« 予兆・・・・・やっぱり来たか? | トップページ | 麦草玉砕ツアー 志賀坂炎熱峠 あと1km »

2009年8月29日 (土)

麦草玉砕ツアー 志賀坂峠炎熱街道003 亀に成っておる

またもや一人ぼっち
どうして彼らについて行けないの?

まあ、ママチャリじゃあ彼らについて行くのは難しいのは、当たり前
諦めも付くのだが!?クロスバイクなのに、どうして彼らについて
行けないのだろうか?

バイクの重さだって、精々2kg程度しか変わらないだろうし、ビンデ
ィングで、それ程差異がでるんかいなあ?ダンシング出来なくたって
そうは、変わらないだろ?つう事はジツリキが大幅に違うって事蟹?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 予兆・・・・・やっぱり来たか? | トップページ | 麦草玉砕ツアー 志賀坂炎熱峠 あと1km »

コメント

メイメイさん

オムちゃんの言うようにホイールって走りへの影響
が大きいんだねえ!!

勿論、変える気ありませんが!?
自転車って、己の力のみのスポーツなのだろうが、
機材の要素が大き過ぎる気もするなあ!?

何だか、ママチャリで散々苦労してやっと制覇出来
た峠を、ちょっとチャリ触った連中に、その機材の能
力で簡単に制覇されちゃうと、少し凹むよなあ

まあ、でもそんなモンかも知れんねえ!
自分だってR/2使ったりしてんもんなあ

投稿: ノール | 2009年8月31日 (月) 09時55分

ノー様・・・軽量ホイール買って幸せになりましょうよ。

評判のRS80、新発売のWH6700辺りなんぞどうでっしゃろ?
気に入らなければ、その、自分下取りしますんで、格安で、ええ。

投稿: meimei | 2009年8月30日 (日) 17時50分

オムちゃんに師匠と言われると、こそばゆいなあ(^-^ゞ

こちらこそオムアリ師匠と呼ばんとなあ!

まあ、所謂なんだあ~そうそう築地のな!
あの黒くて凄げ~のなあ!

それそれ!!
八王子総裁のお友達にも乗ってる人いるんだけどね

その実用車!でね
風張峠とか登りたいよなあマジ!

えっとジュピターってやつよ!
あれはカッコ良いよなあ!

投稿: ノール | 2009年8月29日 (土) 22時52分

ええのではないでしょうか??


だって〜  師匠にロードってなんか似合わないもん(笑)


どちらかというとロードバイクよりはランドナーって感じでしょ??
そうそうツーリング車。

それよりもやぱり実用車かなあ・・・・・・

師匠は実用車ですよ!実用車!!


投稿: オムアリ | 2009年8月29日 (土) 22時22分

オムちゃん

凄く凄く良く分かる解説有り難う!

いちいち成る程な!
と思いながらコメントを拝見しました。

自転車は確かに機材の要素が大きいですよね!
ママチャだってメリーとブレーブ君じゃあ雲泥の差があるのが良く解ります。

良く解るんだけど、ロードの仲間について行きたい思いもあって、彼等の3倍のエネルギーで踏み込める様に成れれば、躊躇せずにロングも出来るのだろうと、思って、チャリを変えないで、今後もモガク積りですよ!

何故そうしたいか?
まあアマノジャクだからでしょうか?

人と同じ事をするのが好きじゃないからか?まあ大した動機じゃありませんが、一度そうなると、拘る訳です!
ずっとね(^-^ゞ

投稿: ノール | 2009年8月29日 (土) 12時41分


ビンディングとフラットの差は師匠が思ってるよりず〜っと大きいです。

とくに距離が伸びればのびるほど・・・・・・


だまされたと思ってつかってみるとわかりますが・・・・

んでもってクロスバイクとロードの差・・・というよりもホイールの差かもしれません。 だって軽くて勝手に転がるホイールで長距離のって坂のぼるんでしょ??


私は実感したことがあります。

ロードバイクの人は、冬の峠の下りは寒いから上着を持って行った方がいいといいます。まだエスケープに乗っていた頃の私にはそれが理解できませんでした。

なんでかわかります???


ロードバイクって(もちろんある程度のランクのもの)下りは脚をとめててもがんがんスピードがでるんです。漕がなくても50キロ60キロは楽勝・・・


でも!でもです。  エスケープがそれに追いつくには・・・・(まあアタシのは師匠のよりランクの下のR3ですが)


トップギアで必死こいて漕がないと追いつけない!!!


そう、クロスバイクがロードについていくには登りも下りも必死こいて漕いでいなければいかんのです。トップギアで必死に漕ぐんだから峠の下りは寒いどころか暑くてたまりません。

ゆえにクロスバイクのころのアタシは峠でウインドぶれカーなんて着たことありません。 ところがロードに乗り換えたとたん・・・・・

下りで漕がなくても勝手にすすむ・・・・ 勝手に進むから漕がない、漕がないから運動しない、だから寒い・・・・・・


ええ、そんときはじめて知りました。

ロードバイクって ずるい!!!  ってね(笑)

ママチャリならなおのこと・・・・・
登りに重量は一番のハンデ、しかもころがらないホイール、

ある程度のレベルのロードバイクって登りでも進むんです。
のぼりなのに、踏むとす〜っっって進むんですよ。
R2じゃ無理でしょ??

ひとつ、ひとつは小さい違いなのかもしれませんけど、それが重なると・・・・
その差はものすごく大きいのです。

おもうに、R2にのれる師匠ならアップライトなポジションにすればロードのほうがきっと楽だと思います。
もしくはR2のホイールを換えてみれば、なぜロードについていけないのか・・・がわかります。

平地は慣性が働くのでR3でもついていくことは問題ないんですよね。
でもいったん登りにはいってしまうと・・・・・その差は大きい・・・・

所詮自転車は機材スポーツなんですね。


でもすべて機材に頼るのもしゃくなので私は完成車ベースのままホイールもなんも換えてません。 ペダルもSLにしてません。
いろいろかえればきっともっと楽になる、もしくは速くなるとは思うのですが・・・・


まあ懐の問題もありますけどね〜(爆)


投稿: オムアリ | 2009年8月29日 (土) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麦草玉砕ツアー 志賀坂峠炎熱街道003 亀に成っておる:

« 予兆・・・・・やっぱり来たか? | トップページ | 麦草玉砕ツアー 志賀坂炎熱峠 あと1km »