« 限界峠 金比羅山登山道 地獄の5丁目 展望台此処から更に!! | トップページ | 限界峠 金比羅山登山道 地獄の4丁目 束の間の平和 »

2010年11月28日 (日)

走るの面倒臭いと思ったら行く富士アザミ

Cut2010_1127_2311_37

山伏は、アザミを登る際にみそぎとして前もって足を殺す為に在る!と
言う事が良くわかった。

Dscn3242


須走に到着した時には、晴れていた空が、次第に曇りに!そうなると急激に
気温が下がって行くのが良く分かる。更に高度を上げて行くと真冬の情景が
霧の彼方の其処に在ったのだ。

Cut2010_1127_2332_28

アザミの前半戦は、平和な世界であった。通行止めが効いて車も極めて少なく
時折、兵士を乗せた自衛隊の軍用ジープと工事の為のトラックが走るのみで
流石に物好きな一般車両は3台のみであった。

Cut2010_1127_2331_47

6km地点から9km地点辺りまでの、馬返し連続帯の3kmが最大の山場で
あるのだが、毎日の馬込激坂通勤が奏功したのか?山伏で足殺して100以
上走ってからでも、そこそこ戦えるのが、嬉しかった。勿論、馬返し最深部の7,
8km地点では、必殺ジグザグと走りながらの縦の休みを活用して生き延びま
すよ。休憩ダンシングなんて気の効いた事やりてえよ!

Cut2010_1127_2329_29

次第に霧が発生して来て、寒さも厳しくなるものの、エネルギー循環の確立
を感じる。アドレナリン支配状態は、今回は全く引き起こされなったのが残念
である。これでもか!!とばかりの激坂の波状攻撃に、乳酸飽和の危機感を
抱きつつも、8~9km地点を過ぎると、登頂するイメージが湧いてくる。

Cut2010_1127_2323_03_2

11km前後に何で激坂が待っているのだろうか?と思わんばかりの攻め様に
コツコツと耐える。登頂は確信出来る。初めての自走登頂は意地以外の何物
でもない。

Cut2010_1127_2318_43

普通のオッサンの最後の登り!
しかし霧が立ち込めてくる。寒さが際立ってくるも、もう勝負は着いているもん
なあ?足吊っても登り切るだろうよな。

Cut2010_1128_0003_24

GOALの瞬間
誰も居ねえじゃねえかよって当たり前だよなあ!通行止めなんだから解か
っちゃいるんだが、喉渇いて仕方が無いぞ。1時間半はモガイた様な気がしま
す。まあ素人オッサンですからタイムなんてえのは、それ程、気にして無いのだ
が??やっとモガキが終ったGOALの瞬間!

サドルから降りれなかったのは、ご愛嬌だが此処は100遣ってから登るには
結構、厳しい激坂だと思うよ!

走るの面倒臭いと思ったらアザミ


これは、ある種の真理かも知れん。仕事でも全く同じ様に、嫌な事から始める
嫌な事だから遣る!と言う自分のルールは、自己制御には、打って付けだと
思うのである。年々齢を重ねると、加齢が新たな発達を凌駕する時期が来る。

ああ!駄目なんだなと思ってしまうと、ずるずると底無しに落ちて行きそうで?
それを食い止める事が自分では出来なくなる。色々な方に良いサジェスチョン
を戴くのも良い契機と成るだろうが、でもそれでも最後は己の意思なのである。

意思薄弱の小生タイプの方が若し居るのであれば、嫌な事程先に遣る、嫌だ
から遣る!を己のルールとすると良いのかも知れないと思います。小生だけか
も知れないが

ええ?何でママチャリじゃねえんだってか?
そらあ、ベルギーにいるカミさんの厳命だからよ!冬のロングは夕方から夜だ
から疲れて自走帰還は、事故の素!!つう訳よね真理じゃあ!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 限界峠 金比羅山登山道 地獄の5丁目 展望台此処から更に!! | トップページ | 限界峠 金比羅山登山道 地獄の4丁目 束の間の平和 »

コメント

もうボサノバ聞いて無いよ!
リラ専門でしょう!

このアザミつうのは、素晴らしい坂なんですよ。
道が良いから安心出来るしね。

君も頑張らないで、やって下されまし!!

投稿: ノール | 2010年11月29日 (月) 19時41分

大将ってなにやってたかと思ったらこんなことやってたんだあ、知らなかった。今ボサノバにはまってるの?

投稿: kei | 2010年11月28日 (日) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走るの面倒臭いと思ったら行く富士アザミ:

« 限界峠 金比羅山登山道 地獄の5丁目 展望台此処から更に!! | トップページ | 限界峠 金比羅山登山道 地獄の4丁目 束の間の平和 »