« 2007年チャリ始めた頃社内ブログシリーズ(2007年07月23日雨の大迷走) | トップページ | BRAVE-STAR22kg DE 何故か駅伝と競争? »

2009年2月14日 (土)

2007年チャリ始めた頃社内ブログシリーズ(2007年11月12日 雨の雲取大迷走)

Photo_7
霧雨に霞む雲取山頂・・・・・激寒!!
Photo_8
激坂の七つ石を走破して!激寒!

     土曜の午前3時に待ち合わせしましょう!!

  これが中年の良識あるおじさん達のお約束であります。
  A本部のB課長と中原街道平塚橋集合
  車で奥多摩へ
  深夜の秋川街道,青梅街道を走る。暗闇になれ青梅街道
  の風景が暗闇にうっすら見える。
  今年チャリ遠征した界隈が懐かしい。徐々に登り勾配が増
  して奥多摩湖 鴨沢着 6時。
  かくして雨の雲取大作戦の進撃の始まり始まり~ 
  命題は「日帰り必須・・・・・!!!である」
  ※雲取山はアプローチが往復20kmを超え、危険度は低いが数カ所
    激坂があり日帰り登山は夏期且つ脚力に自信がある方のみの称
    号???なのでありますが、今回、秋季トライアルを実施してみま
    した。日没との時間の勝負なのであります。大した事はないのです
    が(笑)
  6:40 鴨沢より順調に縦走
  9:30 七つ石頂上 七つ石直前の激坂に難航する
 10:50 雲取山頂   3つのガレ場はマキマキでぱす
  ※小生は2.3kgのパワーアンクル,10kgのダンベル装備の雲取
    嘗めまくり状態で登頂目指すものの、奥多摩山荘手前にて断念
    ダンベルをある場所に隠す・・・・・が結局、帰り道で見失い 
    ダンベルは山に寄付する事となってしまいました。
    しかし2017mの山頂は気温が急変し摂氏4度,風が吹くと体感
    温度は更に下がりじっとしていれば体は強張り、動けなくなるって
    状態ですから山を嘗めると痛い目にあうでしょう!
 13:30 雲取山頂発
 16:40 鴨沢着
  ※Bさんは久々の登山、かつてバリバリの登山家も運動不足には
    勝てません。登りの七つ石で大苦戦し、体力の殆どを消耗したにも
    かかわらず、下りは日没との戦いで負けられません・・・・何故なら
    山道口の近郊に危険個所が結構有る為、暗闇、ヘッドライト走行で
    雨の中では危険が大きい為。
 かくして結果オーライの雨の雲取大作戦は無事完了し
 奥多摩駅傍の「もえぎの湯」ざぶーーんって事でありました。
 

にほんブログ村 自転車ブログへLogo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 2007年チャリ始めた頃社内ブログシリーズ(2007年07月23日雨の大迷走) | トップページ | BRAVE-STAR22kg DE 何故か駅伝と競争? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2007年チャリ始めた頃社内ブログシリーズ(2007年11月12日 雨の雲取大迷走):

« 2007年チャリ始めた頃社内ブログシリーズ(2007年07月23日雨の大迷走) | トップページ | BRAVE-STAR22kg DE 何故か駅伝と競争? »