« 3峠 ロングライド005 牧場峠から宮ヶ瀬湖へ | トップページ | 激峠探訪 箱根012 フラワーセンターからのダウンヒル »

2008年12月 5日 (金)

輪行についての見解001

輪行についての見解

ママチャでヒルクライムには少しばかりの拘りが
有るのですが、その中で輪行の考え方について
小生なりの活用術を述べようと思います。


◆ノール版ヒルクライム基本ルール
   ・ヒルクライムアタックは原則自走。
  ・ヒルクライムではスタート地点からゴールまで
  ノンステップ、ノンストップでなくてはならない。
  ・全天候、全季節決行。

  ・基本ルールを時々曲げても許されるWww!

 
何となく最後の一文が全てを物語って居るに
 はいるのですが、それでも拘りを持ちたいもの
 ですね。既にママチャに拘っている訳ですから(汗)


◆輪行の考え方

  ●輪行をする様になった経緯

   雨のヤビツの教訓から!?
    今年の梅雨時頃であったと思いますが、2度目の
    ヤビツアタックの朝、天気予報は雨雨雨!

    例によって例の如く!雨天決行、既に横浜辺りから
    結構な降ってきてゴアのカッパで重武装しR/1を
    平塚から金目川沿いに名古木へ遡上。
    土砂降りで川の様な蓑毛を22kgのママチャでヘロヘ
    ロと1時間12分も掛かって登攀した。

    頂上には誰一人居らず、相棒(今回箱根に登場)の

    頂を待つ・・・・・が次第に体が凍り付いて行く!!
    暫くして相棒も無事初登頂を果たし、暫し休憩の後、ダ
    ンヒル霧と雨のダブルパンチに追い討ちを掛ける様な
    極寒状態・・・・・汗で濡れた背中が凍って行くのが実感
    できる。そんな中、蓑毛を下るが雨で川の様な路面に
    更に寒さと振動がブレーキングの手に押し寄せてヤマ
    ザキパンに着いてチャリを降りようとしたらハンドルにし
    がみ付いた手がハンドルから離れなくなって・・・手が開
    かない!!??

    山崎パンで温まって気を取り直して目黒に向うも直ぐに
    また手が悴んでしまい・・・・・自走帰還を断念してレンタ
   
カーで帰還したのが小生の輪行の始まりでした。

  
 和田表の屈辱からの教訓
   
裏和田を征していつか表もと思ってそこそこ目黒の激坂
   で練習を積んだ積りが22kgママチャは2/3地点でペダ
   ルに全体重を掛けても回らなくなって屈辱の玉砕!!


   すいません、朝の掃除、洗濯、布団上げ、観葉植物水遣り
   しないと殺されますので・・・・・・後は続きで紹介します(汗)
 



  

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

|

« 3峠 ロングライド005 牧場峠から宮ヶ瀬湖へ | トップページ | 激峠探訪 箱根012 フラワーセンターからのダウンヒル »

コメント

KOZOさん

あの時は本当に死にましたねえ(笑)
時々小雨になったりしてたんですが最後は
カッパの中もずぶ濡れでしたから凍りました。
手が開かなくなるのは初めての経験です。
冬季は厳しくなるなあ!!

投稿: ノール | 2008年12月 5日 (金) 10時03分

>のーさま


しかし、あの「雨のヤビツ」は衝撃的でしたね。

mixiの「のーさま」の日記見たら、「今、藤沢。これからヤビツ目指します。」って書いてあったんですが、外は大雨。

「マジ!?」
って感じでしたが、「ハンドルから手が離れない。」ってのも、凄いですね。


「脱帽!!!」(爆)

投稿: kozo | 2008年12月 5日 (金) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪行についての見解001:

« 3峠 ロングライド005 牧場峠から宮ヶ瀬湖へ | トップページ | 激峠探訪 箱根012 フラワーセンターからのダウンヒル »