« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

スーパーローアングル 裏ヤビツダウンヒル実験!!

裏ヤビツダウンヒル
SUPER-LOW-ANGLE!!


何故か、今日はハイテンション??
やっちゃいけない禁じ手をダウンヒルで恐る恐る!!
次第に、ガンガンとSUPER-LOW-ANGLEで決死の撮影
に挑んで見ました、
タイヤ目線で景色はどう流れるのか?

馬鹿な事やってるなあ!!とお思いでしょうが実は予てからこの
ローアングル撮影をして景色がどう流れているのか確認したかっ
たのですよ。なかなか見られない面白い景色なので、これを安全
に且つ、振動を極限まで吸収して鮮明な画像にして見たいと思い
ます。少し研究開発が必要ですが、頑張りますので応援クリック
宜しくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

取材完了!現在、宮ケ瀬湖にてまつたり! 

取材完了!現在、宮ケ瀬湖にてまつたり! 


久々の自走ロング。これやらないとアカンアカン
(^-^ゞ


朝からせっせと漕いで
大垂水、牧場、裏ヤビツと3峠を美味しく頂いて
これから後100km弱をまたまったり漕いで帰ります。
あ!

ヤビツで読者の方にお会いできました(^o^)/

記事は帰り次第、順次上げますので、特にヤビツダウンヒルのローアングル!

少し期待して下さい!

ではでは

さっ寒い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヤビツ撮影秘話??

ヤビツ撮影秘話?

動画を撮影しながら激坂を登る馬鹿な作業を
どうやっているのか、手の内をご紹介します。

と言ってもたいした事じゃありませんが、其れ
なりに苦労はあるのです。

◆撮影で心掛けている点


(1)撮りたい時に素早く景色を撮影する為の行為。
  ◆常に携帯やデジカメを手にしている。
  ◆撮りたい景色を通り過ぎた場合にUターンし
    て撮影する(足付きの危険が高い)


(2)画像の振動を極力抑える為の行為
  ◆デジカメを固定せず撮影時は常に手に持って
    撮影を行う。

では実際に、ヤビツのケースでの撮影シーンを撮影
しましたのでご紹介します。
これは、デジカメでの撮影待機の状態を携帯ムービ
ーで撮影したものです。まあこんな感じで毎回やって
いる訳です。何の参考にも成りませんが(笑)
 

まあたいした事ではありませんが、こうして激坂登攀中に動画を
撮影していますが、動画の揺れが酷い時には、本動画の様にデ
ジカメをエンドバーに固定持ちして撮影している時だと思って下
さい。片手での安定的撮影は結構厳しいのですよ(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 006

箱根006

富士屋ホテルから小涌園近辺の箱根激戦区を
亀々します。

強羅方面への分岐点、ここから小涌谷エリアを
耐えると、フラワーセンター、国道1号最高地点
はもうすぐです、最後の頑張り所ですから、根性
で亀々するしかありません。

小涌園手前のファミリーマートで饅頭でも食って
休みましょうなどど不埒な事を考えるのは止めな
さい!
踏ん張り所、ここで応援お願いしますm(_ _)m


小涌園を過ぎて少しすると次第に斜度は下がり、爽やかな林道が
続きます。取り敢えずの一段落 フラワーセンターまで後少し!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月29日 (土)

年内に遣り残した事を・・・・!!

  Photo

  ◆御神火スカイライン(伊豆大島 三原山)

  年内消化の最初のターゲットは伊豆大島の三原山
  です。既に今年、通常登山路から登攀済みなので
  すが、御神火スカイライン平均斜度10%は未登攀
  魅力的な斜度に6.2kmと距離も手頃な感じがしま
  す。高速船で夜間運行で入って、翌日には御帰還て
  スケジュール組めるのもまた魅力です。
 
   

  Photo_2

  ◆阿蘇山ヒルクライム

  
ここは、年末に女房殿の実家に帰省する際に
   いつか登って見たいと思っていた所です。

   メリーの搬送は難しいので、女房車ESCAPE-R2
     か
ママチャリ現地調達かで検討中です。

  斜度も白石レベルはあって距離は10km位ありそう
  ですから現地調達9800円ママチャで大丈夫か(爆)

  と言う事で、この2件を優先的に検討し、遣り残しの

         
御岳ケーブル脇激坂
       玉川学園の超坂


        は来年に持ち越してゆっくり楽しむ事に
         しようと思います!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 005

箱根005

いよいよ箱根の激戦区へ向かい暫しの平地を楽しむ
積りが、なんですか??この車の量は??
恐ろしくて、あの狭い歩道を亀々走行です。

ミクシ最強のチャリ戦士でブルペの帝王 下足番さん
から箱根なら富士屋ホテル脇の激坂あたりからだね
美味しい坂は!!と推薦されている辺りを走りなす。

ここから、小湧谷の小湧園を越える辺りまでが、頑張り
所です。動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

◆富士屋ホテル脇の激坂を走る




◆箱根激坂中心部を亀で耐える

次第に斜度は上がり、激坂がこれでもか?と襲って来るエリア
ですが、亀々走行で耐え忍びますよ!!
しかし、車の量が多いので朝早めの登攀スタートじゃないと厳しい
ですよ!次の動画の様に、車渋滞に巻き込まれて不覚の足付き
の危険
がイッパイですから気を付けましょう。動ここを耐えて小涌園
を過ぎれば緩斜面が出迎えてくれます!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 004

箱根004

緩斜面に遣ってきました、紅葉も素晴らしい
こんな景色に疲れを見失う!
大平台は束の間の安らぎなんですが、直ぐに!




紅葉ドームを満喫して、更に斜度は上がってきます。
しかし、箱根はそこかしこに走りながら休める場所があります。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月28日 (金)

週末の撮影ポタは少し踏ん張って!!

70623628_225

日曜日の撮影ポタは以下のコースとスケジュール
で走ります。もしピンクのママチャリ メリーでのろの
ろと走ってるノールを発見した方は、遠慮無く応援
をお願い致しますm(_ _)m


    04:00 目黒自宅発(中原街道)

    07:00 大垂水峠(甲州街道)
    07:30 相模湖
    08:00 相模湖発
    09:00 牧場峠(道志道)⇒撮影
    10:00 宮ヶ瀬湖
    11:30 ヤビツ峠(裏ヤビツ)⇒撮影
    12:00 名古木
    13:00 平塚(金目川 R/1)
    14:00 茅ヶ崎(R/1)
    15:00 横浜駅(R/1)
    16:30 目黒自宅着

掲載時間は、目安程度ですが、何方かお会い出来ると
幸いです。亀の子走行にガッカリされると思いますが宜し
くです。尚、地主様と常に相談しながらですので、地主様
が反乱を起こせば即退陣と考えておりますの悪しからず!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 003

箱根003

宮の下手前をエネルギー循環を感じつつ、亀の子走行
で走る。相棒の0さんはバテ気味でありながらも、先ず
間違い無く完走するでしょう!!彼の恐ろしさは、決して
ギブアップしない事なんです。


◆宮の下手前を亀の子走行で走る!?

 動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

Oさんを迎えに坂を下るも、きちんとキャッチアップ出来ていました
恐るべし0さん!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

尻が知りまへんと言っておるから?道志ようか!?!

080803_0705002

週末近くは、最早坂馬鹿の血滾るを止む事難し!

さあ大変。さーて何処へ撮影に行こうかなあと思案
投げ首。うーーーーむ!?
下の記事のスーパーレディーに負けたくないし(笑)
カと言って人に言えない心配事がモゾモゾと???
うーーーーーーーーむ?

でお尻に相談すれば、まあまあ温い峠なら百でも良え
んとちゃう?と言っている・・・確かにそう聞こえた!

ので、ここは自重して道志ようか・・・・て事で決まり!

高尾山の千代の屋で酒蒸し饅頭!
大垂水峠ラーメン??
相模湖の河内屋で餅もちお汁粉 のメタボセット

それから道志で牧場峠を何と無く登って降りて津久井
から、48号のミニストップでベルチョコミックスソフトして
ケ~ロ!!

つう事で温~~くポタポタって感じの撮影しますかね??


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 ヤビツ峠 FINAL

ヤビツ峠FINAL

やがて紅の刻も幕を閉じ、イザGOALに向けて
菜の花台から再スタートです。
辺りは更に夜の出で立ちに変わり、多くの人々
は帰途に着くのに、
私だけがヤビツGOALに向
けて
走り続けている。(可笑しなヤツがそこに)

菜の花台からは概ね緩斜面であるが,後半分の
道程が待っている。さて帰りはどうしたものか?

何処を走っているやら?帰途に着くローディさん
  が2名いました。

 画像が暗いですが、それでも見たい方はクリックお願いしますm(_ _)m    




更に漆黒の時間が過ぎて、風と寒さと汗!!
かなり暗い動画ですので、それでも見たい人だけ見て下さい。

この後GOALは突然やって来る!
ライトに照らされたヤビツの看板は白く輝いていました。
が、私はどうやって帰るのでしょうか??(内緒です)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月27日 (木)

そろそろ限界挑戦せなあかんが!?

   3389021_3913711710_2

   撮影ポタばかりやってると!?
   輪行ばかりやってると!!??
   温い走りばっかりやってると!?

       駄目になるな!!!

    ちょいと、最近の走りはかなりヤバイかも知れないと
    若干の焦りがあるのを隠すことはできまへんです!

    地主の具合が気になって、撮影が気になってと理屈を
    こしらえて、ヤバイヤバイ!!

       
年内にブッ壊れる寸前まで
        やらんと、正月でブタになるでえ!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 ヤビツ峠 005

ヤビツ峠005

浅間神社から菜の花台の展望台を目指しお天道様
を追う。否、勝負有りで日没間際の山々のシルエット
を掴もう!!

きっと富士は
に染まって、辺りは息を呑む美しさだ
と思いを馳せながら、最後の急斜面を駆る




菜の花台展望台、辺りは日没直後の静けさと、それを望む人々の
喧騒が交差する。

息を呑む紅が視野を覆う。真正面に富士をとらえ、暫し我を忘れる
自然の創り成す造詣や色彩は、人工的な何物も寄せ付けない。

ヤビツの真の価値はこの一瞬に凝縮されていると私は思う。

この風景の一瞬を体に刻む為にお天道様を追い駆ける。
そう、己の力、ただそれだけで、瞬間を掴む事。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

朝から超感動!!凄いと言う以外の言葉は無い!!

朝から或るブログを拝見して

        
感動!


相互にリンクを貼っているブロガーの
ふぅさん、相模野カントリー激坂登攀
のリクエストをしてしまいまして!?

この坂を女性が登ると言う事は女性の方
々には大変失礼ながら、極めて無謀な

ーパーチャレンジ
になる事を承知でふぅさ
んに投げかけた
重い直球です。

既に表裏ヤビツを制覇しておられる実力
と気力からすれば、一回で制覇出来ない
までも登頂されるだろうと思っていました。

がしかしかなり激しい戦いだった事が彼女
のブログ写真から伺えます。普通なら二度
目の限界点で諦めてしまうのでしょうが

 
登頂!!恐れ入りました!

ふぅさんの激記録の詳細は以下のURLで
拝見する事が出来ます。感動をタライいっ
ぱいに・・・・・・・・・・・・!!!

http://nonboo.sokowonantoka.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 OO2

箱根002

箱根登山鉄道の陸橋を通過すると次第に景色も
山々が頂きを見せ始め、紅葉を横目に気分良く
走る事が出来る様に成ります。

しかし、相変わらず路肩は狭く、車の往来は激し
い。
箱根を越えるなら夏場は午前4時、冬場なら
6時前後には湯本を発たなくちゃ!!


Oさん頑張ってます!メタボ解消で始めたチャリ
大垂水、ヤビツ、三浦半島と来ていきなりの箱根!
ちょっとキツいかも知れませんねえ!!
完走在るのみです!

箱根を1回でも越える事の出来た方はクリックお願いしますm(_ _)m

箱根は概ね最初の数kmと富士屋ホテル横から、小湧園前の坂
を越える辺りが難所です。丁度、動画の登山鉄道陸橋辺りで、エ
ネルギー循環に
持って行けなければ、足付、転がしを覚悟しない
とならないでしょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月26日 (水)

激峠探訪 ヤビツ峠 004

ヤビツ峠004

蓑毛を越えて2km強で浅間神社に辿り着きます。
ここを越えると、中間地点の菜の花台展望台までは
1km少々です。

このエリアは前半緩斜面が続き、浅間神社、菜の花
台とそこそこ斜度のあるエリアで構成されていますが
ここまで来ると勝負あり!完走は勿論、緩斜面での
高速走行で時間を稼ぐ事になるでしょう!
ママチャは関係有りませんが何か?

ヤビツを愛する方はクリックお願いしますm(_ _)m

ヤビツはヒルクライマーにとっては高速走行の出来る峠と言う印象
ですが、浅間神社や菜の花台と言った旧跡や絶景が堪能できる峠
でも有ります。時々、景色を愛でるポタリングの対象としてヤビツを
再考するのも良いかも知れませんね!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

坂馬鹿度のチェックについて

20070407_96624

拝啓 皆様益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。
また、平素より本ブログをご愛顧賜り有り難く厚く御礼
申し上げます。

さて、この度、皆様の厚き温情を持ちまして目出度く
壱萬アクセスを既に超えている事が突然発覚
致しまし
て(否、完全に見落としていましてsweat01)遅ればせながら
ご愛顧の御礼として、皆様の坂馬鹿度の測定をさせて
戴き、今後の研鑽の糧としたいと考えます。

つきましては、下記設問に、皆様がどの程度合致する
か、その得点で坂馬鹿度の認定をさせて戴きます。

尚、本件はその認定により、キノコセンターのマツタケ
の臭いだけ貰えるとか、乗鞍の走行無料チケットをご
提供するとかの厚遇は一切御座いませんので悪しか
らずお願いします。

設問は10問です。内何件が当て嵌まるかで判定致し
ます。

◆設問1 貴方の目の前に今、階段とエスカレーター
       が並んでいます。すると貴方は本能的に階
       段の方を選んでいる、そんな自分が愛しいと
              思う。

◆設問2 階段を登る時には、概ね、或いは殆ど1段飛
       ばしで登ります。

◆設問3 貴方は街を奥様、或いは恋人とポタリングして
       います。 奥さん、或いは恋人の話を半分位聞
              き流して実は激坂がないかと常に探索している。

◆設問4 貴方は電車に乗っています。とある瞬間にあの
       香ばしい路面の滑り止め◎スタンプを垣間見ま
       した。その後、貴方はほぼ、その場所に行って
       坂を確認したくなる。或いは疼いて仕舞う。

◆設問5 貴方は水曜日になると、もう頭の中に坂アドレナ
       リンが生成され、週末は何処の激坂を登ろうか
       等と迷惑な電話を友人に2度以上掛けてしまう。

◆設問6 貴方は、出来る事ならば、奥様、或いは恋人の迷
       惑を知りつつも、激坂地帯、山間部に引っ越した
       いと言う欲望を常に抱いている。が言い出せない。

◆設問7 貴方の部下が貴方の勧める激坂に挑戦し玉砕し
       て,やっぱ凄い坂でしたよ~!と報告を受けた時に
       思わずこの部下の業務査定をA+にしてしまう。

◆設問8 貴方は初めての土地に着きました。少し時間が有
              ります。つい貴方は町並みを散策すると言って実は
              激坂をキョロキョロしながら探してしまう。

◆設問9 貴方は時々、激坂をご御自分が転がり落ちている
              夢を見て、魘される事があるが、家族には言えない。

◆設問10 貴方は桧原村役場の前の本宿の交差点にいます。
       その交差点を貴方はつい右折してしまいます。


坂馬鹿度判定

ZZZ・・・・・・・・全てに当て嵌まる

 貴方は、今日今、家族を質屋に売り払って、台湾の山岳部族と
 結婚し棚田を耕して生きる道をMTBと共に歩んでください。
 新高山スカイラインから風張林道の方角を向いて坂馬鹿の歌を
 毎日合唱しましょう。ささささ坂馬鹿楽しいなあ、今日も明日も坂
 三昧!!こーれで私は酒かまみれ~note
       
AAA・・・・・・・7点以上で当て嵌まる

 ほぼ末期的症状です。先ず屋根裏部屋を増築して激坂写真やブ
 ロマイドを其処かしこに飾り付けて、生活する事をお勧めします。
 時々、制覇した激坂に横になり頬ずりをしてあげると良いでしょう。
 箱根の曽我兄弟のお墓の前で懺悔して下さい。救われませんが?
  
AA+・・・・・・5点~6点当て嵌まる

 極めて、中途半端な坂馬鹿です。乗鞍の畳平にある坂馬鹿神社
 でお清めをやって、世間様に後ろ指刺されぬ立派な坂馬鹿になっ
 てから、結婚を考えましょう。既婚の方が居られるなら、人生を考
 え直す事をお勧め致します。坂=命を座右の銘に願います。

AA・・・・・・・・3点~4点当て嵌まる

 まだ症状は軽く、やり直す事が可能です。大垂水峠から順に登攀
 して、如何に自分が激坂を本能的に愛しているのか絶対に確認
 してから、暗峠で神聖な洗礼を受けて下さい。まだ大丈夫です。

A・・・・・・・・・1点~2点当て嵌まる

 貴方は完全に正常です。健全に生きて裁判官に成って下さい。
 時々、裁定に困った時にはヤビツの浅間神社でサイコロを振ると
 きっと適切な裁定が閃くでしょう。ヤビツには自転車で登らぬ事を
 強くお勧め致します。

XX・・・・・・・・0点

  貴方様は大変高貴な生まれにも関わらず激坂と言う人生で最も
 大切な時期を無味乾燥な生活で満たしてしまった為に、今の貴方
 に成り下がってしまったとお考え下さい。もう間に合いませんので
 好きな様に一人で寂しくも力強く生きて下さい。それまでこのブロ
 グに立入る事を禁じます。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 箱根 OO1

箱根001

今年、最後になるだろう箱根の天気予報は雨!
3連休の最終日、総合的に判断して観光客はそう多くない
だろう?と高を括っていたのが間違いだった。

時間的にも午前8時を過ぎての箱根アタック、しかも初めて
のOさんと!私は更に激坂アーカイブの撮影も兼ねている。

雨であれば、それも良しと覚悟を決めて居たのだが、結局
お天道様はこちらに味方してくれて、箱根の普段の顔を見
る事が出来てホッとしています。最近の体たらくを、そのま
まに、勿論!箱根を輪行で堪能して来ました。昨日のヤビ
ツの疲れを心配したが、早々にエネルギー循環に突入す
る事が出来て、メリーの性能と相まって快適な撮影がスタ
ートしました。


◆商店街を越えると徐々に斜度が!

  箱根を愛する方はクリックお願いしますm(_ _)m




駅伝で放映される箱根の風景を、まさか自らママチャで走ろう等と
考えた事も無かったが、意を決して初めて箱根に挑んだ!

あの日の事は全てを思い出す事は出来ないが、そこかしこに横た
わる激坂の端々に当時の私の苦悶を垣間見る事が出来る。
それが懐かしくもまた、機械やツールに頼りきる我が身を省みるに
及ぶのですなあ(汗)・・・・・・・・輪行ですよ!輪行!!うーーむ??




にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月25日 (火)

激峠探訪 ヤビツ峠 003

一難去ってまた一難、お日様に負けて緩斜面w

蓑毛をクリアすると直ぐに遣って来る滑り止め◎激
坂は、短いが気が重い。

辺りは静かに夜の帳を下ろしつつ、ナイトランを覚悟
するノール。この時点で帰りの心配などしていないの
が亀仙人の良い所!!??

片手走行で撮影しながら走っていると、次第に左右の腰のバラン
スがおかしくなって来るのです。かと言って振動吸収や被写体を
捉えるスピードはカメラ固定では担保されない所が難しい。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 ヤビツ峠 002

ヤビツ最大にして唯一の難関を攻める!
否!攻められる!

蓑毛の坂はヤビツ最難関の激坂。最初に登った時は
22kgのBRAVE-STARでしたから、ここをジグザグし
ながら、ヒイヒイ言って、それでも足付きせずに良く登
ったものです。

すこし、怠けると直ぐに坂は遠ざかるんですねえ!!
タバコも少し控えないと、益々弱ります。

しかし、ゼエゼエ言いながらの登攀はちょっと見苦しいですね。
とは言え、これが小生の真実である事も確かなのでそのまま
にして残そうと思っています。お聞き苦しい点をお詫びします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月24日 (月)

箱根とヤビツで解った事!

178433202_107_3

連休の日曜、月曜の両日でヤビツと箱根を久々登って
良くわかった!

◆確実に己の力量は落ちている!

 
今回、両方の峠を完走できた要因はメリーの存在に
  寄る所が極めて大きい!!
  22kgのBRAVE-STARで果たして嘗ての様にこの2つ
  の峠を登る事が出来たのだろうか?

◆確実にタバコが悪影響を与えている!

 
 しかし、こればかりは止める訳には行かない。
  そもそも、生活のリズムの様なものだから??
  などと本音を言えば叱られるだろうなあ?


◆確実にメリーの性能は最高峰である!

  
川崎のPOP自転車、永島店長自ら設計、製造したメ
  リーは、期待したINTER-8の性能を充分発揮し、ベ
  アリングの一つ一つまで拘っただけに、細部に渡りき
  め細かく性能を創り上げていると感じます。

 と言う評価であるとして、今後は更に老いを凌ぐ筋力ア
 ップが不可欠であろうと、強く感じました。

       
問題は気力か?


※2日で多くの登攀動画を撮影しました
ので、編集処理が済み次第、順次掲載
致しますので是非ご覧下さい!





にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激峠探訪 ヤビツ峠 001

ヤビツ峠を初めて登った時に、目黒から遥々70kmを
走破して得たチャンスを登攀開始直後の激坂で打ち砕
かれて、既に恐れを成していた自分を思い出します。

峠のいつ終わるとも知れない不安を他所に突然現れた
ヤビツの看板!!それはそれは喜びの!!
否!!突然のゴールの瞬間なのでありました。

かれこれ、ヤビツも今回で4度目、それも夕方を敢えて
狙って赤富士を追いかけて、更にヤビツの夜の顔に謁見
する機会を賜ったのであります。(勝手にそうしただけw)

ヤビツを愛する方はクリックお願いしますm(_ _)m

前半戦 夕日を追いかける

蓑毛手前を走る!!



蓑毛手前を走るが、本人は蓑毛と勘違いして、やがて来る激坂を
如何せん??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

箱根 メリーを車に積んで!!

今年最後の箱根

会社の後輩のOさんと今年最後の箱根に挑みました。
Oさんは初めての箱根であり、ロードバイクもまだ初心
者に近い事からかなり無謀な挑戦でした。

F1000006_2

雨模様との予報でしたので、覚悟してカッパ持参でした
が結果は良好!雨が降る前にご帰還と成りました。

有名な富士屋ホテル前から小涌園近辺までの登りに
かなり手こずった様でしたが、何とか登り通したのは、
毎回、そうでしたが(前回は雨のヤビツ)立派です!!
足が吊りそうに成りながらの帰りの勇姿を彼の善戦に
敬意を表して最初に掲載致します。

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m 

芦ノ湖からの帰り、R/1最高地点からフラワーセンターに向う
ダウンヒルを颯爽と下っていくのは良いのですが、待ってる小生
に気付いてくれませんでした。確かにイッパイいっぱいだったの
でしょう!!

次は白石に連れて行こうと思っていますが、来年は最難関の風張
林道を制覇出来る様に成るでしょう!!頑張って下さい!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

車のライトに照らされてゴール

流石に、暗闇に自らの位置を知るすべも無く、
菜の花台で挨拶を交わした方が車で路面を照らして
呉れたが故に、危険を回避して無事ゴールする事が
出来ましたが、礼を言う前に宮ヶ瀬方面へ走り去って
行かれました!

ここに、改めて御礼申し上げます!!

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

日没後、ヤビツは直ちに漆黒の峠と化すのです。
辺りの気温は極端に下がり、昼の顔とはまた趣の異なるヤビツ
が現れるのです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月23日 (日)

紅の風景

Sdscn0074

Sdscn0075

何も言うことは無い




にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

陽没する刻 ヤビツをとらえる!

Sdscn0072_2

夕方から完全に日没となったヤビツをとらえる!!

両者共に今年4回目の登攀になるが、私の力量では
時間を競っても大した事じゃない。故に皆さんが良く知
るヤビツとまた違った側面を発見してみたいと思いまし
た。予定通り午後4時、日没間際に名古木からのヤビ
ツを走る。


今日の命題は、ヤビツの別の顔をとらえる事。
昼過ぎから、ヤビツを目指す、何時もとは全く異なる
アプローチを考え付いたのは、明日の箱根の雨をと
らえるアプローチと全く同じ考え方に寄る。

息を呑む赤富士の姿は
        沸き立つ感動を抑える事難し!


夕方から登攀し、完全日没後のヤビツ頂上に立つまで
のほぼ全工程を動画に収めましたので、順次リリース
致しますが、本日は明日の箱根撮影が有りますので、
ほんの一部のみ、この後の記事にてご提供致します。



にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野生の調合して・・・・・・・イザ!!出陣じゃあ!

◆寒さにシビレるダウンヒルの調合
ちょいと寒い朝は、これから始まる激坂登攀その後の
カッ飛びダウンヒルを考慮して、こうするのだ!!
Step1_5
STEP-1
先ずは普通に靴下を履く。
小生の場合は、ゆびゆび靴下が快適で良い!!

Step2_2
STEP-2
次にコンビニで貰ったビニール袋を足に被せる。
これは、ダウンヒルを開始する時に装着する、さ
も無くば、思いっきり蒸れて凄い事になっちゃうか
ら注意!!(想像してはいけまへんよ)
Step3_2
STEP-3
最後に靴を履いて戦闘態勢の出来上がり!!
箱根、ヤビツ、風張、裏和田のダウンヒル時には、
備え無ければこれで凌ぐのだ!!


◆寒さにシビレる撮影時の調合

これはもう、カメラのボタン小さいからシビレレる
しかありませんよ(汗)
カメラにグリップシャフトを付けて落ちない様に握
り締めて撮影するのです。

カメラは携帯のポシェットに入れて、常に取り出し
易い状態に置く事が肝心である!!

Photo

とまあ、こんなに涙ぐましい事をして頑張ってるオッサンに
ポチっとな!!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月22日 (土)

冬になるとチャリは終わり??

441e2d73d90daf415f41d8e265307814f_2


ここに来られるチャリダー、ロディーの皆様は冬季の活
動の中心を室内トレーニングに移行するのでしょうか?
皆様は冬季どうなさっているのでしょうか??

小生のグループ・・・・・と言うか会社の連中は大いなる
素人そのままであって、レースに出るなどと言う輩も無く
そう言う訳で、きっとチャリ生活の長い常識的な方々か
ら見るとかなり非常識に見えるのでしょうが、全員、オー
ルシーズン、オールウェザー
なのであります。

リスク認識と言う意味で、冬季は室内移行が無難だと思
うのですが、どうも「生」が良う御座います!と出撃を繰り
返す訳ですよ。アーメン(汗)

と言う訳で、明日はヤビツ明後日は箱根
にアタック撮影して来ますので、ご期待下さい。

あっ雨ですかあ?? 勿論 ゴアテックスのカッパ
でっせ(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2008年11月21日 (金)

今年度の激坂ランキング(暫定版)

8157114_54

結局、3連休の最後の月曜日に今年最後の箱根して来る事
になりましたが、雨ですねえ!!
勿論、オールシーズン、オールウェザーですから、結構決行!

さて、ここでちょっと早いですが今年度の超主観登攀激坂ラン
キングの暫定発表を致します。

※パワーレシオ(), テクニカルレシオ()
和田峠=100とした場合の登攀エネルギー量、登攀技術レベル
斜度表示は最大斜度(推察)



1位 :玉川学園の激坂35%(P=30、T=400)

     15%で始まるたった60m程度の坂ですが中盤25%位
     終盤は33%(推察)で踏み込むとウィリーです!!
     兎に角、歩いて降りるのも恐ろしい!

2位 :御岳ケーブルカー下激坂27%(P=400、T=300)

     15%で数100mのアプローチから結構乳酸ですが、更に
     本道は恐ろしい!!目線と水平レベルに滑り止めの◎ス
     タンプが鳥居の後ろに見える絶望的斜度を誇る。
     平均斜度22% 2kmはママチャ限界点かも?

3位 :風張林道24%(P=400、T=200)

     回転場からの序盤戦の登り最大斜度24%レベルで4.6km
     ほぼずっと15%前後のご本家激坂。キノコセンターまでもて
          ば後は何とかなるでしょうが、最後の最後まで激坂です。


4位 :相模野カントリー脇激坂20%(P=200、T=150)


     斜度20%400m程度の激坂4本が間15%の激坂で連結し
          た構造の4段坂。長さ2km弱の練習に最適な坂ですが
         爆乳酸。

位 :箱根R/1 20%(P=500、T=100)

      芦ノ湖までの20kmの内10%前後の登りが16km続く忍耐
      の峠。走りながら休めるポイントが多く、途中で諦めなければ
     完走はママチャでも充分可能。三島への下りは世界1だと!

6位 :白石峠   22%(P=300、T=200)

      6.2km全編に渡り走りながら休ませて呉れません。登攀序
           盤から20%弱の激坂が1km程度続きますので、ここを耐え
           れば行けますと言いたいが、ズルズルと厭らしい斜度が続き
           ます。

7位 :乗鞍スカイライン 13%(P=450、T=100)

      スカイラインまでのアプローチが激坂で、スカイライン自体は
           7%弱平均なので、それ程厳しさは無い。20kmに渡りずっと
           登りが続く忍耐の峠です。しかし辺り全てが絶景である事から
           気分は最高!車の乗り入れが規制されチャリの天国である!

8位 :鋸山林道 12%(P=120、T=150)

      平均斜度は7%程度だが、距離が6km位ある事でエネルギ
           ー量はかなり多い。路面の悪さや落ち葉の状態から神経を使
           う峠である。

9位 :和田峠 23%(P=100、T=100)

      オオソドックスな峠。大垂水レベルが完了したら次のステップ
     としてアプローチしなくてはならない峠。
           平均斜度10%の3.6kmは結構厳しいがママチャでの登攀
     は可能。

10位 :百草園の激坂 24%(P=80、T=150)

      百草園の看板の辺りからが激坂の中心部、折れ曲がりながら
           斜度が上がっていく厭らしい構造の為に折れ曲がりで挫折す
           る可能性が高いが踏ん張り所でもある。

11位 :ヤビツ峠 12%(P=200、T=100)

      蓑毛の坂を越えると緩急斜面の波状攻撃が延々と続く峠であ
           る。ハイスピード系の峠であるが、ママチャでは充分辛い。
           霧に注意。

12位 :八王子 暁の激坂 25%(P=70、T=150)

      坂の中盤戦が最大斜度で、抜け道になっている関係で車の往
           来が結構ある為に登攀は難しい。車通過時の亀走行が何処
           まで出来るかが鍵!

13位 :三原山山道 12%(P=120、T=50)

      それ程のキツさは無いが、11kmと距離が長い事からエネル
           ギー量は多いものの、平均斜度は6%に満たない事から比較
     的登攀しやすい坂道である。

14位 :碓氷峠 7%(P=120、T=50)

      距離も斜度も三原山山道とほぼ同等である。碓氷峠までのア
     プローチである安中、横川の坂の方が碓氷峠よりも斜度は多
     い。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 麻布1丁目の坂

麻布1丁目の坂

都会の隠れ家とか、ちょっと都会的じゃ無い、何なんでしょ
うね?この、えもいわれぬ寛ぎの風情は?

一昨年位に、この坂道を偶然発見して以来の登攀ですが、
雨模様で空気が浄化され佇まいがくっきりとして絵になって
いる様な気がするのは私だけでしょうか。

こうした、裏庭的な空間が時々都会の真っ只中に存在して
偶然そこを発見できたりすると、ちょっと幸せな気分に浸れ
る・・・・・・・・と思いませんか??

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

雨模様で、木々が雨に洗われて鮮明です。坂の風景にオレンジ色
のパンプキンがマッチしてますね。ちょっと複雑な坂の構造も、変化
を楽しませてくれます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 市ヶ谷地区 庚 嶺 坂(ゆれいざか)

庚 嶺 坂

坂の由来は江戸時代2代目将軍秀忠が、坂の付近に
梅が多く咲いたので、中国の梅の名所を取って名づけ
たといわれる。

昨日、リリースしました逢坂の隣の坂で、ここ神楽坂エリ
アはこうした由緒ある坂が結構多い様な気がします。

市ヶ谷を良く知って居られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

庚嶺坂は斜度はご覧のようにあまりなく、道幅は広いとは言いか
ねますが、左程危険は感じませんね。

坂の中腹に蔦の絡まる土塀があって、その先の石積みの塀と、
嘗ての情緒を醸し出しているのでしょうか??無粋なコンクリート
の建物の横を入って、情緒ある坂へと変貌する様が面白い。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月20日 (木)

激坂通勤を再開したが・・・・??

日向坂

概ね、地主の勢力が減退して来たと勝手に思い込んで
激坂通勤を2週間振りに再開したのですが??

まず、五反田の坂で体調が分かるのですが、全くダメで
した。地主の確かな存在は確認できるものの、痛みは
殆ど無く、概ね良好です。

しかし、何時もの様に足が回りません!
たった2週間で、それもダンシング通勤やら土日は激坂
探訪を実施しているにも拘わらず、全く足が回りません。

つまりちょっとトレーニングが緩くなると、アッと言う間に
積み上げて来たものが、崩れて行くんですねえ!!

これが加齢です・・・・・・・加齢に華麗に戦う
ってえのは
地道なものなんですねえ!!

さて今日は何時もの様に三田のオーストラリア大使館前の
日向坂を登り、東京タワー前に出る神明坂を降りて、東京
タワー坂を登って汐留に向かいます。

日向坂はとても短い坂ですが10%程度の斜度があって勿論、3
段変則の3で駆け抜けなくてはなりませんが、ここでもかなり辛か
ったです・・・・・・・月曜日の箱根は大丈夫か??

坂の由来は

江戸時代前期、坂の南側に徳山藩毛利日向守の拝領屋敷が存
在したためこの名称が付けられた。だが屋敷換えになり同所は
織田山城守屋敷となっている。


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 何故か迎賓館 紅葉が!!

四谷地区の闇坂に向う途中で発見!!
都内激坂巡りも時に・・・・否・・・・・続々と新発見
が!!

千葉の銚子を後にして早んん10年!!
最早、とっくに東京住まいが長くなった・・・・にも拘らず
如何にお登りさん状態のままであった事だろう!!
引越しを10数回重ねても庶民様には窺い知れぬエリア
がまだまだ沢山存在しておるのであろう!?
まあ生涯ここのべるさいゆ宮殿に足を踏み入れる事は
無いだろうが、四谷迎賓館 素敵!!

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m 



しかし、絶景を何故無粋な消防車が遮るんかいのう??
女子マラソンで暴動でも?んな事たあねえだろう!

良く見るとアンバランスが良いのかも知れんの!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 品川地区 プリンスホテル坂

第一京浜を進み品川プリンスホテルを通過して間もなく
高輪プリンスホテルへのアプローチ坂が現れます。
坂に滑り止め◎スタンプで直ぐにそれと分かります。
夏場は木々に覆われてかなり涼しいのですよ。
冬は・・・・・・・・・・そっけない激坂でしょ!!


斜度は20弱はあるでしょうから短いがゆっくりと楽しんで
下さい!!

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月19日 (水)

激坂探訪 虎ノ門 霊南坂

霊南坂

時々ニュース等で耳にするこの有名な坂を登るのは
これが始めての事で、実は最初から計画してこの坂
に辿り着いたのではありません。

そう、これも女子マラソン効果とでも言いましょうか??
兎に角、マラソンで封印された界隈を迂回に迂回して
迷子になって発見する坂の一つだったりして、標識を
みて初めて、おお!これが有名な・・・・と感慨に耽る
振りをするのである。

坂の由来は標識に寄ると

江戸時代のはじめ高輪の東禅寺が嶺南庵としてここに
あり開山嶺南和尚の名をとったがいつか嶺が霊となった。


とある。まああまり粋な名の由来ではないが、坂そのもの
には風情がありますよ!

残念ながら目の前がアメリカ大使館である事で沢山のお巡
りさんが配備されて私のような変態さんのお通りを待ってま
したと必殺職務尋問に掛けてお縄にするんですなあ!!

勿論、この度、目出度くそう成り申す!!

ハイ、そこの自転車・・・・そうそうカメラ片手運転のあなた!

え‘‘?あっしの事ですかい旦那あ??(権力に弱い私)
はあ?何でござんしょう??

巡査殿>いや、此処は警備の関係で車道ではなく、歩道を
走って下さい!!ヘイヘイ合点承知之助!!
平和な会話を少し続けて激坂アーカイブの宣伝まで巡査殿
に滔々と遣って退け、堂々の片手運転にて風情極まる霊南
坂の収録を完了しあのです。アーメン!

動画を見られる方はクリックお願いしますm(_ _)m

坂と言うのは、基本的に土塀に蔦!!と決まっているのですよ!
昨今の滑り止めの◎は何なのでしょうや!無粋にも程があるプン

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 市ヶ谷地区 逢坂(おうさか)

逢坂・・・・・・・・とても意味深なネーミングきっと謂れは
男女の悲恋に関係するんだろうなあ!と根っからの理
系の私ですらそう思うのですから、きっとそうだろうと思
いつつ登り着くと標識にはこうある。

昔、小野美作吾という人が武蔵守となり、この地に来た時
美しい娘と恋仲になり、のち都に帰って没したが、娘の夢
によりこの坂で再び逢ったという伝説に因み、逢坂とよば
れるようになったという。


やっぱりね!そうだよね!

しかし、何処そのお役所様の西何とか、東何とか・・・と言っ
た平成の大合併に良く出て来る地名の空しさよ!!
地名は記号や標識でなく、その土地土地の文化や風土を
現すものだと私は思うがどうだろうか?

かく言う坂名は、概ね坂に纏わる出来事がその名の由来に
成る事が多く、概ね悲恋な出来事に繋がっているのは日本
人のメンタリティの特性か??

いずれにしても、この坂はそう易々と登らせては呉れません
よ!悲恋の坂ですからねえ!!

動画をご覧になりたい方はクリックお願いしますm(_ _)m



市ヶ谷、神楽坂近辺は、入り組んだ細い路地と坂の街で、掛けた
時間に応じて自分だけの発見を重ねる事のできる場所でもある。

時には粋にビアンキで??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3連休は今年4回目のHAKONEかなあ!?

7_1

そろそろ、真面目にロングしたく成ってるんだが??
まだ、若干不安がある。

都内の激坂ポタも平和で良いのだが、そればかりじゃエ
ネルギーを消費しかねる。

金曜日の体の状態を見て、判断しよう。願わくば箱根!
それも、裏ヤビツから箱根に繋げたいのだが??

もつか?




にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月18日 (火)

激坂探訪 何故か東宮御所 紅葉が!!

東京女子マラソンの交通規制でオロオロ、ウロウロ故に
何処を走っているのか全く分からない現象のど真ん中で
途轍もなく瀟洒な佇まいの路に迷い込んだ!!

周りは紅葉で美しい!!

道路も飛び抜けて素晴らしく整備されて、ここが日本であ
る事を暫し忘れてしまいそう!!っつうのは大袈裟だが!?
直ぐに納得した!!

ここはヒロノミヤ様のご自宅前だったのですよ!!

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

しかし、マラソンのお陰で不審者扱いされなかったが(汗)
普段ならショクムジンモンかのう??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 四谷地区 闇坂

坂の由来は、標識には、この坂の左右にある松巌寺と
永心寺の樹木が繁り
薄暗い坂であったためこう呼ば
れたという。 また
松巌寺の俗称が茶の木寺であるた
め、 茶の木坂とも呼ばれた。

四谷から甲州街道で外苑東通り交差点左折、
松巌寺
脇にひっそりと佇む坂。
斜度デカく距離短く道幅狭い!
奥の細道を地で行っている激坂。

       

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

ここで後輪が滑って結構ヒヤっとしました。倒れたら転がるしか
無いでしょうね(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年11月17日 (月)

毎日毎日ダンシング通勤で何が??

150183387_91

チャリ通勤も状況の変化によって大幅に様相を変えている。

最初は、      単なるチャリ通
次第に、      激坂通勤(2坂)
エスカレートして、 激坂7(7坂)

で今は地主の、 ダンシング通勤

と言う事で、毎日、毎日朝からダンシングで五反田まで通っ
ていたのだが、このままではいけないと思い汐留までダンシ
ングで通う事にして今日が初めてのダンシング8km!!

死にます腕が!!シッティングに比べて使うエネルギー量は
相当に多いのではないだろうか?

今日は、かなり懲りましたよ!汐留に着いたら夏の様に汗ビ
ッショリで変なオジサンから

むさ苦しい変態なオジサンに・・・!

しかし、何か効能が有ると思うんだが
如何なものだろうか??




そうそう、ママチャリ以外の皆さんには
概ね不可能な凄技を開発しましたよ!
必殺!ダンシングギアチェンジ!

・・・・なんて事無いsweat01





にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

初めて実物を見たよ!東京女子マラソン

昨日、激坂探訪で小雨の中をタラタラと品川から
虎ノ門、四谷から市ヶ谷、後楽園・・・・・・・等々
メリーで遊んでいましたら、何やら黄色い服と青い
服がゴゾゴソ道に溢れとる!!

どうやら黄色い服はマラソンのボランティアで青は
お巡り様達の大群だったのです。

お陰で方向を完全に失う位、通行規制でオロオロ
ウロウロと沢山走らせて戴きました!!

で、実に初めての実物マラソンランナー女子!!
しかし速いのう速いママチャリより・・・・・・・(涙)

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

あっ!!黒い女子が疾風怒涛の如く走ってる!!
後ろに更に速そうな白い女子が!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 学習院下ののぞき坂23%

流石にたいした坂ですよ!
激坂の凄さは近くから見て凄いなあ!!ってのは良
くあるのですが、本当に凄いヤツは遠くから見た時に、

おおお!!
在る在る・・・・・・異様な壁が道路の真ん中に!!


と言う周りの景観を破壊する大いなる違和感・・・・でしょ!

確かに学習院下ののぞき坂には、そんな風情がありますな。

動画を見て応援してくださいませm(_ _)m goto ranking



確かに凄い坂で周りの景観を破壊する異様さがそこに在る。
がしかし、破壊されるその周りの景観もまた派手なんですよ!
ここは・・・・兎に角・・・・・赤い!!んですよね!

遠くから見るとそそり立つ激坂に滑り止めの赤い塗装、更に隣
接する二つの赤いマンション!!

と言う訳で、坂の品格に、ここは少し問題が在ると思うのです。
従って中落合、目白近辺の限られた3坂のランクは

1位 見晴坂
2位 のぞき坂
3位 六天坂

って感じでしょうか!!??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月16日 (日)

激坂探訪 御殿山の坂

ミャンマー大使館の前から小関に下る坂で、以前は現在
よりさらに急な坂であった。戦前と戦後にかけて道を修理
し、勾配を緩和した。当時この辺は徳川藩の御料地であり
、御殿山と呼ばれていましたので、この名になりました。
(品川区HPより)

目黒川の最下流手前の居木橋の袂から登ります斜度は
有りませんので、スルスル登攀出来るでしょう。

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

なんちゅう事の無い坂ではありますが、それなりに伝統あり由縁も
ある坂ですので、謙虚に登攀しましょう!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 虎ノ門江戸見坂

江戸の中心部に市街が開けて以来、 その大部分を眺望
する事が出来たことから江戸見坂と名付けられました。
南の方角は、 品川沖まで眺められたそうです。

坂の斜度は20%で非常に短い坂である事から勢いで登攀
可能ですが、ホテルオークラへのアプローチでもあり車が多
く油断大敵ですよ!

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

TOKYO Rainny Walk 激坂を求めて!

150183387_77

今日は、どんよりした雨模様でしたが、調子がまあまあで
したので、メリーを連れてRanny Walk.

行く先々で東京女子マラソンに出会い応援しきりでしたが、
チャリは走らせるのも大変でした。

収録出来た激坂は以下の通りで、現在動画処理中です。

品川地区 : 御殿山の坂  (7%程度)
         高輪プリンス坂(10%程度)

虎ノ門地区: 江戸見坂    (20%)
         霊南坂     (5%程度)
         青山1丁目の坂(17%程度)

四谷地区 : 闇坂       (20%程度)

市谷地区 :  逢坂       (19%程度)
                  庚嶺坂            (17%程度)


100峠 100激坂の収録まではまだ遠い!!


                  


       

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 中落合の危ない坂

中落合、目白近辺の激坂探訪の帰りの新目白通りの
山手通り交差点手前で発見した名無し坂だが、これが
登って直ぐに激坂で、入り口付近に遊びが無いので
下りで下手打つと新目白通りにぶっ飛んでクラッシュな
んて恐ろしい事態も在り得る構造のささやかな坂です。

動画を見られる方はここをクリックお願いします!

動画で見ても危うさが伝わって来ますが、ブレーキの整備を怠る
とこんな坂でも怪我をするし、させてしまうので注意が必要ですね。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 最後はいつも 禿坂

殆どの都内激坂探訪はここ禿坂から出陣します。
げんを担ぐ・・・・訳です(笑)

A型ですから、何となく決まった出陣ルートつうのが
あって、先ずそこを通過して体の塩梅を確認すると
か一日の始まりに契機付けとかする訳ですよ!

動画を見られる方はここをクリックお願いします!



禿坂自体はは遊女の悲劇の坂であり春の桜の儚く淡い薄桃色に
遊女の思いが込められているのやも??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 中落合の六天坂20%

六天坂は激坂で有名な見晴坂の隣にひっそりと佇む地味な
坂で、まあドラマチック坂とは言い難いが、其れなりの斜度で
都内芸坂巡りでプルプルした足に止めを刺すには良い坂鴨?

坂の由来

昔、この坂上に第六天の祠が建っていたため、 こう呼ばれ
るようになったという。

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

見晴坂を登った後でここを登ると少し物足りないかも知れません
ので順番は六天坂から登って見晴坂で〆る!が正しい様で!?

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月15日 (土)

驚き桃の木山椒の木!!!

20081107171227

しかし?こんな事も有るんだの!!

先日ここで記事にした愛のタイヤキ屋
さん・・・・・・・覚えてますか??

なんと、このブログをハナコって雑誌の
編集の方がご覧になって、取材が決ま
った!!との事です。

こんな事もあるんですなあ!!

頑張れ!!愛のタイヤキ屋!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 中落合の見晴坂23%?

見晴坂は2年前に初代ママチャのミヤタ3段でヨレヨレと登攀
して以来、2度目の登攀である。

標識の説明によれば                                 
昔、 この坂上からの眺望は素晴らしく、特に富士山の雄大な
姿は抜群であったという。 また坂下の水田地帯は古来より
古来より落合蛍の名所として知られた。
坂名は、これらの風景に由来するものであろう。

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

同じ激坂を時を隔てて登攀する事は過去の自分との比較が出来る
点で大変良い事である。
精進すれば、軽やかに!怠ればオロオロと変わらぬ激坂を登る事
となるのだから。

しかし、更にバイクを変えると、困った事に過去の自分と変わらぬ
力量でもスルスルと登れてしまうのである!!
ここで、錯覚に陥らないように激坂に謙虚で在らねばならないのだ
が動画の通り、このオッサンは呑気なものである!!
後で地主が荒れ狂うのも知らずして(爆)


にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

激坂探訪 目黒不動尊の激坂

今日は走ります!
流石にずっとママチャお預けでは、ストレスストレス!!
で、万端の準備で完全武装・・・・・脱脂綿類多々(爆)

先ずは、近場から目黒不動尊近辺の激坂

石固坂>目黒林試の森脇の超短い斜度7%程度の坂

三折坂>目黒不動尊脇の抜け道、折れ曲がっているの
      が坂の由来。車は来るは、斜度は結構だは!

◆先ずは石固坂から三折坂へコンビネーションおっと?

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

と言うわけで結構車が多いのですよ・・・・・危ない危ない!!

◆三折坂単独リトライ


まあウォーミングアップ見たいなもんですが、ママチャの3段ギア
だと結構辛いんですよ・・・・念の為言っときます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これに涙する中年オッサンの青春!!

Nike

このとって置きの写真は実に昨日までは我が家の大魔王(♀)
が撮影したとばっかり思っていたのですが、新事実が判明し、
小生の天敵!!買って買って非お片付女
(嫁にいける可能性≒0%の片付けると言う文字が脳細胞に存
在しない女)の作品である事を聞かされ!!?

       ちょっと動揺した・・・・・・・・(汗)

しかし、それはそれ被写体に何の落ち度が有ろう事か!!

実は、小生はこのNIKE像が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・好きlovely
昔は(初対面は1983年か?)、この踊り場に居られた訳じゃな
く、他の彫像と並んで居たのですが、何年前か覚えていないが
突然、階段の踊り場に引っ越して以来、燦然と威光を放ち続け
ていらっしゃるのですよ。

あの時の驚きは今になっても鮮明に細胞に記憶され衝撃の凄
まじさでハゲになったと確信しているのであるが、実にその瞬間
は不覚の涙であったので御座います(恥)

この圧倒的な存在感!!3000年の月日を経て尚、滔々と発散
する存在のエネルギーは衰える事を知らぬ!!

捉えられて足が止まって動けない程の衝撃っツウのに出会うの
は大いなる恵みであろうと今は静かにそう思う。

密かに小生が慕う彼女を、小生の事も有ろうに天敵が被写体に
収めていた事は、親馬鹿丸出しで恥ずかしくも温かい・・・モホホ

で本題に移るが今日は行かねば!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月14日 (金)

ちょっといい話 2話

最近は激坂通勤じゃなくて、実にダンシング通勤を密かに
やっておるのです。

そうその通り・・・・サドルに地主様を宛がう事ならず(汗)
自宅を出ると同時に愛車BRAVE-STARでダンシングう!

これはイイおっさんのやる事じゃありまへんで!
兎に角、我がBRAVE-STARは元来 デ カ イ!!
それで尚、ダンシングだから更にデカイ優に高さ2mを超える
巨体を唸らせつつ・・・・・お尻を時々モジモジしながら3kmを
ダンシングう!

五反田の坂をダンシングしながら降りる・・・これは可也 変!
確かに異様な目線を感じて・・・結構満足だったりする自分も変!
とまあ、どうでも良い話でしたcoldsweats01

で本題に移ります


◆ちょっといい話 第1話

夕方から仕事が一段落すると、チャリ仲間に無駄電話するのが
小生の楽しみで、いつもその尊い犠牲に成るのは八王子師匠様
と盟友のKOZOさん・・なのだが、今日は八王子さんがタイミング
良くブログにコメカキコなので、即効電話!!

例の業務用自転車で盛り上がって、さて会社をでると、交差点に
何やらその、あれですよ!我々の話を知っていたと言わんばかり
のドンピシャ業務用自転車に颯爽と跨るモノノフ(武士)を発見!

勿論、すぐさま近寄って、話しかけて見ると70前後と見られるご
老人!背筋をピンと立ててこちらを見やる。

20081114164444

ちょいと暗くてピント外れの写真ではあるが立派な爺様

ノール>凄いですネエ!!いい自転車ですねえ!!

爺様>ニコニコして、うふふ、もう50年これ乗っとるよ!

ノール>凄いなあ!!50年ですか大先輩ですねえ!

爺様>車の免許はあるんだけど自転車が好きでなあ!

ノール>調子良く>いいですネエ!
            ちょっと乗せて戴けませんかア?

爺様>カゴから大事そうな書類を取って>いいよhappy01

ノール>じゃあちょっと・・・東京タワー横の永井坂を登る!
            車重25kg以上か?しかし思った以上に回る。
      もっとペダルが重いかと思ったが回る回る!
      サドルが地主様に穏やかに接して痛く無い!

ノール>乗り心地最高ですネエ!思った以上にイイですよ!

爺様>ニコニコして>自転車つったらこうじゃねえとなあ兄ちゃん

ノール>直立不動で>ハイ!!!!

爺様>俺はな、これでいつも走ってんだ!ここの坂も登ってよ!
    自転車っつのは、こんなもんだ。

ノール>更に直立不動で>ハッハイ!!!

ノール>ところでお爺さん・・・・お歳はお幾つなんですか?

爺様>俺かい??  82


◆ちょっといい話 第2話


何と無く幸せな気分になって、またまたダンシングで五反
田から西小山の愛の鯛焼き屋さんへ!!(前々回記事参照)

地主騒動でちょっとご無沙汰タイヤキ君!少し時間が遅かった
かなあ?などと考えながら、ヨレヨレのダンシングう!

丁度、帰りの仕度の店長さん

ノール>おお 今日はもうお仕舞いかい??

店長さん>ノー様に気付いて>ああっ!!
    ブログ見ました!!感激しました!!

ノール>良かったねえ~!!でも役に立てたか分からんよ??
     で、今日は終わりかな??

店長さん>有難う御座いました!
       あのう?これ・・・・・・半端モノ家に持って帰る積りで??
       もし良かったら・・・どうぞ!!


ノール>おおおおおおおお有難う!!!

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

    

| | コメント (6) | トラックバック (2)
|

激白 地主に成り申す

Katedorar_3

先々週の鋸山林道と御岳アタックの悪路が大いに貢献
して、実は目出度く決定的地主に成り申す。

小生の拙いブログ記事の多くは激坂を求めて走り、実際
にそれを登る事で成り立っている。

今日は、座っていてもモゾモゾと地主が騒ぐので決起して
ママヨ!!と地主院に出頭すると、既に沢山の老若男女
が治療の順番待ちをしており、皆さん大変なんだなあ?
と人事の様に自分の順番を待っていると呼ばれた!!

受付嬢>ノールさーーん
ノール>咄嗟に大声ではーーーい!!(小学生並)
受付嬢>どうぞお入り下さい!

ノール>オズオズと扉を開けて地主神殿に入る
ノール>チラっと先生を見やる
ノール>心の声>おっと別嬪さんやんかい!!

別嬪先生>以前のカルテを見て
       また200kmとか走っちゃたのかなあ??

ノール>え?カルテにそんな事書いて有るんですかア?
別嬪先生>◎◎先生がそう書かれてますよお。

ノール>はあ?そんなもんですが、更に坂登って・・・???

ノール>座りながら・・・イテテテ

別嬪先生>にべも無く>ハイそれじゃあ見せて下さい!
看護婦さん>普通>ハイ横になってパンツ下ろして

ノール>ニャハハ 

別嬪先生>ファイバースコープみたいなの持って・・ハイ

ノール>せ!先生・・・・・まさかそれ突っ込まれんの?

別嬪先生>ハイ スコープで中を見ないとね!

ノール>せ、先生それだけは ヤ メ  テ!!

別嬪先生>あら~!!?痛いの??

ノール>痛いの!(爆)血でるし・・・・(爆汗)

別嬪先生>あら~じゃあ止めておくわね。

ノール>冷や汗

別嬪先生>じゃ、手術ね!!?切っちゃった方が早いわよ!

ノール>え?????

別嬪先生>手術よ!手術!!!!
       一応手術ね・・・・日帰りだし簡単よ!!

ノール>はあ・・・・?土日歩ける??

別嬪先生>そうねえ!?一週間位で治るわよ!

ノール>咄嗟に!ええ~週末はチョット!!

別嬪先生>チョットてどうなさいました??

ノール>いや!あの?その!!や・・・山に!

別嬪先生>いけませんねえ!ちゃんと安静にしなくちゃ!

ノール>はあ・・・・・・・・しばし沈黙・・・・

別嬪先生>じゃ、薬だけ出してあげますから
       それで頑張って診てダメならまた来てください。

ノール>ホッ・・・・・・・・・

別嬪先生>山は無理ですから自転車も!!

うううう~~~こんなんで俺の土日が消えてゆく??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

たいした坂じゃ無いのですが!!綺麗だから!

偶然見つけた相模湖近辺の坂
たいした坂じゃ無いのですが、先行ローディーの方が
気になって追いかけてみたら、斜度は無いが紅葉が
何となく良い感じで撮影しました。

斜度優先の激坂ばっかり追いかけるのも悪くは無いが
坂の美しさを追い掛けるのも良いかもしれないなあ!!
坂馬鹿も時に芸術を嗜むべし!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

果てしなき地主の・・・・・我慢!!

S
写真提供 恐怖の大魔王(♀)

今日は、地主対策で午前中は休みにしました。
まだ、結構な痛みが沸々と湧き上がり週末の我が人生は
絶望的になりつつ
、僅かばかりの抵抗を試みて居ります。

そんな状態ですから基本 暇!!です。

故に、要らん事を考えて、やってしまいましたブログ改造??
まあ、なんて事は無いのですが、プチ掲示板なるブログパー
ツを発見して張り付けただけなんですが(汗)

気楽に質問コーナー・・・或いは小生の下らない愚痴・・・・・
或いはアタック集合の案内等々著しく気軽に、しかもどなたで
公序良俗に反する事意外は適当に記入してみて下さい!

激坂の紹介や、ルート、場所などの結構マジなご質問には、
相当マジにお答えいたします
、小生では分からない事柄に
ついては、是非ご存知の方にお答え戴けると幸いです!

宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月13日 (木)

ママチャリ3号機は!!?

◆3号機案001

一目惚れしちゃいました!!

凄い!!美しいフォルム!
原爆にも耐えうる強靭な構造。
やっぱり3号機はコレしか考えられません。

Img016_8

これで風張林道・・・・・すてき!
これで箱根・・・・・・・・・素晴らしい!!
これで乗鞍・・・・・・・・・カッチョイイ!!!


◆3号機案002


軍用の凛々しさ!!紛争に耐え兵士を守る!
幾多の艱難辛苦にも打ち勝てる強靭なフレーム
世界でたた一つのナンバープレート!!

武蔵小山の自転車屋さんで一目見たときから欲し
かったが、直ぐに売り切れた(涙)

K1961613727_3

タイヤの太さが全てを物語る!!
最早、芸術の領域に!!

八王子さん これで勝負じゃ!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

今週末の取材ターゲットは??

S
写真提供 我が家に君臨する恐怖の大魔王(♀)

我が家に覇権を争う紛争が尽きまじと同様に、我が国に
激坂も尽きまじ!!

よって
今週もまたせっせと激坂取材を敢行する積りです。
先週は中途半端な雨であったが、どうせ降るなら土砂降り
が面白い!!今年、2度目のヤビツアタック時は
蓑毛が
の様でしたが
、きっとそんな風景は簡単には見る事が出来
ないだろうと思うと・・・・・ヤル気になるのだが??

あの時は、霧と雨と寒さにやられて、ハンドルを握った手が
握ったままの形で開くことが出来なかったのを覚えています。

あの名古木のデイリーヤマザキさんの親切でお湯を戴き手
を開くことが出来たのですが、きっと今の季節じゃ凍るだろう
なあ!!と言うことでターゲットは??

※ちょっと下半身に不安を抱える体と相談しつつ(笑)
一応以下の予定とします。(勿論、変更ありですが何か?)

◆土曜日  ロングライド&峠   (ヤビツ峠)

◆日曜日  都内激坂  (のぞき坂、見晴坂、その他)

追記

POP自転車さんへ

メリーかなり強いです!お陰様で峠、激坂アタック、取材に
大いに役立っております!有難うございます。

ところで先日来メリーのクランク軸がガタガタ言うので近くの
チャリ屋さんに応急処置して戴きましたら、
内部のベアリン
グが大幅に破損していました

結構激しい峠を毎週やってますから当然かも知れませんが?
まだ、状態は完璧じゃなく様子見の状態ですので、ヤビツ取
材後に総点検をお願いします。

クランク軸周りのパーツをママチャリパーツからもっと
強靭な
パーツに変更する事も合わせてご検討願います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月12日 (水)

検索フレーズの面白さ!!

S_2
写真提供 我が家の大魔王(♀)

写真と本文の内容には全く因果関係は御座いませんが、
我が家の大魔王(♀)の撮ってきた写真が結構沢山あって
意外にお気に入りだったりして、時々こっそり使わせて戴い
てますのです(汗)

さて本題に戻りますが、IT関連企業に勤める小生ではある
のですが、実にITに関してリテラシーが極めて低いのですよ。

しかし、そんな小生でもココログの解析ツールなるもので読
者の皆様のご様子を窺い知る事が有る程度出来るのです。

そこで、最近のヒットは「検索フレーズ

多くの読者の皆さんはブログランキング等からお越し戴いて
いますが、Googleなどで検索してお越し戴いている読者の方
は、その時の検索フレーズが分かる様になっていまして極め
て興味深いものが有ります。

最近の検索フレーズMYランキング

1位 : 大垂水 幽霊
 

これは全く予想外の検索フレーズでしたねえ!
そこで良く考えて見ると、結構怖いスポットがありますねえ!
少し前になりますが、
盟友KOZOさん碓氷峠を登った時に
私がママチャリで遅いものですから、峠に入ると既に日没後
確か午後8時位だったと思います。碓氷峠旧道は全く照明
ランプが有りませんので、鼻から先が暗闇なんですねえ!!

小生はここで熱中症になってしまって道に寝転んでKOZOさん
がケアして呉れたのですが、周りはシンとして時々森の中から
ゴソゴソって音がしたり、
ママチャのライトの先に白いものが
かんでギャーとか腰抜かすとガードレールだったり・・・・(爆)
あそこを午前0時に走ったら怖いだろうネエ!!

2位 : 
ママチャリ 不良
 

これには参りました。多分この検索フレーズで言いたい事は
ママチャリで馬鹿な事を毎週繰り返している
不良中年!と言う
意味で、小生の事をかなり的確に捉えたフレーズだと爆笑した
次第です。

3位 : 
果てしなきマチャリの朝鮮

これも大変笑わせて戴きました(爆)
それも1度ならずも2度、3度・・・・・・ここまで来ると素晴らしい!
またこの検索フレーズでチャント検索出来るのですからGoogle
は素晴らしいですね!

4位 : 
八王子 日本一周

これは結構シリアスなんですねえ!!
このブログに登場する有名人の一人です。何度、彼に本の

筆を勧めたことか!!!一度彼を最大のママチャライバルとし
て取り上げた事が有りましたが、反響が大きかったですねえ!
齢16で日本一周ですからね!常人の考えが及ぶところじゃ無
いですよね。最近はギックリ腰で只のオッサンですが何か??

その内、ブログ内に掲示板でも導入して、読者の皆様に遠慮なく
書き込みが出来るようにしようかと思ってますので、是非相互の
悲喜交々・・・・・情報交換出来れば幸いです!!
  
    

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

和田峠 The Movies 003 中盤戦

和田の中盤に差し掛かりました。
ここの激坂エリアを通過できればループバックエリア
進出となりますので、ゴールは近い。

◆中盤戦に突入

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

斜度は相変わらずきついが、突然視界が開けて絶景が飛び込ん
で来たりして、次第にゴールの様相を帯びてくる。
後、3ターン位のループバックをこなせばゴールだ!!


◆突然視界が開け絶景が飛び込んでくると!!

ターンバックエリアに突入するとゴールまで2kmを切る。
初めての制覇はこのターンバックのラウンド部分でゆっくり
走りながら休む事を心掛けると良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大垂水から相模湖へ

大垂水の素晴らしさは何と言っても相模湖側へのダウン
ヒル!!夏は最高!!冬は極寒(笑)

大垂水を頑張って登ったご褒美に必ず付いて来る!!
で、ご褒美を戴いちゃうと今度は帰りが待っている。

あの下りをまた登ろうなんて考えたくないでしょ!?
それで、町田街道、津久井湖側に逃げちゃうと、これが
また辛いんですよ。実は相模湖に着いて一服したら、辛
そうに見える大垂水再登攀が最も楽チンなんですよ!!

と言う訳で勿論!S君と町田街道、津久井湖へ向うので
ありました(笑)

相模湖の手前、7・11近辺の景色が開けた所は紅葉が最高だね!
相模湖に着いたら河内屋さんに必ず立ち寄ってお汁粉をすすり
ます。



こうして、大垂水を下り相模湖から津久井湖を経て高尾駅に
戻って、車で玉川学園の鬼の激坂(笑)に向う二人が居たのでした。

S君がこれに懲りずに更にチャリに邁進してくれる事を望みます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年11月11日 (火)

大垂水を風張に変える??

学生時代に佐山聡氏の愛弟子としてプロの格闘家で、
外資系のコンサルタントを経て小生の部下であった
S君が、友人から3連勝と言う伝説的メーカーのロード
バイクを譲り受けた事。多くの偶然の結果、今こうして
S君と共に大垂水を登っています。

コンサルティングと言うインテリジェントでハードな仕事

故に少々体が緩くなってはいるが、小生は彼に腕相撲
で勝った事が無い。

さて、今回はS君の初のヒルクライミング。まだ殆ど走っ
た事の無い彼にとって初の大垂水は結構辛い!!

故に、大垂水を風張林道に変える!!
そう、それは簡単な事、ママチャ必殺3縛り走行で彼に
敬意をはらおうではないか!!お互いガチンコで行こう!


◆大垂水中盤に差し掛かる

馬鹿話をしながら登るのは、時にキツさを忘れさせてくれるもの
です。ただ、並列にならず、注意しながらお互いに声を掛け合う
のはとても良い事です。

◆さあ!ゴールへ



S君も流石です!初峠初制覇おめでとう!!
少し体重おとさんとイカンねえ!!
次は峠を含んで100km完走を目指しましょう!!

しかし、大垂水の3縛りは何度やってもキツいです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和田峠 The Movies 005 ダウンヒル(ドラフト)

編集にてこずっております。まだまだ大垂水等、編集が
残っていますので、未完のドラフトではありますが、和田
ダウンヒルをお届けします。


尚、完結編は後日、掲載する予定です。

和田を制覇して喜びすぎてダウンヒルでこけない様に
しましょう!
斜度20のエリアだとコントロール効きませんし、中盤戦
のエリアでは湧水ポイントがありますので注意が必要で
す。特に冬季登攀時は氷結可能性がありますので、ロー
ドバイクではなく、ママチャリで登攀する事をお勧め致しま
す。

ではダウンヒル纏めてご覧下さい!!

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アメリカ海外旅行日記と言うブログ発見 す ご い !

アメリカ海外旅行日記と言うとても興味深いブログを発見
しました、ブロガーの方のプロファイルが無いので、どんな方
かは分かりませんが、共感するものがり、ブログ内でも相互
リンクを求めておられましたので勝手に我がブログに掲載し
且つ、リンクを張る事にしました。
(ブロガーの方これを見て頂きましたら、ご連絡お願い致し
ます)

で、何に共感したかと言うと掲載した写真が圧倒的なイン
パクトだったからであります。
確かにサンフランシスコあたりはバリバリの激坂エリアばかりで
フィッシャーマアンズワーフまでブっ飛んで見たいもんだと思っ
てましたら、この写真ですから!!

定年後なは必ずここをママチャで登ってダウンヒル!!

外人のニイチャンに負けてられませんがな!!

Filbert_3
写真はリンク前提でアメリカ海外旅行日記さんより。

傾いてますねえ!!傾いてる思いっきり傾いてる!
ここは登らなあかんでしょ!!

定年後に(マジ)笑ママチャ空輸して、登るしかないでしょ。

アメリカ海外旅行日記

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月10日 (月)

和田峠 The Movies 004 後半戦

いよいよターンバックエリアに突入すればゴールは
もはや手に取るが如し!!

ここで、崩れてはなりません。気力で残りの2ターン
を耐えましょう。

◆ラスト2ターン

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!



ラスト2のターンを越えるとゴールへのターンになります。
もう残りのエネルギーを放出しても大丈夫です。
タイムトライアルの方はあえぎませんか??(笑)

◆ファイナルターン



このターンに置かれている消化用の黒いドラム缶を覚えておくと
良いでしょう。ターンした途端に茶店が目に飛び込んできます。

最後は格好良く、猛ダッシュでゴールして下さい!!
足が攣らない様に気を付けてください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

金沢のこれは何??

現在、金沢にいます。久々の出張です。
出張の際には、早めに現地へ行って散策するのが私の趣味
なんですが、最近は激坂探しって事になっちゃう訳です!
が、ここ金沢市内は平穏無事な平坦地ですから街中をあても
なくブラブラとしてましたら発見しました。

F1000001

いったい全体これはなんなんでしょうか??
もし金沢の方がいらしたら、教えて下さい・・・・・・これの意味を!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

八王子  暁の激坂

最初にこの激坂を訪れた時には足が竦みましたが
今では、普通に激坂と言う感じに思えて来て感覚が
麻痺してるのですよ。

きっと日本全国にはもっと面白い激坂が在るんでし
ょうネエ!?もっと突拍子も無い、呆れるよな激坂
を見て見たいものですねえ!!

この激坂の恐ろしいのは、結構車が多い事なんですねえ!!
中心部の最大斜度は23,4%あるでしょう、そんな斜度で車
ですから、亀になって耐えるのも限度っつうものがあるんですよ。
お腹一杯です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 9日 (日)

   号   外  !!

有り得ん!!
こんな激坂は有り得んです!!
玉川学園の希望
激坂!

この激坂をいったい誰が制覇して
希望をこの手に掴むのだろう??



ママチャリ世界ランキング1位 橋本RYU氏が提供し
て下さいました。激坂情報を元に玉川学園に輪行した
ものの全く場所が分からず、緊急でミク友無宿さんに
連絡をとり、RYUさんに突然の連絡を取る事が出来ま
した(無宿さん有難う)

RYUさんと携帯で連絡を取りながら、複雑怪奇な町並
の一角に只ならぬ風情の激坂を発見しアタックして来
ました。

◆最初のアプローチ



◆納得するまでアプローチだが直ぐに納得・・・(笑)



希望の激坂は、正に天空に向けて何かを解き放つ!!
そんな構造をしていますが、実は眼下数軒の民家の袋小路
と幹線道路を繋ぐ生活の道でもあるのです。

アタックの途中で民家の方と一言二言話をする事が出来まし
たが、この最高斜度30%超 長さ50m強の激坂を2t車で登
攀する事が可能との事でした。

しかし動画をご覧の通り、頂上部の最大斜度30%超に至る
までにチャリコントロール不能に陥ってダウンして仕舞います。
スピードを出し過ぎたり、強く踏み込み過ぎたりすると前輪が
浮き上がり制御不能、アンバランスでストップ!!


これは最早、強いヒルクライムのベースを持ちながら、更に
バランスコントロールに長けた方のみが登攀できる
審判の坂
でもあるのです・・・・・・・・・(汗)



追記

RYUさん  http://blog.goo.ne.jp/mtbfullsusslick
  
突然の電話で驚いた事でしょう!!大変失礼致しました。
快く住所や場所の確認をして戴き、感謝感謝です。

我々ママチャ世界ランキングのメンバーは良きライバルであると
同時に良き協力者である事を実感しました。
八王子さん、RYUさん これからも宜しくです!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

和田峠 The Movies 002 前半の激坂

ゲートを過ぎて少し緩斜面でほっとしますが、いよいよ
和田の和田らしい激坂がやって来ます!!

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

前半の激坂から更に斜度が上がって胸突き八丁に差し掛かりま
すが、ふんばって下さい。斜度が厳しい時は亀の子走行で耐える
んですよお!!

結構、皆さん中盤に差し掛かるこのエリアでやられちゃうんですが
ここを耐えればループバックエリアになるので、そこまでが辛抱です。
ループバックエリアに入れば、後少しだし、ループバックの踊り場で
休む事が出来ますから、制覇は目前なんですよ!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日の激坂取材は 超原点の大垂水峠と玉川学園辺りです

昨日の3激坂で結構、足にきてますが夕方、元部下の友人
から電話でロードバイク始めたんで何処か連れてって!!
と言う話を聞いて、それはそれはカミさんへの最高の言い訳
になるので、勿論快諾!!

早々、カミさんに話してOK貰ったのですが敵もさるもの自分
を連れてけ!!って事で今日もまた車で輪行です。
あああ!!弛んでます弛んでます・・・・・(ジッと手を見る)

と言う事で昨日の和田も、暁激坂も編集が済んでませんが可
愛い元部下の為に行ってきま~~~すcoldsweats01

Simgp0128


写真提供 恐怖の大蔵大臣 欧州出張にて

追記

元部下のS君は学生時代に初代タイガーマスク 佐山聡さんの愛
弟子となって格闘技ポロデビューして4戦3勝の実績があり、今は
外資系コンサルタントをやっている変り種。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

和田峠 The Movies 001 陣馬高原下~ゲート

和田峠には万感の思いがある。まあ強いローディーの方々に
は失笑致し方無しではあるものの、皆それぞれの和田を通過
して、それぞれの今が在るのだと思います。

激坂ディジタルアーカイブを製作するにあたり、和田は特別な
意味を持つ。小生のママチャライフに於いて!!

◆陣馬高原下からのアプローチ

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!



まあ何とかなるだろうと思って陣馬高原下のバス停を後にしたが
容赦無く斜度は上げって行き先行き不安になったものです。
懐かしい最初のアタックの記憶が蘇りますね。


◆いよいよ和田ゲートをくぐる

このゲートがタイムトライアルのスタートポイントです。
ここからが本番なんですねえ!
ここから、中盤のループバックエリアまでは斜度はグイグイ上がり
走りながら休める環境が少ないですから、亀になって耐えるのみ
ループバックエリアまでは頑張るしかありません!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 8日 (土)

3激坂取材 第1弾 京王百草園

小雨の降る中でヒルクライムするのは、あまり気が進まな
い方が多いかも知れませんね。特にタイヤが細いロードバ
イクでは、濡れた路面は危険極まりないですからね。

しかしタイヤの太いママチャは中々しぶといのです。
ですから、人が少ない雨の降る日のヒルクライムは嫌いじゃ
ないんですねえ!!何故ならターゲットを完全に独占できる
権利を与えられるからであります(笑)

と言う訳で、今日は京王百草園、和田峠、八王子 暁の激坂
どれも最大斜度20%を超える香ばしい激坂群を独り占めし
てきました。

先ずは京王百草園の激坂からご覧下さい!

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!


しかし、ウォームアップせずに登攀開始して頂上部分でヘバリま
した。ここは和田や風張より斜度はあると思います。


ダウンヒルです。斜度がきつくて路面が濡れているので慎重に!!



画面の左上の白いモヤモヤは、デジカメの防水処置の為にサラン
ラップを
巻きつけましたので、そこに雨の水滴が付いたものです。
残念ながら◎◎写真ではありませんのでご安心下さい!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3激坂取材 編集中です。

Photo

全天候、全季節ヒルクライミングママチャですので、今日の
様な雨では勿論、激坂取材決行ですので、行って来ました。

京王百草園の激坂は最大斜度20%を超え、ウォーミング
アップせずにアタックしたものだから、頂上部分でヘバリま
した。

次に和田に移動して、夕焼け小焼けからアプローチして、
ほぼ完全登攀ビデオ撮影に成功しましたが、データ量爆発
で現在てこずっております。

最後に百草園に引けをとらない八王寺 暁の激坂を取材し
流石に足にきました。

YOU-TUBEにアップロード完了次第記事を掲載する予定
ですが、かなり時間が掛かりそうですので、ゆっくりお待ち下
さい!!

追記

登山用のカッパでの登攀でしたが、これが難題でズルズルと
カッパ(ズボン)が下がって来てしまい、走り辛い事この上なく
まいりました。取材とは言えヒルクライマーですから足付きし
たく無い訳で・・・・・・・・結構閉口しました(涙)
画像がゴキゴキと変に揺れているのは走りながらズボンを引
っ張り上げているんですわ・・・・・・(汗)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雨もいい!!

Simgp0112_edited


今日は、これから京王百草園から和田峠、最後に師匠
の八王子さんのホ-ムグラウンドの暁の激坂で締めた
いと思います。

雨の確率が高く面白い画像が撮れるかも知れませんの
でご期待下さい!!では撮影に出陣じゃあ!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月 7日 (金)

最強の鯛焼屋さん 西小山

ロングライドやヒルクライムの疲れは美味しい
鯛焼きで!!とちょくちょく食べますたいやき君!

鯛焼きと言えば日本最強のたいやき屋さんは
間違い無く、都営新宿線の水天宮駅下車の

柳屋さんと決まっておったのですが!!!

なんと我が地元の西小山駅前の

愛という名のたいやきやさん!!

20081107171227

兎に角、ロングライドの後はここです!!
鯛焼きの常識を決定的に破る、最高の鯛焼きを心ゆく
まで満喫できる事請け負いです・・・・マジです!!

あの最強の柳屋さんと雌雄付け難し!!

20081107171154

◆一枚一枚鯛型で焼き上げる伝統の技 柳屋!!

   あの尻尾のオコゲがまた最高。
   あんこは最上級の十勝あんこで極上。

   しかし、時間が経つとよれてしまう欠点が??

◆連続攻撃で大量生産だが店主の拘り愛のたいやきや!!

   常識を覆す、パリパリ&あんこフワフワ感・・・目から鱗!!
   時間が経っても、皮のパリパリ感は維持されて焼きたても
   少し時間が経っても最高の味・・・・マジです。

小生はこの鯛焼き屋さんに縁も所縁もござんせんが!!
兎に角、先ずは食べておくんなせい!!ぶっ飛びます事この上ない!

   

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

荏原の複合激坂

次第に秋も深まると、日暮れが早いので激坂ハンター
の稼働時間が絞られて、出来る限り鮮明な画像をお届
けするには、ベルサッサを敢行するしが手が無い!!

お偉いさんを尻目に脱兎の如くチャリに飛び乗って現在
探索中の五反田エリアに急行する!

何とかギリギリ日暮れに間に合わせるには30で爆走す
る中年サラリーマンて如何なものでしょう(汗)

そこまで、夢中になるのは皆様が閲覧して下さるからで
感謝と同時に、実は自分で撮ってて、後で見るのも結構
面白いからなんです。今日もまた五反田エリア近隣の荏
原エリアの激坂を堪能してきました。ご覧下され!!

この坂は首都高目黒線と中原街道の交差点近くの荏原エリア
の複合坂で・・・・と言うか坂どうしがご近所さんって感じの領域
なんですが、こんな住宅街に突然現れる激坂ってコントラストが
結構面白い環境です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

週末のターゲットは!?

  081004_0949001

  080505_0923001

  080505_0923002

  こんな感じです。ちょいとつかぬ所に体の欠陥を抱えてし
  まいましたので、何処までできるか分かりませんが、楽し
  みです。
  今回から、機材を携帯からデジカメにお変更しますので、
  少しはましな絵が撮れるでしょう。チョットだけ期待して下
  さいませ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

坂の鎖

080720_0626001

080720_0626002

和田に登れる人はヤビツに登れる

ヤビツに登れる人は箱根に登れる

箱根に登れる人は乗鞍に登れる

乗鞍に登れる人は風張林道に登れる


風張林道に登れる人は御岳に・・??

ヒルクライムはメンタルな競技だと思います。
きつくて、きつくて折れる気持ちとの戦いです。
そんな時に思い出すのが、このフレーズなんですよ。

この連鎖のターニングポイントは間違いなく

      和田と箱根!!


20km近い長くてキツイ箱根は、和田から次への大切な
ステップだった気がします。

とこんな事を書いている自分は御岳を恐れているからで
あります。まあ、自己暗示で突っ走るしか無いよなあ(汗)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年11月 6日 (木)

神明坂 ナイトラン

会社帰りの激坂通勤、秋も深まるとナイトランって事に
なってしまいますが、日課ですから勿論7坂を越えて行
きますよ!!

A型人間てえのは面倒臭い人間なのか、分かり易い人
間なのか??兎に角決めた事は遣らないと寝つきが悪
。従ってこう言う事に成っちゃうのですが、ナイトランも
実は悪くないのですよ。動画は良く見えないかも知れま
せんが夜のネオンが綺麗で坂のイメージも変わります!

ここはオーストラリア大使館前に通じる裏道、墓の道。
大した斜度じゃありませんが、毎朝、毎夕通勤に通ります。

それでは、先ずは登ってみます。


緑色に見えるランプと東京タワーのコントラストが結構綺麗な感じ
ですが、坂自体は大した事のない坂です。

東京タワーの光に向って下って行きます。下り一方通行なので
登りよりは安心して登れますね。BRAVE-STARのライトはかなり
強烈で結構助かっています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

五反田のロング坂

今回あたりから五反田界隈の激坂めぐりです。殆ど馬鹿の
一つ覚えと化していますが、何せA型ですから決めた事は
やらねば、寝付きが悪い!!

という事で、この五反田のロング坂(勝手に命名)は斜度は
殆ど無いに等しいのですが・・・・・兎に角・・・・長い!!!
しかも、嬉しい事に比較的車が少ないので、ダッシュしたり
気紛れ練習には持って来いなのだが、激坂通勤には不採用
で、時々気紛れに走ってみる。

かなり癖の無い坂で斜度は最大で6~7%程度でしょうか??
だらだら~と一直線に登っているのが素直ですね!!
こう言う坂は謂れが無いのが常なんですよ!!

さて今度は登攀してみましょう。

なかなか微妙な坂ですよね!!ロードバイクの方々はここを
時速40前後で走るんでしょうネエ!!
ママチャでは30そこそこ
ですね。坂の頂上では20位でしょうか??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年11月 5日 (水)

若き友へ 何故 激坂を目指すのか?

これから、ヒルクライムを始める若き友へ!
きっと多くの自分のみが知る屈辱にまみれ、それでも自分
に負けたくないと言う細胞の叫びが、己を突き動かし,戦う
事を止めなければ、必ず扉は開く!!
恥ずかしながら当時の私の原点を再びここに記します。

それは忘れもしない、私がママチャでヒルクライムを始める
きっかけととなった戦いの記録である。2007年10月20日
の出来事である。
裏和田を先ずは征覇する事ができました。
陣馬山には何度も登ったが初めて登った時に他にもっと気
の効いた登山道があるのにこのコンクリートの不粋な道を上
がったのを覚えている。
どこまで続くのか歩いても結構きついコンクリートロード何度
もスイッチバックを繰り返して汗まみれで茶店に辿り着いた時
の汗みどろの爽やかさは忘れられない。
何度も登って次第に慣れて来て楽々モードになった折りにチ
ャリで登ってみたいと詰まらん事を考えた。
その頃やっと登山道が和田峠と呼ばれているのを知った。
灯台下暗しだ(笑)
チャリを始めて次第に100、200と距離を稼げる様になり和田
にチャレンジした夏の日
その日は30度をかなり上回る極上の熱さの中
目黒から八王子、八王子から路線バスで良く通った陣馬街道
をママチャで走る!
徐々に勾配がきつくなり熱さでかなり消耗したが和田は何とか
成るだろうと舐めていた。
陣馬高原下のバス停に着き少々休憩を取り和田に挑む!
はなから急勾配を走る真っ直ぐに登り1/3も上がらずに力尽
屈辱のチャリ転がし熱さの中で意地で22kgの相棒を陣馬山頂
に引っ張り上げた時にめまいがした(笑)
それがずっとワッペンみたいに張り付いて和田はいつか征覇せ
ずには居られなかった。
また一方で返り討ちの不安が付きまとう。
大垂水や目黒の坂で練習を重ね、いつ再挑戦するかを考えてい
たが未だ皆に宣言して実行する程勝ち目は無い!
土曜日の朝
11月のアタックでは寒さと風で和田は難しい
故にやるなら今日だと思った!
朝五時に覚悟を決めて走りだしたら雨で路面が濡れ路面抵抗が
高い!ギアが重い!
関戸まで一時間半も掛ってしまう程、雨が効く。大垂水をいつもよ
りゆっくりと越えた辺りから路面が乾き走りだす!体も動き始めた。

和田 行けるかも知れないな!
相模湖で長く休み体力の回復を待つ!
やがて意を決して甲州街道に駆け上がり相模湖を周回し吉野から
和田へのアプローチに入る
中央高速の下をくぐり素晴らしく爽やかな林道に感激するも直ぐに
登りが始まった!
やがて藤野からの道と合流して緩い登りになりチャリを走らせなが
ら休む!
暫くしてT字路に突き当たり和田峠の看板!いよいよ和田へ

段々道幅は狭くなり反比例して勾配は増して行く!体力の消耗が
始まる。30分位苦闘してやっと和田峠入り口のゲートが現れた。
写真を取りスタート時間を確認しままよ!と発進!
決して負けられない再挑戦!
直ぐに勾配がきつくなりご丁寧に13%のご案内(笑)
今日は負けませんよ~!ジグザグ走行開始!刻んで刻んで耐え
れば必ず頂に到達する!暫く走る走る。次第にエネルギー循環
に入る!
行けるな!
途中でパンク修理のロード衆から後少し7割り来たから頑張れ~の声
と同時にママチャリかよ~!(笑)
しかし7割は後で解ったが応援歌で真実は5割も行ってない(笑)
黙々と登る 次第に循環が壊れつつあるのを感じる時
上から車が降りて来る 路肩に避けゆ~っくり進む!ん?
おお~休めるじゃないか!!車を回避して発見
登りながら休む新たな循環を!
まだまだ走る
もう新たな循環も破壊に近い頃見上げればかなり頭上にガードレール!
忍耐が崩れそうになる
しかし負けられない
忍耐が破壊
負けられない
の繰り返しがどれ位続いたか解らないが山の斜面にコンクリート補強
の場所が見える!ネットの写真にあったゴール手前の風景が!そこ
に在る!
最後の力を振り絞りダッシュでゴ~~~~ル!!!
無心で吠える吠える
峠頂にいたロード衆がお疲れ~!と労ってくれる。熱き思いが込み上げる。

記念碑で写真を撮って頂き暫し呆然と高揚と!
記録
12:08発
12:31着
              たった23分の死闘が終わった

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

クレージーガール五反田



何も言う事は御座いません!!


どうしてもこの坂をクッキリご覧に成りたい方はコメント欄に
クッキリ希望と記入して下さい!!

撮り直して来ます。笑います!!コケマス!危険です!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

五反田最強最短の激坂?

五反田駅から桜田通りを高輪方向に向って500m程度。
高輪に向って右側にひっそりと◎スタンプの激坂が居ます!
ここの斜度は20%は確実にありますが、極めて短いので
一気加勢に登る激坂です。

決して途中で止まっては成りません!!止まるとかなり酷い
事になっちゃいますよ!!マジ激坂ですから!



下りの景色を見てください。坂を下るってえ甘いもんじゃありま
せんね。坂を落ちる感覚です!!ですから途中で止まると大変
なんですよ!!

坂の名前はありませんが、概ねこの様な激坂の頂上にはお寺
があります。ここもその例にもれませんし、勿論 墓の坂です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんな奇妙な坂も激坂よ!

岡本3丁目の帰りに目黒川激坂エリアの激坂ハンティング
ウロウロしてると有りました!!
こういう変てこりんな坂が好きなんですよ!!
階段塗りつぶし坂や階段との併用坂って形が面白いのと
登り辛らそうなのが、登攀意欲を掻き立てますから。

ここは目黒川から山手通りを横切った中目黒エリアで他に
10%程度の坂が少々ありますが、イマイチなんですねえ。



こうして坂ばかり追いかけていると、◎スタンプの似たような激坂
に比べて個性的な坂に目が行くんですネエ!!

まあ私の場合は異常かも知れませんが時々面白い坂を発見して
謂れや坂が出来た経緯などに思いを馳せるのも自転車ならでは
だと勝手に思っています。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんなんでええのんかあ??

最近、何となく易きに流れてる感じがして仕方が無いので
すよ。その一方で原点回帰への漠とした焦りがあったりし
て・・・・・これで良いのかなあと自問自答の毎日です。

殆どの少しまともなヒルクライムは軽量車のメリーのみで
実行していますが、良く考えると次第に原点であるママチ
ャBRAV-STARじゃ何処にも登れなくなるんじゃないか
と思ったりして??


激坂通勤用ママチャリ BRAVE-STAR
20081103131555
車重22kg内装3段 
ヤビツ、箱根、風張峠、大垂水峠、三原山


このBRAVE-STARで初めて箱根を制覇した時には、
感動したものですが、メリーだと登れなかったら、どうしよ
う・・・なんて思う訳ですから。御岳がいい機会でした。


ロングライドヒルクライム用ママチャリ メリー
2008110313132922_2

車重14kg内装8段 
風張林道、鋸山林道、和田峠、白石峠

常に軽いメリーばかりでヒルクライムしてると、それに慣れ
て、それに頼って自分エンジンの強化じゃなくて退化してる
んじゃないか??
と思いもする。

まあ、小生のようなロートルは筋力の退化こそすれ現状維
持が精一杯ですから、今のままの状態だと御岳やアザミは
きっと制覇する事叶わずなんだろうなあ!??

少し、実践とトレーニングを見直そうと思っている今日この
頃の愚痴でありました(爆汗)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月 4日 (火)

安全寺坂から三田の聖坂ナイトラン

三田の聖坂は、高野聖が開いたとも、聖商人の宿があった
からともいわれます・・・と坂の表札にあります。この坂から
千葉の房総半島が見えたとされているのですから驚きです。

この坂は三田のフレンド学園を目印に散策すると直ぐに目
に飛び込んで来る大型の坂ですが、斜度は7%程度でしょ
うか?まあ一気に駆け上がって下さい。



安全寺坂からフレンド学園脇を抜けて聖坂に出ます。
聖坂はメジャーな坂ですから照明も明るく安全で登り易いのです
安全j坂のナイトランは安全じゃないですね(笑)

しかしご覧の通りBRAVE-STARでは坂の途中で止まると、身
動き出来なくなるんですよ・・・・(爆涙)

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目黒川の激坂 杉野学園脇の坂

この坂は目黒川激坂四天王の中では行人坂と並ぶ斜度と距離
であります。ドレスメイクの杉野学園横から東急目黒線に沿って
目黒川に下っている。

坂の長さは200m弱、坂中央部が左に折れ曲がってそこが最大
斜度20%程度です。かなり車の往来が多く、折れ曲がり辺りは
見通し悪く注意が必要です。毎日の激坂通勤時に必ず登攀して
体調を見ています。

07:34 登攀開始

しんどいのは、折れ曲がりのエリアから頂上までの30m。
車の往来を避けながらの登攀になる事が極めて多いと思って
登ってください。

07:37 ダウンヒル


降りると目黒川の散策路に突き当たります。
かなりの斜度がありますから、ブレーキングは慎重に!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

目黒川の激坂  茶屋坂

目黒川激坂四天王の一角を担うここ茶屋坂は、徳川将軍が鷹狩
の際に通行する坂
であったと坂の表札にある。名前の由来はこの
坂に茶店があって、鷹狩の帰りに将軍が立ち寄られたとある。

そんな由緒ある坂ではあるが、現在の茶屋坂は新たに造られたも
ので新茶屋坂と呼ばれる一方で、本来の茶屋坂を旧茶屋坂と称す。
現在は、画像の通り住宅街を潜っており細い裏道と言う風情である。

07:20 閑静な住宅街の狭間の茶屋坂を登る


坂は手前のアプローチを含めて300m強、標識に斜度は20%
とあるが行人坂や他の四天王に比べて少々穏やかに感じるのは
やんごとない坂の由来か?

07:23 住宅街を下ります


坂は住宅街に入ると鋭角的に左に折れる。時々歩行者が登って
来るのでこの曲がり角は注意が必要です。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 3日 (月)

THE  岡本 BROTHERS!!№2

岡本3丁目の激坂を完了して帰る際に、この地区には他に結構
な激坂が潜んでいる事を発見してしまいました。

こうなると坂バカの本性発揮で界隈を坂ハンティング!!
あんまりウロウロしてると不審者に間違われる可能性が高くて、
一度だけですが偶然、お巡りさんに不審尋問されてしまった事が
あり申す(涙)結構傷つきますですハイ!!

この様な場合に備えて会社の社員証を持っておくと良いでしょう!



11:51 岡本3丁目の坂の隣の坂を下ります

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

かなり素直な坂で岡本3丁目の様な頂上部の瘤もなくすんなり
登れますので、3丁目の練習用の坂ですね!


11:53 それでは登ってみます

閑静な住宅街・・・しかも超リッチな邸宅ばかりですので、交通量
も少なく安心して登れます。


11:57 BROTHERS最後は岡本2丁目の坂です


番地の数字が少なくなると??坂も小さくなるんですよ!!
んな訳ありませんが、最後の坂は可愛いもんですよ!
このBROTHERSは一気加勢に連チャンで登りましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

THE  岡本 BROTHERS!!№1

只今、岡本の撮影を終えて、その後山手通りで結構上手い
ラーメン食って更に目黒川の激坂散策して、帰還しました。

たまたま娘が渋谷の会社までスニーカーを届けろと緊急
指令が入った事もあり、基本的に好きになれない246を
渋谷に出て娘にスニーカーと少々の食べ物を届けて・・・
・・・ハイハイ充分立派な親バカですがなにか??

11:45  砧公園から結構迷って岡本へ

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

結構、画面がガタゴト揺れて見づらいですね。すみませんもう少し
機材のグレードアップをしますのでお待ち下さい。

11:47  岡本3丁目の激坂1を登ります



久々でしたが、ズルしてメリーで行きましたから、結構まともに
登ってましたね。これが、22kgのBRAVE-STARならこんな具合
に行くなんて有り得ません。

八王子さんに並ぶ我が最大のライバル橋本RYUさんからは、
頂上付近の瘤状に盛り上がった所が危険だから気を付けろ

とのご指示を戴いてましたので今回は最大限注意を払いまし
た。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

予告 岡本3丁目の撮影行ってきま~す!!

bomb

あんだあこんすとらくしょん

これから岡本行って撮って来てから

動画の掲載します

しばらくお待ち下さい!!bomb

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

激坂アーカイブ 行人坂撮りおろし!!

今日は、朝からどんより模様。気温もチャリには最適日和。
目黒雅叙園脇の行人坂を撮影するには、朝早い事が条件
だ。

何故ならここは、目黒駅から山手通りに抜ける車の道で更
に雅叙園や界隈の会社に向う歩行者が極めて多いのです。

それでは、丁度今撮ってきたばかりの新鮮画像をどうぞ!!

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

行人坂は目黒川から目黒、恵比寿の高台へと向う多くの激坂の
一員ですが、中でも行人坂、茶屋坂、杉野坂、名無し坂を目黒
4坂
と呼んでいます。どれも18%から最大20%程度で長さが
100m強。4坂連チャンで一気加勢に登りましょう!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年11月 2日 (日)

何故か高尾山 

昨日の疲れが体にどおおおんと残ってるんだが
まあこう言う時はカミさんの口車に乗るのも良いかも??

と言う事で、どろんと中途半端な朝に高尾山に向けて出発
行った先がどんな事に成ってるか??
なんて想像すらできぬ秋日和

勿論、紅葉を独り占めできるなんて思わないが、適度に
紅葉の空間を楽しめるのは

当たり前田のクラッカー・・・・これ分かる人は怒中年だねw
ところがどっこい??同じ様な事考えるのは人の常!!
山は人で一杯でした!!



しかしツイツイ坂馬鹿の常の思いで、この香ばしい激坂ママチャ
したいと思うのは病気・・・・・???

とまあ馬鹿な事考えて、それでも結構いい汗かいて頂上に上が
れば眼前に富士山!!高いってえのは良いもんです!
坂を登るのはこうした絶景に出会う為でもあるんですねえ!!

今日は、まあ時としてカミさんの言う事を素直に聞くのも悪くは
ないのう・・・・と思った一日でした。
しかし高尾山に4万人ってマジかよ??帰りの沢の道高尾3号路
完全渋滞・・・勿論 人で!!あれで良く事故起こんないもんだね!

明日は、リクエストにお応えして目黒の行人坂と砧公園近くの
岡本3丁目激坂でも撮影するかの??

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

最高の親父さん発見!!

驚きです!!
アンビリーバブルです!!
皆様、スタンディングオベーションの準備をして下さい!

御岳登山鉄道の滝本駅でお会いした方です。
  

20081101133006

なんと千葉県の船橋市から11月1日午前5時にご自宅を
出られて、その日のうちにここ御岳のそれも激坂を登って
滝本駅まで来られたそうです。堂々たるマウンテンバイク
は優に20kgを越えています!!信じられません。

       御年64歳!!

皆さん スタンディングオベーシヨン!!
お願い致します。


※お名前をお聞きしませんでしたが、もしこの方の息子さん
  この記事の題名をお父様の手帳に記しましたので、グー
  グルで検索して匿名で結構ですからメッセージお願いします。


感動を有難うございました!!
いつまでも健康でチャリに乗られる事を
祈ります!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

御岳ポタリング・・・メリー惨敗

ロングアタックの相棒を22kgのブリヂストンBRAVE-STAR
からINTER-8武装のメリーに変えてから初の惨敗でした。

自走110km 鋸山林道、二塚峠を越えてからの御岳アタッ
クはママチャにとっては、無謀以外のナニモノでも有りません
ねw
完全に足が無くなってましたから、出来る限り、登れるだけ登
る積りで走りましたが最初の激坂で足が出ちゃいましたね。

次回は先ず輪行で制覇してから、御岳単体を自走アタックし
たいと思いますがかなり厳しい事になりそうです。

13時08分 御岳最初の激坂

ランキング激落ちなのでここをクリックお願いしますm(_ _)m!

斜度15%で高々500m程度でしたが頂上近くケーブルカー御岳駅
手前から押して上がりましたよw完全に足が無くなってましたね。

13時41分 ダウンヒル

ここはママチャリでは、ついでに攻める坂じゃありませんね。
輪行して登ってみてコース感覚を掴んでから自走で制覇する
シナリオじゃないと無理ですね。自走100kmからで果たして
ママチャリで制覇が可能か??風張林道よりも厳しい事は間
違いありません。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年11月 1日 (土)

鋸山林道ポタリング

午前4時に目黒をスタートして9時20分、初めての林道
鋸山林道をポタリングしました。

登山をしていた頃に良く登った御前山の足元を掠める
この林道は風張林道に比べれば登り易い林道だった
がコースが全く解らないままに神戸岩を発進し、ママチ
ャリは久々に苦労を強いられた。撮影しながらの登攀
だった事もあって1時間以上の時間を費やしてやっと
の事で制覇する事ができました。何となく慣れた風張林
道よりもキツイ感じがしたのは錯覚か??体調のせいか?

09時20分 登攀前半1

登攀当初のトンネルを越えた辺りの緩斜面ですが極めて路面が悪
く、所々で湧水が路面を濡らし、落ち葉が路面を覆っている。

09時31分 登攀前半2

景色は最高ながら(頂上に近づくほど景色は絶景に!)ママチャに
とっては、路肩の落ち葉が気に成って来るのです。
直登が出来ない状況下でジグザグ走行が出来ない可能性を充分
感じながら景色に見とれる環境でした(笑)

09時31分 登攀中盤

突然、飛び込んで来る絶景に暫し見とれるのだが頂上で八王子さ
ん達は凍えていたのでした・・・・メンゴメンゴ!

10時04分 ゴール

やっとゴールです。かなり時間は掛かりましたが何とか制覇する
事ができました。しかし結構なお手前でしたw

10時16分 凍えるダウンヒル(八王子さんパンク!!)

この路面環境でのダウンヒルは極めて危険で、あまり楽しめませ
んね。ちょっと間違うと飛んで行きそうです。八王子さんがパンク
でリタイアは残念でした。次はママチャリですなw

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »