ?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "本邦初公開 超激坂名栗鳥居観音 フラペ完全シッティングのハイパーママチャメリー初走破・・でも?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月13日 (木)

SOMEDAY SOMEWHERE SOMEONE

Cut2011_1013_2141_48

やっぱり左に行く人、左から来る人が断然多いよね
右側は、マイナーなのかしら?


と言う訳で、某所にて定点観測をしてみたくなったが、結果は思ったとおりであったわ。でも自分的には、右側が面白いんだけどなあ!?今度は、左側の斜度のありそうな所でローディーさんの雄姿を定点撮影してみようかなあ!其々のスタイルが面白そうだし、参考に成るかもしれませんよ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風が吹くまま気の向くままポタ 3発目 成木激坂30%超

Cut2011_1003_1908_22

やっぱり風向きは成木
勿論!此処でも見てみぬ振りは出来ませんよ


久々に、青梅坂を登って一路、名栗方面へポタポタと走って行く・・・イコール、あそこか?此処かって選択肢に絞られちゃってますもん、風の向くままポタポタってえ感じじゃ無くなって行くのが解ります。子の権現は、この時点で北側ルートしか取れませんので、行くとしたら未登峰の鳥居観音てえのが必然です。鳥居観音は、関東でも屈指の激坂の一つですから、根性入れないと登れませんが、駄目元ポタで行く事に自分を納得させると、エンジン全開、足慣らしとかで、ついつい坂登ってしまいます。この坂は成木街道脇で発見した荷物運搬用のケーブルカー激坂で、3~40%は確実です。1発ツモは有り得ませんので、何度かアタックを試みて、載った時点で勝負有りてえタイプの瞬発坂!何の影響もありませぬ!
今、動画を見れはペットボトルを持ち帰るの忘れてました(スンマセン)あれがボトルホルダー越に足に引っ掛かるんですよ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "風が吹くまま気の向くままポタ 3発目 成木激坂30%超 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月12日 (水)

風が吹くまま気の向くままポタ 2発目 青梅の白坂

Cut2011_1003_1856_30

青梅の夏の扉と言う洒落たカフェを横目で見て
先を彷徨すると白い坂が!?


修繕ホヤホヤって感じの白い坂が、ちょっと気に入って乗ってみましたが、普通の坂でした。解っちゃいたのですが、此処まで来て収穫1坂じゃあSAKABAKAとして寂しいじゃないですか!故に楽して登って、その思いは既に青梅坂を越えて成木から名栗と、気もそぞろです。でも全く根性入ってませんとも!マジでポタですから(爆)。しかし実体は徐々に選択肢が狭まって、やがては名栗なら・・・・・・・・??って所に?否、子の・・・・・・って所も?
ああSAKABAKAてえのは、不便な生き物ですなあsweat01


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "風が吹くまま気の向くままポタ 2発目 青梅の白坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月11日 (火)

爆発的食欲が止まらない!?

爆発的食欲が止まらない!?

食い物をこのブログに載せるのは久々の事
なにせ食い気が止まらぬ故困り果てて!?

ブログを365日、毎日更新する。毎月1000km走るの2つが目下の所、小生が自分に課した命題である。勿論A型故に、コツコツと其れを実行しているのだが、困った事に最近の癌騒動の以前から、爆発的食欲が止まらないのである。特に問題なのが、週末の山登り!主に奥多摩を攻めているのであるが、概ね7時に出発して午後7時前後に帰還するトライアルを毎週繰り返しているが、ご帰還後の本能的爆食いに往生している訳である。
ベルギーのカミさんからは、毎回、それをチェックされるのだが、その時は気を付けようと思うが、ついついフラフラと冷蔵庫の前に立ってしまうのだ。今の所、毎日のチャリ通で毎月、400km,奥多摩の坂や峠アタックで、600km合計1000kmが概ね達成出来ているのであるが、体重は維持?微増の傾向にある。確かに爆食いしても思った程、太らない体質には成った気もするのであるが、微増を繰り返していつしか5kgの豚肉が腹回りにべったりと付着してしまった感が否めない。

問題の奥多摩でのネルギー収支を計算して見ると??
収支は概ね以下の通りである。

■奥多摩走行時の消費エネルギー  4,620kcal

Cut2011_1011_1325_29

■体重、速度、消費エネルギーテーブル

Cut2011_1011_1325_47

■基礎代謝                                    1,610kcal          

Cut2011_1011_1326_03

■総消費エネルギー量=4,620kcal1,610kcal  = 6,230kcal 

以下の計算でシミュレートすると、週末ロングの総摂取エネルギー量が6,230kcal を超えなければ、自然に元の体に戻る事が出来るのであるが?先週土曜日の摂取品目と摂取エネルギーを算出して見ると?

■走行時摂取 1,826kcal
アイスクリーム×4個(896)、おにぎり×2個(400)、コーラ2本(100)、バナナ2本(172)、よせ豆腐(72)、ヨーグルト3個(186)

■帰宅後摂取 4,206kcal
アイスクリーム抹茶スーパカップsign03×4個(896)、パイナップル1個全部(84)、ヨーグルト3個(186)、煎餅4個(1520sweat01)、たい焼き1個(222)、インドカレー(593)、饅頭3個(705)
■合計     6,032kcal 

この計算で行くと、徐々に体重が元に戻らなくては成らないのですが?と言う事は、週末ロングのエネルギーバランスは取れているものの、週中でのエネルギーバランスが悪いと言う事になるのだなあ???sweat01やっぱり!!

無意識の物食いがイカンのじゃあ!!
記憶に残らない食い方もイカンわ
sweat01

自転車走行のエネルギー消費量計算

 にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

風が吹くまま気の向くままポタ  1発目青梅勝沼神社坂

Cut2011_1003_1838_37

何となく多摩川を走りたくないので
比較的空いてる青梅街道で何処かへ
気の向くままのポタでした


これが間違いだと解るのに、結構な時間が掛かりました(汗)環七は最初から駄目だとは思っていましたから、混んでいるのが当然で、想定内。しかし青梅街道に入って少したってから、ああ!ヤッパリ多摩川走っていれば良かったと大反省!も事遅し!あの狭い道幅に片側2車線てえのは、既に自転車の入る余地は無いって事ですなあ!仕方なく青梅方向と風が呼ぶので青梅街道をポタポタしてると、狭山湖方面へ行くか?青梅まで行くか、或いは名栗方面へ?てえ選択肢に成っちゃいまして、流石に御岳行く勇気も無く(汗)流れてポタポタそれも良い!

そんな訳で青梅に着いて、暫く青梅の激坂ハンティングの後、その先を何となく考えると、やっぱり成木、名栗ってえ事になりますわな!そんな中で青梅で発見した激坂2本!まあまあですがポタですから根性はいってませんとも!!?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "風が吹くまま気の向くままポタ  1発目青梅勝沼神社坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月10日 (月)

誰も行かない奥多摩の秘境  大岳山登山道 002 行き止まりで完

Cut2011_0929_1658_20

大岳山登山道
まあまあでした


最後が完全行き止まりてえのが、驚きでしたがまあまあの坂でした。台風の後何も整備されて無い様なので、道が凄い事になってましたが、斜度もそれなりで、普通の坂でしたね。
此処を登ったから、あの超激坂に逢えたと思えば、この坂も無駄じゃあなかったって事でしょう。坂は坂を呼ぶのですよ。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境  大岳山登山道 002 行き止まりで完 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 9日 (日)

誰も行かない奥多摩の秘境  大岳山登山道 001

Cut2011_0929_1648_45

行き掛かり上顔悪いけど昇ります
大岳山登山道


こう坂見てしまうと、それなりの坂だったりすれば、登らないでその場を通り過ぎるのは。難しいですよね。特に先が見えない坂の場合は、一応登ってから記事にするかどうかを決めてます。勿論、目論見が外れてボツになる映像も結構あるのですが、仕方ないですわ。
此処も微妙なんですがね。何とか山登山道てえのがに、ちょっと惹かれますでしょ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境  大岳山登山道 001 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 8日 (土)

これが北秋川界隈の最強の激坂だ!!30%は確実に越えるな!

Cut2011_1007_1921_28

北秋川方面205号線白倉 井戸川荘の激坂

此処は、この辺りでは、最強の激坂であろう!此処を登って道成りに行くと大岳山登山道に直結しており最後は行き止まりに成るのだが、この界隈の坂は平均で12,3%はあるので、何処を走っても其れなりに楽しめると思います。特に白倉の激坂は、上手く漕がないと小生のように扱けますよ!下手打ちゃ怪我しますから、登るのは自己責任でお願いいたします。お勧めは、白倉手前から、柳沢林道等、沢山激坂がありますので、それらを攻め終わってから、この井戸川激坂に挑むのがSAKABAKA流ってもんでしょう!

続きを読む "これが北秋川界隈の最強の激坂だ!!30%は確実に越えるな!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

言葉が出ない!

言葉が出ない!

F1010477


北秋川の名物 豆腐屋
ちとせ屋さんの脇を登って行けば!


皆さんは、このちとせ屋さんの脇を登る=払沢の滝を見に行くと思っている方が大半だと思いますが、実は裏の道を左折すると払沢の滝!真っ直ぐ登って行けば、頂上には峠の蕎麦屋と、信じられない位の絶景が待っているのでした!峠道は平均斜度7%前後でとても登りやすく、距離的にも4km程度で、途中にも絶景ポイントがあるのでした。

F1010474

花粉症対策杉伐採後の綺麗な坊主頭の谷?

兎に角、この峠は、数箇所の絶景ポイントがカーブを曲がって突然出て来るから結構楽しい峠です。斜度も大した事はないので、お手軽峠だと思いますので是非登って見て下さい!!

F1010480_2

更に驚いた事に、此処が甲州街道古道だとの事

この茶屋の先にもまだ道があってダートでしたから先には行かなかったのですが、奥が深そうでした。ただ地図上では、更に先の道は記載されていないのでした。こう言うのも探索の楽しみですねえ!?何も無いかも知れませんが
sweat01



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境  呼ばれちゃいました!大岳山登山道を反れて何故か?白倉へ?

Cut2011_0929_1635_16

呼んでたのは此処でした!!
ハイ出ました30%超級!!


呼んでましたよねえ!白倉ですか、まさかこの某山荘の先が、これ程恐ろしい所だとは、予想出来ませんでしたねえ!30以上は確実にありますね。最大40近いかも知れません。
こりゃあ遣らんとイカンでしょうけど、アンタ!足あんのかよお!とメリーが言った様な?
其れなりに足は熟れてますからねえ。でも大丈夫だろう、この程度なら池上40%と同じ様なもんですもんねえ!・・・・・それが??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境  呼ばれちゃいました!大岳山登山道を反れて何故か?白倉へ? "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月 7日 (金)

若き自転車海苔さんのご要望に応えて!

Cut2011_1007_2251_18

北秋川の激坂探索について
若き自転車海苔さんのご要望にお応えします


檜原村役場の先の本宿の交差点を左折すれば33号線で風張峠方面です、、右折すると205号線で風張林道、更に林道を登って33号線合流となりますが、小生の激坂探索エリアは今の所、地図に記した北秋川、白倉までの川の両斜面になります。残念ながらルートラボに載っていない激坂がメインですので、ルート図を掲載する事は、難しいです。故に地図の2つのエリアを迷子モードでウロウロしながら、激坂の匂いを追いかける作業を続けて探索しています。勿論!現地の方々に話をお聴きして、坂に辿り着くなんて事は良くありますし、会話するのも楽しいひと時です。特に爺さん達が良い味を出していて、会話が楽しいし、彼らは旧道を良く知っているので、取って置きの激坂に有りつける可能性もあります。

Cut2011_1007_2313_20

次のターゲットは、風張林道界隈と月夜見辺りが
匂いますねえ!!


きっとダートが多く成るとは思いますが、地図で見る限りは、細々した林道が多いと読んでいます。多くの林道が最後は登山道の様な状態で奥多摩周遊路の何処かへ繋がっている可能性もありますし、行き止まりもあるだろうけれど、どちらでも面白いと思いますねえ!
この地図に載っていない領域に間違いなく凄い激坂が潜んでいると思って宝探しをする訳ですよ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実は実話!!STRESSFUL-MORINING BUT 二人の違いは?

Cut2011_1007_1754_36

N氏の朝の出来事

充分な睡眠もとれた朝は、お天気も素晴らしく、気持ちよくジテ通を開始して、ルンルン気分で中原街道から馬込の坂を楽しんで、呑川を降って池上本門寺前を走っていましたら、何故か自転車が渋滞していまして?呑川の岸辺の通学路がこんなに混むことは、これが初めてで、何が詰まってるのかと、自転車をゆっくりと掻き分けて先頭に出て見れば、この狭い道の道幅ギリギリで大宮ナンバーのお登りさん車がのろのろと走っているではありませんか!?此処を走っている車を見た事が無い為、自動車通行禁止だと思い(実は定かで無いsweat01のだが)、多くの方々が大いに困っている様であったので、橋の近くで車の側面に出て、ドアーを軽く叩いて、此処は車は通行禁止だでえええ!とちょっと語気を強めて、話をしたら(?怒鳴ったとも言うか?)相手は直ぐに反応して現場がこの近くだからしょうがねえだろう!!!と怒鳴るので、ふざけんじゃねえ!!お前のお陰で皆が困ってるだろう!早く橋からでろーーー!とまた語気を荒らげて(怒鳴ったとも言う?)話をしたら相手も怒鳴ってふざけんなあこらーー!!と言い残して橋を渡って何処かへ消えて行きました。
と言う訳で、頗る気分が良かった朝がストレスフルな朝に一気に転落して仕舞いました。その一方で、蒲田の駐輪場前で、再び災難が待っているとは??

駐輪場 叔父さんT氏の朝の出来事

終わった事はもうくよくよする必要も無い、天晴れ癌も白と成ったし、再び気を戻してチャリ通ルンルン、やがて蒲田に到着して、いつもの駐輪場へ走って行くと?

Cut2011_1007_1719_21

駐輪場の入り口を塞ぐ、不届きな大型バスが目に飛び込んで来た。何だああ?若い娘さんが困った顔してバスの隙間から駐輪場入り口へと自転車を押している光景が其処にあった。その後には、リーマン風のオッサンがバイクで来て、バスに向かって怒鳴ってましたが、バスの運転手も怒鳴り返して、あああ!行くっきゃないか?またもや皆が迷惑している(これが小生のスイッチでしてねsweat01)ポチットな!でも何故か第二戦は、怒りたくないんですよ、朝から二度も怒るなんて残念な朝に成っちまうでしょsweat01
で、どうしたかって言うと駐輪場の方に連絡して二人でバスの運転手さんに注意を喚起しに出向いていったのですが、此処からが違うんです。駐輪場の叔父さん!!これから彼の話の一部始終を!

T氏:バスに近づいていって、・・・・おはようございまーーすwink
   すいませんが、此処は駐輪場の入り口なんで、皆さんが入るの困っちゃいますから
   ちょっとバスをずらして貰えませんかあ??(笑顔!笑顔!!笑顔!!
バス:おお!すんません・・・・と言って直ぐにバスを動かして暮れました!!

いやはや、素晴らしい!!この駐輪場の叔父さんは只者じゃあありませんな!此処で学んだ事は、
怒りには怒りが返って来る、笑顔には笑顔が返って来る
凄いぞ!凄いぞ!駐輪場の叔父さん様!!参りましてで御座ります!!
俺もちっとは、大人に成ったかも知れぬ!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境  檜原村中里天空の村を行く

Cut2011_0929_1621_37

まだ上にガードレールありまっせ!
全部12%から15%ですな


超激坂は、無さそうだと諦めモードでしたが?初めての道を行くのは楽しいです。エリアの右側を攻めて、それから右側のエリアと探索する積りでしたが、何か呼ばれるんですよ。坂が呼んでいる。それで登山道を見つけちゃう訳ですよ。しかも、そのダウンヒルで、道を反れると、おおおお!の超(30%以上)が待ってましたが??結果は次回ね!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境  檜原村中里天空の村を行く "

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年10月 6日 (木)

俺が癌になっちまったの?(追記そうなれば何をすべきか?)

Cut2011_1006_1743_21_2

友人が入院し生還出来た癌研有明病院

とうとうその時が遣って来た??
俺はバリバリの癌家系である!

欧州遠征で、疲れが出たのか?あのMONT VENTOUXの頂で食した未知の菓子の影響で?ずっと胃の具合が良くない状態が続き、痛みと吐き気に悩まされて来た。流石にこれはおかしいと思い立ち都内の病院で、胃カメラの検査をしたのが先週の初め。胃カメラはこれで3度目だったが、以前の2回は何事も無く、綺麗な胃でした!との診断結果に、何の感慨も無く淡々と結果説明を拝聴したのを覚えている。だが今回は、確かに調子はイマイチで、それでも疲れと、胃のタダレ程度の事だろうと高を括って診察を受けた。3度目の胃カメラは、事も無くスルスルと体内に侵入してよく働いて呉れているのが解る。まあいつもの事!そう思って成されるがままに任せていたら、突然、動きが変わって何やら胃カメラのチューブの中に、ジュルジュルとワイヤーの様な異物が入って行く、医師は、短い言葉でポリープがどうのと囁いている、よく聞こえないが、いつもとは確実に異なる様相だ。胃カメラにジュルジュルと入っていくワイヤーの音が異様である。カメラの先の器具で、ポリープと炎症部位の細胞を摘出して、細胞培養して癌の可能性を調べるとの事であった。ええ癌???これは初めての事である!今まで何の問題も無く胃カメラは単に安全である事の確認の道具に過ぎなかったモノが、突然!癌の疑いを掻き出し、癌の証拠を暴露する地獄のマシンに変貌したのである。胃の中で蠢くワイヤーに心中穏やかでは居られまい!・・・・これが2週間弱前の出来事であった。それから悶々と日々が進み、相変わらず胃の具合が悪い!こんな中で激坂を登り、バカ喰いをして、何を考えているのやら?とカミさんが、そう思うのもむべ成るかな!

そうこうして、2011年10月6日 審判の日が遣って来た!白なら継続、黒ならヒマラヤ行きだわ・・・!等と余計な事を考えつつも、黒ならどうするべきか?少しは考えるものである。煙草は止めようとか、ドカ喰いも良くないとか、僅かに掠めるのであるが、それよりも、これで死ぬならカミさんに礼を言わんと成るまい!!とそんな事を考えていたら、その結果は、ほんの数秒で明らかになったsweat01勿論!良性だが、経過観察処分だそうな??

もう歳だし癌に成ったらどうすべきか
考えておかねば成るまい!!


追記
「癌に成っちまったら何をすべきか?」

(1)パソコン内に隠し持つエロ系コンテンツの削除(俺は持ってないが爆)
(2)ベルギーのカミさんに強制帰国して貰う。女房の力は大きいのである。
(3)医療機関に太いパイプを有する悪友と戦略会議を開催し最適なドクター
   の確保・・・・・これが最も重要!!
500万円位は掛かるらしい?
(4)保険屋のオバちゃんに連絡して一時金や先端医療費等保険適応の確認
(5)快気祝いの引き出物の選択
(6)チョモランマツアーの仮予約
(7)パチンコの貯玉の全額換金
(8)その他、只管後悔する?何を?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境  林道柳沢線ダウンヒル 平均斜度15%超

Cut2011_0929_1606_20

柳沢林道
この顔がいいですよねえ!


質実剛健って程の坂じゃありませんが、まあこのエリアの平均斜度は15%程度なんですが此処を休み無く徘徊していますと、其れなりに足が熟れて来ますから、斜度大した事無くても、溜まってるからそれなりに勉強になりますよ。林道と正式に名が付くのは柳沢だけで、それ以外は生活道路と、大岳山登山道ですね。このエリアからきっと更に上のエリアが在る筈なんですが、それが月夜見辺りまで、つまり奥多摩周遊路の内側を旧道があるのでは?
と思っているのですがねえ!探索発見の余地を残しておこうと思いますね。

さて、柳沢ダウンヒルして、白倉に出て超ビックリ!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境  林道柳沢線ダウンヒル 平均斜度15%超 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 5日 (水)

誰も行かない奥多摩の秘境 林道柳沢線 更に斜度上がってGOAL!

Cut2011_0926_1934_56

実に美しいRです
柳沢林道


此処を走った経験のある方は、どの位いらっしゃるのらどうか?徒歩で山に登る際に此処を歩った方はいらっしゃるでしょうが、自転車で走った方は?それ程多くは無いでしょうねえ!有名な坂は、その殆どを登り尽くしてしまって、さて次は何処へ行こうか?なんて思っていらっしゃる方!坂は、有名所だけじゃありませんよお!独自に発見した坂なんてえのは、親近感溢れちゃいますよね。現に、五反田の「幻」坂等は、小生が名付け親ですからねえ!
色々な方のブログに「幻」登ったなんて書いてあると嬉しいもんですよ!ですから、これをご覧になっていらっしゃる方も是非!新たな坂を発見して、発信して頂きたいものですねえ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 林道柳沢線 更に斜度上がってGOAL! "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 4日 (火)

誰も行かない奥多摩の秘境 林道柳沢線 平均斜度15% 1km以上

Cut2011_0926_1918_47

まあまあの顔色ですが
この辺りの坂は皆繋がっていますので!


ずっと坂探し、坂登りをしていられる稀有のエリアとも言えるでしょう。坂から坂へ蝶々の様に、苦くて美味しい蜜を吸いに廻っていると、自然に脚がこんがりと程よく焼けてきますので、登れば登る程、何にか蓄積されて行く感じがしますねえ!散々坂三昧して、何処かで脚に止めを刺して、泣きながら帰るてえのが、如何にもSAKABAKA的なんですが、実は今回は、結構疲弊しましたねえ!海外遠征すると、日頃の鍛錬が滞りますからねえ!!
ベルギーでは、積極的に歩いたのですが、やっぱ漕がないとイカンのかのお??

体の維持は大変だね!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 林道柳沢線 平均斜度15% 1km以上 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 3日 (月)

誰も行かない奥多摩の秘境 茅倉の 爺さん

Cut2011_0926_1857_32

茅倉暦70有余年
良いですねえ!地元の爺さん婆さん


しつこいですが東京都檜原村茅倉ですからね。同じ東京でも、この景色!!この自然環境ですから!!で、こう言う所に長く住まわれて居る方ってえのは、押し並べて皆さんご親切で優しい方が多いのですよ!これは世界中何処も一緒かも知れませんよ。色々教えて下さるし、水を分けて貰ったり、やっぱり大らかで美しい環境に育つと、人間大局的てえ言うか、大らかって言うか、素晴らしい人間性を自然が与えてくれるんでしょうか?


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 茅倉の 爺さん "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 2日 (日)

Mont Ventoux downhill special

Cut2011_0930_2212_28_2

MONT VENTOUX
風の山よさらば

この山こそ、欧州で最高峰の山だろうと思いました。確かにZONCOLANも素晴らしい坂の在り様で、登頂時の感激を忘れる事は無いだろう!その感激も束の間、VENTOUX風の山に挑んだ。そしてこう思った、孤高のこの山こそ、欧州壱の山だと!当初は、坂のスペックから、高々20kmの低斜度の山と舐めてました。しかし登ってみれば、その凄まじさに恐れ入る。標高1700を越え森林限界、石灰岩の白の世界が広がってからが、この山の本領なのだと悟ったのであった。確かに平均9%の24kmは伊達じゃ無い。ただ黙々と先を見据えて、ひたすら耐える走りの無限を味わいました。

熱中症ギリギリで期せず妻から渡された冷たいコーラと彼女の思いに感動しつつ、最後の力を振り絞って登って待っていた感動は、同じ自転車乗り達の祝福の雄叫びであった!
たった独りでGOALしたZONCOLANも,大勢の自転車乗りの祝福を受けて登頂したVENTOUXも、同じ風の匂いがした。我等自転車乗りにとって、そう風は繋がっているのだと確信したのであった。そして恥ずかしながら30年近く連れ添う妻の存在の奇跡を感じた次第である。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mont Ventoux downhill special "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

誰も行かない奥多摩の秘境 茅倉の激坂

Cut2011_0926_1846_27

東京都檜原村茅倉
この坂先が見えませんよheart02


此処は、立派な東京都で御座います。道には塵一つ無く、綺麗な道路が、これまた美しく澄んだ水を湛えた小川に沿って延々と繋がっています。途中で綺麗なシマヘビが光沢を放って坂を登ってましたよ。九の字に曲がった、この道の先は全く見えません!見えませんが香ばしい匂いがしますねえ!きっと最高の絶望が舞って!くれているのでしょう!ワクワクしますが、体がそれに追い付けるのだろうか??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "誰も行かない奥多摩の秘境 茅倉の激坂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 1日 (土)

風が吹くまま気の向くままポタ 名栗の銘廟?鳥居観音の激坂は!?

F1010467

玄奘三蔵が祀られておるそうな

F1010466
山の頂毎に驚くべき塔や大仏がそそり立っている不可思議だが
何故か、幻想的ですらある風景が深い森に映えている

F1010468
鳥居観音の山道はラピュタ級かもしれんぞ!

F1010469
この写真の手前が30%クラスの美味しい激坂なのだが写真
を撮り損ねました。微妙な苔苔と斜度30%平均25%は手強い

F1010470
このスリットが撮影を難しくしています。勿論!登攀も難しくして
いますなあ。Rが2箇所、それ以外は真っ直ぐが清いです

体調が芳しくなかったので
気合を入れずに気の向くままポタで


最低の青梅街道を、ポタポタと走っている内に、青梅界隈の激坂ポタでもと思いつつ青梅でちょっとましな坂を発見して撮影。更にまた同じ場所で並み坂発見してローアングルsweat01撮影(最近凝ってますが嫌らしくないぞ)、収穫2坂。何気に青梅坂へ!このままだと名栗方面か奥武蔵か?風の吹くまま!成木街道は、東京ヒルクライムのステージがある所だが、無視・・・10%・・・・興味ない(汗)

その手前で、荷物運搬のケーブルカー激坂発見!本日の目玉商品か?

Photo

流石に30超級ですな!1発ツモとは成りませんわ。結構厳しいですねえ!成木街道そのものが登り坂で、途中の小沢峠も手伝って、名栗の町に着く頃には、足も熟れ頃、ええじゃないですか!SAKABAKAの心得ですわ。目的の坂に着くまでに、足を熟しておかないとな!駄目だった時に言い訳出来んじゃないですか(嘘)足苛めるのは良い事ですぞ!
アフターケアが問題ですぞ!必ずモミモミせなアカン!!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鳥居観音は凄まじいわ!

鳥居観音は凄まじいわ!

1.5キロずっと25%で真っ直ぐだよ
苔ありーので恐ろしいし多分、今年最強かもしれんわ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

久々の小沢峠

久々の小沢峠

もう此処まで来れば誰が呼んだか直ぐ解る!

あそこしかありませんな!確か30が長い超級の激坂ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

成木の有り得ない坂

成木の有り得ない坂


何だあ?この坂は?
荷物のケーブルカー脇の難しい角度で入らないと成らない激坂だわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

青梅のカフェ夏への扉

青梅のカフェ夏への扉

凄く雰囲気のあるお店です。ここまで僅か45キロだからさ!大丈夫だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

無機質な道

無機質な道

柔らかい日差しに宛もなくポタリングを楽しむうちに早、青梅に到達してしまいました。
坂が呼んでいるのか?
ハイいとも容易に呼ばれますとも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Angel Angle 006 yukigaya30%

Cut2011_0923_1559_27

大田区の不可思議で撮影した坂
珍しく此処を登ってる人がいました!


既、紹介済みなのですが、兎に角、何故この坂を造ったのか良く解らない坂で、殆ど利用されていない坂ですが、ちゃんと舗装されて車止めまで付いてるのですから税金の無駄遣いですよ。真っ直ぐで、最大斜度30%は確実にありますから、ママチャリで直登すると、歯飛びとかしそうで恐ろしい坂ですよ。雪谷の金坂、銀坂と同等かちょっと上かなあと言う感じです。


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Angel Angle 006 yukigaya30% "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Mont Ventoux ママチャリでダウンヒル 003 (2倍速)

Cut2011_0920_2130_21

地平線の見える平地に出た

これで、Mon Ventouxの全ての工程を完了しました。心残りは全く無い!カミさんのお陰で、全てが順調に運んだ事は、大いに感謝である。来年のガリビエ&ドュエズに向けてちゃんとやらんとイカンですなあ!舐めちゃイカンし、精進せねば、そう簡単に登らせては貰えまい。それまで、奥多摩でロングを何度も遣らないと、ママチャリメリーのハードルは思った以上に高いのである。ああ!ビンディングしよっかなあsweat01
ホイールも変えようかなあ??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


続きを読む "Mont Ventoux ママチャリでダウンヒル 003 (2倍速)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »