« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(上池台 1丁目お椀坂)

上池台 1丁目お椀坂

豪快な坂でしょう!
行ったり来たりが大変でしょう!

買い物だって、何だってこんなに凄い坂を登って降りてイザ!!
なんて所は、長崎より恐ろしいかも知れません!?

兎に角、延々と続く坂は買い物、通勤、パチンコ・・・・生活全般に
関わっているのでありますって普通か?

しかし長いんじゃあ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(上池台3丁目典型的ロング坂)

上池台1丁目 典型的ロング坂

このエリアの坂は概ね300m前後の長い坂が多い。
バス通りが丁度、台地の谷の部分で、この谷に直角にクロスする
坂はバスタブ坂、お椀状な形をしています。

簡単に表現すれば、坂の中央に立って見ると前も後ろも登り坂なの
であります!!しかも胴体が結構長い全長300から400mもあるの
で結構足にキマス!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天気が良いとツイツイ!?

Sdscn0907

井草八幡

天気が良いので、チョイトそこまで!と思って環七から青梅街道
を、トコトコと走ると、このランドマークに出会います。
いつもは素通りしてしまう井草八幡ですが、無目的ポタですから
ひかかって散策。天皇陛下も行幸された由緒ある神社です。

Sdscn0914

醍醐林道

更にトコトコと、八王子に出てしまい、こうなると「坂」でしょ!!
何故かチャリは自然に陣馬街道を走っています。不思議ですねえ。

気が付けば夕焼け小焼けでソフトクリーム喰ってたりして、ここまで
くると普通は和田参りするのですが、ここからちょっとコースを変えて
醍醐林道なんて所にウロウロと!自然に足が?

Sdscn0920_2

崖っぷちにガードレールありませんが?

何となく、醍醐林道を登って行きますと緩い登りに新緑が
栄える最高の自然が目に飛び込んで来て、ウキウキモード
のメリーは走る・・・・・直江津の事はとっくに忘れてますが
何か?

八王子総裁から斜度は和田に比べて緩いと聞いて舐めて
ましたから、お気楽ヒルですよ。車止めの所まではね。

しかし徐々に斜度は上がって来て、いよいよ10%を超えて
しかも数キロ登って来ても未だ和田の茶屋に着く気配無く。

思いっきりマジに成りそうな自分を抑えて、踵を返してとっと
と帰りましょう!明後日から遠い遠い遠征やんけ?!

と、ポタな1日で御座いました。

しかし、このガードレールの無い崖!落ちると3,40mその
まま一気に行っちゃいますが??

和田峠登りたい気持ちは解りますが、実は和田の70%程度
の斜度で総エネルギー量は距離がある分、和田を超えている
この醍醐林道は、途中から完全に車シャットアウトで良い峠か
も知れませんよお!!次回、キッチリ攻めたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年4月29日 (水)

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(上池台 4丁目坂も更に長いDE)



上池台4丁目 坂の向こうも坂です坂!

ずっと遠くに激坂が壁の様に横たわっているのが、こちら側の坂の
頂上から良く分かります!

典型的なお椀型地形の坂ですよ。バスタブ坂でしょうか?どちらでも
良いのだが、兎に角。登って下りてを2度やら無いと完走出来ない
のがこの坂の素晴らしさです。お足が良いようで!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(上池台2丁目激坂20%超)

上池台2丁目 小池公園の激坂20%超

久々に普通の激坂に巡り会えました。
上池台、馬込エリアの坂は押し並べて斜度10%程度で激坂の部類
では無いのですが、長い坂が多いのですよ。ですから登攀のエネル
ギー量は斜度が大きく短い激坂よりも、格段に大きい気がします。

そんな中で一般的、典型的激坂がここ小池公園前の激坂です。
頂上部分は25%程度ありそうですよ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月28日 (火)

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(馬込階段坂30%超惨敗)

馬込階段坂(登攀失敗)

ここは、崖の駆け上がりの階段坂です。4段坂で最初の1段目が30%
超、2段目が27,8%、3段目が20%といった感じです。

1段目が登攀出来れば、最後まで登攀出来る可能性が高いのですが
メリーでは登攀不可能だと感じました。R/2でギリギリ登攀可能性が
ある程度でしょう。

極めて難しい坂ですが、その内制覇してみたい坂ですね。膝、肘等に
はプロテクターが必要な激坂です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(池上 めぐみ坂)

池上本門寺裏のめぐみ坂20%?

可愛らしい名前の、そこそこの激坂です。その名の冠するめぐみ幼稚園
前に聳えています。幼稚園児がここを登って丈夫な体を創るんですよ!

桜の絨毯で、すこし滑りますので運転は慎重に!っておいおいこんな状態
でベビーカー追い越すなよ!!と後で思いましたが、走っている時は安全
だと勘違いしてるんですよね!これが危ない前兆か!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月27日 (月)

こう言う時どうする?

Bravestar

某所 駐輪場にて

所用で、とある都内の駐輪場に愛車BRAVE-STARを駐輪して
小一時間の所用を済ませて、愛車に飛び乗って帰路に着いたが
途中で気が付きました。

BRAVE-STARの異変!!

しかし、目の前の変速レバーのカバーが、破壊されて見るも無残な
姿にお成りなって居るのに、それに気が付かないオーナーも如何な
ものか?

それは、さて置き、こんな場合現行犯逮捕(ちと言い過ぎ)なら相手
が目の前に居る訳で、過失なら「ええですよ!」と太っ腹を気取るか
或いはダメージが甚大なら「修理費を払って戴く交渉」をするか?

兎に角、何らかの手が打てるのですが、誰も居ない駐輪場で被害を
受けた相棒を発見しても事遅し!被害者は諦めるしか無いのですよ。

それでは、
自分が加害者に成ってしまった場合はどうだろう?
①シカトしてその場から逃げる。
②困ったものだと思案するも相手が居ないので申し訳ないが何も
  せずにその場を去る。
③チャリに連絡先を置いておき、後に真摯に損害保証対応をする。

もっと色々な奇抜な対応も考えられない事も無いのですが。
皆さんなら、どんな行動を選択しますか?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

直江津直前メリー点検激坂独りツアー(中央6丁目の激突血塗れ坂)

大田区中央6丁目の階段激坂!激突血塗れ!

池上本門寺近くのこの階段坂は、斜度29%程度だが、微妙に折れ曲がり
道幅と斜度の関係が微妙で、登攀は技術的に難しい。

今回はメリーでの挑戦だった事から、車体が重い為、踏み込む強い力が
必要となり故にバランスを崩し易いのです。

更に、3段坂の2段目には電柱があって狭い道幅が更に狭くなるので完走
はかなり難しいですね。

最初のアタックでは、1段目でバランスを崩し壁に激突して血塗れでした(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

直江津前メリー点検ツアー

Sdscn0903

直江津アタック直前のメリー点検ツアー

26日は朝から用事があって、ヨネ&コバちゃんのお誘いに参加
出来ずに、遅い朝から独りで池上本門寺界隈の激坂ツアーへ!

直江津直前のメリー点検を兼ねて行って参りました。
灯台下暗しで、この界隈には結構な激坂が潜んでいました。

現時点で都内最強の小石川 庚申坂を凌駕する激坂を2坂も発
見できたのは喜びにたえませんが!共に登攀失敗し、直江津大
丈夫か??


Sdscn0882_3

池上本門寺界隈はバスタブ台地?

ここの坂の特徴は極めて顕著で、概ねバスタブ型の激坂が
殆どです。池上本門寺を中心に台地が形成されており、バス
通りが台地の最深部で谷になっていて、谷の左右が斜面を成
しているんですねえ。

従ってバス通りに直角に交わる道路はバスタブ状の坂になって
います。どこも同じ様な形の坂で平均斜度は10%前後で、兎に
角、坂が長いのが最大の特徴です。写真の様にバスタブ曲線が
はっきりと見て取れます。

Sdscn0877

風に泳ぐ鯉のぼり発見!!

都会の空を悠然と泳ぐ大きな鯉のぼり!田舎だと全く普通の
光景なのだが、都会じゃ団地サイズが極めて多い中ここでは
お日様も隠さんばかりの大きな鯉のぼりが!!

Sdscn0887

何故?民家に時計台があるのでしょうか?

全く、意味が分かりませんでしたが、兎に角時計台でしょう!
しかも時を刻む事を忘れた時計台が?

