« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

№018/30 横須賀 マジ階段激坂20%

Cut2010_0106_1119_36

20は有りそうですが?
マジの階段なんですよ!

こう言う坂は、クロスバイクやママチャリなら登攀に支障はありませんね!
勿論、登攀しますが、途中で階段に乗り上げてストップです。

驚く事に、上の方に結構、自転車が置いてありましたねえ!この階段を登
って来たんでしょう!勿論転がして・・・・・・それが普通の人の在るべき姿で
しょうねえsweat01若いメイメイさんは、3日間チャリ乗ってないまま、ブッツけ本番
で、徐々にダメージ積もってますねえ。しかし、最後に強烈な粘りを見せ付け
られました・・・・・・若いつうのは素晴らしい!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№018/30 横須賀 マジ階段激坂20%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№017/30 横須賀から衣笠への道も◎

Cut2010_0106_0400_11

横須賀から衣笠経由
葉山への途中も激坂です!

こう言う、幅広の公道からして激坂てえのは、横須賀の象徴でしょう。
道幅が広いと、意外と斜度が緩く感じますが、実はやっぱり・・・緩い
んですよsweat01

何故、撮影対象に選んだかと言うと、コレクションを増やす為ですが
とは言え、広幅の◎坂が意外と少ないものですから希少価値で!!
横須賀から葉山てえのは、もの凄く近いんですねえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№017/30 横須賀から衣笠への道も◎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№016/30 横須賀 良さそうだが全部階段坂NG

Cut2010_0106_0403_22

お騒わせしちゃうと
モラルが問われますsweat01

概ね、横須賀の激坂は生活激坂、階段坂ですから、直ぐ近くに民家が
あって、何処までが私道で、何処からが公道なのか判然としませんので
全部、私道と考えて、慎ましやかに登攀作業をせなアカン!
のですが、時にこう言う失敗もしてしまう訳で、そう言う時には、笑顔が大
切なんですよ!

コラ~!!と来たら、即座に笑顔で誤って、坂の素晴らしさを、目イッパイ
褒めてあげる事が礼儀でしょう!勿論、不審人物に思われてしまう事も無
いではないが、キチンと礼節を保てば、解って戴ける事もある!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№016/30 横須賀 良さそうだが全部階段坂NG"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月30日 (水)

北鎌倉で出会った激坂

Cut2010_0106_1123_30

こうして、改めて写真を眺めてみると、登った坂の恐ろしさが伝わって
きますねえ!でも実際に登ってみれば大した事ないんですよ!

続きを読む "北鎌倉で出会った激坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

阿蘇山頂に到着

Cut2010_0106_1126_14

阿蘇の頂上と言うものは無い。そもそも阿蘇山が無いのである。
阿蘇は、どうも世界最大のカルデラと外輪山で形成された一帯の
総称の様である。このカルデラから元々あった山を復元すると、ヒ
マラヤのエベレストを軽く凌駕する大きさ高さだったと言う事だ!?


続きを読む "阿蘇山頂に到着"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

№015/30 横須賀 民家の激坂24%

Cut2010_0106_0409_37

この坂は複雑系です

なんか?こう?もう破れかぶれで、継ぎ足しちゃったケイオスを醸す激坂
は、民家のアプローチ坂で、その先は行き止まりなんですよ。
階段があって、継ぎ足しコンクリートがあって、綺麗な舗装もあって、しかも
手摺まである。

バラエティーコーナーって感じながら24%近くの実直な斜度を誇っているの
です・・・・素晴らしい!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№015/30 横須賀 民家の激坂24%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

阿蘇駅 阿蘇登山口到着

Cut2010_0106_1132_02

国道57号線の道の駅 阿蘇。前回もここで休息を取りましたが
大きな暖房の良く効いたフロアは、疲れを取って温まるには最適
です。・・・・が出発時には、足の筋肉の痛い事!!

続きを読む "阿蘇駅 阿蘇登山口到着"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

阿蘇まで30キロを切りました。

Cut2010_0106_1139_14

国道57号線で、有明海の傍の片田舎から、阿蘇を目指します。
高々67KMなのですが、道の駅 阿蘇に着くまで10数キロの
切ない登りが有るのです。この辺りを越えると6%が遣ってきます。

続きを読む "阿蘇まで30キロを切りました。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

№014/30 横須賀 汐入3丁目民家の激坂18%

Cut2010_0106_0415_34

これ程細い◎坂を
初めて見ました

民家の激坂通路ってシチュエーションでしょうか?
しかし、ミニチュア◎激坂のわりに斜度もそこそこ在って、更に風情のある
坂なんですよ。民家の生垣なんてえのが、坂を彩っていたりして、いいです
ねえ!!

ドタバタせずに、ゆったりと登りたいものですが、冬は時間にシビアですよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№014/30 横須賀 汐入3丁目民家の激坂18%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

有明海から熊本市内へ

Cut2010_0106_1141_17

国道3号線から熊本市より57号線に入ります。
阿蘇まで一本道で迷う事はありません。道路事情は最高です!

続きを読む "有明海から熊本市内へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月29日 (火)

№013/30 横須賀 階段坂20%?

Cut2010_0106_0417_57

可愛い階段坂

それでも、20%近くはあるんですよ!
もう感覚が完全に麻痺しているので、普通の坂かなあ?とも思うのですが
其れなりに主張してるじゃないですか!?

階段坂は、結構好きですねえ!ロードバイクの領域じゃあありませんが、こう
言うヒルクライムも在って良いではないか!??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№013/30 横須賀 階段坂20%?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№012/30 横須賀異例の坂

Cut2010_0106_0420_05

煉瓦坂
石畳坂?

熱海に、これと同じ様な坂が結構あるのですが、横須賀では此処だけの
様です。うらが道の尾根から、この白い特徴的な坂を発見したのですが
熱海や長崎の激坂に多い煉瓦坂でしたので、同様に激坂の可能性が高
いと思い込んで、行ってみれば美しい坂ではあるが斜度はイマイチ!

しかし、この後、直ぐ近くの斜面で、恐ろしい27%をGETする事が出来た
のです!! いやあ・・・坂は坂を呼ぶのです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№012/30 横須賀異例の坂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№011/30 横須賀うらが道階段坂から尾根へ

Cut2010_0106_0422_13

意外や意外
うらが道には尾根が!

丘の全体の構造は、把握できませんでしたが、長崎の岩屋地区の様に
三角錐状の丘に縦系の激坂が放射状に延びているのではなく、丘の尾根
が存在して僅かだが平地を形成しているのです。この尾根に向って階段坂
から繋がった激坂が連結している構造です。この僅かな平地には犇め
き合う様に・・・・とまでは行かないが・・・多くの住宅が林立しているのです。

切り立った崖、僅かな土地に多くの住宅を建てると、どうしても高い所まで
住宅が犇めき、生活道路も、それに伴って迷路のように作られていったと
思われます。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№011/30 横須賀うらが道階段坂から尾根へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月28日 (月)

№010/30 横須賀 ヨセフ病院脇 噂の超激坂37%??

Photo_3

諏訪神社とヨセフ病院
の間の超激坂

と、何処かのブログで、拝見したもので掲載されていた地図を片手に散々
探し回っって、やっと発見した激坂!!

30%超ってふれこみでしたから、逸る気持ちを抑えて登って行くと、普通の
坂が30M程度あって、その後は50%を優に超える恐ろしい超超激坂が待
ち構えていました。このレベルに成ると、マジ登りする気に成れません。
下手すりゃ大怪我てえ風情です!まあ、大人の判断で諦める事に致しました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№010/30 横須賀 ヨセフ病院脇 噂の超激坂37%??"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№009/30 横須賀SUPER階段坂35%

Cut2010_0106_0430_18

SUPER階段坂

斜度は、先ほどの、うらが道超激坂には劣りますが、35%で路幅が60CM
無い、極めて厳しい環境を征するには、勿論、バランス感覚とパワーは必須
です。更に腕っ節が強くないと、ウィリーを抑えきれないって事になります。
故に、こう言う場合を想定して、毎日、腕立て伏せをしているんですが、坂の
最後でウィリー制御に失敗してしまいましたsweat01

もっと重心を下げないと、厳しいですね。ロングライドを想定したポジションじゃ
あ、歯が立ちません。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№009/30 横須賀SUPER階段坂35%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

美しい造詣美28%の瘤激坂の食し方!

Cut2010_0106_0433_18

美しい造詣美28%の瘤激坂の食し方!


続きを読む "美しい造詣美28%の瘤激坂の食し方!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月27日 (日)

№008/30 横須賀うらが道47% 2段目からGET!!

Cut2010_0106_0437_04

尋常な坂じゃないでしょ!
1段目は50%確実

meimeiさんの、落っこちる様を目の前で、何も出来ずにいたのですから
何とか雪辱したいと思うのですが、47%と言うのは恐ろしいですよ。
アッと言う間に玉砕してしまいました。

1段目が無理なら、2段目から登る事を考えて、ジタバタしている内に、飄々
と息子のmeimeiさんが脇を掠めて登っちゃいましたから、こりゃ意地でも登
んなきゃ成らなく成りました。

兎に角、乗るタイミングとバランスとパワーの3拍子が揃い踏みして初めて登
れる坂ですから、運が左右しますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№008/30 横須賀うらが道47% 2段目からGET!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

驚異のうらが道 48%階段坂に挑む!!

Cut2010_0106_0439_43

驚異のうらが道 48%階段坂に挑む!!

続きを読む "驚異のうらが道 48%階段坂に挑む!!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

№007/30 横須賀 うらが道20%前後

Cut2010_0106_0443_04

真性 うらが道

ここは、階段坂中心の生活道路ですが、兎に角永い!!延々と階段が
続き、挙句の果てに更なる激坂へと繋がっているのです。素晴らしい!

勿論、生活道路ですから階段脇には小型バイクが走れる細道が付属
されており、重たい荷物を住民の方が担いで登る事は、若干免れている
様である・・・・・・しかし冷蔵庫ってどうやって運ぶんだろうねえ!?

この坂の先に運命が待っているなんて、この時点では知る由もない親子
でありましたsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№007/30 横須賀 うらが道20%前後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月26日 (土)

№006/30 横須賀 追浜二丁目激坂15%

Cut2010_0106_0447_51

直線激坂ですが画面からは
緩やかな坂と見受けられます

しかし、その実態は、そこそこ使える坂だと感じました。その理由は
既に、100近く走って来ている上に、結構な激坂を登って乳酸まみれ
に成って来たからでしょう。

最近、富に困っておるのは、アドレナリンの分泌が遅れてやって来る
事でしょうか?100km走ってから、巡航が上がる事が多く、其れまで
は、ひたすら鈍足なのである。困ったものです。しかし、アドレナリン支
配下に一旦入ると、強くなるんですよsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№006/30 横須賀 追浜二丁目激坂15%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№005/30 横須賀 階段系第二激坂50%!!

Cut2010_0106_0450_22

第一激坂を登って行くと
現れる恐怖の壁!!
第二激坂は、アタックする事さえ
憚られますが!?

先ずは、アプローチ坂だけでも制覇せねば成りませぬ!と言っても
アプローチでさえ20%前後はあるでしょうね!
坂を登っていると、坂の厳しさは良く解るのですが、じつに自分が、こ
の坂の登攀でどれだけ疲弊したのかが、解らなくなってしますのです。

そんな状態でまた新たな激坂へとアタックを続ける訳ですから、次第に
乳酸飽和してしまって・・・・・・横須賀は坂の連続攻撃ですから恐ろしい!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№005/30 横須賀 階段系第二激坂50%!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№004/30 横須賀 階段系第一激坂20%

Cut2010_0106_0452_29

横須賀の激坂は階段と
距離が命でしょうか!?

典型的な横須賀激坂のひとつだろうと思われます。男坂です。
階段と歩道が同居した坂は、重い荷物をバイクで運ぶ為の工夫
です。
人間とバイクの両方が行き交う事を前提に、丘陵の其処かしこを
うらが道が結んでいる感じでしょうか?

あの階段激坂を、プロパンガスボンベを積んで走るホンダのカブ
を何度か見ましたが、皆さん上手く坂を登ってますねえ!慣れは
偉大です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№004/30 横須賀 階段系第一激坂20%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月25日 (金)

№003/30 国道16号の富岡東のロングショート28%

Cut2010_0106_0454_20

富岡東の激坂地帯の中心に居る
百草レベルの玄関坂

この何とも言えない、柔らかな曲線が美しき女性の体の様ではありま
せんか!!?あのバストラインをインナーから優しく撫で上げてあげ
れば、坂も本望ってもんでしょう!

彼の地では、直線坂を「男坂」、美しい湾曲坂を「女坂」と言うらしい!
まさに、その通り!御岳は女で日の出は男なのである・・・・納得!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№003/30 国道16号の富岡東のロングショート28%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№002/30 国道16号の富岡東のロング20%

Cut2010_0106_0456_25

№002/30 国道16号の富岡東のロング20%

◎スタンプで、先ずは登ってみようと思う訳ですが、まさか此処まで奥が深い
とは思いませんでした。頂上付近で幾つかの方向から同じ様な激坂が交差
している状態で、頂上には27%、百草レベルの激坂が持っていました。

勿論、小生も息子のメイメイ君も、美味しく坂を賞味させて頂きました。
本来は、もっと丘陵単位で深く探索しないと、摘み食いではいけません!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№002/30 国道16号の富岡東のロング20%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

№001/30 国道16号の階段坂20%

Cut2010_0106_0459_31

№001/30 国道16号の階段坂20%

16号に入った瞬間から、見果てぬパチンコ屋を探し出す嗅覚全開で激坂
を探しまくるから、確かに危険極まりないとは思う。

しかし、まあ激坂を探し出すには、常々周りの匂いを嗅ぎ分ける努力、とチ
ラチラと丘陵周辺の景色を物色しながら、走らねば成らぬのです。
と、直ぐに進行左側に鉄柵発見!斜度は20程度の階段併用型激坂!
勿論、速やかに登攀しますが、こう言う坂はパワーよりもバランス感覚なん
ですよ。階段に落ちない様にバランス良く走る事が基本です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "№001/30 国道16号の階段坂20%"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月24日 (木)

お江戸日本橋から箱根大観山頂上 3分間圧縮

Cut2010_0106_0502_34

日本橋からツバキ大観山まで
ずのずいーーと!!

ツバキでは、大いなる反省事項を残して、でも其れなりに勉強に成り
ましたよ!足攣り対策も、ハンガーノック対策も、夏ばかりか365日
キチンと実施出来る様に成るでしょう!

だがしかし、足の進化は、一向に進まないのは何故なのだろうか?
老化と向上がバランスしているてえ事かしらん??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "お江戸日本橋から箱根大観山頂上 3分間圧縮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日本橋、湯河原 5分間圧縮

Cut2010_0106_0506_23

雨の日本橋を発って
6時間 湯河原です

自宅から日本橋までの距離を合わせて小田原まで約100km弱。
横浜新道を回避し、藤沢バイパスを再確認して、帰りの回避ルート
を平塚辺りで探索しつ、順調に小田原着。勿論!守谷のアンパン!

アンラッキーのパンクも、小田原市内で良かった良かった!
って感じなもんだから、一気に早川口から135号で湯河原・・・・その
まま、椿にアタックって塩梅も、悪くは無かったのですが?
まさか、自分がこの後、ハンガーに成っちまうなんて、この時は思いも
しませんでしたsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "日本橋、湯河原 5分間圧縮"

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ALL ABOUT TSUBAKI DOWNHILL

Cut2010_0106_1022_09

何はともあれ
結構なお手前でした!

ツバキは、山頂の富士が全てでありました。
自転車で箱根を目指す方々なら、此処ツバキを登らねば人生を
損してしまいますよ!

さあ!皆さんも、ツバキを登って藤を仰ぎ見て、忘れましょう。
色々な事を・・・・・・・なんちゃってsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ALL ABOUT TSUBAKI DOWNHILL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月23日 (水)

最強の横須賀「うらが道」と葉山、鎌倉の30激坂 140km

Cut2010_0106_1025_15

最強の横須賀「うらが道」と葉山、鎌倉の30激坂 140km
横須賀は、長崎を凌駕する!!

続きを読む "最強の横須賀「うらが道」と葉山、鎌倉の30激坂 140km"

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ラインGOAL) 絶景!!

Cut2010_0106_1029_03

ふ じ さ ん

もう、全てを忘れました!

自転車最高! 富士山最高! 日本も最高!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ラインGOAL) 絶景!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ALL ABOUT TSUBAKI UPHILL

Cut2010_0106_1032_31_2

風林火山

抜かされる事、の如し
寂しい事、   林の如し
恥かしい事、  火の如し

情け無い事、 の如し

全てに流してしまヒたいsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "ALL ABOUT TSUBAKI UPHILL"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン005)もう17キロ過ぎてる

Cut2010_0106_1035_58

最高の景色
なのに、もう飲料も無く

かなりへばってます。風張峠とそれ程変らぬ峠なのだが、体調悪い
んですかねえ??
17kmポイントで飲料の全てを飲み尽くして、最早どうにも成りませぬ!
ああ、やっぱりツバキ舐めてましたねえ。馬鹿でしたねえ。
元気が良ければ、最高に楽しい登りなんですが、勿体無い事をしました
が、GOAL地点で、全ては報われるのでした!

ハンガーノックまで後20分

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

続きを読む "日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン005)もう17キロ過ぎてる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月22日 (火)

今年の走り納めは!勿論!!

Cut2010_0106_1039_13

毎年恒例、走り納めは、厳冬の阿蘇 坊中線!!
阿蘇専用ママチャ あーそーか号2008は行く

続きを読む "今年の走り納めは!勿論!!"

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン ダウンヒルFINAL)

夕闇迫る湯河原

これから、まだ100km以上の帰還をせねば成らぬのだ!
夜の135号線は、恐ろしい。江ノ島から馬腰海岸を経て、藤沢バイパス
を回避して、戸塚、保土ヶ谷、横浜と続き、そして最後の親子対決へと!?

時間は、まだまだ随分掛かる事だろうが、帰らねば成らぬ!戦わねば!

そう思うと、何故か脳内に大量に分泌されるアドレナリンの匂いがした。
まあ、いつもの事だが、勝てない戦いをペロリと交わして、そして、其れなり
に、適当に遣って退けるのである。トホホ

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン004)残り7キロ

突然のハンガーノックまで
40分!!

マサか?この後、自分に襲い掛かる災いを、この時点で知る由が無い
呑気なノール様でした。ツバキは本来それ程厳しい峠ではありませんが
標識の17kmが総延長距離ではなく、大観山レストランまでは18.8km
ありますので、500cc1本の飲料では、厳しいと考えるべきでした。

携帯予備食料も、事前準備するべきでしたね!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年12月21日 (月)

唆されてマルチリンガル??と坂の追加!

Photo_4
翻訳前の画面

Photo_5
翻訳後の画面

マルチリンガル対応

悪い奴に唆されて、マルチリンガルなブログに進化したとしても!?
俺、TOEIC 256点だからさ!中身の進化はしねえって言ってんだろ!

と思いつつ、いざ翻訳してみれば、自分の拙い文章が英語になって、ちとイン
テリっぽく見えるのは、GIVE-ME-CHOCOLATE!の時代の残留物かねえ?
これで、英語のコメントなんか、有ったりしたら大事だよなあ!??
と此処までが、マルチリンガルの話でした。

ディジタルアーカイブに激坂の追加


将来的には、坂ミシュランさんとタイアップして激坂データベースを構築したいと
思ってはいますが、取り敢えず先ずは、激坂収集に勤しんでいる状況です。
時々こうして、収集した激坂をアーカイブに追加しますのでご覧下さい。

追加した激坂は以下の通りです。



にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン003)飛び入りY山さん

突然の飛び入り
Y山さんと

驚き桃の木山椒の木
まさか、ここでローディーさんとお知り合えに成れるなんて思っても
みませんでした。

確かに、最初の頃に前方にまったりと登っておられる自転車をみ掛け
たのですが、程なく視界から消えて久しい頃に、途中で休憩中のY山さ
んを発見し、ご一緒させて戴きました。チャリの大先輩であります!

暫し、シャベリーノズでしたが、小生のペースが全く合いませんので先に
行って戴きました。更にマッタリーノは続きますが、足は小康状態でした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン ダウンヒル002)

慢心してると??

頂上から降りてくると、次第に道がウェットな部分が現れて来ます。
気持ち良くダウンヒルを楽しむのは良いのですが、気を付けないと
やれれちゃいます。

今回の動画をよく見ると、後輪が持っていかれるシーンが2箇所
写っていますが、見た目にはちょっとヨロっとした程度ですから解ら
ないかもしれませんが、慢心は禁物ですよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン002)

椿ライン002
7/17キロ

ここが中間地点だと思ったら大間違い!既に123キロを超えて
湯河原からも7キロ登ってきましたが、ここが概ね中間地点と思って
ましたから、後で、ヘタル訳ですよsweat02

正確には7/20と考えて置くのが良いでしょう。500ccボトルはキッ
チリ2本用意して置かなければいけませんね!

勿論!ハンガーノック対策には、守谷のあんぱん2個は必須でしたsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月20日 (日)

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン ダウンヒル001)

俺の体は、どうなってんの?

悪寒とケツの痛みで、サドルに乗れない状態だったのに、ゴアの合羽で
完全武装して、ダウンヒル。
次第に、下界が近付くに従って、体調が良くなってる様なのである。
大観山のレストランで、ラーメンの汁しか飲めなかったが、その塩分が良
かったのか?ハンガーノックが、次第に改善されると同時に体調も改善し
て、ケツの痛みまで消えてしまったのには驚きでした。

その後、また異常な生理が、この身に引き起こるのだったsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(椿ライン001)

椿ライン

何処からが椿ラインか?全く判然としませんが、温泉街が切れると山道
の様相に変ってきます。斜度も其れなりに上がってきますが、普段なら
楽勝モードだろうと思うのですが??

徐々に娘にリードを許す父親でありました。不撤退で臨むメリーは流石に
娘のロードバイクについて行けませんね・・・・・・sweat01
途中で、待ってて呉れましたが、自分のペースでええでっせええ!!
頂上は一つ、勝負もひとつ!!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

伊東にて・・・・・2時間半の幽閉

Sdscn1997
伊東の伯母の病院からの素晴らしい風景

上手く行けばヨヨヨと、まだお会いしていないトライアスリートの駿洋さん
コンビと、135号線でお会いする積りが、地震の為に大幅計画変更。
かなり良くなった伯母のお見舞い方々、久々の温泉詣でで、カミさんの
1泊2日のご機嫌取りが、日帰りお見舞いてえ事になりまして!?

Sdscn1995
面白そうじゃない坂は発見できたが??

伊東!周りを見渡せば海岸線から切り立った崖っぷちに所々に住宅
がある、その風景の下には、心踊る激坂の匂いが!!しかし残念な
がら激坂探索の時間は無い。

Sdscn1998
幽閉2時間半の図

伯母の見舞いと、日用品の買い物を済ませた夕方、さて伯母と別れて
家路を急ごう!
18時08分の踊り子に乗り込んで僅か3分後・・・・・震度5の地震!!
電車は、緊急停止をして路線の安全確認をするらしい。
相当の時間を要すと、社内アナウンスが伝えている・・・・・アララsweat01
言わんこっちゃ無いわい!

Sdscn1999_2
驚くかなJRさんから差し入れが!!

かくして、延々と安全確認が続いて、既に2時間が過ぎ、最終案内があ
ってから、更に30分が経って、ようやく車内幽閉は終わりを告げたので
した。

Sdscn2000
熱海着 21時07分

Sdscn2001

Sdscn2002
熱海18時32分着予定が何と21時07分

2時間半の遅れで伊東から熱海に到着して、新幹線に振り替えさ
れ22時半に自宅に辿り着いた次第です。
少し、伊豆地方の群発地震は、様子を見る必要がありそだ!
自転車走行にも、大いに支障を来たす事だろう、君子危うきに寄ら
ず!が良かろうと思うものの、冬場のロングは伊豆が最適!
早いとこ、大地の怒りも収まって欲しいものだが、民主党じゃあ??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (1)
|

2009年12月19日 (土)

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(湯河原市街、温泉街)

湯河原駅から次第に
温泉街へ進むと

歴史ある佇まいの温泉宿が犇めいています。
斜度も徐々に上がって行きますが、それほど大したものでは有りません。
観光客が結構いらっしゃいますから、狭い道幅も含めて注意が必要です。

濡れた落ち葉で、後輪スリップが二度もありました。慎重に登るのは勿論!
下りは、相当気をつけないと、ヤバイかも知れません!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

同級生の森R1君に告ぐ!!バトルロワイヤルに参戦せよ!

Mr

来年の話をすると鬼になるが??
森君!銚子の犬吠崎で会おう!


2010年1月の暖かな、ある日、東京から3チーム変態で銚子までの
バトルロワイヤルを下記記事の通り実施します。
日取りの調整をしますが、天候の配慮が最も重要ですので、今は1月
末あたりだと思っていて下さい。東京からは、マラソン隊も含めて、約
10名前後が、其々のルートで銚子を目指します。

取り敢えず、メンバーを紹介します・・・・何故なら本番の来年5月2日の
バトルロワイヤル直江津300に向けての布石と考えておいて下され!

両案共に、詳細が決まれば、ブログとメールで連絡します。ではでは。

あの~!
言っときますが・・200乗れる人は間違いなく300乗れます!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月18日 (金)

バトルロワイヤル 銚子!!(初のリアルタイムブログ連携)

Photo

次回 バトルは異種格闘技!!
チームバトルロワイヤル銚子 犬吠崎 勝負じゃ!


今回は、本格的(と言うのは200以上の距離で行う)バトルロワイヤルを想定
し、先ずは近場の銚子犬吠崎にて、バトルロワイヤルの走行テストを実施する
ものであります・・・・・・・・が、勿論勝敗を決し、上手いビールを賭けたいと思っ
ています。

◆コース:自転車隊1 川ルート(主に利根の川風を真っ向から受けながら苦行)
      自転車隊2 海ルート(主に厳しい海風を楽しみながらの苦行)
      マラソン隊  海ルート(時差スタート・・・・・優勝候補かも??)
◆チーム:自転車隊1、2 各3名(偏見と抽選とで決定)・・・・・募集有り
       マラソン隊      2名(KOZOさん、TAKEさん)

◆ルール:①犬吠崎から直線距離100km圏内なら何処からスタートしても可。
         従って、概ね120~150km程度の戦いに成ると想定されます。
       ②スタート時刻は、午前8時とし概ね15時には終了し爆喰い爆呑み可!
        但し、マラソン隊は、時差スタートとし、コース決定後、スタート時間を
        調整する。午前10時前後?
        終了後は、呑んだくれても大丈夫なお気楽輪行が待っています!  
       ③ルート設計は、各チームで実施し、ブログに掲載して他チームから
        異論が無ければ承認されたものとする。
       ④GOALは銚子 犬吠崎灯台の根元ギリギリとする。
        観光客に配慮して、GOAL手前で自転車を降り、徒歩でチーム全
        員が一緒にGOALしなくては成らない。マラソン隊も同様。       
       ⑤信号完全遵守する、一度でも無視した場合は失格(但し危険回避
        の止む負えない場合を除く)
       ⑥チームは、助け合わなくては成らない!特に老人には!
       ⑦1時間毎に現在位置、写真等ブログ掲載する事。(詳細は以下)    

◆今回は、各チームの動きを1時間毎のほぼリアルタイムでブログに表示する
  我々の過去に例の無い試みを実施します。3チームの各メンバーでブログを
  持っている方は、1時間毎に現在位置と、その風景(メンバーが写っている)
  を掲載しなくては成りません。ブルペのチェックポイントの様なものです。

Photo_2

あくまで、今回のバトルロワイヤルは、テスト的なもので、本番は200を超える
厳しい戦いを検討中であります。概ね伊豆方面、富士山系、房総半島館山等
最終兵器は、直江津!!!20号ルートと17,18号ルート等、恐ろしい事を
ちょっと真面目に検討しておりますので、覚悟しておいて下さいませ。

第1回 バトルロワイヤル(テストver)は、年明けを想定していますので、スケ
ジュールの調整も年明けに成りますが、チーム編成は年内に実施し、各チーム
は、綿密なルート設計に取り掛かれる様に配慮致します。

尚、本件は勿論、参加者の自己責任にて実施する事に成りますが、緊急事態
対処等は各チームの隊長さんと、事務局にて検討する事とします。

観客の皆様へ

まあ、親子対決の次は、バトルロワイヤルです、いつものアフォ企画ですが、今
回は戦いの模様を1時間毎に、各ブログから観戦する事が出来ますので、暖か
いコメント等で、叱咤激励の程、宜しくお願い致します。
詳細決定しましたら、適時ブログにて掲載致します。           事務局

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (22) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(小田原、湯河原)

海が

135号線は、いつ来ても素晴らしいですねえ!
こうした最高の天気であれば、海も最高の海です!

道は渋滞しているものの、路側帯がこの辺りはまだしっかりして
居ますから、それ程心配する事はありません。

湯河原まで10数キロ、アップダウンでのろのろしながらも、景色を
充分楽しむ事が出来るでしょう!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(酒匂川、小田原市街)

酒匂川を渡ると
小田原市街はもう間近

海と山が向かえて呉れますが、今回は色気より食い気・・・・??
アンパンに負けましたsweat01

景色もそこそこに、小田原市外の守谷のアンパンの探索に向かう
父娘!両者ともに甘いものには巻かれちゃう性格が災いしてます。

数年ぶりの守谷のアンパンは、変らぬ味で最高でした・・・・と思ったらsweat01
アンパン食い終わっって走ろうとすると前輪がペシャンコに??
ああ!やっちゃいましたパンクです

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月17日 (木)

帝王 下足番さんからのプレゼント!?

洋の東西を問わず器用な連中が
居るもんだ!

ブルペの帝王 下足番さんが、動画撮影に最適なsteadicamをTUOTUBE
から探してくれました。

確かに、振動吸収が成されて、従来のものに比べて画像は極めてスムーズ
です。素晴らしい!洋作も国作も良く出来ていますが・・・・・・??

が?しかし・・・・・・・これどうやってママチャリにくっ付けんのよ!???(爆)

トホホ、やっぱりメット装着が、無難なんですかいなあsweat01
ああ!!禿げが加速する~sweat02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(大磯、小田原)

大磯の松並木を過ぎると
もう小田原は目と鼻の先です

茅ヶ崎の松並木以上に素晴らしい道ですが、松の枯葉と道幅の狭さに
注意が必要です。

眼前に薄っすら箱根の山々が見えて来ますので、次第に気持ちも逸ります
この辺りから134号沿いにサイクリングロードが有る様ですが、今は工事中
で通行止めでした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(茅ヶ崎、平塚)

超快晴です!!
富士も最高に綺麗です!

茅ヶ崎から平塚は、走りやすですねえ!松並木も素晴らしい。
ここまで、50KM程度だろうと思いますが、藤沢バイパスを一気呵成に
ダウンヒルして、平塚の金目川に辿り着くと、ちょっとヤビツに向いたい
衝動に駆られますねえ・・・・・・・・・・嘘ですsweat01

まあ、しかしヤビツ通いの頃は、246嫌いの小生は、此処を良く走って金
目川からヤビツに良く行ったものですが、最近トンとご無沙汰です。箱根の
帰りにヤビツにアタック出来る力量が欲しいもんですねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月16日 (水)

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(藤沢バイパス)

行きはヨイヨイ
藤沢バイパス

このバイパスは、明るい時間帯なら全く問題ないし、下り基調で最高
なんですが、夜間で且つ反対車線は、登りでしかも路側帯が無い!

従って、箱根の帰りには、何としてもここを回避せねば成らないのであ
ります。今の所、最良の選択は江ノ島、馬腰海岸から戸塚に向うルート
だろうと思います。今回、それで全く問題有りませんでした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(大坂ファミマ)

大坂のファミマ休憩も
最早定番です

戸塚の不動坂交差点が、ここのポイントで、進行方向に真っ直ぐ
進むと横浜新道?で恐ろしい事になっちゃいますので、ここは必ず
大坂の方向、つまり左折して、戸塚駅の開かずの踏み切りに向い
暫し、電車の行き交いを眺めながら休憩をとるのが良いでしょう。

大坂は、そこそこの登りですが、頂上付近のファミマでソフトクリーム
で元気を付けるのが慣わしです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月15日 (火)

久々のロングで思う事

その1
ママチャリでロードバイクと
一緒に走るのは難しい。

まあ、概ね解ってはいた事だが、自転車の性能差が著しい条件下で、他のメンバー
に迷惑が掛からないようにと思う力学で、知らず知らずに過負荷に陥ってしまい、そ
れを回避する事が出来ない。

更に、良くないのは動画撮影しながら走行時間全体の1/3程度は片手走行になって
いる為に、より一層の負荷が掛かっていると思われる。結果としてパートナーに迷惑が
及ぶ事に成ると考えると、こちら側はロードに引っ張られる事での、走りの強化は見込
めるものの、相手側ローディーさんには、何のメリットも生まれないと思うのである。

この点を回避出来なければ、異種格闘技は、当面避けるのが礼儀なのかも知れません。

その2
時間コストを考える

①信号を守るコスト約13.7%

今回の総走行距離は274KMであった。概ね1kmに3個の信号が有ると想定すると、
822個の信号を渡った事に成る。
信号赤の確立は、黄色の終わりも含めると40%と想定すると、329回の信号待ちを
した事に成る。1回の信号待ち時間の平均を30秒と考えると、総待ち時間は2.74時
間・・・・・・これが今回の信号待ちコストとなる。

このコストは、全工程に掛かる時間コストの約13.7%

②休憩コスト約14.9%

平均すると約2時間に1回の割で、平均8分程度の主にコンビニ休憩をとっている。
概ね、30kmに1回のペースで休憩しているのである。
また、食事休憩は、20時間の行程で3回を要し、1回当り平均33分のコストであった。
これらを合算すると休憩コストを算出すると。

コンビニ休憩コスト:10回× 8分=80分
食事休憩コスト  : 3回×33分=99分
合計:179分 2.98時間 全工程に掛かる時間コストの約14.9%

従って、全工程に掛かる時間コストの実に28.6%が休憩コストなのである。
これを多いと見るか少ないと見るか適正と見るかは、意見の分かれる所だろうが、き
っと消費エネルギー量と休憩、再生のバランスのとれた休みの入れ方があるのだろう
と思って止まないのである。・・・・・因みにパチンコ休憩は割愛したsweat01

その3
補給を考える

対象となる峠や道の走行消費エネルギーを考える。一般的な自転車走行での消費エネ
ルギーテーブルは以下の通りですから、これをベースに考察してみました。

Photo
この情報は、坂道と平地の区分が無い為、仮に坂道での消費エネルギー量は30%増
と仮定すると、平均速度10KM/Hで、体重が70KGだとすると、湯河原から大観山ま
での20kmの総消費エネルギー量は。

E=5.5kcal/分×120分=660kcal・・・・・・・・・おにぎり 6個分

にも関わらず、アンパン1個、中華まん1個、アイス1本=合計300kcal
でしたから、ハンガーノックに成って当然の代謝だったと考察します。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(鶴見川、横浜)

鶴見川から横浜
やっと夜明け

雨の第一京浜を、のんびり走って横浜に辿り着きました。
何故、第一京浜(15号)かと言うと、多分?この道が本来の東海道
ではないかと思うからで、更に第二京浜は横浜まで登り基調なんで
すねえ!

そう言う理由で、箱根に行く時には毎回、最初は第一京浜で、横浜か
ら国道1号線に合流するルートを選択するんですねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(青物横丁、多摩川)

降ってますねえ雨!
これが超快晴になるんですからねえ!

多摩川辺りじゃまだ夜明け前ですなあ。雨も降ったり止んだりで、どうなる
事やら??
両人とも、最終決戦は五反田相生坂ですから輪行袋など端から持ってき
てませんよ!

箱根往復すると覚悟決めてますからねえ!比較的に寒さが緩んでいたのが
幸いでしたねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年12月14日 (月)

親子対決 ウォームアップ255kmの真相002

Sdscn1954
県道75号線 椿ラインへの道

湯河原で、前回(KOZOさんツアー)、椿の入り口を見落として仕舞い
登る事が出来ませんでしたが、今回は少し迷いましたがちゃんと椿に
登る事ができました。

Sdscn1957
75号線の大イチョウ

写真では良く解りませんが、日光が差し込んで透明の黄色!
黄金のレースのカーテンを透かして見ている様な美しさでした。

Sdscn1976

S
大観山からの富士絶景!!

もう、これ見たら充分です!全ての事はこの写真が語ってます
息を呑む光景に、そこまで、散々だった苦労が実を結びました。

今回のツアーでの初体験


◆椿ラインを登った事
  まあ、一度足付きしちゃって情け無い限りですが、兎に角 大観山には
  辿り着きましたsweat01
◆居眠り運転をして仕舞いました
  これには、本人が最も驚きました。湯河原で、全く休憩も取らずに臨んだ
  初の椿・・・・舐めてました。17km先がGOALの様な書き方の標識を鵜呑
  みにしたのが間違いの元、17km地点で飲料が底を尽き、更に食って無い
  ので、ハンガーノック症状が出てきて!!

  兎に角、走っていても力が入らないばかりか、突然眠くて眠くて仕方が無い
  手足がふら付き・・・明らかに異常だと自覚出来る。このままでは、ヤバイと
  思って、安全なコーナーで休憩をとりながら、既に頂上で小生を待っている
  横山さん(途中でご一緒させて戴いた御殿場の方・・・大先輩)とヨヨヨに連絡
  し飲料の調達をお願いして、ヨヨヨかた預かっていた守谷のアンパンを食し
  取り敢えず再スタート!

  すると驚くかな、スタートして直ぐに、ヨヨヨが降りてきて・・・・・何と!
  小生、得意のGOAL 200M手前モードsweat01助けを受けて何とかGOAL!
  富士の絶景で感動したのも束の間!
◆震えが止まらない
  頂上のレストランで塩分不足の足攣り状態なので、タンタン麺を注文したが
   麺は殆ど喰えず、スープばかり、飲み込んだら、今度は振るえが止まらない
  悪寒が走り、耐えられない状態なので、着ている物を脱いでTシャツを買って
  何とか悪寒は鎮まったと思うと??
◆猛烈な睡魔が襲ってきて爆睡
  ヨヨヨの目の前で、テーブルに頭を着けて、1時間以上縛睡したらしい。
  ヨヨヨはその間、色々食器等を片付けてくれて、彼女も少し寝れた様だった。
◆尻の筋肉が無茶苦茶痛む
   これも、初体験なのだが、尻の筋肉が痛くてサドルに乗れない状態。
  もう自分の体じゃ無い様な異常な状態が、続いたが合羽を上下身に纏って
  椿を漕がずにダウンヒルして下界へ降りた頃には、次第に全ての状態が良く
  なって・・・・・・・!
◆再びアドレナリン状態参上!
  帰りの135号では、まだ170キロ程度なのに、既にアドレナリン支配状態に
  突入した感じであった。ヨヨヨ曰くは32巡航程度だろうとの事で、この値は登攀
  メリーの限界値だろうと思います。

椿ラインの失敗は、小田原から殆ど休憩も居れずに、一気呵成にアタックを開始
した点、頂上まで17キロの標識を信じて、飲料も予備を持って行かなかった為、
実際の距離が20キロと判明した時点で、補給困難でハンガーノックや脱水状態が
引き起こされたと思われる。居眠り運転には、自分自身が最も驚いたが、気をつけ
て、これを心して自転車にのりたいと思った。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

日本橋から箱根大観山 ビデオリレー(日本橋、品川)

雨の江戸を走ります

今回は、日本橋から箱根 大観山頂上までの動画をリレー
で繋いで見ようと思っています。
先ずは、日本橋から品川宿まで。雨の中を、きっちり信号を
守って、走りますよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夜の135号アドレナリン支配中

椿で極めて酷い状態ながら
帰りの135号はアドレナリン支配で

200,300クラスのロングライドで最近、富に訪れるのが
アドレナリン支配です。200から250キロで、その状態に
突入する事が多かったのですが、最近は一定の統一した
条件が無くなって、突然訪れる事が多くなった様な??

夜の135号は初めてですが、マリー限界速度の32程度で
巡航している様だと、後ろのヨヨヨが言っていた。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月13日 (日)

親子対決 ウォームアップ255kmの真相001

Sdscn1917
13日午前4時 五反田相生坂 GOAL確認
新チャッチコピー・・・・原価・・・・割れlovely

Sdscn1919_2

Sdscn1920
お江戸 日本橋 定番
結構雨降ってたんですよ!

Sdscn1940
平塚辺りからの富士山

辺りは晴れ渡り、美しい富士山が青を見せてくれました。
もう一歩ですが!?

Sdscn1948

Sdscn1949
小田原あんぱん

ご存知!守谷の最高傑作 あんぱん
喰いました、焼きたて最高です

Sdscn1950
小田原にて・・・・・・2度目のパンクsweat02

小田原市内でのパンクで良かった良かった!!
これが、ツバキ辺りだとどうなってたんだろうか?
タイヤパンドー持ってくか迷ったんよねえ。

Sdscn1952
135号線の定番撮影ポイント

今回は、ここが工事中で、立ち入り禁止だったのですが、工事の
方にお願いして、特別に許可を貰っちゃいましたZZC

此処までは平和だったんです
この後、小生に襲い掛かる恐怖の
アクシデントが??

まあ、そこまで、酷くは無いかも知れませんが、兎に角 初めての
事で、そうなってしまった自分が一番驚きましたsweat01

>>親子対決 ウォームアップ255kmの真相002へ続く
今日は、完全にしんでるんで、ここまでですsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自走255キロのウォームアップから始まった!たった400Mの親子対決完全決着!!

2009年12月14日 午前0時40分
戦いの火蓋は自走255KMと数メートル
から五反田 相生坂で切って落とされたsign03

親子が、いつに無く神妙に五反田相生坂のスタートラインに立つ!
たった400mの馬鹿馬鹿しくも大真面目な真剣勝負!

日本橋を13日午前5時、雨を突いて出立して19時間後の勝負と
成った。父が勝つか、娘が征するか?親子と言えど勝負は勝負じゃ!
東海道道中、箱根でどんな事があろうが、一切関係ない。
300KM弱を走り、それからが本番なのである。イザ・・・・・・・(爆)

相生坂 関東病院前信号前 14日午前0時42分

赤コーナー:赤のジャージANKOR 娘シャベリーノヨヨマーーーーン!
青コーナー:黒のフリース メリー 父シャベリーノ ノーーーーール!

信号を見計らい娘 ヨヨマンのビンディングクリートが嵌った瞬間から
勝負開始! ガチガチ ビシ! いざ!

一気にダンシングで引き離しに掛かる娘を、おっとり刀で動画撮影し
ながら、シッティングで喰らいつく父親!二人とも270KMを超えるウ
ォームアップで足は完全に死に絶えている。

負けられない娘!まだまだだと思う父 気持ちの強さが勝負を決する。
動画カメラ片手では、最早これまでsweat01
カメラを持ちながら、その手でエンドバーを握る、加速!ひいい

更にフラフラの足に鞭打ってダンシング!更に加速して、引き離す娘!
娘が遠く逃げ去るも、諦めない父!
爆笑ペルシャでチャリを丁寧に!降りて、ペルシャのショウウィンドウ
タッチに命を賭ける!

だあああああああああ!!!!
ぎょえええええええええ!!

親子の悲鳴で、砂嵐か宙舞い・・・・・・・・・・辺りは闇に閉ざされた!

そして、そして

GOALの瞬間わあ??ジャーーーーン コンマ01秒を征した!

娘 シャベリーノ ヨヨマンsign03

あがああああああああああ父シャベリーマセン ノールsweat02

◆総走行距離     274km
◆相生坂までの距離 255km
◆勝負の距離     0.4km

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年12月12日 (土)

何でダンシングで登れんの??

実は、全くダンシングが出来ませんsweat01

激坂や激峠を全部ダンシングで登っちゃいました!!って話を耳にする
と、途轍もなきビックリするもんです。

ママチャリポジションで固まってるからでしょうか?
腰への不安が付きまとうからか?
小生は、殆どダンシングと言う武器が使えません。

日ノ出で、良く解ったのだが全工程20%クラスをフルシッティングで登る
と、太股の前側と膝周りの筋肉にばかり負担が掛かるので、限界領域が
狭くなるばかりか、足攣りの原因にも成ったりして、ダンシングについても
っと試行錯誤すべきだと思っているのです・・・・・・・・が??

ロードバイクってえのは、ダンシングし易く出来てるんかいなあ?
和田をフルダンシングで高速走行して20分切りとか、シッティングとダン
シングを上手く使い廻しして、筋肉疲労の偏りを抑えるって事は、大いに
魅力があるのですが、どうしたら上手く成れるのだろうか?

一方で、ダンシングだと、動画撮影が上手く出来なく成るのも、悩みの種
だったりして??目下の大命題は・・・・・!?

ダンシングをマスターして限界領域を広げたい!
動画の揺れを最大限抑えたい!

今のままでは、この2つの命題が見事に二律背反となっているのですが
何か良いアイデアは無いものかと?思う今日この頃であるsweat01

このままでは、娘のヨヨヨに王座を明け渡さねば、成るまいてsweat02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

菊名 謎の洋館 普通の坂??

菊名 謎の洋館坂
そして池!

峰男さん、ご推奨の風情漂う、この坂の頂上には謎の洋館が建っている。
更に、坂の下には、公園があり、そこには夜写真を撮ってはいけない
池がsweat01

その謂れを、ここに記載するのも憚られる・・・・まさ御用達の場所である!
んん・・・・・・八王子総裁か!!

今回、その方面の能力が全く皆無の3人には、写真を撮っても異常は見
当たりませんでした・・・・・・が??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

強羅坂下から強羅駅へ 雨雨降れ降れランランラン♪

大涌谷まで探索して発見出来ず
強羅坂下でやっと発見!

あの見事な激Rが、いったい何処に在るのやら探索方向を誤って
大涌谷まで行ったものの、勿論、発見出来ずに、再び強羅に戻り
途中で、名無しの良い坂を発見して、コレクションに加えたものの
肝心の激Rが!??

ウロウロして、やっとの思いで強羅坂下の目的地に辿り着きました。
写真で見ると恐ろしそうに見えますが、何の事は無い僅か18%です。
モチベーションは急降下ですが、1回目登って強羅駅まで戻らずに
九十九折を途中で引き返し、明神ヶ岳近辺の激坂探索に赴いたが
全く手応え無し、ダート坂一匹を釣り上げて、強羅駅に戻る途中から
雨が若干勢いを増したので、ここぞ!と思って雨天走行!

激Rから一気に強羅駅まで、トロトロ登って、本日の最終ゲームとした
次第です。強羅の坂全体の平均斜度は14位だと思います。
足使ってからアタックするのが、美味しく頂ける条件でしょう!


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月11日 (金)

悶絶!五反田相生坂 親子頂上対決 時間、ルート変更のお知らせ

変更ポイント

帰り、夜のR/1藤沢バイパスの回避
江ノ島から、大船、戸塚を経由して横浜へ戻るルートへ変更
同、タイムテーブル変更

Photo_2
stage-1 お江戸 日本橋から銀座を爆走し

Photo_3
stage-2 箱根 椿ラインで、必殺シャベリーノ舌戦

Photo_4
stage-3 芦ノ湖はまったり偽りの平和

Photo_5

Photo_6
stage-4 強羅の饅頭で決戦に備え

Photo
FINAL-stage 五反田相生坂 爆笑ペルシャ前
決戦の火蓋は切って落とされる イザ!!!

悶絶!
五反田相生坂 拡大通勤バトル親子対決!!
いつかはこうなる運命じゃ!の巻き
お気楽sweat01

ママチャリ大王 父 チャベリーノ ノール大帝が勝つか?
新進気鋭のマ○ア軍団、最近オフオフ返上の娘シャベリーヌヨヨヨ姫が女王
の座を射止めるか?

とうとう、その時が遣ってきました、拡大通勤バトル五反田相生坂頂上決戦!
天下の剣 箱根を巻き込み、1都6県に跨る壮大なスペクタクルで送る(嘘sweat01
天下御免の・・・・親子対決(充分 アフォ)

200KM超え10数時間の前哨戦を戦い抜き、最後に待ち受ける超超激坂
五反田相生坂 別名爆笑ペルシャ坂を先に征すは、娘ヨヨヨか父ママチャリ
大王か骨肉の争いの火蓋は切って落とされた!!

障害物:小田原135号のラクダの瘤坂、椿ライン、芦ノ湖からフラワーセンタ
     ーまでの登り坂、強羅坂下から強羅への九十九折激坂、強羅一番坂
     二番坂等々

ルール1:舌戦フリー 相手を翻弄する鋭い突っ込み等、言葉攻め可
      ギブアップ宣言可「親方様 マヒリマスタア」と誤った時点で勝負あり
      決戦中の炭水化物の大量摂取可・・・・ただし食い過ぎに注意すべし!

ルール2:決戦終了後の炭水化物及び茶色、赤色系の美味しい水の大量摂取
      厳禁!!・・・・・饅頭1個まで、ビール、ワイン等は小コップ2杯まで。

ルール3:信号を守る!!!!不可抗力の場合を除き、無視した時点で失格!

究極ルール:いつものsweat01ま!!いっかあ?お気楽逃げ足も??

GOAL :五反田相生坂 爆笑ベルシャのSHOW‐WINDOWに先にタッチした方が
      勝利とする。

アバウト時間とルート

5:00:日本橋集合
09:00:小田原
11:00:湯河原
13:00:芦ノ湖着 飯喰う

13:30:芦ノ湖スタート
14:30:宮下
15:00:強羅坂下
15:20:強羅駅
16:20:一番坂、二番坂
17:20:小田原→一応お気楽出口sweat01
18:50:江ノ島
20:00:戸塚
21:00:横浜
22:30:五反田 相生坂 決戦!!

 にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

親子決戦の最重要ポイント ヨヨヨ姫へ

2
相生坂 関東病院前信号

この信号と、30M先の病院前信号は連動しているので、手前の信号青
で、勝負開始ですよ!!

2_2
爆笑ペルシャの先の信号

ここから、爆笑ペルシャまで、駆け足ダッシュ勝負!!
チャリを歩道に、きちんと置いて、30Mダッシュが全てを征します。
ここで、こけると200kmが水の泡つう事になりまっせsweat01
傍まで、来たらビンディングシューズカバーを装着してもええよお!!
俺は100m 12.2秒だぜ・・・・・・・・・・舌戦001・・・昔なsweat01

2_3
爆笑ペルシャ ショウウィンドウ

前方に見える青信号の地点から、ここのウィンドウまでが最終コーナー
です、親子と言えど女の意地と、男のメンツの激突だああああ!!

ところで、現在帰りのルート設計に苦心しておる。何としてもR/1藤沢
バイパスを回避せなアカンのじゃあ!

Photo
夜の藤沢バイパス回避ルート

R/1から134号に適宜進入して江ノ島。江ノ島の腰越から304号で大船
302号で戸塚。戸塚から再びR/1で帰還する予定です。ただし行きはその
必要は無いので、藤沢バイパスをカッ飛ばして小田原を目指しましょう。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

大湧谷への道 後半戦 ここ小学校以来だぞ!

実はあんまり興味無かった
大涌谷だったのだが?

箱根に何度か登ったが、大涌谷に興味は無く、専ら激坂峠
を登る為の箱根でした。

初めて強羅に行き、激坂探索で期せず大涌谷へ向う事になった。
帰るも行くも同じ様な距離まで走ると、惰性で先へ先へ!

結果、大涌谷の標識が見えて来て、ダラダラ坂の空が近くなると
前方上空をにロープウェイのゴンドラが行き交って、頂上が近いと
示唆している。駐車場が見えると、煙る荒々しい山肌が迫る!

おおお!大自然の息吹が、其処かしこに噴出して、素肌の地球が
いるではないか!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

大湧谷への道 前半・・・・だらだらにメゲル


小学校以来の大涌谷へ

一番坂、二番坂を登って、さてもっと凄い激坂が在るはずだ!と思って更に
坂の上方向に進みます。・・・・・・これが間違いの元でした。

何故なら、概ね坂は山の麓居住エリアに生息している可能性が高いのである
坂は、人々の為に在るのである。

とは言え、途中まで走ってしまって、そこから帰るのでは走りが無意味なもの
と成ってしまうので、兎に角、恵みの雨を待ちながら大涌谷へと走ります。

土砂降りの雨天走行つうのなら、美的にええなあって思うんだけど??
残念ながら雨は降りそうで降りません。景色もイマイチ・・・・帰りてえsweat02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月10日 (木)

強羅二番坂はカメラ片手にトロトロで!

生11分間VER

圧縮3分間VER

第一坂がそれ程キツイ坂じゃなかった
から、完全シングルハンドに挑戦

まあ、SAKABAKAですから、バカでしょうね。
片手で動画撮影しながらの激坂登攀は、フラットペダルじゃ鍛えられない
ハムストリングを鍛える事が出来るので、完全シングルハンドでの登攀
にチャレンジしましたが、頂上手前でトラックと乗用車に後ろから追い越
される際に、ちょっと危ないので断念しちゃいました(汗)

一番坂でアップ完了してましたから、ハムも攣らずに、まあ良く動いてました。
もう少し、斜度があれば日の出級の素晴らしい激坂に成れるんですがねえ!

次回は、日本橋から自走で攻めてみたいと思ってますが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

強羅 名無し坂2 ウイリーせず(涙)

強羅の奥の細道

強羅斜面には、もっと色々な風情溢れる坂があるだろうと思います。
この坂もその一つです。大涌谷に行った帰りに、ここを降りて発見し
た、この坂は、閑静な別荘街に佇む良い坂です。

スリットの入り方も、すこし荒っぽいのが良い顔を醸し出しているじゃ
あ、ありませんか?

頂上で分岐して、斜度の高い細道の方を登りましたが、こうした複雑
な構造は、坂を立体的に見せてくれます。斜度は無くても風情があれ
ば、それで良いのですよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

自転車仲間の忘年会

20091210093613

20091210075049
マーロンブランドか?はたまた、ロダンの石か?
ヨネ子さん! 隣が大魔王sweat01


自転車仲間の初の忘年会(速報)

日頃、大いなるご迷惑をお掛けしている、カミさん達を伴って汐留新進気鋭
のイタリア街にて、忘年会を開催しました。

ヨネちゃんが発起人になって、KOZOさんが完璧に手配したイタリアンビュッフェ
LA MAREAは落ち着いた雰囲気の大人の店だ。美味しい料理とスウィーツが所
狭しと並んでいる。

八王子総裁、ヨネちゃん夫妻、KOZOさん、TAKEさん、ヨヨヨ姫、メイメイさん
まさやん、オッキーさん、峰男さん、海坊主、ノール夫婦、皆、良く走った仲間
達だ。KOZOさんの司会で、其々が改めて自己紹介して、仲間が広がって行く
過程が、手に取るように解ります。自転車は、道を繋げ、坂を紡ぎ、そして

          人を繋げる・・・・・・そういうものだと思った。

何故か、我が恐怖の大魔王も、この日ばかりは、何だか納得していた様だ!!
恐る恐る彼女を連れて行って、良かったのかも知れないと思った次第。幹事の
お二人には感謝感謝であります。

半年後に、また皆集まる事になり、楽しみが、また一つ増えましたね!!
有り難う御座いました!!

※参加出来なかった
  無宿さん、コバちゃん夫妻、オムちゃん誘ったんかいsweat01(あっ無理だと思って
  お誘いして無かったのねsweat01) 次回は是非ご出席を希望します!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (16) | トラックバック (2)
|

強羅坂下 明神ヶ岳アプローチ坂で見つけたなんチャッテ激坂はダートで!

確かに変態かも知れんsweat01

自分で撮った動画見ながら、シトシトぴっちゃんの雨の中、こんなしょうも無い
坂を登ってる中年のオッサンてえのは、確かに異常だと思うよsweat01

他に何かやる事あんでしょ!!?と良識あるお方なら、そう思うだろうなあ!
まあ、SAKABAKAですから、世の常つう得体の知れないモノには頓着しては
ナラン!のである。

SAKABAKAは基本的に極度なロマンティストで在らねば成らぬ!故に雨の
シチュエーションで、思いを馳せるのは、ミックジャガーのサティスファクション
をバックで流しながら、黒澤明の七人の侍の戦闘シーンなのであるsign03

うーーーむ!かっちょええでえ!!

明神ヶ岳・・・・・そんなん知らんが、坂発見>登ってみる>ダート・・・・・苦笑い
強羅、反対側の斜面はイマイチでしたなあ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 9日 (水)

強羅 名無し坂 20%??

典型的 強羅坂のひとつです

ここは、一番坂よりも良い坂かも知れません。
良い坂の証は・・・・・・・・・・・ちゃんと!ウィリーする事です!

一番、二番共にウィリーするには至りませんでしたが、ここはちょっぴり
ウィリーして呉れましたheart02
しかし、強羅斜面の標準坂のひとつでもあり、概ね12~18%の範疇に
収まっちゃうのが、残念です。

トンでも無い坂は、結局探し当てる事が出来ませんでした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

強羅 初めての箱根登山鉄道は女子生徒に囲まれて(汗)

参りましたm(_ _)m

まあ、確かにお気楽輪行、雨雨ポタリングって感じの強羅ツアーですから
最初から、弛んでますsweat01

新幹線で小田原に着いて、小田急で箱根湯本、更に弛んで箱根登山鉄道!
いや、実はこの鉄道、箱根R/1登ってると時々出会う事が有るもんだから
一度、乗ってみたいと思ってたんですよ。土曜日だが、雨ですから、それ程
人は居ないだろうと、前輪外しただけの巨大な輪行バックを肩に掛けて、乗
り込んでみたら良かった!それ程乗客も多くないので、ご迷惑も最小限で行
けそうだと安心したのも束の間sweat01

後から、ガアガアピイピイとヒヨコ達が押し寄せて来て、車内は騒然!!
デカイ輪行バック抱えた小生の周りは小中学生の女子生徒で包囲されちゃ
いましたよsweat01

数十人のピヨピヨ合唱団に、完全に乗っ取られ、身の縮まる思いでドアにぺ
ったり張り付いて、彼女達が早く下車するを祈るも空しく。終点の強羅までsweat01

僅かな隙間から、山鉄のスイッチバックの模様を撮影しましたが、移ってる
のはピヨピヨ軍団ばかりですsweat01まあ、弛んでますからsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

菊名小学校辺りのアプローチ激坂 バイパス(笑)

先の瘤坂バイパス坂ですが?

同じ程度の平均斜度を持ってますね!
殺風景な◎瘤坂に比べると、生垣があったりして風情がありますねえ!
◎坂は激坂の印でしょうが、◎無し激坂の方が、恐ろしい坂が有ったり
しますので、侮り難しです。意外と面白い坂が多いと思っています。

小学校台地の激坂群は、他にももっと沢山あるのですが、28%は見付
かりませんねえ!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 8日 (火)

悶絶!五反田相生坂 親子頂上対決 ボウオ~♪(法螺貝の擬音)

Photo_2
stage-1 お江戸 日本橋から銀座を爆走し

Photo_3
stage-2 箱根 椿ラインで、必殺シャベリーノ舌戦

Photo_4
stage-3 芦ノ湖はまったり偽りの平和

Photo_5

Photo_6
stage-4 強羅の饅頭で決戦に備え

Photo
FINAL-stage 五反田相生坂 爆笑ペルシャ前
決戦の火蓋は切って落とされる イザ!!!

悶絶!
五反田相生坂 拡大通勤バトル親子対決!!
いつかはこうなる運命じゃ!の巻き
お気楽sweat01

ママチャリ大王 父 チャベリーノ ノール大帝が勝つか?
新進気鋭のマ○ア軍団、最近オフオフ返上の娘シャベリーヌヨヨヨ姫が女王
の座を射止めるか?

とうとう、その時が遣ってきました、拡大通勤バトル五反田相生坂頂上決戦!
天下の剣 箱根を巻き込み、1都6県に跨る壮大なスペクタクルで送る(嘘sweat01
天下御免の・・・・親子対決(充分 アフォ)

200KM超え10数時間の前哨戦を戦い抜き、最後に待ち受ける超超激坂
五反田相生坂 別名爆笑ペルシャ坂を先に征すは、娘ヨヨヨか父ママチャリ
大王か骨肉の争いの火蓋は切って落とされた!!

障害物:小田原135号のラクダの瘤坂、椿ライン、芦ノ湖からフラワーセンタ
     ーまでの登り坂、強羅坂下から強羅への九十九折激坂、強羅一番坂
     二番坂等々

ルール1:舌戦フリー 相手を翻弄する鋭い突っ込み等、言葉攻め可
      ギブアップ宣言可「親方様 マヒリマスタア」と誤った時点で勝負あり
      決戦中の炭水化物の大量摂取可・・・・ただし食い過ぎに注意すべし!

ルール2:決戦終了後の炭水化物及び茶色、赤色系の美味しい水の大量摂取
      厳禁!!・・・・・饅頭1個まで、ビール、ワイン等は小コップ2杯まで。

ルール3:信号を守る!!!!不可抗力の場合を除き、無視した時点で失格!

究極ルール:いつものsweat01ま!!いっかあ?お気楽逃げ足も??

GOAL :五反田相生坂 爆笑ベルシャのSHOW‐WINDOWに先にタッチした方が
      勝利とする。

アバウト時間とルート

03:00:日本橋集合
08:00:小田原
09:30:湯河原
12:00:芦ノ湖着 飯喰う

12:30:芦ノ湖スタート
13:30:宮下
14:00:強羅坂下
14:20:強羅駅
15:20:一番坂、二番坂
16:30:小田原→一応お気楽出口sweat01

22:00:五反田 相生坂 決戦!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

強羅 坂下から噂の激坂Rを登ります(1本目)


Sdscn1910
あの恐ろしいRを食して
みましょう

写真と本物では、やはり全く違うものです。恐ろしいRも実際に登って
みれば、ほんの僅かな区間・・・10m程度ですから、意外と問題なく登
れるだろうと思います。標識では18%とありますので、それが正しいの
でしょうねえ!!

しかし、美しいRです。強羅駅までは300m程度ですからウォームアップ
坂って感じでしょうか?第一、第二坂は、歯応えありますよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

菊名 小学校辺りの普通の坂??風情あるかも?

小学校周りの普通の坂

多分、小学校が台地の頂上なのだろうと思います。故に幾重にも同様の
斜度の坂が走っていると推察されます。ほぼ12%前後の坂が中心ですか
ら、大した事はありませんが、何本も登っていると、次第に太股が肥大する
のが解ります・・・・・・モクモクと太く成長するんです・・・・・(嘘)

初めての坂と言うのは、それでも新鮮なもので、駄坂だろうが、激坂だろうが
手当たり次第に登る!!・・・・・これが真性SAKABAKAの掟だろうと・・・・sign02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 7日 (月)

菊名 小学校辺りのアプローチ激坂 良い!

瘤系の激坂

小学校周りの激坂では、最も良い坂だと思います。中央部分が盛り上がった
感じが素晴らしい!この様な瘤系の坂てえ言うのは、その部分が厳しい斜度
に成ってますから、勿論、そこを乗り越える楽しみが付加されるんですよ!

坂のインナーの斜度の高い所を登るのと、瘤を登るのでは、瘤の方が厳しい
場合が多いと感じます。まあ、ウィリーしない坂てえのは、イマイチって事でし
ょうねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

強羅 第1坂 噂の激坂登ってみれば!?


生ver11分間



圧縮ver3分間

確かに良い坂ではあるが??

御岳やラピュタ、日の出に毒された体には、比較的癒やし系の坂
かもしれませんねえ。直線坂てえ所が魅力ですが、斜度は思った
程ではありません。ウイリーしない坂なので、平均で15%前後だろ
うと思われます。

時たま、20%に近い部分も有りますが、概ね登り易い坂だろうと
思います。自走アタックが良いでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

菊名 小学校辺りの激坂・・・・まあまあ20%?

小学校周りは激坂の宝庫です

何処も似たような激坂が、この辺りには沢山あります。ほぼ◎坂で
斜度は20%前半で、ロングです。グルグルこの辺りを廻っていると
殆ど坂登りばっかりとなって仕舞いますから、徐々に足に来ます。

昨年、自転車に乗り始めた、同級生のヨネちゃんには、きっと限界
を超える走りを何度か、させちゃってるんですが、尽くこなして来ます。
頭が下がります。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 6日 (日)

菊名 八丁坂・・・・28%はねえなあ(汗)

菊名28%を探せ!!

どこかのブログに、菊名の小学校脇激坂28%てえのが載っていて
それで、菊名に興味が湧いて、近くにお住まいの峰男さんに案内を
お願いしての、激坂探索ですが、狙いは一つ!28%のロング坂で
す。しかし、なかなか見つかりませんねえ!

学校のアプローチ坂だと記憶して居たのですが、ここの坂は28%な
んて有りませんねえ。精々22%てえ所でしょう。20%の前半と後半
では、全く違いますからねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

菊名駅前 階段坂・・・・まあまあ!!

こんな場所に堂々と
階段坂はきっと由来があるでしょう

駅の直ぐ脇に、これだけ立派な階段坂てのは初めてです。
きっと、古くからある坂なのでしょう。階段坂は概ね元々階段で
あった坂を、後で車が通れる様に部分的にコンクリートで塗り潰
した構造のものと、最初から階段と併用した構造のものと有ります。

ここは最初から併用設計されたものです。これだけ幅広の平坂を
階段の隣に置いたのは、どんな目的だったのだろうか?
と、色々想いを馳せるのも、坂の魅力の一つでしょう!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

菊名駅裏 ダメダメ坂??

もう感覚が麻痺してるかも?

どうも、この程度だと、触手が動きません12とか14だと
モチベーション下がっちゃいますが、それでも登りたくなるんですが!?

しかし、激坂アーカイブ登録基準でも設けないと、駄坂ばっかりに成って
しまわない様にせなアカンですsweat01うーーーーん 駄坂てえのは良くない言
い方だなあ!坂には其々、坂格てえのが有るのだから、全てがオンリー
ワンであり、掛け替えの無い坂だと考えねば!!!まあ、アーカイブの整
理は、もっと爺になってからにしようsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 5日 (土)

雨だ!強羅だ!酒蒸饅頭だあ・・・・・・のささやかな結果

Sdscn1886
何と無く怖そうな・・・・一番坂

怖そうな顔してましたから、カメラはハンドル固定しました!
頂上付近に、瞬間22%って小さいホクロがありましたねえheart04

Sdscn1892
一見、温泉街の商店街風で始まる二番坂

一番坂と並走しています。斜度的には同じ様なものですね。
多分、そうだろうと思って、連続攻撃ですが、二番は二番かも?
完全、シングルハンドで、撮影が可能な感じでした。トラックが来て
失敗しましたがsweat01

Sdscn1889
どちらも、同じGOALが待っている

まさか?GOALが同じだとは、お釈迦様でも解るめえ???
この2坂の周辺には、同じ様な斜度の坂が結構あります。

Sdscn1894
チャリに合羽が・・・・似合いません

合羽は、結局最後に登った強羅坂下の激Rの坂の時にやっと待望
の雨!でしたからフル装備してギコギコ2度登りました18%です。

Sdscn1907
名も無き坂よ!美しいじゃないか!

ここは、同じ斜面の坂ですが、容赦なく先が見えるのが良くて登って
写真に収めました。

Sdscn1902
小学校以来の大涌谷なんて行っちゃたりして

寒かったですよお!チャリは勿論、小生一人でしたが、観光客は沢山
いましたねえ。日本語以外の言葉が多かったです。
ニイハオ!カムサハムニダ!

Sdscn1901
凄いわ・・・・・・地球の神秘じゃ!

Sdscn1905
寒かった・・・・・・・合羽持ってて良かった一瞬

下りは、凍ると思っていましたから、合羽着てルンルンでダウンヒル
でしたが、此処まで来るにはダラダラと随分漕いだ気がします。

Sdscn1912
実は、こんな標識があって

えええ!18%って思っていたら、ブログで見かけた風景がその先にあって
おおお!この激R!成敗せねば成りませぬ・・・・モードでしたが、如何せん
車が多いんですよ!此処!

Sdscn1910
こんな坂があるんですよ!美しいでしょ!

美しいRですが瞬間辛抱ですね。足殺して来た方々にはクレージーでしょ!
お察し申し上げますsweat01未だ見ぬ暗を彷彿とさせるものがあると推察します。

しかしおい!まさよ。
俺達やっぱどうかしてるぜ!!!

日の出に毒され、ラピュタに翻弄され御岳とお友達になって、暗が怖い
馬鹿な俺達にゃぁ、お腹が一杯にならんのじゃあsweat01

がしかし強羅の坂は、冷静に評価すれば、結構良い坂だと思います。
直線坂で、ジグザグを許さない交通量が、追い込んできますねえ!

坂自体は、平均で15~18%。瞬間で22%って感じでしょうか?基本
が直線で、長さが1km前後です。ここを登ってあがいた方々は何方も
その前に足殺してから、もがいてますから・・・・・!!

そう言う坂だと思った方が良いでしょう。輪行で単品坂アタックするんじゃ
坂に失礼極まりない事でした。

よって、ここは日本橋から自走して、七曲でもツバキでも何でも登って足
殺してから、止めの塩ラーメンってお手前で・・・・・・どんとね!

次回は、それで行きましょう>>まさ&ヨネ&峰&ヨヨヨ&オッキーさん達
にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

菊名駅裏の激坂・・・て登るヤツアはアフォや!(宿題)

階段系の激坂は嫌いじゃないですが
幾らなんでもコリャ無理よ

メリーで出撃したのが、宿題を創る原因となっちまいました。
R/2レベルの自転車でない限り、この恐ろしい激坂を征する事は
難しいでしょうねえ!峰男さんはこの坂をロードバイクで登ってしま
ったとか・・・・・・ヨネ&ブラザースは恐ろしいsign03

こうした路幅5,60cm,斜度30%前後の坂は、パワーだけでは登
れません。高度なバランス感覚が求められますので、小生は苦手な
んですが、好きですねえsweat01次回は登って見せましょう・・・・??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

菊名駅裏の美味しい激坂・・・ここは素晴らしい!!

この坂には風情がある

◎スタンプの直線単純激坂とは、完全に一線を画します。
複雑な坂の構造が、先ずは素晴らしい。しかも、そこそこの斜度を有し
右奥の民家の塀を、美しく覆っているピンク色の花が絵画の一点の様な
味わいを醸しているではありませんか!!

こう言う風情があって、厳しい斜度の坂が良いのです。20%は有ると思
いますが、距離が無いので意外と容易に登れてしまいますが、美しさが
印象に残る坂でした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぽったりぽったり「菊名駅裏の激坂は結構いいねえ!!」

坂の入り口から良し!
盛り上がりの風情は素晴らしいのだが?

残念ながら工事中でしたsweat01
ここは、掛け値無しで良い坂の部類に入ります。最初からガツンと来る
坂は、それだけで合格なんですが、更に欲を言えば、そこから20,25
と斜度を上げてワインディングしている激坂だったりすると殿堂入りは確
実なんですがねえ!点数で言えば100点満点の75点って感じです。

工事さえ無ければ、もっと楽しめたに違いないのですがsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 4日 (金)

ぽったりぽったり「都築インター脇の普通の坂!?」

都築インターの激坂
と言っても14位じゃ普通の坂ね!

ランドナーぽい自転車から、ロードバイクを新調して俄然モチベーション
アップの峰男さん。風張林道以来ですが、ペダル廻ってますねえ!

3人合わせて150歳を超える、まあロートル組ではありますが、舐めちゃ
いけませんよ!!しかし、我らがヨネ子さんは、マジ強くなってますねえ!
足太く成る前に、自転車のスタイル考えんとイカンでしょうねえ!
まあ、ロングと坂のバランスでしょうけどsign02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぽったりぽったり「菊名天神様脇の階段坂・・・無理でしょう!!」

峰男さん
幾らなんでも無理っしょsign02

この階段坂は、斜度30近いのは確実です。メリーじゃ全く問題外です
から、可能性があるとすれば、R/2,3の登攀ギアって事になるでしょ。

ただ、駆け上がり斜度40近いので、ここで不安定になると、ふら付いて
登頂は難しいですねえ・・・・と偉そうな事言ってますが結果は??

ハイハイ諦めました、ヨネちゃん、R/3の登攀ギア外しちゃったのねsweat01
峰男さんは、ロードバイクで2M位登ったって?・・・充分SAKABAKAです

ここの、オバチャン、おじさん達との会話が楽しいんですよね!現地の人
と会話するのもSAKABAKAの楽しみのひとつなんですよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぽったりぽったり「菊名手前の天神様の坂」

学業成就の天神様
落ち葉の激坂可愛いです

斜度は精々15てえ所でしょうか?
竹薮をクネクネ曲がって走る坂は、其処はかとない風情があるのです。
残念ながら、不法投棄のゴミが散乱している場所が目立ちますねえ!

しかし落ち葉の激坂は、結構滑りますから、片手撮影は慎重にって事
ですねえ(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 3日 (木)

土曜日は雨だ!強羅だ!酒蒸し饅頭だ!

Photo

雨の強羅つうのも乙なもんか?

土曜日は、日本橋からツバキ、芦ノ湖、強羅と言うコースで強羅激坂に
挑む積もりでいたが、天気予報は「雨!!

最近、ロングを怠っていたので、ちょいと真面目にロング&激坂やりたい
と思ったのですが・・・・・・・・残念無念!!

とは言え、輪行つう手段もある故、強羅まで輪行して、雨の激坂に挑むの
も、何だか乙なもんだ。膝の調子と相談しながら、おっとり刀で出陣じゃあ!

しかし650Mの平均斜度23%つうのも、素晴らしいですねえ!箱根は何
度も登っていたんだけど、知らない所に、もっと沢山の良い坂多いみたい
ですねえ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ぽったりぽったり「菊名手前の田舎の美味しい激坂20%超最大30!」

間違いなく良い坂です
撮影失敗して2本目

横浜の山間部って、田舎ですよ。こう凄く長閑な雰囲気が横浜ってえ
イメージから掛け離れて見えますが、激坂さえあれば、何処でも素晴
らしい!!
パチンコ屋と激坂は、匂いで解るんですが、良い激坂かドウかは入り口
の顔が勝負でしょうか?入り口からガンと成ってるヤツが美味しいのです!

1本目、撮影失敗して、2本目ですがカメラ固定しないと2本目は片手じゃ
無理無理てえ坂です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みかん2号激坂 俺達、お邪魔虫モードだね!?

意外と気を使って
坂遊びさせて貰ってるsign02

確かにねえ!
この季節は、みかんの収穫時期だったんだよなあ!この農道は
みかん農家の専用道路つう訳だから、肩身が狭いSAKABAKA2人

小心者だから、直ぐ遠慮させて戴きました・・・・・・で他の畑へ!
って全然、反省してませんが何か?ともかく、農家の皆さんのお邪
魔に成らないように、其れなりに気を使って坂を登りましょう!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

みかん1号激坂 苔苔

みかん畑は恋の色

何で?って
そらあ坂に恋する乙女てえ事よ!・・・・俺じゃなく・・・・・・ヨネ子さん!
みかん娘に見送られて、彼女の畑の前の激坂に挑むSAKABAKA二人

一夜城祉2度登ってるので、お腹が一杯の筈が、坂は別腹なんですよ!
黒糖饅頭と○○○みたいなモンですよsweat01

さて、農家の皆さん ゴメンなさい!この激坂パラダイスで、まだまだ心
の洗濯させて戴きますよお!!謹んで!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 2日 (水)

監視社会

20091111075440_2

20091111075510

都内 某商店街
の片隅の真紅の独眼竜って??


時々、ママチャリの修理で、近所の自転車屋さんに行く時に、何と無く
違和感を感じて、天井を見やれば・・・・・・時々ピカット光る真紅の目!

商店街のそこ彼処、ほぼ100m単位で、独眼竜がこちらを見張って
います。写真上はLEDが光っていますので、撮影中だと分かります。

何気に、監視カメラを覗き込み、携帯で撮影しようとしたら、LEDがピカ!
とね・・・・・・単なる定期監視タイミングと克ち合っただけだろうとは思うが

まさか、監視カメラの向こうで、ロボットが不審者を見張っていたりして??
不審者の行動パターンを分析して、人混みの中で不審者と思しき人物の
候補を抽出する位のソフトなら、充分に作成可能なのだから!?

ああ!恐ろしい・・・・・・が・・しかし、監視が必要な社会になっちまったのは
世の愛情の欠落か?

不謹慎ではあるが、英国女性事件の市橋なんとか?って若者のニュースを
見る度に、彼の生い立ち、父母の期待と孤独、遣る瀬無さなどを思うと、悲
しく成って来るものです。被害者を弔い、真っ当な人間に更生して欲しいと願
う一方で、こんな社会にしてしまった、大人の無関心を自ら悔いねば成るまい
と思うのである。我が豚児は如何に?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

一夜城祉マシな方のアプローチ激坂中盤戦からGOALへ




GOALは間近!

中盤戦も終わりに近いエリアになりましたが、基幹路と交差する手前の坂は
其れなりに、斜度があります。とは言っても最初と此処位がハイライトって感
じなんですよ。もうGOALは目と鼻の先です。

高々2KMの坂ですが、10%前後でも直線ですので、効きます!
こんな坂をガシガシ漕いじゃう人が、この地域には沢山いるんでしょうねえ!
小田原には、強いヒルクライマーが沢山いると言う噂ですから!

それは、その通りだろうと思いますよ。これだけ沢山、しかも身近に坂がある
なら、練習場所に事欠きませんから、さっさ出掛けて、さーっと帰るなんて、ト
レーニングも容易に出来る環境ですからねえ!羨ましい限りです。

こちらは、1回5000円の新幹線代が掛かる上に、時間制限もあって毎週っ
て訳には行きませんものねえsweat02

さて、そろそろGOALですgood

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一夜城祉マシな方のアプローチ激坂 中盤戦(生)

海が!
循環が!!

突然、景色が開けて海が見えたりすると、浮世の垢を落として済々した
気分になるもんですねえ!

この時点で、相棒のヨネ子さんは、完全に循環に入っちゃてますよ!
この10%前後の斜度で、循環に辿り着くのは、底力がついて来た証拠
です。日々夜練の賜物以外の何ものでもないと、つくづく思いました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年12月 1日 (火)

一夜城祉 マシな方のアプローチ激坂 前半戦(生)

一夜城祉マシな方の激坂
最初だけでしたsweat01sign02

お気楽輪行、坂三昧の中年二人組み(合わせて104の煩悩’S)ですから
ぺらぺらシャベリーノで発進します・・・・すると新幹線のガード下から結構な
激坂ですから、わくわくモードでした・・・・・最初はね??

しかし、次第に斜度も緩んで、何と無く普通の坂に成っちゃいました。
それでも、10%前後の坂が直線整列でしたし、所々景色も良く天気も良く
これは、全く平和なポタリングモードでしたねえ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たった30Mの行軍 1時間半のあわや転倒!?


良い坂を降りると
湿った橋で!?

此処まで、何の事故も起きずに、やって来れた事を感謝しますと思って
いたら、遣って来ました・・・・・・sweat02

結構、良さそうな坂を見つけて、登って降りる際に、湿った橋の上で、後ろ
が持って行かれちゃいました。咄嗟に両足を着きながら、勢いに任せて橋
を滑って、奇跡的に無事に止まる事が出来ました。

これも、偶然ですから、こうした林道は28Cなんてタイヤで走るのは、無茶
以外の何ものでもありませんねえ!ダートはマウンテンに任せますsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

突然ですが小田原市街地の激坂 ウォームアップ編002

うるう坂
この坂は良い坂です

ヨネちゃんの、チャリのご機嫌がイマイチです。勝手にギヤが切り替わって
デュラ何とかてえ電動の自動変速機でも付けたんかい?

踏み込む度に、ガキガキ鳴っちゃあ、流石のヨネちゃんも堪ったもんじゃあ
有りません。この先が思い遣られます。大丈夫か?
心配を他所に、平然と坂を登る煩悩104組でありました。ケセラセラnote

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »