« Mont Ventoux 残り11kmを切った遠くに頂上が見える | トップページ | Mont Ventoux 残り8km地点斜度10% »

2011年9月21日 (水)

It is a splendid lifestyle! フランスの友人宅に招かれて!

Cut2011_0921_1141_58

30年振りに再会した我ら
お互い随分歳をとったが!?


今回の旅の最も楽しみだった、古き友人との再会が果たせ、彼の自宅に招かれた。何にも無い片田舎だよ。と彼は言っていたが、その通りだった。教会が1軒、レストランが1軒、学校が1軒・・・・とても小さく、でも綺麗で豊かな自然溢れるな町だった。ビシーの街から小一時間で、彼の町に到着して、ご自宅を案内されて驚いたそこは正に王国であろう!母屋、倉庫兼トレーニング棟、別の倉庫、家畜棟と古いが4つの棟からなる居住区と更に驚くべき、サッカーが出来る位の大きな牧場がそれに続いている。牧場にはロバと馬が飼われていて、とっても人懐っこい可愛らしいコンビが出迎えてくれました。敷地には池があって、アヒルやガチョウ、鶏が飼われていて、新鮮な卵を産んでくれる。殆ど同い年で僅かだったがツールと言うフランスの古都で、青春のひと時を共有し、一度は我が家にも来てくれた友人。その後30年の月日が経ち、お互い子供にも恵まれ、第二の人生の入り口に差し掛かった。日本とフランス、その30年の月日がお互いなりのライフスタイルとその環境を創りだしている。だがどうだろうか?都心の狭いマンションの一角に汲々として暮らしつつも、必要な物は、電話一本で手に入る世界で最も便利な環境に暮らす我ら日本人と、広大な土地に、溢れる自然。その懐で暮らし、必要な物は自分で創るか?郊外のマルシェに買いに行くフランス人、これは国力の違いか?文化の違いか?その両方か?其々住めば都、違いを較べる必要は無いだが?!第二の人生を考えるには、とても良い材料だと思いました。両方の親の面倒が終われば、夫婦で彼の地に暮らすのも、また悪くないなと、そう思った次第である。そうさねえ!ガリビエも近い!ラルフデュエズも!アルプスもピレネーも自走で行けるかも知れんな!!??

しかしその決定権は、カミさんに譲るとしよう!

彼女は我が家のHQなのだから


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


|

« Mont Ventoux 残り11kmを切った遠くに頂上が見える | トップページ | Mont Ventoux 残り8km地点斜度10% »

コメント

ryuさん

折角、コンビネーションで和田、松姫と来てるんですから、またコンビネーション狙ってみたらどうでしょうか?だから林道あたりを登って裏松やってルミちゃんで帰るなんてえのが面白そうなんですがねえ?でも欲張りはイカンな!小生は、久々のリハビリ峠で林道マッタリ登ってみようと思ってます。

投稿: ノール | 2011年9月21日 (水) 22時36分

アルプス・ピレネーには遠く及びませんが
先日のお粗末な道中の、やり残しリベンジに
早々に出る事になりました。
話が急なのでご無理かも知れませんが
一応、23日早朝4時 関戸橋 発で
一目散に 松姫 直行します。
http://ameblo.jp/ryushi-s/entry-11025188727.html

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2011年9月21日 (水) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: It is a splendid lifestyle! フランスの友人宅に招かれて!:

« Mont Ventoux 残り11kmを切った遠くに頂上が見える | トップページ | Mont Ventoux 残り8km地点斜度10% »