Sdscn0892

都会の真ん中とは思えぬ風景が池上台地には存在します。
寺町は、古くからの風景が未だに色濃く残っている貴重な
場所だと思います。

この写真の端に小石川の庚申坂を凌駕する恐ろしい階段坂
が潜んで居ようとはお釈迦様でも、ご存知あるめえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月26日 (日)

田園調布激坂ツアー(田園調布4号コバちゃん奮闘激坂)

田園調布4号激坂

3号激坂26%を下ると、4号激坂がお椀状に繋がっています。
実は途中で5号激坂がT字路を成しているのですが、斜度も無く短い
ので割愛(笑)

最早、6ヶ月目のヨネちゃんは、この程度の激坂登攀は難なくこなせる
レベルにあります。その要因はほぼ毎日 のぞき坂を含む夜練と最後
の階段登りが彼を強化しているからだと思います!!

一方、ニューカマーのコバちゃんは、凄かったです。立て続けに20%超
を登攀して、4号アタックなのですが、ここは頂上が丁字路になっており
左折すると、まだ坂が続いているのでした!

この様な場合、丁字路に差し掛かってGOALと思ってしまい、更に左折で
続く激坂を前に気持ちが折れるものですが、彼はやって退けましたねえ!

この要因は、元来彼には100mを11秒台で走る良質な筋肉が内在され
瞬発力は持久力に比べて、それ程加齢で落ちませんから、それが幸いし
たのと、彼の根性以外に無いでしょう。

お二人ともに、行く末が恐ろしいと感じました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(狭山湖畔の縦縞スリット激坂)

多摩湖畔の激坂2

この縦スリットの変わった激坂は、うねうねと折れ曲がっていて、その
コーナーの斜度が高くて面白いです。

3連続登攀でキツイのか?この坂のSPECがキツイのか?判然としま
せんが、それでも結構なお手前の坂でしょう。

多摩湖、狭山湖の斜面にはきっと凄いヤツが居るはずだと思いますの
で、時々ここを散策してみようと思っています。帰りには最強のソフトク
リーム屋さんが待っています。
(場所忘れたから二度目行けるか分からないが?)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月25日 (土)

田園調布激坂ツアー(雪谷さいまる坂)

ニュウカマー こばちゃん母校の激坂
さいまる坂


ちゃり始めて2ヶ月のコバちゃんの母校(小学校)前の激坂で、池上線
が脇を通ります。直線坂ですが、桜と池上線の取り合わせがなかなか
風情をそそります。歌の文句にあった様な?

ここ雪ヶ谷は、馬込に繋がる坂の宝庫。更に彼の力道山(知ってる人?)
の眠る池上本門寺の台地に向う多くの坂で知られます。大田区もまた坂
の街なんですねえ。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(狭山湖の橋なかなかです!)

狭山湖 なかなか素晴らしい景色

人も車も結構沢山居ますから、ここに来て真面目にチャリトレーニ
ングしようと思わないでしょうが、以外に面白い所がありますよ!

その一つ、この狭山湖の橋は長い間工事をしていましたが現在は
完成して、素晴らしい狭山湖の景色が堪能出来ます。

早稲田大学近辺や多摩湖畔にはそこそこの激坂が潜んでいたりし
て、多目的アミューズメントって事でしょうか??

しかし、ここで夏のナイトランをやるヤツはいねえだろうなあ?(怖)
その理由は聞かないで!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年4月24日 (金)

田園調布激坂ツアー(田園調布3号激坂26%)

田園調布3号激坂

いよいよ激坂の巣窟に突入した様です!?
何となく長崎を少し穏やかにした様な坂の在り様です。片っ端から
登りましょう。

3号坂は、頂上に26%の標識がありますが、ちょっと怪しいもので
ある。まあ概ね標識は大袈裟に表記されている気がするし、それを
登るSAKABAKAの感覚も大袈裟に成りがちか??それって小生だ
け??

やっぱりフロントウィリーは勿論!後輪スリップが激坂の条件でしょう!

しかし何度も言いますが、新人(?)のこばちゃんはチャリ2ヶ月ですが
可笑しい!!20%超の連続攻撃にも充分耐えちゃいましたが、普通
の人ってこんな感じが普通なんかい??ヨネちゃんだって半年でっせ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(道すがらの岡本3丁目激坂なんちゃって登攀)

岡本3丁目の坂

もうあまり驚くほどの坂でなくなったのは、長崎のお陰でしょうか?
この程度の坂だと何となく普通の坂に見えてしまうのですが、実際
に、片手で撮影しながら登って見ると全く余裕の無いのが分かりま
す。

やっぱり岡本3丁目の坂は、其れなりに良い坂なのでしょう。
しかしR/2での都市激坂登攀は、違反行為かなあ?
マウンテンバイク並のギア比なら、ここを登れて当たり前田のクラ
ッカー・・・・・このギャグ知ってる人は、若いと勘違いしちゃダメよ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月23日 (木)

田園調布激坂ツアー(東工大裏の柔らかい坂10%?)

東工大裏の激坂12%?

メンバーのコバちゃんは、6代続く歴史ある家の現当主・・・・よって
この辺りは勿論、東京の地理には特別詳しいので大いに助かりま
した。

実に、ここは5年の歳月(汗)を過ごした我が母校の敷地の裏なので
すが、この坂を全く知りませんでしたねえ(汗)

裏道の風情ある、この様な坂を走るのは、わくわくしますね。
程よく緑が有って、生活感が滲む、初めての場所を探検する感覚が
良いのです。迷路の様になっていれば、いる程面白い。

ここを曲がると何処へ繋がっているんだろうか?とか、珍しい門構え
とかが、時々待っていて呉れたりして、下町の裏道は好奇心をくすぐ
る多くのモノが潜んでいますよね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(多摩湖湖畔の草の激坂)

多摩湖畔の草の激坂??

実は、この激坂はママチャリで一度登った事があるんですが、当時
はブログ等遣ってませんでしたから、記録を撮るなんて論外で!

と言う事で、久々も大いに久々に、この坂をチャリ登攀しました。
ダートの細道より草の道の方がパンクの危険が少ないからと思って
草に道を登りますが、あまり変わりはありませんね。

やっぱり登り辛い所を登るのが面白いのですが、草の道はイマイチ
でしたね。斜度がもっとあれば良いのですが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月22日 (水)

ここを回避して旧道を走りたい!!

Photo_2
高崎河川国道事務所HPより 三国トンネルライブ映像

三国トンネルを回避せよ!

碓氷峠は既にBRAVE-STARで熱中症に成りながらも登攀しました。
今回は、是非とも三国峠を登ってみたいと考えています。

しかし、写真の三国トンネルを回避して三国峠旧道を食んでみたいと
考えているのですが、実にどんな地図にも載っていないのですよ。

ですから、ここの読者の皆さんで17号線の群馬側から、三国峠旧道
の入り口をご存知の方はご連絡、コメントをお願い致します。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(狭山湖畔の普通の激坂)

狭山湖畔の激坂24%位?

狭山湖半の斜面には、そこそこの激坂があります。この坂は一見
たいした事の無い普通の激坂に見えましたが下って見て驚きました。

下り切る手前3m弱の斜度が30%近くチャリ乗っての下りを拒みま
す。登攀時には、この3mなら勢いで登攀可能なのですが車止めが
先を阻みますので、3m登った所から再発進となります。

この再発進がなかなか難しいのですよ。下手をすると3m転がって
下の舗装道路に叩きつけられる感じが恐ろしいですねえ!!
でもこんな坂が好きですheart

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

田園調布激坂ツアー(中目黒 十七ヶ坂20%?)



中目黒十七ヶ坂20%?

馬喰坂を登って直ぐに左に曲がった所に本命の十七ヶ坂が住宅街を
斜めに切り裂いています。

最大斜度は20%程度だろうと推察しますが、中々風情のある坂です。
お二人さんは、勿論ここを何の苦も無く登って行きます。

激坂登攀を皆でやると、坂の恐ろしさを忘れるし、みんなの勢いで登
ってしまうって事もありますよね。そう言う良い相乗効果で今日は沢山
の坂を堪能しました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年4月21日 (火)

直江津の必需品

090420_2152001

段々迫り来る な お え つ

夜のお供に、欠かせないGOODSをジテ通のいつもの道で
発見して、衝動買い730円也

それは、工事や土木の方々御用達の店。吊り下げられた
この工事用安全ベスト。これと、LEDランプで夜間走行も
少しは安全が担保されそうです。

しかし、段々とプレッシャーが大きくなって来るんよなあ!
こうして、ブログ等で宣言して実行するのは、自分にプレッ
シャー掛けないと、黙って何もしないで終わってしまうので(汗)

ルートもほぼ固まって来まして、行きは中仙道中心で、帰りが
18号、20号(甲州街道)で、ルートに碓氷峠と三国峠を入れ
ようかと考えて調整中です。厄介なトンネルも出来るだけ回避
出来るルートの最終設計が迫っている中で、若い相棒が名乗
りを挙げて呉れました。スケジュールが合えば、彼と直江津ま
でタンデムでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

狭山湖、多摩湖ツアー(ダートアタック2号)



狭山湖橋を渡って直ぐのダート激坂

一見、美味しそうな激坂に見えましたから、勿論アタックしましたよ!
R/2でアタック・・・・・・愚かでした!

下りはまだ良いのだが、路面抵抗が高い登りではタイヤが土に潜り
込みます。もう少し人の足で踏み固められていれば登攀が可能に成
るかも知れません。

意外と、道無き道をチャリで走るのも、結構面白そうな気がしました。

結局は、色々な条件の坂を如何にして攻略出来るかを考え制覇する
事がSAKABAKAの楽しみなのだろうと思いました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

田園調布激坂ツアー(目黒駅前激坂でウォームアップ)

目黒駅前激坂

チャリ始めて半年のヨネちゃんと、2ヶ月目のコバちゃんで田園調布
の激坂ツアーに行く前に、この坂でウォームアップです。

が!!コバちゃん最初から恐るべし!

シフトチェンジに端から失敗して登り直しか?と思った瞬間に激坂エ
リアで体勢の建て直しで、凌いじゃいました!!有り得ん事です。
チャリ2ヶ月目の総走行距離600の人がですよお!

この後、主戦場の田園調布で、彼の潜在的な力を見せ付けられるの
でありました(汗)

この坂は目黒と五反田の山手線沿い目黒寄りにあり、BRAVE君で
登攀した時に、心臓バクバクでした。斜度は確実に23%を超え目白
ののぞき坂よりも厳しいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月20日 (月)

狭山湖、多摩湖ツアー(ダートアタック1号)

多摩湖の山の中の激坂

何処をどう迷い込んで、この坂に出会ったかを、もう一度再現して
みなさい!と言われてそれを実現する事ができません。

兎に角、多摩湖、狭山湖畔の森は広く深い。しかしどの道も大通り
に通じているようだ。森で迷子になる確率はそう高くないが、迷路の
様な細道が縦横無尽に延びている。

所々でジメジメした湧水路面が顔を見せるが、この坂もその一つ。
コンクリートブロックで組まれた階段坂だが、階段の端がチャリを
許しています。斜度は無いがブロック振動が大きくてなかなか登頂
が難しい。

ここを抜けると民家の路地に出るのだから、不思議な感覚です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

田園調布激坂ツアー(2号激坂 ダッシュ坂)

田園調布2号激坂

田園調布浄水場裏の激坂群の2番目の激坂を全力で駆け上がり
足を殺しましょう!!

そうすれば、この後に続く激坂をもっと美味しく戴ける事請け合い
です。しかしギアを間違えてダッシュに成っていませんでした。

相変わらず、チャリ始めて間もないコンビは、淡々と激坂を登攀し
て行きます。小生は2年目ですが・・・・・??双方に大きな開きは
感じませんねえ??ちょっと焦ります。

ここの激坂は斜度は15%程度で100m程度ですからダッシュに
は打って付けです。ギア軽くし過ぎるのも問題ですね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月19日 (日)

田園調布激坂ツアー(田園調布1号坂)

田園調布1号激坂

田園調布の浄水場裏の激坂群で、最初にお目に掛かった激坂は
斜度20%超の折れ曲がりの長い坂で結構なお手前でした。

ヨネちゃん、コバちゃん チャリ始めて間もないコンビはこの坂を
モノともせずに登攀します。

チャリってそんなに底が浅い訳じゃなくて、お二人の能力とR/3の
性能の成せる技なのでしょうか?
兎に角、二人共に平気な顔して登って行くのには驚きを隠せません
でした。ここから坂三昧の始まりです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

田園調布激坂ツアー

Sdscn0863

田園調布激坂ツアー

昨日の狭山湖ポタに続いて、本日はヨネちゃんと、彼の旧友
コバちゃん(チャリ2ヶ月め)と田園調布激坂ツアーに行って
来ました。

殆ど、ノーマークのエリアでしたが何故か自転車2chの掲示板
に田園調布は激坂の宝庫!!と記事が目に留まりヨネちゃんか
らのチャリ走の合図もあって、喜び勇んで発進・・・・・・があ??

カミさんからイエローカード(涙)で、先ずは朝の散歩・・・・逸る気
持ちを抑えて、まったりと目黒川を散策して、12時からヨネちゃん
コバちゃんの3人で出陣!

最初は目黒界隈の小激坂でウォーミングアップ!ここで

驚き1:初参加のコバちゃん 目黒駅手前の激坂20%超で登攀
     直後にシフト失敗して、足付きか?とヒヤっとしたのだが?
     チャリ2ヶ月の彼が斜度20%のエリアで再シフト・・フラフラ
     状態を建て直したんですねえ!!これには驚きましたよ。
     バランス感覚と其れなりの筋力が無いとあの状態から建て
     直しは不可能です。

その後、GIANT社のショールームを見学して、主戦場の田園調布
到着、浄水場周りの激坂26%&20%超を攻めましたが、ヨネちゃ
んは、勿論 完走・・・・・・もう当たり前でしょう!!

驚き2:コバちゃん(2ヶ月目)最初の20%超100m,次の26%を
     クリアして、反対側の20%超と3連続攻撃です。
     彼はほぼ全力を出し切って登った筈ですが、無事ゴールと
     思いきや折れ曲がった2段坂です!OH MY GOOOOD!

     こう言うケースは登頂したと思い込んでのマサカの2段目です
          からほぼ絶望して萎えて足付きが相場ですが、根性で2段目
          を登り切りましたねえ!!これには絶句でした2ヶ月目(総走
          行距離600)ですよ!!
     普通は出来ません絶対出来ないでしょう!!

こうしてチャリ半年のヨネちゃんとチャリ2ヶ月目のコバちゃんで、田園
調布を楽しく堪能して、帰路につきました。

コバちゃん!!マジになっちゃいますよ!!!半年後には和田、風張
林道を登れる様になろうじゃないか!!
ヨネちゃん 200付き合ってあげるから、計画作ろうぜ!!

彼らの戦いの様子は現在編集中ですので、TOU-TUBE完了次第順次
掲載致します。乞うご期待!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仕事の前の緩いポタ(狭山湖、多摩湖)

Sdscn0842
狭山湖の休憩所にて
隣のアンカーは、小平からのローディーさん

Sdscn0849
多摩湖からの帰りに偶然発見した最強のアイス屋さん
ここのアイスは近所では有名なようで、特にミルクアイス
は、ほんのりした甘さで最高に美味しいです。

Sdscn0850
アイス屋さんのハナミズキ?
しかし住宅街の真ん中に牧場アイスがあるなんて普通は
分からないでしょうねえ。

仕事前の緩いポタ
早朝、5時半にR/2で飛び出して、午後からの仕事前の
緩いポタに出かけて来ました。奥多摩に行くのは時間的に
難しいが多摩湖、狭山湖なら甲州街道で立川、芋窪街道
で多摩湖と50km弱、2時間程度で充分行けます。

今日は、緩いポタの積りで、行き掛かり上、環八の砧公園
で岡本3丁目の激坂で軽くウォーミングアップ。

環八から甲州街道に出て巡航28程度でノロノロ走ってまし
たら(R/2は結構速いですね汗)若いロディーさんに追い
抜かれて、並走信号ストップで、話をして奥武蔵グリーンラ
インに向うとの事。

彼に引っ張ってもらって巡航35でちょっと頑張るポタ!!
10km程度そうして気持ち良く走っていると、今度はピナレ
ロのロディーさんに一気に抜かれて、追尾・・・・巡航42。
結局、千切られてしまいました(涙)

どうして、あんなに速く走れるんでしょうねえ???

緩いポタがサーキットに成っちゃいました。立川で別れて、
多摩湖へ向い、ダートの激坂に挑戦!!(動画後報)
意外とダートも面白いですねえ。しかし700Cタイヤでは滑
るし、埋まるし緩い地盤でのダート激坂は難しいです。


多摩湖、狭山湖・・・・・・・新緑が最高で、しかも時々激坂が!
近くて且つ結構面白いかも知れませんよ。

膝の具合がまだ本稼動には、ちと早いので丁度良いポタ?
だったかも知れません。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

膝の痛みは何処へやら??(麟誠鍼療院は凄い!)

Photo_7
1941年 石川県金沢市生まれ。
早稲田大学第一法学部卒業後、日立系の会社に入社しました。
その後交通事故にあい生死をさまよい、鍼に助けられた経緯か
ら鍼灸の道へ入りました。
これまで30年以上の鍼治療を通じて、延べ60万人以上の患者さ
んを治療させていただきました。
今後も少しでも多くの患者様に鍼治療を通じて健康な体を維持し
て頂き、元気で明るい毎日をお過ごしいただきたいと考えており
ます。
院長先生です。強烈な個性ですが兎に角、緩和します治ります!!

Photo_8

麟誠鍼療院で最も経歴の長い、一番の古参。
まじめがとりえで28年間無遅刻無欠席です。
当然、患者さんからの支持は厚く支援者は多数います。
有吉 康雄 45歳 (副主任)
この先生が極真の先輩であり、小生の主治医さんです。
コバちゃん、写真が中々ええですねえ!!

風張峠の兜屋激坂を登攀して膝周りの筋肉や筋が緊張凝固した
事で、膝の痛みがかなり大きくなっていましたから、直江津行が心
配で、昨日 
麟誠鍼療院 に治療に行ってきました。主治医のコバ
ちゃんはあいにく不在でしたが、院長先生は居られて、何時もの
様に毒舌です。

院長>おお!今日は膝か!?
ノー>ハイ、ちょいとやり過ぎました。
院長>また自転車か?
ノー>はい・・・・・・・汗

院長>また何処か行くんか?
ノー>ギク??・・・・あの・・・直江津って所まで。
院長>ふーーーーん
    ところで、ちと太ったなあ!!
ノー>シーーーーン
院長>足診ながら・・・・・・真っ当なサラリーマンの足じゃ
     ねえなあ!!仕事やってないだろう!?
ノー>シーーーーーーン


軟骨磨り減り系の痛みだと大問題ですが、院長先生が触ると一発
で筋肉系の痛みである事が解ります。

風張ツアーの翌日から勿論ジテ痛を開始しましたが、痛みが怖くて
五反田の坂で踏み込めません。いつもはTOPギアで駆け上がるこ
の坂をMAX-LOWで、しかも痛みの無い右足中心で走ります。
(これを繰り返すと、目出度く右足も痛い痛いに変身するのですが)

治療は鍼とお灸と、マッサージと真空ポンプでの強制血行促進です。
治療中は、熱かったり痛かったりですが、治療が終わると

           
痛みは何処??

5/2の直江津行が迫っていますので、少し安心しましたが、少しでも
違和感があれば、スケジュールを延伸する積もりです。が出来れば計
画通りに実行したいと思っています。

しかし、常々麟誠鍼療院にはお世話になっており、この場を借りて御礼
申し上げます・・・・・・っても誰も見てないわな(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2009年4月18日 (土)

次回 アラファイツアー原案

Photo
↑ここを登るんです

超時短!風張林道ツアー

はいはい!無宿さんの疑問にお答えして、次回原案をプレアナウンス
しておきますね。

はっきり言って次回は、風張林道です。まあ名前を聞いたら恐ろしいか
も知れませんが??殆どの人が食わず嫌いな場所ですから、実際登っ
てみれば、たいしたモンじゃおまへんがな!!

更に今回は、家族思いの原点に立ち返って超時短ツアーです!
皆さんをトラックに自転車ごと積んでビューンと風張林道までビタ着けして
さっさと登ってさっさと帰る!!が基本コンセプトです。

超時短ですから、午前7時にスタートして、何とか12時帰宅を目指します
よ!!

超時短タイムテーブル

07:00  多摩CR7/11集合
07:10  全員、全車積載
08:30  風張林道回転場着
08:40  ウォームアップ
08:50  アタック開始
09:40  登頂完了
10:10  回転場着
12:00  多摩CR7/11着

各自の都合により送迎を検討します。
最大、収容人員は7名です。
残念ながら、今回は飛び入り参加は不可能ですので、ご了承下さい。

参加予定者

無宿さん
八王子総裁
オムアリさん
ヨネちゃん
SIGちゃん
ノールさん

登攀ポイント

◆回転場からキノコセンターまでの約1km強の20%群のクリア
◆中盤のガギガギ激坂20%のクリア
◆中盤緩斜面での休息
◆終盤の1kmマーカーからの中激坂の踏ん張り

風張峠のバイクの爆音が聞こえて来たら終盤ですから、そこから
は意地と根性で登って下さい。キノコセンターがクリア出来れば成
功率40%です。中盤のガギガギ坂がクリア出来れば成功率60%
です。バイク爆音が聞こえて来たら成功率99%です。

皆様!頑張って下さい。トラックレンタルの費用は事務局で賄いま
すので、参加費用は一切掛かりませんよ。運転手さんは要検討で
す。
風張林道SPEC

◆平均斜度 13%強
◆距離    4.7km
◆標高差   629m

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

時に悩む事もある!?

自分は即断即決型の人間だと思います。
何でも、直ぐに決めて後で後悔する事が多い軽薄型かも知れません。

今、とても悩ましいのは、直江津アタック350です。
相棒のKOZOさんが、絶筆になり残された小生は、単独行で走破する
のですが、問題は如何なる自転車で行くか???如何なるルートで行
くか?です。

問題点1 どのマシンで行くか?

◆候補1 ESCAPE-R/2(10.5kg)
  強み:軽量で坂道にはダントツで強みを発揮する万能マシン。
     何処かで、全くどうにも成らなくなっても、輪行で帰還出来る。

  弱み:パンク修理が全く出来ない。パンクした時点で the END!
           ママチャリのポリシーに抵触するので忸怩たる思ひ??
     夜間走行時のライトが弱い!!


◆候補2 メリー(15.0kg)
  強み:パンク時に応急修理(タイヤパンドー)が可能である。
     ママチャリポリシーに抵触しない為、気持ち的に楽である(笑)

  弱み:どうにもこうにも成らなくなった時に輪行で退却する事が出来ない。
           車体安定性に若干の不安が有る。高速性能が低い。


◆候補3 BRAVE-STAR(22.0kg)
  強み:マシンの安定性が極めて高い。故障が全く皆無である。
     高速性能が高い。ガチンコママチャリである。

  弱み:トータルエネルギー量は他の2倍以上である。
           どうにもこうにも成らなくなった時に輪行で退却する事が出来ない。

以上の点で比較検討中なのだが、BRAVE-STARでは消費エネルギーの
関係で完走可能性が低く、問題外である。よってR/2かメリーの選択肢なの
だが、未だ決めかねている状態です・・・・・・・うーーーーむ 悩ましい!


問題点2 どのルートで行くか?

◆候補1 20号(甲州街道)19号の連携 350km
  強み:何となく景色が綺麗なんじゃないかと思う。
     激坂三昧でお腹イッパイに成れる!?

  弱み:距離、トータル高度共に中仙道ルートに比べて大きい。
           まだ雪が残って居るのでは無いかと言う懸念。


◆候補2 17号(中仙道)320km
  強み:極めて解りやすいルートである。トータルエネルギー量も少ない。
     一度、既に軽井沢まで走った事がある。

  弱み:夜間に碓氷峠を走るのは怖い(笑)
           自転車屋さんが少ない!


ルートに関しては、この2案で検討していますが、候補1の方向性かと??
楽しく悩んでいるのですが、もう少し情報収集が必要ですね。

4・12の風張ツアーで膝を痛めて、日取り延伸も考えていますが、必ず
行きたいですねえ!
 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2009年4月17日 (金)

風張ツアー(林道あそぶ ヨネちゃん)

いけませんねえ!!

激坂ご対面は、登りでこそ良し!!下りでそれやっちゃうと実際より
も坂が厳しく見えちゃうんですよ。

しかし、泰然自若のヨネちゃん・・・・・全く動じませんねえ。
これは、毎日ののぞき坂登攀の成せる業でしょうか?
風張林道を風張峠側から、一気に下ってきました。

ロードチームと分かれてOVER50sは、安定走行のクロス&ママチャ
ですから、風張林道などモノともしませんよ(笑)

激坂激震部のキノコセンター前から回転場までは、それはそれは
止まりませんよ。あの直角カーブ&ノーガードレールの場所も何の
その!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

風張ツアー(宮ヶ谷戸の激坂)

激坂は別腹でしょ!!

風張林道を後にして、ロード組のいる武蔵五日市を目指しますが
ついつい激坂に目が行ってしまいます。

御前山の登山道のある宮ヶ谷戸から少し行った所でしょうか?
民家のアプローチ激坂を発見して、勿論!美味しく戴きました。

SAKABAKAですから激坂は別腹でしょ!!しかしBRAVE君では
難しい斜度に、扱けると落っこちる激狭環境ですから、ヨネちゃん
のR/3を拝借して、登攀しました。25,6%って所でしょうか?

まあまあですねえ!!実は奥多摩は激坂の宝庫なんですが私も
含めて、皆さん激坂探さないですよねえ。

何故なら、もっとずっとメジャーな峠があるからですよ。峠も飽きる
から、次回から少し激坂探訪も実施したいものですねえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月16日 (木)

風張ツアー(林道あそぶ ヤラセですが何か??)

ヤラセですが・・・・撮影失敗でもう一度!

林道下りのシーンが、上手く撮影出来ませんでしたので、仕方なく
再び風張林道をママチャで登ります。

小さい青いノールさんの後姿が、森に消えそうで消えてませんねえ!
ハイ・・・・・ヤラセです。

いつ来ても回転場の雰囲気は良いですねえ。
写真で見ると結構豪快にラウンドしながら登ってるのが堪りません。

前回はキノコセンター手前150mで玉砕しちゃいましたが、ここを
せめてセンターまででもママチャで登攀したいものですが、今回は
足が有りませんでしたから、チョットだけ登って撮影しました。

実は次回ツアーはここが良いと思ってます・・・・が??
如何なる事やら??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

風張ツアー(突然現れて風の様に消えて行く2人)

1分21秒後に!一瞬ですから良く見ないと!!)

この動画を再生すると、1分21秒後総裁、オム姫コンビが
風の様に現れて、疾風怒涛の如く消えて行くシ-ンが見られます。

いやはや、現オバファイ(オーバーファイブ)は、圧倒される暇も有り
ませんでした(汗)

これは、チャリ性能の差ではありませんねえ!エンジン性能の違い
に寄るものだと、思いますねえ!恐ろしや!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月15日 (水)

風張ツアー(風張林道を下るアラファイ)



林道遊ぶ!

ロードバイク組と分かれて、クロス、ママチャ組みは風張林道遊び
に耽ります。

何度行っても、素晴らしい激坂です。風張峠の様に煩いバイクも車
も全く居ません!!ただひたすら激坂を下ります。こんな所はクロス
は勿論、BRAVE君は圧倒的に安定飛行なんですねえ!!

走行安定性に優れた警察車両のBRAVE君を過信はしませんがゆ
とりが有ります。

チャリ半年のヨネちゃんに、ここを紹介するのは、早すぎますが、きっ
とR/3なら制覇出来るでしょう!!頑張って!の気持ちを込めて!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

風張ツアー(風張ランナー)

上には上が!?風張ランナー

数馬手前でお会いした風張ナンナーさん!
武蔵五日市駅から奥多摩駅まで、風張峠を越えて走り通す。

兜屋さんに入る前にまたお会いして、2度ある事は3度ある!
ゲートで電池交換してる最中にまたまたお会いして「自転車降りて
カメラを固定されたら良いですよ」・・・・ナイスアドバイス有難うさん!

颯爽と走り続ける姿に乾杯!!
しかし、上には上が居るもんですねえ。ランナーさんに抜かされちゃ
うママチャリも何だかなあ??

ツアーの醍醐味は坂を登るだけじゃなく、こうして現地の方を含めて
友に巡り会える事でしょうね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年4月14日 (火)

風張ツアー(膝壊したのはここが問題地点)

風張峠のドーナツ道路をご存知か??

周遊路から、少し反れて兜屋さんへ向います。メリーの時は全く問題
無かったのですが、王者BRAVE君では、勝手が違います。
目黒から80km、本宿から10数キロ、トコトコ遣ってくると徐々に来て
ますとも。太股と膝が笑っています。

出来る筈だ・・・・・なんて今の状態も考えずに挑戦するつうのは、無謀
と同じである。ゲートまで300mこの激坂を登攀して周遊路に戻る積り
が、坂登れませんでした(涙)

よって、兜屋さんの駐車場から再び坂を降りて、周遊路に戻って風張
を登ります。がここでカメラの電池切れです(爆涙)

筑波の不動峠で実践済みの、走りながらカメラ電池交換と言う自分ウ
ルトラCを敢行するも、電池は入るのですが、カメラを固定出来なくて
固定するまでゲートの空き地を数回旋回して、何とか完了。

するとあのランナーさんが追いついて来て、止まってやれば!とアドバ
イスして呉れるのですが、SAKABAKAの掟・・・・足付きは厳禁ですから
困ったものです(笑)

ここでも、皆さんにご迷惑をお掛けして、遅れに遅れて!!申し訳ない!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風張ツアー(出発の時)



総裁、オムちゃんが飛び出して!?

普通のアラファイさん(オム姫ブログ参照)は、あっと言う間に離されて
行きますが、気にしません!!

オム姫はこの風張で怪我をして、九死に一生を得たそうで、ヘルメット
が生死を分けた・・・・・・・・・ううむ!!
正しいママチャリだあは、レーパンにヘルメットって事だな・・・よーーし!
ちと恥ずかしいが、そうしてみるのも、良いかも知れないと思うのは彼女
の話に妙な説得力が有るからである。

しかしBRAVE-STAR分かっちゃいるけど、重いわ!
これで、遣れないと堕落しちまうからなあ??まあ当面は頑張ろう。
KOZOが戻って来るまでは!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2009年4月13日 (月)

風張林道から武蔵五日市の道で!

Sdscn0823

風張林道ダウンヒルをヨネチャンと堪能して定番の回転場
にて記念撮影です。早々ここをママチャで制覇したいもの
です。

ヨネチャンも、連日のR/3階段担ぎ上げで1年後位にはこ
こを登攀する事が出来る様になっている事でしょう。
その前に白石ですか?

Sdscn0825

いつ来ても、風張林道からの道は、広いわりに車が全くいません。
風張峠の幹線道路と打って変わってゆっくりと景色を眺める事が
出来るのでお勧めです。勿論!風張林道は最高ですよ!!


Sdscn0826

奥多摩はまだ充分、花見が出来ました。昨日がきっと最終日
なのでしょうが、枝垂れ桜の綺麗なこと!!

この後、宮ヶ谷戸の先で香ばしい激坂を発見して美味しく戴き
ました。

今回のツアー所感
BRAVE-STARでの2度目の登攀になりました。最初の登攀
は箱根芦ノ湖帰りに八王子宿泊して翌日アタックする峠のダブ
ルヘッダーでした。

宿泊で体力回復出来た事、八王子から短距離でのアタックだっ
た事もあり風張峠は、それほど厳しい峠と言う感触は無かった
のですが、目黒からBRAVE-STAR自走アタックは其れなりに
厳しかったのだと思います。

10%エリア、ゲート後の9%エリアは亀の子で耐え切れましたが
都民の森までの1kmをハムストリング走行に切り替えてからが
地獄でした。

兜屋の激坂で既にハム走行を使っていましたから、太股前後の
の負荷が上がり、更にハム活用ではペダルを蹴っ飛ばす感じに
成るので膝の負担も上がり、結果として最後は禁断のダンシング
で乗り切る格好になり全く余裕が有りませんでした。

限界点で、無理に引っ張ると体を痛めてしまいますが、その典型
が昨日だった様な気がします。

先週、BRAVEで和田玉砕していた事もあり、風張で負ける訳に
は行かないと言うプレッシャーで体を壊す事になったのは、全くの
ミスだったと反省しています。兜屋は回避すべきだったのかも知れ
ません・・・・・が良い激坂なんですよ(笑)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

風張峠ツアーお疲れ様でした!!

Sdscn0789
武蔵五日市駅前にて

恒例の駅前写真撮影です。
初めて風張峠に挑戦するSIGさんは初の100km走破も
兼ねて、更に新車での参戦でした。

チャリ初めて半年のヨネちゃんは、たった半年で風張峠に
挑戦する域に!!


Sdscn0790
大御所の八王子総裁は余裕モードですが、実は体に大い
なる不安を抱えてのアタックでした。

オムアリさんは、最速お姉さんで、男共は八王子総裁以外
は彼女について行けませんでした。恐るべし!!

Sdscn0815
定番 都民の森で大いに休息(のろのろオジサンを待って
強制的に休息の二人も?!)
その後は、これも定番の奥多摩周遊路最高地点に向かい
ました。

Sdscn0816
ここで、風張峠を滑空するロードバイク組と風張林道を怖い
もの見たさで、ノロノロダウンヒルのクロス&ママチャ組みに
分かれて武蔵五日市を各々が目指します。

結果
SIGさんの初100kmは、アバウト100マイル弱まで伸びて
達成しました。

ヨネちゃんは、目白からR/3で自走。半年で此処まで遣れ
たか?・・・・自分を振り返ってみると、まあ空恐ろしい!!
問題は、武蔵五日市で軽装に変えていなかったが為に熱放
出が出来ず、最後は相当苦しい戦いになったと思います。

総裁は、ゲーリークパーを押して、全く問題ないみたいでした。
帰りに70km/hクラスのダウンヒルを展開されたとの事!!
下り踏み込みますねえ!!

オムアリさんは、少々物足りなかったでしょうねえ!!
皆、彼女の走りに圧倒されていたようです。小さな体が大きく
見えたのは錯覚ではなかったのでは!!あれから帰って家事
って恐るべし!!

小生は、舐めて掛かってましたから、兜屋裏の風張峠唯一の
ドーナツ激坂など登攀して、思った以上に足やられ、ゲートから
都民の森まで地獄でした・・・・情けない。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (1)
|

2009年4月11日 (土)

やっと風邪が治りました!!・・・が?

風張ツアー大丈夫か俺??

と実は、しぶとく体内で生き残っている風邪に辟易しつつ
も若干焦っておりました。

夕方になると症候群で熱が出て来る、この厭らしい風邪は
すでに2週間目に突入して、薬でもぐら叩き状態が続いて
おりましたら、ひょんな事から・・・・と言うかカミさんが養命
酒飲んでみたら??の一言で劇的改善の方向へ!!

更に、風邪薬を医者の調合したものに変える事で更に改善
が加速して、やっとこれなら、BRAVE-STARで参戦しても
何とか乗り切れそうだと安堵しておりましたら、悲報が!!

自転車を降ります・・・・・??

暫し、耳を疑う電話の向こうの淡々とした語りに絶句しつつ
安易な引止め作戦など通用するはずも無いのは重々承知
之助で・・・・・少し考え直してみたらどうか?早まってはなり
ませぬ!

相棒が自転車を辞めると言う!!

まあ、心に定めた彼にとって、既に過去の事を蒸し返され
ても仕方の無い事なのだろうと、それで話は相い解った!!
とは言え縁が無くなる訳じゃ無いのだから、また時々遊びに
来いよ・・・・と受話器を置いた。

詳細はミクシの方に日記に認めて報告するらしいが残念な
事です。折角、苦労を共にして来た仲だから、このまま続い
て欲しいのは勿論なのだが・・・・・それがケジメなのだから
仕方の無い事なのだろう。

色々と有難うよ!!相棒!

気が変わって戻って来る事もあるだろうよ!!そん時はま
た今まで通りに走ろうじゃねえか!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー2(麻布 三年坂 20%)

麻布 三年坂 20%

こんな所に、これだけの坂が居たなんて、全く思いもしませんでした。
美しいタイル張りになってしまって痛々しい限りですが、往時はこじん
まりとした上にも、複雑な地形に緑が栄える!そんな箱庭がここに
存在したと推察できます。

坂は綺麗に整備してしまうと、その価値を大きく削がれてしまうもので
歴史を止めてはいけないのです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー2(恵比寿 名無し坂 40%超)

恵比寿 名無し坂 40%超

この坂は、自転車での登攀は不可能です。
斜度40%は自転車で登攀臨界点だろうと思われますが、可否は
路幅にあります。路幅50cmで30%は臨界点に近いですし40%
で路幅100cmなら登攀可能です。何故なら斜め登攀が可能だか
らです。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2009年4月10日 (金)

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー2(赤坂 丹後坂 40%超)

赤坂 丹後坂 40%超

これは、どう考えても無理でしょう!!
写真で見るのと、実際に行って見るのでは大違い!
坂サイトの写真からは階段脇の通路ならば、登攀可能と踏んで現地
に赴いてビックリ!!

途轍もない斜度で、登攀は勿論、降りる事すら難しい激坂でした。坂
ミシュランさんとの相互乗り入れを推進する為に、坂を押して上がって
その様相を動画に収めましたが、未来永劫、ここを自転車で登る人は
現れないだろうと思います。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー2(赤坂見付け裏 名無し坂 20%)

赤坂見付け裏 稲荷坂 20%

何かに惹かれて、この坂を登ってしまいました。真っ赤な朱塗りの
鳥居のせいでしょうか?
ちょっと異質な坂には魅力がありますねえ!斜度もそこそこあって
ワインディングロードと言うのが最も美しい坂の要素だと私は思い
ます。因みに真っ直ぐで単純斜度(斜度変化が乏しい)の坂は深み
が有りませんから、駄坂と言う事になります。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 9日 (木)

長崎 雲仙

3分間峠シリーズ
雲仙ヒルクライム


小浜から雲仙登山道にて、雲仙ヒルクライムを開始したが頂上まで
登る事は不可能である。頂上付近の仁田峠が車専用道路である為
自転車の乗り入れが禁止されているのです。

仁田峠まで総行程15km程度で斜度は6%程度だと推察出来る。
途中の温泉街では火山性ガスが噴出しており、怒れる活火山なのだ
と思い知らされる。多くの人命を飲み込んだ雲仙普賢岳は般若の形
相で海を見つめてそそり立っていた。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュランさん これが都内最強の激坂です!!(小石川 庚申坂 31%)

春日 庚申坂 31%

これひょっとすると飽の浦35%より難しい
超難関激坂で、勿論!都内最強です!


階段系の3段坂です。登攀通路も60cm程度確保され斜度は
30%超と充分登攀の条件が整っています。若干左に湾曲して
いますので、ウィリー制御と方向修正が必要な登攀可能で難易
度激高の坂です。

1回目のアタック: 1段目でふら付き失敗!


2回目のアタック:2段目まで到達したが同じくふら付き失敗!


3回目のアタック: 1段目で壁に触れましたが立て直し制覇!!

斜度的には問題ないのですが、狭い通路での姿勢制御、ウィリー
コントロール等バランス感覚とパワーの両方が必要ですね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND30% ツアー 2日目

Sdscn0786

東京で最も桜が美しいのに誰も花見に来ない場所

この贅沢な風景をたった数人で独占できる都内で唯一の
場所です。

Sdscn0784

由緒ある正門でしょうか?
ちょっと見かけて行って見れば桜御殿がそこにあって親切な
守衛さんから入って見る許可がおりて、動画を含めて沢山の
写真を撮る事ができました。

Sdscn0787

最後は目黒川を散策して、坂ミシュランAROUND30%
激坂ツアー2日目を終了しました。

獲得した激坂は以下の通りです

◆麻布三 年坂    25%
◆赤坂   丹後坂   40%超
◆恵比寿 名無し坂  40%超
◆赤坂   弁天坂      20%

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年4月 8日 (水)

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー(新宿7丁目 小学校脇激坂 29%)

新宿7丁目 小学校脇激坂 30%超

新宿7丁目は新宿区の頂上に近く、高台になっている関係で結構
な激坂が潜んでいます。

坂ミシュランには斜度40%の梯子坂が登録されており、この坂を
探索する過程で、小学校脇激坂を発見しましたが、登攀出来ませ
んでした。階段坂の特徴である非階段部分の通路が極端に狭いと
登攀が難しくなりますね。

この坂は新しく少し風情に欠ける感じがしました。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー(恵比寿 名無し坂 40%)

恵比寿 名無し坂 40%

何度かアタックしているのですが、未だに制覇は難しいです。
最初の段差に乗り切れないのは、一気呵成に登攀する勇気が
無いからですが、それは確実に怪我をするだろうと思うからで
あります。それこそプロテクター完全武装で臨まないと無理で
しょうねえ!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 7日 (火)

4・12 風張峠&林道ツアー最終案内です!!

Sdscn0766

4.12 風張峠&林道ツアー最終案内

(1)集合時間とメンバー

  08:00 多摩川CR 7/11集合
        無宿さん(bianchi)
        SIGさん (ロードバイク)
        オムアリさん(ロードバイク?)
                ふぅさん(来れれば来て下さい!)
クロス)
        ヨネちゃん(クロス) 
       ノールさん(ママチャリ)

  09:30 武蔵五日市駅集合
        八王子総裁(ロードバイク 無宿さんとバトンタッチ)

(2)コース&タイムテーブル

08:00 多摩川CR7/11集合
09:30 武蔵五日市駅着(多摩川CR→新奥多摩街道&睦橋通り)
11:00 都民の森着(桧原街道)
11:30 休憩
12:30 風張林道回転場着
13:00 風張林道 キノコセンターアタック遊び(笑)
14:00 武蔵五日市駅着
15:00 多摩川CR着
16:00 百草園 アタック(元気があれば??)
17:00 狛江解散(元気が無ければ百草無し16:00解散)

(3)その他
   各自固有の巡航で結構です。
   遅れ待ち合わせは都民の森とします(全員揃うまで出発せず)
   適宜休憩、みっともなく押し歩き、ヘタレ等全てOKです!!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

      

| | コメント (17) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー(音羽 八幡坂 27%)

音羽 八幡坂 27%

この坂は既に一度登っていますが、坂の構造が複雑で味わいも
深く気に入っている激坂の一つです。鼠坂探索時に再遭遇しまし
たので、勿論!登攀した次第です。
斜度は27%と低いのですが、左右非対称の坂で美しいですね。
この手の階段坂は斜度より通路幅がポイントです。50cmならほ
ぼ確実に登攀可能ですが30cmが限界点かも知れません。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30%ツアー(目黒 名無し坂 25%)

目黒 名無し坂 25%

目黒の30%超に再開する積りが発見出来ずに、代わりにこの
坂を発見しました。完全に民家のアプローチ激坂です。
どうしても、ドーナツのストテート坂には触手が動かなく成りました。

階段と併用の複合坂で、勿論、左右非対称です。ここは更に路面
の滑り止めまで、統一性が有りませんから素敵です。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2009年4月 6日 (月)

坂ミシュラン AROUND 30%ツアー(音羽 鼠坂 29%)

音羽 鼠坂 29%

この程度の坂に驚かなく成りました(笑)
坂がとても変則的な構造が良いですねえ!
全体的に複雑な構造の坂が面白い。左右否対象の坂に魅力を感じ
ます。
フロントがウィリーに成らない様な制御も其れなりに身に付くものです
が本当に恐ろしいのはリアがスリップする位の激坂ですね。

45%を超えると、怪我を覚悟のアタックで且つ成功は運次第と成りま
すので、リスクが高過ぎて躊躇せざるを得ないですね。アメラグのプロ
テクター実装して、我武者羅アタックと言う分野も有りますが??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー(番外編 青山墓地 桜のトンネル)

番外編 青山墓地 桜のトンネル

朝から気持ちが良い!
桜のトンネルは朝陽を浴びて輝き出します。この季節はそこ
彼処で、こうした風景を目にします。日本人に生まれて良かっ
たと思う時ですねえ!

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 5日 (日)

坂ミシュラン AROUND 30% ツアー(新宿7丁目 梯子坂40%)

新宿7丁目 梯子坂40%

これは、見ただけで既に登れそうもありませんでした。最初の段差を
乗り越える事ができそうもありません。勢いを付けてアタックすれば、
少しは登るのでしょうが、間違いなく階段側に落ちて怪我をしそうな
恐ろしい気配です。

登攀部分の路面の広さが25cm程度では、コントロール不能でしょう!
勿論、押して上がりました(汗)
早朝、スズメの鳴き声と、超激坂と銭湯と昭和の風景がそこに在ります。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂ミシュラン AROUND 30%ツアー 初めに

Sdscn0772

坂ミシュラン AROUND30%ツアー

皆様 坂ミシュランをご存知でしょうか?我々ママチャランカー
の間では、最早バイブル化しておますが、都内及び長崎、大阪
何故かリスボンの激坂を収集し、坂の評価、由来解説、マップ
等の激坂情報満載の坂マニア必見のサイトであります。

この坂ミシュランを閲覧して長崎の飽の浦変電所激坂を知り長
崎まで、そこを登りに行ったのでありますが、このサイトのお陰で
沢山の有益な情報や実際に激坂に出会う事が出来ました。

よって、感謝の意味も込めて、坂ミシュランの管理人さんに長崎
の報告をしましたら、丁寧な返信があり時間は掛かるが更に坂
の収集にご尽力下さるとの事、是非とも協力して行きたいと思い
ました。

出来れば上手く連携して、坂情報に動画情報を付与して、更に
密度の高い、坂アーカイブに成長出来たら良いと思って居ますと
のメッセージを添えて返礼としました。

と言う事もあり本日は、坂ミシュランaround 30%ツアーを独り
で開催し、超難関の激坂に絞ってアタックをしてきました。
勿論、激坂中の激坂ですから、多くは失敗の連続で、その失敗
の有様もご覧戴ければ、よりイメージが掴めるかも知れないと考
え全てを掲載する事にしましたので、ご覧下さい。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 4日 (土)

病み上がりの激坂探索(狸穴 植木坂20%)

病み上がりの体のチャックは程々に!
1週間もチャリに乗らないでいると、直ぐに体は鈍ります。
勿論、年齢的な要因が大きいのでしょうが、チャリ通五反田の坂で
それは、直ぐに解ります。

坂の頂上付近に差し掛かると、途端にペダルから力が抜けて行き
ます。肉体的な問題が大きいのですが、精神的粘りの無さも手伝
って、相乗効果でダメージを感じる訳ですよ。

こう成ると、焦っては成りませんよね。次第に体が普段の調子を取
り戻すまで、それは病んでいた期間の3倍程度掛かるのでしょうが?
我慢して粛々とペダルを漕ぐ事が正解なのですよ。

しかし、どうしても回復を早めようとか、こんな筈じゃあ!!??
なんて、思ってご覧の様な激坂を登ったりするのですよ。

これが、実に逆効果だと、後で知る事になるのですが、復帰や回復
を急いで、結局体に余計な負担を強いる事で事態は更に悪化を招
く事が多々あったと思います。

昨日は、その誘惑に負けそうに成りながら、この植木坂の手前で、
はたと我に返って!!

眼前の激坂を、登らずして帰す。
据え膳喰わぬも漢の誉れ(爆)


「狸穴 植木坂」
ロシア大使館裏の狸穴エリアは結構な坂が!!
狸穴坂の隣が激坂トライアングルです。何となく表の賑やかさに比
べてここは異空間と言う気配です。箱庭の風情が漂う品格と、大よ
そ似つかわしくない喧騒が激坂で交差する、不可思議な場所でも
あります。撮影は1ヶ月前のものです(未発表)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

直江津に向けて!!

Photo
上越地域振興局直江津港湾事務所より

5.2直江津に向けて!


インフルエンザのお陰で、金属疲労の只中にあった自分を少し
見直す機会を得て、自分なりに自然な歩き方をして行くのが良
いと決めました。

どうしても、先ずブログが先で、ブログを書くために峠を登る!
この考えを一新し、先ず自分が行ってみたい所、やってみたい
事を優先し、その記録を自分や家族の為に残す。故にブログが
在る。と定めて,まあ、ガツガツせずにのんびりと再スタートです。

最初の目標は「直江津」

これは、もう随分前から決めていた事ですから、粛々と実施した
いと思っています。相棒のKOZOさんは、きっと直江津に向けて
調整に入ってはずですし、彼のお荷物に成らない様に、こちらも、
また1ヶ月掛けて次第に体を慣らして行きたいと考えています。

出来れば、もう1回300をやっておきたい気もするが、今の所は
難しいので150程度を何回か実施するに留めて置こうと考えて
います。

しかし原点回帰と言ったばかりなのに??
直江津にBRAVE-STARでアタックするのは相棒に迷惑が掛か
ります・・・・・・・ここは悩むなあ!!!

ああ!嬉しきかな!悩み事多かれこれそれ??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 3日 (金)

清峰(長崎)頑張れ!となる袖摺り合うも縁の内!!

インフルエンザのお陰で!!

熱に魘されている時を除いて、土曜の夕方から今の今まで
テレビが最大にして唯一の娯楽でしらから、普段見る事の
出来ない時間帯に、かじり付きました。

そこで、気が付いた事が2つありました。

◆森田健作さんの当選のニュースに見るマスコミの不勉強

昨年の夏、初めて故郷の中学校の同窓会に参加したおりに宴
も酣、おそそろお開きにして帰ろうか?と言う時に突然!
森田健作さんが現れて、怒涛の握手攻撃に面食らいつつ、
あらら!本物の森田健作見た、握手した!
と格別嬉しい訳では無いが一期一会・・・・・多少の縁にちょっと
くすぐったい気持ちになった。

こんなに早く千葉県知事選挙があるなんて知りもしないで、森田
さんも大変だねえこんなに早くから選挙運動なんて!と頓珍漢な
応援をしたのが昨日の様な??と思う間も無く森田氏当選の報!

ああ我が郷土もまた、芸能人知事に染まっちゃうのね??
と、一抹の寂しさを覚えながらニュースを見ていました。

そこで、どこぞの局の若いアナウンサーの発言に、カチンコキン!
>森田さん ●●は何時までにどう実現するんですか?
        実現出来なければ責任は??
>森田さん 熱意は解るのですが、現実には・・・・・・??

この類の質問が若いアナウンサーの口から、さも私は県民の代表
国民の代表面して、礼儀もわきまえずに放たれるのである。
森田氏は元より、見ている視聴者の私まで、失礼にも程があると立
腹やる方無い!!マスコミの教育はどうなっているんだ!

誰でも、聞ける様な簡単で難しい問題を、全く勉強もせずに聞く方
法論だけで、畳み掛ける知恵の無さに驚きます。少なくとも千葉県
の抱える問題を少しでも勉強してから聞きやがれ!!と思う。

我々民間人なら当然、相手にモノをお聞きするには、その前に自分
なりに勉強した上で自分は、こう思って居るのですが、如何なもので
しょうか?と聞くものである。

それが聞く側のエチケットなのである。相手の事を全く勉強もせずに
一方的に質問をする輩は、その時点でサヨウナラ!!と相成るのが
礼節ある大人の社会の掟なのである。(サヨナラされて痛い思いをし
て、人にモノを聞く事の意味や作法を知るのである)

が、しかし、日本のマスコミ様は恐ろしく偉いので、若手に至るまで、
その様な日本古来の礼節などは必要ないのであろう!!
と思った次第です。

私はマスコミが大嫌いでありますので、そう思うのですが、尊敬する
故筑紫哲也氏や最前線のジャーナリスト一之瀬泰三氏などは、きっ
と左に在らず!故に彼らには、真っ直ぐぶれない哲学を感じます。
迎合しない高貴な思いが伝わります。若いマスコミの方々もきっと
コツコツと磨かれて立派なジャーナリストに育って行かれる過程なの
だと思って、矛先をそろそろ引っ込める事にします。(汗)

◆清峰(長崎)頑張れ!となる袖摺り合うも縁の内!!
長崎県・・・・・・と言う言葉には、ちょっと親近感があります。
まあ、日本人の特性?人間の特性でしょうか!?

袖摺り合うも多生の縁

まあ、ミーハー的ではありますが、唐津を皮切りに、広島でも、そして
長崎でも現地の方に・・・・・・・時にタクシーの運転手さんに大変お世
話になって以来、その土地のファンに成ってしまう。生来惚れっぽい
性格の私は、再び長崎へ・・・・唐津へ・・・・・広島へと連ねて行こうな
んて思うのであります。

そこでテレビで長崎の文字が躍ると、ちょっと首を上げて見るとなんと

選抜高校野球の決勝戦進出との事!!
喜ばしい限りであります。あの平地の少ない土地柄で、足腰が自然に
鍛えられ立派な球児が出来上がるんですねえ!!

逆境を順境にせよ!!って事でしょう!!・・・・・・・ううううう(汗)

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

和田から陣馬へ!

和田玉砕すると良く!登ってます(笑)

何故か、和田で玉砕した時には決まって陣馬まで登ります。
この風景が癒やしてくれるからでしょうか??富士山がもっと良く
見える日は更に豪華な絶景です。

もっと素晴らしい景色は雨の日にやって来るのですが、最近とんと
雨の日に登ってませんねえ!??

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 2日 (木)

あの日の和田をくだる

どんなに格好悪くても?
下りだけは、良い!


まあ、どんなに無様に登ろうと、下りはいつもカッ飛べる!
登りで苦しめば、苦しむ程、下りの開放感が増す気がしませんか?

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

あの日の和田 そんな時には!!

Sdscn0761

Sdscn0763

Sdscn0757

Sdscn0765

Sdscn0764

Sdscn0754

残念ながら富士山は見えませんでしたが、和田から見渡せる
奥多摩の山々は蒼く静かでした。最初に和田で惨敗した時も
ここまでチャリを引っ張り上げたものでした。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年4月 1日 (水)

あの日の和田



力の無さを痛感した和田!

先週の土曜日は、BRAVE-STARでの和田挑戦でした。
メリ-やR/2でなら、それ程難しい峠では無いのでしょうが、20kg
を超えるママチャリでは、ここはかなり厳しい峠だと再認識しました。
それ以前に、一向に力量が伴って居ないと言う現実ですね。

最近、自分の力量の無さをマシン性能によってカバーして何とか激坂
激峠をクリアした様に見えていましたが、これは全くのマヤカシで、本
来左程の力量を伴って居ないが為に、マシン性能へ逃げていた様な
気がします。

和田でジグザグ、押し歩きをするのも、随分久し振りですが、これが本
当の自分の性能と考えるとアザミや鳥海山を、これで登れるとは到底
及びも付きません。
まあ、焦らず、ゆっくりと力を貯めて行きたいものですね。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

原点回帰!!

Sdscn0766

時に!
まあ、少し休めや!!チャリもブログも!


と言う事で、インフルエンザに見事当選して、初めてチャリもブログ
も休止しました。良い機会ですから色々と見直す事も多々あり再度
原点回帰する事としました。
改めてママチャリの挑戦を続ける事とし、ブログとチャリの本末転倒
を是正して、チャリあってのブログとします。

「チャリについて」
この鈍牛BRAVE-STAR22kgで箱根を登った時の感動は??
R/2やメリーで雲仙や乗鞍を登っても何かこう感動の味が違う!
どうしても登れなかった峠に登れた感慨は、それはそれでひとしお
なのだが、なんかこう限界を超えてぶっ壊れそうに成りながら制覇
した。あの箱根の夏の感動は、何処へ行ってしまったのか?

やはり、ここは原点に立ち返ってチャリを見直す時期に差し掛かっ
たのだろうか?その選択肢は3つ

◆ママチャリBRAVE-STARで登れるまで追い駆ける。
◆ママチャリからママチャリに近いクロスバイクに転向する。
◆チャリを止める。
選択肢にメリーが無いのは、残念ながらメリーはママチャリでも、ク
ロスでも無くメリーと言う特殊なジャンルだからである。


「ブログについて」
1日3記事を発信するには、土日で21記事を書かなければ成りま
せん。従って土曜日には大きなアタックか、都内激坂ツアーなど、
記事を書く為の行為が成される事になります。
最早、奥多摩では登るべき峠の殆どに登ってしまい、記事を書く為
に地方行脚を繰り返す事になります。記事の為にチャリでは本末転
倒も甚だしい事から、今後は内容を吟味した1日1記事に変更します。
勿論、週末のアタックの結果しだいでは、複数記事も有り得ますが、
原則的には1記事、良い質のモノを掲載したいと思います。

読者の皆様には、ここに来て戴くだけでも有り難く、変わらぬご支援を
賜れますよう宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »