« 東北関東大震災の記録 激震部 阿鼻叫喚 悲惨すぎる道 | トップページ | 自転車人の皆さん 走ってますか? »

2011年3月26日 (土)

国境無き医師団 彼らは半端じゃねえぜ!!

Cut2011_0326_1012_54

国境無き医師団
テレビで懐かしい名前が!?


朝、震災の番組を、ぼーっとしながら見ていると「国境無き医師団日本代表」って
肩書きの聡明そうな女性が出演していて驚いた。国境なき医師団の日本支部が
あるんですねえ。

思えば、カンボジア難民救済の為、若気の至りで、効きもしないマラリア薬ダラプ
リンを大量に日本で購入して、それを手土産にw単独タイ バンコックに渡ったの
が確か1981年の夏だったと思う。

独りで難民キャンプに乗り込んで、何か出来る事をしよう!と無計画な渡航でした
が、魚心水心!良くしたもので同じ様な思いの同世代の連中とタイの日本人会で
出合って、本格的に難民救済の手探りを開始した。
(今は、彼等と多くの善意の方々と創った組織も大きくなっているのですが)

当時は、ボランティアなんてえのが、何なのか?その言葉自体、出て来たての言葉
で、今みたいに誰もが普通に理解できるものじゃ無かった。

そんな時代に、兎に角、何かしようと身銭を切って遣って来た連中と、タイ、カンボジ
ア国境の難民キャンプに医薬品や米などを届けに行く「国境隊」を即席で編成して
バンコクから400km離れたタイとカンボジアの南部国境タイチャンタブリ県ボーライ
村へ、クライストチャーチオブタイランドの方と軍用トラックで馳せ参じた。

まあ、確かに戦地ではあるが、若気の至りが先行して、不安より、何かへの期待感
が勝っていたかも知れません。赤土のブッシュをスリップしながら軍用トラックに揺ら
れて行く。

長い時間揺られて夜になって前線基地手前の野戦病院の基地に辿り着いた。
その日は、マラリア蚊の横行する掘っ立て小屋にハンモックを吊るして寝たのを覚え
ている。そして、その翌日に、彼らに出会った・・・・そう彼らとは?

               国境無き医師団

の面々である。数人のパリジャン達に混じって若き女性の看護士さんも!
彼らは、セスナ機やヘリを持っていて、空から避難民の居住地を探し出してピンポイ
ントで医療支援を遣っていた。医師としてプロであるばかりか、戦地の読みや行動力
他組織の巻き込み方、考えられない行動力!!世の中には凄い連中がいるもんだ!
と深く感銘を覚えたのである。

以来、国境無き医師団の方とお会いする機械は皆無であるが、こうしてテレビでその
メンバーを拝見すると懐かしさと同時に、ある種尊敬の念を抑えきれないのであった

国境無き医師団!
連中は半波じゃねえぜ!!

あの時、見た彼らのセスナ機の尾翼には、数個の弾痕があったもんなあ!
普通にプロの命懸けの仕事が出来る連中だと思うよ!!

ああ!俺も募金位しかできねえのが情け無いわ

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

|

« 東北関東大震災の記録 激震部 阿鼻叫喚 悲惨すぎる道 | トップページ | 自転車人の皆さん 走ってますか? »

コメント

kincyanさん

気持ち的には、東北支援なんですが、如何せん制約が多過ぎますよね。出費(パチンコ)削って義援金頑張って送りますよ。

一方で当社の東北支社には、問い合わせしてるんですが・・・・・?どぷですかねえ?

投稿: ノール | 2011年3月28日 (月) 10時52分

残念。情けないことに、私は車の免許を持っておりません。(家人が持っていますが)なまじ都会にばかり住んでおりましたので、人に乗せてもらうしか能がありませんでした。東北道が開通したので一般車両も仙台や気仙沼には行けるようですね。御社なら、積み立て休暇でボランティアなんていうの出来ますものね。

投稿: kincyan | 2011年3月27日 (日) 17時16分

kincyanさん

若気の至りですよ(汗)
紛争地帯は、生半可な気持ちじゃあ行ってはいけないと肝に銘じたものでしたよ。地雷は其処かしこに埋まっているし、恐ろしいのはブッシュでの待ち伏せ攻撃でしょうか?

アランヤプラテートで、突然待ち伏せに合いましたが、恐ろしくてガタガタでした。大きなマホガニーの木の後ろで這い蹲っていたのを鮮明に覚えていますもん。

そんな状況にも関らず、戦地の情報を適切に掴んで現地で医療行為を続けるんですから凄い事ですよ。

今回の震災では、忸怩たる思いがいっぱいですよね。
車があれば、支援の手の届かない被災地へ行きたいですよ!!車が無ければ物資が運べませんものねえ!!

kincyanさんが車持っていれば、行きませんか??
ピンポイントで行ってくるしか出来ませんけどねえ。

投稿: ノール | 2011年3月27日 (日) 10時04分

ノールさんは行動力がありますね。私も高校時代に、そういうのに憧れましたが、どうやってそういう国際貢献の部隊にはいればよいのか、リサーチ能力がついて行かず、結局情報処理系の学科に進みました。(二期校は外交官目指して外国語大学受けたのは御愛嬌...)もしもう一度人生をトライできるなら、国境なき医師団みたいな世界も有りかと思っていますが、今は私も寄付をするだけですね。

投稿: kincyan | 2011年3月27日 (日) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国境無き医師団 彼らは半端じゃねえぜ!!:

« 東北関東大震災の記録 激震部 阿鼻叫喚 悲惨すぎる道 | トップページ | 自転車人の皆さん 走ってますか? »