トップページ | 自走105kmからの戦い »

2008年8月 6日 (水)

二つの峠を超えて

111
無事帰還しました。

二つの峠にチャレンジしたドキュメントを記載し、皆さんの参考になればと思います。
ルートとデータ

20日
目黒  0000 第1京浜
                   横浜  0100 国1
                   茅崎  0234 国1
                   小田原 0446 国1
                   芦ノ湖 0629 国1旧


                   芦ノ湖 0900 国1旧
                   横浜  1334 国1
                   八王子 1624 16号

                   Dst    201km
                   Tm      11.35
                   Av      17.5km/h


21日
22
                    
                    八王子 0800 車
                    檜原村 0925 五日市街道
                    同役場 1000 檜原街道
                    数馬  1115 檜原街道
                    最高地点1144 檜原街道

                    最高地点1150 檜原街道
                    数馬  1215 檜原街道

                    数馬  1530 温泉
                    自宅  1824 車

                    Dst    25km
                    Tm      01.44
                    Av      15.6km/h


所感

箱根は自走80kmからのアタックだったが、走りながら休める環境に助けられて完走できました。

この際に発見したハムストリングの活用法は翌日の風張アタックでも充分に役立った!

箱根を完走出来ると考えたのは富士屋ホテルの坂を越え、小涌谷を乗り越えた辺りからの安定した循環による。

風張は箱根の疲れが色濃い中で最初は数馬までは!
と走りだしたが、下から上がって来たローディと並走出来た事。

峠ゲートからの8~9%の斜度では箱根で効果有ったハムストリング走行で踏み込む力が落ちて来てもハムストリングとの併用で安定循環を創る事が出来た辺りから完走可能と考えた。

悪友は数馬で尽きて早々の温泉三昧で極楽モードの中
風張峠の頂上を探すも解らず(涙)
奥多摩周遊路最高地点(写真)をゴールとした。

霧とバイクに悩まされたが霧中はベル鳴らしまくりリンリン走行を気休めに!
(爆)


三原山以来、連続3回のアタックに成功して少し力がついた気が錯覚で無い事を望むが!??

1時間43分


約20kmの登りを

耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えに耐えて

やっとノンステップで完走しました。

しかしまあ、これでもか!と言わんばかりの坂三昧!
流石に忍耐が切れそうになりましたが、実は駅伝に使われる道!

ちゃんと走りながら休ませてくれる自然の配慮がそこかしこにあって、案外踏ん張りが効くのでした(笑)

目論見通り午前0時のスタート。

午前4時からのアタックは車の往来を避けた名案でした。

更に車が増えれば休みながら走る事は難しいかも知れません!

さあ!
明日の風張アタックに向けてのんびりと帰路につきます。

現時点でのデータ

DSt 101.93km
Tm  5.23.27
Mx  53.0km/h
にほんブログ村 自転車ブログへ

|

トップページ | 自走105kmからの戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二つの峠を超えて:

トップページ | 自走105kmからの戦い »