« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

ヤッパリ根性じゃあ!!昨日6/29夕方の激坂7

激坂1 神明坂

激坂2 安全寺坂

激坂3 幽霊坂

激坂4 高輪名無し22%

激坂5 五反田名無し20%

激坂6 五反田 山茶花坂

激坂7 ドレメ坂20%

こんな感じで、毎朝3坂 毎夕7坂を根性で登ってます・・根性!!
まあ、これで強くなるとは、思えませんが!!科学と根性なのだよ!

しかし、こうやって7連続で夕方の激坂7の動画見てると、自分で
言うのも変だが、やっぱ変だよなあ!!いっちゃってるもんなあ!
うーーむ!少し科学せなアカンなあ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

奥多摩ピーカンポタ (お嬢さん 初の和田スタートですが!?)

流石に名門クラブチームのお嬢さん
基礎が違います!


彼女に付いて行くのは、かなり大変な事なんですよ!
やっぱり、マジレースのクラブチームの方々のお話をお聞きすれば
練習量、質共にママチャリ軍団から見れば、異次元の話なんですよ!

時々、ママチャからロードバイクに乗り変えれば・・・・タラレバって話
をされますが、そうしても、きっと全く歯が立たないでしょうね!
練習のレベルが違います、毎日が違いますから!!
チャリは毎日の生活なんですよね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(天目指峠から子の権現へ)

天目指峠を下って子の権現へ

計画では、子の権現を遣っ付けたら再びこの天目指峠に戻って登り
名栗湖を通過して、小沢峠を登って、成木街道、小曾木街道と登り
に登って青梅のパチンコ屋てえコースだったのですが??

天目指でこれだけ落っこちると、再び登って帰る気に成れないでしょ!
まあ、チカラのねえヤツのセリフですからね!!初志貫徹なんつう言葉
は我が辞書には、時々見かける程度ですからー!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月29日 (月)

激坂は根性か?科学か?・・・根性だあ!と言いたいが?

お嬢さんから学ぶ事

立て続けにクラブチームのお嬢さんと、峠三昧をやって見てお
っさんのママチャと何が違うかを考える。

勿論、チャリ性能って事は無いでは無いが、それが致命的に
違っているとは、到底思えないのである。

走る姿を、ファインダー越しに拝見していると気が付くことが有
る、それはシッティングとダンシングの使い方、ポジションの微
妙な変更、多分サドルに座る位置を微妙にずらせる事などで
特定の筋肉に負荷が集中するのを抑えている様に見えるので
ある。

MRはナルシマ軍団と並ぶ強豪チームだと聞く。きっとそのクラ
ブでは、基礎になる部分を徹底的に指導されるのだろうと思う
のである。

こうした、基礎の上に、更にシンプルなトレーニングを繰り返す
事で「強度」が生まれて来るのだろうと推察すると、日々のベー
シックなトレーニングの大切さが解る気がするのである。

プチ究極の選択!?

従って、週末、どこその峠を気ままにポタリングしているだけでは
強度を上げる事は難しいと考えます。

また、峠や激坂を登攀する際には、どうしても登頂とか制覇とか
が去来して、無理に強度を上げて走る事に躊躇いを感じるが故
に自分の中に、継続可能な「力の入れ様」を閾値として設定して
しまうのです。

この遣り方だと、それなりに登頂出来るのだろうが、限界を超え
ないのだから、更なる強化は見込めないと言う事になる。
既に、恥も外聞も無いのだから、途中で筋肉が飽和して動かな
くなっても良いじゃないか?と思えるか?

これは難しい選択です。
*峠を登れなくて押して上がる恥ずかしさに耐えれるか?
*帰りの事を考えないで、持てる力の全てを出せるか?
*体が壊れて仕舞うのでは、無いか?不安を払拭出来るか?
等など、心の内に仕舞い込んで置きたい事柄が沢山並ぶ事に
なる訳です。
その一部にお嬢さんの所有する環境が答えているのではと思う
ので、それを少し考えてみる事にしました。

科学的なコントロール

お嬢さんは、常々サイコンの心拍計に注意を払いながら走ります。
ここが、大きく異なる事の一つかもしれません。自分の体のモニタ
リングは、体を根本的に壊さない為には重要ですし、無理なく強度
を上げ限界領域を過度に成らないレベルで超える事を可能として
います。

こうした事を総合的に判断すると、
闇雲に・・・・・我武者羅に・・・・!?
と言う遣り方の功罪が露になって来る気がするのです。
勿論、根性とか意地とか負けず嫌いだとかは、悪い事ではありませ
んが科学的運動論理に裏打ちされた、
機甲軍団我が愛しの根性
竹槍軍団
では戦う前に勝負ありと言う気がしないでも無いのです。

ものの本に寄れば、運動強度を心拍によって推察する方法があっ
て、その値を目安に心拍をモニタリングしながら激坂登攀等の運動
をコントロールする事が書かれています。これによって、体を壊す事
を回避しつつ、強度を上げる事が出来る様な気がします!!?

心拍数と運動強度

その本には運動強度とは、心拍数によって推察する事が出来ると
あります。52歳男性の場合をモデルにそれを考察してみましょう。
(難しいのは嫌いです!!)


運動強度(%)=運動直後心拍数÷最大心拍数×100

52歳最大心拍数=172bpm(年齢によって異なる所与の条件)

(1)心拍数=144~172=運動強度84~100%
   処理能力以上の乳酸が生じ、血液のpHは低下する。
     健康のための運動には適さない。

(2)心拍数=115~143=運動強度67~83%
   血中乳酸値は増加するが、乳酸の処理能力と均衡するので、
   一定値以上には増加しない。

(3)心拍数=058~114=運動強度33~66%
   血中乳酸値の増加がほとんどない、純粋な有酸素運動。

(4)心拍数=138~150=運動強度80~87%
   持久力のトレーニングに適した運動強度。

と言う事に成るらしい。こうして見ると歳がバレるが小生の現在の状
態では、心拍数138~150程度で走行する事が望ましいと言う事に
なります。最大でも172を超えない程度での激坂登攀を目指すべき
だと言う事になる。

小生が良く言う「循環」の状態は心拍数で115~143、強度67~83
%の状態だったとも考えられるのである。

結論

*体をモニタリングしながら、基礎的なトレーニングを日々の生活に
  導入する事。

*実際の峠や激坂・・・・・特に長く厳しい峠では、心拍の状態に注意
  しながら、危険を冒さない範囲で、強度を上げて限界を超える事。

*根性と科学の適度なバランスを考える事←これが肝心

と言う事で、いつこの環境が実現出来るかはカミさんのご機嫌に寄る
ものではあるが、その内に理科系を証明したいものである!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

奥多摩ピーカンポタ (初めは恒例の百草参り)

奥多摩行くなら百草参りは欠かせません!!

最初に御岳を成敗出来たのも、この百草参りのお陰です!
従って完全理科系の小生は、或る科学的、主観的根拠に基づ
いて奥多摩方面に行くときには、先ずこの百草に詣でるのが、
合理的な慣わしになっておるのです!!

しかし、その後・・・・・まさかねえ!
あんなに情けない状態に成っちまうなんて??その霊験も通じ
ない程、奥多摩は奥深いてえ事かしらん??

カブイているのは、直江津パートナーのMeimeiさん
仕事前のチョイ乗りで高輪から百草ですかってえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(未知の天目指峠を行く002)

あっさりGOALなのね!?

足の温存を考えながら、蛇行してる様に見えますが見栄です(汗)
実はヘタってますが??
お嬢さんは完全復活で、再び淡々とすでに峠の頂上にいらっしゃる
事でしょう。ドン亀の小生はジグザグでウロウロしてマンネン!

などと考えていると、突然のGOALを・・・・撮影出来ませんでした(涙)
単に通過峠だと思っていましたが、どうして主張がありますよ!
それは、ここを下って見ると解ります!・・・・・再びここを反対側から
登って青梅に向うのは止めました!!キツ過ぎて!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月28日 (日)

奥武蔵グリーンラインツアー(未知の天目指峠を行く001)

得体の知れない天目指峠を登ります

最終目的地の子の権現は有名ですから、多くのブログに取上げ
られて、イメージを掴んでいましたが、この天目指峠の情報は殆ど
ありません。
従って、全てが初めて物語です。まあ、こう言う登り方も時には良い
ものです。何が出て来るのか解らない期待と不安がスパイスです。

とは言え最後に控えおろう子の権現こそがデスティニーなのですから
ここで燃え尽きる訳には行きませんが、初めは10%弱の直線坂です
よ!!休ませて戴けません。高々2km程度で、概ね梅野木峠に似て
います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

奥多摩3強(和田峠、風張林道、御岳)ポタ ダイジェスト

080505_0923001
安全祈願 恒例の百草参りは良かったのだが?

Sdscn1293_3
ここまでは順風満帆 楽しい壱日の始まり?

Sdscn1295
この辺りから何かが可笑しい???
あの和田をドロンドロンで最低の登攀 汗が熱が!?

Sdscn1304
大誤算
最大の伏兵とピーカン天気

Sdscn1313
森の睡眠・・・・風張林道回転場
それでも辿り着いて恥の外聞も無く道路に寝っ転がって
体力の回復を待つ

Sdscn1316
精一杯の?風張林道激坂エリア頂上きのこセンター前
何とか、此処までは・・・・・・・意地です

2009062714580001
しかし景色は限りなく美しく!
風張林道激坂エリア大広間

Photo
穴があったら入りたい!がコンクリートちりちり情けない!

大玉砕ポタリング

まさかこんな事に成るなんて!!??
穴があったら入りたい心境で情けない事甚だしい!最悪の
ポタリングになってしまいました。

参加者と目標達成の度合い
◆お嬢さん・・・・・・和田走破(楽勝達成
           風張林道激坂エリアの走破(達成
◆MEIMEIさん・・百草完走(達成
◆ノール・・・・・・・・和田軽やかに(ドロドロ登攀
                        風張林道(キノコまでが精一杯
           御岳(時間切れで行く事も出来ず

驚き
◆甲武トンネル
  和田から甲武トンネルまでってピーカン峠、確かに半端じゃ
  ないのね!?初めての道ではあったが、先ず道を間違えた
  辺りから雲行きが怪しく成って来て、しかし天気は晴朗真ピ
  ーカン!!  気温は鰻登りの30度超。

 甲武を降りてきた青年曰く・・・・・半端じゃありませんから!!
 最初は、大した事の無い坂道ねって思ったが・・・地獄でした!
 天気がもう少し味方して呉れれば、そうでも無いのでしょうが
 トンネルまでが坂&坂のオンパレードでした。消耗しましたねえ!
 景色は最高です!

◆桧原街道
 道路の照り返しもあって気温35度って爽やかです。ここまで来れば
 熱中症なんて気にしてられません・・・・・ブッ飛びカッ飛び風張林道
 に退避します。風張林道起点の回転場は傍に北秋川が流れ、木々
 に覆われた避暑地で、暫し道路に寝っ転がって体力の回復を図る
 事ができました。(が全完走出来るレベルじゃおまへんです涙)

◆武蔵五日市で?お嬢さん曰く
 「私、まだ走り足りないのよ!!」・・・・・お嬢さんのコメント
 風張林道は達成感あったけど、和田何だったんでしょうね?
 甲武トンネルの存在感に比べたら・・・・そう!これに尽きましたね。

 明日は、また峠行こうかなあ?それとも大井?

◆所感

 兎に角、情け無いポタリングでした。相棒のお嬢さんは目標を淡々
 とこなす中、ノールさんは、得意の熱中症モードでヘロヘロです。
 まさか、甲武トンネルが、ご立派な峠だとは思っても見ませんでした。

 汗が体にへばりつく、オッサン服での真夏のアタックでは放熱出来ず
 消耗が激しかったと思います。確かなサイクルジャージを導入して体温
 調節を図らないと得意の熱中症が待っています。

 奥多摩3強を1日で全てこなすにはまだまだ全くレベルが低すぎる事を
 思い知らされる旅だったと思う一方で流石!名門クラブチームのお嬢さ
 ん、素人ママチャリと比べるまでも有りませんね!
 もっともっとママチャリで体を鍛えて3強成敗の日を必ず勝ち取りますが、
 其れまでは、穴に入って反省せなアカンですたい!!

 最近、稀に見る永い永い200kmでありました。       

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m



| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(正丸峠ダウンヒルSPECIAL)

正丸峠ダウンヒルが気持ちよいので!?

すこし、長い動画ですが正丸ダウンヒルSPECIALに再編しました。
思った以上に、ここのダウンヒルが良かったと思うのは小生だけか
も知れませんが?
広々とした道に青い空に緑の世界と言うのが、自分の田舎をイメージ
するんでしょう。何故かノスタルジーなのであります。おっさん!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月27日 (土)

奥武蔵グリーンラインツアー(正丸峠ダウンヒル002)

53号に近付くにつれ道路は良くなって!

正丸峠近辺の路面は最低レベルですが、下るに従って次第に
良く整備された路面に変わります。景色も森の村・・・日本の原
風景が展開されて、何とも言えない風情を背にカッ飛びです。

実は、お嬢さん・・・・彼女は走り屋さんなのですよ!
最高速度78km/hの持ち主ですから、この程度の下り坂は
意に介し無いのでしょうねえ?後姿が喜んでる??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(正丸峠ダウンヒル001)

正丸峠ダウンヒルで埼玉県道53号へ

ダウンヒルは、爽快ですが道はあまり良くありません。
中央分離帯の様に道の中央に縁石が点々と埋め込まれて
いるので、うっかりするとこの縁石にタイヤをとられます!!
って、もうそうなってますが何か?ヒヤッとしました。

刈場坂峠と同じ様な・・・・否もっと景色良く緑のドームを行く
が如しです。爽やかです。ここも登る方が面白いかも知れま
せん。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月26日 (金)

日々雑感 チャリかく在りたいと思ふ

Photo

昨日は、初夏を告げるセミの音を聞き、今朝は路方に鮮やか
に咲く百合の花に、思わず見とれて、シャッターを押しました。
いよいよ、夏近し。

チャリかく在りたいと思ふ

一昔前に、自分が何を考えていたのか、それを垣間見る事が出来る
のは、ブログの最も良い所だろうと思います。

そうして、過去を振り返ると(歳をとった証ではあるが!)、100km峠
などと、のたもうておったのが1年前位だったと記憶しています。
白石初アタック玉砕の頃、負け惜しみで書いたのでしょう!

しかし、それから1年以上が経って、名栗や奥武蔵の峠三昧を通じて
次第にそれが現実のモノと成って来た昨今、はて?
如何に処するや?・・・・・・・・と思う。

お嬢さんは、レースに備えて着々と、体を創る!
和田の少女は、再びスレンダーな体を取り戻したいと!

辛苦を超える確かなモチベーションが存在する。

はてさて自分はどうなのか?自問自答してみるとかく在るべしが無い!

ううむ?
機と考える!
そうして、導き出された自分なりの思いは

「淡々と軽やかに激坂峠の数々を登れる確固たる自信」
って事だろう。

だがしかし、本心かと言われると怪しいものがあるなあ!

やっぱり基本は「楽しくて、饅頭食い放題出来る体創り」って事だろうな
あ!!あの薄皮饅頭!!

明日は、奥多摩3強が待ってるが、今は(負けたとしても)怖く無くなりました。
この1行が本音かも知れません!!

 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(正丸峠002)

ゴツゴツ峠にイタリアンレストラン
とハンガーノック

実に不似合いな、砦の様なイタリアンレストランが正丸峠の
頂上1km手前にあるのですねえ!入ってパスタって格好じゃ
ないのですが、この時朗らかに無駄話に興じている様に見え
て実はお嬢さんは、朝から殆ど固形物を摂取してませんでし
たからハンガーノックに成っていたのです。

ツアーが終わって何処が一番苦しかったにか?聞くと大した
事の無い正丸峠と彼女は答えました。しんどかったんでしょう
ねえ!良く耐えたと思います。力が全く入りませんからねえ!

正丸丼で復活して、残り2峠です!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(正丸峠001)

今回が4個目の峠 正丸峠を登ります

後輩、お嬢さん曰く・・・・・正丸登りますかあ??ってそれ程大した
峠じゃ無いから、登っても登らなくても影響ないかも??

と成るとやっぱ登りましょう!!足の温存は勿論ですが、足の酷使
も必要でして、其れが相矛盾しないのがチャリでしょうよ!!

鍛えなきゃならんし、制覇せなアカンもん!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年6月25日 (木)

奥武蔵グリーンラインツアー(刈場坂峠ダウンヒル002)

どこまでも下って正丸峠を目指します

まだまだ延々と刈場坂峠のダウンヒルが続きます。降りきった
所が299の正丸トンネルに成ります。

その手前に正丸峠への入り口があります。
彼の昭和天皇陛下も此処を登ったんですねえ!??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(刈場坂峠ダウンヒル001)

刈場坂峠ダウンヒル

伏兵がいましたよ!刈場坂峠なんて単に通過の為のPASS(峠)
だとばかり思っていたら、白石峠以上に立派な峠です!
下ってみて解る峠の素晴らしさよ!!

299号側から登れば距離にして10km弱?斜度だって7%以上は
有るでしょう!景色も結構綺麗だし、何より森に覆われて日光を遮
って呉れるから、お嬢さんライダーの仰るとおり、夏の練習場には最
高です!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月24日 (水)

奥多摩3強(和田峠、風張林道、御岳)ポタのお誘い!!(変更)

090516_1401001
オードブル(和田峠)

Photo
スープ(風張林道)

Photo_2
メインディッシュ(御岳)

奥多摩3強ポタリングのお誘い

前回、奥武蔵の峠三昧足殺しツアーが思いの他、足に効きそうだった
ので、これに気を良くして、シリーズ化をして行こうと考えています。

従って第2回ツアーとして、奥多摩3強ツアーを計画しています。
前回とは少し異なって、最後があの冗談みたいな御岳ですので、あくま
でポタリング、しかもママチャリベースで、それでも構わないと思って戴
ける方のご参加を希望致します。

◆日時   :2009年6月27日(土) (雨天中止)
◆集合場所:陣馬高原下バス停前  午前8:00→8:30集合(最終集合)
        多摩CR 関戸橋     午前6:006:30集合(第1集合場所)
◆募集人数 3名(合計4名)
◆スケジュール(タイムテーブル)

 6:00 多摩CR 関戸橋東京側
 8:30 陣馬高原下(陣馬街道)
 9:00 和田峠頂上
11:00 檜原村(本宿)(上野原から甲武トンネル)
      食事1時間前後
13:00 風張林道 回転場
14;00 風張峠(奥多摩周遊路)
16:00 御岳入り口(青梅街道、吉野街道)
17:00 御岳登頂、下山完 解散
20:00 目黒
22:00 川口 

◆総走行距離 MAX200程度
◆その他

   *全ては自己責任にてお願い致します。
  *ポタですので、柔軟に行程の変更ありです。途中で疲労困憊或いは
   熱中症等で続行不可能な場合は、即刻中止。
   *途中で、足付き、押し歩き等何でも有りです。基本は登頂!
  *速度を競いませんので、TT等されたい方は勝手にどうぞ!御岳まで
  は足の温存で行かれる事を念頭に走ってください。
  *奥多摩湖から青梅街道、吉野街道道中、トンネルが多くライト装着お
  願いします。(場合により奥多摩周遊路からではなく五日市からニツ塚
  峠からの青梅、御岳も考慮します。(適宜、全員で判断)

※登攀動画の撮影をします。顔出しはしませんので、ご了承願います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(大野峠>刈場坂峠)

霧が立ち込める幻想的な風景って?

かなり危ない風景です。意外と車もバイクもこの山道を走って
いるんですねえ!
霧で視界が遮られると、突然バッタリの正面衝突って事に成り
かねませんので、ライトや警笛は必須です。
ヤビツでもそうでしたが山の天気は変わり易い。注意散漫に成
らぬ様・・・・・・動画の撮影などは自粛でしょう!!

しかし霧のホワイトアウトって幻想的ですねえ!(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(白石峠>大野峠へ)

白石峠を後にして大野峠に向います

次から次に峠を登って行ける環境は、奥多摩よりも奥武蔵
が良いでしょう!このグリーンラインは峠のバラエティーや
コンビネーションが最高です。

白石から大野峠に向いますが最初は下り基調で、ちょっと
登って直ぐにゴールと言った感じです。この辺りは刈場坂峠
まで尾根伝いで峠を渡り歩きますので、左程エネルギーを
消費しないで走る事ができます。

相変わらず、後輩のお嬢さんは淡々と走ってますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月23日 (火)

奥武蔵グリーンラインツアー(白石峠ゴール)

淡々と白石ゴールです

亀の子走行の小生を迎えに来てくれました。
初登攀のお嬢さんは、全く不安気無く淡々と白石を走破!
不安は、杞憂に終わりましたね!

ここで、足を切らす訳には行きません!先は長いのだから
如何に足の温存を図るか??

なんて考えるのはチャリ弱者の思い・・・・・・・成る程!!??
もっとモガキなさいって事か?クラブチームは厳しいものです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

奥武蔵グリーンラインツアー(白石峠スタート)

白石峠 初アタックや如何に??

後輩のお嬢さんと白石峠を登ります。
本人は下った事はあっても、登りはこれが初めてとの事で
体調を含めて不安な旅立ちでしたが、喰わず嫌いか?
意識過剰か?

最初からスルスルと登って行きます。こちらは、彼女の動画
撮影に追いつきません!
流石にクラブチームのお嬢さん・・・・走りがしっかりしていますね!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年6月22日 (月)

必殺! 峠三昧脚殺しツアー  子の権現激震部300m

子の権現 激震部 300m

ほぼ、百草園レベルの激坂が最後の300mに控えています。
天目指峠から下って最初の参道から権現に向うと登攀容易な
ルートになります。

更に下った南川ルートを選択出来れば、美味しい激坂を賞味す
る事が出来たのでした。ただし、自走150kmからですからかなり
厳しいアタックに成るでしょう。
今回、間違えて此処を降りて発見し、実際に8割方ママチャで登っ
てみましたが、ラピュタ程ではありませんので、最後の300mまで
辿り着いたら意地で登るしか無いでしょうね!登れない坂ではあり
ませんよ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

必殺! 峠三昧脚殺しツアー ダイジェスト

Sdscn1248_2
午前3時に西小山をスタートして、荒川岩淵水門にて後輩女史と
待ち合わせし、いよいよ峠三昧足殺しツアーの始まりです。

◆ルート
白石峠(登り)>高篠峠(下り)>大野峠(登り)刈場峠(下)
正丸峠(登り)>山伏峠(下り)>天目指峠(登り)子の権現(登り)

◆目的
4峠を登り、3峠を下って自走144kmからの子の権現アタック
後輩令嬢さん、初の白石登攀

Sdscn1251

通常は川越街道から明覚駅を経由して白石に入るのですが今回
は後輩令嬢さんのルートで、物見山を軽やかに?越えて足慣らし
の後に、白石に入るルートで自宅から106kmからの白石です。

小生は荒川から白石までチョット飛ばしてジンわり足売れて、お嬢
さんは、前日の会食の余韻深く白石 黄信号ながら、あっさり登攀!
恐るべしお嬢様パワー(某レーシングチーム所属)を見せ付けて戴
きました。

Sdscn1252

白石頂上で一服して高篠峠の5差路を経由して大野峠に向かいま
す。結構下ってしまいますが??

Sdscn1257

高篠峠から若干登って大野峠到着ですが、高々100m程度の高度差
ですから、大した事はありません。

Sdscn1259

大野峠からは下り基調で刈場峠までかなりの霧に悩まされましたが
無事到着。天気が良ければ最高の風景なのですが、白の世界です。

Sdscn1270

刈場坂峠の下りは10km近くもあって下るより登った方が面白そう!
とのたまったのはお嬢さんの方です!!確かに登り甲斐のある峠だと
感じました。
ここを下ると国道299号に出ますが手前から折れて正丸峠に登り埼玉
県道53号に向います。

この峠の茶屋の正丸丼は最高でした!!!

Sdscn1273

埼玉県道53号の名栗手前の森河原から埼玉県道395号線にて
天目指峠に向かいますが、その天目指峠の情報が全くなくてぶっつけ
本番です。斜度10%前後で2km程度でしたから、容易に登れるので
すが、子の権現に備えて、ここでの足の消耗を抑えます。

Sdscn1277

天目指峠が思った程、厳しい峠でなかった事で、子の権現制覇に弾み
がつきます??
しかし此処からが誤算でした、この天目指から子の権現入り口まで数km
の下りです。子の権現から疲れた体で再びこの天目指峠を登ろうと言う気
には成れまへんがな!!よって名栗湖、小沢峠、青梅のコースはあっさり
却下変更ですよ!!

Sdscn1280

いよいよ目的地に到着しました!!
天気も曇りから快晴になり、暫しこの通りに寝転んで冷えた体を
強い日射で熱せられたアスハルトで温めます。(これやると体が
結構回復しますが、夏は無理ですよw)

子の権現に負けると、再び此処まで144kmも走ってリベンジする
事になりますから、必勝モードで頑張りますよ!

実は、これが大きな大きな過ちだったのですが・・・・・・・・(涙)

Sdscn1283

Sdscn1288

子の権現・・・・・・・・・・お嬢さんと共にあっさり制覇です!!????
と言いたい所ですが、実は・・・・実は

登るルートが違ってましたあああああああ!!


 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

富士あざみの全貌(ダウンヒルSPECIAL)

あざみダウンヒルの全貌

3分間圧縮バージョン

10分間圧縮バージョン

両者ともにダウンヒルですから、飽きずに観賞する事が出来る
と思います。10分間バージョンを創ったのは、あざみのコース
全貌が解り易いのでちょっと時間は掛かりますがコース確認用
に活用出来れば良いのですが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月21日 (日)

富士あざみの全貌(アップヒルSPECIAL)

あざみアップヒルの全貌

2分21秒に圧縮しました。
散々、登りのしょうも無い登攀動画もこれが最後です。
始めてあざみを登る方がこれを見て参考になるかは些か疑
問ではありますが、ああ!あざみってこんな所なんだ!!?
とイメージして戴ければ幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ 緩斜面ダウンヒル

アプローチ坂をダウンヒル

アプローチ坂だって12~20%弱はあるのですが、ラピュタ本体が
凄過ぎて、緩やかな斜面に見えますよね!

これが本来の峠ダウンヒルの醍醐味なのでしょうが、ラピュタじゃ通
じませんね。

はい これでラピュタを終わり和田に登ってきます・・・・・って和田が
緩い斜面に感じました??>おお!裏和田ですから(あせ)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月20日 (土)

必ず登らなくちゃラピュタ 落っこちヒル003

降りるのも大変なんですよ!

片手で動画撮影してますから、降りるのもかなり力が必要になります。
右手だけで、20%を遥かに超える坂の重力に耐えるのですから、痺れ
ます。

と言っても登りよりは楽で、危険です!!
確かに、動画見てると、恐ろしい程の斜度に見えちゃいますねえ!!

一方であざみの様に道幅が広いと斜度あるのに、大した事の無い様に
見える環境もあるのですから、目の錯覚は不思議です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

籠坂峠から山中湖へ

あざみ後、籠坂 山中湖 晴れ!!

あざみを無事完走して、籠坂峠を登って山中湖に向かい
ます。相棒は、彼の持つ最大のパフォーマンスを装備不良
で発揮する事は出来ませんでしたが、それでも良く戦ったと
思います。

こうした雨天時のアタックでは、装備が問題です。この季節
なら、カッパなど無い方が良いのかも知れませんね!

籠坂峠は、あざみで疲れた体の整理運動には持って来い
なのですが??より一層疲れましたよ(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月19日 (金)

天空のラピュタを駆るオッサン (隣の醍醐丸山道)

地図上にラピュタ同等の坂道が!?

ラピュタ制覇の後、折角、傍に和田が在るのだから和田に登って
一服して、その帰りに地図で発見した醍醐丸登山道にアタックした。

最初から20そこそこの激坂に喜ぶもたった200m程度で激坂はダ
ートと化して、パンクの危険が大いに有る。

よって本日の激坂登攀は、この醍醐丸山道をもって終了とした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ GOAL手前400m地点で完

GOAL手前400m地点

やって仕舞いました(涙)
時々、こう言う事が起こるのですよ!このカメラ。
今回は、雨天でしたので、カメラをハンドルに固定して更に
サランラップで包んで防水加工を施したので走りながら液
晶画面をちゃんと確認出来ませんでした。

撮影ボタンを押すと「ピピ」と撮影開始音が鳴るのですが時
々其れを効きそびれたりすると、後で痛い目に遭うのです。

ちょっと違和感を感じて、Uターンして再撮影した場所も何
箇所かあったのですが、流石にGOALでは、気が逸り確認
を怠りました(涙)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月18日 (木)

天空のラピュタに挑む貴方に!!

Photo_3

ラピュタの激坂エリアの状況とその攻略法


今まで、多くの激坂を年甲斐も無く登って来ましたが、そこでどの坂が
最も攻略難航したかと考えると、確かに初期の和田は勿論、風張林道
も御岳も、その存在感は今でも大きなものと成ってはいますが、此処、
ラピュタ攻略に比べれば、それ以上の激坂は大阪の暗峠を推察する
以外は無かっただろうと思います。

ラピュタ
其れが何故なのかは、まだ解りませんが登頂した時に目眩がする程の
激坂は此処が初めてでした。

ラピュタに挑む事は間違いなく、自分の限界に挑戦する事と成るだろう
と思います。勿論、此処を難なく登ってしまう方も居られるでしょうが、こ
れから登ってみようと言う方にとっては、自分の全てが試されるとお考え
になるべきでしょう!

ここに、この超怒級の激坂に挑むSAKABAKAの方々に拙い攻略の糸
口になればと考え、ラピュタの構造と攻略に繋がる可能性のある情報を
不遜ではありますが、図解でご紹介致します。まあ年寄りの冷や水と思
ってご覧になって戴きたいと存じます。

ラピュタの地図と激坂の状況、攻略ポイント

◆激坂の起点
  八幡神社をスタートして、約1kmで激坂エリアに突入する大広間に出
  ます、ここを起点としてGOALまでの700mが勝負の場です。

◆20%エリア起点
  大広間を鋭角に曲がると民家の軒先を伝って左折すると、そこから僅
  か500mで自分の力量の全てが試されます。

◆ジグザグ走行可能エリア
  勿論、直登が基本だろうと思いますが、最激坂エリア1までの250mは
  20%領域でも比較的緩いエリアに成ります。路面の状況は悪く湧水も
  若干ありますが、ギリギリでジグザグ走行が可能です。ここでの消耗は
  極力回避しないと最激坂エリアで、不覚の足付きと言う事に成ります。

◆最激坂エリア1
  最大斜度28%のエリアです。僅か100mに満たないエリアですが、前
  のエリアの消耗状態に寄っては、心が折れるポイントです。
  此処まで来て挫折する訳には行きませんから、最悪の場合は登り切っ
  て竹の子センターに逃げ込み中庭で呼吸を整え、直後に待ち構える最
  大斜度の激坂エリア2に備えるのも良いでしょう。

◆激坂エリア2
  ここをクリア出来れば、勝率90%です。左にカーブしながら直角コーナー
  へと向かいます。ここは比較的に路面が良くジグザグも可能です。
  ちょくちょくウイリー状態に成りますのでウイリー制御しながらジグザグで
  耐えるも良し、ダンシングで一気に直角コーナーまで走り切るも良し!!
   ほぼ、無呼吸に成るでしょう。僅か50mですが永遠を感じます。

◆緩斜面エリア

  GOAL手前の最後の審判坂20%への準備エリアです。
  此処では逸る気持ちを抑えて最後の審判坂に備えて呼吸を整えて下さい。
  斜度は殆ど無く平地に近いですので、充分準備が可能です。

◆最後の審判坂

  登里の2軒しか無い集落が見えて来ます。
  最早、GOALも同然ですが、ここで焦って足吊り等しないように余裕を持って
  登りましょう!!GOALは貴方だけを待って居るのですから!!

◆GOAL
  GOALは生藤山、三国山参道の碑です。
  GOALしたら、必ず咆哮しましょう!自分に勝利した咆哮です。
  ご近所の方にはご迷惑ですが、2軒の住民の特にオバちゃんは此処をチャ
  リで登って来られる方に優しいです。写真を撮って戴きました!
  この場をご覧には成らないでしょうが、この場を借りてお二人のオバちゃん
  に感謝申し上げます!!
 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 9~10km地点

最終コーナー手前が実は一番キツイかも??

いよいよ10kmポストを越えました。
カウントダウンの始まりなのですが、実はこの辺りが最も厳しい
かも知れません。

これでもか?これでもか?と激坂が押し寄せて来ますが、此処ま
で来たら最早挫けられませんよね。意地と根性ですよ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月17日 (水)

必殺! 峠三昧脚殺しツアーのご案内

Photo
何方かからの頂きものの地図(なすくまさん作成とあります)

俺もアフォだと思うけど
付いて来るヤツも異常かもよ!?


先程、今週土曜日のターゲットが確定しました。会社のチャリ仲
間を誘ったが結局、残ったのは女性の後輩が一人のみ??
相棒は、今回 妙齢のお嬢様でした。

昨今の我が社の男性陣はどうなってるんやら・・・・・・・って仕事
じゃしょうがないか!?

と言う事で会社の後輩の妙齢のお嬢様とペアで奥武蔵グリーン
ラインをオードブルにして、最後は今回のメインディッシュ

    子の権現・・・・・の最後の300m

たった300mを登りたいから250kmを妙齢のお嬢様と走ります!
峠三昧脚殺しの激熱ツアーは、どうなる事やら??

荒川 岩淵水門午前5時集合ですので、ご興味ある方はドタ参加OK
ですが、ママチャリペースに、お付き合い戴ける方のみですよ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

天空のラピュタを駆るオッサン (revenge-002)

これが最後のアタックだと思って!

第1回目で、当然リベンジが成功するものだとばかり思っていました
から、結構焦りました。全工程の70%程度の距離を1回目のアタック
でこなしていましたから、体力の消耗はかなり有るだろう。

故に、直登は意識せずにジグザグでも何でも足付きしなければ良いと
考えを変えて再挑戦です。

20分程休息して、涼しい所で横になりながら体の熱を冷まし、体力の
回復を待ちます。ここで焦って飛び出せば再び玉砕が待ち受けるだろ
う。逸る気持ちを抑えて、速乾シャツに滲みこんだ汗が乾くまで待つ。

体の熱も次第に冷めて、いよいよ負けられない挑戦に飛び出した。
アプローチはゆっくりと足の温存を図り、鋭角ターンからの激坂エリア
では、ジグザグ走行で超激坂エリアに備えた足の温存を心掛ける!

竹の子センターからの激坂をクリア出来れば勝機が見えて来る!!

そして・・・・・・・・・!!!!

いよいよ竹の子センター前を通過。鼓動が次第に激しくなる。
呼吸が痛い。負けられない思いと、己の全ての限界と対峙する数分間。

直角コナーから最後の審判坂を経て・・・・・自分が進んだのでは無く戦い
を止めなかった者のみに、GOALは静かに遣って来るのである!

視界に飛び込む石碑の影に安堵して戦いは終わりを告げたのでした。
アーメン(爆)

※記事:ルート図とラピュタ攻略法参照願います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 8~9km地点

残り2kmですがまだまだ激坂です!

激坂えりあの最終地点ですが、まだまだ結構ありますよね。
兎に角、足を吊らない様に無理をしないで登って行きました。

小生の場合は、ヒルクライムの最大の関心事が足付きしな
いで最後まで登頂出来るか??のもので時間は二の次なの
ですよ。

富士あざみは、200m単位に距離の標識が有るのが良いで
すねえ!!後、どれだけ歯を食いしばれば良いのかが解りま
すかから!!(ん??表示無いほうがいい・・・・ん!それも有る)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月16日 (火)

我がライバルのRYU橋本殿

本日もこのブログにお越し頂き有難う御座います。

そろそろ、チャリ復帰される事を、心待ちしております。

貴方の力量なら、きっとママチャリでラピュタを制覇出来るだろうと

思います。再びママチャリ世界ランキング1位の力を存分に見せて

戴きたいと強く希望いたします!!!

16/06/2009 esprit-de-nord記

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

天空のラピュタを駆るオッサン (revenge-001)

天空のラピュタリベンジ 1回目 撃沈

ピピピピ!!
カメラからの突然のアラーム音に一瞬驚きながらも何が起こったのか
液晶を確認しようとして、瞬間バランスを崩して再び不覚の足付き!

まあ、動画など必要の無い事なのですが自分なりの足跡を残す意味で
動画の撮影は重要だと考えている以上、再撮影を敢行する以外に無い!

故に、速攻で踵を返してスタート地点まで戻る事にしました。
残念ながら第1回目のアタックはこうして見事大失敗に終ったのです。

今回、再びラピュタに惨敗すると、次は無い!!
そう言う思いで背水の陣を引いていましたから第2回目のアタックは直登
は不可能だな!と観念し、登頂のみを目標と定めました。

しかし、体力の消耗を考えると、この日のアタックは最大でも3回が限度
だろうと考え、第2回目で成功しなければ3回目ではほぼ成功は難しいだ
ろう!とその時思いました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 7~8km地点

馬返しを越えると若干斜度緩む?

激坂の中心部が7~9km間です。
ここは、最早ジグザグで耐えるしか、道は有りませんでした。
もう少し、体を鍛えてから、再度ここに来るべきでしょう。

後ろから、相棒が追い付いて来たかとヌカ喜び!
見知らぬロディーさんでした。この後、この方と頂上で再会して
帰りに籠坂峠を登りました。

チャリと言うのは、正に共通言語だと痛感しますね!!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月15日 (月)

和田を駆ける少女 ファイナル

少女よさらば!!
和田峠ダウンヒル

彼女が再び和田に現れるかは全くもって定かではありませんが
和田に鮮烈にデビューして、多くの常識を覆し、風と共に去って
行った、その稟として爽やかな姿は忘れ得ぬのもに成りました。

有難う御座いました!!

また何処かでお会いする事があれば、幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

実録 最強のラピュタを駆るオッサン

Photo
ラピュタ制覇直後のノールですが疲労困憊で見られた
もんじゃありませぬ!!無酸素の顔!

Sdscn1233
生藤山、三国山山道の碑の前から見た風景

3度目の正直でやっとの思いで制覇しました。

最初にラピュタに挑戦したのは、先週の日曜日、あざみアタック
の翌日でしたが、不覚の足付きで惨敗でした。

実は、その日から珍しく悩みました。何故ラピュタに登れなかった
のか?その理由が解らなかったのです。結論は自分にその力量
が無かったのですが、御岳も制覇出来て、それに比べれば総エネ
ルギー量では御岳の1/3程度のラピュタで惨敗するのは解せな
い事だったのです。

アプローチ坂から民家の軒先を左折して頂上手前の直角コーナー
までの約1km弱がラピュタの本体で平均斜度は20%を超えるだろ
うと思います。相模野カントリーがそれと似た激坂ですが、ここはメリ
ーで充分登れます。

しかし、では何故その程度の坂を登る事が出来ないのか??
自分のイメージの中でラピュタ本体の構造を描いて、アタックするの
ですが、登れない理由は何も無かったのです。しかし現実は足付き
敗退でした。

確かに今回の2度のトライアルでもラピュタ本体は恐ろしく厳しくイメー
ジとはかけ離れたものでした。

ここの激坂の本質は、やはり走りながら休める構造で無い事だろうと
思います。平均で20%を超えて最後に控える28%までの直線激坂は
相模野にも御岳にも存在しないものです。

この直線型激坂を制するには、爆発的なエネルギー、ダンシングで一気
に走り抜けるか、小生の様にダンシングが出来ない輩には、シッティング
で刻む・・・・ジグザグ走行以外には有り得ないのではないか?と思った
次第です。

それ以外に方法論があるとすれば、補助的な方法論として自分を含めた
軽量化の徹底と、高ケイデンスで攻める事だろうと思います。
74.5kgの体とチャリ10.5kg 合計85kmでは、相当苦しい戦いに成る
だろうと思います。

本日はもう遅いので、明日また詳しい考察を試みたいと思っています。
では、次回の初のラピュタ登攀動画にご期待下さい。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年6月14日 (日)

ラピュタ制覇


◆第1回目アタック
 前回と同じ激坂激震エリ アでカメラ電池切れの為 断念。情けない(笑)

◆第2回目アタック
 カメラ電池交換後20分 の休憩を挟み、再アタッ ク。ウォーミングアップ が充分過ぎた感もあり、 直登を断念して激坂エリ アをジグザグで刻む戦法 に変更!
 最大斜度エリアは無呼吸 走行で耐え!

 頂上へのアプローチ緩斜 面10%で走りながら休 息して最後の激坂20% に挑むも、勝負有り!

 無呼吸で頂上到達!
 多分、最大心拍だったろ う。

これで先ず完全登攀は達成したが、直登の課題が残った!

更に自走アタック
メリーでの登攀等まだ課題は残るが、足つき無しで登破の実績は出来ました!


少しラピュタはお休みして子の権現に目標を移します!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 馬返し地点

情けないけど登頂優先!!

かなり足に来てます!馬返し地点は、激坂エリアの激震区!
最早、登頂時間など気にしていられようか!?

まだ、中間地点で挫折は有り得ないから、意地で引っ張ります。
こうなりゃ何でも有りのジグザグ走行で耐える。耐えて頂上目
指すのだ!!

6km10%なんてそう厳しくない気もするが?風雨が効いている
のだろうか?それとも実力が全く無いのか?

きっと後者だろう!まだまだ全くダメだねsweat02

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ 落っこちヒル002

下り映像に騙されるな!!

坂は下りを体感すると、実際の斜度以上に勾配がキツく見える
ものなのです。ですから動画で落っこヒルを見て恐ろしがる必要
は有りません!!

ここは、じっくり攻めれば必ず登れる坂ですから、見た目で判断
しないで下さいね!!

中盤の約1kmさえクリア出来れば、制覇可能性は90%ですから
たった1kmを如何に耐えるかと言うゲームだと思って!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月13日 (土)

明日のラピュタはこれで大丈夫!?

090613_1946001

090613_1947001

ラピュタ対策はこれで!?

エンジンがダメなら、機材でカバーするしかないでしょ!!
寄って、本日エンドバーを装備しちゃいました。写真ではかなり
エンドバー角度が有りますが、明日は上半身で登る積りです。

明日のラピュタは負ける訳には行きません。負けると負け癖つき
ますから!!あの民家の裏側から続く20%超の1kmを耐えれさ
えすればGOAL間違いないのですから以下の3点で勝負!!

◆エンドバーの装備
◆カメラのハンドル固定
◆ウォームアップの徹底


これで、敗北したら笑ってやって下さい。勝率50%ってところですが!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 6km地点

中間地点の6kmからがあざみの本体だ!!

いよいよ、激坂エリアに突入します。
馬返し手前のこのエリアも、充分 馬も困ってしまう斜度を提供して
速く足付いて楽に成れよと囁きます!

こうなると、ジグザグ発動です。和田を駆る少女に習ってクルクル廻
って高度を稼ぎ、更なる激坂へ足を残しますよ!!ってもうとっくに
売り切れてますが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ 落っこちヒル001

取り敢えず登攀しちゃうと心は錦??

あれだけゼーハーしてたのに、下りに成れば声が違いますよね!
人間面白いですねえ。余裕があるとこうまで違いますかねえ?

しかし、それも直ぐに恐怖に変わって行くのです。カメラで撮影しな
がらの落っこヒルは、画面以上に恐ろしい!!

最大斜度28%だそうですが、その辺りなのですか下りで後輪スリップ
は飽の浦級ですよ。

こう書いてて段々嬉しくなってしまう自分が恐ろしい!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月12日 (金)

和田を駆ける少女002

最後のコンクリート激坂を越えてGOAL!!

最初に小生がここを登って、玉砕した忌まわしき激坂地点を
軽やかに、クルクルと廻って廻って登っちゃいました。あああ!!

最後のGOAL手前の激坂では、流石に辛そうですが、上手く
バランスを取りながら廻って行きます。足にハンデが有るなんて
微塵も感じられませんね。

大よそ30分の本来相当苦しい筈の和田登攀が、軽やかに終わ
りを告げ、和田の石碑にGOALした瞬間、峠に居合わせたロー
ディーさん達は驚いて固まってます。

和田と麦藁帽子・・・・・・・・・・新たなヒルクライム伝説の始まり!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 4~5km地点

何の特徴も無い所だ!!

景色は変わらないし、天候も変わらないが、道路だけが、その
勾配を上げて行く、このエリアは変化の準備区間である。

次第に大らかな環境が、激しい戦い場へと誘うのであります。
斜度10%前後のアプローチは次第に効いてきますよお!

しかし黒い雨の空間は、山水の原点と言う趣がありますね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月11日 (木)

五反田 相生坂を駆る胡麻塩頭の驚異!

フルサスMTBの胡麻塩頭オッサンの驚異!

残念ながら、その瞬間の証拠写真は無い!

週末、ラピュタリベンジに燃えるsweat01小生は、木曜、金曜は軽めの走りに
徹して、激坂通勤を控え疲労回復、足の温存を図るのが常である。

本日も、その積りで長閑な通勤風景を描いて、BRAVE-STARに跨
った。

ところが、何時ものように、中原街道を五反田へと下っていると、突然
茶色の閃光が小生の脇を掠めてギューーンと音を立てて走り去る???

およよ? 一体あれは? 何に??

一瞬、ほんの一瞬・・・・・・・メットの耳の辺りに自生する胡麻塩頭が目
に焼きついた・・・・・・・・・・・何故かこう言う局所的な映像を性も無く記憶
する、ニッチな脳味噌なのであるtyphoon

と、思う間もなく其れは更に加速して、山手線の高架を抜けて相生坂
に差し掛かっている。

50mの後方から、その茶色い閃光を眺めつつ、自然に追尾モード!
大いに興味をそそられて、其れの様子を観ながら、徐々に距離を縮め
頂上付近で一気に抜き去った・・・・・・・・までは、普通の出来事である。

その後の其れは、驚異である!きっと何処かのスイッチが、ポチとなって
途轍も無い速さで、一気呵成に明治学園前を突っ切り、更に加速して目
黒通りを横切って下り再加速で速度は50に近づく勢いだ!
おおおおおおお!!胡麻塩が眩しいぞ!!

麻布の交差点信号でやっとの思いで追い付いて、後ろから

ノール :おはようございま~す!
胡麻塩:(驚きながら)・・・・・・あっああ!

ノール :速いですねえ!!毎日、チャリ通ですか?
胡麻塩:えっええ!

ノール :いやあ!ビックリしました。ところでお幾つですかあ?
     (可愛らしくheart04しかもズケズケと)
胡麻塩:何で?(ムカっとして?目がそう言ってる?)

ノール :いやあ??あんまりお若いもんですからsweat01
胡麻塩: 7!
ノール :   67

胡麻塩:・・・・・・・67!!!pout

にほんブログ村 自転車ブログへLogo


ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

必ず登らなくちゃラピュタ 後半の激坂GOAL

この人呼吸凄いね!!

ってマジに厳しいんですよ!中盤の激坂なんて全く撮影出来ません
でしたもんねえ!カメラをズボンのポケットに入れるのでさえ、バラン
ス崩れそうで恐ろしい(笑)
足付き2回で斜め発進して最後の激坂に繋ぎます。

最後の頂上付近の石碑前の激坂を登ってGOALです。

が??実は更に先へと続いている道があるのです。画面で見れます
が、そこを登って行く元気が有りませんでした。

次回はルートが解りましたから、必ず制覇して見せましょうぞ!!?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 3~4km地点

平地に見えて平地じゃない!!

何と無く「循環」が体の中に出来つつあると、思った途端に風雨が
強くなるもんです。
雨を覚悟して来ているのだから、当然耐え忍ばなくちゃね!!

いよいよ激戦区に差し掛かると、路面の悪化が目立って来ます。
風雨は強まり、斜度は上がり、路面は悪化する・・・ってSAKABAKA
には持って来いの環境が整いましたねscissors

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月10日 (水)

和田を駆ける少女001

麦藁帽子が和田に栄えます

堂々の和田アタックなのだが、普通じゃ考えられない出で立ちと
普通じゃ考えられない走行で、軽やかに登って行く姿から、ここが
和田だと思いもつきません!!

ヒルクライムなんて彼女は思っていないんでしょう??
ゲートからの12%の坂は、激坂ですよ!男どもでも辛いはずのこ
の坂を、爽やかに登って行きます。

きっとご自分のなさって居られる事が、途轍も無い事だなんて微塵
も感じていないのだろうな!?爽やかですねえ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ 前半の激坂

踊り場過ぎると行き成り本番!!

遣ってきました激坂 ご一行様・・・・・端から20は目出度い事で?
一旦、この踊り場からラピュタ本体に突入したが最後、全部真っ直ぐ
激坂DEATH!!

道は悪く、更に狭く、時々湧き水のオマケ付き!!ダウンヒルなんて
恐ろしい事出来ませんから!!

序でにママチャリスト御用達の必殺ジグザグ走行なんてやった日にゃ
畑に落っこちて骨折間違いなしってえ、最高の環境です。

ああーあsweat02
カメラ ハンドル固定しとけば良かった!!なんて後の祭りですよ。
実は動画がここから途切れてるのは、足付きして休んでるんじゃ有りま
せぬ!!

実はこの動画撮影から以降足付き現場まで、動画を撮影する余裕が全
く無かったのですよ!マジです。
あの長崎 飽の浦変電所の激坂35%ですら動画撮影出来たのに、ラピ
ュタじゃそんな余裕は全く有りませんでした。

やっぱり前日のあざみが効いてるんかなあ?(言い訳DEATH!!)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 9日 (火)

次回?予告 和田を駆る少女シリーズ(編集中)

Braunn_3

麦藁帽子と和田峠

本人のご了解と、ご依頼を受けて、ここに彼女の勇気と忍耐と多
くの努力に最大の敬意を払い。
足のハンデキャップを乗り越えて果敢に和田に挑んだビギナー
チャリダーの登頂までの奇跡を追った。

前回、登頂写真の一部を掲載したが、今回、彼女の方から友人
達に見せたいので、実際の登攀の模様を動画で掲載して欲しい
とのご要望があり、ここに和田挑戦の記録を認めます。

彼女の足の長さは、ご幼少の頃の医療機関のミスで左右数セン
チ異なっている。故に歩行は出来るが、長く歩いたり、況やランニ
ング等は多くの困難を伴う事になる。

それでも体を動かして健常者と同じ様に運動できる環境は無いか?
と考えに考えて自転車の道を選択したそうです。

この動画を見ていると、人間の強さ、素晴らしさが解る様な気がしま
す。チャリに慢心する自分への自戒の意味も込めて!!

esprit-de-nord記 08/06/2009

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ アプローチ坂002

偉そうに知ったかぶりして
撮影クルーのお姉ちゃんと・・・?
ラピュタ良い名前だ!

しかし地元の方は、この坂がラピュタと呼ばれているのを知りません
でした!!何方が付けたか知らないが粋な名前にしたもんだ!!

などと考えながら、キョロキョロと走行する程、ゼーゼーハーハーと成
って行く自分!煙草の吸いすぎだよなあ!!なんて反省しながら平地
は勿論 余裕ですよ!!

この後、直ぐに20%のご一行様にご対面!!あわわsweat01

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

必ず登らなくちゃラピュタ アプローチ坂001

不吉なアプローチ??かアフォか?

和田の途中でやっとラピュタを発見して、美味しい料理を待ち切れず
昨日のあざみで充分ウォームアップしたものと自分に言い聞かせ速攻
アタック!心は踊る!

距離短そうだし、R/3だから何とか成るでしょ!といい加減な準備
勿論、何時ものハンドカメラで出陣!!(この時点で先は見えてた?)

入り口の八幡神社辺りに沢山の人だかりが?
どうも何かのドラマか映画の撮影だとか?

アプローチの激坂に向えば、カメラ機材を人力運搬中のスタッフさん!
大汗掻いてご苦労さん・・・・・・なんて言ってる自分が、今度は、乗り慣れ
ないR/3の変速ミスで端からチェーン外れの間抜けないオッサンに!!

ああ!これで先が見えてましたsweat01

終わり良ければ全て良し!初めダメなら全てダメ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年6月 8日 (月)

富士あざみ 3km地点 面白ろ無い景色や!

直線坂斜度12%の3kmって?

道路が広いと坂の斜度のイメージって低く思えるのですが?
実際、登ってみると12%は嘘じゃない!!と思い知らされます。

しかし、御岳のアプローチ1.5km斜度15%に比べると、まだ
優しい坂道って感じがしてました。

しかし、次第に雨、風が出て来て余裕は全くありませんでした。
まだまだアプローチ坂ですから、ここで余裕無いんじゃ先が思い
遣られますねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ 旅のダイジェスト

念願の富士あざみラインへ

090606_1028001
会社の後輩 メタボ解消奮闘中!!

090606_1028002
負けられない小生ですが??

◆道志みち
軽トラをレンタルして、6日午前5時 西小山をスタートして
相模湖から道志道に入りそのまま山中湖へ。
途中の道志道のアップダウンの凄さと、景色の素晴らしさに
感動しました。10時に須走口到着。この時点での雨足はか
なりありました。まあ雨天決行は常ですが。

090606_1213001

◆登頂直後の感激
やっとの思いで登頂に成功して、惨敗峠の雪辱を果たす事が
出来ました。
登頂すると、五合目の茶屋の美人さんから暖かいお茶を戴き
感激しました。ここで、先に登頂したロディーさんと楽しく話をし
て、彼とはダウンヒルから籠坂峠登攀まで、お付き合い戴きま
した。有難う御座いました。28日頑張って下さい!!

20090606122826

ピンボケですが、五合目でお会いしたロディーさんのバイク

20090606122851

◆絶景
急速に天気が回復して、絶景を望む事が出来ましたが写真が
ピンボケですね。
周りが騒々しくなったと思うと、茶店のオバチャン曰く、幻の滝が
出現したとの事で、勇んで馳せ参じようとしましたら、徒歩40分
先だとの事で勿論断念sweat01

Sdscn1197

◆初めての山中湖

五合目から降りて来ましたら、天気晴朗 爽やかな空気!
知り合ったロディーさんと籠坂峠を登攀して、山中湖にて
本日の挑戦は終わりになりました。今回は背水の陣でした
のでメリーでの登攀を断念し、確実に登れるR/2を選択
しました。情けないですが・・・・!!?

しかし山中湖、空気が澄んで綺麗ですねえ!!

 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラピュタ坂!! それは御岳を凌駕する!

Sdscn1198
ラピュタ坂への入り口 地獄の門

Sdscn1202
7合目近辺 1回目の屈辱の足付き
斜度20%からの再発進は困難を極めますね

Sdscn1203
GOAL手前の直角コーナー手前で2回目の屈辱

Sdscn1207
恥ずかしながらGOAL!!

ラピュタ坂 惨敗!!

6日の富士あざみ、籠坂峠に続き7日は峠アタックのダブルヘッダー
で、和田及び和田裏のラピュタ坂(藤生山山道)にアタックして来まし
た。

今までは、奥多摩には御岳以上の激坂は、最早存在しないと思って
いましたが、ここラピュタ坂は、御岳を完全に凌駕する!正に天空の
城ラピュタの名に相応しい凄まじい激坂でした。

和田の集落の八幡神社から藤生山山道までの激坂はアプローチで
既に20%近い激坂が出迎えて呉れますが、ご愛嬌です。アプローチ
坂を登り切った広場の様な所から2kmが最大斜度30%近い所を含
め、平均斜度で20%以上は有りそうな直線坂になっています。

ここでは登攀時のウイリーはまだしも、下りでの後輪スリップは長崎の
飽くの浦変電所激坂35%登攀以降経験の無い激坂です。

GOAL手前が直角に折れ曲がって藤生山山道の碑までは幾分斜度
が緩和して20%程度だろうと思われますが、全く休める場所がありま
せん。ダンシングの出来ない小生には、上記直角コーナー前後で2度
屈辱のの足付きでした。

勿論、来週またリベンジしますが、R/3で登れないと成ると、最早現在
の力量では登攀不可能かも知れません!??


にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年6月 7日 (日)

富士あざみ 11kmポイント

11km地点 GOAL間近の風景

画面が狭窄している部分は水滴です
かなり疲労困憊していますが、ペチャクチャ喋ってるのを見ると
意外と元気なんだと思います。

皆さん きっとGOALの瞬間をご覧に成りたいと思うのですが、
今回は、天候が悪くハンドカメラでは、滑って危険だと判断して
カメラをハンドル固定しましたので、撮影確認が出来ませんでした。

確実に、撮影が出来ていない地点(カメラの挙動が変だった所)は
一旦、坂を下って撮り直ししましたが、登頂シーンは問題なかった
様でしたが、結局写っていませんでした。

故に、今回のシリーズでのGOALは11.4km地点に成ってしまい
ますが、道中・・・・・・全部戦いですので、ご覧下さい!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

富士あざみ スタートポイント

小雨の中を登頂開始

雨が本降りになったり、収まりそうになったりしながら結局最後
までシトシトピッチャンでしたが、そのお陰で誰も居ないこの峠を
独り独占する事が出来ました!!

と言いたい所だったのですが、実にクレージーな方は他にもいら
っしゃいますねえ!!

昨日は、雨天にも拘わらず富士あざみにアタックされた変人は5名
いましたねえ!内完走は3名。

スタートポイントから直線3kmの平均斜度って既に10%有るでしょ
うねえ。道路が大きいので、斜度が低く見えるのですが確かに表示
の通り12%なんでしょう!

これから、自分の忍耐との戦いが始まりますが、結論から行って青梅
の御岳に比べれば「楽」です。

いえ、決して強がりで言っているんじゃありません。
コーナーを曲がった時の絶望感が、まだアザミの方が「優しい」と感じ
ました。(余裕なんてありませんがね!!!)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 6日 (土)

アザミ紙一重の制覇!?

090606_1214001

惨敗峠からチョット復帰して排水の陣

挑んだ富士あざみライン(平均斜度10%、距離11.8km)は容赦の無い
峠でした。朝から雨模様で路面・・・特に水捌けの側溝の所がツルツル滑っ
て肝を冷やしつつ、屈辱の足付きも無く無事登頂出来ました。
目出度し目出度しgood

とは言え、3連敗を阻止すべく、ポリシーかなぐり捨てての、見っとも無い
戦いでありまして、メリーは置いてきぼりだは、R/2もFULL-MAX-LOW
だは、更に更に、恥かしげも無く馬返しからジグザグはするは・・・・!!!

良かった事と言えば、頂上で素敵なローディの方と巡り合えた事と、相棒が結
構善戦した事、最後に、肉離れと腰の按配が思った以上に悪く成らなかった事
くらいです・・・・・・・って沢山の良い事があったんだよなあ!!
本日は、これから爆睡しますので、詳細は明日以降に編集して記載します。
では、皆様おやすみなさい!!

おお?明日は和田とラピュタ・・・・執念です(汗)

 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

名栗湖有間ダムに辿り着く

下向いてチャリ押しながら名栗湖へ登る

成木を一気に下って、53号小沢峠を登って更に名栗川に下りると
後は有間ダム(名栗湖)の手前の坂・・・・大した坂じゃありません!!
を登り切った所が名栗湖です。

この時点で走行距離は120km程度でしたが、峠と坂の波状攻撃と
肉離れ状態で足が死んでたんです(涙)

足有りませんから、失意も感慨も無く、この坂の頂上付近でチャリ押し
ましたよ!

すると、大いにバツが悪い事に名栗湖側から若い女性のハイカーの一
団が、楽しそうに降りて来るじゃあ有りませんか!!勿論!年寄りの
冷や水?で格好良く坂を登ってるてえ風情で行き交わしたいじゃないで
すか!!

決してチャリ押して上がってる所なんざお見せしたく無いでしょ!!

それが、もう足無かったのです!!
恥も外聞も無く、チャリ押しながら縁も所縁も無い彼女達とすれ違いまし
たよ・・・・・・・・勿論 下向きながら(爆)

ああ!!
なんて格好悪い情けない・・・・がこれが実力てえもんですよ!!

本当は、ここから更に登って子の権現攻める積りだったんですが??
有り得ませんね(涙)・・・・次回リベンジ!!

皆さんが、この記事読まれている頃には、富士あざみの勝負がついて
いる頃でしょう!R/2で1本、メリーで1本行きたい所ですが????

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小沢峠ダウンヒル名栗川へ!!

更に下るてえのは帰りに更に登るって事!

成木も散々だったのだから、諦めて帰れば良いものを毒を食らわば
皿までも??じゃないけど、ついついフラフラと名栗に向っちゃう所が
意地っこいですねえ!

まさか、こんなに下るとは思ってませんでした。小沢峠の途中でロード
バイクの方がジグザグしながら登って来ましたから、この方も散々、峠
遣っちゃったんでしょうねえ!??

奥武蔵てえのは、結構面白そうな所が繋がってますねえ!素晴らしい!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 5日 (金)

麦草アップヒルSPECIAL

KAMENOKO走行も止めなければ頂上だ!!

麦草はご覧の通り緩い斜度の坂道が延々と続く峠であるが故に
自分の体と心の耐久性が問われる峠でもある。

しかし、和田や御岳の様に見上げれば遥か頭上にガードレール
等と言う残酷、絶望的な創りには成っていないので、安心して走る
事が出来ます。

残念な事は、最後の審判激坂が存在しない事で、だらだらだらと
した登りに成る。勿論、蓄積疲労や総合的なアエネルギー量は極
めて多いのではあるが!?

SAKABAKAから見ればやはり最後に胸躍る難関の激坂が待っ
ていて欲しいものである!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上諏訪カルパッチョ

これが上諏訪の間欠泉の噴出の瞬間だああ!!

麦草が無事修了して、最後は諏訪湖をのんびりとポタリングしてましたら
人だかり発見!!

野次馬根性丸出しで、そこに潜入して見れば・・・・・間欠泉じゃあありませんか!!

案内を見てみれば、次回噴出まで20分!!勿論待ちます、お待ちします!
??しかし何で自然現象の起こる時間が解るんかい??
火山の噴火等、予知するのは可也難しいのだろうに、間欠泉だと分単位で解る
んかい??

と思っているとJRみたいに正確に定刻通りに穴から湯気が!!
って、下でヤカン炊いてるんかい??

それにしても凄いな!!間欠泉・・・・初めて見たよ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 4日 (木)

目から鱗!!これでパンクの恐怖から脱却できる!?

ママチャリの最大の敵!!・・・・・パンク!

水戸でも直江津でも、覚悟を決めたロングライドで、最大の不安材料
が「パンク」です。

クロスやロードバイクの方々は、予備チューブを持参して、その場で
パンク修理が出来る方が多いと聞きますが、ママチャリでは相当難
しいと思い込んでいます。(実は出来るのでしょうが!?)

遠くまで来てパンクの為に、覚悟して来たトライアルを途中で断念せざる
を得ない状況が発生したら・・・・・・・と思うと運を天に任せて良いのだ
ろうか??と思います。

CyclingEX.tumblrと言うサイトで発見した

SEALNT(シーラント)パンク防止剤

Photo_5


\2,940(税込み)1000cc/105ST02
\2,100(税込み) 500cc/105ST01
\  630(税込み)  60cc/105ST08-001

インジェクター(注射器)/\1.365(税込み) 105AS05

Photo_7

このパンク防止剤での実験結果の写真も同サイトに有りましたが驚くべき
ものでした!!

Photo_8

こんなに画鋲を刺しても全く問題ないてえのは、正に目から鱗です。
早々、これを使ってみようと思っています。しかしこの自転車に関連する情
報サイトは素晴らしい!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

麦草ダウンヒルSPECIAL

麦草峠 標高2127mからの一気ダウンヒル

我慢に我慢を重ねてやっとの事で麦草を走破した、そのご褒美は勿論!
2000mからの一気呵成のダウンヒルでしょう!!

これがしたくて、峠を登る訳ですから!!
この際逝っちゃいますよ!!と言ってもママチャリですから可愛いものです!

風張や乗鞍の時もそうでしたが、ママチャリかッ飛ばしてダウンヒルしてると
時々ロードバイクの方とすれ違う時に「おお!」「ああああ!」とか驚かれる
のを目撃するのですが、ここでも何人かのロディーの方とすれ違いざまに同
じ反応されました。(驚くと言うよりアフォだなあ!!と思って驚いてる!?)

が、実は、こうした大型峠はママチャリでも充分登攀する事が可能なんですよ。
大垂水ママチャリで登れれば、この峠もほぼ登攀する事は可能でしょうね。

風張林道だとか、和田もそうですが小型の高斜度の峠は、ママチャリ登攀は
かなりハンデキャップありますが、大型低斜度の峠なら無変速15kg程度の
ママチャリなら結構登れるものなのです。ママチャリストの皆さんは食わず嫌
いなだけだと思いますねえ!大型峠って気持ち良いですよ!!!

しかし
雨のヤビツのダウンヒルで、その寒さで氷の背中に手は痺れ足はガクガク
の酷い経験しましたが、何故か?ここでは残雪有るのに寒さを感じない!

きっと疲れと高揚で麻痺していたんでしょう?一気に2000m気持ち良く
下る事が出来ました。アドレナリン効果と言うのは、色んな意味で恐ろしい
ですねえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

全く漕がない最長不倒距離!!

先週末の峠三昧で、肉離れを起こして以来、殆どチャリに乗って
いない!

これは、昨年2月に胸のヘルニアで入院して以来最長不倒距離だ!
先週末は、体の調整兼ねて武蔵小山の林試の森をウォーキングして
来ましたが、足の状態は戦えるレベルの様な感じがしました。
ほぼ肉離れに関しては、沈静化の兆しがある。

それに気を良くして、5KM程度歩いて、終わりに整理運動のストレッ
チをしたら、突然・・・・・・・・・・・ギク!!

あちゃあ??やってしまいました!滑り腰(ギックリ腰の様なもの)
油断しました。

右足肉離れで、左足に負担が掛かり、徐々に体のバランスを失って
結果として腰に負担の皺寄せが来たのだろう。体の宇宙は因果応報!

ヨタヨタと武蔵小山の麒誠鍼灸院に駆け込んで、徐々に回復基調に成っ
て来ました。この鍼灸院には常々助けられています。

しかし、加速度的に体が朽ちる年齢に差し掛かって、それでもまだまだ
挑戦する気持ちだけが残っている・・・・・まあ、そんな今日この頃であるsweat01

今週末は、メリー軽トラ輪行で あざみ!!なのだが?
意に反してR/2の登場も視野に入れながらちょっと逡巡しています。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年6月 3日 (水)

惨敗峠 限界編 (成木峠 突然のGOAL!)

GOALは突然やってくる!!

心が折れて、足着いて更にオオスズメバチに追い駆けられて
散々なヒルクライムだったが、肉離れだろうが、足吊りだろうが
漕ぐのを止めなければ、必ずGOALに到達するのです。

まあ、確かに足付きなんて成ってしまうと達成感は思いっきり
下がりますが、こうして画面を見ていると、筋肉繊維が完全に
ブチ切れてるのにアフォだなあ!って思いと、それでもまあ、
良くやってるよなあ自分!!なんて思いが交差しますねえ!

しかし、長くチャリ続けるなら自分の状態位ちゃんと把握して、
名誉、不名誉の撤退をする勇気を持つべきです!!

俺以外の方は・・・・・!!ニヒヒ

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

惨敗峠 限界編 (梅野木峠 成木街道を下る)

梅野木峠からの逃げ足速く(成木街道を下る)

ウォーミングアップの積りの梅野木で惨敗して殿モード(どこぞのパチンコ?)
で、撤退します。成木街道は、勿論初めてですが、道路は良いし景色も良好
残念なのは、道路が良いので?ダンプカーが結構走ってます。怖いですねえ!

翻して青梅に向かってニツ塚峠(名前だけの峠?)を登ります。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 2日 (火)

惨敗峠 限界編 (成木峠 限界!心が折れる!)

折れちゃいました

しかし、まあ良く頑張ったと思いますよ(汗)
手駒が無くなってから1kmは走ったと思います。モガキは大切な練習ですよ!
しかし、このモガキが、決定的なダメージを与えていたなんて、知る由も有りま
せん。こちとら必死ですから!!

梅野木で不覚の惨敗してる訳ですから、連続で敗退する訳には行きません!
ですから頑張っちゃう訳ですよ。一応理科系ですから、論理性とか合理性
とかは、其れなりに持ち合わせているんだろうと思ってますから、最後は

気合だああああああ!!

てえ事なんです!それが災いするって事はアドレナリンが無視させてますよ!
私のせいじゃありません、私の意思でもありません!脳が勝手に暴走している
だけなんですが、カッパエビセン状態ですわね(汗)

この後で、路肩にデカイくて黄色いのが・・・・・・・こっちを向いてるんです!
5cmは優にある見事なヤツ!!

子供の頃、カブト虫を取りに行くと必ずいるアイツですよ!
オオスズメバチ動きが鈍いのですが、刺されるとトンでも無い事に!
チャンピオンクラスのデカイのが、赤いチャツ来たおっさんを見てます!
怒ってます。

おおおおおおお・・・・・・・・こっち向かって来る来る

              こ

              わ

              い

落ち着け落ち着け!
ここはジッと動かない!確か「」反応だったと思うから、シャツを脱いで放り
出して・・・・・・ジッとヤツが行き去るのを待つ戦法に!

棚から牡丹餅?待てば海路の日よりあり!!作戦>古い?

これで、ヤツと心を通わせた、恐怖の一時が終わった様に見せかけて、ブーン
と飛んでいって、翻して超接近されて・・・・・・小生を掠めて飛んで行きましたとさ!

ああ、ここで言いたかった事は心が折れちゃったって事でしたね(涙)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

惨敗峠 限界編 (梅野木峠 下の激坂)

梅野木峠を下りた所で激坂発見!

SAKABAKAの習性でしょうねえ!◎←これ見るともう登らなくては
成らない衝動に駆られて、体が先に動いてました(汗)
斜度20程度のこじんまりした坂でしたが、それでも愛しいもんですよ。

梅野木峠は、多分初心者でも、そこそこ遣れる峠だろうと思います。
斜度10%で2kmちょいてえのは、お手頃ですよ。ただ都内から遠い
から、折角行くなら和田や風張てえ事になるんでしょうねえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月 1日 (月)

惨敗峠 限界編 (成木峠 限界領域亀!)

苦しんでますねえノールさん

ジグザグに成ってしまうと、勿論フェールセーフの最終段階ですから
これ以上のレベルはもう無いのです。

手駒が無いから、万策尽き果てて、のこるは気力のみってえ事に成る
訳ですよ。
まだ、残り2kmは優にありそうですから、歩み寄る絶望って感じでしょ
うか(笑)

一方、箱根や風張峠等は優しい峠で、走りながら休める場所が絶好の
ポイント毎にあるのですよ。ですからそこを上手く使って休みを取りなが
ら走り切る事が出来るんですよ。

しかし此処は優しくないです!ずっと直線的に登りだったりしますから!
動画を見ると、心が折れる少し前の状態だと解ります。この後、襲われ
ちゃうんですが、勿論、動画を撮影してる余裕は有りませんでしたよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

惨敗峠 限界編 (梅野木峠 ダウンヒル完結編)

お楽しみダウンヒルです!風に成れる瞬間です。

後で、気が付いたのですが、GOAL手前で道の端っこに「ガンバレ」
のペインティングが!!チャリ乗りの優しさなんでしょうねえ!
これ見ると、もう少しだ頑張れって気持ちに成りますもんねえ。

お待ちかねダウンヒルですが、この時点では足の痛みなど全く感知
してませんから、思う存分アドレナリンなんでしょうねえ!
その結果は勿論!自己責任ですよ。馬鹿でした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »