« チャリ乗りってええね!! | トップページ | 五反田 山茶花の激坂 »

2008年10月31日 (金)

ヒルクライムの常套手段

  080803_0705002
     2度目の箱根ヒルクライムにて(芦ノ湖対岸から)

ブリヂストンのママチャBRAVE-STAR(20kg)を駆って
毎日の激坂通勤を、雨の日以外はほぼ毎日続けています。

20%前後の激坂を朝2坂、夜7坂越えて通勤するのが日課
であり自分に課したノルマなんですが、木曜、金曜は坂の数
を少し減らして週末のハードポタ(爆)に備えるてえのが仕来
りに成りました。

これを繰り返していると激坂に慣れる感じがして来るんです。
ヒルクライム始めた時は20kgのママチャが激坂で止まって
しまうと、二度と踏み込む事が出来ず、それはそれは切ない
思いをしたものです。

次第に激坂に慣れてくると、止まりそうになった時にそれを
どう回避するかの知恵が経験則として体に染み付いて来る
んですよ。

特に和田や白石峠などの車の往来がある峠では激坂通勤
の知恵が役に立ちます。
それでは、まだ拙いですがヒルクライムの知恵の一端を恥
ずかしながら以下にしたためます。

◆亀の歩み走法(乳酸度30%からの走法)

 これは、路肩を超スローモードで走りながら休む走法です。
 止まってしまうと20kgのママチャは踏み込んでもピクリと
 もしませんので、止まってしまうギリギリの速度で登ります。
 強く踏み込まずにゆっくり力を抜いてバランスして走り英
 気を養って下さい。


◆ジグザグ真中休み走法(乳酸度60%からの走法)

 いよいよ激坂も中盤以降になり、まだまだ激坂が襲って来
 る状況ではジグザグ走行で耐えます。
 車の往来に注意してジグザグ時の折り返しの時に道の真中
 辺りでストップバランスして休みます。
 この時チャリが道と直角に成らない様にして下さい。
 再発進が難しくなります。


◆気分転換Uターン走法(乳酸度70%からの走法)

 この走法は、頂上間際でダンシングも出来ない程疲弊した
 最悪の時に使う奥の手なのですが、失敗の可能性が高い。

 走法は字の如くで、Uターンしてゆっくりブレーキを掛けなが
 ら下る時に休み英気を養い、再び這い上がる!!
 ここでUターンで下るのは精々2m程度です。

◆ハムストリング走方(乳酸度無関係)

 ハムストリング走行は大腿四頭筋とその裏側のハムを交互
 に使う事で疲労の集中を回避する走法です。
 ビンディングされている方は関係ありませんね(笑)
 ママチャでこれを実施するには、ハムを意識しながら、ペダ
 ルを蹴っ飛ばすイメージで漕ぎます。
 通常時は大腿四頭筋ばかり使って登っているのですが限界
 に来る前にハム活用と併用で疲労の発散を図ってください。 

◆腕力、背筋走法

 ヒルクライム時に多く使われる筋肉は大腿四頭筋とハムが中
 心ですが、忘れてはならないのが上腕二頭筋と背筋です。

 日頃、10秒腕立て伏せ(1回に10秒掛ける)や10秒背筋など
 で予め強化しておくと底力となるでしょう!!
 

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ ←恐れ入りますがポチっと押してください。
         ↓ 宜しくお願いします。

|

« チャリ乗りってええね!! | トップページ | 五反田 山茶花の激坂 »

コメント

勿論!ロード歓迎です!
ツウ事は御岳決まりですね!!
たかどんも御岳やる気満々ですが・・・恐るべし
まあ若いからのう

一応、オジサン軍団は下見と言う事で・・・(汗)

投稿: ノール | 2008年10月31日 (金) 21時36分

了解しました
(^^ゞ

明日はロードで出撃しますがナニカ

投稿: R1@八王子 | 2008年10月31日 (金) 20時13分

八王子先生

ご謙遜ご謙遜!!

明日は宜しくお願い致します!!
それから、ママチャらしからぬ速度止めて
下さいね!!峠の前に足無くなりますので!!
マジですよ!!

投稿: ノー様 | 2008年10月31日 (金) 18時42分

オイラの場合 頭が悪いので その様な事は 一切考えておりません。

登るだけで いっぱいいっぱい なのですよ。

投稿: R1@八王子 | 2008年10月31日 (金) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルクライムの常套手段:

« チャリ乗りってええね!! | トップページ | 五反田 山茶花の激坂 »