« 爆笑 ラピュタのもがき シリーズ 足付き&激坂発進8,9,10回目 | トップページ | 千葉の実家へビデオリレー 東京タワーからスカイツリーへ »

2011年5月27日 (金)

イタリアの優しいお姉さまが電話に出てくれますた(汗)

Cut2011_0527_2220_23

、Monte Zoncolanへの中継地
UDINEのホテルに電話してみたら?


LAURA嬢と言うお姉さまが、電話に出られて、これがなかなか優しい対応でね
流石、ホテルレビュー 8.7ポイントの3つ星ホテル(1泊7000円)だわ!
英語も全く問題なくて、お互い外国語だから、訛りとか無くて解かり易い会話で
安心しました。

メールでMonte Zoncolanへのルートやタクシー料金やら色々質問して下さいだっ
てさ!!でさっさとメールしたところです。自転車もホテルで預かって貰えるし高額
だが、貸切タクシーの交渉もして呉れるのは、有り難い!

英語もイタリア語も全く覚束ないが、何とか成るんじゃないかと!?兎に角、懸案
事項だったOVAROからの帰りの足も確保出来そうなので、残された懸案事項は
UDINEまでの電車に、チャリ積んで行けるか?てえのと、UDINEの街の初乗りで
ホテルまでの複雑怪奇な、道を走って行けるかってえ程度まで、集約されたぞ!

まあ、後は現地で何とかするしかねえわな!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


|

« 爆笑 ラピュタのもがき シリーズ 足付き&激坂発進8,9,10回目 | トップページ | 千葉の実家へビデオリレー 東京タワーからスカイツリーへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの優しいお姉さまが電話に出てくれますた(汗):

« 爆笑 ラピュタのもがき シリーズ 足付き&激坂発進8,9,10回目 | トップページ | 千葉の実家へビデオリレー 東京タワーからスカイツリーへ »