« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

笹子峠 下りましたね!GOAL間近です

Cut2010_0329_1516_12

山里まで降りてきました。
GOALは目と鼻の先です。


僅か10KMの峠でしたが、其れなりに楽しめた様な気がします。
今回は、通行止めを、自己責任で走って来た訳ですから、車も居ないし
環境は、路面の落ち葉や落石を除けば、概ね良好だったと思います。

車が来ないので、猿や鹿に出会えたのも、驚きでした。夏にもう一度来て
見たい、爽やかそうな峠だと思った次第です。
カミさんと来るのが良いかもしれません。有酸素運動の殿堂の地ですから!

 

続きを読む "笹子峠 下りましたね!GOAL間近です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 甲府ダウンヒル 美林道

Cut2010_0329_1508_02

笹子峠の最高の景色

頂上の笹子隋道から、随分下界へ降りた所に、こんな絶景が潜んでいるなん
て思いも寄らないプレゼントですよ。
まあ、SAKABAKAには、ちょっと消化不良な峠ではありますが、直江津行く時
には、前哨戦として、この程度が宜しい様で!

有酸素運動で、余禄を貯め込もうじゃありませんか?少なくとも笹子トンネルを
死ぬ思いで走るよりは100倍素晴らしい峠だと思いました。

続きを読む "笹子峠 甲府ダウンヒル 美林道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

どうなる?自走あざみ?三ヶ木手前の激坂で道草

Cut2010_0329_1349_50

三ヶ木手前でちらり見てしまいました
激坂発見!


この激坂を、横目でチラリと見て、先の三ヶ木へ一旦は向ったのですが??
どうしても、避けがたいSAKABAKAの血が騒ぎ!戻って来て激坂アタック
って事に・・・・最初から解ってる事なんだから、通り過ぎずに直ちにアタック
すれば良いのにって後で思いましたよ。でも?でも?

最後の相手が、富士アザミでしょ!暫し逡巡したんですよsweat01自走100超えて
からのアザミ・・・・・・・そりゃあ自信ないですよ!この時は、それでも何とか成
るとは思っていたんですがね。道志の山伏峠って・・・・・・・・・・・sweat01sweat01

続きを読む "どうなる?自走あざみ?三ヶ木手前の激坂で道草"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月30日 (火)

笹子峠 甲府ダウンヒルの絶景

Cut2010_0325_1004_53

これですよ!!
この偉大な空間!


地球を感じる事の出来る空間ってそれ程、身近にないのですから、こうして
出会えると、その時間は大変貴重な時間になるのです。阿蘇が最もそれを
感じる空間ですが、ここも負けていませんよね。ん?ちょっと負けてるか?

まあ、良いではないか!こんなに手軽に登って、あの景色を見られるなら
カミさん連れて登りに行こうと思います。勿論!輪行ですよ(汗)

続きを読む "笹子峠 甲府ダウンヒルの絶景"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

どうなる?自走あざみ? やっと津久井湖通過

Cut2010_0329_1335_43

津久井湖のダム橋を通過

最近、多摩サイ走るのが、どうも堪らなく辛いんですよ。
何度も、何度も多摩サイを走って、目的地へ向ってましたからねえ。
見飽きた風景、見飽きたコースに、トキめかないんですよ。

ですから、久々に甲州街道から高尾駅、48号で町田街道、津久井湖から
三ヶ木、そして道志ってコースで、山中湖を目指し、更に富士アザミライン
へアタックする計画で、先ずは津久井湖に辿り着きました。久々です。
そう!実は、多摩サイと同じ理由で大垂水を忌避しちゃったんですよねえsweat01
こうして、段々と億劫病が進んで行くのでしょうか??

昔だったら、津久井湖に必ず立ち寄って、一服していたのに、ここもパス
これは自走アザミのプレッシャーでしょうか?

続きを読む "どうなる?自走あざみ? やっと津久井湖通過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 甲府ダウンヒル 一瞬の鹿

Cut2010_0328_1652_03

突然の鹿から見れば
突然の俺か?


出会い頭に、熊てえんじゃあ、冗談にならないけど、鹿てえのは縁起がいい
ピョンピョン跳ねながら、上手に崖を登って行くものだと感心しながら見てい
ました。一瞬の出来事ですが!?

松姫の熊以来の大型野生動物との遭遇です。

続きを読む "笹子峠 甲府ダウンヒル 一瞬の鹿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月29日 (月)

チャリ仲間の息子 ボクシングプロデビュー戦 第1ラウンド

F1000227

堀口 立(りゅう)君
ブクシングプロデビュー戦勝利 おめでとう!!


彼の親父は、ロードバイク転倒し、あの御岳登山鉄道の超激坂を血だらけ
で登ってきた男である。言った事は掛け値なしでやる!
潰しても潰れない、転んでも何度でも、立ち上がる。まあ明るく、しつこく頑固
な漢である。

その息子は、親父の血を受けて、瓜二つだ!喧騒と緊張と高揚の中で、よくぞ
勝利を勝ち取った!

続きを読む "チャリ仲間の息子 ボクシングプロデビュー戦 第1ラウンド"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

富士アザミラインの状態 2010/3/27

Cut2010_0328_1720_20

Cut2010_0328_1725_12

Cut2010_0328_1725_38

富士アザミライン 2010/3/27
午後2時 須走口から6km地点の状態


この6km地点と言うのは、アザミの本命部分では無く、緩斜面エリアなの
ですが、ここから先が完全に銀世界で、R/2 28Cタイヤでは、後輪が
全くグリップ出来ず、走行困難でありました。

まだ、アザミを攻めるのは、幾分早そうですよ!道志道等完全自走でも
アザミ登攀は成功しそうな感じがしました。次回、再アタックで完了したい
と思います。写真の轍は、午前中に登った工事関係の方のバイクのもの
の様であります。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

須走からの富士4態

Dscn2581

Dscn2582

Dscn2583

Dscn2584

言葉は無用
在るがままに


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月28日 (日)

笹子峠 甲府ダウンヒル その1

Cut2010_0325_0957_36

トンネルが頂上でした

ですからトンネルを抜けると、一気にダウンヒル!甲斐大和までずーーーと
滑空できるんですよ。撮影さえ無ければ、最高のダウンヒルが出来るでしょう。
適度なRも宜しい様で!但し今の時期は、若干の残雪と落ち葉やえだ落石が
其処かしこに散乱してますから、手放しでは喜べませんが、それでも楽しい!
景色も、少しずつ良くなって、そしてクライマックスの、あの絶景へ!

甲斐大和側から登った方が、斜度は幾分有りそうですが、普通でしょうか?

続きを読む "笹子峠 甲府ダウンヒル その1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

笹子峠の本質

Dscn2510

Dscn2511

Dscn2512

Dscn2513

どれも同じ様に見えますが、我田引水どれも素晴らしい!
こんな景色に楽して出会う事が出来るのは、此処くらいのものでしょう。
5月の直江津は、皆で此処に参りましょう!

写真は、パノラマで撮影出来ないカメラなので、すこしずつずらして撮影
したものです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 笹子隋道の真っ暗

Cut2010_0325_0950_27

心霊写真です

笹子隋道での出来事です。これで、まさやんと同じ体験者って事に成っち
ゃった訳・・・・・・・じゃ有りませんsweat01
此処の笹子隋道ってえのは、照明が全く無いのですよ。70m程度の長閑な
トンネルなんですが、それでも真ん中辺りは、周りが全く見えません。
最早、三半器官の勝負でしょう!本当に真っ暗な空間の先に、ぽつんと見え
る出口の明かりを頼りに、路面なんて気にせずに突っ走る?

否、怖いから歌を歌いながらノンビリとね。そしてこのトンネルを越えると!?
そこは甲府CITY

続きを読む "笹子峠 笹子隋道の真っ暗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月27日 (土)

チャリ通で見かけた風景 和菓子の日

F1000189

F1000191

F1000192

F1000190

芝増上寺境内にて

雪の日の朝に、チャリ通途中の増上寺にて、何処かで見かけた和菓子の
様なオブジェが一晩で出来上がっていた。これを創ろうたって出来ないでし
ょ!創造の源泉は自然に在る!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士なう

富士なう

アザミラインのアタックは思いのほか体調が良くなって淡々と高度を稼いでいたのだが、6㎞地点から通行止め!

辺りは完全に銀世界でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

須走です

須走です

これからアタックしますかなり消耗してるから自信ないけど頑張ります

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

山中湖に着きました

山中湖に着きました

山伏峠長いわ(^^;)
あそこ登って、消耗したなあ!
これからアザミだけど大丈夫か?俺!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 中弛みの平地のゴリゴリ

Cut2010_0325_0933_11

ここは斜度ユルユルなので
緊張感が全く無い


だから、中弛みしてしまうんですよね。こう言う時、皆さんはどうしているんで
しょうねえ?I-PODなんて文明の利器持ってないし、 暇なんですよ!
同じ、景色ばかりが延々と続くと、まあ何処の林道も皆同じで、ツマランですよ
ねえ。初モノなのに!?せめて斜度10%位あればねえ!少しは緊張感もある
し、漕ぐので精一杯で、暇してる場合じゃなくなるんですがねえ!

でも、この後に!!

続きを読む "笹子峠 中弛みの平地のゴリゴリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 自己責任で行く

Cut2010_0322_1057_47

ああsweat01
やっぱり通行禁止?


でも、この車の方は、先へ先へ・・・・・・・・!!
と言う事は、車の通行禁止って事だろうと思うんですよね。
そう思えば、和田と同じ様にゲート脇からハイどうぞ!って事かしら?
ええい、ママヨ解釈はともかく、自己責任で行ってしまおう。

と一抹の良心の呵責を胸に、先へ進んで行く事にしましたが、解りました。
何故、禁止なのか?それは道路の清掃が終ってないからでした。残雪や
凍結は、この天気ですから全く問題ない。道に散乱する枯れ枝や、落石
の片付けが、終って無いから一応通行禁止って事に成ってる様な?

続きを読む "笹子峠 自己責任で行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月26日 (金)

牧馬峠の近くで見つけた 氷山の欠片

F1000220

F1000219

限りなく透明に近いブルーなの?

牧馬峠近辺の道路に盛った雪の隗が、溶けて出来上がったオブジェは
形よりも、内部に秘めた神秘の色が神の住む小空間を創っている。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

笹子峠 爽やか林道 こっちが矢立の杉だよ

Cut2010_0322_1049_52

本物の矢立の杉前です

その肝心の矢立の杉を見に行けませんでしたsweat01
止めときゃいいのに、どうしても足付き無しでねsign01ってSAKABAKAの
力学が働いちゃうんですよねえ。ちょっと道をそれて奥の細道を行けば
矢立の杉に出会えるんですが!?その道がダートだったから、行くのを
止めたんですよ。パンクでもしたら、つまらんしね。

此処までで、冬季の登攀はお仕舞いって事らしいんですがね!?兎に角
ゲートが有るだろうから、其処まで走ってみようと思って更に進むと!?

続きを読む "笹子峠 爽やか林道 こっちが矢立の杉だよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 三島に飛ぶ その.2

Cut2010_0324_1239_42

三島へカッ飛び
刻々と夕闇迫る


箱根峠の頂上に着いた時には、覚悟しましたが、最早フロントライト無しで
カッ飛ぶしかあるまい!撮影には相当な注意が必要なので、夜の撮影は
自粛しました。三島市内に降りた時には、真っ暗でしたねえ。

更に、三島駅はR/1から横道にそれた所にあって、実は道がイマイチ解
らない。確たる自信は無いのだが、取り合えず三島市街って標識の通り
進んで見ても、繁華街は見当たらず、そこから少し寂しい所を走って明るい
所に出たら、それらしい太い道にブチあたり何と無く駅に着きました。
藤沢程では無いのだが、結構解り辛い駅行でありました。

 

続きを読む "晴れたら箱根 三島に飛ぶ その.2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月25日 (木)

晴れたら箱根 三島に飛ぶ その1

Cut2010_0319_1105_50

何度飛んでも気持ちイイ!!

箱根を登った者には、漏れなく与えられる飛行許可が、三島ダウンヒル
なのである。晴れた日には富士がくっきり顔を出す絶景のポイントがオ
マケで付いて来るのも魅力の一つである。
しかし、それも日中の事で夕闇迫るこのダウンヒルは恐ろしい!
ラッキーな事に、向かい風が強かったから、ダウンヒルを漕がなくちゃな
らん程だったから、上手くブレーキングが出来て撮影も可能に成った訳
で、こちらの都合で風は味方にも、敵にもなるんですねえ!

うーーーん 敵じゃあなくて我に艱難辛苦を与え賜えーーーー!!って
事かも知れませんねえ!

続きを読む "晴れたら箱根 三島に飛ぶ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 近付く空

Cut2010_0322_1040_50

これが笹子峠の魅力です

長閑で雄大な感じのする、この峠にSAKABAKAを期待しては成りません。
「景色を愛でる」これが笹子峠の最大の嗜好って事なんですよ。
ここのポイントは、まだまだ大したレベルじゃありません。

凄い所があるんですが、そこには、恐ろしい所を無事通過して、得られる
絶景なのでありました。以降の記事にて、その全貌を明かします。

続きを読む "笹子峠 近付く空"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 お玉が池から芦ノ湖カッ飛び!!

Cut2010_0319_1051_38

荒ぶる芦ノ湖


結構、波立ってますね!芦ノ湖。流石に寒かったですが、兎に角此処まで
辿り着けば、後少し登って箱根峠頂上から、三島まではカッ飛びですから
もう、着いたも同然なんですが、ライト無いのが心配心配って子供じみてま
すね。いつもはセブンでゆっくり休んで補給してから、箱根峠を目指すんで
すが、そんな暇は有りませんので、写真を撮って、記事を上げたら、即発進!
最後の登りに、気を引き締めて!


続きを読む "晴れたら箱根 お玉が池から芦ノ湖カッ飛び!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月24日 (水)

笹子峠 矢立の杉を無視して通過

Cut2010_0322_1030_53

こんなデッカイRが沢山ありますが?

初めての峠を、こうトロトロ登っていて頭上に斜度の有りそうなガードレール
って、萎えますが、目の錯覚です。登ってみれば、今までと変らぬ低斜度の
長閑な道が延々と続いているんですよ。

しかしもう矢立の杉・・・・4kmも登って来ちゃったのかと、路肩ののぼり旗を
見てガッカリしたのですが、予告編のノボリ旗だったみたいです。矢立の杉ま
でここからまだ2km前後は、ある様です。

続きを読む "笹子峠 矢立の杉を無視して通過"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笹子峠 ヨネ次郎酔っ払いモード

Cut2010_0322_1022_02

あんまり長閑なので
遊んでますが?

景色が変らないと、詰まらないです。全く面白くなんでしょ!暇だし!
遊んじゃいました。誰も居ないし車も通らない。

結論から言うと、ずーーと片手モードで全く問題ない峠なんですよ。
大垂水より斜度無いし、もう楽勝峠なんですねえ。100だろうが200だ
ろうが、それだけ走ってからでも、全く問題なく登れちゃいますね!
道の駅笹子のレストランのお姉さんは、自転車じゃあ厳しいですよおsign03
と言ってましたから、喜んでたんですが??笹子峠の素晴らしさは、坂
には無いのです。でも??

続きを読む "笹子峠 ヨネ次郎酔っ払いモード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根  七曲アタックGOAL

Cut2010_0318_2116_01

七曲のGOAL

全部で12回、コロコロしてやっと1.2km走って七曲のGOALに辿り着き
ました。見晴らし茶屋を過ぎれば、後僅かで、お玉が池。
芦ノ湖まで、精々4,5kmって感じだから、夕闇との勝負ですが、ヘバッて
ますねえ!三島ダウンヒルは、きっと闇の中なんだろうなあ?と諦めの胸中
です。芦ノ湖に着いたら、速攻で箱根峠頂上に向うしか無い時間帯でしたね。

続きを読む "晴れたら箱根  七曲アタックGOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月23日 (火)

八王子総裁から戴いた激坂!!

Ca3a0009

Ca3a0008

Ca3a0010

Ca3a0011

Ca3a0012

R/1八王子総裁からのメールにて


激坂見つけたよ!
中央高速、上り談合坂SA付近の一般道わき。SAから(自転車、歩行者)
は出入り出来るから車で行けるよ!!

って事で地図で見れば、山梨県上野原市大野付近って事になるので車に
乗れない小生でも高速使わなくても行ける場所の様である。
と言う事は、行くしか無いでしょう!総裁御自ら発見なされた激坂を登らな
いって失礼な事はしませんよ!!今週末は、道志からアザミなので、翌週
辺りに登りに行こうと思います。風張峠から降りて甲武トンネルから行こう
か??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

笹子峠 初期林道の平和

Cut2010_0322_1014_25

平和です
全くもって普通の林道です


基礎データも何も調査せずに、まあ何とかなるでしょてえ、お気楽輪行です
から、いい加減なもんです。こう言うケースで登山すると、命に関わる状態を
自ら招いて、多くの方々に多大なるご迷惑をお掛けするハメに成るんです。
舐めて掛かると、こんな長閑な峠だって、危険が無いとは言い難い。

しかし、平和です!唯一の心配事は、落石!!

続きを読む "笹子峠 初期林道の平和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 ヤビツ思いっきりダウンヒル楽し!!

Cut2010_0318_1138_33

ヤビツダウンヒルって最高!!

久々のヤビツですが、裏からの登りは工事中って事もあったし、風も強く
て最低でしたが、その反面、名古木へのダウンヒルは、もう最高でした。
あの蓑毛で、ママチャリ最高速の67Km/H出したのが昔の話になりま
したが、久々登ってダウンヒルしてみると、往時が思い出されて懐かしい
ですねえ!ヤビツも道路が綺麗になりましたねえ!

さて、金目、平塚、小田原と爆走しないと、夕暮れになっちゃいます!

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツ思いっきりダウンヒル楽し!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

笹子峠 登り始めの牧歌

Cut2010_0322_1003_28

喜び勇んで参上したら
冬季は矢立の杉までだとさsweat02


って言われてもねえ?兎に角、登って見ようじゃないか!?
と、いつもの様に初めての峠は、亀の子モード。景色を愛でながらの登攀
開始。長閑な風景が続きます。山々は大きなシルエット。さて如何なる事
やら・・・・・・と此処で種明かし>>実は峠全部登っちゃたんですsweat01

途中で確かにゲートありましたよ!閉まってましたよ!でも登山客がいる
のを発見して・・・・・・・???!

続きを読む "笹子峠 登り始めの牧歌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月22日 (月)

晴れたら箱根 箱根の逡巡

Cut2010_0319_1036_44

見晴らし茶屋


七曲を通過しても、まだまだダラダラと登り坂が続きます。刻一刻と夕闇の
時間が迫ると、夜間凍結とかフロントライト無しでの三島ダウンヒルの事とか
色々な心配事が、気になって独りで逡巡するんですよ。
最初は、常に強気で行くんですが、体に疲弊感が漂って来ると詰まらん事を
考え始めるんですねえ!凡庸です。

それでも、惰性で登って行くと茶屋が見えて来て、再度頑張る気持ちに成れ
るんですから、人間いい加減なモンですよね。後少し後少しで距離は確実に
短くなって行くんですよ!!案ずるより産むが易し!!

続きを読む "晴れたら箱根 箱根の逡巡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

THE 笹子トンネル

Cut2010_0321_1234_10

今年の直江津は笹子峠で決まり??

毎年、24時間シリーズ企画で直江津に行こうと計画していますが軽井沢
ルートから今回は甲府ルートにしようと思い、先ずは超難所の笹子トンネル
の状況を視察に行ってきました。

選択肢は、笹子トンネルと命からがら通過するか、それを回避して若干長い
坂ではあるが、笹子峠を通過するか?なのであるが、結論は明白でした!

100:0で笹子峠です。100km走ってアタックしても、それ程厳しい峠ではなく
且つ安全な峠である事から、笹子峠通過方向で、参加各位と調整して行きた
いと思っています。笹子峠の様子は、次回から動画で!

続きを読む "THE 笹子トンネル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 ヤビツだけど 62歳青年オジサンとGOAL!

Cut2010_0317_2305_14

負けました
この堂々たる風貌に!
在りし日の青年を感じます!


八王子から自走でヤビツ頂上に到着した瞬間の画像です。
余裕がありますよね。堂々の完走でしょう。素晴らしいです。

彼は、なんと次のツアーで箱根を登ってしまうのですから更に驚きです。
確かな気持ちが体を支え、経験の積み重ねが、気持ちを創るその循環
が、世を珠にす!って事なんでしょうねえ。そこまで行くには時間が掛か
るぜ!ポタリングで行くしかねえだろうよ!

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツだけど 62歳青年オジサンとGOAL!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月21日 (日)

晴れたら箱根 ヤビツだけど工事で泥の川だぞ!!

Cut2010_0317_2246_04

こりゃ酷いぜ!

まあ、工事中だから仕方ないが、泥の道ってこの事だろうなあ!
泥除けなんて無いから、ベロンベロンに成っちまいそうな道をゆっくり
と、泥を跳ね上げない様に進んで行きます。千葉の富津岬の帰りに電車
輪行出来なかった理由が、服の汚れなんですよ。余りに酷すぎて、電車
に乗って周りにご迷惑を掛けたくないから、レンタカーで輪行する事にした
んです。三島に着いて泥だらけだったら新幹線乗れないもんねえ!

こう言う、ちっちゃい事が気になるA型でありましてsweat01ちっちぇえぞ!色々sweat01

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツだけど工事で泥の川だぞ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根  七曲アタック002

Cut2010_0318_1321_56

七曲といってますが正確には、見晴茶屋までに
12個のRがあるんですよ。


こう言うRの沢山ある坂は、登り易いですよね。Rで休めるから車さえ来なけ
れば、走り易い坂と言って良いと思います。しかし見得張ってインナー斜度の
厳しい所を攻めると、其れなりに厳しいでしょう・・・・気持ち良いですがsweat01

誰も、見てないからバカも遣れるし、易きに流れるも良し・・・・何でもOKでしょ
ただ、性なので仕方ないのですが・・・・・足付き無しですsweat01

続きを読む "晴れたら箱根  七曲アタック002"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 ヤビツだけど爆風だよ2!

Cut2010_0317_2233_52

やっぱ変態かも?

雨とか風とか、どうせ降ったり吹いたりするなら、吹っ飛ばされる位なのが
良いですね!俯いてひたすら地面に這い蹲る様にして、1mの距離を重ね
て行く、コツコツと前に進むつう、マゾヒスティックな状況が喜ばしい!

山中鹿之助の艱難辛苦を与え給え!と言う名セリフが良い!・・・のだが
そこまで根性無いんよね・・・・・そう適当に辛い!!之よこれこれ!
TAKE IT EASY!!

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツだけど爆風だよ2!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月20日 (土)

晴れたら箱根 ヤビツだけど八王子の62歳青年の走り その1

Cut2010_0317_2255_19

62歳青年!!危うし!

何で、ヤビツでこんなんが走ってるんよ!そう言えば奥武蔵の高山不動でも
道幅イッパイの大型ダンプとすれ違って、怖かったなあ!!

青年!hachibic さんに、お会いしました。彼のブログは小生のブログにトラッ
クバックしてますから、ご覧下さい。兎に角、62歳でっせ!
その時が来て、彼と同じ事が出来まっか??と自問すれば、即座にNO!!
でしょ!凄いですよねえ!彼には輪行って言葉が無いので、自走自走ですよ。
小生の帰りは、お気楽輪行ね!!てえのと訳が違う!大先輩ですね。

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツだけど八王子の62歳青年の走り その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

甲斐大和です

甲斐大和です

今日は、お気楽輪行で笹子峠を登り時間が有れば諏訪の麦草に向かう積もりでしたが、冬季閉鎖らしくて早くも断念(^^;)

仕方なく笹子峠一本絞りでアタックするも4㎞先で閉鎖との事。

此処まで来て残り8㎞を断念するには忍びない。
で良く良く前方を見やれば登山客がいるではないか!

と言う事は車は通行禁止で人はいいのね!

と勝手な解釈で先へ先へで結局、最後まで走って仕舞いました。途中でまた数名の登山客に挨拶しながら、幾ばくかの良心の呵責と、皆で渡れば怖くない心理で甲斐大和駅まで走りました。

う〜む自己責任とは言うものの、今思えば恥ずかしい行為であったと反省中(^^;)


そう言えば最初に出くわした動物が反省猿だったなあ(爆)

しかし笹子峠は素晴らしい峠でした!
甲州街道で直江津に向かうなら笹子トンネルを回避して笹子峠ば断然お勧めです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根  七曲アタック001

Cut2010_0318_1300_13

このクネクネマークから1.2kmが七曲

初めて来た時には、三枚橋渡ってから直ぐに坂!でしたし、其れなりに斜度
有りましたから、七曲行ったら結構厳しい戦いに成るんじゃないかと、覚悟し
てたんですが、意外と普通の坂だったのには、驚きました。
R/1の富士屋ホテル脇の方が斜度有りそうな気もします。

R/1飽きたし斜度もそんなに無いから、七曲でも!?と思ったけど実は両者
とも大した差が無いんじゃないかと思うんですよね。距離が有る分、R/1の方
が、偉いかも??

続きを読む "晴れたら箱根  七曲アタック001"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

晴れたら箱根 ヤビツだけど爆風だよ!

Cut2010_0317_2221_56

風強かったなあ!

ヤビツの川沿いに、ビュンビュン音を立てて、真正面から吹いてくるもん
だから、三島まで明るい内に、到着出来る可能性が、風と共に去って行く
のを、ヒシヒシと感じつつ、まあエエワ!

夜間走行、上等!!って事で・・・・と思ってたら、そう言えば、ハイパーラ
イト持ってくるのを、完全に忘れてましたsweat01ヤバイよねえ!
ここで覚悟!、小田原でライト手に入らなければ、テールライトだけで、フ
ロントライト無しで、三島ダウンヒル行くしかねえだろ!!
七曲、登って折り返すなんて、辞書にないしね!

続きを読む "晴れたら箱根 ヤビツだけど爆風だよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月19日 (金)

晴れたら箱根 宮ヶ瀬湖からヤビツへ

Cut2010_0317_2210_21

虹の大橋って何処が?

この橋を渡る度に、そう思うのだが名前負けしない様な美しい橋にして貰
いたいものだと思いますね。

風の谷を探してとのリクエストがあったので、其れなりに意識しながら登っ
て行くと、ナウシカの住む心地良さそうな風の谷って感じじゃないが、谷間
を川伝いに、風が舞っている場所・・・・・・おお!ヤビツの登りでそれらしき
場所を発見しましたよ。ただ、風が強すぎて、下リ坂をMAX-LOWで漕が
ないと進みませんsweat01

これから、箱根七曲を登って、三島ですから宮ヶ瀬に留まっては、居られま
せんし、ヤビツに登ったら速攻、金目川で平塚行かないと三島のスーパー
ダウンヒルが暗闇に閉ざされる!・・・・・・・まあ、それも良いがね!?

続きを読む "晴れたら箱根 宮ヶ瀬湖からヤビツへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 七曲へスタート

Cut2010_0318_1146_04

ハイハイ 三枚橋です


ずっとR/1カッ飛びでしたから、かなり疲弊してますが?何か?
夕暮れ迫って、R/1は勿論、旧道も混んでますよ。タイミングが全く良くない
まさか、此処まで渋滞って驚きでしたが、我慢して、お玉が池まで、トコトコや
るっきゃないでしょう!

七曲まで、ここから4,5Km程度ですが、風が強くて難儀しましたよ。
夕方だと、僅かに下って来るローディーさんは、いらっしゃいますが、この時間
から登って行くモノ好きは、皆無ですよ。寂しい登りでしたねえ!

続きを読む "晴れたら箱根 七曲へスタート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 宮ヶ瀬湖ロードバイク多いねえ!

Cut2010_0315_2248_48

やっと宮ヶ瀬湖

ポタリング、のんびり幾つか峠を登って、やっと宮ヶ瀬に着きましたが、ゆっ
くりしている暇は有りません。速いところ、ヤビツ登って小田原に向わねば
七曲登ってる内に、暗くなってしまいます。箱根峠を三島へ一気下りなんて
恐ろしくで、出来なくなってしまいます。

今回、どうせ帰りはお気楽輪行だし、バズーカライトも要らんだろうと、持っ
てこなかったのが、悔やまれます。常々携帯せなアカンものの一つにライト
意識しとかんと、イザと成ると恐ろしい事になってしまいます。転ばぬ先の
杖。・・・・・ですね!

続きを読む "晴れたら箱根 宮ヶ瀬湖ロードバイク多いねえ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月18日 (木)

晴れたら箱根 可愛い牧馬峠ダウンヒル

Cut2010_0315_2236_41

牧馬峠を下ると

この峠は、相模湖側から登ると、単なる可愛い激坂なんですが、宮ヶ瀬側
から登ると、なかなかの峠に見えるんですよ。斜度もメリハリがあって結構
長い距離登る訳ですから、モガけばかなり効きますよ。

大波小波を乗り越えて、牧馬に辿り着いたら、休憩せずには、いられません
この波に揉まれて、疲弊してたらヤビツはともかく、七曲は厳しく成りそうです。
小田原で休憩たっぷり取って、三枚橋を渡ろう!!一人旅は気楽なもんです。

続きを読む "晴れたら箱根 可愛い牧馬峠ダウンヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 炭焼きの風景

Cut2010_0315_2224_28

藤野町牧野近辺の炭焼きの風景

驚きました。道の傍の炭焼き釜で、親父さん達が、炭焼きをしているじゃ
ありませんか!こう言う滅多に見られない風景に触れるのも自転車の良
さでしょうね。常々思うのは、袖摺り合うも多生の縁、土地の方と四方山話
に花を添えるのも、悪くはないでしょう!!自転車てえのは、速く走れば良
いてえもんじゃない・・・・・・・・負け惜しみで~すsweat01

続きを読む "晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 炭焼きの風景"

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 可愛い牧場峠

Cut2010_0314_0633_26

牧場峠

相模湖側から、行くと◎スタンプの何の変哲も無い普通の坂なんですが
宮ヶ瀬側から、ここに辿り着くには、長い長いだらだら坂を延々と登って
来なければならない峠なんですよ。

ですから、この牧場峠ってえのは、行きは並坂、帰りは峠!!てえ一風
変った作りの峠だと思うのですよ。

続きを読む "晴れたら箱根 可愛い牧場峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月17日 (水)

晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 その2

Cut2010_0315_1048_22

雪が結構残ってましたが
溶けて路面は鏡の様でした
それも良い!


日陰の林道ですから、雪が残っているのは当然です。凍結の心配はある
ものの、暖かい日でしたから全く問題なかったです。此処から15,6キロ
が、山谷越えて!!と言った感じです。それほど厳しくないですから、鼻歌
まじりで、風景を楽しみながら、ポタリングポタリング幸せ気分でしょう。

最近、ソロライディングも良いなあ!?と感じ始めてまして、仲間の皆さん
には、ご無沙汰しちゃってますが、気侭な走りで、行き先も適当に変えちゃ
ったり、ペースも自分に合わせてってのが、良いですねえ!
問題は、ただ一つ!パンクの修理・・・・・・・・これヤットかんとアカン

続きを読む "晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 呑気なキジ?

Cut2010_0315_1107_50

突然 前方にキジが!?

自転車で峠や林道を走っていると、人間以外に色々な動物を目撃、接近
遭遇しますが、多摩川にも沢山いらっしゃる国鳥のキジは定番でしょう。
殆どのキジは、人の気配で飛び立って仕舞うのですが、ここのキジは、動
じません。鉄砲みたいなカメラを向けているにも関わらず、お食事に精出し
ておられましたねえ。

因みに、今までに接近遭遇した動物は以下の通りです

◆ツキノワグマ・・・・・・松姫峠
  同僚のあらごんさんと、松姫を大月側に下ってる最中に、道を横切る黒
  い物体が!!小熊だったので、熊が消えて行った藪を観察なんて無謀な
  事してましたねw(゚o゚)w

◆本土キツネ・・・・・・・麦草峠
  高度1200m程度の所だったような?道端でボーーートしてる所を発見!
  動画に撮影した積りが、見えませんでした。

◆サルの群れ・・・・・・・・松姫峠

  これも松姫でした。ズーートサルの群れに追い駆けられてた感じでした。
  森の向こうから、ザワザワと猿の動きが聞こえます。何と無く不気味?

◆デッカイ亀・・・・・・・・・荒川CR
  荒川を白石に向けて走っていたら、道の真中に、のっこりと!しかもデカイ

◆UFO・・・・・・・・・・・・・銀座通り
  午前零時に日本橋から箱根に向う、道中信号待ちで、西の空にオレンジ色
  のオーソドックスなヤツ!突然!パッと消えちゃいました・・・・だからUFO!
  まあその他、諸々です。 

続きを読む "晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 呑気なキジ?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 その1

Cut2010_0315_1032_39_2

相模湖大橋を渡ってピクニックランド前
から517号で牧馬峠方面へ

先ずは、可愛い牧馬峠へ向って相模湖裏の林道517号をゆっくり登って
行きますが、この林道の爽やかな事!!夏などは、もう別世界ですよ。
宮ヶ瀬への最短ルートなんでしょうね!狭い割に車が多いのが難点です
が、朝早くだと全く問題ありません。爽やか林道独り占めですね!

続きを読む "晴れたら箱根 相模湖の裏側から宮ヶ瀬道中 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月16日 (火)

ラピュタへの道 落っこちヒル その1

Cut2010_0310_2211_57

素晴らしいスロープです

激坂見るなら、下りが基本!そんも恐ろしさが坂の魅力の大多数なのだから
坂は、見下ろす様に観賞しましょう。
ハイ、この角度!素晴らしいですねえ!28%エリアでしょうか?
全く、休めない坂ですよね。縦の休み・・・・休憩ダンシング出来ない人間には
容赦無い坂でしょう!御岳の優しさは微塵も無いですね。

ここで転べば、タダでは済まされませんねえ。

続きを読む "ラピュタへの道 落っこちヒル その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨のラピュタ 自転車乗って何処まで降りられる

Cut2010_0310_2159_05

さてお楽しみ
雨のダウンヒルだが??


何とか、自転車に乗ってラピュタを降りる事が出来るだろうと思ってカメラ
片手にスタートしてみたが・・・・・・・・・トンでもない!!
荒れた路面に、雨水が流れ、僅かに繁茂しているのだろう湿った苔に
後輪が翻弄され始め、恐ろしくて自転車を降りてはみたが、歩って降りて
も、靴(ペラペラノスニーカーをコンビニ袋で、なんチャッテ防水)が滑って
いつ転んでもおかしくないって状態です。故にいつもよりずっと慎重に歩み
を続けて行く。

やはり28%エリアなど、目を覆いたくなるばかりの傾斜が恐ろしいと感じ
られる・・・・・これは、SAKABAKAに在っては成らない感覚ですぞ!!

続きを読む "雨のラピュタ 自転車乗って何処まで降りられる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

晴れたら箱根 先ずは相模湖着いたら河内屋さんね!

Cut2010_0314_0704_55

相模湖は河内屋で決まりっしょ!!

ルミちゃん越えたら、河内屋で何を喰おうか?って思考パターンに成るんです。
ここ河内屋さんには、大変お世話になってまして、随分昔に雨の中、此処に辿
り着いて、唯一開店していたのが河内屋さん。

女将さんと雑談しながら暖をとらせて戴いて、更に美味しいコーヒーまで戴いち
ゃって!!感謝感謝のお店です。最近、大垂水越えるって事が少なくなってた
から、女将さんの顔見に寄って見ました。時間が早いから居るかな?って思って
店の前に着いたら、女将さんから声を掛けて戴いて、奥さんは今日は来ないの?

ハイハイ、カミさんと二人でお邪魔した時の印象が、あまりに強かったんですね。
解ります・・・・・・毎日そうですからsweat01

実は、ここの裏メニューに成ってしまった、オムライス・・・・これがまた最高なん
ですが!通わないと、作って貰えないでしょねえ!!絶品です!

続きを読む "晴れたら箱根 先ずは相模湖着いたら河内屋さんね!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月15日 (月)

SAKABAKAのイメージって?

Cut2010_0306_2205_45

雨の激坂を登りに行く訳って?


確かに、雨ですとヒルクライムする方は少ないし、登山客も同様に少なくて
誰にも邪魔されずに、見っとも無くても自分のペースで激坂を登れるメリット
が在るからなのですが、実はもうひとつの思いがあって、ちょっと気恥ずか
しいのですが、オッサンのロマンチズムと言うのでしょうかsweat01

二つの映画のシーンが、何と無く引っ掛かるんですよ。それは、ご覧の写真
に見られる様に、7人の侍の土砂降りの雨の中のシーン、悪天候など気に
せぬ気迫が伝わって来る秀作ですよね。ラグビーの接戦等も同じ様に逆境
に打ち勝つ気迫が肌に直接のめり込むじゃないですか!?
鳥肌が立つような凄みに惹かれるんですねえ!

一方で、ヤマトの発進シーンも、大いに印象に残っています。凄まじい爆撃を
負いながら、ビクともせずに発進して行く強さを感じますね。

激坂を登るシーンと重ね合わせると、逆境に立ち向かい、一歩一歩確実に坂
を登って行く精神的、肉体的強さに繋がって、それがカッコイイんですよ。
まあ、こう在りたいと思っても中々成れるもんじゃ無いでしょうが、そう言う思い
を、捨てずに居る事が大切だって思う訳で!それでも心が折れちゃう事もあっ
て、その時に、かく在りたいと思う事・・・・・・・オッサンのそれがロマンてヤツで
お恥ずかしい限りであるのですが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 最後の激坂を登ってGOALの瞬間(足付き1回汗)

Cut2010_0310_2148_17

20%超での再イスタートの後
竹の子コセンターから頂上までは!


其れなりに、登れたと思いますが、実態はかなりお寒い限りだ。
平地で超ロングライドを、タラタラやってると、坂登れなくなるんだなあsweat01

ビンディングして、前傾姿勢で休憩ダンシング等、対策案は数有れど、ママ
チャリ基調は、変えられない!故にどんなに不利でも、フラットペダルのフル
シッティングで行くしかあるまい!と成れば、ハムの強化と活用が最大の懸
案事項となるのだが??今は、全く解が無い。もう少し体を鍛えて、負けない
自信がついたと思った吉日に、また来ればいいさ!!

続きを読む "ラピュタへの道 最後の激坂を登ってGOALの瞬間(足付き1回汗)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 スタートポイントから民家の軒下越え

Cut2010_0310_2130_21

ラピュタのスタートポイントは
民家の軒下越え!


鋭角的に、アプローチ坂を曲がると、一気に20%ラインが民家の軒先を
掠めて、ここから僅か900m!連綿と繋がっている。これがラピュタの本体
である。高々900m 途中に平坦エリアが存在するせいか?平気斜度では
18%強・・・・・大した事無いじゃないか!?と思われるでしょうけれど、これ
がなかなか登り切れなかった昨年の夏。2度目のアタックで制覇した時には
心臓バクバクでしたねえ!以来、ここに踏み入れる事は無かったのだが年
が変った事もあり、再度登って足を確認せねば!・・・400km走れたんだか
ら、きっと成長があった筈だ!と思って勇んで雨の中を出陣してみたが??

予想外の玉砕!!
フラットペダル、フルシッティング、雨合羽等々色んなエクスキューズが、グル
グル廻るが・・・・・・要は力量が不充分!!情けない事この上ないsweat02

続きを読む "ラピュタへの道 スタートポイントから民家の軒下越え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月14日 (日)

川崎中野島POP自転車の永嶋さんに先を越されちゃいました!!

Cut2010_0310_1059_12

Cut2010_0310_1100_01

Cut2010_0310_1100_36

Cut2010_0310_1101_06

Cut2010_0310_1101_41

川崎中野島POP自転車 永嶋店長のブログより






| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

メリー V-2が見えて来た!!

Ca3e00140001

ついに姿をみせた羊の皮を被った狼!!
メリー V-2参上


川崎中野島 ご存知!POP自転車の永嶋店長から、現在完成間際のメリー
V-2の写真が届きました。

思いっきりママチャリを主張するチェーンカバーが良いですねえ!フロントフォ
ークは、カーボン製で、ホイールも軽いヤツを新たに投入したって事で、機材
の素晴らしさを、小生が唱えても、猫に小判ではありますが、兎に角凄そうな
自転車が出来上がりそうな気配です。

今年の直江津は、勿論このメリーV-2で決まりです。700kmを越えるロング
ランに耐える様に設計され、激坂に耐え雨を耐え・・・・・酷使に耐える!
羊の皮を被った狼!メリーV-2ここに参上!!

※詳しい事は、ブログ左端のPOP自転車をクリックして、直接永嶋店長に聞い
  て下さいませ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

雨の御岳 御岳-J 恐怖のダウンヒル(この動画は誰も持ってないでしょう)

Cut2010_0306_2007_36

魚眼だから更に恐ろしく見えますが


本物は、もっと恐ろしいです!!カメラ電池完全に切れてしまってるのに
片手離せないんですよ。カメラポケットに入れたいのに、其れが出来なくて
持ったまま下りました。後ろ重心にしないと、つんのめる感覚です。ケツが
浮き上がる感覚です。

登りよりも断然恐ろしいダウンヒル??否、転がり落ちヒルって感じでしょう
か?でも病み付きに成りますねえ。素晴らしいでしょう!この坂!
この坂だけでも、ラピュタと同等レベルです。

が?更に上を行くのが・・・・・・・・・・日の出だ!

続きを読む "雨の御岳 御岳-J 恐怖のダウンヒル(この動画は誰も持ってないでしょう)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月13日 (土)

芦ノ湖

芦ノ湖

七曲をなんとかクリアして芦ノ湖なんだが寒い!

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

ラピュタへの道 不覚

Cut2010_0308_1457_06

フラットペダルでフルシッティングの限界?
否!!本人の力量が軽い自転車ばっかりで!


完全に、力量のレベルが落ちてましたね。こんな所で不覚の足付きなど
情けない限りです。竹の子センターは直ぐ手前で、其処からは路面も広
いし、ジグザグも効く。ダンシングの出来ない小生には、此処を登る術は
それしか無いのですよ。

この後、カメラが写真モードになっていて、折角の動画が撮影されていま
せんでしたもの凄くがっかりですよsweat02
でも、ちょっと驚きは、この足付きポイントで再発進が出来て更に28%を
クリアして、頂上手前の激坂も・・・・・気力?でカバーして頂上に達する事
が出来た事。日の出なら絶対無理だったでしょうね。

その瞬間には、タバコのヤニが混ざった?汚い汗が噴出してましたよsweat01
ラピュタは、デトックス効果もある様で??

続きを読む "ラピュタへの道 不覚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤビツに着きました

ヤビツに着きました
途中で 出会った62歳のスーパーおじさんと楽しくヤビツを登りましたねえ!

袖スリ会うもブログ友!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

宮ヶ瀬湖に着きました

宮ヶ瀬湖に着きました

風が出て来ました。
これからヤビツ峠を裏側ら登り平塚に向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 御岳-J、Ⅹ 極めつけ激坂に挑む!!

Cut2010_0306_1950_41

御岳-Jとその先のⅩ

不思議に毎回、カメラの不調に悩ませられる場所なんですよ。最初の時にも
途中でカメラの電池切れで、一旦降りて再アタックしたのですが、玉砕しちゃ
ったんですねえ(汗)

今回は、用心して魚眼カメラに切り替え(此処を片手で登るのは不可能なので)
て臨んだんですが、やっと登れたああ!!って感じで行けそうな気配ながら途中
で録画ランプ点燈してないのを発見して、激坂途中でボタンプッシュ!
途中からしか撮れてませんでした。今回は流石に再撮影する元気無かったです。

J登攀に連動してⅩにも挑もうとしたんですが、チャリ持ち上がりませんでした。
Ⅹは40%超ですから、単品でも難しいでしょう。因みにJは神社入り口までがJ
で、Ⅹは先の階段坂です。

続きを読む "雨の御岳 御岳-J、Ⅹ 極めつけ激坂に挑む!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

相模湖から三島へ

相模湖から三島へ

これから牧場峠、宮ヶ瀬、ヤビツを越えて箱根七曲から芦ノ湖、三島の黒糖饅頭消化コースなんだが?
暑い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 アプローチ坂だが平坦です

Cut2010_0308_1437_31

休息エリア

アプローチ坂を越えると、一旦平坦なエリアがやって来ますから、此処で英気
を養って下さい。私の様に、イマイチ力量が及ばない人は、此処で勇んでラピ
ュタ本体に、一気呵成に突入せずに、先ずは此処までの疲れを僅かでも落と
して行かれるのが良いでしょう。と言ってもその程度じゃ微塵も影響無いでしょ
うけれど!?

いよいよ、ラピュタ突入のカウントダウンですね。先の広場をUターン的に曲が
ると一気にラピュタ本体ですよ~!!
最初から20%以上ですから、力んで足攣りなどせんように!ジワジワと攻めて
下さいませ。ところで、蛇足ですがラピュタ入り口激坂の民家の飼い犬にご注意
くださいね。向ってきますから!?

続きを読む "ラピュタへの道 アプローチ坂だが平坦です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月12日 (金)

雨の御岳 仁王の審判坂に挑む!!

Cut2010_0306_1939_58

仁王の審判坂

やっぱ、こうしてジミジミと見てみると、やっぱ凄いわ!!(爆)
こんな所登って来るのはアフォだわ!と思うよ。
ママチャリのメリーで何度か此処を登ったのですが、この坂の写真の部分
右に曲がって最大斜度28%超?で余りの凄まじさで脚カックンしますもん
解ります・・・・・・?脚カックン坂の重力負けですよ。それでも堪える。

こんな所まで来て、足付きなど辞書から無くなってますとも!
嘗ては、此処が御岳の最大のハイライトだったんですが、御岳-Jを発見
しちゃいましたから、今はJが最高難度に成っちゃいましたが!?

仁王も、一切の妥協を許しません。縦にも横にも休めないのです!

続きを読む "雨の御岳 仁王の審判坂に挑む!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 アプローチ坂

Cut2010_0308_1403_06_2

八幡神社を過ぎると直ぐに遣って来る
アプローチ激坂は、14,5%程度でしょうか?


来訪のご挨拶の様なもので、たいした坂では、ありませんがご覧の路面が
ラピュタ本体を示唆しています。もっと酷い路面に更に酷い斜度!
これでもかと続く20%超のオンパレード。激坂は絶望の渦の中に、口を開い
て待っています。

本体に突入した瞬間から聳え立つ壁は、牧歌的な民家の軒先を掠めて、遥
かな苦悶の館に続いているのである。素晴らしいですねえsweat01

続きを読む "ラピュタへの道 アプローチ坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

澤井の吊り橋が好きでね!!

Cut2010_0306_1901_07

澤井の吊り橋


御岳行った帰りは、何故かこの澤井の吊り橋を渡ります。良い風景なんです
よね。吊り橋って子供心を呼び覚ます何かがありそうな?

その澤井の役所の隣が、青梅最強の激坂30%がいるんですが、今回は登
らずに風張林道に急ぎました。吊り橋渡って可愛い峠の梅ヶ谷を登ると五日
市への近道です。青梅側からの登りは、可愛いもんですが、五日市方向への
下りは、ダイナミックですよ!!距離もかなりあるので、ダウンヒル楽しみたい
なら、ここでしょ!

続きを読む "澤井の吊り橋が好きでね!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月11日 (木)

雨の御岳 前哨戦坂に挑む・・・登って当然か?

Cut2010_0306_1922_13

意外とそれなりに厳しい20%


前哨戦坂から仁王の審判坂の頂上まで、一気呵成に登りますが、此処で
軽車両に出会ってしまったら・・・・・・・・・・・残念!!諦めて下さい!
ここの領域で、軽車両との交差は、全く不可能です。斜度20%超での交差
ですから、脚力のみならずバランス感覚、腕力が問われます。
・・・・・・・て実は未だに此処で交差した事ありませんハイ(汗)

話を戻して、この前哨戦坂ですが、御岳-J、Ⅹ、二王、鳥居等々の超激坂
から見れば大した事の無い坂ですが、28%の仁王と直で繋がってますから
2激坂コンビネーションは、強烈かも?更にその上が!!?

続きを読む "雨の御岳 前哨戦坂に挑む・・・登って当然か?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 20号線吉野小学校前から藤野八幡神社(ラピュタ入り口)へ

Cut2010_0308_1331_52

陣馬街道から藤野八幡神社入り口へ
此処がラピュラへの扉です


よっぽど、ヒルクライムに漲る自信がおありの方は、この知る人ぞ知る
ラピュタを、モノともせずに勇んで扉を開けられるのでしょうが、初めて
の方は、ラピュタ本体に入った瞬間から襲ってくる斜度20%超のオン
パレードに、絶望を感じる事でしょう。

竹の子センター前まで足付き無しで登れれば、昼飯ごっそうする!と
海坊主には、言ってあります。さて如何なる事やら??
八幡神社をお参りしてから、ゆっくりアプローチして下さいませcoldsweats02

推奨コースは、大垂水、相模湖側から登って来るよりも、和田で少し休
んでから、裏和田を降りて来た方が有利だと思いますよ!!

続きを読む "ラピュタへの道 20号線吉野小学校前から藤野八幡神社(ラピュタ入り口)へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 杉エリアの終点

Cut2010_0304_1723_04

此処が杉エリアの終点です

やっと此処まで来れたなんて感慨に浸っている暇はありません。
御岳の本当の恐ろしさは、此処からが始まりなのです。この日は、最大の
阻害要因である登山客が居ないのが、良かった!

やっぱり、雨の日が此処を登る成功要因の一つかも知れませんね!
雨の日だって、全く寒くないんです。爆汗で暑くてたまりませんので、軽装で
登って、寒さ対策スーツを持参して、降りる時には、暖かく此処を降りる!

さて、残るは
◆仁王の審判坂 最大斜度28% 長さ50m
◆御岳-J     最大斜度28% 長さ70m
◆御岳-Ⅹ    最大斜度40% 長さ 5m


未だに、御岳-Ⅹまで制覇出来た人は存在しませんので我こそは!と思う方
怪我を覚悟で頑張ってみてくださいませ! 

続きを読む "雨の御岳 杉エリアの終点"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月10日 (水)

ラピュタへの道 雨でも楽しい大垂水ダウンヒル

Cut2010_0308_1311_42

雨の大垂水ダウンヒルご注意ね!

此処のダウンヒルは、箱根芦ノ湖から三島へのダウンヒルに次いで自分的
には2番目に楽しいダウンヒルなんですが、雨だと滑るので漕げませんね。
幹線道路なので、車の量も多いので、夜間以外は危険地帯です。
夜間は、街灯もあまり無いので、テールランプばりばりで点けてると、他の
同じ様場所より安全な気がするのは、何故か?街灯が無いのでテールが
目立つのと、夜間は車が意外と速度上げない感じがするんですが?

高尾側への下りに入ってからは、その分、車がスピード上げるので高尾に
近づくとヤバイですね。雨だと更に危険です。帰りの相模湖側からの登りの
時に、車同士がガチャン!!とやってました。交通整理のお巡りさんから、
「もうちょっとだ!根性!!」って励まされてしまいましたsweat01

その傍で、事故った運転手さん達が、神妙な顔して雨の中突っ立ていたの
が、印象的でした。

続きを読む "ラピュタへの道 雨でも楽しい大垂水ダウンヒル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 唯一の下り 杉200番

Cut2010_0303_1440_31

御岳で唯一 たった5mの超貴重な下りです

坂をやる方なら解るでしょうが、兎に角、坂はずっと登りであって欲しい訳で
すよ。徐々に高度を稼いで、頂上に順当に到着したいと誰しも思うのが人情
でしょう。だがしかし、多くの峠は獣道ですから必ず登りと下りを繰り返して登
って行くもんです。

そう言う意味に置いては、御岳は正直ですよ。99.9%登りですから!
その0.01%の下り坂が此処です。たった5mです。ここから大激坂№2の
仁王の審判坂までに、疲れを少しでも和らげて置かないと、最大斜度28%
(瞬間30%?)の仁王は笑ってくれませんよ!

続きを読む "雨の御岳 唯一の下り 杉200番"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタへの道 久々の大垂水峠

Cut2010_0307_1916_02

雨の大垂水

久々でしたから、峠のイメージ忘れてる?
兎に角、日本橋から59KMポストがGOALだった様な?
足がかなり寒さでやられてるので、高尾のファミマで、床上浸水の靴下を
変え、ビニール袋で足を包んで、イザ出陣!

雨もまた良しって、とことこ登って行くと、見覚えのある風景が?って標識
見れば、58km手前じゃん!!と思ったらGOALでしたsweat01


って大垂水で、そんなに騒ぐなよ!!

続きを読む "ラピュタへの道 久々の大垂水峠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 9日 (火)

雨の御岳 山岳悪路で車の恐怖!

Cut2010_0304_1736_09

絶体絶命 山岳悪路

杉エリアを過ぎて右折即!山岳悪路が待っています。最大斜度20弱って
道なのですが、道には滑り止めの小石が、ごろごろと埋め込まれています
ので、自転車で此処を登るのは、ママチャリなら問題在りませんが、ロード
バイクの場合は、かなり厳しい悪坂となる事でしょう。パンクしない事を祈る
ばかりです。

で、此処で軽4輪と出くわしてしまいました。こう言う場合は、黙って自転車
を降りるのが、大人の判断だろうと思いますが、此処まで足付き無しで来た
ら、そんな判断はぶっ飛びますよね。幸い僅かな交差ポイントがありますの
で、車に待って貰って、上手くバランス取りながら交差してみましょう!
推奨は決してしていませんよsweat01

続きを読む "雨の御岳 山岳悪路で車の恐怖!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 余裕の杉100でまたも車が?これは怖かった!

Cut2010_0303_1454_22

終盤で出くわした軽自動車様

恐かったんですよ。此処は左側が斜面でして、杉が奥に生えているんで、
こけると杉が受け止めて呉れなさそうな場面なんですよ。じゃあ自転車降りて
車をやり過ごせば良いものを!!と思われるでしょうが>>NO!!

SAKABAKAは、命に係る事以外は、足を地面に着いちゃいけないんですよ。
よって、この車と行き交うには「力」がいるのです。安定して止まってなければ
ゴロン!!ですからね。

続きを読む "雨の御岳 余裕の杉100でまたも車が?これは怖かった!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道 中途半端なダウンヒル

Cut2010_0306_1911_24

よくまあ登って来たモンです


中途半端ってのは、途中が飛んじゃってるですよね。気が付かれた方も沢山
いらっしゃるでしょう。そうきのこセンター前や、直線激坂の辺りとかも無い!
いや、実は今回、電池の充電が不安で、デジカメ、魚眼カメラ、携帯カメラと
3台のカメラ持って来たんですが、デジカメは御岳で電池切れ、魚眼は風張で
携帯カメラで撮ったのがあるんですが、ファイル種別が違うんで繋げられない
ので、ちと中途半端な動画になってしまいました。それでも結構登ったよなあ?
って感じに見えますね。風張林道って其れなりに厳しい激坂ですよ!

続きを読む "雨の風張林道 中途半端なダウンヒル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 8日 (月)

ラピュタが証明したダメな理由(涙)

Photo

このラピュタを登るには?

20090901155328_2

この軽いミヤタ君での自転車激坂通勤じゃあ体力維持は難しい!
どうしても寄る年波に勝てなくて、土日アタックの疲労を癒す為に、盟友
BRAVE-STAR22kgから3キロ程軽いミヤタ君に通勤チャリを変えて
みたら?これが全くの誤算でした。毎日の事だから自分でも気付かずに
筋力が、軽いミヤタ君に合わせた筋力に落ちていたんですねえ!

Photo_3

やはり、重いBRAVE-STARで激坂通勤、マフェトンを日課にせねば
ラピュタの様な超激坂は、登れなくなってしまうのです。BRAVE-STAR
に通勤チャリを戻してみれば、五反田の相生坂が苦しい事!
東京タワー激坂が、恨めしい事・・・・・・日々重いチャリをこなしアタック時
には軽いチャリと、使い分けないと、心地良く激坂を登れないって事が今
回のラピュタの惨敗で良く解りました。

しかし、激坂を気持ち良く登りたいと言う欲求と400、600、1000kmと
長い距離を、覚悟せずに走れる様に成りたいと言う欲求と、今は二律背
反になってしまっている感じがしている今日この頃です。





にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 5/7の激坂

Cut2010_0303_1428_20

杉№ 200番台に突入です


御岳山道の杉は730本位(正確な数字は意図的に忘れ)、ですから200番
だと全体の5/7まで来た事になります。後1箇所だけ平地&超ささやかな
下りが有りますが、概ね全部20%前後の激坂シリーズが列を成しています。
まあ、SAKABAKAには最高の舞台でしょう。

此処まで来ると、もうリタイアなんて言葉は、世の辞書にはありまへえでえ!
と言いたいところですが、最も恐ろしい激坂大王が、最後に2つ残ってます。
此処まで耐えられれば取り合えずは、御岳神社の居住地区までは、行ける
でしょう!

問題の大激坂は?

続きを読む "雨の御岳 5/7の激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今までで一番のショック写真 ラピュタ登攀で!?

Pict0018
20%超での再スタートの瞬間の写真だが平和だ!

恥の上塗りだけど
そりゃないわな!?


3月7日に大垂水から藤野経由で、またもや雨の中をラピュタにアタック
して、来ました。雨と寒さで、いつもの様にイマイチなのだが、何とか成る
だろうと、高を括って、一気にアタック。

やっぱり体が弛んでる!制覇した峠の再登攀で失敗した事は未だ嘗て
なかったのだが、ラピュタの竹の子センター前で、不覚の足付き(涙)

驚く事に、その場所から再スタート一発!!に成功して、残りの道程を
無事に登攀したのだが、その動画を再生したら、写真の通り写真撮影
モードのまま、登攀してしまった様である。従ってハアハア動画は、竹の
子センター前で玉砕した、惨めな動画しか掲載出来ません。ああsweat01

竹の子センター前からの28%を、頑張って登って、GOAL手前の最後
の激坂にも耐えたのに・・・・・・って1回でも足着けば価値は無いか!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道  もうええわ

Cut2010_0303_1351_07

良からぬ事を考えると?

次第に辺りはホワイトアウトの様相で、この状態を小1時間耐えるのか?
頂上へ着いて、そこから風張峠を下るのか?寒いし、霧で恐ろしいだろう
なあ?などと考えてると、弱気な気持ちは体に現れるんですねえ!

御岳で、右足の人差し指が攣りそうでしたが、なんとか事無きを得ていた
のですが、モチベーション下がった此処で、出ちゃいました。必殺足攣り!
風張峠は、此処以上にホワイトワールドは必定なので、観念して帰る事に
大人の判断・・・・・・自分への大いなる負け惜しみです!

こんな状況じゃあ登りより下りの方が、よっぽど恐い!!

続きを読む "雨の風張林道  もうええわ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 7日 (日)

雨の御岳 中盤ハイライトの3段激坂

Cut2010_0303_1413_11

この祠の前で玉砕しちゃう人が多いのよ!

御岳でたった2つしか無い平地、ケーブルカー橋脚を幸せな思いで過ぎ行く
と、右に曲がって、ハイライトの絶望が待ってるんですよ。
頑張って、右Rを越えて直ぐに、祠があって、そこで上を見ちゃうと心が折れ
る仕組みになってますハイ!!

良いですねえ!こう真っ直ぐに伸びてる激坂の潔さったら無いでしょう!
少し昔は、3段じゃなくて一気に登ってた様ですから、もっと素晴らしかった
と思うと残念で成りません。軽自動車が登れなかったんでしょうね。3段に
してしまって、でもお陰で此処で縦の休みが出来ますから、なんとか此処も
登れる事でしょう!?

※因みに写真の白い球は、心霊写真じゃありませんから>一部の方へ!
  カメラをビニール袋で水滴から保護してますので、袋に付いた水滴がこう
  写ってしまうんですよ!

続きを読む "雨の御岳 中盤ハイライトの3段激坂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ここは何処でしょう?

ここは何処でしょう?

ああ!
しかし黒糖饅頭の食い過ぎと、寒い雨でアカンです〓

竹ノ子センター前で不覚の足着き〓
情け無い事甚だしい!
体力落ちてるよなあ(^^;)
今日の雨は色んな意味で寒かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 幸せの50m

Cut2010_0302_0857_17

丁度、中間地点の幸せ区間

御岳は、山道に聳える巨大杉に、全てナンバーが付けられており約700本
此処は、その350本のエリアで、ケーブルカーの橋脚を建てる都合で50m
の完全な平地があるのですよ。丁度中間地点で、一息つける構造が、優しい
でしょ!!

楽あれば苦有りですから、此処を過ぎると、嘗ては一気呵成の直線100m
激坂だった所を、今は3段にカットされた、それでも立派な激坂エリアが待っ
ています。ただ、大きな階段ですから、1段毎に縦の休みが可能です。

続きを読む "雨の御岳 幸せの50m"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道 きのこセンター

Cut2010_0302_2253_09

きのこセンターは解放のモニュメント

あの直線20%を延々と(実は数分間だけどね!)耐えて辿り着く平地!
これがきのこセンターである。風張林道のウェイトはきのこセンターまで
が全体エネルギー量の40%、距離で25%なのである。

その中でも、最後の直線坂が、エネルギー量で20%、距離で10%を占
める。と言う事は、概ねきのこセンターまで辿り着ければ、ほぼ50%強の
確率で、風張林道を制覇する事が出来るのである。
※実は林道風張線と言うのは、きのこセンターから70m先の分岐がスタ
ートで、きのこセンターは風張林道では無いのだがね(汗)

 

続きを読む "雨の風張林道 きのこセンター"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月 6日 (土)

雨の御岳 車を交わして遣って来る絶望の素晴らしさ?

Cut2010_0302_0845_36

此処での車との交差は?

この場所は、まだ良い環境で交差できるのです。何故なら左側の絶壁に
大きな杉の木がガードレールの役目を果たして呉れていますから。
一番怖いのは、この杉の木の間隔が広い所ですよ。車はほぼ道幅ギリギ
リですから僅か30cm程度の幅で交差するのですから、誤ってコケルと
斜面にマッ逆さま!・・・・・・・・・と言う所もありますかな??

まあ、大人ですから危ないと感じたら自転車を降りて待つ!
これは御岳ストにとっては、不可抗力。よって足付きペナルティーは無しって
事で・・・・・・・・・OK!!

続きを読む "雨の御岳 車を交わして遣って来る絶望の素晴らしさ?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 一向に下がらない斜度

Cut2010_0302_0837_46

御岳の魅力は何と言ってもRを曲がって
遣って来る絶望的な直線激坂


22個のRは、その殆どが20%超ばかりである。此処を毎回ヒイヒイ言い
ながら、超えると必ず直線的な激坂が連なっている風景!
最初は、それで心が折れるものなのですが、御岳を何度も登る内に、それ
が良いって思う様になるのです。

誰も居ない空間では、それはそれは語り合うのは、己の悪魔と天使なので
ある。体調が悪いと悪魔に加担し、良いとそれを撥ね付ける!これを人呼
んで、激坂葛藤現象と言うのだ!

続きを読む "雨の御岳 一向に下がらない斜度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道 天空広場

Cut2010_0302_2215_56

中間地点の天空広場はガス

段々ガスが濃くなって来るのが解りました。気温も下がって来ている様です
が、問題はありません。この程度なら続行可能です。
中間地点の天空広場への坂はきっと20%近いと思いますが、ここも広いの
で何とか、厳しいコーナーをクリアすれば、問題ない。

此処を過ぎてからの、直線が林道の最大の売りなんですよ。BRAVE-STAR
で登った時には、意識が飛びそうでしたが、今回はR/2ですから全く問題無い
でしょう!なんてトンでもない!御岳をやってからの林道つうのは、効きますよ。
奥多摩№2と№4の組み合わせですからねえ!腐っても鯛??

続きを読む "雨の風張林道 天空広場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 5日 (金)

クリント・イーストウッドがあ!?

Cut2010_0225_2137_38

名古屋は本場で出張で!?

名古屋の久々出張の帰りに、指定席乗り遅れついでに、戦闘開始!
やっぱり名古屋だ!本場は違う!こんなレア台東京では見たこと無いから
勿論!アタック。

で、1/97確率の「甘デジ」ってタイプなんだが、諭吉さんが、さよなら!!
って言いそうな瞬間に、やっと掛かった偉そうなスーパーリーチ。これ当た
んないと・・・・・・・・俺達に明日は無い!
しかし、長い長いリーチアクション。運命の瞬間は?

続きを読む "クリント・イーストウッドがあ!?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 Rの向こうの絶望と、追い討ちの車

Cut2010_0302_0828_40

時々、自分が登って来た道を振り返る

良くまあ、こんな斜面を此処まで登ってきたもんだと、一瞬感慨に浸るのだが
直ぐに、それは、木っ端微塵に粉砕される。
その繰り返しが良いなんて感覚に成ると、貴方は立派なSAKABAKAに!!

今回は、時間が車の時間にピッタリ合ってしまって、多くの軽4輪と交差する
羽目になって仕舞いましたが、ドライバーの皆さん、皆それぞれ気を使って
戴いて、有り難くもあり、申し訳けなくも有り複雑な心境です。

坂は、登り斜度より、下り斜度の方が圧倒的に、厳しく見えるもんですから
惑わされては、成りませぬぞ!!

続きを読む "雨の御岳 Rの向こうの絶望と、追い討ちの車"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道 前半戦の模様

Cut2010_0302_2204_15

誰も居ない風張林道回転場発!!

フル合羽つうのが良いでしょ!雨でも、此処を登れば猛烈に暑くなるのは
解っているので、速乾登山用Tシャツの上に雨合羽の合計2枚、パンツは
レーパン、フリースの上に雨合羽を思いっきり上に引っ張って履く!
こうしないと、段々ずれて来て、足が上手く廻らなくなるんですよ。

走り出したら、もう止まれませんから、登りの暑さ対策と、下りの寒さ対策の
両方をやらんといけんのです。回転場から、直ぐに斜度上がりますが、此処
は、恐ろしい顔してますが、それ程では無いのです。問題は!!??

続きを読む "雨の風張林道 前半戦の模様"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 4日 (木)

雨の御岳 典型的御岳登りの絵

Cut2010_0302_0819_16

魁夷の道

東山魁夷が好きで、時々近代美術館に行く事が、もう30年も途切れ途切れ
に続いている?御岳の写真をこうして眺めてみると、魁夷の道に似た感じが
してきたぞ!

ルノワールの印象派の絵画にも似ていなくも無い。御岳の魅力の一つなのだ
ろう、こうした茫漠らる風景を愛でる事が出来るのも、雨のお陰なのである!

しかし、現実は厳しいですよ。

続きを読む "雨の御岳 典型的御岳登りの絵"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の風張林道 回転場到着

Cut2010_0302_2156_37

御岳から梅ヶ谷峠を登って五日市
そこから風張林道回転場まで結構有るんですよ!


適当な、雨つうのは良くない!降るなら土砂降りが良い。タラタラやられると
イマイチ、モチベーション下がるなあsweat01 ラグビーだって土砂降りの方が返っ
て覚悟が決まって、戦い易い!
中途半端が、一番良くない状況を、風張林道回転場に向けて、檜原街道を
たった1台の自転車が走っている図・・・・・・・・ハイハイ アフォですとも!

続きを読む "雨の風張林道 回転場到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 鳥居下ウィリーモード

Cut2010_0301_2125_55

鳥居下は普通にウィリーしますから

登るより、降りる方が断然恐ろしい!・・・・・これが御岳の入り口です!
このレベルの坂は、鳥居下、仁王の審判坂、御岳-J、Ⅹと4つ在り
中でも最も恐ろしいのが、御岳-Jですが、今回、珍しく登れちゃいま
したから、調子良いんでしょうねえ!?

鳥居下潜ると、22箇所の20%Rを、せっせと登る作業が待ってます。
今回は、登山者が居ないから、気が楽でした。けれど時間帯が丁度
頂上の茶店の準備時間で、物資搬送の軽運搬車と何度も恐怖の交差
を繰り返しました。

続きを読む "雨の御岳 鳥居下ウィリーモード"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年3月 3日 (水)

雨の御岳 アプローチ坂を行く 激坂はインナーで!?

Cut2010_0301_2113_47

アプローチ坂の最も美味しい所

これは、ケーブルカー橋脚したのインナーでしょ!ここの部分はまあ結構
斜度あるんですよ。体感20近いかも知れません。何と無くですが滝本駅で
一服してから、御岳本体にアタックするのが慣わしになってましてsweat01

本音を言えば、アプローチ坂の最後のインナー登って、一気に鳥居下登る
元気ないからですよsweat01 あそこは30%近いですからねえ!あれ登ると15%
程度の坂が平地に見えるんですからねえ。

続きを読む "雨の御岳 アプローチ坂を行く 激坂はインナーで!?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 アプローチ坂を行く ストレート10%超

Cut2010_0301_2105_13

意外にバカに出来ない御岳アプローチ坂

このストレートで斜度もまあまあって坂ですから、100km位走ってから
此処を登ると、結構ありまっせ!御岳本体を攻めるには、此処は楽チン
モードで登らんとアキマセンが!?

今回は、登山用の速乾Tチャツとフリースの上に、ゴアの雨合羽を着て
舐めて掛かってたら、暑さで参りましたsweat01 こう言う時の衣服って重要な
んですが、アタック途中で脱いだり着たり出来ませんから、勢い薄着で行
くのが殆どです。すると帰りに寒さで震える事になるんで、1枚チャリに括
り付けて登って行きます。

続きを読む "雨の御岳 アプローチ坂を行く ストレート10%超"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨の御岳 アプローチ坂を行く その1

Cut2010_0301_2056_48

黒糖饅頭の喰い過ぎ消化に御岳・・・・雨でも

と言う事で、家を出る午前5時には、完全土砂降り7人の侍モードでした
が、御岳に着いたら、雨も小降りになってしまい、雨に歌えば!モードで
久々の御岳を登ります。このアプローチ激坂?もそれなりに斜度あるん
ですが、ここで本日の調子がわかりますね!今回はまあまあ?

人も居ないので開放的な感じでアフォできます!!

続きを読む "雨の御岳 アプローチ坂を行く その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 2日 (火)

TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂ダウンヒル

Cut2010_0225_2046_15

20%か?

相模野は久々だったんよね。和田で全くダメダメモードだったし、小倉橋を
渡る時に、膝に違和感あったりで此処登れなかったらショックがデカイよな
って思いながら、休憩も挟まずに即アタック。何でそうしたか覚えて無いが
坂が読んでた! 104kmからって初めて此処に来た時もそうだったなあ!

合羽も脱がずに走り出して、爆汗かいて後悔しても、もう遅い。走りながら
動画撮ってる合間に、ボタン外して少しは、涼しくなったが、実は体が暖ま
って汗かいた事が後で、驚くほど好影響!体調が俄然好転したんですよ。
ダウンヒルもルンルン気分?!

続きを読む "TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂ダウンヒル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

TOUR OF MR55 江ノ島 お気楽GOAL(汗)

Cut2010_0225_2033_46

江ノ島でお気楽GOALっすsweat01

まあ、いつもの事ですが、大いなる大志を抱いて、結果は凡人つうのがまあ
何と無く定番って事に成っちまったが、それでもエエのよ????
でも最近、中途半端な走りしか出来なくて、ヤバイかもなあ!?

今年は、我が娘に一矢報いたいが??この走りじゃあなあsweat01
坂も遣ってないから、落ちてるもんなあ!?寒い寒いと言ってる場合じゃねえ!
週末200か御岳クラスはMUSTだあな。雨でも走るぞ!

続きを読む "TOUR OF MR55 江ノ島 お気楽GOAL(汗)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

TOUR OF MR55 再会つっても♂同士(汗)

Cut2010_0225_2019_48

MR55様 お待たせ致しましたm(_ _)m

県道43号をひたすら走って、見覚えのある道・・・・国道1号線に出た。
地図をわざと持たずに走ってみたので、国道1号線に突然出た時には
驚くと同時に安堵したものです。

既にMR55が江ノ島から藤沢へ向ったとの事だったが、残り15キロが
長い長い!!それはまあ良いのだが、あの藤沢の駅ってどうなってんの?
北口から南口にどうやって行けるんかい?訳解らん駅前であった。
住めば都なんだろうが・・・・・よそ者には辛いわ。

続きを読む "TOUR OF MR55 再会つっても♂同士(汗)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月 1日 (月)

TOUR OF MR55 酷道129号線

Cut2010_0225_2005_10

酷道511号酷道129号は恐ろしい

相模野カントリーで大汗かいたら、俄然体調が良くなったのには驚いたのだ
が、県道511から自然に国道12に入ったのだが、ここまで相模野CCから
20キロ弱程度だろうか、延々とサイクリングロードはおろか歩道すら無い、
狭くて、大型トラックがガンガン走る酷道が続く!

千葉の利根川沿いの国道356号線も恐ろしかったが、それを遥かに超える
スーパーデンジャラスロード!!もう2度と走りたくない道であるが、厚木手前
辺りからは、それが天国ロードに変るから驚きだ!充分な広さの歩道が続き
ほっとするひと時である。厚木市内を抜けて県道43号で藤沢へ!

続きを読む "TOUR OF MR55 酷道129号線"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂 GOAL

Cut2010_0223_1528_26

4段目の直線を制せば

GOALなんですが、この4段目が長いんですよ。勿論、20%の標識が威
風堂々って道ですが!?200m,100mときっと何処かのロディーさんが
ペイントしたマークが、もう色あせています。GOALラインに書かれた文字
を知っている人の方が少ないかも知れませんねsweat01

知らず知らずですが、4段目辺りからでしょうか?体調が良く成っている様
な?爆汗に得体の知れない快感が?
何とかGOALして、ゴールラインに寝転んで、暫しの休息。相模湖以来の
休息だったかも知れません。

爆汗を拭い、休息が終ってから・・・・・・何だかエラク体が軽い!!

なんででしょう?解りませんが、ある種のデトックス効果か?兎に角、それ
から、恐ろしい511、129号をカッ飛ばして走れる状態が!?それもアドレ
ナリン降臨って感じでもない・・・・・なんだろうなあ?今までに無い何か?

続きを読む "TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂 GOAL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂 トンネル、3段目

Cut2010_0223_1518_54

自走104kmから3段目

こんな所で足着いたりしたら、落ち込むでしょ。3段目のトンネル手前でカメラ
の切り替えを走りながらやるんですが、この時点では結構ヘバってますよ。
何てたって、問題は最後の直線長い4段目ですから!

体は全然動いてませんよね。体調全くダメ状態は変わらずで、カッパの分体温
上がって爆汗でしょ。最低レベルでっせ。力落ちたなあと思って走ってますが、
その前に、元々力が無かったんだろうと思いました。これで4段目に耐えられる
かって?それでもまあ何と無くね!?

続きを読む "TOUR OF MR55 相模野カントリー激坂 トンネル、3段目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »