« 白石アタック編002(残り4.8km地点) | トップページ | 風張峠アプローチ編006(甲武トンネリルから数馬へ) »

2008年12月25日 (木)

風張林道を考える

風張林道を考える

◆風張林道についての情報

正式名称:   林道風張線
距離   :      4.8km
平均斜度:         13%
最大斜度:         20%超
標高差  :        629m

檜原村の道路標識には以下の事が書かれている。
1.道幅が狭く急カーブが多い
2.路肩の軟弱なところが多い
3.路面の凸凹が多く冬は凍る
4.急斜面で落石崩れが多い
5.車の交換場所が少ない
一般車両通行禁止

元来、林業用道路として開発された道であるようだ。

◆風張り林道の魅力


風張り林道は多くのロディーの方々がアタックしトレ
ーニングする奥多摩の隠された名所のひとつだろう
と思います。

東京近圏のチャリ乗りであれば、一度は此処にアタ
ックしてみたいと思う魅力は、人を寄せ付けない激
坂のオンパレードと、苦労に見合う景色の素晴らし
さ、更に林業用に開発された道路の為に一般車両
が入って来れない安心感だろうと推察します。

ただしキノコセンター周辺には民家が点在し、勿論、
住民の方の暮らしがあり、彼らの脚としての車の往来
は認められているので、時折車が狭い道路を走る事
がある事を忘れてはなりません。


◆風張林道の構造

風張り林道は、その構造として登攀前半の回転場
と呼ばれる所からキノコセンター(民家エリア)まで
超激坂エリア(平均斜度17%最大斜度20%超)
と激坂エリア、緩斜面エリア、中程度のダラダラ坂
エリアの順で構成されている。坂の頂上1km手前
からは残りの距離が白いペンキで書かれている。

よって、概ね超激坂エリアであるキノコセンターを
クリアする事ができれば、ほぼ風張林道を征する
事が出来たと言えるのかも知れません。

唯一の平地であるキノコセンター前で走りながらで
も休息が取れれば、次の激坂エリアをクリアして、
更にまた中間地帯の緩斜面エリアで脚の休息をと
って、完走は目前と言って良いでしょう。
風張峠のバイク音が聞こえてくれば、道路には白
ペンキの距離表示が現れてウィニングランとなる
でしょう。


◆風張林道の掟

風張林道登攀にアッタクする前に風張峠からこの林
道を降りては成りません!!


初めて、この林道を下ってみて気が付いたのですが
坂の顔が登りより、下りの方が10倍恐い顔をしてい
ます!
故に殆どの方が最初に下りを経験すると登攀意欲を
無くしてしまうのです。こんな下りを登れるはずが無い
症候群です。

一方、初めて此処を登る場合は、挑戦する気概と、有
名な激坂の胸を借りる高揚感でアドレナリンが分泌さ
れ激坂が恐ろしく見えない事。故に、焦らなければ果
敢に且冷静に挑戦して、なんとかキノコセンターまで
辿り着き、そして勝機をぐっと己に近付ける事が出来
るでしょう。

従って、初めての方は下見と称して、最初からダウン
ヒルするのは避けて小生の動画でも参考にされてか
ら先ずは登攀する事をお考え下さい。

◆ダウンヒルの掟

兎に角、ブレーキ系統には最深の注意を払ってしっか
りメンテナンスしておく必要が有ります。

特に、キノコセンターからの下りでは斜度が高い上に
直角に曲がる所が有り、しかも其処にはガードレール
が有りませんから、そのまま谷底です。

もしブレーキ故障した場合は最悪、前方右手側の斜面
に自ら激突して止まり、前方左側の崖から転落しない
事のみを考える事です・・・・・・命が欲しかったら(笑)

大切な事は単独でダウンヒルをしない事だと思います。
近くの民家に助けを求める事が出来るからです。

とまあ、ここまでオドロオドロしい事を書きましたが、
この林道を征する事が出来れば奥多摩の峠や激坂で
登れないものは有りません!!(御岳を除き・・・w)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ Logo

ポチットお願いします
m(_ _)m

|

« 白石アタック編002(残り4.8km地点) | トップページ | 風張峠アプローチ編006(甲武トンネリルから数馬へ) »

コメント

今、走しり休憩中まったり有楽町

風張は結構ですよ!!距離無いからまだしも
あれで20とかあったら凄いんだけどねえ!!
ポチポチありがとさんです!!

投稿: ノール | 2008年12月27日 (土) 11時03分

おぉー、ためになります。
暖かくなったら、友達と登りで挑戦しようと思います!
ポチポチっとな。

投稿: Singo | 2008年12月27日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風張林道を考える:

« 白石アタック編002(残り4.8km地点) | トップページ | 風張峠アプローチ編006(甲武トンネリルから数馬へ) »