« ミヤタ君 子の権現を行くツアー 爆笑天目指し爺さん | トップページ | 覚悟しないで気軽に走れるロングライドの最長距離って何キロ??激坂って何%から? »

2011年4月11日 (月)

路傍の歴史

Photo_2

天保2年の道しるべ 東品川道と読める?

Photo_3

タイムスワップして想う江戸の往来

現代の張り巡らされた、大小網の目の様な道からは、戦災後の区画整理の様相
がする。そもそもの基幹路は、果たして何処か?タイムスワップして江戸の往来を
想像するのはブラタモリ的で、ちょっぴり歴史家に成った気分だ!?

ハテサテ、道標を良く読むと、南品川から大井町を経由して中原街道に繋がる道を
「品川道」と呼び、中原街道を平塚橋で分岐して池上通りに向う道を「中通り」と呼
んだのね!

中延は天領で、品川道と中通りの交差点に、2011年の私は腰を下ろしている。
天保から数えて180年、私はこの道しるべに腰を下ろした1000万人の最も新しい
人なのである!!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« ミヤタ君 子の権現を行くツアー 爆笑天目指し爺さん | トップページ | 覚悟しないで気軽に走れるロングライドの最長距離って何キロ??激坂って何%から? »

コメント

ガチャ殿

四国でかまむばりませう!!

投稿: ノール | 2011年4月12日 (火) 10時14分

おもしろい!

投稿: gacchaman | 2011年4月12日 (火) 04時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路傍の歴史:

« ミヤタ君 子の権現を行くツアー 爆笑天目指し爺さん | トップページ | 覚悟しないで気軽に走れるロングライドの最長距離って何キロ??激坂って何%から? »