« 冬季和田アタック勢いで(笑)恐怖のダウンヒル後編 | トップページ | 世にも恐ろしい、馬鹿げた、笑い転げる、驚いた、チャリ話急募!! »

2009年1月15日 (木)

或るサラリーマンのSAKABAKA化の軌跡 実録風003

次々と100kmを超えるロングライド
江ノ島を境に、8900円のロングライドは次第にその距離を伸ば
し城ヶ島、相模湖と続き、奥多摩湖へと足を運ばせました。
会社の連中と自転車クラブを編成し皆で走る事の喜びを分かち
合い、沢山の素人が種々の自転車で拙いロングライドを敢行し
遠くへ行った。感激を皆で喜んだ。充足感!感動!

更に皆で走ると何故か全員が200km近い距離を走ってしまうの
には驚きを隠せませんでした。
最も驚かせたのはH君体重130kg!
彼は黄色い立派な空気入れを、あたかも忍者の刀の様に背中に
結わえ付けて参上したのは、普通に走るだけで、彼の重さで次第
に空気が抜けて行くからで!一同唖然としました。爆笑の出発。
城ヶ島から観音崎へと泣きそうな顔で走り続けたH君と川崎で別
れる、その時の彼の満面の笑顔・・・ちょっと自信が見えたのは?
何処まで走れるんだろうか?314kmを
ずっと考えていた事でした。その頃に相棒の8900円が盗難にあ
って2号ミヤタシティーサイクルを買った。今度は内装3段変速銀
色の格好良いチャリでした。これならもっともっと遠くまで行けるだ
ろうと・・・・・・その日を待った。

その日は簡単に遣って来た!ある週末の日の午前4時に家を出
て1日何km走る事が出来るんだろうと言う極めて単純なアタック
がスタートした。ワクワクする気持ちには到底慣れなくて、僅かに
いや、かなり大きな悲壮感を漂わせた出発だったと記憶する。
目黒から水戸街道、霞ヶ浦、利根川沿いに銚子へ向い銚子から
千葉、江戸川、荒川を渡り天王洲アイルから勝手知ったる目黒川
を遡上して武蔵小山の自宅に帰還する。300kmを超えるチャリ
を始めて最大のアタックだったと思います。チャリ開始10ヶ月後の
事でした。
利根の荒風に慄いて
自分の故郷に近い経路をとったのは、何か有った時に備えた計画
でした。利根川には子供の頃からよく釣りに行きましたから利根風
は良く知っている積りでしたが、こうして初めてチャリを駆って永い
長い道程を辿って来ると、風がこんなに重いものかと知らされました。
その重たい風に逆らって、蟻の行軍はいよいよ銚子市外へと連なっ
て、一つの感慨である銚子の灯台に迫る頃、7月の太陽は僅かな
陰りを帯びる頃になっていました。



疲れたから
明日に続く

にほんブログ村 自転車ブログへ Logo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 冬季和田アタック勢いで(笑)恐怖のダウンヒル後編 | トップページ | 世にも恐ろしい、馬鹿げた、笑い転げる、驚いた、チャリ話急募!! »

コメント

あの357号??銚子街道?の弁当屋の長椅子に寝転んで
暫し死んでたよ!あそこは、トラック多いから風とトラックで
堪らん堪らん!!川ってデカイ程風強くなるよな!!

ところで、今まだハムがヤバいんよね!

投稿: ノール | 2009年1月15日 (木) 22時40分

>のーさま

一昨年の秋頃でしょうか?、


強風の利根川CR逝きました。


前を、自転車で走ってるニキビ面の通学中学生団体、当たり前のように強風で次々倒れました。


しかし、
逞しい。
また当たり前のように立ち上がって歓談。


で、また倒れるんだけど、それが“日常的”なのかなかなか素晴らしい「ニキビ面達」。


へぇぇぇ~って、
感じで 、


「のーさま」も


もしかして?


「オーバートラップ」???

投稿: kozo | 2009年1月15日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 或るサラリーマンのSAKABAKA化の軌跡 実録風003:

« 冬季和田アタック勢いで(笑)恐怖のダウンヒル後編 | トップページ | 世にも恐ろしい、馬鹿げた、笑い転げる、驚いた、チャリ話急募!! »