« クレージーガール五反田 | トップページ | 五反田のロング坂 »

2008年11月 5日 (水)

若き友へ 何故 激坂を目指すのか?

これから、ヒルクライムを始める若き友へ!
きっと多くの自分のみが知る屈辱にまみれ、それでも自分
に負けたくないと言う細胞の叫びが、己を突き動かし,戦う
事を止めなければ、必ず扉は開く!!
恥ずかしながら当時の私の原点を再びここに記します。

それは忘れもしない、私がママチャでヒルクライムを始める
きっかけととなった戦いの記録である。2007年10月20日
の出来事である。
裏和田を先ずは征覇する事ができました。
陣馬山には何度も登ったが初めて登った時に他にもっと気
の効いた登山道があるのにこのコンクリートの不粋な道を上
がったのを覚えている。
どこまで続くのか歩いても結構きついコンクリートロード何度
もスイッチバックを繰り返して汗まみれで茶店に辿り着いた時
の汗みどろの爽やかさは忘れられない。
何度も登って次第に慣れて来て楽々モードになった折りにチ
ャリで登ってみたいと詰まらん事を考えた。
その頃やっと登山道が和田峠と呼ばれているのを知った。
灯台下暗しだ(笑)
チャリを始めて次第に100、200と距離を稼げる様になり和田
にチャレンジした夏の日
その日は30度をかなり上回る極上の熱さの中
目黒から八王子、八王子から路線バスで良く通った陣馬街道
をママチャで走る!
徐々に勾配がきつくなり熱さでかなり消耗したが和田は何とか
成るだろうと舐めていた。
陣馬高原下のバス停に着き少々休憩を取り和田に挑む!
はなから急勾配を走る真っ直ぐに登り1/3も上がらずに力尽
屈辱のチャリ転がし熱さの中で意地で22kgの相棒を陣馬山頂
に引っ張り上げた時にめまいがした(笑)
それがずっとワッペンみたいに張り付いて和田はいつか征覇せ
ずには居られなかった。
また一方で返り討ちの不安が付きまとう。
大垂水や目黒の坂で練習を重ね、いつ再挑戦するかを考えてい
たが未だ皆に宣言して実行する程勝ち目は無い!
土曜日の朝
11月のアタックでは寒さと風で和田は難しい
故にやるなら今日だと思った!
朝五時に覚悟を決めて走りだしたら雨で路面が濡れ路面抵抗が
高い!ギアが重い!
関戸まで一時間半も掛ってしまう程、雨が効く。大垂水をいつもよ
りゆっくりと越えた辺りから路面が乾き走りだす!体も動き始めた。

和田 行けるかも知れないな!
相模湖で長く休み体力の回復を待つ!
やがて意を決して甲州街道に駆け上がり相模湖を周回し吉野から
和田へのアプローチに入る
中央高速の下をくぐり素晴らしく爽やかな林道に感激するも直ぐに
登りが始まった!
やがて藤野からの道と合流して緩い登りになりチャリを走らせなが
ら休む!
暫くしてT字路に突き当たり和田峠の看板!いよいよ和田へ

段々道幅は狭くなり反比例して勾配は増して行く!体力の消耗が
始まる。30分位苦闘してやっと和田峠入り口のゲートが現れた。
写真を取りスタート時間を確認しままよ!と発進!
決して負けられない再挑戦!
直ぐに勾配がきつくなりご丁寧に13%のご案内(笑)
今日は負けませんよ~!ジグザグ走行開始!刻んで刻んで耐え
れば必ず頂に到達する!暫く走る走る。次第にエネルギー循環
に入る!
行けるな!
途中でパンク修理のロード衆から後少し7割り来たから頑張れ~の声
と同時にママチャリかよ~!(笑)
しかし7割は後で解ったが応援歌で真実は5割も行ってない(笑)
黙々と登る 次第に循環が壊れつつあるのを感じる時
上から車が降りて来る 路肩に避けゆ~っくり進む!ん?
おお~休めるじゃないか!!車を回避して発見
登りながら休む新たな循環を!
まだまだ走る
もう新たな循環も破壊に近い頃見上げればかなり頭上にガードレール!
忍耐が崩れそうになる
しかし負けられない
忍耐が破壊
負けられない
の繰り返しがどれ位続いたか解らないが山の斜面にコンクリート補強
の場所が見える!ネットの写真にあったゴール手前の風景が!そこ
に在る!
最後の力を振り絞りダッシュでゴ~~~~ル!!!
無心で吠える吠える
峠頂にいたロード衆がお疲れ~!と労ってくれる。熱き思いが込み上げる。

記念碑で写真を撮って頂き暫し呆然と高揚と!
記録
12:08発
12:31着
              たった23分の死闘が終わった

|

« クレージーガール五反田 | トップページ | 五反田のロング坂 »

コメント

八王子師匠

いやはや情けない(涙)
お大事にって、読んで痔の如しで
「お大痔なんよ・・デカイ」

たまりまへんなあ!!

投稿: ノール | 2008年11月 6日 (木) 20時23分

>ノー様
まぁそればっかじゃ無いんだけどね
何せ八王子は寒いからさ…

おだい痔にしてください

>kozoさん
脚 早く治るとイイですね
また走りましょう

投稿: R1@八王子 | 2008年11月 6日 (木) 17時17分

八王子師匠

風邪ひきそうなん?
鋸山で寒い中お待たせしたからなあ?!

メンゴメンゴ!

投稿: ノール | 2008年11月 6日 (木) 16時46分

kozoさん

そうだよ!
早く治して付き合いなさいよ!

待ってんだからさあ!水泳も行かなきゃなりませんしね!

因にこちらはオールシーズンでママチャですから!いつでも大丈夫ですよ!

投稿: ノール | 2008年11月 6日 (木) 14時16分

>ノーーーーーーーー様!

わかりやした!

自分の左足の故障が治ったら、「和田」へ連れて行って下さいまし。(涙)

>八王子さん

おだいじに。
風邪はかかり始めが肝心です。

投稿: kozo | 2008年11月 6日 (木) 14時02分

八王子師匠

いや、あたりです!!
実は痔になっちゃったんですよ(汗)
昨日、病院に行って診察受けて薬貰ったので
少し改善の方向です。

週末は百草園と和田の取材に輪行する予定なんですよ。
あの激坂デジタルアーカイブ実は自分で見るのが楽し
くて嵌っちゃってまして(爆)

日曜日は完全休業です・・・・(汗)

投稿: ノール | 2008年11月 6日 (木) 10時45分

ノー様
もしや腰が痛かったりしませんか?

毎週末 激坂を登って疲労がたまってませんか?

たまには休みましょうよ…


オイラは風邪な予感

投稿: R1@八王子 | 2008年11月 6日 (木) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若き友へ 何故 激坂を目指すのか?:

« クレージーガール五反田 | トップページ | 五反田のロング坂 »