« 旭到着平和だ | トップページ | もう4発も地震が! »

2011年3月18日 (金)

九十九里から連る平野の海岸段丘

九十九里から連る平野の海岸段丘

九十九里海岸被災地から海岸段丘の先端まで15Kmが真っ平らな水田地帯である。

標高30〜50mの海岸段丘からは、水平線と地平線の両方が見える美しくも特異な地形を成している。

10mレベルの津波が来れば海岸から15Kmは確実に津波が駆け抜ける地域である。

幸いにして実家は海岸段丘の岸に在り、駆け上がれば津波の回避が可能だが老人の足には写真の丘を登るのは厳しいだろうなあ。大いに気になる事であります。

お?今!また結構な地震が来ています。

町では多くの瓦屋根が崩落して地震の爪痕は、其処かしこであった。

明日は、早朝から被災地に入り津波の実像を目の当たりにするだろう。

|

« 旭到着平和だ | トップページ | もう4発も地震が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九十九里から連る平野の海岸段丘:

« 旭到着平和だ | トップページ | もう4発も地震が! »