« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

娘の彼氏の初百草!!

Cut2010_0531_0612_42

初めてのロングライドが??


じゃあ初めて100KMを超えて見ようじゃないか?自転車気持ち良いぜえ!
てえ事から、娘の彼氏と初めて尽くしのロングライドに行く事になったのが先
々週で、それが雨で延期になった為、やっと一昨日実現したのだが??

カミさんから、虐めるんじゃないわよ!と堅く念を押されてスタートしたのに
SAKABAKAの、心尽くしのお持成してえのが、まあ自然と「美味しい坂を召
し上がれ」てえ事になる訳で、確かに、一般ピーポーからみれば、こりゃ虐め
だわなあ(汗)

しかし、娘の彼氏は可愛い顔してトコトコと良く付いて来ますよ!若いと言うの
は素晴らしい!結果は、

百草を登って
イロハ坂を登って
野猿街道ダラダラ登って
最後に大垂水登って


120近く、それも初めて尽くしで走っちゃたのだから、驚きである!!
っと、こう書いて見ると、あらら確かに虐めだわなあ(汗)
よくぞ、ここまで頑張ったと褒めてあげよう!

続きを読む "娘の彼氏の初百草!!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

御岳 V-2 テスト走行 鳥居から1km程度ですが!?

Cut2010_0529_2332_41

御岳の三途の川には、橋が架かっている

この橋を渡ると真性SAKABAKAワールドなのである。一歩も足を地球に触
れる事なかれ!!が支配する。絶望と希望と挫折と達成感の世界なのである。

ここを登ってから、御前山の奥多摩湖斜面を登るのである!御前山斜面は、
恐ろしい斜度だし、岩場が多いから重い登山靴じゃないと登れない。

この斜面で、ハセツネのトレーニングの為のストレッチ登山(20KGの重りを
背負って)登攀訓練中の下り斜面で、胸椎ヘルニアに成ってしまった、苦しい過
去がある。それから3年も齢を重ねて、若きメイメイ君について行けるのだろう
か??極めて面白い実験である。

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行 鳥居から1km程度ですが!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月30日 (日)

御岳 V-2 テスト走行で出会った所沢の57歳戦士!

Cut2010_0529_2258_39

所沢から来られた私史上最強の戦士

所沢から来られた、このローディーさん57歳!御岳アプローチ坂でこの
オジサンに突然、追い越された。こう言う事はしょっちゅう有る事なので
どうでも良いのですが、アプローチ坂とは言え15%を超えるこの坂で、
結構な勢いで追い抜けると言う事からして凄いのだが、本当の意味で
もの凄いのは、そんな程度の事では無い!!

なんとこの方、齢57!自転車を始めた切っ掛けが、なんと狭心症に掛
かったから!だそうで、それを期に、ご自分の体を徹底的に改善して自
転車に乗っている。体を知り尽くして、心拍160を超えると即座にストッ
プして心拍を整える。

こんな方が、自転車に乗っている!この事実に驚嘆し、彼の本当の強さ
と、高い合理性、科学的な体のマネジメント等々、尊敬の念を禁じえない!
御岳を登って欲しいのだが、果たしてどうやって安全にあの激坂群を乗り
切る事が出来るのだろうかと、暫し考え込んでしまったのである。
これは、極めて難しい命題であるものの、彼に再び会える可能性は低い。
残念な事である。


続きを読む "御岳 V-2 テスト走行で出会った所沢の57歳戦士!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

物体 Ⅹ 御岳を登るグロテスク その2(居住エリアの激坂を食す)

Cut2010_0529_2244_57

御岳の色々

兎に角、縦横無尽に張り巡らされた、生活道路の殆どが激坂なんですから
此処に住みたいSAKABAKAは沢山居る事でしょう!毎日、御岳を登って
通勤するってどうよ??

もう考えただけで、酒飲んで帰れませんよ。あの恐ろしい登山道を酔っ払っ
て歩く?或いはチャリで登る?なんて、そのまま天国モードでしょ。
杉はイッパイ有りますが、ガードレール有りませんから!!

この赤い物体の登ってる生活道路も、仁王審判といい勝負ですから、次回
は、全部制覇したいものですねえ!!

メイメイ君は、一応、某鎌倉近辺じゃあ小生の息子さんてえ事に成ってるん
だから、付いて来なさいね!勿論!チャリの後は、御前山の奥多摩湖斜面
ですよ!!

続きを読む "物体 Ⅹ 御岳を登るグロテスク その2(居住エリアの激坂を食す)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月29日 (土)

ルミちゃんと彼氏

ルミちゃんと彼氏

大垂水峠を初挑戦、初制覇でした。

百草と野猿でかなり足にきてるのに良く頑張りました!

ハイハイ合格どす何が
(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

物体 Ⅹ 御岳を登るグロテスク その1

Cut2010_0527_1501_10

このグロテスクな物体ですsweat01

今回、魚眼カメラで、背中から激坂を撮影したら、どう見えるんだろうか?
と言う素朴な考えで、撮影したのですが、この魚眼カメラてえのが、なかな
か厄介者でして、電池の電圧とかに煩いんですよ。冬場など上手く撮れな
い時が結構あって、未だに使いこなしていないのが現状で!?

オマケに、頭に固定して、カメラは後ろ向きですから、走りながら電源ONOF
とシャッターのONOFをクネクネと遣るんですが、上手く撮影出来ている所と
そうでない所があって、ガッカリでした。動画もブツ切れです。

登りは、そんな状態でしたから、ダウンヒル時は、御岳頂上の最初からずっと
撮影しっ放しです。これは上手く行きました。が、SDカードの容量と電池容量
が過不足なかった為だと思います。難しいんですよsweat01

続きを読む "物体 Ⅹ 御岳を登るグロテスク その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

百草から耳を澄ませば

百草から耳を澄ませば

百草園そばの駐在署でジブリの耳を澄ませば!

の場所へ
いろは坂良かったなあ!カントリーロード

ジョンデンバー青春だのう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

百草園ミヤタ君と彼氏と

百草園ミヤタ君と彼氏と

百草園の激坂好きです
娘彼氏も初百草園良く耐えました!

合格どす!
何が?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

御岳 仁王 流石にV-2軽やかです!

Cut2010_0527_1448_56

何度来ても胸が湧く
仁王の審判坂


初めて、足付き無しで御岳を登って、最後のこの激坂を前にして、竦みました。
足も限界領域に居ましたから、この坂を登ってもまだ先に恐ろしいのが居る
んじゃかんか?とか先の見えない右カーブの後、どうなるんだろうか?等と
考えながら、駐車場を旋廻して体を休めつつ登山客の空くのを待ったのを
覚えています。

イザ!アタックを開始して、もう無心で登ったんですねえ!覚えているのは右
に曲がって茶店に出る手前に、婆さんがいて、彼女を避ける際に、足カックン
した事です。意地でも足付けませんから、カックンしても登りきりましたねえ。
幸い意識は飛びませんでした(汗)当時はそんなに恐ろしい所だったんですが
慣れもあって、御岳登れないと、ショックだろうなあ?登れて当然なんて思いま
す。慣れれば、意外と登れる激坂なんですよ。

続きを読む "御岳 仁王 流石にV-2軽やかです!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

娘彼氏とまったりツアー

娘彼氏とまったりツアー

丸子橋から風張行くか?はたまた挫けてルミちゃん行くか風まかせ天気まかせよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月28日 (金)

御岳 仁王激坂周回遊んでます!?

Cut2010_0525_1705_40

仁王の審判坂の下にも
マイルド仁王が居たんですねえ!


実は、この画像は裏仁王を遣っ付けてから、表仁王の審判坂登攀を試みる
つもりで、駐車場で登山客の方々の空くのを待ってアタック開始したのです
が、まだ結構な数の登山客がいて、危険なので急遽、まだ行った事の無い
下の坂を登ってみれば、あーーら不思議!

同じ所、茶店前に到着しちゃうんですよ!
ですから、仁王に挑戦して、上から突然車が降りて来る様なら咄嗟にマイルド
仁王に転じて、次のチャンスを待つって先方が宜しい様で??

ん?そんなら、もっと良く様子を伺ってから仁王にアタックすれば?!>御尤も!

続きを読む "御岳 仁王激坂周回遊んでます!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御岳 裏仁王激坂 電池切れで2本目(涙)

Cut2010_0525_1652_58

御岳頂上居住エリアの散策で発見!
裏 仁王の審判坂

ここは、激坂の宝庫ですよ!神社の周りに張り巡らされた、生活道路の殆ど
が激坂に成ってます。地形的にそうなんでしょう。
あのフランスのモンサンミシェル見たいな創りなんだろう故に!陸のモンさん
てえ感じでしょうか??(汗)・・・・・・無理あるのねsweat01

やっぱり、片手でハンディーカメラで撮影した映像は、いけませんねえ。どうし
ても映像が揺れてしまいますもんねえ。魚眼カメラだと音声が上手く入らない
し、世の中、帯びタスキですねえ!

実は、この映像は、取り直ししたもので、1本目はハンディーカメラの電池切れ
で、折角撮影した映像がパーに成っちゃって・・・・ニコンさん最後の電池で映像
保存出来る様にしてくださいよ!

続きを読む "御岳 裏仁王激坂 電池切れで2本目(涙)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月27日 (木)

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳006(絶望の激坂エリア前半)

Cut2010_0525_1633_03

これが、御岳 二の鳥居 瞬間30%sign02

この鳥居を潜って、地獄街道をまっしぐら!待っているのは未曾有の激坂
ご一行様。それでも何かが引き寄せる・・・・・パワースポットだからでしょう!

奥武蔵の激坂群に比べると、明るい感じがしてますよ。奥武蔵は、独りじゃ行けない
恐ろしさがあるでしょ。


兎に角、御岳は、至って健康的!品行方正に登って下さいませませ!
さて、ここからの物語は、皆さん其々が紡いで戴きたいと存じます。

忘れました、鳥居下は、誰しもウィリーしますから気を付けてくださいね!

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳006(絶望の激坂エリア前半) "

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳005(絶望の激坂エリア中盤)

Cut2010_0525_1614_53

ここ萎えるんですよ
この直角コーナー曲がると?


実は登り撮影がメインだったのですが、上手く撮れて無いばかりか、取れた
画像が、とってもグロテスクな画像になってましてsweat01

で、下り撮影の画像で記事書いてますから、徐々に降りながら登った時の感
想を書いてるので、順番が逆ですが、頑張ってここまで登って来て、直角コナ
ーが見えて、その先が見えないのが、良いのやら??

兎に角、頑張ってコーナー曲がった途端に、絶望するんじゃないかなあ?
きっと、最初に挫折するとすれば、このコーナーだろうなあ!?自分もそうで
した。ピッと曲がって先を見た瞬間、目に飛び込んでくる一直線の激坂の恐ろ
しい様相でしょ!全く許して呉れそうも無い顔してますもんねえ!

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳005(絶望の激坂エリア中盤) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月26日 (水)

御岳 V-2 テスト走行 澤乃井激坂 DURAの力!!

Cut2010_0523_0910_27

ウォームアップは澤乃井の激坂

ここは、まあ普通は自転車で昇り降りなんてえ所じゃありませんが、たまたま
昨年、青梅徘徊中に発見した坂を再発見してしまったので、下りでDURAの
効力を見てみよう!なんてバカな事しましてみまた。確かに極めて安定した
制動能力です。しかし、この苔苔ですから、途中で恐ろしくて歩きましたとも。

ですが、動画撮影はDURAブレーキのお陰で格段に安全に成ったと思いま
す!過信は禁物ですけど!!

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行 澤乃井激坂 DURAの力!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳004(絶望の激坂エリア終盤)

Cut2010_0525_1600_50

この辺りを乗り越えれば橋脚の平坦エリア
中間地点なんですがねえ?


こんな激坂で、軽4輪に出会っちゃうと、恐ろしい事になっちゃうんですよねえ!
無理して、スタンディングで車が行くまで我慢するのも手ではありますが、なにせ
20%前後の激坂の途中ですからねえ!厳しいですよ。

我々がどうやって堪えてるかと言うと、完全亀の子走行で、ゆーーーくりバランス
取りながら、進んでるんですよ!近くに交差エリアが有れば、勿論エリアでまった
りしてスタンディングしてますが!?

ここは、Rの度に、その先に直線激坂がいますから、楽しいですよおnote
あの絶望感が良いのですよね??って誰に聞いてるんか?

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳004(絶望の激坂エリア終盤) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳003(ケーブル橋脚は中間地点)

Cut2010_0525_1547_56

ケーブルの橋脚が
御岳本道の中間地点


此処が、御岳本道で、たった2つしかない平地のある所です。
(但し、平地と言っても30mですが!?何か??)
ここまでが、地獄の激坂の嵐で、ここの平地で一息ついて、そして??

・・その先からまた地獄の激坂が始まるんですよ!素晴らしい!!

それでも、激坂エリアの80%を超えていますから、この次に襲い掛かる
3段激坂を退治出来れば、残りは30%の仁王の審判坂のみです。

普通じゃ無い方には、更にエクストラで御岳-J、Xがいらっしゃいますよ!

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳003(ケーブル橋脚は中間地点) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月25日 (火)

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳002(山岳悪路エリア)

Cut2010_0524_1356_16

山岳悪路

仁王の審判坂を降りて、居住エリアを通過すると、この山岳悪路が待って
います。ここから道路脇の杉にシリアル№が付られて、700番?超(忘)
までが本道です。

山岳悪路は、登山者や車の登攀を考慮して、踏み石、滑り止め石が路面
に埋め込まれており、自転車が最も走り難い激坂です。こんな所で軽4輪
と擦れ違おうものなら、足付き必至ですね。
下から登って来ると杉№001番、最後の登りと間違えてしまいますが、この
後に待ち構える、仁王の審判坂のアプローチ激坂!仁王審判本坂、更に
御岳-J,Xと20%後半から30%前後の恐ろしい激坂ばかりに成ります。
ビンディングは危険ですから、覚悟して登って下さいませ(汗)

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳002(山岳悪路エリア)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳001(仁王の審判坂エリア)

Cut2010_0524_1336_51

御岳 仁王の審判坂を下る


テレビで紹介されていたようですが、御岳が外国人の方に随分と人気スポ
ットになってしまったとか?パワースポットとして脚光を浴びているとの事。

道理で、いまだ嘗て経験の無い位の混み様に面食らいました。ここを登る
にはもっと早く家を出なければ、危なくてヒルクライム等出来たものではあ
りません。

ダウンヒルの途中で、4名のローディーさんにも遭遇しましたが、初めて来
られたとの事。ルート概観も調べぬままで、22個の地獄のRの5つ目位か
ら自転車押し歩きされているらしく、後何キロ位有るのか聞かれて3キロは
ずっとこんな感じだよ!と答えたら踵を返して降りて行っちゃいました。
折角だから、次回の為にルートの確認でも勧めれば良かったと反省!

この仁王の審判坂は30%近くあって、ここで走行失敗は、イコール怪我!
ですから覚悟して衆人環境の中を登らねば成らないのであります!


続きを読む "御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳001(仁王の審判坂エリア)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2010年5月24日 (月)

御岳 V-2 テスト走行 澤乃井の30%

Cut2010_0523_0921_19

澤乃井の30%

ウォームアップは、ここでしょう!
此処が余裕持って登れなければ、御岳仁王の審判坂は勿論!なんて論外
であるからして、初めてのメリーV-2でどうか?

楽勝です・・・・ってこんな短坂楽勝で喜んでちゃアカンですねえ!4km以上の
激坂に耐えるには、瞬発力は必要ですが、何と言っても持久力でしょう!
こんな、小さい激坂でウォームアップと言うか、自分と自転車の性能チェックし
て、御呪いをしてるだけなんですがねsweat01

動画の赤い物体は何か??

続きを読む "御岳 V-2 テスト走行 澤乃井の30%"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳

Dscn2845

Dscn2864

Dscn2865

Dscn2866

Dscn2867

御岳 V-2 テスト走行  背中で御岳

御岳・・・・・・・・好きですねえ!!
日の出山登山道の方が御岳よりも、ずっと厳しい激坂なのですが、メリー
V-2のデビューは、この御岳と決めていました。テスト走行で、一番気に
なっていた、ポジション取りをしっかり遣らないと、百草や高幡不動激坂で
感じていた違和感を払拭出来ませんからね。

御岳の22個の絶望的Rで、ポジションを色々試して見ました。
思った通り、今のポジションでは激坂で踏み込む度にサドル後方へ体が
流れてしまって、エネルギーロスが、痛いほど解ります。また前傾が激しい
ので、腰の裏側の背筋部への負担が著しく、長い登攀作業に耐えるのは
相当のエネルギーが必要に成り、消耗も尋常では有りませんでした。

一方、サドル先端部に腰を据えると、激坂もグイグイと踏み込む事が出来
ます。まだ、それ程体力が落ちていないかも知れないと思える位に問題なく
踏み込めるのですが、今度は、尻への負担が激しく・・・・このままでは確実
に・・・・・・・・・地主再び!!必至です!


と言う事で、帰りがけに中野島に立ち寄って、御岳テスト走行時に気が付い
た問題点を、洗い出しポジションの調整をお願いした次第ですが、これがし
っかり出来れば、V-2のポテンシャルは可也大きいと感じました。
当面、毎週登って微調整を実施して、メイメイさんが企てるであろう獲得標高
5000mに先ずは挑戦してみたいと思っています。

また、今回テスト的に魚眼カメラを背中に取り付けて、逆方向で撮影して見ま
したが、普段見る事の出来ない背中から見た御岳の顔も面白いですよ!!

 


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月23日 (日)

1年振りの日本海 

Cut2010_0521_2151_38

直江津の海

やっぱり、手頃なんでしょうねえ直江津!
こちらは、ママチャリだったり、クロスだったりするので、20時間以上かかって
直江津到着って事になるのですが、ロードバイクだと、10数時間で日本縦断
出来る訳ですから、直江津てえのは、手頃な縦断コースなんですよね。

今年は往復700なんて、意気込んでたし、能生で2チーム合流なんて考えて
たのですが、参加メンバーが2人では、それもままならず、モチベーションが下
がって、大型のポタリングって事になりました。ですがまあ、余裕あるポタも以
外に良いものだと思いました。榛名や地蔵峠等々、直江津命!!だったらそ
れしか有りませんからね!色々見に行くのも良いではありませんか!?

続きを読む "1年振りの日本海 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津駅前 メイメイさんと蕎麦だね!

Cut2010_0521_0018_47

続きを読む "直江津駅前 メイメイさんと蕎麦だね!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月22日 (土)

上越バイパスから日本海メドレー

Cut2010_0521_2129_52

懐かしいけれど?

直江津港に到着しました、懐かしいが達成感は微塵もありませんね。
上越バイパスから2時間位でしょうか?
昨年は、妙高が夕方で、直江津に着く頃には、真っ暗でしたから、辺りの
景色を愛でる事も、その余裕も有りませんでしたが、こうして時間に余裕
のあるポタ的ロングライドも、色々見えて、また良いですねえ!

上越バイパスの途中で、近道の積りが、結果遠回りに成ったりしましたが
何とか、昨年と同じ直江津港で、山形から南下して来たメイメイさんと合流
する事が出来ました。

続きを読む "上越バイパスから日本海メドレー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

上越バイパスから関川右岸へ入ったのがまずかった!?

Cut2010_0521_0007_28

関川てえのが直江津港に注いでる川で

高田近辺から、関川右岸を走れば、きっと早く到着できるだろう。メイメイさん
も首を長くして待ってる事だし!と思って右岸を進むと1KM程度で、道がダート
になって・・・・・・こりゃイカン!!と再び18号に戻るも、此処は何処?状態sweat01

直江津に到着してる、メイメイさんと連絡しあって、お互いの現在位置を確認。
随分、お待たせして直江津港に辿り着きました。
去年は、夜間走行だったので、景色が全く別物なんですよ!

続きを読む "上越バイパスから関川右岸へ入ったのがまずかった!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月21日 (金)

上越市高田手前くらいか!?

Cut2010_0520_0005_10

18号線真っ直ぐで直江津です
最後の走りでしょう


上越バイパスは、野尻トンネルから基本下りですから、楽なんですが
時々、軽井沢近辺と同じ様なデカイくて緩い登りがあったりします。

路面は、良好で路側帯が広いので、車が多くても安全に走れます。
路側帯の広いのは、雪をここに寄せる為の様で、自転車の為じゃ無い
んですよ(汗)厳冬に此処に来ると世界は全く違って見えるそうですよ!

線路の橋脚が出てきますが、北陸新幹線のようです。

続きを読む "上越市高田手前くらいか!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

上越バイパス 中野のロディーさんと道の駅まで!

Cut2010_0520_0002_59

1年振りの上越バイパすで
中野から来たローディーさんと


アンカーです!速いです。ロングライドやってると、色々な方とお話しが出来
るのも自転車の魅力です。中野から来られたローディーさんとは、野尻トン
ネル辺りでお会いして、上越市に入ってすぐの道の駅まで、ご一緒させて頂
きました。

後ろに付いて、彼の走りを拝見させて戴くと、これが凄く軽やかなんですよ!
こちらは,クロスバイクで懸命にガシガシ漕いでやっと追い付ける感じで、そ
の性能と実力に、手も足も出ませんでした。本当に軽やかに漕いでるんです
よ!!

続きを読む "上越バイパス 中野のロディーさんと道の駅まで!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小諸からKOZOさんの待つ上田へ急行の図!!

Cut2010_0519_2351_32

突然、相棒のKOZOさんから電話で
上田に急行も!?


地蔵峠を登ってる時に、暇で暇でしかたなくて、その話相手は相棒のKOZO
さんでしょ。いつもこうして犠牲に成ってるんですよ(すんません)

彼も、同じ日にご実家帰省のよていでしたから、何処かで会おうか?と思って
いたのですが、ホテル泊まりだし、榛名登って時間が無かったりで、会えない
かも?と思ってると、走行中に携帯が!出るとKOZOさんからで、上田の駅前
に、お父上様と一緒に居られるとの事。

これは、もういつもお世話に成ってるKOZOさんの、お父上様に御礼のひとつ
もせなアカン!!と思って18号をカッ飛ばすのですが、36KM先ですから1時
間では済みませんよね。必死で漕ぐも間に合いませんので、電車に飛び乗るべ
く小諸駅に向います。なんとかギリギリ間に合って、ご挨拶とKOZO復帰のお願
いもちゃっかりしてしまいました(汗)

続きを読む "小諸からKOZOさんの待つ上田へ急行の図!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月20日 (木)

軽井沢から小諸、上田へ飛びます001

Cut2010_0519_2341_06

軽井沢を越えると!?

小諸、上田方面に急ぎますが、デカイ坂がドッカーーンドッカーーンとあって
まあ、概ね下り坂なので問題ないが、帰りにこのでっかい坂を何本も越える
のって、結構効きそうですよね!

その権化が、上越バイパスだろうと思うのですが?碓氷峠越えてから、この
ドッカーーン坂の他に、やっぱり野尻湖の坂でしょうねえ!ヘタバルのは!
あそこ長いですからねえ!でも今回は、ホテルの友人に捕縛されちゃいまし
たから・・・・・・手抜き直江津ツアーです!

続きを読む "軽井沢から小諸、上田へ飛びます001"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 野尻湖周遊003 激坂??

Cut2010_0517_0734_41

野尻湖の桜に妙高

この角度が最高の絶景を望める角度だろうと思います。
ここから、周遊路に登って行く坂が、結構良い坂で16,7%って程度であるが
中々の急なRで顔が良い!

精々1周13,4km程度だが、妙高が見渡せて桜を愛でる事ができる観光ス
ポットでも在るので、時間があれば走ってみるのも良いでしょう。

続きを読む "直江津2010 野尻湖周遊003 激坂??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 野尻湖周遊002

Cut2010_0517_0736_34

樹林帯を走る


何処からでも妙高が見える。
恐ろしいのは、この林道にはガードレールが僅かしかない事でしょう。
踏み外せば、谷底ですから夜間走行は厳禁です・・まあ誰も走らんでしょうが(爆)

夏場は、林の中を走る事になるので、涼しくて良い環境だろうと思いますが、之と言
って激坂でも無く、SAKABAKAには物足りないかも知れません。

続きを読む "直江津2010 野尻湖周遊002"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月19日 (水)

直江津2010 野尻湖周遊001

Cut2010_0517_0737_56

野尻湖畔から周遊路を行く


友人が、妙高でホテルをやっている関係で、妙高に一泊して、野尻湖を
走りに来た。地図で見る限りでは、ウネウネした山岳道路があった様な?
しかし行って見れば、それ程の坂は見受けられず、唯一発見出来た坂が
この周遊路の入口であったため、ここから坂を登って周遊路を走ってみた
のだが、残念ながら20を越える激坂にお目に掛かる事は出来なかった。

しかし、須らく絶景が望める最高の観光地であるのは、間違いないでしょう!

続きを読む "直江津2010 野尻湖周遊001"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 妙高の激坂ダウンヒルもいい!

Cut2010_0517_0733_10

妙高のホテル前の通りが
結構な激坂で!?


と言っても10強って斜度ではあるが、兎に角素晴らしいのは1KM以上の
直線坂ってのが、気に入りました。真っ直ぐですから勿論、休めませんが、
斜度無いから、一気呵成に登って仕舞えるでしょう。

そのダウンヒルは、かなり恐ろしいです。路面はまあまあですが直線です
から速度がグングン上がってしまい、ブレーキの甘いR/2では恐怖でした。

続きを読む "直江津2010 妙高の激坂ダウンヒルもいい!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メリーⅤ-1 最後の走り002

Cut2010_0517_0724_59

川崎 中野島POP自転車

メリーの故郷!中野島のPOP自転車に、最後の走りを続け、やっと最終
GOALを向えるメリーV-1です。

中野島駅を少し川崎街道方向へ行った最初の交差点に、黄色い可愛い
建物が見えて来ます。ここがPOP自転車 メリーの故郷なんです。
自転車整備士の免許をもつ店長ご夫婦と組長、古木さんの自転車をこよ
なく愛するメンバーと、沢山の自転車仲間が集う場所。アットホームで皆が
集まる雰囲気は、時に商売してんの??って感覚さえしてしまします。


続きを読む "メリーⅤ-1 最後の走り002"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月18日 (火)

メリーⅤ-2  高幡不動わきの激坂を登る!!

Cut2010_0517_0717_53

高幡不動脇の激坂を登ってみる


百草園の激坂を完全に凌駕するこんな激坂が、この高幡不動脇に潜んで
いたとは、お釈迦様でもご存知あるめえ!!

瞬間斜度28は在りそうな激坂を、メリーV-2は如何にして料理するのだ
ろうかと、思いながらペダルを踏んでいた。坂の顔からして登れない坂では
なさそうだったが、どの程度余裕を持って登れるかが興味の中心です。

だがしかし、最初は片手で大丈夫?と踏んだそれは、全くの誤りで激震部
では、ウィリー制御との戦いになってしまった。INTER-8が後輪にドカンと
鎮座している関係で、後ろ重心となっており、V-1以上にウィリー制御が
強いられる。早く前カゴを着けてバランスを取らないと、制御で腰がやられ
そうである。

続きを読む "メリーⅤ-2  高幡不動わきの激坂を登る!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メリーⅤ-1 最後の走り001

Cut2010_0517_0727_14

5月15日
午前中の走りの全てが
メリー最後の走りとなった。


メリーで最も感激したのは、風張林道登攀だったと思います。自走70km
以上掛けて藤倉に辿り付き、きのこセンターまでの激坂に耐えても更に更
に先が有る。ずっとずっと黙々と耐えに耐えて、GOALのゲートが見えて来
た時に、咆哮!!したのを覚えている。

次に感慨深いのが、乗鞍スカイラインだろう!平湯から激坂を登ってスカイ
ラインに出ると、辺りは天空の様相で、登れば登る程、太陽が近くなって来る
様は、圧巻であった。

御岳をこれで登った時は、心底疲弊したものである。15日のメリー引退の日
に初めて正確な車重を計ってみたら17KGであった。堂々たるママチャリであ
ろう。これで良くぞ御岳を制したものであると自画自賛の極みになってしまう。

日の出は残念ながら最後の200Mを超える事が出来なかったが、奥多摩最
高峰に果敢にチャレンジ出来たのもメリーの御陰である。

御岳で、メリーのBBが破損した際に、ワザワザ中野島からPOP永嶋店長が
駆け付けて呉れて、その場で大修理して戴いたのが忘れられないメリーの逸
話である。三原山の御神火スカイラインにカミさんと登ったのもメリー!

初めての直江津で、暗闇に霞んで見えた直江津港の文字!
相棒のメイメイさんと、感涙に咽んだ、その傍らにメリーがひっそり佇んでいた。
彼女は慎ましやかな女なのである。

最後に、我がチャリ人生において最も難行であった、凍てつく極寒の2月の直
江津行の練習で、KOZOさんと走った300もメリーであった。

最後にPOP自転車永嶋店長殿へ


メリーの全てで、川崎POP自転車の永嶋店長には、ひとかどなら無いお世話に
なり最大の敬意と感謝を沿えて、メリーV-1の御礼とさせて頂きます。
有難う御座いました。またメリーV-2の継続サポートお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "メリーⅤ-1 最後の走り001"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

直江津2010 妙高の激坂

Cut2010_0517_0731_35

妙高のホテル前の通りが
激坂でした


真っ直ぐ妙高へと激坂は連なって居る様です。良い坂ですよね。ゲレンデと
並行して走ってる坂ですから、其れなりの斜度で真っ直ぐ!
トレーニングするには、最高かも知れません!
上越市から上越バイパスを登って来て、ここで高速登攀のトレーニングなんて
馬鹿な事をやる人は皆無でしょうが!?きついでしょうねえ!

この坂の突き当たりから、更に社殿ある激坂が居て、美味しく食して帰還しま
した!朝飯前の爽快な汗!

続きを読む "直江津2010 妙高の激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月17日 (月)

直江津2010 碓氷峠GOAL

Cut2010_0517_0729_55

碓氷峠
思った程感慨も無く??


今回は、まあ大規模なポタリングと言う様相で、初めての直江津とは質が
違う走りでしたから、碓氷峠登攀に思い入れは有りませんでした。
風戸峠、榛名湖、地蔵峠、最後に碓氷峠と繋いだコンビネーションが今回
の走りの中心だったかも知れません。

こうした大型峠は、激坂系の短い峠に比べれば、楽に登れるのだがボディ
ーブローで体に負荷が蓄積する。速くも無く、登攀能力も余り無い私には、
こうしたコツコツ型の峠が向いている様に感じられるのである。

続きを読む "直江津2010 碓氷峠GOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

メリーⅤ-2 初激坂はお手軽百草

Cut2010_0517_0722_06

メリーV-2のテスト走行は
御岳と決めていたのだが?


どうも、エンジンの調子が悪く、連光寺の坂を登って、それが顕著になって
きたものだから、大事をとって途中の百草でテスト実施と相成った。
思った以上に、軽やかな走りをみせるV-2だが肝心の激坂は如何に?

車重が17KGから12KGへ大幅なスリム化が図れた事で、R/2以上の
軽やかさで登って行く、悪い体調の割には、納得出来る仕上がりである。
なにより、素晴らしいのはブレーキング性能が格段に向上し激坂での片手
撮影時に全く不安が無い安定した動きをみせる事だろう!
エンジンさえ復活すれば、ママチャリでの暗峠登攀も可能性が見える!!

続きを読む "メリーⅤ-2 初激坂はお手軽百草"

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

メリーV-1 最後の日 メリーV-2 最初の日

Dscn2818

メリーV-1の引退
 

とうとう、その日がやって来ました!
2年の永きに渡って、多くの激坂に耐え、300kmを超えるロングライドに
耐えた、相棒メリーは、チャリバカ 中野島POP自転車 永嶋店長の熱き
思いと、ママチャリを愛して止まないSAKABAKAの執念によって産声を上げ
和田峠を軽やかに登攀可能なママチャリとして登場し風張林道、御岳、乗鞍
日の出、白石、箱根、三原山・・・・等々多くの激坂を共にしました。

2010年5月15日
その役目を全うして、後任のメリーV-2にSAKABAKAを継承する事となり
ました。V-1よ良くぞ耐え忍んで呉れました。お疲れ様でした!!

Dscn2832

メリーV-2のへの引継ぎ式

メリーⅤ-2は、更に激坂登攀能力を高め、V-1を遥かに凌ぐ耐久性を秘
め車重もV-1の17kgから12kgと大幅に削減され、GIANT R/2を完全
に凌駕する性能を獲得しての登場となりました。

何と!フロントブレーキには、DURA-ACEが採用され、片手で動画撮影する
際の走行安全性を高めると同時に、ママチャリにDURA-ACEと言う大胆な
発想で、新たなママチャリの領域を、真性ヘルニアンに提供するものである。

Dscn2833

Dscn2842

思い入れのあるロゴ
WOLF IN SHEEP`S CROTHING


は見事に継承され、イザ出陣の際には、エンジンさえ問題なければ最強の
ママチャリと化すsweat01

Dscn2843

メリーカラーもPINKからSILVERに変更

鋭角的な、存在感を標榜する、類稀なママチャリを創造した。
このロゴだけで、7000円も投資した永嶋店長の思いが伝わります。

Dscn2830

カーボンフォーク
28Cタイヤ、軽量ホイール


どれをとっても、超進化の未来型ママチャリであろうsweat01こう言う事を大真面
目に発想する、柔軟な思考が、3年後のメリーV-3へと繋がって行くと確
信する。メリーは永遠のママチャリ連鎖なのである!

Dscn2844

最大懸案事項の輪行もクリア

メリー最大の懸案事項であった、輪行もフロントタイヤのクイックリリースに
よって解決に至り、鳥海山等の遠距離エリアの激坂対策にも目処がたった!
また、パッキングの際に、邪魔になるペダルも脱着可能な仕掛けとなっており
進化した輪行が可能となった。

今後の課題は、カゴ!!

Dscn2810

ママチャリの象徴であるカゴについては、現在検討中であり、折りたたみ
カゴの設置に向けて、調整中と成っている。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (20) | トラックバック (0)
|

2010年5月16日 (日)

直江津2010 野尻トンネルから上越バイパス

Cut2010_0515_0045_11

再び遣って来ました
野尻トンネル


去年、此処を通過した時には、日本橋を午前零時に出て、トンネル通過は
夕方で、妙高がピンク色に染まって、次第に闇に包まれていった光景を思
い出します。直江津は、真っ暗でしたねえ。

今回は、単独のお気楽モードですから!日中の上越バイパスも良いですねえ!
妙高のパノラマが最高の景色を提供してくれて、直江津近くの関川河畔まで、
その絶景を楽しむ事が出来るのですよ。

続きを読む "直江津2010 野尻トンネルから上越バイパス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 妙高の夜明け

Cut2010_0515_0039_03

妙高の夜明け

午前4時には、起きてしまうオヤジになり申して、それでも良い所もあって
この画像の様に早起きは3文の得!妙高に登る朝陽の撮影に成功しました!
って大した事じゃないのですが、じーーと見てると太陽が徐々に昇ってゆく!
地球の自転が良く解ります。4倍速で再生してます。

続きを読む "直江津2010 妙高の夜明け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 碓氷峠全容90%

Cut2010_0515_0011_48

90%ってえのは?
実はGOALの瞬間のみ通常デジカメ
で音声込みの撮影したもので!?


碓氷峠を完全収録するには、胸固定の魚眼カメラでフルに撮影する方法が
良いと判断して、そうしたのですが、残念ながら音声が入らないのでGOALの
み通常のデジカメで撮影したので、その部分が別動画になって90%フォロー
の碓氷峠って事です。

ところで、この峠で、驚くべき出会いがありまして、まあ偶然ってこんなもんでし
ょうねえ。

碓氷湖を出て峠に戻って登って行くと、前方にロードバイクがいるので、接近して
話掛けると、川崎から来たとの事。
ノール>何処から来たの?
A  君>川崎から途中輪行で、此処まできました!
ノール>へえ!?川崎ですか?で川崎のどの辺?
A  君>武蔵○○って知ってます??
ノール>えええ?駅前にデカイ会社あるでしょ!?
A  君>ハイ 某社ですね。私、そこの社員なんですよ!!
ノール>ええええええ!?・・・・・・・お!俺もだよ!!
2 人>えええええええええええええええええええええsign03

ノール>で何処の部署よ?
A  君>はい、○○部なんですよ。
ノール>おおお!じゃあS藤ってのいるだろ!?
A  君>ぎょえええ!S藤さんですかあ!元の上司ですよ~sign03
ノール>驚いたねえ!!俺、S藤と同期なんよ!
     会社帰ったら、たまには顔だせって言っといてよ!
A  君>はい!!(ハキハキと)

と言う事で、同じ会社のA 君と偶然、碓氷峠で会って上田辺りまで
一緒に走って、別れたんですが・・・・・・・・それにしても驚いた!!

続きを読む "直江津2010 碓氷峠全容90%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月15日 (土)

直江津2010 碓氷湖の激坂

Cut2010_0513_1635_45

碓氷湖の激坂??


多分?榛名から地蔵峠、碓氷峠の一般道のエリアでの最大斜度だろうと
思います(爆)と言っても17%って程度ですが?
群馬、長野エリアで激坂てえのは、あまり見かけません。大方、坂が長くて
大きいのが特徴で、3KM程度で20%なんてチンマリした坂が無いのです。
それだけ、自然が雄大だと言う事だろうと思いますが、SAKABAKAには少
し寂しい気もします。ロングライドを楽しみましょう!

続きを読む "直江津2010 碓氷湖の激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 碓氷湖周遊の旅?

Cut2010_0513_1628_24

碓氷湖には激坂と
トンネルがあるのですよ!知ってました!?


碓氷湖周遊って、初めてですがまあ、こじんまりとした湖ですよ。1周10分程度
です。まあ、これを見て行こうと思う人は居ないでしょうが、18号から碓氷湖へ降
りる坂は激坂って言っても良いかも知れません。最後にこの坂を登っている時に
山形から直江津を目指しているメイメイさんと連絡がとれまして・・・・電話しながら
登れる激坂って???

続きを読む "直江津2010 碓氷湖周遊の旅?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 碓氷湖へ

Cut2010_0513_1609_18

碓氷湖へ寄り道

軽井沢方面へ行って、この碓氷湖へ立ち寄るロードバイクの方はかなり少ない
と思います。景色が結構良いですし激坂が居ますから、是非立ち寄る事をお勧
め致します。
何故なら、ダートですからsweat01誰も寄らないでしょうから代表して状況を見てきまし
たのでご覧下さい。

続きを読む "直江津2010 碓氷湖へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月14日 (金)

直江津2010 地蔵峠から18号横川手前のコンビニまで飛んで!

Cut2010_0513_1557_17

やっと中山道 18号線に辿り着きました

33号線も、時々これで良いのかなあと思う地点もありましたが、地元の方に
お聞きして、何とか18号に辿り付きました。地蔵峠降りてから民間が出て来た
あたりで、分岐があって松井田方向で間違いありませんね!標識が出て来ます
から!!天神山トンネルを越えると、真上が18号線です。

続きを読む "直江津2010 地蔵峠から18号横川手前のコンビニまで飛んで!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 地蔵峠 ずっと登り de GOAL

Cut2010_0513_1540_44

どれほど登ったのでしょうか?
そう大した事はなかったが長かった!


森が一気に開けて、最高の景色が飛び込んで来たかと思ったら地蔵峠
のGOALでした。確かにアップダウンは結構有りますが、それ程の峠では
有りませんので、榛名から碓氷峠へ向う際は、この峠道を行くのが最も解
り易いと思います。何故なら最も方向音痴の私でも来れたのですから!

しかし景色は最高でした!!

続きを読む "直江津2010 地蔵峠 ずっと登り de GOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 地蔵峠のアップダウン楽し!?

Cut2010_0513_1525_14

地蔵峠頂上までどの程度
あるかも解らずに走るのがいい!!


ご覧の通り、全く車が通りません。自分独りがこの道を走る快感を全身に
浴びて、時間を気にせず走ってました。しかし夕方までに妙高の友人のホ
テルに着かないと迷惑になるし!!?
でも、こんな誰も居ない林道も楽しいし!と言った感覚に支配されて居た様
な??この道と何処までも行けば、18号に出るのですから大丈夫!

続きを読む "直江津2010 地蔵峠のアップダウン楽し!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月13日 (木)

直江津2010 地蔵峠へ 何で下るの??

Cut2010_0511_1631_43

気持ち良い林道を
何でこんなに下るん??


榛名からほぼずっと下りです。最終は草津街道脇の鳥川に掛かる水沼橋
まで、一気に下ってます。ここが谷の底辺で、地蔵峠は、ここからまた登って
登って・・・・・・結構長いんですよsweat01
こう言う亀の子、嫌いじゃないんで、コツコツ登るのは、楽しいですよ。
次第に、民家も散見されて、これで迷子のチャンスは失せましたが、土地土
地の風景を見るのも楽しみのひとつなんですよ!

続きを読む "直江津2010 地蔵峠へ 何で下るの??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名神社から33号線地蔵峠へ

Cut2010_0511_1618_49

榛名本道から33号線分岐

気持ち良くダウンヒルしていますが、33号分岐からも!全く走った事の無い
道を行きます。少し不安もありますが、初めての道のワクワクさが勝ってます
ね。まあ、日本国内ですから迷子もまた良しなんですが、妙高の知人のホテ
ルに迷惑掛けれませんから、あまり羽目を外せません。

結構、真面目に・・・・・・道草(本道を反れて激坂を探す行為)をせずに走りま
したよ。地蔵峠の後には、碓氷峠登らんと成りませんからねえ!

続きを読む "直江津2010 榛名神社から33号線地蔵峠へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道 神社へダウンヒル

Cut2010_0511_1554_45

踵を返して地蔵峠へ
榛名本道ダウンヒル


2倍速で再生してます。胸に固定した魚眼カメラで撮影しています。
速度が出そうな、ロングの安定した坂等は、固定カメラで撮影する事が多い
のです。怪我しますかなねえ!

榛名湖から再び榛名本道に出て、榛名神社前までカッ飛びして、更に先の
33号線から地蔵峠を目指します。

続きを読む "直江津2010 榛名本道 神社へダウンヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月12日 (水)

直江津2010 榛名本道 GOAL

Cut2010_0510_1453_36

走りを止めなければ
必ずやって来るGOAL


色々、厳しい時もありますが、走りを止めなければGOALは必ず遣ってきます。
風戸峠を登り始めたから、3時間程度は掛かっただろうと思いますが、亀の子
で良いのですよ!兎に角、足を着かずにGOAL出来れば勝利でしょ!

榛名に佇める時間もそれ程ありませんから、踵を返して地蔵峠を目指します。
地蔵峠は、榛名本道を引き返して、33号線をひたすら中山道18号方向へ走る
解り易い1本道です。更に、それが終るとダラダラの碓氷峠が待っています。

続きを読む "直江津2010 榛名本道 GOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道 激坂003

Cut2010_0510_1440_13

榛名激坂のハイライト?

この斜度!在ります!!有りますとも本物に近いです。唯一です。
それでも20は無いのかなあ?インナー突いてようやく20程度ですが美しい
ですねえ!坂・・・・・・・かく在るべし!の見本みたいな顔してますね。

空が近くなりました、よって頂上はもう目と鼻の先です。きっと榛名はローデ
ィーさんにとっては、高速峠なんでしょうねえ!
フラットペダル、オールダンシングにとっては、そこそこの峠で、亀の子を強
いられる峠だと思いました。でも充分登れる坂だと思います。

続きを読む "直江津2010 榛名本道 激坂003"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道 激坂002

Cut2010_0510_1353_32

榛名の激坂

こんな感じが、最後まで続きますよ。確かに激坂っぽいですよね。
ハイ!それは写真のせいです。実際はそれ程でもありませんよ。こんな感じ
の程よいRが30程で頂上です。

間違いなく風戸峠の方が、激坂です。風戸峠を登ってから、榛名激坂を堪能
するのが、この坂を美味しく食す方法だろうと思います。

続きを読む "直江津2010 榛名本道 激坂002"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月11日 (火)

直江津2010 榛名本道 激坂001

Cut2010_0510_1342_03

確かに榛名神社から激坂です!?

17kmずっと登って来ましたから、確かに最後に激坂持ってこられると厳し
いかも知れませんが、斜度的には精々12,3%ってところでしょう。それも
4kmですから、充分耐えられる坂だと思います。

確か、ターンが30程度あって、番号がふられてますから、解り易いですよ。
後、どうなっちゃうんだろうって思わなくて良い訳ですから、絶望は遣って来
ませんので悪しからず!!意外に車の往来がありますから、注意が必要
ですね!

続きを読む "直江津2010 榛名本道 激坂001"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社境内

Cut2010_0508_1117_30_2

Cut2010_0508_1116_18_2

榛名神社山道を登ります

この坂、舐めちゃいけませんよ!結構ありますよ。山門から本殿まで更に
石畳が続きます。これが難物で、縦のスリット。タイヤがピッタリ嵌りますか
ら、ロードバイク禁制ですね。山道は結構な坂道で、参拝の人が多いので
本来、自転車はご法度なのだろうか?何も御札書きが無いので判然としま
せんが、気を使って登らねばなりませんね!

続きを読む "直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社境内"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社到着

Cut2010_0508_1108_58

榛名神社山門到着

左に曲がれば激坂が待っているのですが、ついつい眼前の山門坂に惹かれて
右に曲がって先ずは、榛名神社参拝って事に咄嗟に決めちゃいました。
登って下さいって顔してるでしょ。(でもこれは次記事ですがsweat01

此処まで13KMの登りですが、実は意外に斜度有るんですよ。無さそうに見え
ますが10%前後は有るでしょうか?景色も悪くないので飽きませんし、桜が綺
麗でしたね。ロードバイクの方は、前年ながら一人も見掛けませんでした。

続きを読む "直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月10日 (月)

直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社まで4km地点

Cut2010_0508_1058_56

ラブホの看板ですがsweat01


もう9KMずーーーと登って来ました。良く考えると何故か足を地に着けてない
ずーーーと坂を登って来たんですねえ!結構、斜度もまあまあで面白かった
んでしょうねえ!初めての峠で飽きもせず、ここまで頑張れるって坂の魅力
かも知れませんね。

次第に林道に成って来る頃に、目に飛び込んで来た看板が、なんとラブホの
看板!しかも丁寧に榛名湖までの距離が示されてるのは有り難い!
後、4kmで激坂突入の期待感!!!

続きを読む "直江津2010 榛名本道を行く 榛名神社まで4km地点"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道 一の鳥居近辺から榛名湖まで8km地点

Cut2010_0504_1202_09

榛名神社一の鳥居
ラブホの看板チェックですよ!

後、どの程度で榛名神社に辿り着けるのかは、解りませんでしたが、もう
少し行くと、トリコロールのラブホ看板があって、其処から神社まで4KMと
成ります。榛名湖まで8KMです。

いよいよ榛名神社ですよ。激坂が楽しみです。

続きを読む "直江津2010 榛名本道 一の鳥居近辺から榛名湖まで8km地点"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 榛名本道を行く

Cut2010_0504_1150_37

迷走飛行もこれでお仕舞い!

いよいよ、まだ見ぬ榛名山、榛名湖に辿り着ける訳です。地元の方々が
異口同音に仰る榛名神社からの激坂を妄想しながら17KMを亀の子で
進んで行きます。

前哨戦の激坂が最大でも17,8%でしたから、榛名神社からは20%以
上で3kmは優にあるっしょ!と期待しつつ、ずーーーと坂を登ってるんで
すが?・・・・・・・・実は此処まで信号意外で足着いて無いんですけどsweat01
マジです。そろそろ補給考えとかないとハンガー大王ですから!!?

続きを読む "直江津2010 榛名本道を行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 9日 (日)

直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂越えて榛名本道へ

Cut2010_0504_1139_21

何処が頂上だったのかも解りませんが
48号線方向に下ってます


今、考えてみれば、まあ此処が程良い??ウォーミングアップの峠だった
かも知れません。地図で見る限りでは、風戸峠と在りますが、標識は全く
見掛けませんでした。何れにせよ榛名本道に出れそうなので安心して走
ってます。実は、榛名本道に出てから17KMの登りが待ってる何て知りま
せんよsweat01

この後、榛名>地蔵峠>碓氷峠なんて長いのが、ずっと続いてるんですが
坂ばっかりなんですよ。・・・・・・・・・・嬉しいDEATH!!

続きを読む "直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂越えて榛名本道へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 30%に挑む!!その為に来た!

Cut2010_0504_1042_10

小生のライバルであり
最も手強きママチャリスト
RYU橋本氏の激坂を食す


素晴らしい顔をしていますねえ!全く遊びがありません。直線の清らかさ!
許してくれそうに無い斜度!どれをとっても一級品の品格が滲み出ています。
おまけに、無粋なゲートのお陰で登攀難易度は飛躍的に高まってますよ。
ゲートが開いていれば、普通に登れてしまうでしょうが、閉まってるお陰で坂
途中からの発進を余儀なくされます。20%を優に超える激坂の途中発進か
らスタートですから手強いですね。

上手くバランスさえ取れて、サドルに跨れれば勝利は手中に!!イザ!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 30%に挑む!!その為に来た!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 散々迷ってやっと日向薬師到着

Cut2010_0504_1032_36

やっと日向薬師到着
即!30%発見
即アタック
(次の記事)

遠路遥々、此処まで来てやっと回り逢えた激坂を前に、到着の感慨よりも
挑戦権を得た喜びに胸躍りますよ。
私が登って来た、日向林道は斜度の低い方向で、林道を楽しむなら薬師側
から登る方をお勧めします。16%てそこそこの坂が居ますから、30%登って
から16%って平地に感じる事が出来ますね。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 散々迷ってやっと日向薬師到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 8日 (土)

直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂登って迷子?

Cut2010_0504_1125_30

疑心暗鬼に必ず出現して呉れる
謎のオバチャンに感謝!!


世の中、良く出来てるもんですよね。こうして困ったちゃん時に必ず現れて
下さる現地のオバチャンがいて、親切に教えて呉れるんですよ。感謝感謝
ですよね。

思った通り、この道は榛名に通じる道ではあるのですが、一般的な榛名登攀
路では無さそうですね。思い返せば榛名最大の難関である榛名神社からの
4km弱の激坂より此処の坂の方が間違いなく厳しいでしょうね。此処を登って
降りると群馬県道48号線のT字路に出ますから、其処を右折して森下橋を
左折すれば榛名登山路である211号線に出る事が出来るのです。そこから
17km先に榛名湖が待っています。でも17km全部登りですから!!

続きを読む "直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂登って迷子?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 突然頂上?

Cut2010_0504_1024_10

日向林道の頂上です

トロトロ遣ってると、突然頂上のゲートが現れました。このT字路が最高地点
の様です。ここを左折すると大山方向へ進み途中で行き止まりです。
右折すると日向薬師に出るのですが、完全に迷ってしまって大山方向へ走っ
ては、戻り薬師方向へ降りては登りして、右往左往した結果、途中にいらした
叔父様に確認して、右折して薬師に向った次第です。林道で迷うと大変ですか
ら、この動画を残します。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 突然頂上?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 暇暇暇だから?足!

Cut2010_0504_1018_11

グロイかも?
自分が漕いでる時の足って見たこと無い?


まあ、暇だからやってるんですけど、自分が坂登ってる時の足がどうなってる
か?なんて考えた事も、見た事もないですが、暇だと人間、つまらない事を考
える・・・・・・でこうして足とって見ましたが、この足じゃあ激坂は無理よねsweat01
やっぱり鍛え方が足りんですねえ!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 暇暇暇だから?足!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年5月 7日 (金)

直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂だぜ!!

Cut2010_0504_1107_59

下から見上げるから
良い坂に見えますねえ!


身体が、全く準備出来てませんし、この道で良いのかちょっと不安でしたから
激坂を前にして、ワクワク感が有りませんでした。それでも途中からは、いつ
ものSAKABAKAモードに成ってましたね。まあ、坂好きなんでね。

このまま5,6KM続いて呉れると面白いんですが??速くは登れませんが、足
付き無しで頑張る事は出来そうな?そんなモチベーションなんですよ。

続きを読む "直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ 激坂だぜ!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 暇暇暇だから?足!

Cut2010_0506_2342_34

坂も普通の坂だと
漕いでて暇なんですよ


それで、ふと考えた、こんな時にどんな漕ぎ方してるのだろうか?
自分が走ってる姿なんて、撮影した事がないから、ちょっと見てみたいと
思った訳で、なかなか動きを見る事が出来ない、足の動きを撮影したら
グロテスクだった(汗)

しかも自転車乗りには程遠い、ガンダムシューズとハイソックス!!
こりゃあ、凄いわ!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 暇暇暇だから?足!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 写真集 上越バイパスから

Dscn2797

Dscn2798

Dscn2799

上越バイパス

直江津へのウィニングランのポイントだろう、野尻湖トンネルから一気に直
江津まで、ダウンヒルを楽しむ事が許させる。最初に来た時は、夜中を走っ
た。しかし今回は、怠慢の塊だった。多分、寄り道が過ぎたのであろう。
歳を取ったものである。



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 6日 (木)

直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ

Cut2010_0504_1054_30

端からこれだもんなあ!!


素晴らしい激坂を観賞する間も有りませんでした。ウォーミングアップもまま
ならない。走り出しからこの斜度です。相棒のKOZOさんから凄いとは聞い
てましたが、確かに凄いです。20、30%の短い坂に較べると、精々16,7%
でも、長いと疲弊の度合いが大きいのです。道路が広いので見た目の斜度
は緩く見えるのが、アザミに似ています。

こうした目の錯覚系の坂では、心理的にプレッシャーに成ります。何でこんな
に緩い斜度の坂が、こんなに厳しいの??力量が大幅に落ちてるんじゃ無い?
元々、ダメなんじゃ?等と思いながら登るので、一層ダメダメモードに成っちゃう
訳ですよ。

しかも、この坂を登り切ってから、道を間違えたのでは?等と不安に成ったりで
榛名のスタートは暗雲なた引きモードからでしたsweat01

続きを読む "直江津2010 何故か風戸峠方向榛名へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 無線のオッサンと絶景

Cut2010_0430_2143_30

Cut2010_0430_2146_39

やっと景色が!
突然、無線通信機積んだ車が!

きっと、ここが最も電波障害の少ないエリアなんでしょうね。同じ様な無線車が
もう1台居ました。動画ご覧の様に、飽きちゃってますねえ。
こうした変り映えのしない峠の登攀って、他の方はどうしてるんでしょうねえ??
相棒のKOZOとか居れば、二人で馬鹿言ったりして楽しめるんですがねえ!
誰も居ないと、暇なんですよ。ですから動画カメラいじって遊ぶか、何か喰う
位しか遣る事ないのですよ。暇ですsweat01

二つ目の写真の右上にちょっと見えるのは魚眼カメラです。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 無線のオッサンと絶景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津2010 写真集 妙高高原

Dscn2779

Dscn2780

Dscn2782

Dscn2783

Dscn2784

妙高の夜明け

地球の回転を実感する事ができました。冬山は絵に成る景色を惜しげもなく
提供して呉れますが、近寄っては成りませんね。美しさには刺があるのは、何
れも同じ。
妙高高原の坂は、長い直線が特徴です。なかなか潔い!



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 5日 (水)

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その4

Cut2010_0430_2135_34

段々、飽きてきました
面白くない林道ですねえ!


なんて言ったらバチがあたりますね。でももう少し起伏に富んでいると楽しいの
ですがねえ!また来たいと思えませんよねえ。景色もイマイチなんで開放感も
ありませんし、兎に角30%登ってみたい、ピュアSAKABAKAさんのみいらっし
ゃませ!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 ハンガーノック足着かない!

Cut2010_0430_2157_13

ハンガーノックの達人ですからsweat01

足付きなしてえのがSAKABAKAの宿命ですから、こう言う誰も居ない林道
では、色んな事して楽しむのですよ。こうしてハンガーノック食事してみたり
筑波の不動峠じゃ、ママチャリでしたから、足付き無しでカメラの電池とSDカ
ードの両方を交換した事ありますよ。亀の子で走ってるから出来るんですが?

まあ、誰も見てませんから、色々な事して自画自賛って訳ですね。
雨など降っていれば更に安心ですよね。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 ハンガーノック足着かない!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

直江津2010 写真集 碓氷湖

Dscn2772

Dscn2773

Dscn2774

碓氷湖

直江津行で、ここへ寄り道する人は少ないでしょうね。1周1kmも無いので
簡単に見て周れます。残念ながらダートですが激坂もあって箱庭の様な所
でした。



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 4日 (火)

直江津2010 写真集 地蔵峠から18号の牧歌

Pict0006

普通に坂です

Pict0007

森の中も普通に坂です

地蔵峠から中山道までは、長いです。何と無くずーーっと坂を登って居たよう
な?此処が終って碓氷峠ってえのも、お洒落ですが・・・・長いです!坂見たく
無く成りますが??




にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その3

Cut2010_0430_2125_51

最高傑作!!11.6%

小数点1桁も5%単位で表示してると思ったとたんに11.6%って何でしょう?
最早、爆笑林道ですよ。だがしかし、そう思って呑気に走っていると、突然視界
に、不審な動物が???

と思って身構えて見れば、人の良さそうなオジサンでした。結構驚いた割には
何も無かったって事ですが、誰も居ない林道や峠で、突然ガサガサって来れば
誰しも驚きますよね。この人の良さそうなオジサンのお陰で、後々救われる事に
成るのですから、袖刷りあうも、大いなる縁でしょう!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その2

Cut2010_0430_2114_17

小数点斜度表示って??

この林道の凄い所は、唯一小数点1桁まで斜度表示している点でしょう!
200M単位で斜度測定して、表示している様で、面白いのは、同じ10%
でも10%と10.0%の二つの表示板があるのですから、几帳面そうに見
えて結構散漫な仕事ですよ。

距離的には5,6kmって所でしょうか?平均10%弱で5,6kmてえのは
ロードバイクの方々から見れば、高速峠なんでしょうけど、亀の子してます
最後の30%は、ビンディングじゃあ怖くて登れませんよ!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 3日 (月)

直江津2010 写真集 榛名

Dscn2760

榛名湖と安中榛名脇の激坂

榛名湖へ向う積りが、最初から道を間違えて、安中榛名駅脇から石尊山方
向風戸峠に登ってその後、地元の方が激坂と称する榛名神社から榛名湖へ
の激坂ループを堪能しました。どう見ても安中榛名駅脇の48号線へ繋がる
山道の方がSAKABAKAには、面白いでしょう。最初から17,8%かも?

Dscn2762

榛名湖山道

綺麗な湖です。此処まで17KMの山道を登りますが、概ね奥多摩の風張
峠レベルマイナスって感じでしょうか?Dscn2765

地蔵峠

伏兵が潜んでました。榛名湖から中山道、横川手前に繋がる33号線の峠
で、車も少なく、最高の林道です。兎に角、長いです。

Dscn2766

地蔵峠から中山道へ

途中で、妙義山の奇怪な姿が見えてきますので、中山道の近いのを知ら
せて呉れます。長いです。

Dscn2767

風戸峠、榛名湖、地蔵峠、碓氷峠と連荘登攀って結構疲れますよ。
小諸辺りのアップダウンと合わせ技1本・・・て感じかも??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m


| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その1

Cut2010_0430_2106_51

最初14%ですから期待しますよね!

しかし、その実態は?こちらのルートだろ145が最大斜度なんですねえsweat01
平均斜度でも10%無いんじゃないかと思います。従って和田峠の隣の醍醐
林道よりも楽ちんな峠って事に成りますね。
所々に20%超なんて斜度が有ればもっと有名な林道に成れたのに??
唯一、最後に聳える30%が、此処へ来る最大のモチベーションですかね!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道アプローチ

Cut2010_0428_1139_41

64号から603号、611号と伝って
いよいよ日向林道に!
この鉄塔が目印です。


最初から5,6%を越えてるかも知れない坂がお出迎えしてくれました。
何処かのブログで拝見させて戴いた鉄塔が見えます。この道をひたすら
登って、日向林道、日向薬師・・・その脇の駐車場の激坂を登る為だけに
此処まで来た訳ですから、16%如きの林道で尻尾を巻いて逃げる訳に
は行きませんよ。ってだれも逃げたりせんわねsweat01

あと、少しであの激坂にご対面!!勿論!喰しますとも!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道アプローチ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 2日 (日)

日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道途中のダート激坂

Cut2010_0428_1126_34

603号線のダート激坂

64号線からやっと603号線 大山へ向っている県道ですね。
に入って直ぐに、この坂を発見・・・・即登攀sweat01
可愛らしい坂ですが、半分ダートってのに魅力があって登りました。
なんだか、こう言う古めかしくて、ダート交じりって坂の複雑さや奥ゆかしさ
が良いのかも知れません。解んねえだろうなあsweat01

東山魁夷の「道」って作品を思い浮かべてしまうんですよね。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 日向林道途中のダート激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 64号線 中里の激坂20%?

Cut2010_0428_1120_16

64号線の中里交差点の激坂

かなり良い坂でした。◎登り切ってから、更に上があってその坂も20前後
で続いています。300m前後はありますから、フロントトップだと厳しいかも
舐めちゃいけない激坂でした。で最後は何処まで上がって行くのか?
って、またですよsweat01

何でですかねえ??○○処理場って所に出ちゃうんです。まあ覚悟して
登ってみてくださいって言っても本当に登る人は居ないでしょうけどsweat01

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 64号線 中里の激坂20%?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 唐沢林道ちょっちゅねえ!?

Cut2010_0428_1108_33

これがKOZOさんご推薦の唐沢林道です

あまり時間が無いので、この林道でヤビツに行く事は出来ませんでしたが
この林道がヤビツの70号線と合流しているとの事で、KOZOプランでは
自転車隊が此処を走り、マラソン隊は、ヤビツを走って頂上で合流しよう
って計画でした。それも面白そうですね。
斜度は精々5,6%って感じですが、10KM前後は有りそうですから楽しめ
そうですね。

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 唐沢林道ちょっちゅねえ!?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年5月 1日 (土)

日向林道の30%を喰らいにの旅 64号線 宮ヶ瀬の裏側を行く

Cut2010_0428_1059_59

64号線で宮ヶ瀬の裏側を走ります

この64号線 宮ヶ瀬湖の尻尾の辺りに土山峠があって、宮ヶ瀬からは下り
ですが、伊勢原、海老名からは、結構長い登りに成ってるんですねえ。
ロードバイクが沢山、ここで練習してましたねえ。高速峠なので皆さん結構
な速度で5,6%の坂をガシガシやってますよ。あれだけモガケば強く成る
でしょう。

この辺り1周102kmの獲得高度3000Mなんてルートがあるそうですから
行ってみたいですねえ>>RYU橋本殿!!

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 64号線 宮ヶ瀬の裏側を行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

碓氷湖道草

碓氷湖道草
碓氷峠の途中の碓氷湖で道草してます。

チャリで一周したのは良いがダートでした!(^^;)
軽井沢までまだ15km登りなんよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

峠の釜飯

峠の釜飯
流石に坂もうお腹いっぱいどす(^^;)

今、峠の釜飯の荻野屋にいます。

これから今日、4つ目の碓氷峠登って軽井沢に向かいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 64号 宮ヶ瀬湖やまびこ大橋へ

Cut2010_0428_1025_58

初めてヤビツを無視して
64号 やまびこ大橋を渡ります


このエリアは、概ね大山、丹沢山系の麓だろうと思いますが、ヤビツがあまり
に有名で、都内の人間は、ほぼヤビツに向ってしまうのですが、この領域も
山梨大月エリアと同じ様に、結構な激坂や峠が存在するみたいです。

その中でも最も斜度の大きいのが日向林道で、と言っても16%ですからお手
頃な感じですが、その林道脇に、30%で100M以上の立派な激坂があるんで
す。SAKABAKAですから、100KM走ってその激坂を登る為だけに出撃するん
ですよsweat01

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 64号 宮ヶ瀬湖やまびこ大橋へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

榛名湖に着いた

榛名湖に着いた

かなり良い坂でした。
17kmの登りですが、斜度は、まあまあでしたから、厳しい峠じゃないですね。

手前の石尊山の激坂はなかなかでしたねえ!

これから地蔵峠経由で碓氷峠に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日向林道の30%を喰らいにの旅 道草三昧やっと宮ヶ瀬湖

Cut2010_0428_1049_22

宮ヶ瀬湖 いつ来ても美しい!!

最近、サイコン付けて走ってないから、自宅から此処までどの位走ったか
全く解りませんが、100位はあるんでしょうね。
この宮ヶ瀬は、通常は大垂水峠、牧馬峠と峠を越えて遣っって来るので、
やっと辿り着いた感!が強いので眼前に展開される宮ヶ瀬の景色に感動
するんですねえ!箱根と較べてどう?とか言っては成りません。
宮ヶ瀬には宮ヶ瀬ならではの美しさがあるんですから!?

続きを読む "日向林道の30%を喰らいにの旅 道草三昧やっと宮ヶ瀬湖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »